世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

電子コネクタ市場 - 世界および地域別分析:用途、製品タイプ、国別フォーカス - 2023-2032年の分析と予測


Electronic Connector Market - A Global and Regional Analysis: Focus on Application, Product Type, and Country - Analysis and Forecast, 2023-2032

電子コネクターの世界市場産業概要 世界の電子コネクタ市場は、2022年の789.8億ドルから2032年には1,239.0億ドルに達し、予測期間2023-2032年のCAGRは4.66%で成長すると予測されている。世界の電子コネクター... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
BIS Research
ビーアイエスリサーチ
2023年9月29日 US$5,500
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
274 英語

 

サマリー

電子コネクターの世界市場産業概要

世界の電子コネクタ市場は、2022年の789.8億ドルから2032年には1,239.0億ドルに達し、予測期間2023-2032年のCAGRは4.66%で成長すると予測されている。世界の電子コネクター市場の成長は、自動車・輸送、コンピューター・周辺機器、通信などの用途から、高度で効率的な電子コネクターへの需要が増加することによって牽引されると予想される。

市場ライフサイクルステージ

電子コネクターは、電気回路間のシームレスな接続を促進する部品として機能し、様々な用途における電子コネクターの多様性により、市場での売上は緩やかに成長している。主な市場開発活動は、電気自動車、自律走行車、第5世代携帯電話通信(5G)、モノのインターネット(IoT)、ロボティクスの出現によって後押しされると予想される。

電子コネクター市場は成熟期にある。先端電子機器における高性能電子コネクターへの需要の急増が電子コネクター市場を後押ししている。電子コネクター市場は、製造業によるインダストリー4.0の実装によっても牽引されている。

市場の細分化

セグメンテーション1:アプリケーション別
- コンピューターと周辺機器
- コンシューマー・エレクトロニクス
- 自動車・輸送機器
- 電気通信
- エネルギーと電力
- その他(産業、軍事、医療など)

2022年の世界の電子コネクター市場は、自動車・運輸セグメントが支配的であった。自動車・輸送分野は、自動車1台当たりの電子部品数が今後数年間で大幅に増加すると予想されているため、予測期間において最大のセグメントになると予想されている。電子コネクターは、運輸部門において極めて重要な役割を果たしており、多様な輸送手段やシステムの操作、安全性、接続性を促進している。

セグメンテーション2:製品タイプ別
- I/Oコネクター
- プリント基板(PCB)コネクター
- RF同軸コネクター
- 光ファイバーコネクター
- その他(丸型コネクター、角型コネクター、その他)

製品タイプ別に見ると、電子コネクター市場は、異なるPCBを接続し、PCB間で通信を行うための様々なアプリケーションからの義務的な需要により、予測期間中、プリント基板(PCB)コネクターセグメントが支配的であると予想される。しかし、コンパクトで効率的なデバイスに対する消費者の需要の高まりが、電子コネクタ市場におけるPCBコネクタセグメントの成長を後押ししている。e-mobilityアプリケーションの出現により、電子コネクタ市場の予測期間(2023-2032)において、高電圧PCBコネクタの製品発売が大幅に増加すると予想される。

セグメンテーション3: 地域別
- 北米
- アジア太平洋および日本
- 中国
- 欧州
- 英国
- その他の地域

2022年、中国は自動車生産と大規模通信産業が盛んなため、電子コネクター市場において最大の地域となった。しかし、予測期間中(2023~2032年)には、世界のその他の地域、アジア太平洋地域、日本の電子コネクター市場が高い成長率で成長すると予想される。中国における電気自動車の急速な普及は、予測期間(2023-2032年)に中国の電子コネクタ市場を大幅に牽引すると予想される。

