世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

フランスホルモン補充療法市場概観、2029年


France Hormone Replacement Therapy Market Overview, 2029

フランスのホルモン補充療法(HRT)市場は、魅力的な変貌を遂げつつある。以前は安全性への懸念が熱意を削いでいたが、ユニークな要因が重なり、復活を後押ししている。第一に、フランスは更年期や閉経を迎える女... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Bonafide Research & Marketing Pvt. Ltd.
ボナファイドリサーチ
2024年4月30日 US$2,250
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
73 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。


 

サマリー

フランスのホルモン補充療法(HRT)市場は、魅力的な変貌を遂げつつある。以前は安全性への懸念が熱意を削いでいたが、ユニークな要因が重なり、復活を後押ししている。第一に、フランスは更年期や閉経を迎える女性の人口が多く、急速に増加している。2030年までに、1300万人以上のフランス人女性が50歳以上となり、HRTの主要人口層となる。この "シルバーマーケット "は、更年期障害の解決策を求める潜在的な患者の、未開拓の大きな井戸である。第二に、ヘルステックやオンライン診察に慣れ親しんだデジタル・ネイティブである新世代のフランス人女性が、文化的な変化をもたらしている。彼女たちは、以前の世代に比べて、HRTの選択肢についてより多くの情報を得ており、潜在的なリスクに対する不安も少ない。このハイテクに精通した層は、遠隔医療プラットフォームやオンライン・リソースを容易に受け入れ、便利で利用しやすいHRTソリューションのための肥沃な土壌を作り出している。第三に、最近、更年期症状に対するカンナビノイドベースの治療法が開発され、興味をそそられている。研究では、カンナビジオール(CBD)が、HRTの一般的な懸念事項であるほてり、不安、睡眠障害を緩和する可能性が示唆されている。この新しい領域は、代替的あるいは補完的なHRTアプローチを求める新たな患者層を惹きつける可能性を秘めている。

Bonafide Research社の調査レポート「フランスのホルモン補充療法市場概観、2029年」によると、フランスのホルモン補充療法市場は2024年から2029年にかけて3億8000万米ドル以上の市場規模が予測されています。フランスのホルモン補充療法(HRT)市場は、製薬企業にとってユニークな課題を抱えている。欧州全体では高齢化と更年期症状に対する意識の高まりからHRTの成長が見込まれているが、フランスは近隣諸国に遅れをとっている。これは、フランスの医療制度に特有の要因、文化的態度、2000年代初頭に発生した大規模な健康不安の後に残る安全性への懸念などが複雑に絡み合っているためである。まず、フランスの医療制度は予防医療を重視している。このため、医師はHRTの処方に消極的で、HRTは予防的な手段というよりは、現存する症状に対する治療とみなされることが多い。さらに、HRTの償還手続きは複雑で時間がかかるため、一部の医師はHRTを安易に勧めたがらない。第二に、加齢や更年期に対する文化的な考え方が大きく影響している。フランス人女性は自然な老化プロセスを受け入れる傾向があり、更年期症状を軽視することがある。また、社会的な美の基準もヨーロッパの他の地域とは異なり、より自然な外見が重視されるため、身体の変化に対する解決策を求めるプレッシャーが少ない可能性がある。第三に、メディエーター・スキャンダルの長い影がいまだに大きく立ちはだかっている。メディエーターは、合成エストロゲン誘導体を含む減量薬で、2000年代初頭に数千件の心臓弁損傷につながった。その結果、世間はホルモン療法に深い不信感を抱くようになり、HRTの処方は激減した。近年、新たな安全性データが出てきたとはいえ、患者と医療従事者の双方からの信頼を回復することは、依然として継続的な課題である。さらに、フランスの規制上のハードルが、製薬会社が新しいHRT製品を導入することを困難にしている。長い承認プロセスと厳しい安全性要件が市場参入を遅らせ、技術革新を妨げ、フランス人女性の治療選択肢を狭めている。こうした課題にもかかわらず、フランスのHRT市場には希望の光が見えている。骨粗鬆症や骨折のリスクの減少など、HRTの長期的な健康上の利点が強調される研究が増えている。医師と患者の双方を対象とした教育キャンペーンにより、HRTを取り巻く偏見が徐々に取り除かれつつある。さらに、バイオアイデンティカル・ホルモンへの関心が高まっており、合成ホルモンに代わる安全な選択肢として認識する患者もいる。

