世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

自動低電圧ディスコネクトスイッチの世界市場 - 2024-2031


Global Automatic Low Voltage Disconnect Switches Market - 2024-2031

概要 自動低電圧ディスコネクトスイッチの世界市場は、2023年に34億米ドルに達し、2031年には49億米ドルに達すると予測され、予測期間2024~2031年のCAGRは4.7%で成長する見込みである。 自動低圧ディスコネク... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
DataM Intelligence
データMインテリジェンス
2024年6月5日 US$4,350
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
181 英語

 

サマリー

概要
自動低電圧ディスコネクトスイッチの世界市場は、2023年に34億米ドルに達し、2031年には49億米ドルに達すると予測され、予測期間2024~2031年のCAGRは4.7%で成長する見込みである。
自動低圧ディスコネクトスイッチ市場は、技術の進歩と、より安全で効率的な電気システムへの需要の高まりにより、着実に成長している。バッテリー電圧を正確に感知できる高度な電子機器の統合は、重要な進歩である。この機能により、自動低電圧ディスコネクトスイッチはバッテリの状態を綿密に監視し、過度の放電を防ぐために必要なときに対策を講じることができるため、バッテリの寿命が延びます。
Cole Hersee Companyの新しい低電圧ディスコネクト(LVD)スイッチは、トラック運送業界のバッテリー管理にとって画期的な製品です。このスイッチは、バッテリ電圧が設定されたしきい値を下回ると、重要でない負荷を自動的に切断し、バッテリ切れを防ぎ、重要なシステムの機能維持を保証します。このスイッチの過電流、短絡、過熱保護機能は安全性と信頼性を高め、電気的危険や機器損傷のリスクを最小限に抑えながら、車両の始動時に電力を維持する理想的なソリューションとなっている。
自動低圧ディスコネクトスイッチ市場の電力は、アジア太平洋地域が最大のシェアを占めている。IEAによると、2023~2025年の再生可能エネルギー発電量の増加の45%以上を中国が占めると予想されている。
エネルギーミックスにおいて再生可能エネルギー源の重要性が高まるにつれ、自動低電圧ディスコネクトスイッチのような、信頼性が高く効率的な電気保護ソリューションの需要が増加する。これは、再生可能エネルギーが大幅な成長を遂げているアジアなどの地域では特に重要である。
ダイナミクス
世界的な電力需要の増加がLVDSの成長を促進
世界的な電力需要の増加により、自動低圧ディスコネクトスイッチ(LVDS)の需要が増加している。IEAによると、2022年の世界の電力需要は2%近く増加し、回復力を示す。需要の伸びは、さまざまな部門や輸送・暖房の電化の継続によって大きく伸びており、電気自動車やヒートポンプの販売台数の大幅な増加がこの傾向に寄与している。
世界の電力需要は成長を続けると予想され、その成長の70%以上は中国、インド、東南アジアなどの地域からもたらされる。この成長は主に、再生可能エネルギー源の導入拡大とグリッドの柔軟性の必要性によるもので、グリッドの安定性を維持し、中断のない電力供給を確保する上でLVDSが重要であることを示している。電力市場が進化し、エネルギー安全保障や気候変動の緩和に関連する課題に直面する中、LVDSは弾力的で効率的な電力インフラを支える上で重要な役割を果たすだろう。
m-LVD技術の進歩
