世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

英国のサイバー(賠償責任)保険:市場シェア分析、産業動向と統計、2020年~2029年の成長予測


UK Cyber (Liability) Insurance - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2020 - 2029

英国のサイバー保険市場は、予測期間中(2024-2029年)に年平均成長率8%を記録すると予測されている。 保険という概念とそのリスク軽減機能は時代とともに変わっていないが、保険契約は適切であり続けるために... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Mordor Intelligence
モードーインテリジェンス
2024年2月17日 US$4,750
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
145 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

英国のサイバー保険市場は、予測期間中(2024-2029年)に年平均成長率8%を記録すると予測されている。

保険という概念とそのリスク軽減機能は時代とともに変わっていないが、保険契約は適切であり続けるために、またリスクの性質の変化に対応するために、適応しなければならなくなっている。これには、保険会社が従来のように保険金を支払うだけでなく、保険契約を通じてサービスを提供することも含まれる。このような進化の結果、いくつかの新しい形態の保険が登場した。サイバーリスクは、テクノロジーと接続性への依存度が高まっていることを考慮すると、ここ10~20年の間に発展し、注目されるようになった。サイバー保険はさまざまなリスクに対応している。一方の端には、データ詐欺、盗難、その他のプライバシー侵害など、頻度の高い「日常生活」タイプのリスクがある。もう一方の端には、NotPetyaやWannacryのような「極端なシナリオ」タイプのリスクがあり、多くの企業に深刻な混乱をもたらす可能性がある。NotPetya攻撃では、ウイルスがユーザーのコンピューターを凍結させ、身代金の支払いを要求した。英国のReckitt Benckiser社、オランダの配送会社TNT社、デンマークの海運大手Maersk社など、ウクライナと強い貿易関係を持つ企業が影響を受けた。 e WannaCryランサムウェア暗号ワームは、少なくとも150カ国にまたがる23万台以上のコンピュータを攻撃したと推定されている。この攻撃は、マイクロソフト・ウィンドウズの特定の脆弱性を利用してデータを暗号化し、身代金の支払いを要求した。被害を受けたさまざまな部門や業界の中で、最も大きな被害を受けた機関のひとつがNHSであった。NHSは、いまだに旧式のソフトウェアやオペレーティング・システムに大きく依存しており、攻撃に対して脆弱であった。

サイバー保険は英国経済において重要な役割を果たしてきたし、今後も果たしていくであろう。今後数年間、サイバー保険市場は引き続き大きく発展し、急成長すると予想される。これは、リスクに対する意識の高まりに加え、COVID-19の大流行によって一段と加速したビジネスのデジタル化という広範な傾向によって、サイバー事象の発生頻度が高まることを反映している。このことは、サイバー犯罪の影響を受けやすいデータの量が増加するにつれて、データ・セキュリティに課題をもたらす。コネクティビティの向上から生じる課題に取り組むため、サイバーリスクのカバー範囲は拡大し続けることが予想される。これを反映して、経済全体の機能におけるサイバー保険の関連性と重要性が大幅に高まることが予想される。

英国のサイバー保険会社は、(英国のサイバーセキュリティ企業とともに)リスク軽減と封じ込めのプロセスを適応させ、改善している。こうした手法を企業と共有することで、英国のサイバー保険会社はサイバーインシデントがもたらすリスクの軽減に貢献することができる。サイバーリスクが複雑であることは、再保険がサイバー保険の供給を拡大する上で重要な役割を果たすことも意味する。

英国のサイバー保険市場動向

サイバー保険の適用範囲

最近まで、事業中断損害や物理的損害をカバーするサイバー保険商品は、一部の保険会社によってのみ提供されていた。しかし現在では、96%の保険会社が事業中断損害をカバーしており、第一当事者損害もカバーする保険会社が増えている。サイバーリスクのダイナミックな性質やトレンドを反映して、補償内容は絶えず変化し、拡大している。サイバー保険がカバーできるサイバーインシデントや損害の種類が増えるにつれ、英国企業がサイバー保険に投資するメリットも増えるだろう。また、サイバー保険会社やブローカーは、特定の企業の保険ニーズを理解し、カバーを適切に調整できるようになってきている。サイバー保険の中には、被保険者が特定のサイバーセキュリティ基準を満たすこと、あるいはセキュリティ慣行の改善を実証することを求めるものもある。これらの要件を満たさない場合、補償に影響が出る可能性がある。

サイバーセキュリティ侵害による企業への影響

通常、サイバー保険の補償限度額は、深刻な侵害に関連する費用を完全にカバーできない場合があります。企業は、保険限度額を超えても一定の費用を負担する責任を負う可能性がある。ほとんどのサイバー保険には免責金額が設定されており、保険が適用される前に企業が一定額を負担しなければなりません。免責金額の大きさは、組織の財政負担に大きく影響する。サイバー保険に加入していても、大規模なデータ漏洩は企業の評判を傷つける可能性がある。顧客やパートナーは組織に対する信頼を失い、ビジネスの損失や長期的な損害につながる可能性がある。サイバー保険は、情報漏えいに起因する一定の法的費用や罰金をカバーする可能性がありますが、すべての費用がカバーされるとは限りません。規制上の罰金や法的な和解は、依然として組織に大きな財務的影響を与える可能性がある。サイバー保険は、インシデント対応、フォレンジック調査、復旧作業のコストをカバーするのに役立つ。しかし、これらのコストの全容を予測することは困難であり、保険は一部の側面しかカバーしない可能性がある。

