世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

イギリス(英国)ホルモン補充療法市場概観、2029年


United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Overview, 2029

多くのHRT市場が確立しているのとは異なり、英国では患者層が魅力的に変化している。従来、HRTは更年期障害の治療が中心であったが、より幅広い症状に対して処方されるようになってきている。これには、トランス... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Bonafide Research & Marketing Pvt. Ltd.
ボナファイドリサーチ
2024年4月30日 US$2,250
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
73 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。


 

サマリー

多くのHRT市場が確立しているのとは異なり、英国では患者層が魅力的に変化している。従来、HRTは更年期障害の治療が中心であったが、より幅広い症状に対して処方されるようになってきている。これには、トランスジェンダーが性別を肯定するためにホルモンのサポートを求める性同一性障害も含まれる。さらに、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)や子宮内膜症などの疾患管理におけるHRTの潜在的な有益性を示唆する研究も増えており、患者層はさらに拡大している。英国政府が最近、ホルモン補充療法前払い証明書(HRT PPC)を導入したことは、大きな転換点である。このイニシアチブは、費用というアクセスの重大な障壁に取り組むものである。政府は、1年分のHRT治療薬の価格を大幅に引き下げることで、近年市場を悩ませているサプライチェーン不足に直接取り組んでいる。これは、患者のアクセスを改善するだけでなく、製薬会社にとってより予測可能な需要状況を作り出すことにもなる。英国の医療制度は、加速度的に遠隔医療ソリューションを受け入れている。この傾向はHRT市場において特に大きな影響を及ぼしており、地理的な障壁を取り除き、女性がこれらの問題を医師と直接話し合うことに潜在的な不安を抱いている可能性に対処することができるからである。遠隔医療は、より便利でプライバシーが守られ、HRT処方をより早く受けられる可能性があり、市場の成長をさらに後押しする。英国における現在のHRT市場は、主に女性の健康に焦点を当てているが、男性用のテストステロン補充療法(TRT)という、潜在的に儲かるニッチ分野の開拓も待っている。疲労、性欲減退、筋肉減少といった「低T」症状に対する認識が高まるにつれ、男性はますます解決策を求めるようになっている。これは、製薬会社にとって、特に男性層をターゲットとしたHRT製品を開発・販売する大きなチャンスとなる。

Bonafide Research社の調査レポート「イギリスのホルモン補充療法市場概要、2029年」によると、イギリスのホルモン補充療法市場は2029年までに8億米ドル以上の市場規模に達すると予測されています。英国のホルモン補充療法(HRT)市場は、患者とメーカーの双方に影響を与える独自の課題を抱えている。需要面では、更年期症状に対する意識の高まりと、それに対する相談意欲の高まりにより、HRTを希望する女性が大幅に増加している。この需要の急増は、HRTをめぐる肯定的なメディアの描写やソーシャルメディア上の議論によってさらに増幅され、ほてり、寝汗、気分の落ち込みといった症状の管理におけるHRTの有効性が強調されている。しかし、このポジティブなトレンドは、英国全土でHRT薬の供給不足が深刻化していることによって影を潜めている。この供給不足にはいくつかの要因がある。まず、特定のHRT製品の製造能力が需要の急増に追いついていない。レガシーな製造インフラと特定の製剤の予期せぬ急増が、サプライチェーン内のボトルネックとなっている。第二に、物流の問題とブレグジット後の貿易規制により、これまで英国市場の主要供給源であった欧州連合(EU)からのHRT製剤の輸入がさらに遅れている。こうした供給の制約は、さまざまな利害関係者にドミノ効果をもたらしている。患者は処方されたHRT薬へのアクセスが困難になり、フラストレーションや不安、衰弱した更年期症状の再発につながっている。場合によっては、女性たちは、既存の薬の配給量を減らしたり、代替の(そして、より適さない可能性のある)HRT製剤に切り替えたり、あるいは、闇市場で規制されていない入手先を探したりすることにさえ頼らざるを得ず、重大な健康リスクをもたらしている。このようなアクセスの欠如は、女性の生活の質や仕事の生産性にも悪影響を及ぼしかねない。医療従事者の立場からすると、HRT不足は患者の更年期障害のニーズを効果的に管理する上での課題となる。臨床医は、供給問題の解決や代替治療法の検討に多くの時間を費やすことを余儀なくされ、診察や患者ケアの質に影響を及ぼす可能性がある。また、現状は特定の層の女性に不釣り合いな影響を及ぼしている。HRT製品を入手できる地域が限られているため、特に地方に住む女性や交通手段が限られている女性にとって、アクセス格差が生じる可能性がある。さらに、かかりつけ医にHRTについて相談することへの認識不足やためらいは、特定の層にさらに不利に働く可能性がある。今後、英国におけるHRT不足に対処するには、多方面からのアプローチが必要である。HRT製品の国内製造能力への投資を増やすことは、より安定的で迅速なサプライチェーンを確保する上で極めて重要である。輸入規制と手続きを合理化することで、EUからのHRT製剤の流入を早めることができる一方、他の信頼できる供給者からの代替調達オプションも検討することができる。HRTとその効用についての認識を高める公衆衛生上の取り組みは、女性が自分の健康について十分な情報を得た上で意思決定できるようにするために不可欠である。さらに、医療専門家向けの教育プログラムにより、HRTの選択肢に関する最新情報と、供給不足時の患者ケア管理のベストプラクティスを身につけることができる。