エストロゲン&プロゲステロン補充療法(EPT)は、女性の高齢化人口の多さと更年期症状に対する意識の高まりから、市場を支配している。フランスの女性は世界平均に比べて閉経が遅い(51歳前後)傾向にあるが、EPTの需要は依然として大きい。EPTの併用療法は人気があるが、従来のHRTの潜在的な副作用に対する懸念から、選択的エストロゲン受容体モジュレーター(SERM)や選択的アンドロゲン受容体モジュレーター(SARM)への関心が高まっている。男性ホルモン補充療法(TRT)は、テストステロンレベルが低い男性性腺機能低下症の診断が増えているため、大きな伸びを示している。ここで、フランスの医療専門家は、経口剤では肝臓合併症の可能性が懸念されるため、注射用テストステロンを好んで使用することが多い。しかし、近隣のヨーロッパ諸国に比べ、TRTに関す る規制が厳しいため、市場シェアは限られるかもしれない。成長ホルモン(GH)補充療法と副甲状腺ホルモン(PTH)補充療法は、特殊であまり普及していない病状のため、フランスではニッチな分野である。フランスでは、特にEPRに関しては、依然として経口薬が最も好まれている。これは、患者が慣れ親しんでいること、使いやすいこと、他の選択肢に比べてコストが低いことによる。しかし、経皮パッチやジェルは、特に経口HRTに伴う血栓のような副作用を経験している女性の間で支持を集めている。非経口投与、典型的には注射は、テストステロン補充療法や正確な投与量管理が必要な特定の成長ホルモン欠乏症に使用される。更年期はフランスのHRT市場の主要な牽引役である。50歳以上の女性の数が増加しており、ほてり、膣の乾燥、その他の更年期症状を管理する製品に対する需要は大きい。公的医療機関での議論や婦人科での診察は、HRTについてよりオープンになりつつあり、診断や治療実施の増加につながる可能性がある。甲状腺機能低下症も主要な疾患のひとつであり、フランスはこの疾患の有病率が高い。合成甲状腺ホルモンであるレボチロキシンが治療の中心であり、薬局を通じた流通網が確立している。男性性腺機能低下症は成長分野であり、認知度の向上が診断件数の増加とTRT処方の増加につながっている。フランスでは病院薬局がHRTの主な供給源であり、特に注射剤や専門医の指導を必要とする特殊な病態のための薬剤が多い。小売薬局は、特に内服薬と処方箋の補充において、依然として重要なチャネルである。しかし、オンライン薬局は、利便性、価格比較、慎重なアクセスにより、人気が急上昇している。フランスでは、製品の安全性と患者の福利厚生を確保するため、厳しい規制がオンライン薬局を管理している。フランスの消費者がオンライン・ヘルスケアの選択肢をより快適に利用するようになるにつれ、この分野は着実に成長すると予想される。

フランスのホルモン補充療法(HRT)市場は、医薬品・健康食品安全庁(ANSM)が監督する厳しい規制が特徴である。この枠組みは、エストロゲンとプロゲステロンの両方をベースとする療法の市場ダイナミクスと製品の入手可能性に大きな影響を与え、国内生産と輸入の両方に影響を与えている。まず、フランスにおけるHRT薬の販売承認は、欧州医薬品庁(EMA)のガイドラインに従っている。このため、特に長期的なリスクプロファイルに重点を置いて、有効性と安全性を実証する徹底的な臨床試験が必要となる。その後、ANSMが国内評価を行い、フランスの医療制度や患者集団の特殊な状況の中で、潜在的なベネフィットとリスクについて綿密にデータを検討する。この評価には時間がかかり、他の欧州市場に比べて製品参入が遅れる可能性がある。第二に、フランスは近隣諸国と異なり、HRTの処方と償還に制限を課している。エストロゲン単独療法は、一般に国民健康保険制度では償還されないため、国民のかなりの部分にとって購入可能な価格が制限されている。しかし、エストロゲンとプロゲステロンの両方を含む複合HRTは、特定の条件下で保険償還を受けることができる。これらの条件は、医療の質と安全性に関する国家機関であるフランス保健省(HAS)が定めた勧告とガイドラインに概説されている。HASのガイドラインは、女性の年齢、更年期症状、既往歴などの要素を規定しており、払い戻し可能なHRTの処方箋が発行される前に、これらすべてを考慮しなければならない。このアプローチは、特定のホルモン療法に関連する潜在的な長期的健康リスクを考慮し、HRTが明らかに恩恵を受ける女性に、慎重に使用されることを保証することを目的としている。第三に、フランスでは、HRT薬に関する厳格なファーマコビジランス規制が実施されている。これは、市販後の製品の安全性を監視するための強固なシステムである。医療従事者は、HRTを使用している患者が経験した有害事象をANSMに報告することが義務付けられている。このデータは綿密に分析され、安全性に関する潜在的な懸念が特定され、今後の規制当局の決定に反映される。さらにANSMは、HRT薬の長期安全性をさらに評価するために市販後調査を実施することができる。このようなファーマコビジランスの重視は、フランスでHRTを受ける患者の安全確保に役立っている。

