世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

セルラーとLPWA IoTデバイスのエコシステム - 第8版


Cellular and LPWA IoT Device Ecosystems - 8th Edition

概要 モノのインターネット(Internet of Things)は、相互接続されたモノの新しい世界的な網を紡いでいる。2023年末までに、セルラーまたはLPWA技術に基づく広域ネットワークに接続されるデバイスは... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Berg Insight
ベルグインサイト社
2024年6月10日 Eur1,800
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
120 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

概要

モノのインターネット(Internet of Things)は、相互接続されたモノの新しい世界的な網を紡いでいる。2023年末までに、セルラーまたはLPWA技術に基づく広域ネットワークに接続されるデバイスは約38億台に上る。市場は多様性に富み、複数のエコシステムに分かれている。Berg Insightは、セルラーおよび非3GPP LPWA IoTモジュールの年間出荷台数は、2023年の4億9300万台から2028年には9億3600万台へと13.7%の複合年間成長率(CAGR)で成長すると予測している。この120ページにわたるユニークなレポートで、すべての主要地域と垂直市場の最新動向をご覧ください。

 


 

セルラーとLPWAのIoTデバイスエコシステムは、モノのインターネットのための主要な幅広いネットワーク技術(2G/3G/4G/5Gセルラー、LoRa、Sigfox、および802.15.4ベースのプロトコル、Wirepasメッシュ、DECT-2020 NR、Miotyを含む新興LPWA技術群)の包括的な概要を提供しています。Berg Insightのこの戦略的調査レポートは、5年間の業界予測や専門家による解説など、120ページにわたる独自のビジネスインテリジェンスを提供し、ビジネス上の意思決定の基礎とします。

本レポートのハイライト

  • 主なIoT広域ネットワーク・エコシステムの360度概観
  • 技術と標準の比較
  • IoTチップセットとモジュールの主要サプライヤーのプロファイルを更新
  • 2023年のセルラーIoTモジュール市場データ
  • NB-IoT、LTE-M、LoRa、Sigfoxを含むLPWA技術の採用動向
  • 2028年までのセルラーおよび非3GPP LPWA IoTデバイス市場予測

セルラーIoTモジュールの出荷量は2023年に4億2,300万個に達する

モノのインターネットは絶えず進化し、新たな領域へと拡大している。2023年末までに、セルラーまたはLPWA技術に基づく広域ネットワークに接続されたデバイスは約38億台に上る。市場は多様性に富み、複数のエコシステムに分かれている。本レポートでは、広域IoTネットワーキングの最も著名な技術エコシステムであるセルラー技術の3GPPエコシステム、LPWA技術のLoRaとSigfoxに加え、802.15.4ベースのプロトコル、Wirepas Mesh、DECT-2020 NR(NR+)、Miotyなどの新興LPWA技術群に焦点を当てる。

3GPPのセルラー技術ファミリーは、広域IoTネットワーキングにおける最大のエコシステムを支えている。Berg Insightは、2023年末の世界のセルラーIoT加入者数は33億に達し、これは全モバイル加入者の28%に相当すると予測している。2023年のセルラーIoTモジュールの年間出荷数は、前年比3%減の4億2,300万ユニットとなった。セルラーIoTモジュールの年間売上は9%減の59億USドルであった。5大セルラーモジュールベンダーであるQuectel、Fibocom、Telit Cinterion、Semtech、u-bloxは、売上高で72%の市場シェアを占めている。Qualcomm, UNISOC, ASR Microelectronicsが主なセルラーIoTチップセット・サプライヤーである。その他の重要なセルラーIoTチップセットサプライヤーには、Eigencomm、MediaTek、Sony、Xinyi Information Technologyなどがある。

