世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

アナリストの洞察新興市場におけるエネルギー貯蔵


Analyst Insight: Energy Storage in Emerging Markets

エネルギー貯蔵システム(ESS)は、よりスマートで柔軟なエネルギーシステムを構築するための基本であり、エネルギー転換を実現する重要な要素である。世界各国は、グリッド・バランシング・サービスや周波数... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2023年9月29日 US$750
1-5ユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
14 7 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文でご納品いたします。


 

サマリー

エネルギー貯蔵システム(ESS)は、よりスマートで柔軟なエネルギーシステムを構築するための基本であり、エネルギー転換を実現する重要な要素である。世界各国は、グリッド・バランシング・サービスや周波数調整など、これらの技術によってもたらされるメリットを認識しつつある。しかし、これまでのESS導入は一部の市場に集中している。中でも米国、中国、欧州の数カ国は、発電の多様化を目指す自然エネルギーの継続的な普及に備えて設置された、大規模な蓄電設備を有している。
 
アジア太平洋、中南米、中東・アフリカの新興市場も、これに追随しようとしている。再生可能エネルギーの導入が拡大し、エネルギー需要が増加するにつれて、これらの地域ではESSが不可欠になる。急速な人口増加と異常気象の頻度増加に直面し、送電網インフラを近代化する必要性に駆られた発展途上国は、集中型送電網アーキテクチャから脱却し、近代的で信頼性の高い電力ソリューションを開発するため、大規模なエネルギー貯蔵プロジェクトを推進している。
 
本アナリストインサイトでは、新興市場におけるエネルギー貯蔵技術について解説する。Guidehouse InsightsのEnergy Storage Systems Tracker 2Q23のデータを使用し、現在追跡中のプロジェクトについて地域別・蓄電タイプ別に情報を提供し、市場促進要因と障壁を評価し、具体的なケーススタディで2地域を分析し、業界関係者への主要な提言を掲載しています。
 
主な質問
  • 地域レベルのESS容量はどのようなものか?
  • どのESS技術が新興市場を支配しているのか?
  • 新興市場におけるESS導入の主な促進要因は何か?
  • 新興市場におけるESS導入の主な障壁は何か?
  • 今後数年間、新興市場で注視すべきESSの主要トレンドは?
 
このレポートが必要な人
  • 政府機関
  • 公益事業者
  • 送電網事業者
  • エネルギー貯蔵およびスマートグリッド技術企業
  • バッテリーメーカー
  • EV開発企業
  • 大規模産業用電力ユーザー


ページTOPに戻る


目次

目次
イントロダクション
スコープ
エグゼクティブ・サマリー
市場促進要因と障壁
ESSプロジェクトトラッカー:新興市場
アフリカにおけるESS
ズームイン 南アフリカ
アジア太平洋地域のESS
ズームイン インド
主な推奨事項
頭字語および略語
その他のリソースと連絡先
 
図表リスト
世界市場の地域別ESSプロジェクト:2023年第2四半期
新興市場におけるESSの総容量上位タイプ:2023年第2四半期
アフリカにおける風力と太陽光の年間総増設容量:2023-2031年
南アフリカ:アプリケーション別ESS総容量:2023年
アジア太平洋地域の風力・太陽光発電の年間総増設容量:2023年~2031年
ESS総容量上位5ヵ国:世界市場:2023年第2四半期
インド:総容量別ESSセグメント:2023年第2四半期
 
表一覧
市場促進要因と障壁

 

ページTOPに戻る


 

Summary

このレポートでは、新興市場におけるエネルギー貯蔵技術について解説しています。
 
Report Description
Energy storage systems (ESS) are fundamental to creating a smarter, more flexible energy system and will be a crucial enabler in the energy transition. Globally, countries are recognizing the benefits provided by these technologies, including grid-balancing services and frequency regulation. However, ESS deployment to date has focused on select markets. The US, China, and several European countries, among others, are home to significant storage capacity, installed in preparation for the continued proliferation of renewables as these nations look to diversify power generation.
 
Emerging markets in Asia Pacific, Latin America, and the Middle East & Africa are looking to follow suit. As renewable energy deployments expand and energy demand rises, ESS will become essential in these regions. Driven by the need to modernize grid infrastructure in the face of rapid population growth and increasingly frequent extreme weather events, developing countries are pursuing energy storage projects at scale to move away from centralized grid architecture and develop modern, reliable power solutions.
 
This Analyst Insight documents energy storage technologies in emerging markets. Using data from Guidehouse Insights’ Energy Storage Systems Tracker 2Q23, the report provides information on currently tracked projects by region and storage type, assesses market drivers and barriers, analyzes two regions with specific case studies, and provides key recommendations for industry stakeholders.
 
KEY QUESTIONS ADDRESSED
  • What does ESS capacity look like on a regional level?
  • Which ESS technologies dominate emerging markets?
  • What are the key drivers for ESS deployments in emerging markets?
  • What are the key barriers for ESS deployments in emerging markets?
  • What key ESS trends should be monitored in emerging markets over the coming years?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • Governments
  • Utilities
  • Grid operators
  • Energy storage and smart grid technology companies
  • Battery manufacturers
  • EV developers
  • Large industrial power users


ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS
Introduction
Scope
Executive Summary
Market Drivers and Barriers
ESS Project Tracker: Emerging Markets
ESS in Africa
Zoom In: South Africa
ESS in Asia Pacific
Zoom In: India
Key Recommendations
Acronyms and Abbreviations
Additional Resources and Contact
 
LIST OF CHARTS AND FIGURES
ESS Projects by Region, World Markets: 2Q 2023
Top ESS Types by Total Capacity, Emerging Markets: 2Q 2023
Total Annual Wind & Solar Capacity Additions, Africa: 2023-2031
Total ESS Capacity by Application, South Africa: 2023
Total Annual Wind & Solar Capacity Additions, Asia Pacific: 2023-2031
Top 5 Countries by Total ESS Capacity, World Markets: 2Q 2023
ESS Segments by Total Capacity,India: 2Q 2023
 
LIST OF TABLES
Market Drivers and Barriers

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD()の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/14 10:27

158.31 円

170.44 円

204.62 円

ページTOPに戻る