世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

アジア太平洋地域の抗体薬物複合体の2030年までの市場予測 - 地域別分析 - 技術別(開裂性リンカー、非開裂性リンカー)、用途別(血液がん、乳がん、卵巣がん、尿路上皮がん、その他)、流通チャネル別(病院薬局、小売薬局、オンライン薬局)


Asia Pacific Antibody Drug Conjugates Market Forecast to 2030 - Regional Analysis - By Technology (Cleavable Linker and Non-cleavable Linker), Application (Blood Cancer, Breast Cancer, Ovarian Cancer, Urothelial Cancer, and Others), and Distribution Channel (Hospital Pharmacies, Retail Pharmacies, and Online Pharmacies)

アジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場は、2022年には15億3,283万米ドルと評価され、2030年には69億7,103万米ドルに達すると予測されている。 同意管理におけるAIニーズの高まりがアジア太平洋地域の抗体薬物... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
The Insight Partners
ザ・インサイトパートナーズ
2024年3月4日 US$3,550
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
101 英語

※当ページの内容はウェブ更新時の情報です。
最新版の価格やページ数などの情報についてはお問合せください。

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

アジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場は、2022年には15億3,283万米ドルと評価され、2030年には69億7,103万米ドルに達すると予測されている。

同意管理におけるAIニーズの高まりがアジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場を後押し

がん罹患率の増加は、主に革新的ながん治療に対する需要の増加につながっている。2020年に発表されたGlobal Cancer Observatory (GLOBOCAN)の推計によると、世界中で1,930万人のがん患者が発生している。中国とインドががん患者数の上位を占めている。GLOBOCANはまた、インドのがん患者は2040年までに208万人になり、2020年から57.5%増加すると推定している。同様に、2022年2月に発表された世界保健機関(WHO)のデータでは、〜1,000万人ががんで死亡している。最もよく見られるがんの種類は、肺がん、乳がん、結腸・直腸がん、前立腺がん、乳房がんである。癌の増加により、世界中で懸念が高まっている。以下は、2020年に世界で報告された一般的ながん症例のリストである。

表1.2020年に世界で新たに発生するがん患者数

番号 癌の種類 罹患者数(百万人)

1 胃 1.09

2 皮膚(非黒色腫) 1.2

3 前立腺 1.41

4 結腸・直腸 1.93

5 肺 2.21

6 乳房 2.26

がんは現在、不健康な食習慣を持ち、運動不足の人によく見られる生活習慣病である。また、アルコールやタバコの摂取も、がん発症のリスクを高める。中低所得国における慢性感染症は、がんの危険因子をさらに悪化させる。2022年2月に発表されたWHOのデータによると、ヒトパピローマウイルス(HPV)、ヘリコバクター・ピロリ菌、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、エプスタイン・バーウイルスなどの慢性感染症は、2018年に診断された患者の18%近くを占めている。また、ADCの有望な結果は、効果的な癌治療としての需要を加速し、市場成長を促進すると予想される。

アジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場の概要

アジア太平洋地域の抗体薬物複合体(ADC)市場は、中国、日本、インド、韓国、オーストラリア、その他のアジア太平洋地域に区分される。ADC市場の成長は、企業間の提携、癌罹患率の増加、臨床試験の増加によって大きく牽引されている。

ADCの開発に携わるアジア太平洋諸国の主要企業は、臨床試験を完了した後に市場に投入するパイプライン製品を持っている。2023年6月、RemeGen株式会社はInnovent Biologics, Inc.と臨床試験を開始し、新規メソセリン(MSLN)標的抗体薬物複合体(ADC)であるRC88との併用療法TYVYT(シンチリマブ注射剤)、または新規c-Met標的ADCであるRC108との併用療法TYVYTを供給する契約を締結した。これらは固形がんを治療する新規治療薬であると主張している。本契約に基づき、RemeGen社はTYVYTの抗腫瘍活性と安全性を評価するため、第1/2a相臨床試験を実施する。同社はまた、Distamab vedotin(RC48)とPD1の併用療法をパイプラインに有している。この併用療法は異なるがん適応症に対して2つのフェーズで評価されており、最初の併用療法は尿路上皮がんを対象とした第III相試験、2つ目は筋層浸潤性膀胱がんおよび胃がんを対象とした第II相試験である。

