世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

自動エアバッグ用インフレータの世界市場 - 2024-2031


Global Automatic Airbag Inflators Market - 2024-2031

概要 自動エアバッグ用インフレータの世界市場は、2023年に142億米ドルに達し、2031年には187億米ドルに達すると予測され、予測期間2024-2031年のCAGRは3.5%で成長する見込みである。 世界保健機関(WHO)によ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
DataM Intelligence
データMインテリジェンス
2024年6月5日 US$4,350
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
195 英語

 

サマリー

概要
自動エアバッグ用インフレータの世界市場は、2023年に142億米ドルに達し、2031年には187億米ドルに達すると予測され、予測期間2024-2031年のCAGRは3.5%で成長する見込みである。
世界保健機関(WHO)によると、毎年135万人近くが交通事故で死亡しているため、自動車にはエアバッグの搭載を義務付ける自動車規制が制定されている。自動車と乗客の安全を管理するいくつかの規則や規制は、エアバッグ・インフレータ業界を強化すると予想される。エアバッグは自動車に使用される安全装置である。ぶつかったり衝突したりしたときにすぐに膨らむように作られている。
衝突の結果、時速10~15マイルでレンガの壁にぶつかるのと同じ力でバッグが膨らむように作動させるには、センサーを使用する。質量が移動して電気的に接触すると、機械的なスイッチが切り替わり、センサーは加速度計から情報を得て即座に作動する。エアバッグの膨張システムは、アジ化ナトリウム(NaN3)と硝酸カリウム(KNO3)と結合して窒素ガスを発生させる。窒素のホットバーストがエアバッグを膨らませる。
2023年には、北米が世界の自動エアバッグ・インフレータ市場の30%以上を占める主要地域になると予想される。自動車の安全性に関する規制要件の増加と顧客の安全意識の高まりが、自動車用エアバッグ・インフレータ市場を世界的に牽引している。さらに、2022年5月には、欠陥のあるエアバッグインフレータの修理に約1年を費やした後、ゼネラルモーターズが2021年7月にリコールされた410,019台のトラックの欠陥のあるエアバッグインフレータを交換する準備が整った。
ダイナミクス
エンドユーザーの生産と販売の増加
新興国を中心に自動車セクターが成長を続けているため、自動車需要が増加している。これは、エアバッグ用インフレータのような安全部品の需要増加と密接に関連している。特に新興国では、急速な都市化と可処分所得の上昇により、自動車所有率が高まっている。
2021年、マヒンドラはXUV 700を発売する。最近のプレスリリースによると、XUV 700の注文の70%以上が最高仕様のトリムである。XUV700は最初の数ヶ月で5万台以上の予約を獲得し、7万8,000台以上を消費者に届けている。
市場における絶え間ない進歩
多段インフレータ、スマートエアバッグ、歩行者用エアバッグなど、エアバッグ技術の継続的な進歩が市場を牽引している。進歩はエアバッグシステムの有効性と信頼性を向上させる。エアバッグ用インフレータは、衝突検知や自動緊急ブレーキシステムなどのADAS技術との統合が進んでおり、これが需要を牽引している。