本レポートの考察
- 歴史的な年2018
- 基準年2023
- 推定年2024
- 予測年2029

本レポートの対象分野
- ホルモン補充療法市場の展望とその価値とセグメント別予測
- 様々な推進要因と課題
- 進行中のトレンドと開発
- 注目企業
- 戦略的提言

製品タイプ別
- エストロゲン&プロゲステロン補充療法
- 甲状腺ホルモン補充療法
- 成長ホルモン補充療法
- 男性ホルモン補充療法
- 副甲状腺ホルモン補充療法

投与経路別
- 経口
- 非経口
- 経皮
- その他

疾患別
- 更年期障害
- 甲状腺機能低下症
- 男性性腺機能低下症
- 成長ホルモン分泌不全症
- 副甲状腺機能亢進症

流通チャネル別
- 病院薬局
- 小売薬局
- オンライン薬局

レポートのアプローチ
本レポートは一次調査と二次調査を組み合わせたアプローチで構成されている。まず、市場を理解し、そこに存在する企業をリストアップするために二次調査を行った。二次調査は、プレスリリース、企業の年次報告書、政府が作成した報告書やデータベースなどの第三者情報源から成る。二次情報源からデータを収集した後、一次調査は、市場がどのように機能しているかについて主要プレーヤーに電話インタビューを行い、市場のディーラーやディストリビューターと取引コールを行うことによって実施した。その後、消費者を地域別、階層別、年齢層別、性別に均等にセグメンテーションし、一次調査を開始した。一次データを入手したら、二次ソースから得た詳細の検証を開始することができる。

対象読者
本レポートは、ホルモン補充療法業界に関連する業界コンサルタント、メーカー、サプライヤー、団体、組織、政府機関、その他の利害関係者が、市場中心の戦略を調整するのに役立ちます。マーケティングやプレゼンテーションに加え、業界に関する競合知識を高めることもできます。


