世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

自動ピルディスペンサーの世界市場:タイプ別(集中型自動ディスペンサー、分散型自動ディスペンサーシステム、薬局ベースの自動ディスペンサーシステム、ロボット型自動ディスペンサーシステム)、適応症別(認知症、老齢、視覚障害、身体障害、パーキンソン病)、エンドユーザー別(病院、薬局、在宅医療)、年齢層別(18~64歳、65~74歳、75~84歳、85歳以上)、地域別予測2021~2027年


Global Automatic Pill Dispenser Market by Type (Centralized Automatic Dispenser, Decentralized Automatic Dispensing System, Pharmacy-Based Automated Dispenser System, and Robotic Automated Dispenser System), Indication (Dementia, Old age, Visual Impairment, Physical Disability, Parkinson's Disease), End-User (Hospitals, Pharmacy, and Home Healthcare), by age group (18-64 Years, 65-74 Years, 75-84 Years, 85 Years and Above), Regional Forecasts 2021-2027

世界の自動ピルディスペンサー市場は、2020年に約XX億米ドルと評価され、2021年から2027年の予測期間にXX%以上の健全な成長率で成長すると予想されています。自動ピルディスペンサー装置は、ユーザーが設定した... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Bizwit Research & Consulting LLP
ビズウィットリサーチ&コンサルティング
2021年8月26日 US$4,950
シングルユーザーライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
200 英語

下記、日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

世界の自動ピルディスペンサー市場は、2020年に約XX億米ドルと評価され、2021年から2027年の予測期間にXX%以上の健全な成長率で成長すると予想されています。自動ピルディスペンサー装置は、ユーザーが設定した服用量やタイミングのパラメータに基づいて、様々な錠剤を別々に分配することを目的としています。複雑な処方レジメンや記憶喪失の問題を抱える患者のために、自動ピルディスペンサーシステムは適切な薬剤と投与量を提供するのに役立ちます。高齢者の人口は世界中で増加しており、慢性疾患の影響を受けやすい状況にあります。時間の経過とともに、老人の物忘れはより多くなり、薬を管理することが難しくなります。さらに、国連経済社会局(UN DESA)の「World Population Ageing Highlights, 2020」によると、世界の65歳以上の人口は7億2,800万人で、2050年には15億人になると予想されています。さらに、病気の負担の増加は、今後数年間の自動ピルディスペンサーの市場成長を後押しします。世界保健機関(WHO)によると、2018年に高齢者に最も多く見られたのは、認知症、慢性閉塞性肺疾患、うつ病、糖尿病、背中や首の痛み、心臓の病気でした。上記の事実の結果、自動ピルディスペンサー市場は、予測期間中に健全な速度で発展すると予想されます。しかし、自動ピルディスペンサーに関連する高コストは、2021-2027年の予測期間において市場の成長を妨げる可能性があります。

自動ピルディスペンサー市場は、北米地域が支配的であり、予測期間中も引き続き支配的であると考えられます。北米市場は、患者のケアをより便利にするために技術的に洗練されたソリューションが広く採用されていること、膨大な顧客層、急速に増加する高齢者人口などの理由から、複数の地域や世界的な企業によって支配されています。

このレポートに含まれる主な市場参加者は以下の通りです。
Swisslogヘルスケア
カプサヘルスケア
Mckesson Corporation
ファーマセル・メディケーション・システム・リミテッド
Cerner Corporation
コニンクライク・フィリップスN.V.(Koninklijke Philips N.V.)
ScriptPro LLC
株式会社湯山製作所
メドミンダーシステムズ社
ヒーロー・ヘルス社



本調査の目的は、近年の異なるセグメントおよび国の市場規模を定義し、今後8年間の値を予測することです。本レポートは、各地域・国における業界の質的・量的な側面を盛り込んだものとなっています。さらに、市場の今後の成長を決定づける要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報も提供しています。さらに、競合状況や主要企業の製品提供に関する詳細な分析とともに、利害関係者が投資するミクロ市場での利用可能な機会についても記載しています。市場の詳細なセグメントとサブセグメントについては以下の通りです。

タイプ別。
集中型自動調剤システム
ロボット/ロボティック自動調剤システム
カルーセル
分散型自動調剤システム
薬局設置型自動調剤システム
効能別
認知症
高齢者
視覚障害
肢体不自由
パーキンソン病
アプリケーション別
病院薬剤師
小売薬局
ホームヘルスケア
年齢層別
18-64歳
65-74歳
75-84歳
85歳以上
地域別
北アメリカ
U.S.
カナダ
ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ROE