製品タイプ別では、エストロゲン&プロゲステロン補充療法(EPR)が市場を支配しており、更年期を経験する多くの女性に対応している。NHS(国民保健サービス)は、HRTの使用を形成する上で重要な役割を果たしており、ガイドラインでは、最小有効量を提唱し、子宮が無傷の女性にはエストロゲン・プロゲステロン併用療法を推奨している。このように安全性とリスク軽減に重点を置くことが、製品開発と採用に影響を与えている。しかし、バイオアイデンティカルホルモンのような代替療法への関心も高まっており、その有効性と長期的安全性についてはさらなる研究が必要である。甲状腺ホルモン補充療法は、英国における甲状腺機能低下症の有病率に対応し、大きなシェアを占めている。レボサイロキシンは依然として主要な治療薬であり、NHSの枠組みの中でジェネリック医薬品が入手可能であること、また価格が手ごろであることが重視されている。成長ホルモン補充療法はニッチな分野であり、主に成長ホルモン欠乏症の小児の治療に用いられている。男性ホルモン補充療法(TRT)は、男性性腺機能低下症に対する意識の高まりと男性の健康への影響を背景に、成長分野となっている。しかし、潜在的な副作用に関する懸念や専門医による指導の必要性が、TRTの市場拡大を制限する可能性がある。副甲状腺ホルモン補充療法は、副甲状腺機能低下症の患者を対象としている。投与経路の嗜好は経口薬に傾いており、その理由は手頃な価格、使いやすさ、NHSシステム内での馴染みやすさにあると思われる。しかし、特にEPRユーザーにとっては、副作用を最小限に抑えることへの関心が高まっており、経皮吸収型製剤を後押ししている。パッチ、ゲル、インプラントは、ホルモンを制御された形で放出するため、経口薬で経験する初期ピークが高いことに伴うリスクを軽減できる可能性がある。非経口投与(主に注射)の市場シェアは限られているが、経口や経皮の選択肢が適さない特定の患者のニーズに対応している。疾患タイプは市場セグメンテーションに大きく影響する。更年期障害は依然として主要な牽引役であり、50歳以上の女性人口が増加している。NHSは、更年期管理の選択肢に関する認識を高め、すべての女性がHRTに公平にアクセスできるようにする上で重要な役割を果たしている。甲状腺機能低下症もまた重要な分野であり、NHS内で診断と治療の経路が確立されている。逆に、男性性腺機能低下症や成長ホルモン欠乏症のような分野は、これらの疾患の有病率が低いため、規模は小さい。流通チャネルはNHSの構造に大きく影響されている。病院薬局が最大のシェアを占めており、専門医が特定の患者のニーズに合わせて処方したHRT薬を調剤している。小売薬局は、管理が行き届いている状態の利用者の処方箋を満たす役割を担っている。しかし、オンライン薬局の台頭は、利便性の向上とコスト削減の可能性を秘めており、特に従来のチャネルでは入手困難な特殊なHRT製剤については、注目すべき動向である。オンライン薬局が英国のHRT市場で広く受け入れられるためには、規制当局の監督とNHSガイドラインの遵守が不可欠である。