ページTOPに戻る


目次

目次

1.要旨
2.市場構造
2.1.市場考察
2.2.前提条件
2.3.制限事項
2.4.略語
2.5.出典
2.6.定義
2.7.地理
3.研究方法
3.1.二次調査
3.2.一次データ収集
3.3.市場形成と検証
3.4.レポート作成、品質チェック、納品
4.フランスのマクロ経済指標
5.市場ダイナミクス
5.1.市場促進要因と機会
5.2.市場の阻害要因と課題
5.3.市場動向
5.3.1.XXXX
5.3.2.XXXX
5.3.3.XXXX
5.3.4.XXXX
5.3.5.XXXX
5.4.コビッド19効果
5.5.サプライチェーン分析
5.6.政策と規制の枠組み
5.7.業界専門家の見解
6.フランスのホルモン補充療法市場概観
6.1.市場規模(金額ベース
6.2.市場規模および予測、製品タイプ別
6.3.市場規模および予測:投与経路別
6.4.市場規模・予測:疾患タイプ別
6.5.市場規模・予測:流通チャネル別
7.フランスのホルモン補充療法市場細分化
7.1.フランスのホルモン補充療法市場:製品タイプ別
7.1.1.フランスのホルモン補充療法市場規模:エストロゲン&プロゲステロン別、2018年〜2029年
7.1.2.フランスホルモン補充療法市場規模:甲状腺別、2018年〜2029年
7.1.3.フランスホルモン補充療法の市場規模:成長期別、2018年~2029年
7.1.4.フランスホルモン補充療法の市場規模:テストステロン別、2018~2029年
7.1.5.フランスホルモン補充療法の市場規模:副甲状腺別、2018年~2029年
7.2.フランスのホルモン補充療法市場規模:投与経路別
7.2.1.フランスのホルモン補充療法市場規模:経口剤別、2018年〜2029年
7.2.2.フランスホルモン補充療法市場規模:非経口剤別、2018年〜2029年
7.2.3.フランスホルモン補充療法の市場規模:経皮:2018年-2029年
7.2.4.フランスホルモン補充療法の市場規模:その他:2018年-2029年
7.3.フランスホルモン補充療法市場規模:疾患タイプ別
7.3.1.フランスのホルモン補充療法市場規模:更年期障害別、2018年〜2029年
7.3.2.フランスホルモン補充療法市場規模:甲状腺機能低下症別、2018年〜2029年
7.3.3.フランスホルモン補充療法の市場規模:男性性腺機能低下症別、2018年~2029年
7.3.4.フランスホルモン補充療法の市場規模:成長ホルモン欠乏症別、2018~2029年
7.3.5.フランスホルモン補充療法の市場規模:副甲状腺機能低下症別、2018年~2029年
7.4.フランスのホルモン補充療法市場規模:流通経路別
7.4.1.フランスのホルモン補充療法市場規模:病院薬局別、2018年~2029年
7.4.2.フランスホルモン補充療法市場規模:小売薬局別、2018年〜2029年
7.4.3.フランスホルモン補充療法の市場規模:オンライン薬局別、2018年~2029年
8.フランスのホルモン補充療法市場機会評価
8.1.製品タイプ別、2024年〜2029年
8.2.投与経路別、2024~2029年
8.3.疾患タイプ別、2024~2029年
8.4.流通チャネル別、2024~2029年
9.競争環境
9.1.ポーターの5つの力
9.2.会社概要
9.2.1.企業1
9.2.1.1.会社概要
9.2.1.2.会社概要
9.2.1.3.財務ハイライト
9.2.1.4.地理的洞察
9.2.1.5.事業セグメントと業績
9.2.1.6.製品ポートフォリオ
9.2.1.7.主要役員
9.2.1.8.戦略的な動きと展開
9.2.2.会社概要
9.2.3.会社3
9.2.4.4社目
9.2.5.5社目
9.2.6.6社
9.2.7.7社
9.2.8.8社
10.戦略的提言
11.免責事項


図表一覧

図1:フランスのホルモン補充療法市場規模:金額ベース(2018年、2023年、2029年F)(単位:百万米ドル)
図2:市場魅力度指数(製品タイプ別
図3:市場魅力度指数(投与経路別
図4:市場魅力度指数(疾患タイプ別
図5:市場魅力度指数:流通チャネル別
図6:フランスホルモン補充療法市場のポーターの5つの力


表一覧

表1:ホルモン補充療法市場の影響因子(2023年
表2:フランスホルモン補充療法市場規模・予測:製品タイプ別(2018~2029F)(単位:百万米ドル)
表3:フランスホルモン補充療法市場規模・予測:投与経路別(2018~2029F)(単位:百万米ドル)
表4:フランスホルモン補充療法の市場規模・予測:疾患タイプ別(2018~2029F)(単位:百万米ドル)
表5:フランスホルモン補充療法の市場規模・予測:流通経路別(2018~2029F)(単位:百万米ドル)
表6:フランスのホルモン補充療法市場フランスのホルモン補充療法市場規模:エストロゲン&プロゲステロン(2018~2029年)(単位:百万米ドル
表7:フランスのホルモン補充療法:甲状腺の市場規模(2018~2029年)(単位:百万米ドル
表8:フランスのホルモン補充療法の成長市場規模(2018~2029年)(百万米ドル
表9:フランスのホルモン補充療法市場規模(2018~2029年):テストステロン(百万米ドル
表10:フランスのホルモン補充療法市場規模:副甲状腺(2018~2029年)(百万米ドル
表11:フランスのホルモン補充療法市場:経口剤(2018~2029年)の規模(百万米ドル
表12:フランスのホルモン補充療法市場規模(2018~2029年):非経口(百万米ドル
表13:フランスの経皮ホルモン補充療法市場規模(2018~2029年)(百万米ドル
表14:フランスのホルモン補充療法市場規模:その他(2018~2029年)(百万米ドル
表15:フランスのホルモン補充療法市場:更年期障害(2018~2029年)の市場規模(百万米ドル
表16:フランスのホルモン補充療法:甲状腺機能低下症の市場規模(2018~2029年)(百万米ドル
表17:フランス:男性性腺機能低下症のホルモン補充療法市場規模(2018~2029年)(百万米ドル
表18:フランス 成長ホルモン分泌不全症のホルモン補充療法市場規模(2018~2029年)(百万米ドル
表19:フランス:副甲状腺機能低下症のホルモン補充療法市場規模(2018~2029年)(百万米ドル
表20:フランス ホルモン補充療法の病院薬局市場規模(2018~2029年)(百万米ドル
表21:フランス 小売薬局のホルモン補充療法市場規模(2018~2029年)(百万米ドル
表22:フランス ホルモン補充療法のオンライン薬局市場規模(2018年~2029年)(百万米ドル