自動低電圧切断スイッチ(m-LVD)市場は、技術の進歩と信頼性の高いバッテリー管理ソリューションへのニーズの高まりによって成長を遂げている。m-LVDは、バッテリ電圧の低下を感知して不要な機器を自動的に切り離すように設計されており、いくつかの利点とイノベーションを提供します。最新のm-LVDシステムの多くにはステータスライトが搭載されており、切断を開始する前に低電圧状態を視覚的に警告します。
さらに、一部のモデルには音声警告用のアラーム出力があり、バッテリーの状態に対するユーザーの認識をさらに高めます。この警告により、ユーザーはバッテリーの問題が重大な事態に発展する前に、事前に対策を講じることができます。現在、多くのm-LVDシステムはIP67などの防水規格で設計されており、過酷な湿潤条件下でも耐性を発揮します。この機能は、湿気にさらされることが多い海洋や屋外のアプリケーションでは特に重要です。
安全への配慮
自動安全低圧ディスコネクトスイッチ市場は、安全性に対する懸念の高まりにより、大きな課題に直面している。世界各国の政府は、電気製品に関する規制を強化し、これらのスイッチに厳しい基準を課している。メーカーは、広範な研究開発、厳格な試験、認証プロセスなど、これらの要件を満たすために多大なリソースを割かざるを得ない。その結果、安全スイッチの製造コストは上昇傾向にあり、特定の消費者にとっては入手しにくくなる可能性がある。
さらに、欠陥のある自動低電圧遮断安全スイッチに起因する電気火災や負傷に関わる有名な事件が発生したことで、関連するリスクに対する認識が高まっている。こうした事故が引き金となり、規制当局や消費者からの監視が強化され、こうした製品の評判が低下している。安全性の懸念から製品回収に踏み切ったメーカーもあり、消費者の信頼と需要はさらに低下している。電気製品の安全性に対する消費者の警戒心が高まるにつれ、メーカーはこれらのスイッチの安全機能を強化する必要に迫られているが、これは市場競争力を維持しながら消費者の期待に応える上でさらなる課題となりうる。
セグメント分析
自動低電圧ディスコネクトスイッチの世界市場は、マウント、アプリケーション、地域によって区分される。
DINレールマウントLVDスイッチが市場をリード
DINレールマウントLVDスイッチは、自動低電圧ディスコネクトスイッチの最大セグメントを占めており、これらのデバイスは、電気パネルや制御キャビネットで一般的に見られる標準的なDINレールに素早く簡単に取り付けられるように設計されている。設置が簡単なため、セットアップ時の人件費やダウンタイムが削減されます。DINレール取付け型LVDはコンパクトであるため、制御キャビネットやエンクロージャ内の貴重なスペースを節約できます。これは、スペースが限られている産業や商業環境では非常に重要です。
Arduinoが設計したOptaはDINレールに取り付け可能で、さまざまな制御およびオートメーション・コンポーネントにDINレール・マウント・システムを使用するという業界のトレンドに合致しています。産業用アプリケーションにおけるDINレールマウントの実用性と利便性を実証しています。Arduino Optaは、産業オートメーションおよびビルディングオートメーションプロジェクトを念頭に設計されています。製造、エネルギー、インフラストラクチャーなど、さまざまな産業でオートメーション・ソリューションの重要性が高まっていることを強調しています。
地理的浸透
電力需要が急増する中、アジア太平洋地域がACラインフィルタとLVDスイッチ市場を独占
IEAの統計によると、インドでは2022年に電力需要が8.4%急増する。経済活動の活発化と灼熱の夏の状況により、電化製品や冷房システムへの依存度が高まり、電力需要の高まりにつながったようだ。
インドの発展と都市化が進むにつれ、繊細な電子機器やバッテリーを保護するLVDスイッチなど、信頼性が高く効率的な電気インフラの必要性がますます高まっている。電力需要の急増は、インドにおけるLVDスイッチを含む自動化および電気保護ソリューション市場の成長を示している。また、中国は依然として世界市場の重要なプレーヤーであり、政策の回復や変更は業界に顕著な影響を与える可能性がある。