さらに、日本企業は画期的な製品を投入しており、ADC市場を席巻することが予想される。2021年6月、第一三共株式会社とAstraZeneca plcは、HER2低値乳がん患者を治療するために開発された新規クラスのADCであるEnhertuを発売した。第一三共の2023年第1四半期の売上高は、米国と欧州を合わせて前年同期比156.6%増となった。このような同社の売上高の大幅な伸びは、同国のADC市場規模に大きく寄与しており、今後数年間で飛躍的に成長すると推定される。

アジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)

アジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場のセグメンテーション

アジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場は、技術、用途、流通チャネル、国によって区分されます。

技術に基づき、アジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場は開裂性リンカーと非開裂性リンカーに二分される。2022年には開裂性リンカーセグメントが大きなシェアを占めている。

用途別では、アジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場は血液がん、乳がん、卵巣がん、尿路上皮がん、その他に区分される。2022年には乳がんセグメントが最大のシェアを占めた。

流通チャネル別に見ると、アジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場は病院薬局、小売薬局、オンライン薬局に区分される。病院薬局セグメントが2022年に最大のシェアを占めた。

国別に見ると、アジア太平洋地域の抗体医薬結合体市場はオーストラリア、中国、インド、日本、韓国、その他のアジア太平洋地域に分類される。日本は2022年にアジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場を支配した。

Pfizer Inc、Hoffmann-La Roche Ltd、GSK Plc、Gilead Sciences Inc、AstraZeneca Plc、Astellas Pharma Inc、RemeGen Co Ltd、武田薬品工業は、アジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場で事業を展開している大手企業の一部です。