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The French hormone replacement therapy (HRT) market is undergoing a fascinating metamorphosis. While concerns about safety previously dampened enthusiasm, a confluence of unique factors is propelling a resurgence. Firstly, France boasts a large and rapidly growing demographic of women entering perimenopause and menopause. By 2030, over 13 million French women will be aged 50 or above, a prime demographic for HRT. This "silver market" represents a significant, untapped well of potential patients seeking solutions for menopausal symptoms. Secondly, a new generation of French women, digital natives comfortable with health tech and online consultations, are driving a cultural shift. They are more informed about HRT options and less apprehensive about potential risks compared to previous generations. This tech-savvy demographic readily embraces telehealth platforms and online resources, creating a fertile ground for convenient and accessible HRT solutions. Thirdly, a recent and intriguing development is the exploration of cannabinoid-based therapies for menopausal symptoms. Studies suggest cannabidiol (CBD) may offer relief from hot flashes, anxiety, and sleep disturbances, common HRT concerns. This nascent area holds promise for attracting a new segment of patients seeking alternative or complementary HRT approaches.

According to the research report "France Hormone Replacement Therapy Market Overview, 2029," published by Bonafide Research, the French Hormone Replacement Therapy market is projected to add over USD 380 Million from 2024 to 2029. The hormone replacement therapy (HRT) market in France presents a unique set of challenges for pharmaceutical companies. While Europe as a whole is expected to see a growth in HRT due to an aging population and rising awareness of menopausal symptoms, France lags behind its neighbors. This is due to a complex interplay of factors specific to the French healthcare system, cultural attitudes, and lingering safety concerns following a major health scare in the early 2000s. Firstly, the French healthcare system heavily emphasizes a preventative approach to medicine. This can lead to a reluctance among doctors to prescribe HRT, which is often seen as a treatment for existing symptoms rather than a preventative measure. Additionally, the reimbursement process for HRT can be complex and time-consuming, further discouraging some doctors from readily recommending it. Secondly, cultural attitudes towards aging and menopause play a significant role. French women tend to be more accepting of the natural aging process and may downplay menopausal symptoms. Societal beauty standards also differ from other parts of Europe, with a focus on a more natural look, potentially leading to less pressure to seek solutions for physical changes. Thirdly, the long shadow of the Mediator scandal still looms large. Mediator, a weight-loss drug containing a synthetic estrogen derivative, was linked to thousands of cases of heart valve damage in the early 2000s. This resulted in a deep public distrust of hormone therapies, and HRT prescriptions plummeted. While new safety data has emerged in recent years, rebuilding trust with both patients and healthcare professionals remains an ongoing challenge. Furthermore, French regulatory hurdles can make it difficult for pharmaceutical companies to introduce new HRT products. The lengthy approval process and stringent safety requirements can delay market entry, hindering innovation and limiting treatment options for French women. Despite these challenges, there are glimmers of hope for the HRT market in France. A growing body of research is highlighting the long-term health benefits of HRT, such as a reduced risk of osteoporosis and fractures. Educational campaigns targeted at both doctors and patients are slowly chipping away at the stigma surrounding HRT. Additionally, there is an increasing interest in bioidentical hormones, which some patients perceive as a safer alternative to synthetic options.