競争状況
市場の主なグローバルプレーヤーには、ABB、イートン、シーメンス、シュナイダーエレクトリック、リテルヒューズ、メルセン、フエニックス・コンタクト、リタール、TE コネクティビティ、ワイドミュラーなどがあります。
COVID-19 の影響分析
COVID-19パンデミックは、主に電力需要と産業活動への影響により、自動低圧ディスコネクトスイッチ市場に大きな影響を与えた。パンデミックの初期段階では、多くの国で封鎖や規制が実施され、その結果電力需要が大幅に減少した。特に産業・商業部門での落ち込みが顕著で、操業が大幅に縮小した。
各国で封鎖措置が緩和されるにつれ、電力需要は回復に向かった。回復が顕著だったのはインドなどで、需要がより強く回復した。低圧自動開閉器の主要ユーザーである産業・商業部門の電力需要に変動が見られた。これらのセクターの回復は、市場全体の動きに重要な役割を果たした。
ロシア・ウクライナ戦争の影響分析
ロシア・ウクライナ戦争は、自動低圧断路器市場に大きな影響を与えた。2022年5月に導入された欧州委員会のREPowerEU計画は、2027年までにEUのロシア産化石燃料への依存を解消する戦略を示している。その目標は、最終エネルギー消費に占める自然エネルギーの割合を2031年までに45%まで引き上げ、従来の40%目標を上回ることである。そのため、EUでは再生可能エネルギーによる電力容量の拡大が重視されている。
再生可能エネルギー源の導入拡大が自動低圧遮断スイッチを含む電気機器や安全対策への需要に影響を及ぼす可能性があるため、自動低圧遮断スイッチ市場はこうした動きから間接的に影響を受ける。市場は、気候変動とエネルギー安全保障の両方への配慮から、再生可能エネルギー容量が急速に拡大している地域で成長機会を得る可能性がある。
マウント別
- パネルマウント型LVDスイッチ
- DINレールマウントLVDスイッチ
- ラックマウント型LVDスイッチ
- その他
用途別
- 自動車用
- 産業用
- 業務用
- その他
地域別
- 北米
- 米国
- カナダ
- メキシコ
- 欧州
- ドイツ
- 英国
- フランス
- イタリア
- ロシア
- その他のヨーロッパ
- 南米
- ブラジル
- アルゼンチン
- その他の南米諸国
- アジア太平洋
- 中国
- インド
- 日本
- オーストラリア
- その他のアジア太平洋地域
- 中東・アフリカ
主要開発
- 2023年5月、イートンのeMobility部門は先進的なBreaktor回路保護技術を特徴とするバッテリーディスコネクトユニット(BDU)を発表した。この革新的な技術は、電気自動車(EV)の回路保護を強化すると同時に、システム全体を簡素化し、複雑さとコストを削減する。
- 2023年5月、シュナイダーエレクトリックはデジタル対応のSureSeTソリューションを発表した。この革新的なソリューションは、低・中電圧の電気設備向けに、安全で可用性が高く、エネルギー効率の高い配電ソリューションを提供する。シュナイダーエレクトリックのMV配電は、さまざまな用途や環境において配電を効果的に管理する先進的なソリューションを提供し、電気設備の安全性と効率性の向上に貢献することを目指しています。
レポートを購入する理由
- 自動低電圧ディスコネクトスイッチの世界市場をマウント、アプリケーション、地域別に可視化し、主要な商業資産とプレイヤーを理解する。
- トレンドと共同開発の分析による商機の特定。
- 自動低電圧用断路器スイッチ市場レベルの全セグメントを網羅した多数のデータを収録したExcelデータシート。
- PDFレポートは、徹底的な定性的インタビューと綿密な調査後の包括的分析で構成されています。
- 全主要企業の主要製品からなる製品マッピングをエクセルで提供。
自動低圧断路スイッチの世界市場レポートは、約53の表、49の図、181ページを提供します。
対象読者
- メーカー/バイヤー
- 業界投資家/投資銀行家
- 調査専門家
- 新興企業