アジアパシフィック
中国
インド
日本
オーストラリア
韓国
RoAPAC
ラテンアメリカ
ブラジル
メキシコ
世界のその他の地域

さらに、本調査で考慮した年は以下の通りです。

ヒストリカルイヤー - 2018年、2019年
基準年 - 2020年
予測期間 - 2021年から2027年

自動ピルディスペンサーの世界市場の市場調査におけるターゲットオーディエンス。

主要コンサルティング会社・アドバイザー
大企業、中堅企業、中小企業
ベンチャーキャピタリスト
付加価値再販業者(VAR)
サードパーティのナレッジプロバイダー
投資銀行家
投資家

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Global Automatic Pill Dispenser Market is valued approximately at USD XX billion in 2020 and is anticipated to grow with a healthy growth rate of more than XX% over the forecast period 2021-2027. Automatic pill dispenser devices are meant to distribute various tablets separately based on dose and timing parameters set by the user. For patients with complex prescription regimens and memory loss problems, the automated pill dispenser system helps to deliver the proper drug and dose. The elderly population is growing all over the world, and they are disproportionately impacted by chronic diseases. With the passing of time, geriatric people's forgetfulness grows more prevalent, making it difficult to keep track of their medicines. Furthermore, according to the United Nations Department of Economic and Social Affairs (UN DESA), World Population Ageing Highlights, 2020, there were 728 million individuals aged 65 and up in the world, with 1.5 billion expected by 2050. Furthermore, growing burden of diseases boost the market growth of automated pill dispenser in the upcoming years. Dementia, chronic obstructive pulmonary disease, depression, diabetes, back and neck pain, and heart illnesses were the most prevalent in older adults in 2018, according to the World Health Organization (WHO). As a result of the above facts, the automatic pill dispenser market is anticipated to develop at a healthy rate over the forecast period. However, High cost associated with automatic pill dispenser may impede market growth over the forecast period of 2021-2027.

The automatic pill dispenser market is dominated by the North American region, which is likely to continue to dominate over the forecast period. The North American market is controlled by several regional and worldwide companies due to widespread adoption of technologically sophisticated solutions to make patient care more convenient, a huge pool of clients, and a rapidly growing elderly population.

Major market player included in this report are:
Swisslog Healthcare
Capsa Healthcare
Mckesson Corporation
Pharmacell Medication Systems Ltd
Cerner Corporation
Koninklijke Philips N.V.
ScriptPro LLC
Yuyama Co Ltd
Medminder Systems, Inc
Hero Health, Inc



The objective of the study is to define market sizes of different segments & countries in recent years and to forecast the values to the coming eight years. The report is designed to incorporate both qualitative and quantitative aspects of the industry within each of the regions and countries involved in the study. Furthermore, the report also caters the detailed information about the crucial aspects such as driving factors & challenges which will define the future growth of the market. Additionally, the report shall also incorporate available opportunities in micro markets for stakeholders to invest along with the detailed analysis of competitive landscape and product offerings of key players. The detailed segments and sub-segment of the market are explained below:

By Type:
Centralized Automated Dispensing Systems
Robots/Robotic Automated Dispensing Systems
Carousels
Decentralized Automated Dispensing Systems
Pharmacy-Based Automated Dispensing Systems
By Indication:
Dementia
Old age
Visual Impairment
Physical Disability
Parkinson's Disease
By Application:
Hospital Pharmacy
Retail Pharmacy
Home Healthcare
By age group:
18-64 Years
65-74 Years
75-84 Years
85 Years and Above
By Region:
North America
U.S.
Canada
Europe
UK
Germany
France
Spain
Italy
ROE

Asia Pacific
China
India
Japan
Australia
South Korea
RoAPAC
Latin America
Brazil
Mexico
Rest of the World

Furthermore, years considered for the study are as follows:

Historical year – 2018, 2019
Base year – 2020
Forecast period – 2021 to 2027.

Target Audience of the Global Automatic Pill Dispenser Market in Market Study:

Key Consulting Companies & Advisors
Large, medium-sized, and small enterprises
Venture capitalists
Value-Added Resellers (VARs)
Third-party knowledge providers
Investment bankers
Investors



 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野(プライマリケア)の最新刊レポート

Bizwit Research & Consulting LLP 社の最新刊レポート


よくあるご質問


Bizwit Research & Consulting LLP社はどのような調査会社ですか?


Bizwit Research & Consulting (Bizwit Research & Consulting LLP)は世界の多様なマクロおよびマイクロ経済の動向を継続的に調査しています。 ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/22 10:26

158.54 円

173.12 円

207.67 円

ページTOPに戻る