英国におけるホルモン補充療法(HRT)は、患者の安全性と製品の有効性を確保するため、医薬品医療製品規制庁(MHRA)によって綿密に規制されている。これは、いくつかの重要な方法で市場を形成する厳格な政策と認証の枠組みに変換されます。第一に、英国では、投与経路(錠剤、ゲル、パッチ)にかかわらず、すべてのHRT製品は処方箋のみの医薬品に分類されている。このため、HRTに対する個人の適性を評価し、最も適切な投与量と製剤を決定するために、医師との相談が必要となる。この最初の評価に続いて、定期的なモニタリングの予約を取り、経過を追跡し、潜在的な副作用を特定する。第二に、MHRAは、すべてのHRT薬について、その品質、安全性、対象集団における有効性を確立するために、厳格な臨床試験を受けることを義務づけている。このデータは、MHRAの医薬品委員会(CMHPU)によって綿密に検討された後、販売承認が下ります。この認可には、HRT製剤を処方できる認可条件が、制限や禁忌とともに明記されている。さらにMHRAは、HRT製剤の厳格な表示ガイドラインを実施しています。これらのラベルには、製品の成分、服用方法、潜在的な副作用、他の薬との相互作用に関する包括的な情報が含まれていなければなりません。これにより、医療従事者と患者の双方が、情報に基づいた意思決定の指針となる明確で正確な情報にアクセスできるようになります。さらに、英国国立医療技術評価機構(NICE)は、英国におけるHRT使用のためのエビデンスに基づく臨床ガイドラインを公表している。これらのガイドラインは、患者選択、治療開始、モニタリング、治療期間に関する推奨事項を含む、HRT処方のベストプラクティスの概要を示している。強制力はないが、これらのガイドラインは重要な重みを持ち、NHS内の処方実務に影響を与えている。最後に、MHRAはファーマコビジランス・プログラムを通じて、市販後のHRT薬の安全性を積極的に監視している。これらのプログラムは、HRTの使用に関連した副作用や予期せぬ副作用を報告するよう、医療関係者や患者に奨励している。MHRAは、このデータを分析して安全性に関する潜在的な懸念を特定し、必要な規制措置を実施する。この規制措置には、製品表示の変更、使用の制限、あるいは極端な場合には販売承認の一時停止などが含まれる。

本レポートの検討対象
- 歴史的な年2018
- 基準年2023
- 推定年2024
- 予測年2029

本レポートの対象分野
- ホルモン補充療法市場の展望とその価値とセグメント別予測
- 様々な推進要因と課題
- 進行中のトレンドと開発
- 注目企業
- 戦略的提言

製品タイプ別
- エストロゲン&プロゲステロン補充療法
- 甲状腺ホルモン補充療法
- 成長ホルモン補充療法
- 男性ホルモン補充療法
- 副甲状腺ホルモン補充療法

投与経路別
- 経口
- 非経口
- 経皮
- その他

疾患別
- 更年期障害
- 甲状腺機能低下症
- 男性性腺機能低下症
- 成長ホルモン分泌不全症
- 副甲状腺機能亢進症

流通チャネル別
- 病院薬局
- 小売薬局
- オンライン薬局

レポートのアプローチ
本レポートは一次調査と二次調査を組み合わせたアプローチで構成されている。まず、市場を理解し、そこに存在する企業をリストアップするために二次調査を行った。二次調査は、プレスリリース、企業の年次報告書、政府が作成した報告書やデータベースなどの第三者情報源から成る。二次情報源からデータを収集した後、一次調査は、市場がどのように機能しているかについて主要プレーヤーに電話インタビューを行い、市場のディーラーや流通業者と取引コールを行うことによって実施した。その後、消費者を地域別、階層別、年齢層別、性別に均等にセグメンテーションし、一次調査を開始した。一次データを入手したら、二次ソースから得た詳細の検証を開始することができる。

対象読者
本レポートは、ホルモン補充療法業界に関連する業界コンサルタント、メーカー、サプライヤー、団体、組織、政府機関、その他の利害関係者が、市場中心の戦略を調整するのに役立ちます。マーケティングやプレゼンテーションに加え、業界に関する競合知識を高めることもできます。


