世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

チロシンキナーゼ阻害剤:市場シェア分析、産業動向・統計、2019年~2029年の成長予測


Tyrosine Kinase Inhibitors - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2019 - 2029

チロシンキナーゼ阻害剤の市場規模は、2024年に621億3000万米ドルと推定され、予測期間中(2024-2029年)の年平均成長率は8.37%で、2029年には928億6000万米ドルに達すると予測される。 COVID-19パンデミックは... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Mordor Intelligence
モードーインテリジェンス
2024年2月17日 US$4,750
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
115 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

チロシンキナーゼ阻害剤の市場規模は、2024年に621億3000万米ドルと推定され、予測期間中(2024-2029年)の年平均成長率は8.37%で、2029年には928億6000万米ドルに達すると予測される。

COVID-19パンデミックは世界中の医療システムに影響を及ぼし、多くの医療施設で通常の治療を中断する結果となり、パンデミック初期には脆弱ながん患者を重大なリスクにさらすこととなった。しかし、パンデミックが進行するにつれて、チロシンキナーゼ阻害薬がCOVID-19患者で有望な結果を示し始め、臨床試験の数が増加した。例えば、2022年4月にFrontiers誌が発表した論文によると、チロシンキナーゼ阻害薬であるイマチニブは、細胞のチロシンキナーゼだけでなくウイルス融合も阻害し、COVID-19ウイルスの複製を阻止することに成功した。この情報源はまた、COVID-19患者に対するイマチニブの臨床効果を調べるため、世界各地で3つの臨床試験が進行中であるとも述べている。このように、パンデミックは市場の成長に大きな影響を与えたが、現在パンデミックは沈静化しているため、本調査の予測期間中は安定した成長が見込まれる。

癌の有病率の増加、研究活動の活発化、チロシンキナーゼ阻害剤への投資といった要因が、市場の成長を促進すると予想される。

癌の有病率の上昇は、市場成長を促進する大きな要因である。例えば、Chinese Medical Journalが2022年3月に発表した報告書によると、中国ではがんの発生率が高まっている。2022年、中国では約482万人の新規がん患者が発生し、その中で最も多いのは肺がんである。

さらに、国立がん研究センターが2022年6月に発表したデータによると、2022年に日本で新たに発生すると予想されるがん患者数は101万9,000人で、そのうち大腸・直腸がんが15万8,200人、胃がんが13万2,100人、肺・気管がんが12万8,800人、前立腺がんが9万6,400人、乳がんが9万5,000人となっている。このように、がんの罹患率の増加は、がんの治療のための様々なチロシンキナーゼ阻害剤の需要を増加させている。

さらに、チロシンキナーゼ阻害剤の研究開発活動の活発化も、市場の成長を後押しすると期待されている。例えば、2022年8月、テセウス・ファーマシューティカルズ・インクは、がん耐性を凌駕する次世代チロシンキナーゼ阻害剤(TKI)の開発に焦点を当てた事業とパイプラインのハイライトを発表した。同社は2022年第2四半期に730万米ドルを投資した(2021年同期は450万米ドル)。このように、チロシンキナーゼ阻害剤への投資の増加とともに研究活動が活発化していることが、市場の成長を高めると予想される。

さらに、主要な市場参入企業による開発の高まりも、市場の成長を高めると期待されている。例えば、2021年3月、ファイザー社はチロシンキナーゼ阻害薬であるLORBRENA(lorlatinib)の追加新薬承認申請(sNDA)を米国FDAから取得し、未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)陽性の非小細胞肺がん(NSCLC)のファーストライン治療に適応を拡大した。ロルブレナは、FDAが承認した検査で腫瘍がALK陽性である転移性NSCLCの成人に適応があります。

したがって、癌の有病率の上昇、新規チロシンキナーゼ阻害薬の研究開発の増加、主要市場プレイヤーによる開発の盛り上がりといった前述の要因は、市場の成長を促進すると予想される。しかし、治療費の高さが市場成長の妨げになると予想される。

チロシンキナーゼ阻害剤の市場動向

予測期間中、乳がんセグメントが大きな市場シェアを占める見込み

乳癌は乳房の細胞が制御不能に増殖する病気である。チロシンキナーゼ阻害薬は、乳がんの細胞増殖と成長に必要な異常なシグナル伝達経路を遮断するのに役立つ。乳がんの有病率の上昇や主要な市場参入企業による開発の増加といった要因が、市場の成長を促進すると予想される。