ページTOPに戻る


目次

1.方法論と範囲
1.1.調査方法
1.2.調査目的と調査範囲
2.定義と概要
3.エグゼクティブサマリー
3.1.マウント別スニペット
3.2.アプリケーション別スニペット
3.3.地域別スニペット
4.ダイナミクス
4.1.影響要因
4.1.1.推進要因
4.1.1.1.世界的な電力需要の増加がLVDSの成長を促進
4.1.1.2.m-LVD技術の進歩
4.1.2.阻害要因
4.1.2.1.安全性への懸念
4.1.3.機会
4.1.4.影響分析
5.産業分析
5.1.ポーターのファイブフォース分析
5.2.サプライチェーン分析
5.3.価格分析
5.4.規制分析
6.COVID-19分析
6.1.COVID-19の分析
6.1.1.COVID-19以前のシナリオ
6.1.2.COVID-19開催中のシナリオ
6.1.3.COVID-19後のシナリオ
6.2.COVID-19中の価格ダイナミクス
6.3.需給スペクトラム
6.4.パンデミック時の市場に関する政府の取り組み
6.5.メーカーの戦略的取り組み
6.6.おわりに
7.マウント別
7.1.はじめに
7.1.1.マウント別市場規模分析とYoY成長率分析(%)
7.1.2.市場魅力度指数、マウント別
7.2.パネルマウント型LVDスイッチ* 2.1.
7.2.1.はじめに
7.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
7.3.DINレールマウントLVDスイッチ
7.4.ラックマウント型LVDスイッチ
7.5.その他
8.アプリケーション別
8.1.はじめに
8.1.1.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 用途別
8.1.2.市場魅力度指数(用途別
8.2.自動車*市場
8.2.1.序論
8.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
8.3.自動車
8.4.産業用
8.5.商業
8.6.その他
9.地域別
9.1.はじめに
9.1.1.地域別市場規模分析および前年比成長率分析(%)
9.1.2.市場魅力度指数、地域別
9.2.北米
9.2.1.はじめに
9.2.2.主な地域別ダイナミクス
9.2.3.市場規模分析とYoY成長率分析(%)、マウント別
9.2.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%), アプリケーション別
9.2.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
9.2.5.1.米国
9.2.5.2.カナダ
9.2.5.3.メキシコ
9.3.ヨーロッパ
9.3.1.はじめに
9.3.2.地域別の主な動き
9.3.3.市場規模分析とYoY成長率分析(%)、マウント別
9.3.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%), アプリケーション別
9.3.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、国別
9.3.5.1.ドイツ
9.3.5.2.イギリス
9.3.5.3.フランス
9.3.5.4.イタリア
9.3.5.5.ロシア
9.3.5.6.その他のヨーロッパ
9.4.南米
9.4.1.はじめに
9.4.2.地域別主要市場
9.4.3.市場規模分析とYoY成長率分析(%)、マウント別
9.4.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%), アプリケーション別
9.4.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
9.4.5.1.ブラジル
9.4.5.2.アルゼンチン
9.4.5.3.その他の南米地域
9.5.アジア太平洋
9.5.1.はじめに
9.5.2.主な地域別ダイナミクス
9.5.3.市場規模分析とYoY成長率分析(%)、マウント別
9.5.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%), アプリケーション別
9.5.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
9.5.5.1.中国
9.5.5.2.インド
9.5.5.3.日本
9.5.5.4.オーストラリア
9.5.5.5.その他のアジア太平洋地域
9.6.中東・アフリカ
9.6.1.はじめに
9.6.2.地域別の主な動き
9.6.3.電圧別市場規模分析とYoY成長率分析(%)
9.6.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%), アプリケーション別
10.競争環境
10.1.競争シナリオ
10.2.市場ポジショニング/シェア分析
10.3.M&A分析
11.企業プロフィール
11.1.ABB*.
11.1.1.会社概要
11.1.2.製品ポートフォリオと概要
11.1.3.財務概要
11.1.4.主な展開
11.2.イートン
11.3.シーメンス
11.4.シュナイダーエレクトリック
11.5.リテルヒューズ
11.6.メルセン
11.7.フエニックス・コンタクト
11.8.リタール
11.9.TEコネクティビティ
11.10.ヴァイトミュラー
リストは網羅的ではない
12.付録
12.1.会社概要とサービス
12.2.お問い合わせ

