世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

アジア太平洋地域の自動車用ファブリック市場の2030年までの予測 - 地域別分析 - 構成要素別(カーペット、ヘッドライナー、フードライナー、断熱材、シート表皮材、その他)、素材別(テキスタイル、人工皮革、本革、人工スエード)


Asia Pacific Automotive Fabric Market Forecast to 2030 - Regional Analysis - by Component (Carpet, Headliner, Hood Liner, Insulation, Seat Covering Material, and Others) and Material (Textiles, Artificial Leather, Genuine Leather, and Artificial Suede)

アジア太平洋地域の自動車用ファブリック市場は、2022年には243億1,691万米ドルとなり、2030年には365億7,223万米ドルに達すると予測されている。 自動車用繊維産業における革新的な技術開発がアジア太平洋地... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
The Insight Partners
ザ・インサイトパートナーズ
2024年3月14日 US$3,550
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
70 英語

※当ページの内容はウェブ更新時の情報です。
最新版の価格やページ数などの情報についてはお問合せください。

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

アジア太平洋地域の自動車用ファブリック市場は、2022年には243億1,691万米ドルとなり、2030年には365億7,223万米ドルに達すると予測されている。

自動車用繊維産業における革新的な技術開発がアジア太平洋地域の自動車用繊維市場に拍車をかける

多くのメーカーが自動車用ファブリック関連の製品革新に取り組んでいる。需要と供給能力の増加に対応するため、メーカーは様々な法的要件や消費者要件を取り入れ、環境に優しく、技術的に先進的で、法的に承認された生地素材を発売している。汚れ、水、紫外線に対する耐性を提供するコーティングの開発は、自動車用生地の外観と耐久性の維持に役立っている。顧客の安全性を確保しながらエアバッグを搭載できる生地を開発するための継続的な研究は、耐引裂性素材とシームレスな統合の開発を促している。さらに、柔軟性、快適性、伸縮性、視覚的品質の向上により、ニット生地や織物生地が多く使用されるようになり、このような生地の需要が高まっている。メーカーは、最小限の含水率を有し、高度な接着技術と統合された軽量複合材料を好み、自動車の密閉性、振動、過酷さを調整する。また、騒音や振動を吸収するために床材に布地を使用することで、全体的な顧客体験が向上する。このように、自動車用ファブリック産業における革新的な技術開発の増加は、今後数年間、市場にいくつかの成長機会を生み出す可能性が高い。

アジア太平洋地域の自動車用ファブリック市場概観

アジア太平洋地域には、トヨタ自動車、タタ・モーターズ、現代自動車、日産自動車、本田技研工業などの大手自動車会社がある。中国乗用車協会(China Passenger Car Association)が発表した報告書によると、2022年にはテスラ・インクが83,135台の中国製電気自動車を納入し、2021年からの電気自動車販売の伸びを示している。国際自動車工業会の報告書によると、2021年のアジア太平洋地域の自動車生産台数は4,673万台と推定されている。さらに、同地域の乗用車生産台数は2020年の3,582万台から2021年には3,815万台に増加した。自動車用ファブリックは、SUV、ミニバン、ハッチバックの荷室で使用され、きれいな外観と荷物の保護を提供する。自動車用ファブリックのいくつかの形状は、車内の防音と騒音低減のために設計されている。このように、アジア太平洋地域における自動車産業の成長は、予測期間中、同地域の自動車用ファブリック市場プレーヤーに有利なビジネスチャンスをもたらすと期待されている。

アジア太平洋地域の自動車用織物市場の売上高と2030年までの予測 (百万米ドル)

アジア太平洋地域の自動車用織物市場のセグメンテーション

アジア太平洋地域の自動車用ファブリック市場は、構成要素、素材、国によって区分される。部品別に見ると、アジア太平洋地域の自動車用ファブリック市場は、カーペット、ヘッドライナー、フードライナー、断熱材、シートカバー材、その他に区分される。2022年にはカーペット部門が最大の市場シェアを占めている。

素材別では、アジア太平洋地域の自動車用ファブリック市場は、テキスタイル、人工皮革、本革、人工スエードに区分される。2022年にはテキスタイル部門が最大の市場シェアを占めた。

