世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

アジア太平洋地域のキューマネジメントシステム市場の2030年までの予測 - 地域別分析 - タイプ別(バーチャルキューイング、リニアキューイング)、コンポーネント別(ソリューション、サービス)、アプリケーション別(BFSI、病院、小売店舗、公共サービスプロバイダーと空港、レストラン、官公庁、その他)


Asia Pacific Queue Management System Market Forecast to 2030 - Regional Analysis - By Type (Virtual Queuing and Linear Queuing), Component (Solution and Services), and Application (BFSI, Hospitals, Retail Outlets, Utility Service Providers and Airports, Restaurants, Government Offices, and Others)

アジア太平洋地域の待ち行列管理システム市場は、2022年には1億1,508万米ドルと評価され、2030年には1億9,658万米ドルに達すると予測されている。 キュー管理システムへの人工知能の導入がアジア太平洋地域の... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
The Insight Partners
ザ・インサイトパートナーズ
2024年3月14日 US$3,550
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
82 英語

※当ページの内容はウェブ更新時の情報です。
最新版の価格やページ数などの情報についてはお問合せください。

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

アジア太平洋地域の待ち行列管理システム市場は、2022年には1億1,508万米ドルと評価され、2030年には1億9,658万米ドルに達すると予測されている。

キュー管理システムへの人工知能の導入がアジア太平洋地域のキュー管理システム市場を牽引

時間に関する顧客の期待の高まりが、サービスプロバイダーによるキュー管理システムの導入に影響を与えている。最も一般的な顧客からの苦情には、銀行、小売店、空港、病院、その他の公共の場での、特にピーク時や休日における長蛇の列がある。公共施設でサービスを受けるために、消費者はしばしば焦りやストレスを感じ、行列を進んでいく。さらに、世界保健機関(WHO)によると、老年人口の割合は2015年の12%から2050年には22%に増加すると予想されている。心血管疾患、骨粗しょう症、認知症を患う高齢者は、頻繁に病院を訪れる必要がある。国立衛生研究所のデータによると、2022年にはインドの老年人口の約21%が、アルツハイマー、関節炎、喘息、がんなど、少なくとも1つの慢性疾患を抱えている。同様に、高血圧と糖尿病は慢性疾患全体の68%を占めており、これらの疾患により病院を訪れる患者の数が増加する。したがって、医療施設での長蛇の列は患者にとって肉体的負担となり、AIベースの待ち行列管理ソフトウェアに対する需要を生み出している。

AIベースの待ち行列管理システムの使用は、医療機関やその他の施設が顧客の問題を解決するのをサポートする。AIベースの待ち行列管理システムは、人工知能を活用して待ち時間を最小化し、待ち行列を管理し、患者のエクスペリエンスを向上させる。リアルタイムのデータを利用して顧客のトラフィックを予測し、それに応じてリソースを割り当てることで、顧客にシームレスで手間のかからない体験を提供します。AIベースの待ち行列管理システムは、顧客のフラストレーションを軽減し、全体的な顧客満足度の向上に役立つ。このシステムは、顧客のトラフィックと待ち行列の長さをリアルタイムで監視し、ビジネスオーナーに正確なデータを提供して情報に基づいた意思決定を行うことができます。したがって、AIベースの待ち行列管理システムの導入は、予測期間中に市場プレーヤーにいくつかの成長機会を生み出す可能性が高い。

アジア太平洋地域の待ち行列管理システム市場概要

アジア太平洋地域の待ち行列管理システムは、待ち行列管理システムの開発に従事している業界で認知された待ち行列管理システムメーカーの存在に起因して、2022年から2030年にかけて成長する可能性が高い。アジア太平洋地域の数多くのテクノロジー新興企業は、業務効率を改善するためにAIをビジネスに導入することに注力している。インターナショナル・データ・コーポレーション(IDC)の最新レポートによると、2023年9月時点で、アジア太平洋地域(日本を含む)の企業の26%がすでにジェネレーティブAI(GenAI)に投資しており、44%の企業はGenAIに投資する前に初期調査を行った。これらの企業は主に、製品開発・設計、研究開発、営業・マーケティング、顧客エンゲージメントの分野でAI技術の影響を受けている。待ち行列管理システムにAIを統合することで、顧客の待ち時間を短縮することができる。また、APACでは病院、銀行、小売店の数が大きく伸びており、同地域の待ち行列管理システム市場を活性化している。