電子コネクタ市場の最新動向

- 2023年2月、TE Connectivity(TE)はPreddio Technologies(Preddio)と提携し、Preddioのワイヤレス技術とクラウドベースのアナリティクスをTEのエネルギー効率の高いセンサーと統合した。
- 2023年7月、コネクターの世界的リーダーであるアンフェノール・コミュニケーションズ・ソリューションズは、2023年エレクトロニカ・チャイナでExaMAX2 Gen2を発表した。ExaMAX2 Gen2は、ExaMAX2ファミリーの改良版として、ExaMAX2 Gen1よりも顕著な性能向上を実現しています。この改良により、ExaMAX2コネクターは、112Gコネクターの中でも最高レベルのシグナルインテグリティ(反射および絶縁を含む)を持つことが期待されます。
- 2022年9月、モレックスは16,000平方メートルの新施設を追加してハノイにおける現在の製造事業を拡張し、この拡張により高度ハイテク製造業で200人近い新規雇用の創出が可能になる。
- 2022年7月、Luxshare Precision Industry Co., Ltd.が、高性能無線技術に特化したファブレス半導体事業を展開するPanthronics AGと、家電製品への近距離無線通信(NFC)ワイヤレス充電の導入を目指して提携した。
- 日本航空電子工業は2022年3月、山一電機と共同で、データ通信システムの112Gbps PAM4信号に対応する高速ジャンパケーブルコネクタを試作した。

需要 - 推進要因と限界

電子コネクター市場の促進要因は以下の通りである:

- 自動車産業における電気コネクター需要の急増
- モノのインターネット(IoT)の採用増加
- 再生可能エネルギー源に対する需要の高まり

同市場は、以下のような阻害要因による制約に直面すると予想される:

- 複雑な設計と製造工程
- 腐食レベルの上昇と接続部の緩みの発生
- 高い導入コストと代替品の有無

本レポートは組織にどのような付加価値をもたらすのか?

製品/イノベーション戦略:製品セグメントでは、製品タイプ別(I/Oコネクター、プリント基板(PCB)コネクター、RF同軸コネクター、光ファイバーコネクター、その他(丸型コネクター、角型コネクター、その他))、用途別(コンピューターと周辺機器、民生用電子機器、自動車と輸送、電気通信、エネルギーと電力、その他(産業、軍事、医療など))で利用可能な電子コネクター製品の種類を理解することができる。世界的な自動車および輸送需要の増加が、電子コネクター・システムの販売を後押ししている。したがって、電子コネクター事業は、高投資・高収益モデルである。

成長/マーケティング戦略:世界の電子コネクター市場は指数関数的に成長しており、市場参入企業には莫大なビジネスチャンスがある。このセグメントに含まれる戦略には、製品投入、提携・協力、事業拡大、投資などがある。各社が好む戦略は、世界の電子コネクター市場における地位を強化するための製品投入、パートナーシップ、提携である。

競争戦略:本調査で分析・プロファイリングした世界の電子コネクタ市場の主要企業には、電子コネクタベースの製品メーカーや新興企業が含まれる。さらに、世界の電子コネクター市場で事業を展開するプレイヤーの詳細な競合ベンチマーキングを実施し、読者がプレイヤーの相互関係を理解できるようにし、明確な市場展望を提示しています。さらに、パートナーシップ、協定、提携などの包括的な競争戦略は、読者が市場の未開拓の収益ポケットを理解するのに役立ちます。

主要企業のプロファイル

- TEコネクティビティ
- アンフェノール・コミュニケーションズ・ソリューションズ
- モレックス
- ラックスシェア精密工業株式会社
- アプティブ
- フォックスコン・インターコネクト・テクノロジー
- 株式会社矢崎総業
- 日本航空電子工業株式会社
- 旭硝子
- 廣瀬電機株式会社
- 旭硝子株式会社
- 住友電装株式会社
- サムテック
- HARTINGテクノロジーグループ
- ビズリンクグループ
- フエニックス・コンタクト
- ロテス株式会社
- 深セン徳仁電子有限公司
- 韓国電気端子株式会社
- ベルデン
- 京セラAVXコンポーネント株式会社
- フーバーシュナー
- イリソ電子工業株式会社
- SOURIAU - SUNBANK コネクション・テクノロジーズ
- グレンエアー
- ラジオール
- ホシデン株式会社
- 山一電機株式会社
- ITT Inc.
- カーライル・インターコネクト・テクノロジーズ
- コーニング
- LEMOグループ
- アイペックス
- Weidmüller Interface GmbH & Co.KG
- ワゴ