国別では、アジア太平洋地域の自動車用ファブリック市場は、オーストラリア、中国、インド、日本、韓国、その他のアジア太平洋地域に区分される。2022年のアジア太平洋地域の自動車用織物市場シェアは中国が独占した。

Lear Corp、Bader GmbH & Co KG、BOXMARK Leather GmbH & Co KG、AUNDE Group SE、Shawmut Corp、Seiren Co Ltdは、アジア太平洋地域の自動車用生地市場で事業を展開している大手企業である。

ページTOPに戻る


目次

目次

1.はじめに
1.1 インサイト・パートナーズ調査レポートのガイダンス
1.2 市場セグメンテーション
2.エグゼクティブサマリー
2.1 主要インサイト
2.2 市場の魅力
2.2.1 市場の魅力
3.調査方法
3.1 カバレッジ
3.2 二次調査
3.3 一次調査
4.アジア太平洋地域の自動車用ファブリック市場展望
4.1 概要
4.2 ポーターのファイブフォース分析
4.2.1 サプライヤーの交渉力
4.2.2 買い手の交渉力
4.2.3 新規参入者の脅威
4.2.4 競争ライバルの激しさ
4.2.5 代替品の脅威
4.3 エコシステム分析
4.3.1 原材料サプライヤー
4.3.2 自動車用生地メーカー
4.3.3 ディストリビューター/サプライヤー
4.3.4 最終用途産業
5.アジア太平洋地域の自動車用ファブリック市場:主要市場動向
5.1 市場促進要因
5.1.1 自動車の生産と販売の増加
5.1.2 自動車の美観と内装品質への注目の高まり
5.2 市場の阻害要因
5.2.1 PVCとPUの有害な影響と合成皮革の耐久性の問題
5.3 市場機会
5.3.1 自動車生地産業における革新的技術開発
5.4 将来動向
5.4.1 持続可能なファブリックの採用
5.5 影響分析
6.自動車用ファブリック市場-アジア太平洋地域市場分析
6.1 アジア太平洋地域の自動車用ファブリック市場収益(百万米ドル)
6.2 アジア太平洋地域の自動車用ファブリック市場の予測と分析
7.アジア太平洋地域の自動車用ファブリック市場分析-構成部品
7.1 カーペット
7.1.1 概要
7.1.2 カーペット市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
7.2 ヘッドライナー
7.2.1 概要
7.2.2 ヘッドライナーの市場収入と2030年までの予測(US$ Million)
7.3 フードライナー
7.3.1 概要
7.3.2 フードライナーの市場収入と2030年までの予測(百万米ドル)
7.4 断熱材
7.4.1 概要
7.4.2 断熱材市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
7.5 シートカバー材
7.5.1 概要
7.5.2 シートカバー材市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
7.6 その他
7.6.1 概要
7.6.2 その他市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
8.アジア太平洋地域の自動車用ファブリック市場分析-素材
8.1 テキスタイル
8.1.1 概要
8.1.2 繊維製品の市場収益と2030年までの予測(百万米ドル)
8.2 人工皮革
8.2.1 概要
8.2.2 人工皮革市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
8.3 本革
8.3.1 概要
8.3.2 本革市場の収益と2030年までの予測(百万米ドル)
8.4 人工スエード
8.4.1 概要
8.4.2 人工スエードの市場収益と2030年までの予測(百万米ドル)
9.アジア太平洋地域の自動車用繊維市場-国別分析
9.1 アジア太平洋地域
9.1.1 アジア太平洋地域の自動車用ファブリック市場概観
9.1.2 アジア太平洋地域の自動車用ファブリック市場の売上高と予測・分析-国別
9.1.2.1 自動車用ファブリック市場の国別内訳
9.1.2.2 オーストラリア:自動車用織物市場の2030年までの収益予測(百万米ドル)
9.1.2.2.1 オーストラリアの自動車用織物市場の構成部品別内訳
9.1.2.2.2 オーストラリアの自動車用織物市場の素材別内訳
9.1.2.3 中国の自動車用織物市場の2030年までの収益と予測(百万米ドル)
9.1.2.3.1 中国の自動車用ファブリック市場の構成要素別内訳
9.1.2.3.2 中国の自動車用ファブリック市場の素材別内訳
9.1.2.4 インド自動車用織物市場の2030年までの収益と予測(百万米ドル)
9.1.2.4.1 インド自動車用織物市場の構成要素別内訳
9.1.2.4.2 インド自動車用織物市場の素材別内訳
9.1.2.5 日本の自動車用ファブリック市場の2030年までの収益と予測(百万米ドル)
9.1.2.5.1 日本の自動車用ファブリック市場の構成要素別内訳
9.1.2.5.2 日本の自動車用ファブリック市場の素材別内訳
9.1.2.6 韓国の自動車用ファブリック市場の2030年までの収益予測(百万米ドル)
9.1.2.6.1 韓国の自動車用ファブリック市場の構成要素別内訳
9.1.2.6.2 韓国の自動車用ファブリック市場の素材別内訳
9.1.2.7 残りのアジア太平洋地域の自動車用織物市場の2030年までの収益と予測(百万米ドル)
9.1.2.7.1 その他のアジア太平洋地域の自動車用織物市場の部品別内訳
9.1.2.7.2 その他のアジア太平洋地域の自動車用ファブリック市場の素材別内訳
10.競争環境
10.1 主要企業別ヒートマップ分析
11.産業展望
11.1 概要
11.2 新製品開発
11.3 合併と買収
12.企業プロフィール
12.1 リア社
12.1.1 主要事実
12.1.2 事業内容
12.1.3 製品とサービス
12.1.4 財務概要
12.1.5 SWOT分析
12.1.6 主要な開発
12.2 バーダーGmbH & Co KG
12.2.1 主要事実
12.2.2 事業内容
12.2.3 製品およびサービス
12.2.4 財務概要
12.2.5 SWOT分析
12.2.6 主要開発
12.3 BOXMARK レザー GmbH & Co KG
12.3.1 主要事実
12.3.2 事業内容
12.3.3 製品およびサービス
12.3.4 財務概要
12.3.5 SWOT分析
12.3.6 主要開発
12.4 AUNDEグループSE
12.4.1 主要事実
12.4.2 事業内容
12.4.3 製品とサービス
12.4.4 財務概要
12.4.5 SWOT分析
12.4.6 主要開発
12.5 ショーマット・コーポレーション
12.5.1 主要事実
12.5.2 事業内容
12.5.3 製品とサービス
12.5.4 財務概要
12.5.5 SWOT分析
12.5.6 主要開発
12.6 セーレン株式会社
12.6.1 主要事実
12.6.2 事業内容
12.6.3 製品とサービス
12.6.4 財務概要
12.6.5 SWOT分析
12.6.6 主要開発
13.付録