例えば、キャンサー・オーストラリアが2023年1月に更新したデータによると、2022年中にオーストラリアで新たに診断されるがん患者は20,640人と推定され、これはオーストラリアで新たに診断されるがん患者の12.7%を占める。この情報源はまた、乳がんは2022年にオーストラリアで2番目に多く診断されるがんになると述べている。従って、乳癌の高い有病率は、セグメントの成長を促進すると予想される。

さらに、インド医学研究評議会(ICMR)が2022年12月に発表した年2回の報告書によると、2022年のインドにおけるがん患者の全国平均は10万人当たり100.4人で、乳がんと診断される女性が多い(推定10万人当たり105.4人)。また、インドでは推定182,000人が乳がん患者であり、2030年には250,000人に達すると予想されている。このように、乳がんの罹患率が高いことから、チロシンキナーゼ阻害剤に対する需要が増加し、市場成長の原動力となることが予想される。

さらに、主要な市場参入企業による開発の高まりも、同分野の成長を高めると予想される。例えば、ディザールは2022年9月、複数の前治療から再発したHER2陽性転移性乳がん(HER2+ MBC)患者を対象としたDZD1516の国際共同第I相試験から得られた有望な安全性および薬物動態データを報告した。DZD1516は、経口、強力、可逆的、高選択的で、血液脳関門(BBB)を完全に透過するHER2チロシンキナーゼ阻害(TKI)薬として設計されている。

このように、乳がんの有病率の上昇や主要市場企業による開発の高まりといった前述の要因は、市場の成長を促進すると予想される。

予測期間中、北米が市場で大きなシェアを占める見込み

米国やカナダを含む北米諸国は、発達し、体系化された医療制度を有している。これらの制度はまた、特にがんに関する研究開発を奨励している。これらの国々では、多くの企業ががん研究に携わっている。がん罹患率の上昇や製品上市の増加といった要因が、同地域の市場成長を後押しすると予想される。

例えば、カナダ癌協会の2022年の統計によると、2021年に約6,700人のカナダ人が白血病と診断され、そのうち4,000人が男性、2,700人が女性であった。また、米国癌協会の2023年のデータでは、2023年に米国で新たに59,610例の白血病と20,380例の急性骨髄性白血病(AML)が診断されると予想されている。このように、がん罹患率の高さがチロシンキナーゼ阻害薬の使用量増加につながり、この地域の市場を牽引している。

さらに、がん研究への支出が増加していることも、より新しいチロシンキナーゼ阻害剤の開発を後押しし、市場成長を促進すると期待されている。例えば、NIHが2022年5月に発表したデータによると、米国のがん研究への支出は2021年の73億6,200万米ドルから2022年には76億4,400万米ドルに増加している。

さらに、主要な市場参入企業による開発の高まりも、セグメントの成長を高めると予想される。例えば、2022年8月、FDAはチロシンキナーゼ阻害剤であるcapmatinibを、腫瘍がMETエクソン14のスキッピングにつながる変異を有する転移性非小細胞肺がん(NSCLC)患者に対して通常承認した。

このように、がんの有病率の上昇、がん研究への投資の増加、主要な市場参入企業による開発の高まりといった前述の要因は、同地域の市場成長を促進すると予想される。

チロシンキナーゼ阻害剤産業の概要

チロシンキナーゼ阻害剤市場は適度に断片化されている。世界の主要企業がチロシンキナーゼ阻害剤治療の大半を製造している。より多くの研究資金と優れた販売システムを持つ市場リーダーがその地位を確立している。さらにアジア太平洋地域では、認知度の向上により小規模なプレーヤーが台頭してきている。このことも、市場の著しい成長を後押ししている。市場参入企業には、バイエル、ベーリンガー・インゲルハイム・インターナショナル、F.ホフマン・ラ・ロシュ、アストラゼネカPLC、ノバルティスなどがある。