ページTOPに戻る


目次

目次

1.要旨
2.市場構造
2.1.市場考察
2.2.前提条件
2.3.制限事項
2.4.略語
2.5.出典
2.6.定義
2.7.地理
3.研究方法
3.1.二次調査
3.2.一次データ収集
3.3.市場形成と検証
3.4.レポート作成、品質チェック、納品
4.英国(UK)マクロ経済指標
5.市場ダイナミクス
5.1.市場促進要因と機会
5.2.市場の阻害要因と課題
5.3.市場動向
5.3.1.XXXX
5.3.2.XXXX
5.3.3.XXXX
5.3.4.XXXX
5.3.5.XXXX
5.4.コビッド19効果
5.5.サプライチェーン分析
5.6.政策と規制の枠組み
5.7.業界専門家の見解
6.イギリス(英国)のホルモン補充療法市場概観
6.1.市場規模(金額ベース
6.2.市場規模および予測、製品タイプ別
6.3.市場規模および予測:投与経路別
6.4.市場規模・予測:疾患タイプ別
6.5.市場規模・予測:流通チャネル別
7.イギリス(UK)のホルモン補充療法市場細分化
7.1.イギリス(英国)のホルモン補充療法市場:製品タイプ別
7.1.1.イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模:エストロゲン&プロゲステロン別、2018年~2029年
7.1.2.イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模:甲状腺別、2018~2029年
7.1.3.イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模:成長期別、2018~2029年
7.1.4.イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模:テストステロン別、2018~2029年
7.1.5.イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模:副甲状腺別、2018~2029年
7.2.イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模:投与経路別
7.2.1.イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模:経口剤別、2018年〜2029年
7.2.2.イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模:非経口剤別、2018年~2029年
7.2.3.イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模:経皮別、2018~2029年
7.2.4.イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模:その他別、2018~2029年
7.3.イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模:疾患タイプ別
7.3.1.イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模:更年期障害別、2018年~2029年
7.3.2.イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模:甲状腺機能低下症別、2018〜2029年
7.3.3.イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模:男性性腺機能低下症別、2018年~2029年
7.3.4.イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模:成長ホルモン欠乏症別、2018~2029年
7.3.5.イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模:副甲状腺機能低下症別、2018~2029年
7.4.イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模:流通経路別
7.4.1.イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模:病院薬局別、2018年~2029年
7.4.2.イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模:小売薬局別、2018年〜2029年
7.4.3.イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模:オンライン薬局別、2018年~2029年
8.イギリス(英国)のホルモン補充療法市場機会評価
8.1.製品タイプ別、2024年~2029年
8.2.投与経路別、2024~2029年
8.3.疾患タイプ別、2024~2029年
8.4.流通チャネル別、2024~2029年
9.競争環境
9.1.ポーターの5つの力
9.2.会社概要
9.2.1.企業1
9.2.1.1.会社概要
9.2.1.2.会社概要
9.2.1.3.財務ハイライト
9.2.1.4.地理的洞察
9.2.1.5.事業セグメントと業績
9.2.1.6.製品ポートフォリオ
9.2.1.7.主要役員
9.2.1.8.戦略的な動きと展開
9.2.2.会社概要
9.2.3.会社3
9.2.4.4社目
9.2.5.5社目
9.2.6.6社
9.2.7.7社
9.2.8.8社
10.戦略的提言
11.免責事項


図表一覧

図1:イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模:金額ベース(2018年、2023年、2029年F)(単位:百万米ドル)
図2:市場魅力度指数(製品タイプ別
図3:市場魅力度指数(投与経路別
図4:市場魅力度指数(疾患タイプ別
図5:市場魅力度指数:流通チャネル別
図6:イギリス(英国)ホルモン補充療法市場のポーターの5つの力