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Overview
Global Automatic Low Voltage Disconnect Switches Market reached US$ 3.4 billion in 2023 and is expected to reach US$ 4.9 billion by 2031, growing with a CAGR of 4.7% during the forecast period 2024-2031.
The automatic low-voltage disconnect switches market has been growing steadily due to advancements in technology and the increasing demand for safer and more efficient electrical systems. The integration of advanced electronics that can accurately sense battery voltage is a significant advancement. The capability allows automatic low-voltage disconnect switches to monitor battery conditions closely and take action when needed to prevent excessive discharge, thereby prolonging battery life.
Cole Hersee Company's new Low Voltage Disconnect (LVD) Switch is a game-changer for battery management in the trucking industry. It automatically disconnects non-critical loads when the battery voltage falls below a set threshold, preventing dead batteries and ensuring essential systems remain functional. The switch's over-current, short-circuit and over-temperature protections enhance safety and reliability, making it an ideal solution for maintaining power during vehicle startups while minimizing the risk of electrical hazards and equipment damage.
Asia-Pacific holds the largest share in automatic low-voltage disconnect switches market electricity, as renewables will play a dominant role in meeting the global electricity supply growth over the next three years. According to IEA, China is expected to hold for more than 45% of the growth in renewable generation in the period 2023-2025.
As renewable energy sources become more important in the energy mix, it will increase the demand for reliable and efficient electrical protection solutions, such as Automatic Low Voltage Disconnect switches. The is particularly important in regions like Asia, where renewable energy is experiencing substantial growth.
Dynamics
Rising Global Electricity Demand Spurs LVDS Growth
The globally growth in electricity demand is driving increased demand for automatic low-voltage disconnects switches (LVDS). As per IEA, in 2022, global electricity demand exhibited resilience with a nearly 2% increase. The demand growth is majorly growing with the continued electrification of various sectors and in transport and heating, with a significant increase in electric vehicle and heat pump sales contributing to this trend.
The global electricity demand is expected to continue growing, with more than 70% of the growth is come from regions like China, India and Southeast Asia. The growth is majorly with the increasing adoption of renewable energy sources and the need for grid flexibility, further indicating the importance of LVDS in maintaining grid stability and ensuring uninterrupted power supply. As the electricity market evolves and faces challenges related to energy security and climate change mitigation, LVDS will play a crucial role in supporting a resilient and efficient power infrastructure.
Advancements in m-LVD Technology
The automatic low voltage disconnect switches (m-LVD) market is experiencing growth driven by advancements in technology and the increasing need for reliable battery management solutions. The switches are designed to sense low battery voltage and automatically disconnect non-essential devices, offering several benefits and innovations. Many modern m-LVD systems include status lights that provide visual warnings of low voltage states before initiating disconnect.
Additionally, some models offer alarm outputs for audible warnings, further enhancing user awareness of battery conditions. The warnings help users take proactive measures to address battery issues before they lead to critical situations. Many m-LVD systems are now designed with waterproof ratings, such as IP67, making them resilient in harsh and wet conditions. The feature is especially crucial in marine and outdoor applications, where exposure to moisture is common.
Safety Concerns
The automatic safety low voltage disconnect safety switch market is encountering significant challenges due to heightened safety concerns. Governments globally are intensifying their regulations governing electrical products, imposing stringent standards for these switches. Manufacturers are compelled to allocate substantial resources to meet these requirements, including extensive research and development, rigorous testing and certification processes. Consequently, the production costs of these safety switches are on the rise, potentially rendering them less accessible to certain consumers.
Moreover, high-profile incidents involving electrical fires and injuries attributed to faulty automatic safety low voltage disconnect safety switches have raised awareness about the associated risks. The incidents have triggered increased scrutiny from regulators and consumers alike, tarnishing the reputation of these products. Some manufacturers have even resorted to product recalls due to safety concerns, further eroding consumer trust and demand. As consumers become more vigilant about electrical product safety, manufacturers are under pressure to enhance the safety features of these switches, which can pose additional challenges in meeting consumer expectations while maintaining market competitiveness.
Segment Analysis
The global automatic low voltage disconnect switches market is segmented based on mount, application and region.
DIN Rail-Mount LVD Switches Lead Market
DIN Rail-Mount LVD Switches hold the largest segment in automatic low-voltage disconnect switches, these devices are designed for quick and easy installation on standard DIN rails commonly found in electrical panels and control cabinets. The ease of installation reduces labor costs and downtime during setup. DIN rail mount LVDs are compact, saving valuable space within control cabinets and enclosures. The is crucial in industrial and commercial settings where space is at a premium.