アジア太平洋地域のキュー管理システム市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)

アジア太平洋地域のキュー管理システム市場のセグメント化

アジア太平洋地域の待ち行列管理システム市場は、タイプ、コンポーネント、アプリケーション、国によって区分される。

タイプ別に見ると、アジア太平洋地域のキュー管理システム市場はバーチャルキューイングとリニアキューイングに二分される。2022年には、仮想キューイングセグメントがより大きなシェアを占めている。

コンポーネント別では、アジア太平洋地域のキュー管理システム市場はソリューションとサービスに二分される。2022年にはソリューション・セグメントがより大きなシェアを占める。

アプリケーション別では、アジア太平洋地域の待ち行列管理システム市場は、BFSI、病院、小売店、公共サービスプロバイダーや空港、レストラン、官公庁、その他に区分される。2022年にはBFSIセグメントが最大のシェアを占めている。

国別に見ると、アジア太平洋地域の待ち行列管理システム市場は、オーストラリア、中国、インド、日本、韓国、その他のアジア太平洋地域に区分される。中国は2022年にアジア太平洋地域のキュー管理システム市場を支配した。

Q-MATIC Group AB、Qminder Ltd、Q-nomy Inc、Aurionpro Solutions Ltd、Advantech Co Ltdは、アジア太平洋地域のキュー管理システム市場で事業を展開している大手企業の一部である。