表一覧

表1:ホルモン補充療法市場の影響因子(2023年
表2:イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模・予測:製品タイプ別(2018~2029F)(単位:百万米ドル)
表3:イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模・予測:投与経路別(2018~2029F)(単位:百万米ドル)
表4:イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模・予測:疾患タイプ別(2018~2029F)(単位:百万米ドル)
表5:イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模・予測:流通経路別(2018~2029F)(単位:百万米ドル)
表6:イギリス(英国)のエストロゲン&プロゲステロンのホルモン補充療法市場規模推移予測(2018~2029年)(単位:百万米ドル
表7:イギリス(英国)のホルモン補充療法:甲状腺の市場規模(2018~2029年)(単位:百万米ドル
表8:イギリス(英国)の成長期のホルモン補充療法市場規模(2018~2029年)(百万米ドル
表9:イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模(2018~2029年):テストステロン(百万米ドル
表10:イギリス(英国)の副甲状腺のホルモン補充療法市場規模(2018~2029年)(百万米ドル
表11:イギリス(英国)のホルモン補充療法市場:経口剤(2018~2029年)の市場規模(百万米ドル
表12:イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模(2018~2029年):非経口(百万米ドル
表13:イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模(2018~2029年:経皮)(百万米ドル
表14:イギリス(英国)のホルモン補充療法市場規模(2018~2029年):その他(百万米ドル
表15:イギリス(英国)のホルモン補充療法の更年期障害市場規模(2018~2029年)(百万米ドル
表16:イギリス(英国):甲状腺機能低下症のホルモン補充療法市場規模(2018~2029年)(百万米ドル
表17:イギリス(英国):男性性腺機能低下症のホルモン補充療法市場規模(2018~2029年)(百万米ドル
表18:イギリス(英国)の成長ホルモン分泌不全症のホルモン補充療法市場規模(2018~2029年)(百万米ドル
表19:イギリス(英国):副甲状腺機能低下症のホルモン補充療法市場規模(2018~2029年)(百万米ドル
表20:イギリス(英国):病院薬局のホルモン補充療法市場規模(2018~2029年)(百万米ドル
表21:イギリス(英国):小売薬局のホルモン補充療法市場規模(2018~2029年)(百万米ドル
表22:オンライン薬局のホルモン補充療法市場規模(2018~2029年)(百万米ドル

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Unlike many established HRT markets, the UK is witnessing a fascinating shift in patient demographics. Traditionally associated with treating menopausal symptoms, HRT is increasingly being prescribed for a wider range of conditions. This includes gender dysphoria, where transgender individuals seek hormonal support for gender affirmation. Additionally, a growing body of research suggests potential benefits of HRT in managing conditions like polycystic ovary syndrome (PCOS) and endometriosis, further expanding the patient pool. The UK government's recent introduction of the Hormone Replacement Therapy Prepayment Certificate (HRT PPC) is a major turning point. This initiative tackles a critical barrier to access – cost. By offering a significantly reduced price for a year's supply of HRT medications, the government is directly addressing the supply chain shortages that plagued the market in recent years. This not only improves patient access but also creates a more predictable demand landscape for pharmaceutical companies. The UK healthcare system is embracing telehealth solutions at an accelerated pace. This trend is particularly impactful in the HRT market, as it removes geographical barriers and addresses potential anxieties women might have regarding discussing these issues with a doctor in person. Telehealth consultations offer greater convenience, privacy, and potentially faster access to HRT prescriptions, further fueling market growth. While the current HRT market in the UK is primarily focused on female health, a potentially lucrative niche awaits exploration – testosterone replacement therapy (TRT) for men. With a growing awareness of "low T" symptoms like fatigue, decreased libido, and muscle loss, men are increasingly seeking solutions. This presents a significant opportunity for pharmaceutical companies to develop and market HRT products specifically targeting the male demographic.

According to the research report "The United Kingdom Hormone Replacement Therapy Market Overview, 2029," published by Bonafide Research, the UK Hormone Replacement Therapy market is projected to reach market size of over USD 800 Million by 2029. The hormone replacement therapy (HRT) market in the UK presents a unique set of challenges that are impacting both patients and manufacturers. On the demand side, there has been a significant rise in women seeking HRT, driven by increased awareness of menopausal symptoms and a growing willingness to discuss them. This surge in demand has been further amplified by positive media portrayals and social media discussions around HRT, highlighting its effectiveness in managing symptoms like hot flushes, night sweats, and mood swings. However, this positive trend is overshadowed by a critical supply shortage of HRT medications across the UK. This shortage can be attributed to several factors. Firstly, the manufacturing capacity for certain HRT products hasn't kept pace with the sharp rise in demand. Legacy manufacturing infrastructure and unexpected spikes in specific formulations have resulted in bottlenecks within the supply chain. Secondly, logistical issues and post-Brexit trade regulations have caused further delays in importing HRT medications from the European Union, which was previously a major source for the UK market. These supply constraints have had a domino effect on various stakeholders. Patients are facing difficulties accessing their prescribed HRT medications, leading to frustration, anxiety, and a return of debilitating menopausal symptoms. In some cases, women have resorted to rationing their existing medication, switching to alternative (and potentially less suitable) HRT formulations, or even seeking unregulated sources on the black market, posing significant health risks. This lack of access can also negatively impact a woman's quality of life and productivity at work. From a healthcare professional's standpoint, the HRT shortage presents a challenge in effectively managing their patients' menopausal needs. Clinicians may be forced to spend more time navigating supply issues and exploring alternative treatment options, potentially impacting the quality of consultations and patient care. The current situation also disproportionately affects women in specific demographics. Limited geographical availability of HRT products can create access disparities, particularly for women residing in rural areas or those with limited transportation options. Additionally, a lack of awareness or hesitation around discussing HRT with their GP can further disadvantage certain demographics. Looking ahead, addressing the HRT shortage in the UK requires a multi-pronged approach. Increased investment in domestic manufacturing capabilities for HRT products is crucial to ensure a more stable and responsive supply chain. Streamlining import regulations and procedures can expedite the flow of HRT medications from the EU, while also exploring alternative sourcing options from other reliable suppliers. Public health initiatives promoting awareness about HRT and its benefits are essential to empower women to make informed decisions about their health. Furthermore, educational programs for healthcare professionals can equip them with the latest information on HRT options and best practices for managing patient care during supply shortages.