英国サイバー保険業界の概要

英国のサイバー保険市場は、大手保険会社、サイバー専門保険会社、インシュアテック新興企業、仲介業者が混在し、サイバー賠償責任保険に対する需要の高まりに対応しているのが特徴であった。市場の競争力は、サイバー脅威がもたらす特有の課題に対応するための保険設計やリスク評価手法の革新を促している。技術的プラットフォームの採用と新技術へのアップグレードは、サイバー犯罪の脅威の増大につながる。COVID-19や都市化が一般市民を襲い、サイバー犯罪の脅威による損失リスクを軽減するためにサイバー保険が採用されるようになると、イノベーションと技術の進歩が加速した。世界中の企業がこの分野の市場に巨額の投資を行っている。英国では、サイバー(賠償責任)保険市場には多くの企業が存在し、そのシェアは微々たるものである。スイス・リー、アリアンツ、ビーズリー、ヒスコックス、マーシュ、東京海上キルン、アクサXLなどがサイバー保険会社である。

その他の特典

  • エクセル形式の市場推定(ME)シート
  • 3ヶ月のアナリスト・サポート


ページTOPに戻る


目次

1 はじめに
1.1 調査の前提条件と市場定義
1.2 調査範囲

2 調査方法

3 エグゼクティブサマリー

4 市場の洞察とダイナミクス
4.1 市場概要
4.2 市場の促進要因
4.2.1 データプライバシー規制
4.2.2 ビジネスの中断
4.3 市場の阻害要因
4.3.1 複雑さと理解不足
4.3.2 カバレッジのコスト
4.4 バリューチェーン分析
4.5 市場機会
4.6 ポーターのファイブフォース分析
4.6.1 供給者の交渉力
4.6.2 買い手/消費者の交渉力
4.6.3 新規参入者の脅威
4.6.4 代替製品の脅威
4.6.5 競争ライバルの激しさ
4.7 市場の技術革新に関する洞察
4.8 消費者行動分析に関する洞察
4.9 市場における政府規制
4.10 COVID-19の市場への影響

5 市場の区分
5.1 製品タイプ別
5.1.1 パッケージ型
5.1.2 スタンドアロン
5.2 アプリケーション・タイプ別
5.2.1 銀行・金融サービス
5.2.2 IT・通信
5.2.3 ヘルスケア
5.2.4 小売
5.2.5 その他のアプリケーションタイプ

6 競争環境
6.1 市場集中の概要
6.2 会社プロファイル
6.2.1 AIG
6.2.2 アリアンツ
6.2.3 ビーズリー
6.2.4 ヒスコックス
6.2.5 マーシュ
6.2.6 東京海上キルン
6.2.7 アクサXL
6.2.8 CFCアンダーライティング
6.2.9 NIG
6.2.10 チューリッヒ

7 市場機会と今後の動向

8 免責事項

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The UK Cyber Insurance Market is expected to register a CAGR of 8% during the forecast period(2024-2029).

While the concept of insurance and its function of risk mitigation has remained the same over time, policies have had to adapt to stay relevant and accommodate the changing nature of risks. This includes insurance firms providing services throughout an insurance contract beyond solely paying out for claims as was traditionally the case. As a result of this evolution, several new forms of insurance have emerged—cyber insurance being one of them. Cyber risks have developed and gained increasing attention over the last 10−20 years, considering our increasing reliance on technology and connectivity. Cyber insurance caters to a spectrum of risks. At one end, there are higher-frequency, ‘daily life ’-type risks, such as data fraud, theft, or other privacy breaches. On the other end, there are ‘extreme scenario ’-type risks, such as NotPetya and Wannacry, which can result in severe disruption to many businesses. In the NotPetya attack, the virus froze the user’s computer and demanded a ransom to be paid. Businesses with strong trade links with Ukraine, such as the UK’s Reckitt Benckiser, Dutch delivery firm TNT, and Danish shipping giant Maersk, were affected. e WannaCry ransomware crypto-worm, which is estimated to have hit over 230,000 computers across at least 150 countries. The attack used a specific Microsoft Windows vulnerability to encrypt data and demand ransom payments. Among the range of sectors and industries hit, one of the largest agencies to suffer was the NHS, which was still largely reliant on outdated software and operating systems, making it vulnerable to attack.