その他の特典

  • エクセル形式の市場推定(ME)シート
  • 3ヶ月のアナリスト・サポート


ページTOPに戻る


目次

1 はじめに
1.1 調査の前提条件と市場定義
1.2 調査範囲

2 調査方法

3 エグゼクティブサマリー

4 市場ダイナミクス
4.1 市場概要
4.2 市場の促進要因
4.2.1 癌の有病率の増加
4.2.2 研究活動とチロシンキナーゼ阻害剤への投資の増加
4.3 市場の阻害要因
4.3.1 治療費の高騰
4.4 ポーターのファイブフォース分析
4.4.1 新規参入企業の脅威
4.4.2 買い手/消費者の交渉力
4.4.3 サプライヤーの交渉力
4.4.4 代替製品の脅威
4.4.5 競争ライバルの激しさ

5 市場セグメント(金額別市場規模-百万米ドル)
5.1 タイプ別
5.1.1 BCR-ABLチロシンキナーゼ阻害剤
5.1.2 上皮成長因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼ阻害剤
5.1.3 血管内皮増殖因子受容体(VEGFR)チロシンキナーゼ阻害剤
5.1.4 その他のタイプ
5.2 用途別
5.2.1 慢性骨髄性白血病(CML)
5.2.2 肺がん
5.2.3 乳がん
5.2.4 腎細胞がん
5.2.5 その他の用途
5.3 地理
5.3.1 北米
5.3.1.1 米国
5.3.1.2 カナダ
5.3.1.3 メキシコ
5.3.2 ヨーロッパ
5.3.2.1 ドイツ
5.3.2.2 イギリス
5.3.2.3 フランス
5.3.2.4 イタリア
5.3.2.5 スペイン
5.3.2.6 その他のヨーロッパ
5.3.3 アジア太平洋
5.3.3.1 中国
5.3.3.2 日本
5.3.3.3 インド
5.3.3.4 オーストラリア
5.3.3.5 韓国
5.3.3.6 その他のアジア太平洋地域
5.3.4 中東・アフリカ
5.3.4.1 GCC
5.3.4.2 南アフリカ
5.3.4.3 その他の中東・アフリカ地域
5.3.5 南米
5.3.5.1 ブラジル
5.3.5.2 アルゼンチン
5.3.5.3 その他の南米地域

6 競争環境
6.1 企業プロフィール
6.1.1 アストラゼネカPLC
6.1.2 バイエル
6.1.3 ベーリンガー・インゲルハイム・インターナショナル
6.1.4 ブリストル・マイヤーズ スクイブ・カンパニー
6.1.5 エーザイエーザイ
6.1.6 F.ホフマン・ラ・ロシュ社
6.1.7 ジョンソン・アンド・ジョンソン
6.1.8 ノバルティスAG
6.1.9 ファイザー
6.1.10 イーライリリー・アンド・カンパニー
6.1.11 江蘇漢創医薬集団有限公司
6.1.12 スペクトラム・ファーマシューティカルズ・インク
6.1.13 武田薬品工業株式会社

7 市場機会と今後の動向

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The Tyrosine Kinase Inhibitors Market size is estimated at USD 62.13 billion in 2024, and is expected to reach USD 92.86 billion by 2029, growing at a CAGR of 8.37% during the forecast period (2024-2029).

The COVID-19 pandemic affected healthcare systems around the world and resulted in the interruption of usual care in many healthcare facilities, exposing vulnerable patients with cancer to significant risks during the early pandemic phase. However, as the pandemic progressed tyrosine kinase inhibitor drugs started to show promising results in COVID-19 patients and there was an increased number of clinical trials. For instance, according to an article published by Frontiers in April 2022, imatinib, a tyrosine kinase inhibitor drug, successfully inhibited cellular tyrosine kinase as well as viral fusion, blocking the COVID-19 virus replication. The source also stated that there were three clinical trials that were underway in different parts of the world to investigate the clinical efficacy of imatinib on COVID-19 patients. Thus, the pandemic had a significant impact on the market growth, however as the pandemic has subsided currently, the studied market is expected to have stable growth during the forecast period of the study.

Factors such as the increasing prevalence of cancer, growing research activities, and investment in tyrosine kinase inhibitors are expected to enhance market growth.

The rising prevalence of cancer is a major factor driving the market growth. For instance, as per the report published by the Chinese Medical Journal in March 2022, China is experiencing a greater incidence of cancers. In 2022, ithere were approximately 4,820,000 new cancer cases in China, in which the most common is lung cancer.