市場での新製品発売の増加が市場需要を押し上げると予測される。2021年、マルチ・スズキはBaleno、Ertiga、XL6のフェイスリフト・バージョンを提供する。全モデルに4エアバッグと6エアバッグが標準装備される。2021年3月、自動車安全システムのリーダーであるAutoliv Inc.は、インドにインフレータ生産工場を新設する予定である。チェンナイ近郊にエアバッグ用インフレータ工場を新設する。インフレータの生産を現地化することで、顧客のニーズを満たすと同時に、グローバルなサプライチェーンの混乱やばらつきを減らすことができる。
高い生産コスト
エアバッグ用インフレータは、鉄鋼や火工品などの高品質な材料を使用して製造されるため、価格が高くなる可能性がある。原材料の価格は変動する可能性があり、コスト構造全体に影響を及ぼす。エアバッグ・システムに最新技術や機能を取り入れると、研究・製造コストが上昇し、特にコストに敏感な業界では製造業者の障害となり得る。
エアバッグ・インフレータを他の先進車両システム(ADAS や自律走行技術など)と統合することは技術的な障害となる。シームレスで信頼性の高い統合を確保することは非常に重要だが難しい。技術革新のスピードが速いため、研究開発への継続的な投資が必要となる。メーカーは、こうした変化に対応するために財務的・技術的な課題に直面する可能性がある。
セグメント分析
世界の自動エアバッグ用インフレータ市場は、タイプ、インフレータ、エンドユーザー、地域によって区分される。
火工品インフレータの利点の増加がセグメント成長を牽引
2024-2031年の予測期間中、火工品インフレータが市場の30%以上を占め、支配的なセグメントになると予想される。火工品インフレータはハイブリッドインフレータよりも軽量かつ小型であるため、OEMはエアバッグに火工品インフレータを採用する傾向にある。世界各国政府が前面エアバッグを導入する中、火工品エアバッグは予測期間中に高い需要が見込まれる。
タカタは史上最も大規模な自動車リコールの責任を負っている。タカタは最近、「エアバッグが爆発し、運転席と助手席の両方で人体や顔に粒子が飛び散る可能性がある」ことを理由に、12の異なるブランドから4,000万台の自動車をリコールした。タカタは2018年4月、米国第5位のエアバッグサプライヤーであるKey Safety Systemsに買収され、Joyson Safety Systemsに社名変更した。
地理的浸透
アジア太平洋地域のエンドユーザーにおける先進安全性の高まり
アジア太平洋地域は、世界の自動エアバッグインフレータ市場の20%以上を占める急成長地域となる見込みである。この地域の乗用車と商用車における先進安全性の増加は、安全性と快適性に対する顧客の要求の高まり、中級車におけるサイド・エアバッグとカーテン・エアバッグの普及率の増加、プレミアム車と高級車に対する需要の高まりが主な原因である。
インドは、電気自動車、自律走行車、人工知能を重視する自動車産業への参入が進んでいるほか、数多くの新製品を投入しているため、エアバッグ用インフレータ市場には潜在的な可能性がある。例えば、モリス・ガレージは2021年に新型SUVのGlosterとHectorのフェイスリフト版を発表した。両車種は市場で好調な売れ行きを示しており、これらの車の最高仕様車には6つのエアバッグが標準装備されている。
競争状況
同市場の主な世界的プレーヤーには、タカタ、Autoliv、ZF Friedrichshafen AG、Jovson Safety Systems、豊田合成、Ashmore Industry Co.、ARC Automotive、Daicel Corporation、TRW Automotive、Key Safety Systemsが含まれる。