ページTOPに戻る


目次

メールに添付

ページTOPに戻る


プレスリリース

世界の電子コネクタ市場は2032年に1239億ドルに達すると推定されることが、BISリサーチのプレミアムマーケットインテリジェンス調査で明らかになった。また、予測期間2023-2032年のCAGRは4.66%になると予測している。

電気自動車におけるADAS(先進運転支援システム)、コネクテッドカー、先進エレクトロニクスの採用拡大が、予測期間2023-2032年に電子コネクタ市場を大きく押し上げると予測される。さらに、5G(第5世代ワイヤレス)、IoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)、ソフトウェア定義自動車の採用拡大が、市場で新しく効率的な電子コネクターを要求しており、世界の電子コネクター市場の成長を加速させている。

レポートのUSP

- プレイヤー(電子コネクターメーカー)の広範な競合ベンチマーキングにより、電子コネクター市場の全体像を提供
- 電子コネクターメーカーを含む35社のプロファイル
- 製品ポートフォリオ、最近の開発、地域的広がりに基づく市場ランキング分析
- 製品タイプ別および用途別のセグメント分析
- 電子コネクタ市場における主要企業の市場シェア分析

アナリストの視点

BIS Research社のプリンシパルアナリスト、Dhrubajyoti Narayan氏によると、「電子コネクタ市場はかなり成長しており、予測期間中は比較的速い成長が見込まれる。モビリティシフトの戦略的重要性の高まりにより、電子コネクタに対する世界的な需要が高まっている。また、世界的なコンピュータと周辺機器、家電製品の需要拡大も市場の拡大に大きく影響している。さらに、この業界は人工知能(AI)ソリューションの統合により成長が加速している。先進国や新興国における電子機器の急速な普及と技術の進歩により、電子コネクター・アフターマーケットは当面、大幅な需要の急増を経験することになる。"

市場で事業展開する主要企業

本調査で分析・プロファイリングした世界の電子コネクター市場の主要企業には、電子コネクターベースの製品メーカーや新興企業が含まれる。さらに、世界の電子コネクター市場で事業を展開するプレイヤーの詳細な競合ベンチマーキングは、読者がプレイヤー間のスタックを理解するのに役立つように行われ、明確な市場風景を提示しています。さらに、パートナーシップ、協定、提携などの包括的な競争戦略は、読者が市場の未開拓の収益ポケットを理解するのに役立ちます。

本レポートに掲載されている主要企業には、TE Connectivity、Amphenol Communications Solutions、Molex、Luxshare Precision Industry Co. Ltd.、Aptiv PLC、Foxconn Interconnect Technology Ltd.、矢崎総業、日本航空電子工業、Rosenberger Group、広瀬電気、AVIC Optoelectronics Technology Co.Ltd.、住友電装、Samtec、HARTING Technology Group、BizLink Group、Phoenix Contact、LOTES CO、LTD.、深セン徳仁電子有限公司、韓国電気端子有限公司、Belden Inc.、京セラアビックスコンポーネンツ株式会社、HUBER+SUHNER、イリソ電子工業株式会社、SOURIAU - SUNBANK Connection Technologies、Glenair、Radiall、ホシデン株式会社、山一電機株式会社、ITT Inc.、Carlisle Interconnect Technologies、Corning Incorporated、LEMO Group、I-PEX Inc.、Weidmüller Interface GmbH & Co.KG、およびWAGO。

レポートで回答した主な質問

- 電子コネクター市場における主な市場促進要因、課題、機会は何か?
- 電子コネクター市場におけるサプライチェーン機能はどのように機能しているのか?
- 予測期間2023-2032年に異なる電子コネクターが高い需要を経験する可能性のある主な応用分野は?
- 市場を維持するために主要企業が展開している主な開発戦略、およびこのエコシステム内で新規参入企業が取っているイニシアティブにはどのようなものがあるか?
- 電子コネクターを最も効果的に活用している地域と国はどこか?