The Opta designed by Arduino is DIN-rail mountable, which aligns with the industry trend of using DIN-rail mounting systems for various control and automation components. The demonstrates the practicality and convenience of DIN rail mounting in industrial applications. The Arduino Opta is designed with industrial automation and building automation projects in mind. It underscores the growing importance of automation solutions in various industries, including manufacturing, energy and infrastructure.
Geographical Penetration
Asia-Pacific Dominates AC Line Filter and LVD Switches Market Amid Soaring Electricity Demand
Asia-Pacific hold the largest share in automatic low-voltage disconnect switches market electricity, as there is growing electricity demand in the region with a growing population, according to IEA stats, in India the electricity demand is surged by a substantial 8.4% in 2022. The increased economic activity and scorching summer conditions likely drove greater reliance on electrical appliances and cooling systems, leading to a heightened demand for electricity.
As India continues to develop and urbanize, the need for reliable and efficient electrical infrastructure, including LVD switches, to protect sensitive electronics and batteries becomes increasingly critical. The surge in electricity demand is indicative of a growing market for automation and electrical protection solutions, including LVD switches, in India. Also, China remains a significant player in the global market and any recovery or changes in policy could have a notable impact on the industry.
Competitive Landscape
The major global players in the market include ABB, Eaton, Siemens, Schneider Electric, Littelfuse, Mersen, Phoenix Contact, Rittal, TE Connectivity and Weidmuller.
COVID-19 Impact Analysis
COVID-19 pandemic had a significant impact on the automatic low voltage disconnect switches market, mainly due to its effects on electricity demand and industrial activity. In the early stages of the pandemic, many countries implemented lockdowns and restrictions, resulting in a significant decrease in electricity demand. The decline was particularly noticeable in the industrial and commercial sectors, which significantly reduced their operations.
As lockdown measures were relaxed in various countries, electricity demand began to recover. The recovery was most notable in countries like India, where demand rebounded more strongly. The industrial and commercial sectors, which are major users of automatic low voltage, disconnect switches, saw fluctuations in their electricity demand. The recovery in these sectors played a critical role in the overall market dynamics.
Russia-Ukraine War Impact Analysis
The Russia-Ukraine war has significantly impacted the automatic low voltage disconnect switches market. The European Commission's REPowerEU plan, introduced in May 2022, indicates the strategy to eliminate the EU's dependence on Russian fossil fuels by 2027. The objectives are to increase the share of renewables in final energy consumption to 45% by 2031, surpassing the previous 40% target. Which leads to a growing focus on expanding renewable electricity capacity in the EU.
The automatic low voltage disconnect switches market is indirectly affected by these developments as the increased deployment of renewable energy sources can influence the demand for electrical equipment and safety measures, including automatic low voltage disconnect switches. The market may experience growth opportunities in regions where renewable energy capacity is expanding rapidly due to both climate and energy security considerations.
By Mount
- Panel-Mounted LVD Switches
- DIN Rail-Mount LVD Switches
- Rack-Mount LVD Switches
- Others
By Application
- Automotive
- Industrial
- Commercial
- Others
By Region
- North America
- U.S.
- Canada
- Mexico
- Europe
- Germany
- UK
- France
- Italy
- Russia
- Rest of Europe
- South America
- Brazil
- Argentina
- Rest of South America
- Asia-Pacific
- China
- India
- Japan
- Australia
- Rest of Asia-Pacific
- Middle East and Africa
Key Developments
- In May 2023, Eaton's eMobility division introduced a Battery Disconnect Unit (BDU) featuring their advanced Breaktor circuit protection technology. The innovative technology enhances circuit protection in electric vehicles (EVs) while simplifying the overall system, reducing complexity and cost.
- In May 2023, Schneider Electric introduced its digitally enabled SureSeT solution. The innovative offering provides safe, highly available and energy-efficient power distribution solutions for low and medium-voltage electrical installations. Schneider Electric's MV Distribution aims to provide advanced solutions for effectively managing electrical power distribution in various applications and settings, contributing to enhanced safety and efficiency in electrical installations.
Why Purchase the Report?
- To visualize the global automatic low voltage, disconnect switches market segmentation based on mount, application and region, as well as understand key commercial assets and players.
- Identify commercial opportunities by analyzing trends and co-development.
- Excel data sheet with numerous data points of automatic low voltage disconnect switches market-level with all segments.
- PDF report consists of a comprehensive analysis after exhaustive qualitative interviews and an in-depth study.
- Product mapping available as excel consisting of key products of all the major players.
The global automatic low voltage disconnect switches market report would provide approximately 53 tables, 49 figures and 181 Pages.
Target Audience 2024
- Manufacturers/ Buyers
- Industry Investors/Investment Bankers
- Research Professionals
- Emerging Companies