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The Asia Pacific automotive fabric market was valued at US$ 24,316.91 million in 2022 and is expected to reach US$ 36,572.23 million by 2030; it is estimated to grow at a CAGR of 5.2% from 2022 to 2030.

Innovative Technological Developments in Automotive Fabric Industry Fuel Asia Pacific Automotive Fabric Market

Many manufacturers are involved in product innovations related to automotive fabrics. To manage the rise in demand and supply capabilities, manufacturers are incorporating various legal and consumer requirements to launch environment-friendly, technologically advanced, and legally approved fabric materials. Development of coatings that provide resistance to stains, water and UV radiations, help in maintaining the appearance and durability of automotive fabric. The continuous research into developing fabrics that can accommodate airbags while ensuring customer safety, thereby prompting development of tear-resistant materials and seamless integration. Moreover, the significant use of knitted and woven fabrics, owing to their improved flexibility, comfort, stretchability, and better visual quality, promotes the demand for such fabrics. The manufacturers prefer lightweight composite material, which possesses minimal moisture content and is integrated with advanced adhesive technology to regulate sealing, vibration, and harshness in vehicles. Also, the use of fabrics in floor covering to absorb noise and vibration enhances the overall customer experience. Thus, a rise in innovative technological developments in the automotive fabric industry is likely to generate several growth opportunities for the market in the coming years.