LTE Cat-1/LTE Cat-1 bis、NB-IoT、LTE-Mが、低中級市場セグメントで2Gや3G技術に取って代わる中、IoTに最適化された4G LTE技術がセルラーIoT技術の主流を占めている。LTE Cat-4およびそれ以上のLTE-A技術は、依然として高速IoTデバイスの主要な選択肢であるが、ネットワークのカバレッジと価格設定が改善されるにつれて、時間の経過とともに5Gに取って代わられるだろう。5G IoTデバイスは現在、FWA CPE、IoTルーター、先行する自動車OEMの自動車に集中している。5G RedCapモジュールは一般に入手可能になり始めており、やがてより広範な5G IoTユースケースが可能になるだろう。4G LTE Cat-4/6モジュールとの価格差と5G SAネットワークのカバレッジ要件のため、この技術の普及は短期的には限定的と予想される。セルラーIoTモジュールの出荷量は、年平均成長率(CAGR)13.2%で成長し、2028年には7億8600万ユニットに達すると予測されている。

LoRaは、IoTデバイスのグローバルな接続プラットフォームとして勢いを増している。LoRa 端末ノードのインストールベースは、2024 年初めに 3 億 5000 万に達し、約20%が公共ネットワークに接続されている。Berg Insightは、LoRaとLoRaWANのエコシステムは今後もプライベートネットワークが主流になると考えている。LoRaの低消費電力は、長寿命バッテリー動作の要件にマッチしている。LoRaはまた、都市、工業プラント、商業ビルにおけるスマートセンサーやトラッキングデバイスのネットワーク化のための大都市およびローカルエリアIoT展開の牽引力となっている。スマートホームは、米国のアマゾンのサイドウォーク・ネットワークに牽引され、今後数年で主要なアプリケーション分野になると予想されている。Berg Insightは、2023年のLoRaデバイスの年間出荷台数が5,000万台に達すると予測している。2028年までの年間出荷台数はCAGR16.2%で成長し、1億600万台に達すると予測される。

シンガポールを拠点とするSigfox事業者UnaBizが2022年にSigfoxの新オーナーとして就任し、Sigfox技術と事業の運営モデルに新たな方向性を打ち出した。2023年末時点で、Sigfoxデバイスの設置台数は前年比10%増の1,250万台に達している。バーグ・インサイトは、Sigfoxにとってこの技術が資産追跡分野でどのように受け入れられるかが重要な試金石になると考えている。また、さまざまな産業におけるセンサー・ソリューションは、この技術にとって最も有望な応用分野のひとつである。Berg Insight社は、Sigfoxデバイスの出荷台数は2023年の160万台から2028年には660万台まで年平均成長率(CAGR)33.6%で伸びると予測している。

IEEE 802.15.4、Wirepas Mesh、Mioty、NR+などの新興LPWAデバイスエコシステムは、今後数年間で重要なIoTネットワーキングプラットフォームに成長する可能性を秘めています。これまでのところ、IEEE 802.15.4が最も広く普及している。この技術はグループの中で最も成熟しており、主要なスマートメータリングベンダー数社から支持を得ている。Wirepas Meshは数百万台のインストールベースを数え、多くの大規模プロジェクトで使用されている。MiotyとNR+はさらに新しい技術で、前者は今のところ主にパイロット・プロジェクトで展開されており、後者は2024年中に最初の機器展開が予定されている。

本レポートは以下の質問に答えます

  • IoTワイドエリアネットワーキング技術市場は今後5年でどう進化するか?
  • セルラーIoTモジュール市場における新たな挑戦者は?
  • 低コストLPWA技術で対応できる新たな大量生産セグメントは?
  • セルラーIoTエコシステムにとってLTE-MとNB-IoTが重要なのはなぜか?
  • 5Gの採用を促進するIoTアプリケーションは?
  • 5G NR Reduced Capability(RedCap)デバイスの導入スケジュールは?
  • LoRaとSigfoxデバイスの現在のインストールベースは?
  • 新たなLPWA技術標準の見通しは?