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Methodology and Scope
1.1. Research Methodology
1.2. Research Objective and Scope of the Report
2. Definition and Overview
3. Executive Summary
3.1. Snippet by Mount
3.2. Snippet by Application
3.3. Snippet by Region
4. Dynamics
4.1. Impacting Factors
4.1.1. Drivers
4.1.1.1. Rising Global Electricity Demand Spurs LVDS Growth
4.1.1.2. Advancements in m-LVD Technology
4.1.2. Restraints
4.1.2.1. Safety Concerns
4.1.3. Opportunity
4.1.4. Impact Analysis
5. Industry Analysis
5.1. Porter's Five Force Analysis
5.2. Supply Chain Analysis
5.3. Pricing Analysis
5.4. Regulatory Analysis
6. COVID-19 Analysis
6.1. Analysis of COVID-19
6.1.1. Scenario Before COVID-19
6.1.2. Scenario During COVID-19
6.1.3. Scenario Post COVID-19
6.2. Pricing Dynamics Amid COVID-19
6.3. Demand-Supply Spectrum
6.4. Government Initiatives Related to the Market During Pandemic
6.5. Manufacturers Strategic Initiatives
6.6. Conclusion
7. By Mount
7.1. Introduction
7.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Mount
7.1.2. Market Attractiveness Index, By Mount
7.2. Panel-Mounted LVD Switches*
7.2.1. Introduction
7.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
7.3. DIN Rail-Mount LVD Switches
7.4. Rack-Mount LVD Switches
7.5. Other
8. By Application
8.1. Introduction
8.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
8.1.2. Market Attractiveness Index, By Application
8.2. Automotive*
8.2.1. Introduction
8.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
8.3. Automotive
8.4. Industrial
8.5. Commercial
8.6. Other
9. By Region
9.1. Introduction
9.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Region
9.1.2. Market Attractiveness Index, By Region
9.2. North America
9.2.1. Introduction
9.2.2. Key Region-Specific Dynamics
9.2.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Mount
9.2.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
9.2.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
9.2.5.1. U.S.
9.2.5.2. Canada
9.2.5.3. Mexico
9.3. Europe
9.3.1. Introduction
9.3.2. Key Region-Specific Dynamics
9.3.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Mount
9.3.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
9.3.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
9.3.5.1. Germany
9.3.5.2. UK
9.3.5.3. France
9.3.5.4. Italy
9.3.5.5. Russia
9.3.5.6. Rest of Europe
9.4. South America
9.4.1. Introduction
9.4.2. Key Region-Specific Dynamics
9.4.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Mount
9.4.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
9.4.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
9.4.5.1. Brazil
9.4.5.2. Argentina
9.4.5.3. Rest of South America
9.5. Asia-Pacific
9.5.1. Introduction
9.5.2. Key Region-Specific Dynamics
9.5.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Mount
9.5.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
9.5.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
9.5.5.1. China
9.5.5.2. India
9.5.5.3. Japan
9.5.5.4. Australia
9.5.5.5. Rest of Asia-Pacific
9.6. Middle East and Africa
9.6.1. Introduction
9.6.2. Key Region-Specific Dynamics
9.6.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Voltage
9.6.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
10. Competitive Landscape
10.1. Competitive Scenario
10.2. Market Positioning/Share Analysis
10.3. Mergers and Acquisitions Analysis
11. Company Profiles
11.1. ABB*
11.1.1. Company Overview
11.1.2. Product Portfolio and Description
11.1.3. Financial Overview
11.1.4. Key Developments
11.2. Eaton
11.3. Siemens
11.4. Schneider Electric
11.5. Littelfuse
11.6. Mersen
11.7. Phoenix Contact
11.8. Rittal
11.9. TE Connectivity
11.10. Weidmuller
LIST NOT EXHAUSTIVE
12. Appendix
12.1. About Us and Services
12.2. Contact Us

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同じKEY WORD(automatic)の最新刊レポート


よくあるご質問


DataM Intelligence社はどのような調査会社ですか?


DataM Intelligenceは世界および主要地域の広範な市場に関する調査レポートを出版しています。 もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/24 10:26

156.87 円

170.56 円

205.01 円

ページTOPに戻る