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Global Electronic Connector Market: Industry Overview

The global electronic connector market is projected to reach $123.90 billion by 2032 from $78.98 billion in 2022, growing at a CAGR of 4.66% during the forecast period 2023-2032. The growth in the global electronic connector market is expected to be driven by increasing demand for advanced and efficient electronic connectors from applications such as automotive and transportation, computers and peripherals, and telecommunications.

Market Lifecycle Stage

An electronic connector functions as a component facilitating a seamless connection between electrical circuits, and its sales in the market are growing moderately due to the diversity of electronic connectors in various applications. Key market development activities are expected to be boosted by the emergence of electric vehicles, autonomous vehicles, the fifth generation of cellular mobile communications (5G), the Internet of Things (IoT), and Robotics.

The electronic connector market is in the maturity phase. Surging demand for high-performance electronic connectors in advanced electronic devices is pushing the electronic connector market. The electronic connector market is also driven by the implementation of Industry 4.0 by manufacturing industries.

Market Segmentation:

Segmentation 1: by Application
• Computers and Peripherals
• Consumer Electronics
• Automotive and Transportation
• Telecom
• Energy and Power
• Others (Industrial, Military, and Medical, among others)

The automotive and transportation segment dominated the global electronic connector market in 2022. The automotive and transportation segment is expected to be the largest segment in the forecast period, as the number of electronics components per vehicle is expected to rise significantly in the upcoming years. Electronic connectors play a pivotal role within the transportation sector, facilitating the operation, safety, and connectivity of diverse transportation methods and systems.

Segmentation 2: by Product Type
• I/O Connectors
• Printed Circuit Board (PCB) Connectors
• RF Coaxial Connectors
• Fiber Optic Connectors
• Others (Circular Connectors, Rectangular Connectors, and others)

Based on the product type segment, the electronic connector market is expected to be dominated by the printed circuit board (PCB) connectors segment during the forecast period due to obligatory demand from various applications for connecting different PCBs and having communication between them. However, the growing demand for compact and efficient devices from consumers is propelling growth in the PCB connectors segment within the electronic connector market. With the emergence of e-mobility applications, it is expected to see a substantial rise in the product launches of high-voltage PCB connectors in the forecast period (2023-2032) of the electronic connector market.

Segmentation 3: by Region
• North America
• Asia-Pacific and Japan
• China
• Europe
• U.K.
• Rest-of-the-World

In the year 2022, China was the largest region in the electronic connector market due to the significant automotive production and large-scale telecommunications industry in the country. However, the Rest-of-the-World and Asia-Pacific and Japan electronic connector markets are expected to grow at a high growth rate during the forecast period (2023-2032). The rapid adoption of electric vehicles in China is expected to drive the China electronic connector market substantially in the forecast period (2023-2032).