 



ページTOPに戻る


目次

目次

目次
図表の一覧

エグゼクティブサマリー

1 モノのインターネットのための広域ネットワーク

1.1 ワイド・エリア・ネットワークに接続されるモノとは?
1.1.1 ユーティリティ・メーター
1.1.2 自動車
1.1.3 建物
1.1.4 低額資産 - インダストリー4.0と消費者製品
1.1.5 よりスマートで安全な都市を作る機会
1.2 技術の選択肢は?
1.2.1 ネットワーク展開モデル
1.2.2 ライセンス周波数帯と非ライセンス周波数帯
1.2.3 セルラー技術とLPWA技術のコスト比較
1.3 主要な技術エコシステムは?

2 3GPPエコシステム

2.1 テクノロジの特徴
2.1.1 3GPPリリース13 - LTE-MとNB-IoTの導入
2.1.2 3GPPリリース14 - IoTの拡張とC-V2X
2.1.3 3GPP Release 15 - 5G仕様の第1フェーズ
2.1.4 3GPP Release 16 - URLLC機能強化、IIoT機能、5G NR C-V2X
2.1.5 3GPP Release 17 - RedCapと非地上ネットワーク通信
2.1.6 3GPPリリース18 - 最初の5G-Advanced仕様
2.1.7 ネットワーク・フットプリント
2.1.8 2G/3Gモバイル・ネットワーク
2.1.9 4Gモバイル・ネットワーク
2.1.10 4G/5GモバイルIoTネットワーク(LTE-MおよびNB-IoT)
2.1.11 5Gモバイル・ネットワーク
2.2 半導体ベンダー
2.2.1 ASR Microelectronics
2.2.2 Eigencomm
2.2.3 MediaTek
2.2.4 MLINK
2.2.5 Qualcomm
2.2.6 Samsung Electronics
2.2.7 Sequans Communications
2.2.8 Sony
2.2.9 UNISOC
2.2.10 Xinyi Information Technolog
2.2.11 その他の半導体ベンダー
2.3 モジュールベンダー
2.3.1 Cavli Wireless
2.3.2 China Mobile IoT
2.3.3 Fibocom
2.3.4 Gosuncn WeLink
2.3.5 Kontron
2.3.6 MeiG Smart Technology
2.3.7 Murata
2.3.8 Neoway
2.3.9 Nordic Semiconductor
2.3.10 Quectel
2.3.11 Rolling Wireless (Fibocom)
2.3.12 Semtech
2.3.13 Sunsea AIoT (SIMCom & Longsung)
2.3.14 STMicroelectronics
2.3.15 Telit Cinterion
2.3.16 u-blox
2.3.17 その他のセルラーIoTモジュールベンダー

3 LoRaとLoRaWANのエコシステム

3.1 技術の特徴
3.2 ネットワークフットプリント
3.2.1 ヨーロッパ
3.2.2 アジア太平洋
3.2.3 米州
3.2.4 中東・アフリカ
3.3 半導体・モジュールベンダー
3.3.1 セムテック
3.3.2 その他の半導体ベンダー
3.3.3 LoRaモジュールベンダー

4 Sigfoxエコシステム

4.1 技術の特徴
4.2 ネットワークフットプリント
4.2.1 欧州
4.2.2 米州
4.2.3 アジア太平洋
4.2.4 中東・アフリカ
4.2.5 UnaBizはLoRaWANエコシステムと提携している
4.2.6 主要なSigfoxユースケースの例
4.3 半導体ベンダーとモジュールベンダー
4.3.1 半導体ベンダー
4.3.2 Sigfoxモジュールベンダー

5 新たな LPWA エコシステム

5.1 eeee 802.15.4
5.1.1 802.15.4に基づく接続スタック
5.1.2 ネットワーク・フットプリント
5.2 ワイヤパス・メッシュ
5.3 DECT-2020 NR (NR+)
5.4 Mioty
5.5 チップセットとモジュールのベンダー

6 市場予測と動向

6.1 市場概要
6.2 セルラーIoTデバイス市場
6.2.1 欧州
6.2.2 北米
6.2.3 ラテンアメリカ
6.2.4 中国
6.2.5 その他のアジア太平洋地域
6.2.6 中東・アフリカ
6.3 LoRaデバイス市場
6.4 Sigfoxデバイス市場
6.5 新たなLPWA技術

