世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

世界のジクロロエタン市場分析:プラント容量、所在地、生産量、操業効率、産業市場規模、需要と供給、エンドユーザー産業、販売チャネル、地域需要、企業シェア、製造工程、2015年-2032年


Global Dichloroethane Market Analysis: Plant Capacity, Location, Production, Operating Efficiency, Industry Market Size, Demand & Supply, End-User Industries, Sales Channel, Regional Demand, Company Share, Manufacturing Process, 2015-2032

世界のジクロロエタン需要は2022年に714万トンとなり、2032年には1,026万トンに達すると予測され、2032年までの年平均成長率は4.14%と健全な成長を遂げる。 ジクロロエタンは無色の液体で、クロロホルムのような... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 言語
ChemAnalyst
ケムアナリスト
2023年10月1日 US$6,000
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
英語

オンラインデータベースに1年間アクセス可能なサブスクリプションサービスです


 

サマリー

世界のジクロロエタン需要は2022年に714万トンとなり、2032年には1,026万トンに達すると予測され、2032年までの年平均成長率は4.14%と健全な成長を遂げる。
ジクロロエタンは無色の液体で、クロロホルムのような臭いがする。可燃性、毒性、発がん性が高い。ジクロロエタンの主な用途は、塩化ビニルモノマー、テトラエチレンペンタミンなどである。塩化ビニルモノマーはジクロロエタンの主な用途であり、ポリ塩化ビニルの前駆体である。ジクロロエタンの主な最終用途産業は、建設、自動車、電気、電子である。建設と自動車によるポリ塩化ビニル(PVC)の需要増と、その他の用途分野の需要増が、予測期間におけるジクロロエタンの需要を牽引すると予想される。さらに、ジクロロエタンに関する厳しい環境規制が、予測期間中の需要成長の妨げになると予想される。
2020年、世界の主要経済圏でCOVID-19の蔓延が全国的な封鎖を引き起こし、いくつかの産業に影響を与えた。建設と自動車は、パンデミック中に最も影響を受けた産業のひとつである。これは2020年のジクロロエタンの需要に影響を与えた。そのため、コロナウイルスの大流行時にはジクロロエタンの需要が減少した。
地域別では、アジア太平洋地域がジクロロエタンの世界需要の大きなシェアを占めている。さらに、日本や韓国のような災害の多い国々でインフラが継続的に刷新されていることも、ジクロロエタンの需要を促進している要因である。インドや中国といった新興国における人口の増加とそれに伴う一人当たり所得の増加も、アジア太平洋地域の需要増加を支える要因である。

本レポートの対象年
過去期間: 2015-2022
基準年: 2022
予測年: 2023年
予測期間: 2024-2032

本レポートはオンラインデジタルプラットフォームで配信され、1年間の購読と四半期ごとの更新が可能です。


調査の目的
- 世界のジクロロエタン市場の生産、需要、供給をカバーするジクロロエタンの需給シナリオを評価する。
- ジクロロエタンの市場規模を分析・予測する。
- ジクロロエタンの世界市場を最終用途、販売チャネル、地域分布に基づいて分類し予測する。
- 世界のジクロロエタン市場における事業拡大、新製品発売、M&Aなどの競争展開を調査する。
- ジクロロエタンの製造に携わる主要プレーヤーを特定する。
ジクロロエタンの世界的な主要企業には、ダウ・ケミカル社、オクシデンタル・ケミカル社、ソルビン社、フォルモサ・プラスチックス社、イネオス社、エボニック・インダストリーズ社、ヴィノヴァ・グループ社などが含まれる。
世界のジクロロエタン市場のデータを抽出するために、ジクロロエタンメーカー、サプライヤー、ディストリビューター、卸売業者、エンドユーザーを対象に一次調査を実施した。インタビューでは、回答者に競合他社についても尋ねました。この手法により、ChemmAnalystは二次調査の限界で特定できなかったメーカーを含めることができた。さらに、ChemmAnalystは様々なエンドユーザーセグメントを分析し、今後数年間の世界のジクロロエタン市場の見通しを予測した。
ChemmAnalystは、ジクロロエタン価格、ジクロロエタンの生産に使用される材料を考慮して行われた過去のデータと需要予測を分析することにより、世界のジクロロエタン需要を算出した。ChemmAnalystは、これらの値を業界の専門家や企業の代表者から入手し、各メーカーの過去の販売データを分析することで外部検証を行い、全体的な市場規模を算出しました。ChemmAnalystは、企業のウェブサイト、協会報告書、年次報告書などの様々な二次資料も調査した。
主な対象読者
- ジクロロエタンメーカーおよびその他の利害関係者
- ジクロロエタン流通に関連する組織、フォーラム、アライアンス
- 規制当局や政策立案者などの政府機関