Recent Developments in the Electronic Connector Market

• In February 2023, TE Connectivity (TE) partnered with Preddio Technologies (Preddio) to integrate Preddio's wireless technology and cloud-based analytics with TE's energy-efficient sensors.
• In July 2023, Amphenol Communications Solutions, which is a global connector leader, launched the ExaMAX2 Gen2 during the 2023 Electronica China. ExaMAX2 Gen2 offers notable performance enhancements over ExaMAX2 Gen1 as an improved version of the ExaMAX2 family. With this improvement, the ExaMAX2 connector is expected to have one of the highest levels of signal integrity (including reflection and isolation) among 112G connectors.
• In September 2022, Molex expanded its current manufacturing operations in Hanoi with the addition of a new 16,000-square-meter facility, and the expansion would enable the creation of nearly 200 new jobs in advanced high-tech manufacturing.
• In July 2022, Luxshare Precision Industry Co., Ltd. formed a partnership with Panthronics AG, which is a fabless semiconductor business focusing on high-performance wireless technology, with an aim to introduce Near-field communication (NFC) wireless charging in consumer electronics
• In March 2022, Japan Aviation Electronics Industry, Ltd. collaborated with Yamaichi Electronics Co., Ltd. to build a high-speed jumper cable connector prototype that supports the 112Gbps PAM4 signal on data networking systems.

Demand - Drivers and Limitations

The following are the drivers for the electronic connector market:

• Rapidly Increasing Demand for Electrical Connectors in the Automotive Industry
• Increasing Adoption of the Internet of Things (IoT)
• Growing Demand for Renewable Energy Sources

The market is expected to face some limitations due to the following restraints:

• Intricate Design and Process of Manufacturing
• Elevated Corrosion Levels and the Occurrence of Loose Connections
• High Implementation Cost and Availability of Alternatives

How can this report add value to an organization?

Product/Innovation Strategy: The product segment helps the reader understand the different types of electronic connector products available by product type (I/O connectors, printed circuit board (PCB) connectors, RF coaxial connectors, fiber optic connectors, and others (circular connectors, rectangular connectors, and others)), by application (computers and peripherals, consumer electronics, automotive and transportation, telecom, energy and power, others (industrial, military, and medical, among others)). Increasing automotive and transportation demand worldwide is pushing the sales of electronic connector systems. Therefore, the electronic connector business is a high-investment and high-revenue generating model.

Growth/Marketing Strategy: The global electronic connector market is exponentially growing, with enormous opportunities for the market players. Some strategies covered in this segment are product launches, partnerships and collaborations, business expansions, and investments. The companies' preferred strategies have been product launches, partnerships, and collaborations to strengthen their positions in the global electronic connector market.

Competitive Strategy: Key players in the global electronic connector market analyzed and profiled in the study involve electronic connector-based product manufacturers and start-ups. Moreover, a detailed competitive benchmarking of the players operating in the global electronic connector market has been done to help the reader understand how players stack against each other, presenting a clear market landscape. Additionally, comprehensive competitive strategies such as partnerships, agreements, and collaborations will aid the reader in understanding the untapped revenue pockets in the market.

Key Companies Profiled:

• TE Connectivity
• Amphenol Communications Solutions
• Molex
• Luxshare Precision Industry Co., Ltd.
• Aptiv
• Foxconn Interconnect Technology Ltd
• YAZAKI Corporation
• Japan Aviation Electronics Industry, Ltd.
• Rosenberger Group
• HIROSE ELECTRIC CO., LTD.
• AVIC Optoelectronics Technology Co., Ltd.
• Sumitomo Wiring System, Ltd.
• Samtec
• HARTING Technology Group
• BizLink Group
• Phoenix Contact
• LOTES CO., LTD.
• shenzhen Deren Electronics co., LTD.
• Korea Electric Terminal Co., Ltd.
• Belden Inc.
• KYOCERA AVX Components Corporation
• HUBER+SUHNER
• IRISO Electronics Co., Ltd.
• SOURIAU - SUNBANK Connection Technologies
• Glenair
• Radiall
• Hosiden Corporation
• Yamaichi Electronics Co., Ltd.
• ITT Inc.
• Carlisle Interconnect Technologies
• Corning Incorporated
• LEMO Group
• I-PEX Inc.
• Weidmüller Interface GmbH & Co. KG
• WAGO



ページTOPに戻る


Table of Contents

Attached in the mail

ページTOPに戻る


Press Release

The global electronic connector market is estimated to reach $123.90 billion in 2032, reveals the premium market intelligence study by BIS Research. The study also highlights that the market is set to witness a CAGR of 4.66% during the forecast period 2023-2032.