By product type, Estrogen & Progesterone Replacement Therapy (EPR) dominates the market, catering to the large population of women experiencing menopause. The NHS (National Health Service) plays a crucial role in shaping HRT use, with guidelines advocating for the lowest effective dose and favoring combined estrogen-progesterone therapy for women with an intact uterus. This focus on safety and risk mitigation influences product development and adoption. However, there's a growing interest in alternative options like bioidentical hormones, although their efficacy and long-term safety require further research. Thyroid hormone replacement therapy holds a significant share, addressing the prevalence of hypothyroidism in the UK. Levothyroxine remains the mainstay treatment, with a strong emphasis on generic availability and affordability within the NHS framework. Growth Hormone replacement therapy is a niche segment, primarily used for treating children with growth hormone deficiency. Testosterone Replacement Therapy (TRT) is a growing area, driven by rising awareness of male hypogonadism and its impact on men's health. However, concerns regarding potential side effects and the need for specialist guidance might limit TRT's market expansion. Parathyroid hormone replacement therapy caters to a smaller patient population with hypoparathyroidism. The administration route preference leans towards oral medications, likely due to their affordability, ease of use, and familiarity within the NHS system. However, a rising interest in minimizing side effects, particularly for EPR users, is propelling the transdermal segment forward. Patches, gels, and implants offer a controlled release of hormones, potentially reducing risks associated with high initial peaks experienced with oral medications. Parenteral administration, primarily injections, holds a limited market share but caters to specific patient needs where oral or transdermal options are unsuitable. Disease type significantly influences market segmentation. Menopause remains the primary driver, with a growing population of women aged 50 and above. The NHS plays a crucial role in raising awareness about menopause management options and ensuring equitable access to HRT for all women. Hypothyroidism is another significant segment, with a well-established diagnostic and treatment pathway within the NHS. Conversely, segments like Male hypogonadism and Growth hormone deficiency are smaller due to the lower prevalence of these conditions. Distribution channels are heavily influenced by the NHS structure. Hospital pharmacies hold the largest share, dispensing HRT medications prescribed by specialists for specific patient needs. Retail pharmacies play a role in fulfilling prescriptions for established users with well-managed conditions. However, the emergence of online pharmacies, with their potential for greater convenience and potentially lower costs, is a trend to watch, particularly for specific HRT formulations not readily available through traditional channels. Regulatory oversight and adherence to NHS guidelines will be crucial for online pharmacies to gain wider acceptance within the UK HRT market.