ページTOPに戻る


目次

目次

1.はじめに
1.1 インサイトパートナーズ調査レポートのガイダンス
1.2 市場セグメンテーション
2.エグゼクティブサマリー
2.1 主要インサイト
2.2 市場の魅力
3.調査方法
3.1 カバレッジ
3.2 二次調査
3.3 一次調査
4.アジア太平洋地域のキュー管理システム市場展望
4.1 概要
4.2 エコシステム分析
4.2.1 バリューチェーンのベンダー一覧
5.アジア太平洋地域のキュー管理システム市場 - 主要産業ダイナミクス
5.1 推進要因
5.1.1 様々なセクターにおけるサービス品質向上への注目の高まり
5.1.2 医療分野での需要の増加
5.1.3 顧客トラフィックの管理と顧客維持のための採用増加
5.2 市場の阻害要因
5.2.1 世界的な電子商取引の著しい成長
5.2.2 BFSIセクターによるモバイルアプリの進化
5.3 市場機会
5.3.1 キュー管理システムへの人工知能の導入
5.4 今後の動向
5.4.1 仮想キューシステムに対する需要の高まり
5.5 推進要因と阻害要因の影響:
6.キュー管理システム市場:アジア太平洋地域の市場分析
6.1 アジア太平洋地域のキュー管理システム市場収益(百万米ドル)、2022年~2030年
6.2 アジア太平洋地域のキュー管理システム市場の予測と分析
7.アジア太平洋地域のキュー管理システム市場分析-タイプ
7.1 仮想キューイング
7.1.1 概要
7.1.2 仮想キューイング市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
7.2 リニアキューイング
7.2.1 概要
7.2.2 リニアキューイング市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
8.アジア太平洋地域のキューマネジメントシステム市場分析-コンポーネント
8.1 ソリューション
8.1.1 概要
8.1.2 ソリューション市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
8.2 サービス
8.2.1 概要
8.2.2 サービス市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
9.アジア太平洋地域のキュー管理システム市場分析-用途
9.1 BFSI
9.1.1 概要
9.1.2 BFSI市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
9.2 病院
9.2.1 概要
9.2.2 病院市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
9.3 小売アウトレット
9.3.1 概要
9.3.2 小売アウトレット市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
9.4 公共サービスプロバイダーと空港
9.4.1 概要
9.4.2 ユーティリティサービスプロバイダーと空港の市場収益と2030年までの予測(百万米ドル)
9.5 レストラン
9.5.1 概要
9.5.2 レストラン市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
9.6 官公庁
9.6.1 概要
9.6.2 官庁市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
9.7 その他
9.7.1 概要
9.7.2 その他市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
10.アジア太平洋地域の待ち行列管理システム市場 - 国別分析
10.1 概要
10.1.1 アジア太平洋地域のキュー管理システム市場の国別内訳
10.1.1.1 オーストラリアアジア太平洋地域のキュー管理システム市場の2030年までの収益と予測(US$ Mn)
10.1.1.1.1 オーストラリアアジア太平洋地域のキュー管理システム市場のタイプ別内訳
10.1.1.1.2 オーストラリア:アジア太平洋地域のキュー管理システム市場アジア太平洋地域のキュー管理システム市場のコンポーネント別内訳
10.1.1.1.3 オーストラリア:アジア太平洋地域のキュー管理システム市場アジア太平洋地域のキュー管理システム市場の用途別内訳
10.1.1.2 中国アジア太平洋地域のキュー管理システムの市場収益と2030年までの予測(US$ Mn)
10.1.1.2.1 中国:アジア太平洋地域のキュー管理システム市場アジア太平洋地域のキュー管理システム市場のタイプ別内訳
10.1.1.2.2 中国:アジア太平洋地域のキュー管理システム市場アジア太平洋地域のキュー管理システム市場のコンポーネント別内訳
10.1.1.2.3 中国:アジア太平洋地域のキュー管理システム市場アジア太平洋地域のキュー管理システム市場の用途別内訳
10.1.1.3 インドアジア太平洋地域のキュー管理システムの市場収益と2030年までの予測(US$ Mn)
10.1.1.3.1 インド:アジア太平洋地域のキュー管理システム市場アジア太平洋地域のキュー管理システム市場のタイプ別内訳
10.1.1.3.2 インド:アジア太平洋地域のキュー管理システム市場アジア太平洋地域のキュー管理システム市場のコンポーネント別内訳
10.1.1.3.3 インド:アジア太平洋地域のキュー管理システム市場アジア太平洋地域のキュー管理システム市場の用途別内訳
10.1.1.4 日本アジア太平洋地域のキュー管理システム市場の2030年までの収益と予測(US$ Mn)
10.1.1.4.1 日本:アジア太平洋地域のキュー管理システム市場アジア太平洋地域のキュー管理システム市場のタイプ別内訳
10.1.1.4.2 日本:アジア太平洋地域のキュー管理システム市場アジア太平洋地域のキュー管理システム市場のコンポーネント別内訳
10.1.1.4.3 日本:アジア太平洋地域のキュー管理システム市場アジア太平洋地域のキュー管理システム市場の用途別内訳
10.1.1.5 韓国:アジア太平洋地域のキュー管理システム市場アジア太平洋地域のキュー管理システム市場の2030年までの収益と予測(US$ Mn)
10.1.1.5.1 韓国:アジア太平洋地域のキュー管理システム市場アジア太平洋地域のキュー管理システム市場のタイプ別内訳
10.1.1.5.2 韓国:アジア太平洋地域のキュー管理システム市場アジア太平洋地域のキュー管理システム市場のコンポーネント別内訳
10.1.1.5.3 韓国:アジア太平洋地域のキュー管理システム市場アジア太平洋地域のキュー管理システム市場の用途別内訳
10.1.1.6 その他のアジア太平洋地域アジア太平洋地域のキュー管理システム市場の2030年までの収益と予測(US$ Mn)
10.1.1.6.1 アジア太平洋地域のその他地域アジア太平洋地域のキュー管理システム市場のタイプ別内訳
10.1.1.6.2 アジア太平洋地域のその他地域アジア太平洋地域のキュー管理システム市場のコンポーネント別内訳
10.1.1.6.3 その他のアジア太平洋地域:キュー管理システムのタイプ別内訳アジア太平洋地域のキュー管理システム市場の用途別内訳
11.競争環境
11.1 主要企業によるヒートマップ分析
11.2 企業のポジショニングと集中度
12.待ち行列管理システム市場の産業展望
12.1 概要
12.2 市場イニシアティブ
12.3 製品開発
13.企業プロフィール
13.1 Q-MATIC Group AB
13.1.1 主要事実
13.1.2 事業内容
13.1.3 製品とサービス
13.1.4 財務概要
13.1.5 SWOT分析
13.1.6 主要開発
13.2 Qminder Ltd.
13.2.1 主要事実
13.2.2 事業内容
13.2.3 製品とサービス
13.2.4 財務概要
13.2.5 SWOT分析
13.2.6 主要開発
13.3 キューノミー株式会社
13.3.1 主要事実
13.3.2 事業内容
13.3.3 製品とサービス
13.3.4 財務概要
13.3.5 SWOT分析
13.3.6 主要開発
13.4 Aurionpro Solutions Ltd.
13.4.1 主要事実
13.4.2 事業内容
13.4.3 製品とサービス
13.4.4 財務概要
13.4.5 SWOT分析
13.4.6 主要な開発
13.5 アドバンテック
13.5.1 主要事実
13.5.2 事業内容
13.5.3 製品とサービス
13.5.4 財務概要
13.5.5 SWOT分析
13.5.6 主要開発
14.付録
14.1 単語索引