Growing adoption of ADAS (Advanced Driver Assistance Systems), connected vehicles, and advanced electronics in electric vehicles is expected to push the electronic connector market significantly in the forecast period 2023-2032. Additionally, growing adoption of 5G (Fifth Generation Wireless), IoT (Internet of Things), AI (Artificial Intelligence), and software-defined vehicles are demanding new and efficient electronic connectors in the market, supercharging the growth of the global electronic connector market.

USP of the Report

• Extensive competitive benchmarking of the players (electronic connector manufacturers) to offer a holistic view of the electronic connector market landscape
• Thirty-five company profiles, including electronic connector manufacturers
• Market ranking analysis based on product portfolio, recent developments, and regional spread
• Segmentation by product type and application provided in the report
• Market share analysis of key players in the electronic connector market

Analyst Perspective

According to Dhrubajyoti Narayan, principal analyst at BIS Research, "The electronic connector market is growing considerably and is expected to grow relatively faster during the forecast period. The rising strategic importance of shifting mobility has led to a heightened global demand for electronic connectors. The market's expansion has also been significantly influenced by the growing demand for computers and peripherals and consumer electronics across the globe. Furthermore, the industry is experiencing accelerated growth due to the integration of artificial intelligence (AI) solutions. With the rapid proliferation of electronic devices and technological advancements across developed and emerging economies, the electronic connector aftermarket is poised to experience a substantial surge in demand in the foreseeable future.”

Key Companies Operating in The Market

Key players in the global electronic connector market analyzed and profiled in the study involve electronic connector-based product manufacturers and start-ups. Moreover, a detailed competitive benchmarking of the players operating in the global electronic connector market has been done to help the reader understand how players stack against each other, presenting a clear market landscape. Additionally, comprehensive competitive strategies such as partnerships, agreements, and collaborations will aid the reader in understanding the untapped revenue pockets in the market.

The key players profiled in the report include TE Connectivity, Amphenol Communications Solutions, Molex, Luxshare Precision Industry Co., Ltd., Aptiv PLC, Foxconn Interconnect Technology Ltd, YAZAKI Corporation, Japan Aviation Electronics Industry, Ltd., Rosenberger Group, HIROSE ELECTRIC CO., LTD., AVIC Optoelectronics Technology Co., Ltd., Sumitomo Wiring System, Ltd., Samtec, HARTING Technology Group, BizLink Group, Phoenix Contact, LOTES CO., LTD., shenzhen Deren Electronics co., LTD., Korea Electric Terminal Co., Ltd., Belden Inc., KYOCERA AVX Components Corporation, HUBER+SUHNER, IRISO Electronics Co., Ltd., SOURIAU - SUNBANK Connection Technologies, Glenair, Radiall, Hosiden Corporation, Yamaichi Electronics Co., Ltd., ITT Inc., Carlisle Interconnect Technologies, Corning Incorporated, LEMO Group, I-PEX Inc., Weidmüller Interface GmbH & Co. KG, and WAGO.

Key Questions Answered in the Report

• What are the major market drivers, challenges, and opportunities in the electronic connector market?
• How does the supply chain function in the electronic connector market work?
• Which are the key application areas for which different electronic connectors may experience high demand during the forecast period 2023-2032?
• What are the key development strategies deployed by the key players to sustain in the market, and what are some of the initiatives taken by new entrants within this ecosystem?
• Which regions and countries are most effectively utilizing electronic connectors?

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります


よくあるご質問


BIS Research社はどのような調査会社ですか?


多数のアナリストチームと大規模な業界専門家のネットワークを擁するBISリサーチは、市場に影響を与える革新的な技術に関して、高度なマーケットインテリジェンスを提供しています。特に、新興テクノロジーに関す... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/22 10:26

158.54 円

173.12 円

207.67 円

ページTOPに戻る