用語解説

ページTOPに戻る


プレスリリース

2024-06-10 プレスリリース
セルラーIoTモジュールの2023年の売上高は9%減の54億米ドル

IoTアナリスト企業Berg Insightの新しい調査報告書によると、2023年のセルラーIoTモジュールの年間出荷台数は前年比3%減の4億2300万台となった。同年の年間売上高は9%減の54億USドルとなった。この減少の主な原因は、部品不足時の購買行動の変化により、顧客の在庫水準が高くなったことである。セルラーモジュールベンダー大手5社(Quectel、Fibocom、Telit Cinterion、Semtech、u-blox)は、売上高で市場の72%のシェアを占めていた。2028年まで、セルラーIoTモジュールの出荷量は年平均成長率(CAGR)13%で成長し、7億8600万ユニットに達すると予測されている。

LTE Cat-1 bisモジュールの出荷の急成長は、現在市場で最も強いトレンドである。UNISOCが2019年に最初のLTE Cat-1 bisチップセットを発表した後、LTE Cat-1 bisモジュールは年間出荷量の1億ユニット以上を占め、予測期間を通じて最大のカテゴリーであり続けると予想される。LTE Cat-1 bisチップセットは現在10社近くのサプライヤーから供給されており、そのほとんどが中国に拠点を置いている。LTE Cat-1 bisモジュールの価格は、POS端末、資産追跡装置、車両テレマティクス装置、スマートメーターなどの製品カテゴリーで広く使用されている中国市場で大量に販売され、1ユニットあたり5米ドルを下回っている。

LTE Cat-1 bisは、特に4G LTEネットワークが当分の間運用されると予想される地域では、他の市場でも人気の高い選択肢となっている。しかし、LTE-Mモジュールは、価格面では依然としてLTE Cat-1 bisモジュールに勝っており、消費電力や長寿命に対する要件がより厳しいIoT機器では、より人気の高い選択肢となっている。LTE-Mは5Gに対応しているため、10年以上使用されるIoT機器に適しており、先進市場の携帯電話事業者が10年末に4G LTEネットワークの廃止を開始するため、これは非常に重要である。

高速セグメントでは、コネクテッド・カー、FWA CPE、IoTルーターなどの製品カテゴリーで、5Gが高速4G LTEに取って代わり始めている。5G RedCapモジュールは一般に入手可能になり始めており、LTE Cat-4およびLTE Cat-6モジュールの代替として機能する。この技術の普及は、価格と5G SAネットワークのカバレッジが改善する2026~2027年に加速すると予想される。Berg Insightは、5G RedCapチップセットを発表または発表予定のセルラーチップセットサプライヤー10社を特定した。

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Description

The Internet of Things is weaving a new worldwide web of interconnected objects. By the end of 2023, about 3.8 billion devices were connected to wide area networks based on cellular or LPWA technologies. The market is highly diverse and divided into multiple ecosystems. Berg Insight forecasts that annual shipments of cellular and non-3GPP LPWA IoT modules will grow at a compound annual growth rate (CAGR) of 13.7 percent from 493 million units in 2023 to 936 million units in 2028. Get up to date with the latest trends from all main regions and vertical markets with this unique 120-page report.

 


 

Celluar and LPWA IoT Device Ecosystems gives a comprehensive overview of the main wide are networking technologies for the Internet of Things - 2G/3G/4G/5G cellular, LoRa, Sigfox as well as a group of emerging LPWA technologies including 802.15.4-based  protocols, Wirepas mesh, DECT-2020 NR and Mioty. This strategic research report from Berg Insight provides you with 120 pages of unique business intelligence including 5-year industry forecasts and expert commentary on which to base your business decisions.

Highlights from this report:

  • 360-degree overview of the main IoT wide area networking ecosystems.
  • Comparison of technologies and standards.
  • Updated profiles of the main suppliers of IoT chipsets and modules.
  • Cellular IoT module market data for 2023.
  • Adoption trends for LPWA technologies including NB-IoT, LTE-M, LoRa and Sigfox.
  • Cellular and non-3GPP LPWA IoT device market forecasts until 2028.