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The Asia Pacific queue management system market was valued at US$ 115.08 million in 2022 and is expected to reach US$ 196.58 million by 2030; it is estimated to grow at a CAGR of 6.9% from 2022 to 2030.

Implementing Artificial Intelligence in Queue Management System Drives Asia Pacific Queue Management System Market

The rise in customer expectations associated with their time influences service providers to adopt queue management systems. The most common customer complaints include long queues at banks, retail stores, airports, hospitals, and other public places, especially during peak hours or holidays. In order to access services in public facilities, consumers are often impatient and stressed and progress through queues. Moreover, according to the World Health Organization, the proportion of the geriatric population is expected to increase from 12% in 2015 to 22% by 2050. Older people suffering from cardiovascular disease, osteoporosis, and dementia require frequent visits to hospitals. Per the National Institute of Health Data, in 2022, approximately 21% of the geriatric population in India have at least one chronic disease such as Alzheimer's, arthritis, asthma, and cancer. Similarly, hypertension and diabetes account for ~68% of all chronic diseases; these diseases increase the number of patient visits to hospitals. Hence, long queues at medical facilities can be a physical burden to them, which generates the demand for AI-based queue management software.

The use of an AI-based queue management system supports healthcare and other facilities to solve their customer's problems. An AI-based queue management system leverages artificial intelligence to minimize wait times, manage queues, and improve patient experience. It uses real-time data to predict customer traffic and allocate resources accordingly by providing customers with a seamless and hassle-free experience. AI-based queue management systems help reduce customer frustration and improve overall customer's satisfaction. It is capable of monitoring customer traffic and queue length in real time, providing business owners with accurate data to make informed decisions. Thus, the implementation of AI-based queue management systems is likely to generate several growth opportunities for the market players during the forecast period.

Asia Pacific Queue Management System Market Overview

The queue management system in Asia Pacific is likely to grow during 2022-2030 attributed to the presence of industry-recognized queue management system manufacturers that are engaged in developing queue management systems. Numerous technology startups in Asia Pacific are focusing on implementing AI in business to improve operational efficiency. Per the recent International Data Corporation (IDC) report, in September 2023, 26% of companies in Asia Pacific (including Japan) had already made investments in Generative AI (GenAI), while 44% of companies underwent initial exploration before investing in GenAI. These companies are primarily impacted by AI technology in the areas of product development/design, research and development, sales and marketing, and customer engagement. The integration of AI in queue management systems helps reduce the customer's waiting time. In addition, APAC is experiencing strong growth in the number of hospitals, banks, and retail outlets, catalyzing the queue management system market in the region.