The landscape of hormone replacement therapy (HRT) in the UK is meticulously regulated by the Medicines and Healthcare products Regulatory Agency (MHRA) to ensure patient safety and product efficacy. This translates into a stringent policy and certification framework that shapes the market in several key ways. Firstly, all HRT products in the UK, irrespective of administration route (tablets, gels, patches), are classified as prescription-only medications. This necessitates a consultation with a doctor to assess an individual's suitability for HRT and determine the most appropriate dosage and formulation. This initial evaluation is followed by regular monitoring appointments to track progress and identify any potential side effects. Secondly, the MHRA mandates that all HRT medications undergo rigorous clinical trials to establish their quality, safety, and effectiveness in the targeted population. This data is then meticulously reviewed by the MHRA's Committee on Medicinal Products for Human Use (CMHPU) before a marketing authorization is granted. This authorization specifies the licensed conditions for which the HRT product can be prescribed, along with any limitations or contraindications. Furthermore, the MHRA enforces strict labelling guidelines for HRT medications. These labels must include comprehensive information about the product's ingredients, dosage instructions, potential side effects, and interactions with other medications. This ensures that both healthcare professionals and patients have access to clear and accurate information to guide informed decision-making. Moreover, the National Institute for Health and Care Excellence (NICE) publishes evidence-based clinical guidelines for HRT use in the UK. These guidelines outline best practices for prescribing HRT, including recommendations for patient selection, treatment initiation, monitoring, and duration. While not mandatory, these guidelines hold significant weight and influence prescribing practices within the NHS. Finally, the MHRA actively monitors the safety of HRT medications post-marketing through pharmacovigilance programs. These programs encourage healthcare professionals and patients to report any adverse reactions or unexpected side effects associated with HRT use. The MHRA then analyzes this data to identify any potential safety concerns and implements necessary regulatory actions, which may include modifying product labelling, restricting use, or even suspending marketing authorization in extreme cases.

Considered in this report
• Historic year: 2018
• Base year: 2023
• Estimated year: 2024
• Forecast year: 2029

Aspects covered in this report
• Hormone Replacement Therapy market Outlook with its value and forecast along with its segments
• Various drivers and challenges
• On-going trends and developments
• Top profiled companies
• Strategic recommendation

By Product Type
• Estrogenic & Progesterone Replacement Therapy
• Thyroid hormone replacement therapy
• Growth Hormone replacement therapy
• Testosterone Replacement Therapy
• Parathyroid Hormone Replacement

By Route of Administration
• Oral
• Parenteral
• Transdermal
• Others

By Diseases Type
• Menopause
• Hypothyroidism
• Male hypogonadism
• Growth hormone deficiency
• Hyperparathyroidism

By Distribution Channel
• Hospital pharmacies
• Retail pharmacies
• Online pharmacies

The approach of the report:
This report consists of a combined approach of primary and secondary research. Initially, secondary research was used to get an understanding of the market and list the companies that are present in it. The secondary research consists of third-party sources such as press releases, annual reports of companies, and government-generated reports and databases. After gathering the data from secondary sources, primary research was conducted by conducting telephone interviews with the leading players about how the market is functioning and then conducting trade calls with dealers and distributors of the market. Post this; we have started making primary calls to consumers by equally segmenting them in regional aspects, tier aspects, age group, and gender. Once we have primary data with us, we can start verifying the details obtained from secondary sources.

Intended audience
This report can be useful to industry consultants, manufacturers, suppliers, associations, and organizations related to the Hormone Replacement Therapy industry, government bodies, and other stakeholders to align their market-centric strategies. In addition to marketing and presentations, it will also increase competitive knowledge about the industry.