Cellular IoT module shipments reached 423 million in 2023

The Internet of Things is continuously evolving and expanding into new domains. By the end of 2023, approximately 3.8 billion devices were connected to wide area networks based on cellular or LPWA technologies. The market is highly diverse and divided into multiple ecosystems. This report will focus on the most prominent technology ecosystems for wide area IoT networking – the 3GPP ecosystem of cellular technologies and the LPWA technologies LoRa and Sigfox – as well as a group of emerging LPWA technologies including 802.15.4-based protocols, Wirepas Mesh, DECT-2020 NR (NR+) and Mioty.

The 3GPP family of cellular technologies support the largest ecosystem in wide area IoT networking. Berg Insight estimates that the global number of cellular IoT subscribers amounted to 3.3 billion at the end of 2023 – corresponding to 28 percent of all mobile subscribers. Yearly shipments of cellular IoT modules amounted to 423 million units in 2023, down 3 percent year-on-year. Annual cellular IoT module revenues declined by 9 percent to US$ 5.9 billion. The five largest cellular module vendors – Quectel, Fibocom, Telit Cinterion, Semtech and u-blox – held a market share of 72 percent in terms of revenues. Qualcomm, UNISOC and ASR Microelectronics are the main cellular IoT chipset suppliers. Other important cellular IoT chipset providers include Eigencomm, MediaTek, Sony and Xinyi Information Technology.

IoT-optimised 4G LTE technologies dominate the cellular IoT technology landscape as LTE Cat-1/LTE Cat-1 bis, NB-IoT and LTE-M replace 2G and 3G technologies in the low to mid market segments. LTE Cat-4 and higher Cat LTE-A technologies remain the main alternative for high-speed IoT devices but will over time be replaced by 5G as network coverage and pricing improves. 5G IoT devices are today largely concentrated to FWA CPEs, IoT routers as well as cars from front-running automotive OEMs. 5G RedCap modules are starting to become generally available and will in time enable a broader set of 5G IoT use cases. Uptake of the technology is expected to be limited in the short-term due to the price gap to 4G LTE Cat-4/6 modules and 5G SA network coverage requirements. Cellular IoT module shipments are forecasted to grow at a compound annual growth rate (CAGR) of 13.2 percent to reach 786 million units by 2028.

LoRa is gaining momentum as a global connectivity platform for IoT devices. The installed base of LoRa end nodes reached 350 million at the beginning of 2024 with around 20 percent connected to public networks. Berg Insight believes the LoRa and LoRaWAN ecosystems will continue to be dominated by private networks. Major volume application segments are smart gas and water metering, where LoRa’s low power consumption matches the requirements for long-life battery operation. LoRa is also gaining traction for metropolitan and local area IoT deployments for networking smart sensors and tracking devices in cities, industrial plants and commercial buildings. Smart home is expected to become a major application area in the coming years, driven by Amazon’s Sidewalk network in the US. Berg Insight estimates that yearly shipments of LoRa devices amounted to 50 million units in 2023. Until 2028, yearly shipments are forecasted to grow at a CAGR of 16.2 percent to reach 106 million units.

The Singapore-based Sigfox operator UnaBiz took over as the new owner of Sigfox in 2022, setting a new direction for the Sigfox technology and operating model for the business. At the end of 2023, the installed base of Sigfox devices reached 12.5 million, up 10 percent from the previous year. Berg Insight believes that the critical test for Sigfox will be how the technology is received in the asset tracking segment. In addition, sensor solutions in different industries is one of the most promising application areas for the technology. Berg Insight forecasts that shipments of Sigfox devices will grow at a compound annual growth rate (CAGR) of 33.6 percent from 1.6 million units in 2023 to 6.6 million units by 2028.