COVID-19の影響分析
パンデミックは、ウイルスの蔓延を防ぐため、世界的に製造工場の一時的な操業停止をもたらした。エアバッグ用インフレータの生産に深刻な遅れが生じ、生産能力が制限された。操業停止と制限によりサプライチェーンが影響を受け、エアバッグ用インフレータの製造に使用される重要な原材料と部品が不足した。出荷の遅延、港の混雑、運賃の高騰はすべて、供給品と完成品のタイムリーな納入に世界的に大きな影響を与えた。
エンドユーザーの売上は、経済不安、消費支出の減少、封鎖措置により、パンデミックの初期に急激に減少した。これは、エアバッグ用インフレータなどの自動車部品の需要に直接的な影響を与えた。景気が回復し、規制が撤廃されると、自動車販売は増加し、その結果、エアバッグ用インフレータの需要が増加した。ただし、地域によって回復にばらつきがあった。
ロシア・ウクライナ紛争の影響
紛争により、重要な原材料の供給が滞っている。ウクライナとロシアは、エアバッグ用インフレータをはじめとする自動車生産に使用される金属や部品の主要生産国である。輸送ルートの混乱や輸送コストの上昇など、物流上の問題が生じた。メーカーにとっては、原材料の調達や完成品の納入が困難になった。
戦争の経済的混乱は欧州の自動車需要に影響を与えるかもしれないが、他の地域には明確な影響があるかもしれない。例えば、北米やアジア太平洋地域は、経済の回復力やサプライチェーンの修正の結果、需要が変動する可能性がある。全体的な経済不安は消費者の購買行動に影響を与える可能性があるため、新車需要が減少し、エアバッグ用インフレータの需要も減少する可能性がある。
タイプ別
- 運転席用エアバッグ
- 助手席用エアバッグ
- カーテンエアバッグ
- ニーエアバッグ
- 歩行者エアバッグ
- サイドエアバッグ
- その他
インフレータ別
- 火工品
- 貯蔵ガス
- ハイブリッド
エンドユーザー別
- 小型車
- 中型車
- MPV
- SUV
- その他
地域別
- 北米
- 米国
- カナダ
- メキシコ
- 欧州
- ドイツ
- 英国
- フランス
- イタリア
- ロシア
- その他のヨーロッパ
- 南米
- ブラジル
- アルゼンチン
- その他の南米諸国
- アジア太平洋
- 中国
- インド
- 日本
- オーストラリア
- その他のアジア太平洋地域
- 中東・アフリカ
主な開発
- 豊田合成は2021年7月、乗員をより確実に保護する新構造の運転席側エアバッグを開発した。運転席側エアバッグは、ステアリングホイールの中央に配置され、前面衝突時に展開し、ドライバーの頭部や胸部への衝撃を緩和する。
- 2021年4月、中国でのミリ波対応エンブレムおよびエアバッグインフレータの需要拡大に対応するため、中国子会社の豊田合成(張家港)有限公司が生産を開始した。ミリ波対応エンブレムは、ミリ波レーダーを通過させることで、車両周辺の状況を検知する。
レポートを購入する理由
- タイプ、インフレータ、エンドユーザー、地域に基づく世界の自動エアバッグインフレータ市場のセグメンテーションを可視化し、主要な商業資産とプレーヤーを理解する。
- トレンドと共同開発の分析による商機の特定。
- 自動エアバッグ用インフレータ市場レベルの数多くのデータを全セグメントでまとめたExcelデータシート。
- PDFレポートは、徹底的な定性的インタビューと綿密な調査後の包括的な分析で構成されています。
- 全主要企業の主要製品からなる製品マッピングをエクセルで提供。
自動エアバッグ用インフレータの世界市場レポートは、約62の表、58の図、195ページを提供します。
対象読者
- メーカー/バイヤー
- 業界投資家/投資銀行家
- 調査専門家
- 新興企業