Estrogen & Progesterone Replacement Therapy (EPT) dominates the market due to a large aging female population and rising awareness of menopause symptoms. French women tend to experience menopause later (around 51 years old) compared to the global average, but the demand for EPT is still significant. While combination EPT is popular, there's a growing interest in selective estrogen receptor modulators (SERMs) and selective androgen receptor modulators (SARMs) due to concerns about potential side effects of traditional HRT. Testosterone Replacement Therapy (TRT) is experiencing significant growth due to increasing diagnosis of male hypogonadism, a condition with low testosterone levels. Here, French healthcare professionals often favor injectable testosterone due to concerns over potential liver complications with oral formulations. However, stricter regulations around TRT compared to some neighboring European countries might limit its market share. Growth Hormone (GH) replacement therapy and Parathyroid Hormone (PTH) replacement therapy are niche segments in France due to their specific and less prevalent medical conditions. Oral medication remains the most preferred route in France, particularly for EPR. This is due to patient familiarity, ease of use, and lower costs compared to other options. However, transdermal patches and gels are gaining traction, especially among women experiencing side effects like blood clots associated with oral HRT. Parenteral administration, typically injections, is used for testosterone replacement therapy and specific growth hormone deficiencies requiring precise dosing control. Menopause is the primary driver of the French HRT market. With a growing number of women over 50, the demand for products managing hot flashes, vaginal dryness, and other menopausal symptoms is significant. Public healthcare discussions and gynecological consultations are becoming more open about HRT, potentially leading to increased diagnoses and treatment uptake. Hypothyroidism is another major segment, with France having a high prevalence of the condition. Levothyroxine, a synthetic thyroid hormone, is the mainstay of treatment, with a well-established distribution network through pharmacies. Male hypogonadism is a growing area, with increased awareness leading to more diagnoses and a rise in TRT prescriptions. Hospital pharmacies are the primary source for HRT in France, particularly injectables and medications for specific conditions requiring specialist supervision. Retail pharmacies remain a crucial channel, especially for oral medications and refilling prescriptions. However, online pharmacies are experiencing a surge in popularity, driven by convenience, price comparisons, and discreet access. Stringent regulations govern online pharmacies in France to ensure product safety and patient well-being. This segment is expected to grow steadily as French consumers become more comfortable with online healthcare options.

France's hormone replacement therapy (HRT) market is characterized by a stringent regulatory landscape overseen by the National Agency for the Safety of Medicines and Health Products (ANSM). This framework heavily influences market dynamics and product availability for both estrogen and progesterone-based therapies, impacting both domestic production and imports. Firstly, marketing authorization for HRT medications in France follows the European Medicines Agency (EMA) guidelines. This necessitates thorough clinical trials demonstrating efficacy and safety, with a particular focus on long-term risk profiles. The ANSM then conducts a national evaluation, meticulously examining the data for potential benefits and risks within the specific context of the French healthcare system and patient population. This evaluation can be a lengthy process, potentially delaying product entry compared to other European markets. Secondly, unlike some neighboring countries, France imposes restrictions on the prescription and reimbursement of HRT. Estrogen-only therapies are generally not reimbursed by the national health insurance system, limiting their affordability for a significant portion of the population. Combination HRT containing both estrogen and progesterone, however, can be reimbursed under specific conditions. These conditions are outlined in recommendations and guidelines established by the French Health Haute Autorité (HAS), the national authority for health care quality and safety. The HAS guidelines dictate factors such as the woman's age, menopausal symptoms, and medical history, all of which must be considered before a prescription for reimbursed HRT is issued. This approach aims to ensure that HRT is used judiciously and for women who will demonstrably benefit, considering the potential long-term health risks associated with certain hormone therapies. Thirdly, France enforces strict pharmacovigilance regulations on HRT medications. This translates to a robust system for monitoring the safety of these products once they are on the market. Healthcare professionals are mandated to report any adverse events experienced by patients using HRT to the ANSM. This data is then meticulously analyzed to identify any potential safety concerns and inform future regulatory decisions. Additionally, the ANSM can conduct post-marketing studies to further evaluate the long-term safety of HRT medications. This emphasis on pharmacovigilance helps to ensure the safety of patients undergoing HRT in France.