Asia Pacific Queue Management System Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)

Asia Pacific Queue Management System Market Segmentation

The Asia Pacific queue management system market is segmented based on type, component, application, and country.

Based on type, the Asia Pacific queue management system market is bifurcated into virtual queuing and linear queuing. The virtual queuing segment held a larger share in 2022.

By component, the Asia Pacific queue management system market is bifurcated into solution and services. The solution segment held a larger share in 2022.

By application, the Asia Pacific queue management system market is segmented into BFSI, hospitals, retail outlets, utility service providers and airports, restaurants, government offices, and others. The BFSI segment held the largest share in 2022.

Based on country, the Asia Pacific queue management system market is segmented into Australia, China, India, Japan, South Korea, and the Rest of Asia Pacific. China dominated the Asia Pacific queue management system market in 2022.

Q-MATIC Group AB, Qminder Ltd, Q-nomy Inc, Aurionpro Solutions Ltd, and Advantech Co Ltd are some of the leading companies operating in the Asia Pacific queue management system market.



ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS

1. Introduction
1.1 The Insight Partners Research Report Guidance
1.2 Market Segmentation
2. Executive Summary
2.1 Key Insights
2.2 Market Attractiveness
3. Research Methodology
3.1 Coverage
3.2 Secondary Research
3.3 Primary Research
4. Asia Pacific Queue Management System Market Landscape
4.1 Overview
4.2 Ecosystem Analysis
4.2.1 List of Vendors in Value Chain:
5. Asia Pacific Queue Management System Market - Key Industry Dynamics
5.1 Drivers
5.1.1 Rising Focus on Service Quality Enhancement in Various Sectors
5.1.2 Increasing Demand in Healthcare Sector
5.1.3 Increasing Adoption to Manage Customer Traffic and Retain Customers
5.2 Market Restraints
5.2.1 Tremendous Growth in E-commerce Worldwide
5.2.2 Evolution of Mobile Apps by BFSI Sector
5.3 Market Opportunities
5.3.1 Implementing Artificial Intelligence in Queue Management System
5.4 Future Trends
5.4.1 Escalating Demand for Virtual Queue System
5.5 Impact of Drivers and Restraints:
6. Queue Management System Market - Asia Pacific Market Analysis
6.1 Asia Pacific Queue Management System Market Revenue (US$ Million), 2022 - 2030
6.2 Asia Pacific Queue Management System Market Forecast and Analysis
7. Asia Pacific Queue Management System Market Analysis - Type
7.1 Virtual Queuing
7.1.1 Overview
7.1.2 Virtual Queuing Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
7.2 Linear Queuing
7.2.1 Overview
7.2.2 Linear Queuing Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
8. Asia Pacific Queue Management System Market Analysis - Component
8.1 Solution
8.1.1 Overview
8.1.2 Solution Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
8.2 Services
8.2.1 Overview
8.2.2 Services Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
9. Asia Pacific Queue Management System Market Analysis - Application
9.1 BFSI
9.1.1 Overview
9.1.2 BFSI Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
9.2 Hospitals
9.2.1 Overview
9.2.2 Hospitals Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
9.3 Retail Outlets
9.3.1 Overview
9.3.2 Retail Outlets Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
9.4 Utility Service Providers and Airports
9.4.1 Overview
9.4.2 Utility Service Providers and Airports Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
9.5 Restaurants
9.5.1 Overview
9.5.2 Restaurants Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
9.6 Government Offices
9.6.1 Overview
9.6.2 Government Offices Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
9.7 Others
9.7.1 Overview
9.7.2 Others Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