ページTOPに戻る


目次

1.方法論と範囲
1.1.調査方法
1.2.調査目的と調査範囲
2.定義と概要
3.エグゼクティブサマリー
3.1.タイプ別スニペット
3.2.インフレータ別スニペット
3.3.エンドユーザー別スニペット
3.4.地域別スニペット
4.ダイナミクス
4.1.影響要因
4.1.1.推進要因
4.1.1.1.エンドユーザーによる生産と販売の増加
4.1.1.2.市場における継続的な進歩
4.1.2.阻害要因
4.1.2.1.高い生産コスト
4.1.3.機会
4.1.4.影響分析
5.産業分析
5.1.ポーターのファイブフォース分析
5.2.サプライチェーン分析
5.3.価格分析
5.4.規制分析
5.5.ロシア・ウクライナ戦争影響分析
5.6.DMI意見書
6.COVID-19分析
6.1.COVID-19の分析
6.1.1.COVID-19以前のシナリオ
6.1.2.COVID-19開催中のシナリオ
6.1.3.COVID-19後のシナリオ
6.2.COVID-19中の価格ダイナミクス
6.3.需給スペクトラム
6.4.パンデミック時の市場に関する政府の取り組み
6.5.メーカーの戦略的取り組み
6.6.おわりに
7.タイプ別
7.1.はじめに
7.1.1.タイプ別市場規模分析および前年比成長率分析(%)
7.1.2.市場魅力度指数(タイプ別
7.2.ドライバー用エアバッグ
7.2.1.はじめに
7.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
7.3.助手席エアバッグ
7.4.カーテンエアバッグ
7.5.ニーエアバッグ
7.6.歩行者エアバッグ
7.7.サイドエアバッグ
7.8.その他
8.インフレータ別
8.1.イントロダクション
8.1.1.インフレータ別の市場規模分析と前年比成長率分析(%) 1.2.
8.1.2.市場魅力度指数(インフレータ別
8.2.火工品
8.2.1.序論
8.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
8.3.貯蔵ガス
8.4.ハイブリッド
9.エンドユーザー別
9.1.はじめに
9.1.1.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、エンドユーザー別
9.1.2.市場魅力度指数(エンドユーザー別
9.2.コンパクトカー*市場
9.2.1.はじめに
9.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
9.3.中型車
9.4.MPV
9.5.SUV
9.6.その他
10.地域別
10.1.はじめに
10.1.1.地域別市場規模分析および前年比成長率分析(%)
10.1.2.市場魅力度指数、地域別
10.2.北米
10.2.1.はじめに
10.2.2.主な地域別ダイナミクス
10.2.3.タイプ別市場規模分析と前年比成長率分析(%) 2.4.
10.2.4.市場規模分析および前年比成長率分析(%):インフレータ別
10.2.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%):エンドユーザー別
10.2.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
10.2.6.1.米国
10.2.6.2.カナダ
10.2.6.3.メキシコ
10.3.ヨーロッパ
10.3.1.はじめに
10.3.2.地域別の主な動き
10.3.3.タイプ別市場規模分析と前年比成長率分析(%) 3.4.
10.3.4.市場規模分析および前年比成長率分析(%):インフレータ別
10.3.5.市場規模分析および前年比成長率分析 (%)、エンドユーザー別
10.3.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
10.3.6.1.ドイツ
10.3.6.2.イギリス
10.3.6.3.フランス
10.3.6.4.イタリア
10.3.6.5.ロシア
10.3.6.6.その他のヨーロッパ
10.4.南米
10.4.1.はじめに
10.4.2.地域別主要市場
10.4.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%), タイプ別
10.4.4.市場規模分析および前年比成長率分析(%):インフレータ別
10.4.5.市場規模分析および前年比成長率分析 (%)、エンドユーザー別
10.4.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
10.4.6.1.ブラジル
10.4.6.2.アルゼンチン
10.4.6.3.その他の南米地域
10.5.アジア太平洋
10.5.1.はじめに
10.5.2.主な地域別ダイナミクス
10.5.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%), タイプ別
10.5.4.市場規模分析および前年比成長率分析(%):インフレータ別
10.5.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), エンドユーザー別
10.5.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、国別
10.5.6.1.中国
10.5.6.2.インド
10.5.6.3.日本
10.5.6.4.オーストラリア
10.5.6.5.その他のアジア太平洋地域
10.6.中東・アフリカ
10.6.1.はじめに
10.6.2.地域別の主な動き
10.6.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%), タイプ別
10.6.4.市場規模分析および前年比成長率分析(%):インフレータ別
10.6.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%):エンドユーザー別
11.競合情勢
11.1.競争シナリオ
11.2.市場ポジショニング/シェア分析
11.3.M&A分析
12.企業プロフィール
12.1.タカタ
12.1.1.会社概要
12.1.2.製品ポートフォリオと内容
12.1.3.財務概要
12.1.4.主な展開
12.2.オートリブ
12.3.ゼット・エフ・フリードリヒスハーフェン
12.4.ジョブソン・セーフティ・システムズ
12.5.豊田合成株式会社
12.6.アッシュモア工業
12.7.アークオートモーティブ
12.8.株式会社ダイセル
12.9.TRWオートモーティブ
12.10.キー・セイフティ・システムズ
リストは網羅的ではない
13.付録
13.1.会社概要とサービス
13.2.お問い合わせ