Considered in this report
• Historic year: 2018
• Base year: 2023
• Estimated year: 2024
• Forecast year: 2029

Aspects covered in this report
• Hormone Replacement Therapy market Outlook with its value and forecast along with its segments
• Various drivers and challenges
• On-going trends and developments
• Top profiled companies
• Strategic recommendation

By Product Type
• Estrogenic & Progesterone Replacement Therapy
• Thyroid hormone replacement therapy
• Growth Hormone replacement therapy
• Testosterone Replacement Therapy
• Parathyroid Hormone Replacement

By Route of Administration
• Oral
• Parenteral
• Transdermal
• Others

By Diseases Type
• Menopause
• Hypothyroidism
• Male hypogonadism
• Growth hormone deficiency
• Hyperparathyroidism

By Distribution Channel
• Hospital pharmacies
• Retail pharmacies
• Online pharmacies

The approach of the report:
This report consists of a combined approach of primary and secondary research. Initially, secondary research was used to get an understanding of the market and list the companies that are present in it. The secondary research consists of third-party sources such as press releases, annual reports of companies, and government-generated reports and databases. After gathering the data from secondary sources, primary research was conducted by conducting telephone interviews with the leading players about how the market is functioning and then conducting trade calls with dealers and distributors of the market. Post this; we have started making primary calls to consumers by equally segmenting them in regional aspects, tier aspects, age group, and gender. Once we have primary data with us, we can start verifying the details obtained from secondary sources.

Intended audience
This report can be useful to industry consultants, manufacturers, suppliers, associations, and organizations related to the Hormone Replacement Therapy industry, government bodies, and other stakeholders to align their market-centric strategies. In addition to marketing and presentations, it will also increase competitive knowledge about the industry.



ページTOPに戻る


Table of Contents

Table of Contents

1. Executive Summary
2. Market Structure
2.1. Market Considerate
2.2. Assumptions
2.3. Limitations
2.4. Abbreviations
2.5. Sources
2.6. Definitions
2.7. Geography
3. Research Methodology
3.1. Secondary Research
3.2. Primary Data Collection
3.3. Market Formation & Validation
3.4. Report Writing, Quality Check & Delivery
4. France Macro Economic Indicators
5. Market Dynamics
5.1. Market Drivers & Opportunities
5.2. Market Restraints & Challenges
5.3. Market Trends
5.3.1. XXXX
5.3.2. XXXX
5.3.3. XXXX
5.3.4. XXXX
5.3.5. XXXX
5.4. Covid-19 Effect
5.5. Supply chain Analysis
5.6. Policy & Regulatory Framework
5.7. Industry Experts Views
6. France Hormone Replacement Therapy Market Overview
6.1. Market Size By Value
6.2. Market Size and Forecast, By Product Type
6.3. Market Size and Forecast, By Route of Administration
6.4. Market Size and Forecast, By Diseases Type
6.5. Market Size and Forecast, By Distribution Channel
7. France Hormone Replacement Therapy Market Segmentations
7.1. France Hormone Replacement Therapy Market, By Product Type
7.1.1. France Hormone Replacement Therapy Market Size, By Estrogen & Progesterone, 2018-2029
7.1.2. France Hormone Replacement Therapy Market Size, By Thyroid, 2018-2029
7.1.3. France Hormone Replacement Therapy Market Size, By Growth, 2018-2029
7.1.4. France Hormone Replacement Therapy Market Size, By Testosterone, 2018-2029
7.1.5. France Hormone Replacement Therapy Market Size, By Parathyroid, 2018-2029
7.2. France Hormone Replacement Therapy Market, By Route of Administration
7.2.1. France Hormone Replacement Therapy Market Size, By Oral, 2018-2029
7.2.2. France Hormone Replacement Therapy Market Size, By Parenteral, 2018-2029
7.2.3. France Hormone Replacement Therapy Market Size, By Transdermal, 2018-2029
7.2.4. France Hormone Replacement Therapy Market Size, By Others, 2018-2029
7.3. France Hormone Replacement Therapy Market, By Diseases Type
7.3.1. France Hormone Replacement Therapy Market Size, By Menopause, 2018-2029
7.3.2. France Hormone Replacement Therapy Market Size, By Hypothyroidism, 2018-2029
7.3.3. France Hormone Replacement Therapy Market Size, By Male hypogonadism, 2018-2029
7.3.4. France Hormone Replacement Therapy Market Size, By Growth hormone deficiency, 2018-2029
7.3.5. France Hormone Replacement Therapy Market Size, By Hypoparathyroidism, 2018-2029
7.4. France Hormone Replacement Therapy Market, By Distribution Channel
7.4.1. France Hormone Replacement Therapy Market Size, By Hospital pharmacies, 2018-2029
7.4.2. France Hormone Replacement Therapy Market Size, By Retail pharmacies, 2018-2029
7.4.3. France Hormone Replacement Therapy Market Size, By Online pharmacies, 2018-2029
8. France Hormone Replacement Therapy Market Opportunity Assessment
8.1. By Product Type, 2024 to 2029
8.2. By Route of Administration, 2024 to 2029
8.3. By Diseases Type, 2024 to 2029
8.4. By Distribution Channel, 2024 to 2029
9. Competitive Landscape
9.1. Porter's Five Forces
9.2. Company Profile
9.2.1. Company 1
9.2.1.1. Company Snapshot
9.2.1.2. Company Overview
9.2.1.3. Financial Highlights
9.2.1.4. Geographic Insights
9.2.1.5. Business Segment & Performance
9.2.1.6. Product Portfolio
9.2.1.7. Key Executives
9.2.1.8. Strategic Moves & Developments
9.2.2. Company 2
9.2.3. Company 3
9.2.4. Company 4
9.2.5. Company 5
9.2.6. Company 6
9.2.7. Company 7
9.2.8. Company 8
10. Strategic Recommendations
11. Disclaimer