Asia Pacific Automotive Fabric Market Overview

Asia Pacific is home to major automotive companies, including Toyota Motor Corporation; Tata Motors Ltd.; Hyundai Motor Company; Nissan Motor Co., Ltd.; and Honda Motor Co., Ltd. According to a report published by the China Passenger Car Association, in 2022, Tesla Inc. delivered 83,135 made-in-China electric vehicles, indicating growth in sales of electric vehicles from 2021. As per the International Organization of Motor Vehicle Manufacturers report, in 2021, motor vehicle production in Asia Pacific was estimated to be ~46.73 million units. Furthermore, passenger car production in the region increased from 35.82 million in 2020 to 38.15 million in 2021. Automotive fabric is used in cargo areas of SUVs, minivans, and hatchbacks, providing a clean appearance and protection to cargo. A few forms of automotive fabric are designed for soundproofing and noise reduction in the vehicle. Thus, the growing automotive industry in Asia Pacific is expected to create lucrative business opportunities for the automotive fabric market players in the region during the forecast period.

Asia Pacific Automotive Fabric Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)

Asia Pacific Automotive Fabric Market Segmentation

The Asia Pacific automotive fabric market is segmented based on component, material, and country. Based on component, the Asia Pacific automotive fabric market is segmented into carpet, headliner, hood liner, insulation, seat covering material, and others. The carpet segment held the largest market share in 2022.

In terms of material, the Asia Pacific automotive fabric market is segmented into textiles, artificial leather, genuine leather, and artificial suede. The textiles segment held the largest market share in 2022.

Based on country, the Asia Pacific automotive fabric market is segmented into Australia, China, India, Japan, South Korea, and the Rest of Asia Pacific. China dominated the Asia Pacific automotive fabric market share in 2022.

Lear Corp, Bader GmbH & Co KG, BOXMARK Leather GmbH & Co KG, AUNDE Group SE, Shawmut Corp, and Seiren Co Ltd are some of the leading companies operating in the Asia Pacific automotive fabric market.



ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS

1. Introduction
1.1 The Insight Partners Research Report Guidance
1.2 Market Segmentation
2. Executive Summary
2.1 Key Insights
2.2 Market Attractiveness
2.2.1 Market Attractiveness
3. Research Methodology
3.1 Coverage
3.2 Secondary Research
3.3 Primary Research
4. Asia Pacific Automotive Fabric Market Landscape
4.1 Overview
4.2 Porter's Five Forces Analysis
4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
4.2.2 Bargaining Power of Buyers
4.2.3 Threat of New Entrants
4.2.4 Intensity of Competitive Rivalry
4.2.5 Threat of Substitutes
4.3 Ecosystem Analysis
4.3.1 Raw Material Suppliers
4.3.2 Automotive Fabric Manufacturers
4.3.3 Distributors/Suppliers
4.3.4 End-Use Industries
5. Asia Pacific Automotive Fabric Market - Key Market Dynamics
5.1 Market Drivers
5.1.1 Increasing Vehicle Production and Sales
5.1.2 Rising Focus on Automotive Aesthetics and Interior Quality
5.2 Market Restraints
5.2.1 Harmful Effects of PVC and PU and Durability Issues of Synthetic Leather
5.3 Market Opportunities
5.3.1 Innovative Technological Development in Automotive Fabric Industry
5.4 Future Trends
5.4.1 Adoption of Sustainable Fabrics
5.5 Impact Analysis
6. Automotive Fabric Market - Asia Pacific Market Analysis
6.1 Asia Pacific Automotive Fabric Market Revenue (US$ Million)
6.2 Asia Pacific Automotive Fabric Market Forecast and Analysis
7. Asia Pacific Automotive Fabric Market Analysis - Component
7.1 Carpet
7.1.1 Overview
7.1.2 Carpet Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7.2 Headliner
7.2.1 Overview
7.2.2 Headliner Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7.3 Hood Liner
7.3.1 Overview
7.3.2 Hood Liner Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7.4 Insulation
7.4.1 Overview
7.4.2 Insulation Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7.5 Seat Covering Material
7.5.1 Overview
7.5.2 Seat Covering Material Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7.6 Others
7.6.1 Overview
7.6.2 Others Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
8. Asia Pacific Automotive Fabric Market Analysis - Material
8.1 Textiles
8.1.1 Overview
8.1.2 Textiles Market Revenue, and Forecast to 2030 (US$ Million)
8.2 Artificial Leather
8.2.1 Overview
8.2.2 Artificial Leather Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
8.3 Genuine Leather
8.3.1 Overview
8.3.2 Genuine Leather Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
8.4 Artificial Suede
8.4.1 Overview
8.4.2 Artificial Suede Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
9. Asia Pacific Automotive Fabric Market - Country Analysis
9.1 Asia Pacific
9.1.1 Asia Pacific Automotive Fabric Market Overview
9.1.2 Asia Pacific Automotive Fabric Market Revenue and Forecasts and Analysis - By Countries
9.1.2.1 Automotive Fabric Market Breakdown by Country
9.1.2.2 Australia Automotive Fabric Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
9.1.2.2.1 Australia Automotive Fabric Market Breakdown by Component
9.1.2.2.2 Australia Automotive Fabric Market Breakdown by Material
9.1.2.3 China Automotive Fabric Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
9.1.2.3.1 China Automotive Fabric Market Breakdown by Component
9.1.2.3.2 China Automotive Fabric Market Breakdown by Material
9.1.2.4 India Automotive Fabric Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
9.1.2.4.1 India Automotive Fabric Market Breakdown by Component
9.1.2.4.2 India Automotive Fabric Market Breakdown by Material
9.1.2.5 Japan Automotive Fabric Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
9.1.2.5.1 Japan Automotive Fabric Market Breakdown by Component
9.1.2.5.2 Japan Automotive Fabric Market Breakdown by Material
9.1.2.6 South Korea Automotive Fabric Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
9.1.2.6.1 South Korea Automotive Fabric Market Breakdown by Component
9.1.2.6.2 South Korea Automotive Fabric Market Breakdown by Material
9.1.2.7 Rest of Asia Pacific Automotive Fabric Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
9.1.2.7.1 Rest of Asia Pacific Automotive Fabric Market Breakdown by Component
9.1.2.7.2 Rest of Asia Pacific Automotive Fabric Market Breakdown by Material
10. Competitive Landscape
10.1 Heat Map Analysis By Key Players
11. Industry Landscape
11.1 Overview
11.2 New Product Development
11.3 Merger and Acquisition
12. Company Profiles
12.1 Lear Corp
12.1.1 Key Facts
12.1.2 Business Description
12.1.3 Products and Services
12.1.4 Financial Overview
12.1.5 SWOT Analysis
12.1.6 Key Developments
12.2 Bader GmbH & Co KG
12.2.1 Key Facts
12.2.2 Business Description
12.2.3 Products and Services
12.2.4 Financial Overview
12.2.5 SWOT Analysis
12.2.6 Key Developments
12.3 BOXMARK Leather GmbH & Co KG
12.3.1 Key Facts
12.3.2 Business Description
12.3.3 Products and Services
12.3.4 Financial Overview
12.3.5 SWOT Analysis
12.3.6 Key Developments
12.4 AUNDE Group SE
12.4.1 Key Facts
12.4.2 Business Description
12.4.3 Products and Services
12.4.4 Financial Overview
12.4.5 SWOT Analysis
12.4.6 Key Developments
12.5 Shawmut Corp
12.5.1 Key Facts
12.5.2 Business Description
12.5.3 Products and Services
12.5.4 Financial Overview
12.5.5 SWOT Analysis
12.5.6 Key Developments
12.6 Seiren Co Ltd
12.6.1 Key Facts
12.6.2 Business Description
12.6.3 Products and Services
12.6.4 Financial Overview
12.6.5 SWOT Analysis
12.6.6 Key Developments
13. Appendix

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

The Insight Partners 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(automotive)の最新刊レポート


よくあるご質問


The Insight Partners社はどのような調査会社ですか?


The Insight Partnersはインドに本社を置く調査会社です。経験豊富な専門家チームを通じて、お客様に最適な調査と分析を提供することに専念しています。幅広い分野をカバーしていますがヘルスケ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/24 10:26

156.87 円

170.56 円

205.01 円

ページTOPに戻る