ページTOPに戻る


Table of Contents

Table of Contents

1. Executive Summary
2. Market Structure
2.1. Market Considerate
2.2. Assumptions
2.3. Limitations
2.4. Abbreviations
2.5. Sources
2.6. Definitions
2.7. Geography
3. Research Methodology
3.1. Secondary Research
3.2. Primary Data Collection
3.3. Market Formation & Validation
3.4. Report Writing, Quality Check & Delivery
4. United Kingdom (UK) Macro Economic Indicators
5. Market Dynamics
5.1. Market Drivers & Opportunities
5.2. Market Restraints & Challenges
5.3. Market Trends
5.3.1. XXXX
5.3.2. XXXX
5.3.3. XXXX
5.3.4. XXXX
5.3.5. XXXX
5.4. Covid-19 Effect
5.5. Supply chain Analysis
5.6. Policy & Regulatory Framework
5.7. Industry Experts Views
6. United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Overview
6.1. Market Size By Value
6.2. Market Size and Forecast, By Product Type
6.3. Market Size and Forecast, By Route of Administration
6.4. Market Size and Forecast, By Diseases Type
6.5. Market Size and Forecast, By Distribution Channel
7. United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Segmentations
7.1. United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market, By Product Type
7.1.1. United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size, By Estrogen & Progesterone, 2018-2029
7.1.2. United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size, By Thyroid, 2018-2029
7.1.3. United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size, By Growth, 2018-2029
7.1.4. United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size, By Testosterone, 2018-2029
7.1.5. United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size, By Parathyroid, 2018-2029
7.2. United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market, By Route of Administration
7.2.1. United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size, By Oral, 2018-2029
7.2.2. United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size, By Parenteral, 2018-2029
7.2.3. United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size, By Transdermal, 2018-2029
7.2.4. United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size, By Others, 2018-2029
7.3. United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market, By Diseases Type
7.3.1. United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size, By Menopause, 2018-2029
7.3.2. United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size, By Hypothyroidism, 2018-2029
7.3.3. United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size, By Male hypogonadism, 2018-2029
7.3.4. United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size, By Growth hormone deficiency, 2018-2029
7.3.5. United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size, By Hypoparathyroidism, 2018-2029
7.4. United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market, By Distribution Channel
7.4.1. United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size, By Hospital pharmacies, 2018-2029
7.4.2. United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size, By Retail pharmacies, 2018-2029
7.4.3. United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size, By Online pharmacies, 2018-2029
8. United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Opportunity Assessment
8.1. By Product Type, 2024 to 2029
8.2. By Route of Administration, 2024 to 2029
8.3. By Diseases Type, 2024 to 2029
8.4. By Distribution Channel, 2024 to 2029
9. Competitive Landscape
9.1. Porter's Five Forces
9.2. Company Profile
9.2.1. Company 1
9.2.1.1. Company Snapshot
9.2.1.2. Company Overview
9.2.1.3. Financial Highlights
9.2.1.4. Geographic Insights
9.2.1.5. Business Segment & Performance
9.2.1.6. Product Portfolio
9.2.1.7. Key Executives
9.2.1.8. Strategic Moves & Developments
9.2.2. Company 2
9.2.3. Company 3
9.2.4. Company 4
9.2.5. Company 5
9.2.6. Company 6
9.2.7. Company 7
9.2.8. Company 8
10. Strategic Recommendations
11. Disclaimer


List of Figures

Figure 1: United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size By Value (2018, 2023 & 2029F) (in USD Million)
Figure 2: Market Attractiveness Index, By Product Type
Figure 3: Market Attractiveness Index, By Route of Administration
Figure 4: Market Attractiveness Index, By Diseases Type
Figure 5: Market Attractiveness Index, By Distribution Channel
Figure 6: Porter's Five Forces of United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market


List of Tables

Table 1: Influencing Factors for Hormone Replacement Therapy Market, 2023
Table 2: United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size and Forecast, By Product Type (2018 to 2029F) (In USD Million)
Table 3: United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size and Forecast, By Route of Administration (2018 to 2029F) (In USD Million)
Table 4: United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size and Forecast, By Diseases Type (2018 to 2029F) (In USD Million)
Table 5: United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size and Forecast, By Distribution Channel (2018 to 2029F) (In USD Million)
Table 6: United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size of Estrogen & Progesterone (2018 to 2029) in USD Million
Table 7: United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size of Thyroid (2018 to 2029) in USD Million
Table 8: United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size of Growth (2018 to 2029) in USD Million
Table 9: United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size of Testosterone (2018 to 2029) in USD Million
Table 10: United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size of Parathyroid (2018 to 2029) in USD Million
Table 11: United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size of Oral (2018 to 2029) in USD Million
Table 12: United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size of Parenteral (2018 to 2029) in USD Million
Table 13: United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size of Transdermal (2018 to 2029) in USD Million
Table 14: United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size of Others (2018 to 2029) in USD Million
Table 15: United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size of Menopause (2018 to 2029) in USD Million
Table 16: United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size of Hypothyroidism (2018 to 2029) in USD Million
Table 17: United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size of Male hypogonadism (2018 to 2029) in USD Million
Table 18: United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size of Growth hormone deficiency (2018 to 2029) in USD Million
Table 19: United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size of Hypoparathyroidism (2018 to 2029) in USD Million
Table 20: United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size of Hospital pharmacies (2018 to 2029) in USD Million
Table 21: United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size of Retail pharmacies (2018 to 2029) in USD Million
Table 22: United Kingdom (UK) Hormone Replacement Therapy Market Size of Online pharmacies (2018 to 2029) in USD Million

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります


よくあるご質問


Bonafide Research & Marketing Pvt. Ltd.社はどのような調査会社ですか?


Bonafide Research & Marketing Pvt. Ltd.は、最新の経済、人口統計、貿易、市場データを提供する市場調査・コンサルティング会社です。調査レポート、カスタムレポート、コ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/24 10:26

156.87 円

170.56 円

205.01 円

ページTOPに戻る