List of Figures

Figure 1: France Hormone Replacement Therapy Market Size By Value (2018, 2023 & 2029F) (in USD Million)
Figure 2: Market Attractiveness Index, By Product Type
Figure 3: Market Attractiveness Index, By Route of Administration
Figure 4: Market Attractiveness Index, By Diseases Type
Figure 5: Market Attractiveness Index, By Distribution Channel
Figure 6: Porter's Five Forces of France Hormone Replacement Therapy Market


List of Tables

Table 1: Influencing Factors for Hormone Replacement Therapy Market, 2023
Table 2: France Hormone Replacement Therapy Market Size and Forecast, By Product Type (2018 to 2029F) (In USD Million)
Table 3: France Hormone Replacement Therapy Market Size and Forecast, By Route of Administration (2018 to 2029F) (In USD Million)
Table 4: France Hormone Replacement Therapy Market Size and Forecast, By Diseases Type (2018 to 2029F) (In USD Million)
Table 5: France Hormone Replacement Therapy Market Size and Forecast, By Distribution Channel (2018 to 2029F) (In USD Million)
Table 6: France Hormone Replacement Therapy Market Size of Estrogen & Progesterone (2018 to 2029) in USD Million
Table 7: France Hormone Replacement Therapy Market Size of Thyroid (2018 to 2029) in USD Million
Table 8: France Hormone Replacement Therapy Market Size of Growth (2018 to 2029) in USD Million
Table 9: France Hormone Replacement Therapy Market Size of Testosterone (2018 to 2029) in USD Million
Table 10: France Hormone Replacement Therapy Market Size of Parathyroid (2018 to 2029) in USD Million
Table 11: France Hormone Replacement Therapy Market Size of Oral (2018 to 2029) in USD Million
Table 12: France Hormone Replacement Therapy Market Size of Parenteral (2018 to 2029) in USD Million
Table 13: France Hormone Replacement Therapy Market Size of Transdermal (2018 to 2029) in USD Million
Table 14: France Hormone Replacement Therapy Market Size of Others (2018 to 2029) in USD Million
Table 15: France Hormone Replacement Therapy Market Size of Menopause (2018 to 2029) in USD Million
Table 16: France Hormone Replacement Therapy Market Size of Hypothyroidism (2018 to 2029) in USD Million
Table 17: France Hormone Replacement Therapy Market Size of Male hypogonadism (2018 to 2029) in USD Million
Table 18: France Hormone Replacement Therapy Market Size of Growth hormone deficiency (2018 to 2029) in USD Million
Table 19: France Hormone Replacement Therapy Market Size of Hypoparathyroidism (2018 to 2029) in USD Million
Table 20: France Hormone Replacement Therapy Market Size of Hospital pharmacies (2018 to 2029) in USD Million
Table 21: France Hormone Replacement Therapy Market Size of Retail pharmacies (2018 to 2029) in USD Million
Table 22: France Hormone Replacement Therapy Market Size of Online pharmacies (2018 to 2029) in USD Million

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります


よくあるご質問


Bonafide Research & Marketing Pvt. Ltd.社はどのような調査会社ですか?


Bonafide Research & Marketing Pvt. Ltd.は、最新の経済、人口統計、貿易、市場データを提供する市場調査・コンサルティング会社です。調査レポート、カスタムレポート、コ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/24 10:26

156.87 円

170.56 円

205.01 円

ページTOPに戻る