Cyber insurance has and will continue to play an important role in the UK economy, both through the direct benefits to the UK business as well as the impact on the economy more broadly. Looking ahead, the cyber insurance market is expected to continue to undergo major development and rapid growth over the next few years, reflecting the increased awareness of risks as well as the likely increase in the frequency of cyber events driven by the broader trend of increasing digitization of businesses, which in part, were hastened by the COVID-19 pandemic. This poses challenges for data security as the quantity of data susceptible to cyber-crime increases. To tackle the challenges that arise from increasing connectivity, it is expected that coverage of cyber risks will continue to expand. To reflect this, the relevance and importance of cyber coverage in the overall functioning of the economy is expected to increase significantly.

The UK cyber insurers are adapting and improving their risk mitigation and containment processes (alongside UK cyber security firms). By sharing these techniques with businesses, UK cyber insurers can help to reduce the risks posed by cyber incidents. The complexity of cyber risks also means that reinsurance can play an important role in expanding the supply of cyber insurance.

UK Cyber Insurance Market Trends

Impact of Cyber Insurance Policy Coverage

Until recently, cyber insurance products covering business interruption losses and physical damage were only offered by a few insurers. Now, however, 96% of insurers cover business interruption losses, and an increasing number of insurers are also offering coverage for first-party losses. Coverage is continually changing and expanding to reflect the dynamic nature of cyber risks and trends. As the variety of cyber incidents and types of losses that cyber insurance increases can cover, the benefit to UK businesses of investing in cyber insurance will also likely increase. Cyber insurers and brokers are also becoming better able to understand a particular company’s insurance needs, tailoring cover appropriately. Some cyber insurance policies may require the insured organization to meet specific cybersecurity standards or demonstrate improvements in security practices. Failing to meet these requirements could affect coverage.

Impact of Disruptive Cyber Security Breach for Businesses

Cyber insurance policies typically have coverage limits that may not fully cover the costs associated with a severe breach. Businesses may still be responsible for covering certain expenses beyond the policy limits. Most cyber insurance policies have deductibles, which means the business must pay a certain amount out of pocket before the insurance coverage kicks in. The size of the deductible can significantly impact the financial burden on the organization. Even with cyber insurance, a major data breach can harm a business's reputation. Customers and partners may lose trust in the organization, leading to a loss of business and long-term damage. Cyber insurance may cover certain legal expenses and fines resulting from a breach, but not all costs may be covered. Regulatory fines and legal settlements can still have a significant financial impact on the organization. Cyber insurance can help cover the costs of incident response, forensic investigations, and recovery efforts. However, the full extent of these costs can be challenging to predict, and insurance may only cover some aspects.

UK Cyber Insurance Industry Overview

The UK cyber insurance landscape was characterized by a mix of established insurance giants, specialized cyber insurers, insurtech startups, and intermediaries working together to address the growing demand for cyber liability coverage. The market's competitive nature was driving innovation in policy design and risk assessment methodologies to meet the unique challenges posed by cyber threats. Adoption of technological platforms and up-gradation to new technology leads to an increase in the threat of cybercrimes. Innovation and technological advancement took pace as COVID-19 and urbanization struck general people to the adoption of cyber insurance to mitigate the risk of loss due to the threat of cybercrimes. Companies across the world have huge investments in this segment of the market. In the United Kingdom, the Cyber (liability) insurance market has many companies fragmented over minor shares. Swiss Re, Allianz, Beazley, Hiscox, Marsh, Tokio Marine Kiln, and AXA XL are among the cyber insurance companies.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support


ページTOPに戻る


Table of Contents

1 INTRODUCTION
1.1 Study Assumptions and Market Definition
1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS AND DYNAMICS
4.1 Market Overview
4.2 Market Drivers
4.2.1 Data Privacy Regulations
4.2.2 Business Interruption
4.3 Market Restraints
4.3.1 Complexity and Lack of Understanding
4.3.2 Cost of Coverage
4.4 Value Chain Analysis
4.5 Market Opportunities
4.6 Porter's Five Forces Analysis
4.6.1 Bargaining Power of Suppliers
4.6.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
4.6.3 Threat of New Entrants
4.6.4 Threat of Substitute Products
4.6.5 Intensity of Competitive Rivalry
4.7 Insights on Technological Innovations in the Market
4.8 Insights on Consumer Behavior Analysis
4.9 Government Regulation in Market
4.10 Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET SEGMENTATION
5.1 By Product Type
5.1.1 Packaged
5.1.2 Standalone
5.2 By Application Type
5.2.1 Banking & Financial Services
5.2.2 IT & Telecom
5.2.3 Healthcare
5.2.4 Retail
5.2.5 Other Application Types

6 COMPETITIVE LANDSCAPE
6.1 Market Concentration Overview
6.2 Company Profiles
6.2.1 AIG
6.2.2 Allianz
6.2.3 Beazley
6.2.4 Hiscox
6.2.5 Marsh
6.2.6 Tokio Marine Kiln
6.2.7 AXA XL
6.2.8 CFC Underwriting
6.2.9 NIG
6.2.10 Zurich*

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

8 DISCLAIMER

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD()の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Mordor Intelligence社はどのような調査会社ですか?


Mordor Intelligenceは世界の多様な市場に関する重要動向、技術、競争、機会について調査しています。 もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/13 10:28

157.89 円

171.11 円

204.74 円

ページTOPに戻る