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Overview
Global Automatic Airbag Inflators Market reached US$ 14.2 billion in 2023 and is expected to reach US$ 18.7 billion by 2031, growing with a CAGR of 3.5% during the forecast period 2024-2031.
Automotive regulations are enacted that require automobiles to have airbags because, according to the World Health Organization, nearly 1.35 million people die each year in traffic accidents. Some rules and regulations governing vehicle and passenger safety are expected to enhance the airbag inflators industry. The airbag is a safety device used in automobiles. It is built in such a way that it immediately deflates during the hit or collision.
The sensor is used to activate the bag to inflate, which occurs as a result of a collision, with a force equivalent to running into a brick wall at 10 to 15 mph. When a mass shifts to make electrical contact, a mechanical switch flips and sensors get information from an accelerometer and activate immediately. The airbag's inflation system combines with sodium azide (NaN3) and potassium nitrate (KNO3) to produce nitrogen gas. Hot bursts of nitrogen inflate the airbag.
In 2023, North America is expected to be the dominant region with over 30% of the global automatic airbag inflators market. Increasing regulatory requirements for vehicle safety, as well as rising customer safety consciousness, are driving the automotive airbag inflator market globally. Furthermore, in May 2022, after nearly a year of creating a repair for faulty airbag inflators, General Motors became ready to replace defective airbag inflators in 410,019 trucks which were recalled in July 2021.
Dynamics
Increasing End-User Production and Sales
The continuing growth of the automotive sector, particularly in emerging economies, results in rising demand for vehicles. It is closely correlated with increased demand for safety components like airbag inflators. Rapid urbanization and rising disposable incomes, particularly in emerging countries, have resulted in greater car ownership.
In 2021, Mahindra will launch the XUV 700. The top-spec edition of the car has seven airbags and according to a recent press release, more than 70% of XUV 700 orders have been for the top-spec trim. The car has gotten over 50,000 bookings within the first few months and has over 78,000 units to deliver to consumers.
Continuous Advancements in the Market
Continuous advances in airbag technology, such as multi-stage inflators, smart airbags and pedestrian airbags, are propelling the market. The advancements improve the effectiveness and reliability of airbag systems. Airbag inflators are increasingly being integrated with ADAS technologies such as collision detection and automated emergency braking systems, which drives demand.
The increasing number of new product launches in the market is predicted to boost market demand. In 2021, Maruti Suzuki will offer facelifted versions of the Baleno, Ertiga and XL6. All models of the to-spec variations include 4- and 6-airbags as standard. In March 2021, Autoliv Inc, a leader in automotive safety systems, planned to develop a new inflator production plant in India. A new airbag inflator plant will be established near Chennai. Localizing inflator production will satisfy customer needs while reducing global supply chain disruptions and variations.
High Production Costs
Airbag inflators are made with high-quality materials like steel and pyrotechnic chemicals, which can be pricey. Prices for raw materials might fluctuate, affecting the entire cost structure. Incorporating modern technology and features into airbag systems raises research and manufacturing costs, which can be an impediment for manufacturers, especially in cost-sensitive industries.
Integrating airbag inflators with other advanced vehicle systems (such as ADAS and autonomous driving technologies) poses technical obstacles. Ensuring seamless and dependable integration is critical but difficult. The rapid speed of technological innovation necessitates ongoing investment in R&D. Manufacturers may face financial and technical challenges in keeping up with these changes.
Segment Analysis
The global automatic airbag inflators market is segmented based on type, inflator, end-user and region.
Rising Advantages of Pyrotechnic Inflators Drives the Segment Growth
Pyrotechnic inflator is expected to be the dominant segment with over 30% of the market during the forecast period 2024-2031. Pyrotechnic inflators are lighter and smaller than hybrid inflators, thus OEMs are tempted to use them for airbags. With governments globally implementing frontal airbags, pyrotechnic airbags are expected to be in high demand during the forecast period.
Takata is accountable for the most extensive car recall in history. Takata recently recalled 40 million automobiles from 12 different brands owing to "airbags that might explode and could send particles into the human body and face in both the driver and front seat passenger". Takata was acquired in April 2018 by Key Safety Systems, the fifth biggest airbag supplier in U.S. and renamed Joyson Safety Systems.
