世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

【分析レポート:アプリケーション】5Gクラウドデータ管理

5G Cloud Data Management

Application Analysis Report

 

出版社 出版年月価格 ページ数
ABI Research
ABIリサーチ
2019年9月お問い合わせください 31

サマリー

多くのモバイルサービスプロバイダは、データから商業的価値を切り離そうと模索している。データレイクには業務を合理化し、新しい収益源を追求するための競争上の優位性があると考えられている。そのため、5Gクラウドデータ管理ソリューションは、サイロ化、分散、個々のデータセットを単一のコントロールプレーンの下で調整するという課題に取り組む、新しい業界の提携・パートナーシップの先駆けとして機能することが期待されている。

米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「【分析レポート:アプリケーション】5Gクラウドデータ管理」は、データの多様性、キャリアグレードの可用性、データの標準化などの共通データレイヤーのコアテクノロジーについて概説している。ウェブスケール企業の視点からのクラウドデータ管理ソリューションについても説明している。電話会社の従来の加入者データに加えて、より広範な分析フレームワークを活用して新たな価値を生み出すような重要な利用ケースについても記載している。

Many Mobile Service Providers (MSPs) are already in a journey to unlock commercial value from isolated data. Data lakes are increasingly seen as a competitive advantage to streamline operations and pursue new revenue streams.  To that end, 5G cloud data management solutions are expected to serve as a bellwether of new industry alliances and partnerships that tackle the challenge of calibrating siloed, dispersed and distinct datasets under a single control plane.  Major vendors like Ericsson, Nokia and Openwave (an Enea company) have launched telecoms-centric solutions designed under a cloud-native architecture, including open APIs and standardized interfaces.  Other vendors such as Accedian and Cloudera provide complementary analytics frameworks that address performance management, data engineering and data warehousing use cases hosted in cloud or on premises.

This report discusses core technology pillars of a common data layer, including data diversity, carrier-grade availability and data standardization.  The report also discusses components of cloud data management solutions from the lens of webscale companies. Finally, this report presents key use cases that are expected to create new value for the industry by leveraging a broader analytics framework in addition to historical telco-specific subscriber data.

Companies Mentioned

  • Accedian
    Amazon
    Cloudera
  • Ericsson
    Google
    Huawei
  • Microsoft
    Nokia
    Openwave (an Enea company)
  • Oracle
    TEOCO
    ZTE

     

    ABIリサーチの調査レポートの詳細については、サンプルをご請求ください。

    (株式会社データリソース 03-3582-2531、office@dri.co.jp)

     

 



目次

1. EXECUTIVE SUMMARY
2. RECOMMENDATIONS
3. TECHNOLOGY OVERVIEW
3.1. Traditional Approach to Managing Subscriber Context
3.2. Core Components of a Common Data Layer
3.3. Data Types
3.4. AI and Machine Learning
3.5. Ecosystem Data Orchestration
4. EVOLUTION OF TELCO DATA MANAGEMENT
4.1. Generation 1: Static SDM for Subscriber Data Only
4.2. Generation 2: Shift from UDR to UDM in Distributed and Virtualized Architectures
4.3. Generation 3: A Shared Data Layer
4.4. Generation 4: 5G SBA Cloud Data Layer
4.5. A Data Layer for Hybrid Environments
4.6. 5G Network Elements and Analytics Value Chain
4.7. 5G Network Elements
4.8. 5G Analystics Value Chain
5. WEB-FOCUSED TECHNOLOGIES
5.1. Webscales Competing on Analystics
5.2. Levels of Analytical Capabilities: Webscale versus Telcos
6. USE CASES
6.1. Consumer and Enterprise Trends
6.2. Unified Digital Subscriber Identity
6.3. State Management at the Edge
6.4. 5G Stateless Network Functions
7. VENDOR PROFILES
7.1. Accedian
7.2. Cloudera
7.3. Nokia
7.4. Openwave Mobility, an Enea Company

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る