Emerging LPWA device ecosystems such as IEEE 802.15.4, Wirepas Mesh, Mioty and NR+ have the potential to grow into significant IoT networking platforms in the coming years. So far, IEEE 802.15.4 has achieved the most widespread adoption. The technology is the most mature in the group and has gained support from several of the leading smart metering vendors. Wirepas Mesh counts an installed base in the millions and has been used in a number of large-scale projects. Mioty and NR+ represent two even more nascent technologies – the former is so far mainly deployed in pilot projects while the latter is expecting its first deployments of devices during 2024.

This report answers the following questions:

  • How will the IoT wide area networking technology market evolve the next five years?
  • Who are the new challengers in the cellular IoT module market?
  • Which new mass-volume segments can be addressed by low-cost LPWA technologies?
  • Why are the standards LTE-M and NB-IoT so significant for the cellular IoT ecosystem?
  • Which IoT applications will drive the adoption of 5G?
  • What is the timeline for the introduction of 5G NR Reduced Capability (RedCap) devices?
  • What is the current installed base of LoRa and Sigfox devices?
  • What are the prospects for emerging LPWA technology standards?

 



ページTOPに戻る


Table of Contents

Table of Contents

Table of Contents
List of Figures

Executive summary

1    Wide Area Networks for the Internet of Things

1.1    Which things will be connected to wide area networks?
1.1.1    Utility meters
1.1.2    Motor vehicles
1.1.3    Buildings
1.1.4    Low value assets – Industry 4.0 and consumer products
1.1.5    The opportunity to create smarter and safer cities
1.2    What are the technology options?
1.2.1    Network deployment models
1.2.2    Licensed and unlicensed frequency bands
1.2.3    Cost comparison for cellular and LPWA technologies
1.3    Which are the leading technology ecosystems?

2    3GPP Ecosystem

2.1    Technology characteristics
2.1.1    3GPP Release 13 – Introducing LTE-M and NB-IoT
2.1.2    3GPP Release 14 – IoT enhancements and C-V2X
2.1.3    3GPP Release 15 – The first phase of 5G specifications
2.1.4    3GPP Release 16 – URLLC enhancements, IIoT features and 5G NR C-V2X
2.1.5    3GPP Release 17 – RedCap and non-terrestrial network communications
2.1.6    3GPP Release 18 – The first 5G-Advanced specifications
2.1.7    Network footprint
2.1.8    2G/3G mobile networks
2.1.9    4G mobile networks
2.1.10    4G/5G mobile IoT networks (LTE-M and NB-IoT)
2.1.11    5G mobile networks
2.2    Semiconductor vendors
2.2.1    ASR Microelectronics
2.2.2    Eigencomm
2.2.3    MediaTek
2.2.4    MLINK
2.2.5    Qualcomm
2.2.6    Samsung Electronics
2.2.7    Sequans Communications
2.2.8    Sony
2.2.9    UNISOC
2.2.10    Xinyi Information Technology
2.2.11    Other semiconductor vendors
2.3    Module vendors
2.3.1    Cavli Wireless
2.3.2    China Mobile IoT
2.3.3    Fibocom
2.3.4    Gosuncn WeLink
2.3.5    Kontron
2.3.6    MeiG Smart Technology
2.3.7    Murata
2.3.8    Neoway
2.3.9    Nordic Semiconductor
2.3.10    Quectel
2.3.11    Rolling Wireless (Fibocom)
2.3.12    Semtech
2.3.13    Sunsea AIoT (SIMCom & Longsung)
2.3.14    STMicroelectronics
2.3.15    Telit Cinterion
2.3.16    u-blox
2.3.17    Other cellular IoT module vendors

3    LoRa and LoRaWAN Ecosystem

3.1    Technology characteristics
3.2    Network footprint
3.2.1    Europe
3.2.2    Asia-Pacific
3.2.3    The Americas
3.2.4    Middle East & Africa
3.3    Semiconductor and module vendors
3.3.1    Semtech
3.3.2    Other semiconductor vendors
3.3.3    LoRa module vendors