ページTOPに戻る


目次

目次
1.はじめに
1.1 インサイト・パートナーズ調査レポートのガイダンス
1.2 市場セグメンテーション
2.エグゼクティブサマリー
2.1 市場の魅力
3.調査方法
3.1 カバレッジ
3.2 二次調査
3.3 一次調査
4.アジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場 - 主要産業動向
4.1 主な市場促進要因
4.1.1 抗体薬物複合体開発のための戦略的パートナーシップの拡大
4.1.2 癌患者の増加
4.1.3 ADCに対するFDA承認の増加
4.2 市場の阻害要因
4.2.1 ADCの開発と商業化にかかる高コスト
4.3 市場機会
4.3.1 ADC開発への投資の増加
4.4 市場動向
4.4.1 ADCのパイプラインの増加
4.5 影響分析:
5.抗体薬物複合体市場 - アジア太平洋地域の市場分析
5.1 アジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場収益(US$ Mn)、2017年〜2030年
6.アジア太平洋地域の抗体薬物コンジュゲート市場:2030年までの収入および予測:技術別
6.1 概要
6.2 アジア太平洋地域の抗体薬物コンジュゲート市場の技術別収益シェア(2022年・2030年)
6.3 開裂可能リンカー
6.3.1 概要
6.3.2 開裂性リンカーアジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場:2030年までの収益と予測(百万米ドル)
6.4 非開裂性リンカー
6.4.1 概要
6.4.2 非可解リンカー:アジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場:2030年までの収益と予測(百万米ドル)
7.アジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場:用途別収益と2030年までの予測
7.1 概要
7.2 アジア太平洋地域の抗体薬物コンジュゲート市場:2022年・2030年の用途別売上高シェア(%)
7.3 血液がん
7.3.1 概要
7.3.2 血液がんアジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場:2030年までの売上高と予測(百万米ドル)
7.4 乳がん
7.4.1 概要
7.4.2 乳がん:アジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場:2030年までの収入と予測(百万米ドル)
7.5 卵巣がん
7.5.1 概要
7.5.2 卵巣がん:アジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場:2030年までの収入と予測(百万米ドル)
7.6 尿路上皮がん
7.6.1 概要
7.6.2 尿路上皮がん:アジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場:2030年までの収入と予測(百万米ドル)
7.7 その他
7.7.1 概要
7.7.2 その他アジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場:2030年までの収入と予測(百万米ドル)
8.アジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場:2030年までの収入と予測(流通経路別
8.1 概要
8.2 アジア太平洋地域の抗体医薬コンジュゲート市場:2022年・2030年の流通チャネル別売上高シェア(%)
8.3 病院薬局
8.3.1 概要
8.3.2 病院薬局アジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場:2030年までの売上高と予測(百万米ドル)
8.4 小売薬局
8.4.1 概要
8.4.2 小売薬局アジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場:2030年までの収益と予測(百万米ドル)
8.5 オンライン薬局
8.5.1 概要
8.5.2 オンライン薬局アジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場:2030年までの収益と予測(百万米ドル)
9.アジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場 - 国別分析
9.1 アジア太平洋地域の抗体薬物複合体市場:2030年までの収入と予測
9.1.1 概要
9.1.2 アジア太平洋地域の抗体薬物コンジュゲート市場:主要国別売上高(2022年)(百万米ドル)
9.1.3 アジア太平洋地域の抗体薬物複合体の市場:国別
9.1.3.1 中国
9.1.3.1.1 概要
9.1.3.1.2 中国抗体薬物コンジュゲート市場の2030年までの収益と予測(US$ Mn)
9.1.3.1.3 中国の抗体薬物複合体の市場:技術別
9.1.3.1.4 中国:技術別抗体薬物複合体の市場:用途別
9.1.3.1.5 中国の抗体薬物複合体の市場:流通経路別
9.1.3.2 日本
9.1.3.2.1 概要
9.1.3.2.2 日本:概要抗体薬物複合体市場の2030年までの収益と予測(US$ Mn)
9.1.3.2.3 日本抗体薬物複合体の市場:技術別
9.1.3.2.4 日本:技術別抗体薬物複合体の市場:用途別
9.1.3.2.5 日本抗体薬物複合体の市場:流通チャネル別
9.1.3.3 インド
9.1.3.3.1 概要
9.1.3.3.2 インド:概要抗体薬物複合体の市場収入と2030年までの予測(US$ Mn)
9.1.3.3.3 インド抗体薬物複合体の市場:技術別
9.1.3.3.4 インド:技術別抗体薬物複合体の市場:用途別
9.1.3.3.5 インド:抗体医薬コンジュゲート市場抗体薬物複合体の市場:流通経路別
9.1.3.4 韓国
9.1.3.4.1 概要
9.1.3.4.2 韓国:概要抗体薬物複合体の市場収益と2030年までの予測(US$ Mn)
9.1.3.4.3 韓国:抗体医薬コンジュゲート市場抗体薬物複合体の市場:技術別
9.1.3.4.4 韓国:技術別抗体薬物複合体の市場:用途別
9.1.3.4.5 韓国:抗体医薬コンジュゲート市場:用途別抗体薬物複合体の市場:流通経路別
9.1.3.5 オーストラリア
9.1.3.5.1 概要
9.1.3.5.2 オーストラリア抗体薬物複合体の市場収入と2030年までの予測(US$ Mn)
9.1.3.5.3 オーストラリア抗体薬物複合体の市場:技術別
9.1.3.5.4 オーストラリア:技術別抗体薬物複合体の市場:用途別
9.1.3.5.5 オーストラリア:抗体医薬コンジュゲート市場抗体薬物複合体の市場:流通経路別
9.1.3.6 その他のアジア太平洋地域
9.1.3.6.1 概要
9.1.3.6.2 その他のアジア太平洋地域抗体薬物複合体の市場収入と2030年までの予測(US$ Mn)
9.1.3.6.3 アジア太平洋地域のその他地域抗体薬物複合体の市場:技術別
9.1.3.6.4 アジア太平洋地域のその他地域抗体薬物複合体の市場:用途別
9.1.3.6.5 アジア太平洋地域のその他地域抗体薬物複合体の市場:流通経路別
10.アジア太平洋地域の抗体医薬コンジュゲート市場-産業展望
10.1 概要
10.2 有機的成長戦略
10.2.1 概要
10.3 無機的成長戦略
10.3.1 概要
10.4 各社の生産能力と能力
11.企業プロフィール
11.1 ファイザー
11.1.1 主要事実
11.1.2 事業内容
11.1.3 製品およびサービス
11.1.4 財務概要
11.1.5 SWOT分析
11.1.6 主要な開発
11.2 ホフマン・ラ・ロシュ社
11.2.1 主要事実
11.2.2 事業内容
11.2.3 製品とサービス
11.2.4 財務概要
11.2.5 SWOT分析
11.2.6 主要開発
11.3 GSK Plc
11.3.1 主要データ
11.3.2 事業内容
11.3.3 製品とサービス
11.3.4 財務概要
11.3.5 SWOT分析
11.3.6 主要開発
11.4 ギリアド・サイエンシズ
11.4.1 主要データ
11.4.2 事業内容
11.4.3 製品とサービス
11.4.4 財務概要
11.4.5 SWOT分析
11.4.6 主要開発
11.5 アストラゼネカ
11.5.1 主要データ
11.5.2 事業内容
11.5.3 製品とサービス
11.5.4 財務概要
11.5.5 SWOT分析
11.5.6 主要開発
11.6 アステラス製薬
11.6.1 主要データ
11.6.2 事業内容
11.6.3 製品とサービス
11.6.4 財務概要
11.6.5 SWOT分析
11.6.6 主要開発
11.7 リメジェン株式会社
11.7.1 主要事実
11.7.2 事業内容
11.7.3 製品とサービス
11.7.4 財務概要
11.7.5 SWOT分析
11.7.6 主要な開発
11.8 武田薬品工業株式会社
11.8.1 主要データ
11.8.2 事業内容
11.8.3 製品とサービス
11.8.4 財務概要
11.8.5 SWOT分析
11.8.6 主要開発
12.付録
12.1 会社概要
12.2 用語集