Moreover, according to the data published by National Cancer Center Japan in June 2022, an estimated 1,019,000 new cases of cancer were expected in Japan in 2022, out of which 158,200 were new cases of colon/rectum cancer, 132,100 cases of stomach cancer, 128,800 cases of lung/trachea cancer, 96,400 cases of prostate cancer, and 95,000 cases of breast cancer. Thus, the greater incidence of cancers has increased the demand for various tyrosine kinase inhibitor drugs for the treatment of cancers.

Furthermore, the growing research and development activities for tyrosine kinase inhibitors are also expected to boost the market growth. For instance, in August 2022, Theseus Pharmaceuticals, Inc. announced business and pipeline highlights that were focussed on developing next-generation tyrosine kinase inhibitors (TKIs) to outsmart cancer resistance. The company invested USD 7.3 million in the second quarter of 2022, as compared to USD 4.5 million for the same period in 2021. Thus, the growing research activities along with the increasing investments in tyrosine kinase inhibitors are expected to enhance the market growth.

Additionally, the rising developments by major market players are also expected to enhance market growth. For instance, in March 2021, Pfizer Inc. received United states FDA approval for a supplemental New Drug Application (sNDA) for LORBRENA (lorlatinib), a tyrosine kinase inhibitor, expanding the indication to include first-line treatment of people with anaplastic lymphoma kinase (ALK)-positive non-small cell lung cancer (NSCLC). LORBRENA is indicated for adults with metastatic NSCLC whose tumors are ALK-positive as detected by an FDA-approved test.

Thus, the aforementioned factors such as the rising prevalence of cancer, increasing research and development for novel tyrosine kinase inhibitor drugs, and the rising developments by key market players are expected to enhance the market growth. However, the high cost of therapy is expected to hinder market growth.

Tyrosine Kinase Inhibitors Market Trends

Breast Cancer Segment is Expected to Hold a Significant Market Share Over the Forecast Period

Breast cancer is a disease in which cells in the breast grow out of control. The tyrosine kinase inhibitor drugs help in blocking abnormal signal transduction pathways necessary for cell proliferation and growth in breast cancer. Factors such as the rising prevalence of breast cancer and the increasing developments by key market players are expected to enhance the market growth.

For instance, according to the data updated by Cancer Australia in January 2023, it is estimated 20,640 new cases of cancer will be diagnosed in Australia during 2022 which will account for 12.7% of the new cancer cases diagnosed in the country. The source also stated that breast cancer will be the second most commonly diagnosed cancer in 2022 in Australia. Thus, the high prevalence of breast cancer is expected to boost segment growth.

Furthermore, according to the bi-annual report published by the Indian Council of Medical Research (ICMR) in December 2022, the national average of cancer cases for 2022 in India was 100.4 per 100,000, with a large number of women (an estimated 105.4 per 100,000) being diagnosed with breast cancer. The source also stated an estimated 182,000 people are living with breast cancer in India and this is expected to reach 250,000 by 2030. Thus, due to the high burden of breast cancer, the demand for tyrosine kinase inhibitor drugs is expected to increase which will drive the growth of the studied market.

Additionally, the rising developments by major market players are also expected to enhance segment growth. For instance, in September 2022 Dizal reported promising safety and pharmacokinetic data from the global phase I study of DZD1516 in patients with HER2 positive metastatic breast cancer (HER2+ MBC) who relapsed from multiple prior treatments. DZD1516 is designed as an oral, potent, reversible, highly selective, and full blood-brain barrier (BBB) penetrant HER2 tyrosine kinase inhibitor (TKI) drug.

Thus, the aforementioned factors such as the rising prevalence of breast cancer and the rising developments by key market players are expected to enhance the market growth.

North America is Expected to Hold a Significant Share in the Market Over the Forecast Period

North American countries, including the United States and Canada, have a developed and well-structured healthcare system. These systems also encourage research and development, especially on cancer. Many companies in these countries have been involved in cancer research. Factors such as the rising prevalence of cancer and the increasing product launches are expected to boost market growth in the region.

For instance, as per the Canada Cancer Society's statistics for 2022 around 6,700 Canadians were diagnosed with leukemia in 2021, out of which 4,000 were men and 2,700 were women. Also, as per the American Cancer Society's data for 2023, around 59,610 new cases of leukemia and 20,380 new cases of acute myeloid leukemia (AML) are expected to be diagnosed in the United States in 2023. Thus, the high incidence of cancer cases is leading to an increase in the usage of tyrosine kinase inhibitor drugs, thereby driving the market in the region.