Geographical Penetration
Rising Advance Safety in End-Users in Asia-Pacific
Asia-Pacific is expected to be the fastest-growing region in the global automatic airbag inflators market covering over 20% of the market. The region's increase in advanced safety in passenger cars and commercial vehicles is mostly due to rising customer demands for safety and comfort features, increased penetration of Side and Curtain airbags in mid-level automobiles and rising demand for premium and luxury vehicles.
India has a potential and opportunity in the airbag inflator market since it is increasingly entering the electric, autonomous and artificial intelligence-oriented automotive industry, as well as introducing numerous new products. For example, in 2021, Morris Garage introduced its new SUV Gloster and a facelifted version of the Hector. Both vehicle models have earned good sales in the market and the top-spec edition of these cars get six airbags as standard.
Competitive Landscape
The major global players in the market include Takata, Autoliv, ZF Friedrichshafen AG, Jovson Safety Systems, Toyoda Gosei Co., Ashmore Industry Co., ARC Automotive, Daicel Corporation, TRW Automotive and Key Safety Systems.
COVID-19 Impact Analysis
The pandemic resulted in temporary shutdowns of manufacturing plants globally to prevent the virus from spreading. It caused severe delays and restricted production capacity for airbag inflators. Lockdowns and restrictions affected supply chains, resulting in a shortage of crucial raw materials and components used to manufacture airbag inflators. Shipping delays, port congestion and rising freight prices all had a significant impact on the timely delivery of supplies and completed products globally.
End-User sales fell sharply early in the pandemic due to economic anxiety, reduced consumer expenditure and lockdown measures. It had a direct impact on demand for vehicle components, such as airbag inflators. As economies recovered and limitations were removed, vehicle sales increased, resulting in a rise in demand for airbag inflators. However, the recovery was varied across regions.
Russia-Ukraine War Impact
The conflict has disrupted the delivery of vital raw materials. Ukraine and Russia are major producers of metals and components used in automotive production, notably airbag inflators. It created logistical issues, such as disrupted shipment routes and higher transportation costs. It has made it difficult for manufacturers to procure raw materials and deliver finished goods.
While the war's economic turmoil may have an impact on vehicle demand in Europe, other regions may have distinct effects. North America and Asia-Pacific, for example, may see fluctuations in demand as a result of economic resiliency and supply chain modifications. Overall economic instability can affect consumer purchasing behavior, thereby reducing demand for new automobiles and, thus, for airbag inflators.
By Type
- Driver Airbag
- Passenger Airbag
- Curtain Airbag
- Knee Airbag
- Pedestrian Airbag
- Side Airbag
- Others
By Inflator
- Pyrotechnic
- Stored Gas
- Hybrid
By End-User
- Compact Car
- Mid-Size Car
- MPV
- SUV
- Others
By Region
- North America
- U.S.
- Canada
- Mexico
- Europe
- Germany
- UK
- France
- Italy
- Russia
- Rest of Europe
- South America
- Brazil
- Argentina
- Rest of South America
- Asia-Pacific
- China
- India
- Japan
- Australia
- Rest of Asia-Pacific
- Middle East and Africa
Key Developments
- In July 2021, Toyoda Gosei Co., Ltd. has created a driver-side airbag with a new structure to better protect the occupant. Driver-side airbags, located in the center of the steering wheel, deploy during frontal crashes to reduce the impact on the driver's head and chest.
- In April 2021, to fulfill the growing demand for millimeter wave compatible emblems and airbag inflators in China, Toyoda Gosei (Zhangjiagang) Co., Ltd., a Chinese subsidiary, has begun production of these items. Millimeter-wave compatible emblems let the passage of millimeter-wave radar, which detects the situation around vehicles.
Why Purchase the Report?
- To visualize the global automatic airbag inflators market segmentation based on type, inflator, end-user and region, as well as understand key commercial assets and players.
- Identify commercial opportunities by analyzing trends and co-development.
- Excel data sheet with numerous data points of automatic airbag inflators market-level with all segments.
- PDF report consists of a comprehensive analysis after exhaustive qualitative interviews and an in-depth study.
- Product mapping available as excel consisting of key products of all the major players.
The global automatic airbag inflators market report would provide approximately 62 tables, 58 figures and 195 pages.
Target Audience 2024
- Manufacturers/ Buyers
- Industry Investors/Investment Bankers
- Research Professionals
- Emerging Companies