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The Asia Pacific antibody drug conjugates market was valued at US$ 1,532.83 million in 2022 and is expected to reach US$ 6,971.03 million by 2030; it is estimated to grow at a CAGR of 20.8% from 2022 to 2030.

Rising Need for AI in Consent Management Fuels the Asia Pacific Antibody Drug Conjugates Market

Rising cancer incidences are primarily leading to the increasing demand for innovative cancer treatments. As per the Global Cancer Observatory (GLOBOCAN) estimates published in 2020, there were 19.3 million cancer cases across the globe. China, and India were among the countries leading in cancer cases. The GLOBOCAN has also estimated that the cancer cases in India will be ~2.08 million by 2040, representing a rise of 57.5% from 2020. Similarly, as per the World Health Organization (WHO) data published in February 2022, ~10 million people have died from cancer. The most commonly seen cancer types were lung, breast, colon and rectum, prostate, and breast. The rising incidences of cancer have raised concerns worldwide. Below is the list of common cancer cases reported worldwide in 2020.

Table 1. New Cancer Cases Worldwide, in 2020

Sr. No. Cancer Type Number of Cases (Million)

1 Stomach 1.09

2 Skin (non-melanoma) 1.2

3 Prostate 1.41

4 Colon and Rectum 1.93

5 Lung 2.21

6 Breast 2.26

Cancer is now a lifestyle disease commonly seen among people with unhealthy food habits and who are physically inactive. Also, the consumption of alcohol and tobacco adds up to the risk of developing cancer. Chronic infectious diseases in low- and middle-income countries can further aggravate the cancer risk factors. According to the WHO data published in February 2022, chronic infectious diseases such as human papillomavirus (HPV), Helicobacter pylori, hepatitis B virus, hepatitis C virus, and Epstein-Barr virus attributed to nearly 18% of the diagnosed in 2018. Also, promising results of ADCs are anticipated to accelerate their demand as an effective cancer treatment and propel the market growth.