10. Asia Pacific Queue Management System Market - Country Analysis
10.1 Overview
10.1.1 Asia Pacific Queue Management System Market Breakdown by Countries
10.1.1.1 Australia: Asia Pacific Queue Management System Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Mn)
10.1.1.1.1 Australia: Asia Pacific Queue Management System Market Breakdown by Type
10.1.1.1.2 Australia: Asia Pacific Queue Management System Market Breakdown by Component
10.1.1.1.3 Australia: Asia Pacific Queue Management System Market Breakdown by Application
10.1.1.2 China: Asia Pacific Queue Management System Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Mn)
10.1.1.2.1 China: Asia Pacific Queue Management System Market Breakdown by Type
10.1.1.2.2 China: Asia Pacific Queue Management System Market Breakdown by Component
10.1.1.2.3 China: Asia Pacific Queue Management System Market Breakdown by Application
10.1.1.3 India: Asia Pacific Queue Management System Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Mn)
10.1.1.3.1 India: Asia Pacific Queue Management System Market Breakdown by Type
10.1.1.3.2 India: Asia Pacific Queue Management System Market Breakdown by Component
10.1.1.3.3 India: Asia Pacific Queue Management System Market Breakdown by Application
10.1.1.4 Japan: Asia Pacific Queue Management System Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Mn)
10.1.1.4.1 Japan: Asia Pacific Queue Management System Market Breakdown by Type
10.1.1.4.2 Japan: Asia Pacific Queue Management System Market Breakdown by Component
10.1.1.4.3 Japan: Asia Pacific Queue Management System Market Breakdown by Application
10.1.1.5 South Korea: Asia Pacific Queue Management System Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Mn)
10.1.1.5.1 South Korea: Asia Pacific Queue Management System Market Breakdown by Type
10.1.1.5.2 South Korea: Asia Pacific Queue Management System Market Breakdown by Component
10.1.1.5.3 South Korea: Asia Pacific Queue Management System Market Breakdown by Application
10.1.1.6 Rest of Asia Pacific: Asia Pacific Queue Management System Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Mn)
10.1.1.6.1 Rest of Asia Pacific: Asia Pacific Queue Management System Market Breakdown by Type
10.1.1.6.2 Rest of Asia Pacific: Asia Pacific Queue Management System Market Breakdown by Component
10.1.1.6.3 Rest of Asia Pacific: Asia Pacific Queue Management System Market Breakdown by Application
11. Competitive Landscape
11.1 Heat Map Analysis by Key Players
11.2 Company Positioning & Concentration
12. Queue Management System Market Industry Landscape
12.1 Overview
12.2 Market Initiative
12.3 Product Development
13. Company Profiles
13.1 Q-MATIC Group AB
13.1.1 Key Facts
13.1.2 Business Description
13.1.3 Products and Services
13.1.4 Financial Overview
13.1.5 SWOT Analysis
13.1.6 Key Developments
13.2 Qminder Ltd
13.2.1 Key Facts
13.2.2 Business Description
13.2.3 Products and Services
13.2.4 Financial Overview
13.2.5 SWOT Analysis
13.2.6 Key Developments
13.3 Q-nomy Inc
13.3.1 Key Facts
13.3.2 Business Description
13.3.3 Products and Services
13.3.4 Financial Overview
13.3.5 SWOT Analysis
13.3.6 Key Developments
13.4 Aurionpro Solutions Ltd
13.4.1 Key Facts
13.4.2 Business Description
13.4.3 Products and Services
13.4.4 Financial Overview
13.4.5 SWOT Analysis
13.4.6 Key Developments
13.5 Advantech Co Ltd
13.5.1 Key Facts
13.5.2 Business Description
13.5.3 Products and Services
13.5.4 Financial Overview
13.5.5 SWOT Analysis
13.5.6 Key Developments
14. Appendix
14.1 Word Index

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

The Insight Partners 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(bfsi)の最新刊レポート


よくあるご質問


The Insight Partners社はどのような調査会社ですか?


The Insight Partnersはインドに本社を置く調査会社です。経験豊富な専門家チームを通じて、お客様に最適な調査と分析を提供することに専念しています。幅広い分野をカバーしていますがヘルスケ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/22 10:26

158.54 円

173.12 円

207.67 円

ページTOPに戻る