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Methodology and Scope
1.1. Research Methodology
1.2. Research Objective and Scope of the Report
2. Definition and Overview
3. Executive Summary
3.1. Snippet by Type
3.2. Snippet by Inflator
3.3. Snippet by End-User
3.4. Snippet by Region
4. Dynamics
4.1. Impacting Factors
4.1.1. Drivers
4.1.1.1. Increasing End-User Production and Sales
4.1.1.2. Continuous Advancements in the Market
4.1.2. Restraints
4.1.2.1. High Production Costs
4.1.3. Opportunity
4.1.4. Impact Analysis
5. Industry Analysis
5.1. Porter's Five Force Analysis
5.2. Supply Chain Analysis
5.3. Pricing Analysis
5.4. Regulatory Analysis
5.5. Russia-Ukraine War Impact Analysis
5.6. DMI Opinion
6. COVID-19 Analysis
6.1. Analysis of COVID-19
6.1.1. Scenario Before COVID-19
6.1.2. Scenario During COVID-19
6.1.3. Scenario Post COVID-19
6.2. Pricing Dynamics Amid COVID-19
6.3. Demand-Supply Spectrum
6.4. Government Initiatives Related to the Market During Pandemic
6.5. Manufacturers Strategic Initiatives
6.6. Conclusion
7. By Type
7.1. Introduction
7.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Type
7.1.2. Market Attractiveness Index, By Type
7.2. Driver Airbag*
7.2.1. Introduction
7.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
7.3. Passenger Airbag
7.4. Curtain Airbag
7.5. Knee Airbag
7.6. Pedestrian Airbag
7.7. Side Airbag
7.8. Others
8. By Inflator
8.1. Introduction
8.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Inflator
8.1.2. Market Attractiveness Index, By Inflator
8.2. Pyrotechnic*
8.2.1. Introduction
8.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
8.3. Stored Gas
8.4. Hybrid
9. By End-User
9.1. Introduction
9.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
9.1.2. Market Attractiveness Index, By End-User
9.2. Compact Car*
9.2.1. Introduction
9.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
9.3. Mid-Size Car
9.4. MPV
9.5. SUV
9.6. Others
10. By Region
10.1. Introduction
10.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Region
10.1.2. Market Attractiveness Index, By Region
10.2. North America
10.2.1. Introduction
10.2.2. Key Region-Specific Dynamics
10.2.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Type
10.2.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Inflator
10.2.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
10.2.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
10.2.6.1. U.S.
10.2.6.2. Canada
10.2.6.3. Mexico
10.3. Europe
10.3.1. Introduction
10.3.2. Key Region-Specific Dynamics
10.3.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Type
10.3.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Inflator
10.3.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
10.3.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
10.3.6.1. Germany
10.3.6.2. UK
10.3.6.3. France
10.3.6.4. Italy
10.3.6.5. Russia
10.3.6.6. Rest of Europe
10.4. South America
10.4.1. Introduction
10.4.2. Key Region-Specific Dynamics
10.4.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Type
10.4.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Inflator
10.4.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
10.4.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
10.4.6.1. Brazil
10.4.6.2. Argentina
10.4.6.3. Rest of South America
10.5. Asia-Pacific
10.5.1. Introduction
10.5.2. Key Region-Specific Dynamics
10.5.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Type
10.5.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Inflator
10.5.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
10.5.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
10.5.6.1. China
10.5.6.2. India
10.5.6.3. Japan
10.5.6.4. Australia
10.5.6.5. Rest of Asia-Pacific
10.6. Middle East and Africa
10.6.1. Introduction
10.6.2. Key Region-Specific Dynamics
10.6.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Type
10.6.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Inflator
10.6.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
11. Competitive Landscape
11.1. Competitive Scenario
11.2. Market Positioning/Share Analysis
11.3. Mergers and Acquisitions Analysis
12. Company Profiles
12.1. Takata*
12.1.1. Company Overview
12.1.2. Product Portfolio and Description
12.1.3. Financial Overview
12.1.4. Key Developments
12.2. Autoliv
12.3. ZF Friedrichshafen AG
12.4. Jovson Safety Systems
12.5. Toyoda Gosei Co.
12.6. Ashmore Industry Co.
12.7. ARC Automotive
12.8. Daicel Corporation
12.9. TRW Automotive
12.10. Key Safety Systems
LIST NOT EXHAUSTIVE
13. Appendix
13.1. About Us and Services
13.2. Contact Us

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同じKEY WORD(automatic)の最新刊レポート


よくあるご質問


DataM Intelligence社はどのような調査会社ですか?


DataM Intelligenceは世界および主要地域の広範な市場に関する調査レポートを出版しています。 もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/24 10:26

156.87 円

170.56 円

205.01 円

ページTOPに戻る