Asia Pacific Antibody Drug Conjugates Market Overview

The Asia Pacific antibody drug conjugates (ADCs) market is segmented into China, Japan, India, South Korea, Australia, and the Rest of Asia Pacific. The growth of the ADCs market is widely driven by company collaborations, growing incidences of cancer, and increasing clinical trials.

The leading companies in Asia Pacific countries that are involved in developing ADCs have pipeline products to be launched in the market after completing the clinical trials. In June 2023, RemeGen Co., Ltd. signed an agreement with Innovent Biologics, Inc. to enter clinical trials and supply combination therapies TYVYT (sintilimab injection) with RC88, a novel mesothelin (MSLN)-targeting antibody-drug conjugate (ADC), or TYVYT with RC108, a novel c-Met-targeting ADC. These are claimed to be novel therapies to treat solid tumors. Under the agreement, RemeGen Co., Ltd will conduct Phase 1/2a clinical studies for TYVYT to evaluate the anti-tumor activity and safety. The company also has Distamab vedotin (RC48) +PD1 combination in the pipeline. The combination is evaluated in two phases for different cancer indications, first combination is in phase III, evaluated to treat urothelial cancer in and second is in phase II, evaluated to treat muscle invasive bladder and gastric cancer.

In addition, Japanese companies are introducing breakthrough products that are expected to dominate the ADCs market. In June 2021, Daiichi Sankyo Company, Limited, and AstraZeneca plc launched Enhertu-a novel class of ADCs developed to treat HER2-low breast cancer patients. Daiichi Sankyo Company, Limited reported a year-on-year sales growth of 156.6% in the first quarter of 2023 by combining the US and European sales. Such a huge growth in the company's sales has significantly contributed to the ADCs market size in the country and is estimated to grow exponentially in the coming years.

Asia Pacific Antibody Drug Conjugates Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)

Asia Pacific Antibody Drug Conjugates Market Segmentation

The Asia Pacific antibody drug conjugates market is segmented based on technology, application, distribution channel, and country.

Based on technology, the Asia Pacific antibody drug conjugates market antibody drug conjugates market is bifurcated into cleavable linker and non-cleavable linker. The cleavable linker segment held a larger share in 2022.

Based on application, the Asia Pacific antibody drug conjugates market antibody drug conjugates market is segmented into blood cancer, breast cancer, ovarian cancer, urothelial cancer, and others. The breast cancer segment held the largest share in 2022.

Based on distribution channel, the Asia Pacific antibody drug conjugates market antibody drug conjugates market is segmented into hospital pharmacies, retail pharmacies, and online pharmacies. The hospital pharmacies segment held the largest share in 2022.

Based on country, the Asia Pacific antibody drug conjugates market is categorized into Australia, China, India, Japan, South Korea, and the Rest of Asia Pacific. Japan dominated the Asia Pacific antibody drug conjugates market in 2022.

Pfizer Inc, Hoffmann-La Roche Ltd, GSK Plc, Gilead Sciences Inc, AstraZeneca Plc, Astellas Pharma Inc, RemeGen Co Ltd, and Takeda Pharmaceutical Co Ltd are some of the leading companies operating in the Asia Pacific antibody drug conjugates market.



ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS
1. Introduction
1.1 The Insight Partners Research Report Guidance
1.2 Market Segmentation
2. Executive Summary
2.1 Market Attractiveness
3. Research Methodology
3.1 Coverage
3.2 Secondary Research
3.3 Primary Research
4. Asia Pacific Antibody Drug Conjugates Market - Key Industry Dynamics
4.1 Key Market Drivers:
4.1.1 Growing Strategic Partnerships to Develop Antibody Drug Conjugates
4.1.2 Rising Incidences of Cancer Cases
4.1.3 Increasing FDA Approvals for ADCs
4.2 Market Restraints
4.2.1 High Cost of ADCs Development and Commercialization
4.3 Market Opportunities
4.3.1 Increasing Investments to Develop ADCs
4.4 Market Trends
4.4.1 Escalating Pipeline of ADCs
4.5 Impact Analysis:
5. Antibody Drug Conjugates Market - Asia Pacific Market Analysis
5.1 Asia Pacific Antibody Drug Conjugates Market Revenue (US$ Mn), 2017 - 2030
6. Asia Pacific Antibody Drug Conjugates Market - Revenue and Forecast to 2030 - by Technology
6.1 Overview
6.2 Asia Pacific Antibody Drug Conjugates Market Revenue Share, by Technology 2022 & 2030 (%)
6.3 Cleavable Linker
6.3.1 Overview
6.3.2 Cleavable Linker: Asia Pacific Antibody Drug Conjugates Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
6.4 Non-cleavable Linker
6.4.1 Overview
6.4.2 Non-cleavable Linker: Asia Pacific Antibody Drug Conjugates Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7. Asia Pacific Antibody Drug Conjugates Market - Revenue and Forecast to 2030 - by Application
7.1 Overview
7.2 Asia Pacific Antibody Drug Conjugates Market Revenue Share, by Application 2022 & 2030 (%)
7.3 Blood Cancer
7.3.1 Overview
7.3.2 Blood Cancer: Asia Pacific Antibody Drug Conjugates Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7.4 Breast Cancer
7.4.1 Overview
7.4.2 Breast Cancer: Asia Pacific Antibody Drug Conjugates Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7.5 Ovarian Cancer
7.5.1 Overview
7.5.2 Ovarian Cancer: Asia Pacific Antibody Drug Conjugates Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7.6 Urothelial Cancer
7.6.1 Overview
7.6.2 Urothelial Cancer: Asia Pacific Antibody Drug Conjugates Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7.7 Others
7.7.1 Overview
7.7.2 Others: Asia Pacific Antibody Drug Conjugates Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
8. Asia Pacific Antibody Drug Conjugates Market - Revenue and Forecast to 2030 - by Distribution Channel
8.1 Overview
8.2 Asia Pacific Antibody Drug Conjugates Market Revenue Share, by Distribution Channel 2022 & 2030 (%)
8.3 Hospital Pharmacies
8.3.1 Overview
8.3.2 Hospital Pharmacies: Asia Pacific Antibody Drug Conjugates Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
8.4 Retail Pharmacies
8.4.1 Overview
8.4.2 Retail Pharmacies: Asia Pacific Antibody Drug Conjugates Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
8.5 Online Pharmacies
8.5.1 Overview
8.5.2 Online Pharmacies: Asia Pacific Antibody Drug Conjugates Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
9. Asia Pacific Antibody Drug Conjugates Market - Country Analysis
9.1 Asia Pacific Antibody Drug Conjugates Market, Revenue and Forecast To 2030
9.1.1 Overview
9.1.2 Asia Pacific Antibody Drug Conjugates Market Breakdown, by key Country - Revenue (2022) (US$ Million)
9.1.3 Asia Pacific: Antibody Drug Conjugates Market, by Country
9.1.3.1 China
9.1.3.1.1 Overview
9.1.3.1.2 China: Antibody Drug Conjugates Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Mn)
9.1.3.1.3 China: Antibody Drug Conjugates Market, by Technology
9.1.3.1.4 China: Antibody Drug Conjugates Market, by Application
9.1.3.1.5 China: Antibody Drug Conjugates Market, by Distribution Channel
9.1.3.2 Japan
9.1.3.2.1 Overview