本調査は、ジクロロエタン製造業者、顧客、政策立案者などの業界関係者にとって重要ないくつかの重要な質問に対する回答を提供する上で有用である。また、本調査は、今後数年間の成長セグメントをターゲットとし、関係者が投資決定を下し、事業拡大を促進するのに役立つであろう。
レポートの範囲
本レポートでは、ジクロロエタンの世界市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:

- 最終用途別市場:建設、自動車、電気・電子、その他
- 販売チャネル別市場:直接販売、間接販売
- 地域別市場:北米、APAC、欧州、MEA、南米


利用可能なカスタマイズ:

与えられた市場データをもとに、ChemmAnalystは企業固有のニーズに応じたカスタマイズを提供します。

お探しのものが見つからない場合は、カスタムリサーチチーム sales@chemanalyst.com までご連絡ください。

ページTOPに戻る


目次

Table of Content

1. Industry Market Size
It is an essential metric for market analysis, as it provides insights into the overall size and growth potential of dichloroethane market in terms of value and volume.

2. Capacity By Company
On our online platform, you can stay up to date with essential manufacturers and their current and future operation capacity on a practically real-time basis for dichloroethane.

3. Capacity By Location
To better understand the regional supply of dichloroethane by analyzing its manufacturers' location-based capacity.

4. Plant Operating Efficiency [Quarterly Update]
To determine what percentage manufacturers are operating their plants or how much capacity is being currently used.

5. Production By Company [Quarterly Update]
Study the historical annual production of dichloroethane by the leading players and forecast how it will grow in the coming years.

6. Demand by End- Use [Quarterly Update]
Discover which end-user industry (Construction, Automotive, and Electricals and Electronics and others) are creating a market and the forecast for the growth of the dichloroethane market.

7. Demand by Region
Analysing the change in demand of dichloroethane in different regions, i.e., North America, Europe, Asia Pacific, Middle East and Africa, and South America, that can direct you in mapping the regional demand.


8. Demand by Sales Channel (Direct and Indirect)
Multiple channels are used to sell dichloroethane. Our sales channel will help in analyzing whether distributors and dealers or direct sales make up most of the industry's sales.

10. Demand-Supply Gap
Determine the supply-demand gap to gain information about the trade surplus or deficiency of dichloroethane.

11. Company Share
Figure out what proportion of the market share of dichloroethane is currently held by leading players across the globe.

12. Manufacturing Process
Discover insights into the intricate manufacturing process of dichloroethane.

13. Pricing Analysis & Forecast
Analyze historical prices since 2015 & Forecast on three months rolling period for next 12 months.

Years considered for this report:

Historical Period: 2015- 2022
Base Year: 2022
Estimated Year: 2023
Forecast Period: 2024-2032

ページTOPに戻る


納品物

オンライン・データベース

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Global Dichloroethane demand stood at 7.14 Million Tonnes in 2022 and is forecast to reach 10.26 Million Tonnes by 2032, growing at a healthy CAGR of 4.14% until 2032.
Dichloroethane also known as ethylene dichloride (EDC) is a colorless liquid with a chloroform-like odor. It is highly flammable, toxic, and carcinogenic. The major applications of dichloroethane are vinyl chloride monomer, tetraethylenepentamine, and others. Vinyl chloride monomer is the major application of dichloroethane is the precursor to polyvinyl chloride. Major end-use industries for dichloroethane are construction, automotive, electricals, and electronics. Growing demand for polyvinyl chloride (PVC) from construction and automotive coupled with the increasing demand of other application areas is expected to drive the demand for dichloroethane for the forecast period. Moreover, stringent environmental regulations regarding dichloroethane are expected to hinder demand growth during the forecast period.
In 2020, the spread of COVID-19 in major global economies caused nationwide lockdowns which had an impact on several industries. Construction and automotive were among the most affected industries during the pandemic. This had an impact on the demand for dichloroethane in 2020. Therefore, the demand for dichloroethane fell during the coronavirus pandemic.
Region-wise, Asia-pacific region holds the major share of global demand for dichloroethane due to the increasing demand of application areas including construction and automotive. Moreover, continuous revamping of infrastructure in disaster-prone countries like Japan and South Korea is also another factor propelling the demand for dichloroethane. Increasing population and subsequent rise in per capita income in emerging economies like India and China is also another factor supporting demand rise in Asia-pacific.

Years considered for this report:
Historical Period: 2015-2022
Base Year: 2022
Estimated Year: 2023
Forecast Period: 2024–2032

This report will be delivered on an online digital platform with one-year subscription and quarterly update.