Moreover, the rising spending on cancer research is also expected to boost the development of newer tyrosine kinase inhibitors, thus driving the market growth. For instance, according to the data published by NIH in May 2022, the spending on cancer research in the United States increased from USD 7,362 million in 2021 to USD 7,644 million in 2022.

Additionally, the rising developments by major market players are also expected to enhance segment growth. For instance, in August 2022, FDA granted capmatinib, a tyrosine kinase inhibitor, regular approval for patients with metastatic non-small cell lung cancer (NSCLC) whose tumors have a mutation leading to MET exon 14 skippings.

Thus, the aforementioned factors such as the rising prevalence of cancer, increasing investments in cancer research, and the rising developments by key market players are expected to enhance the market growth in the region.

Tyrosine Kinase Inhibitors Industry Overview

The tyrosine kinase inhibitors market is moderately fragmented. The global key players are manufacturing the majority of the tyrosine kinase inhibitors therapies. Market leaders with more funds for research and a better distribution system have established their position. Moreover, Asia-Pacific is witnessing the emergence of some small players due to the rise of awareness. This has also helped the market grow at a significant rate. Some of the market players include Bayer, Boehringer Ingelheim International, F. Hoffmann-La Roche Ltd, AstraZeneca PLC, and Novartis.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support


ページTOPに戻る


Table of Contents

1 INTRODUCTION
1.1 Study Assumptions and Market Definition
1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS
4.1 Market Overview
4.2 Market Drivers
4.2.1 Increasing Prevalence of Cancer
4.2.2 Growing Research Activities and Investment in Tyrosine Kinase Inhibitors
4.3 Market Restraints
4.3.1 High Cost of Therapy
4.4 Porter's Five Forces Analysis
4.4.1 Threat of New Entrants
4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
4.4.4 Threat of Substitute Products
4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD Million)
5.1 By Type
5.1.1 BCR-ABL Tyrosine Kinase Inhibitor
5.1.2 Epidermal Growth Factor Receptor (EGFR) Tyrosine Kinase Inhibitors
5.1.3 Vascular Endothelial Growth Factor Receptor (VEGFR) Tyrosine Kinase Inhibitors
5.1.4 Other Types
5.2 By Application
5.2.1 Chronic Myeloid Leukemia (CML)
5.2.2 Lung Cancer
5.2.3 Breast Cancer
5.2.4 Renal Cell Cancer
5.2.5 Other Applications
5.3 Geography
5.3.1 North America
5.3.1.1 United States
5.3.1.2 Canada
5.3.1.3 Mexico
5.3.2 Europe
5.3.2.1 Germany
5.3.2.2 United Kingdom
5.3.2.3 France
5.3.2.4 Italy
5.3.2.5 Spain
5.3.2.6 Rest of Europe
5.3.3 Asia-Pacific
5.3.3.1 China
5.3.3.2 Japan
5.3.3.3 India
5.3.3.4 Australia
5.3.3.5 South Korea
5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
5.3.4 Middle East and Africa
5.3.4.1 GCC
5.3.4.2 South Africa
5.3.4.3 Rest of Middle East and Africa
5.3.5 South America
5.3.5.1 Brazil
5.3.5.2 Argentina
5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE
6.1 Company Profiles
6.1.1 AstraZeneca PLC
6.1.2 Bayer AG
6.1.3 Boehringer Ingelheim International
6.1.4 Bristol-Myers Squibb Company
6.1.5 Eisai Co. Ltd
6.1.6 F. Hoffmann-La Roche Ltd
6.1.7 Johnson and Johnson
6.1.8 Novartis AG
6.1.9 Pfizer Inc.
6.1.10 Eli Lilly and Company
6.1.11 Jiangsu Hansoh Pharmaceutical Group Co., Ltd.
6.1.12 Spectrum Pharmaceuticals , Inc.
6.1.13 Takeda Pharmaceutical Company Limited

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD()の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Mordor Intelligence社はどのような調査会社ですか?


Mordor Intelligenceは世界の多様な市場に関する重要動向、技術、競争、機会について調査しています。 もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る