9.1.3.2.2 Japan: Antibody Drug Conjugates Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Mn)
9.1.3.2.3 Japan: Antibody Drug Conjugates Market, by Technology
9.1.3.2.4 Japan: Antibody Drug Conjugates Market, by Application
9.1.3.2.5 Japan: Antibody Drug Conjugates Market, by Distribution Channel
9.1.3.3 India
9.1.3.3.1 Overview
9.1.3.3.2 India: Antibody Drug Conjugates Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Mn)
9.1.3.3.3 India: Antibody Drug Conjugates Market, by Technology
9.1.3.3.4 India: Antibody Drug Conjugates Market, by Application
9.1.3.3.5 India: Antibody Drug Conjugates Market, by Distribution Channel
9.1.3.4 South Korea
9.1.3.4.1 Overview
9.1.3.4.2 South Korea: Antibody Drug Conjugates Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Mn)
9.1.3.4.3 South Korea: Antibody Drug Conjugates Market, by Technology
9.1.3.4.4 South Korea: Antibody Drug Conjugates Market, by Application
9.1.3.4.5 South Korea: Antibody Drug Conjugates Market, by Distribution Channel
9.1.3.5 Australia
9.1.3.5.1 Overview
9.1.3.5.2 Australia: Antibody Drug Conjugates Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Mn)
9.1.3.5.3 Australia: Antibody Drug Conjugates Market, by Technology
9.1.3.5.4 Australia: Antibody Drug Conjugates Market, by Application
9.1.3.5.5 Australia: Antibody Drug Conjugates Market, by Distribution Channel
9.1.3.6 Rest of Asia Pacific
9.1.3.6.1 Overview
9.1.3.6.2 Rest of Asia Pacific: Antibody Drug Conjugates Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Mn)
9.1.3.6.3 Rest of Asia Pacific: Antibody Drug Conjugates Market, by Technology
9.1.3.6.4 Rest of Asia Pacific: Antibody Drug Conjugates Market, by Application
9.1.3.6.5 Rest of Asia Pacific: Antibody Drug Conjugates Market, by Distribution Channel
10. Asia Pacific Antibody Drug Conjugates Market-Industry Landscape
10.1 Overview
10.2 Organic Growth Strategies
10.2.1 Overview
10.3 Inorganic Growth Strategies
10.3.1 Overview
10.4 Companies' Manufacturing Capacities and Capabilities
11. Company Profiles
11.1 Pfizer Inc
11.1.1 Key Facts
11.1.2 Business Description
11.1.3 Products and Services
11.1.4 Financial Overview
11.1.5 SWOT Analysis
11.1.6 Key Developments
11.2 Hoffmann-La Roche Ltd
11.2.1 Key Facts
11.2.2 Business Description
11.2.3 Products and Services
11.2.4 Financial Overview
11.2.5 SWOT Analysis
11.2.6 Key Developments
11.3 GSK Plc
11.3.1 Key Facts
11.3.2 Business Description
11.3.3 Products and Services
11.3.4 Financial Overview
11.3.5 SWOT Analysis
11.3.6 Key Developments
11.4 Gilead Sciences Inc
11.4.1 Key Facts
11.4.2 Business Description
11.4.3 Products and Services
11.4.4 Financial Overview
11.4.5 SWOT Analysis
11.4.6 Key Developments
11.5 AstraZeneca Plc
11.5.1 Key Facts
11.5.2 Business Description
11.5.3 Products and Services
11.5.4 Financial Overview
11.5.5 SWOT Analysis
11.5.6 Key Developments
11.6 Astellas Pharma Inc
11.6.1 Key Facts
11.6.2 Business Description
11.6.3 Products and Services
11.6.4 Financial Overview
11.6.5 SWOT Analysis
11.6.6 Key Developments
11.7 RemeGen Co Ltd
11.7.1 Key Facts
11.7.2 Business Description
11.7.3 Products and Services
11.7.4 Financial Overview
11.7.5 SWOT Analysis
11.7.6 Key Developments
11.8 Takeda Pharmaceutical Co Ltd
11.8.1 Key Facts
11.8.2 Business Description
11.8.3 Products and Services
11.8.4 Financial Overview
11.8.5 SWOT Analysis
11.8.6 Key Developments
12. Appendix
12.1 About Us
12.2 Glossary of Terms

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

The Insight Partners 社の最新刊レポート


よくあるご質問


The Insight Partners社はどのような調査会社ですか?


The Insight Partnersはインドに本社を置く調査会社です。経験豊富な専門家チームを通じて、お客様に最適な調査と分析を提供することに専念しています。幅広い分野をカバーしていますがヘルスケ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る