4    Sigfox Ecosystem

4.1    Technology characteristics
4.2    Network footprint
4.2.1    Europe
4.2.2    The Americas
4.2.3    Asia-Pacific
4.2.4    Middle East & Africa
4.2.5    UnaBiz partners with the LoRaWAN ecosystem
4.2.6    Examples of major Sigfox use cases
4.3    Semiconductor and module vendors
4.3.1    Semiconductor vendors
4.3.2    Sigfox module vendors

5    Emerging LPWA Ecosystems

5.1    IEEE 802.15.4
5.1.1    Connectivity stacks based on 802.15.4
5.1.2    Network footprint
5.2    Wirepas Mesh
5.3    DECT-2020 NR (NR+)
5.4    Mioty
5.5    Chipset and module vendors

6    Market Forecasts and Trends

6.1    Market summary
6.2    The cellular IoT device market
6.2.1    Europe
6.2.2    North America
6.2.3    Latin America
6.2.4    China
6.2.5    Rest of Asia-Pacific
6.2.6    Middle East & Africa
6.3    The LoRa device market
6.4    The Sigfox device market
6.5    Emerging LPWA technologies

Glossary

ページTOPに戻る


Press Release

2024-06-10 Press releases
Cellular IoT module revenues declined 9 percent to US$ 5.4 billion in 2023

According to a new research report from the IoT analyst firm Berg Insight, annual shipments of cellular IoT modules amounted to 423 million units in 2023, down 3 percent from the previous year. Annual sales declined by 9 percent to US$ 5.4 billion in the year. The decline was largely due to high inventory levels among customers, caused by the change in purchasing behaviour during the shortages of components. The five largest cellular module vendors – Quectel, Fibocom, Telit Cinterion, Semtech and u-blox – held a 72 percent share of the market in terms of revenues. Until 2028, shipments of cellular IoT modules are forecasted to grow at a compound annual growth rate (CAGR) of 13 percent to reach 786 million units.

The rapid growth of LTE Cat-1 bis module shipments is currently the strongest trend in the market. After UNISOC’s launch of the first LTE Cat-1 bis chipset in 2019, LTE Cat-1 bis modules account for more than 100 million units of the annual volume and are expected to remain the largest category throughout the forecasted period. LTE Cat-1 bis chipsets are now available from close to 10 suppliers, most of which are based in China. LTE Cat-1 bis module prices have dropped below US$ 5 per unit in large volumes on the Chinese market, where the modules are widely used across product categories such as POS terminals, asset trackers, vehicle telematics devices and smart meters.

LTE Cat-1 bis is also becoming a popular option across other markets, especially in regions where 4G LTE networks are expected to remain in operation for the foreseeable future. LTE-M modules however still beat LTE Cat-1 bis modules on pricing and are the more popular option for IoT devices with stricter requirements on power consumption and long lifecycle. As LTE-M is 5G-ready, it is suitable for IoT devices that will stay in the field for more than 10 years, which may prove critical as mobile operators in advanced markets will start to sunset their 4G LTE networks near the end of the decade.

In the high-speed segments, 5G is starting to replace high-speed 4G LTE variants across product categories like connected cars, FWA CPEs and IoT routers. 5G RedCap modules are starting to become generally available and will function as a replacement for LTE Cat-4 and LTE Cat-6 modules. Uptake of the technology is expected to accelerate in 2026–2027 when pricing and 5G SA network coverage have improved. Berg Insight has identified 10 cellular chipset suppliers that have launched or plan to launch 5G RedCap chipsets, which will over time contribute to a healthy device ecosystem.

 

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同じKEY WORD(モノのインターネット)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Berg Insight社はどのような調査会社ですか?


スウェーデンの調査会社ベルグインサイト社(Berg Insight)は、モバイルM2Mや位置情報サービス(LBS)、モバイルVAS、次世代技術など、通信関連市場を専門に調査しています。特に、M2Mと位... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/13 10:28

157.89 円

171.11 円

204.74 円

ページTOPに戻る