Objective of the Study:
• To assess the demand-supply scenario of dichloroethane which covers production, demand and supply of dichloroethane market globally.
• To analyse and forecast the market size of dichloroethane .
• To classify and forecast global dichloroethane market based on end-use, sales channel and regional distribution.
• To examine competitive developments such as expansions, new product launches, mergers & acquisitions, etc., in global dichloroethane market.
• To identify leading players involved in the manufacturing of dichloroethane.
Major players for dichloroethane globally include Dow Chemical Co., Occidental Chemical Corp, SolVin, Formosa Plastics Corporation, Ineos, Evonik Industries AG, Vynova Group.
To extract data for global dichloroethane market, primary research surveys were conducted with dichloroethane manufacturers, suppliers, distributors, wholesalers and end users. While interviewing, the respondents were also inquired about their competitors. Through this technique, ChemAnalyst was able to include manufacturers that could not be identified due to the limitations of secondary research. Moreover, ChemAnalyst analyzed various end user segments and projected a positive outlook for Global dichloroethane market over the coming years.
ChemAnalyst calculated dichloroethane demand globally by analyzing the historical data and demand forecast which was carried out considering dichloroethane prices, materials used for production of dichloroethane . ChemAnalyst sourced these values from industry experts and company representatives and externally validated through analyzing historical sales data of respective manufacturers to arrive at the overall market size. Various secondary sources such as company websites, association reports, annual reports, etc., were also studied by ChemAnalyst.
Key Target Audience:
• dichloroethane manufacturers and other stakeholders
• Organizations, forums and alliances related to dichloroethane distribution
• Government bodies such as regulating authorities and policy makers

The study is useful in providing answers to several critical questions that are important for industry stakeholders such as dichloroethane manufacturers, customers and policy makers. The study would also help them to target the growing segments over the coming years, thereby aiding the stakeholders in taking investment decisions and facilitating their expansion.
Report Scope:
In this report, global dichloroethane market has been segmented into following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:

• Market, by End Use -Construction, Automotive, and Electricals and Electronics and others.
• Market, by Sales Channel-Direct Sales, Indirect Sales
• Market, by Region-North America, APAC, Europe, MEA, South America


Available Customizations:

With the given market data, ChemAnalyst offers customizations according to a company’s specific needs.

In case you do not find what, you are looking for, please get in touch with our custom research team at sales@chemanalyst.com



ページTOPに戻る


Table of Contents

Table of Content

1. Industry Market Size
It is an essential metric for market analysis, as it provides insights into the overall size and growth potential of dichloroethane market in terms of value and volume.

2. Capacity By Company
On our online platform, you can stay up to date with essential manufacturers and their current and future operation capacity on a practically real-time basis for dichloroethane.

3. Capacity By Location
To better understand the regional supply of dichloroethane by analyzing its manufacturers' location-based capacity.

4. Plant Operating Efficiency [Quarterly Update]
To determine what percentage manufacturers are operating their plants or how much capacity is being currently used.

5. Production By Company [Quarterly Update]
Study the historical annual production of dichloroethane by the leading players and forecast how it will grow in the coming years.

6. Demand by End- Use [Quarterly Update]
Discover which end-user industry (Construction, Automotive, and Electricals and Electronics and others) are creating a market and the forecast for the growth of the dichloroethane market.

7. Demand by Region
Analysing the change in demand of dichloroethane in different regions, i.e., North America, Europe, Asia Pacific, Middle East and Africa, and South America, that can direct you in mapping the regional demand.


8. Demand by Sales Channel (Direct and Indirect)
Multiple channels are used to sell dichloroethane. Our sales channel will help in analyzing whether distributors and dealers or direct sales make up most of the industry's sales.

10. Demand-Supply Gap
Determine the supply-demand gap to gain information about the trade surplus or deficiency of dichloroethane.

11. Company Share
Figure out what proportion of the market share of dichloroethane is currently held by leading players across the globe.

12. Manufacturing Process
Discover insights into the intricate manufacturing process of dichloroethane.

13. Pricing Analysis & Forecast
Analyze historical prices since 2015 & Forecast on three months rolling period for next 12 months.

Years considered for this report:

Historical Period: 2015- 2022
Base Year: 2022
Estimated Year: 2023
Forecast Period: 2024-2032

ページTOPに戻る


Deliverables

Online Database

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本サブスクリプションと同分野の最新刊サブスクリプション

  • 本サブスクリプションと同分野の最新刊サブスクリプションはありません。

本サブスクリプションと同じKEY WORD()の最新刊サブスクリプション

  • 本サブスクリプションと同じKEY WORDの最新刊サブスクリプションはありません。

よくあるご質問


ChemAnalyst社はどのような調査会社ですか?


ChemAnalystはインドの化学業界と石油業界に関する広範かつ詳細なデータを提供するインドの調査会社です。 インドと世界の化学業界と石油業界に関する最新情報および調査結果を提供しています。 ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/16 10:26

159.45 円

174.07 円

209.46 円

ページTOPに戻る