世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い



拡張現実・仮想現実

2020/01/06

現実からのかい離を促進すると言われてきたゲームが、反転して現実世界との融合を掲げて驀進している。世界中で、2016年夏の話題を独占しそうな「ポケモンGO」は、拡張現実(AR)技術と位置情報を基盤としている。基本プレイは無料と利用者の費用負担は極めて軽い「ポケモンGO」であるが、B2Bの活用が大きな注目を集めている。店舗や場所への誘導という特徴から小売りや観光業への応用がすでに成果をあげている。機器メーカのライセンスへの動きや新たな周辺機器等の販売、専用機の開発、通信会社の課金、フリーミアムビジネスモデルの展開などにおいても期待が高まっている。ゲームへの応用のみならず、世界の拡張現実・仮想現実はめざましい発展を遂げており、医療、教育、自動車など幅広い市場への浸透が見込まれている。「ポケモンGO」のような破壊的な大成功ではなくとも、それぞれの分野ですでに欠くべからざる技術となっている。
世界の調査会社がこの技術に注目し、調査レポートを出版しています。下記をご参照いただき、貴社の業務・戦略にお役立てください。
また、さらにポイントを絞ったテーマについては委託調査が有効です。お見積りは無料ですので、どうぞご相談くださいませ。
(株式会社データリソース、03-3582-2531、office@dri.co.jp)




没入型技術の市場(仮想現実、拡張現実、複合現実):エンターテインメントとインダストリー4.0の課題と予測(イダテ社、2019年11月、Eur 3,000)


ヒューマンオーグメンテーション市場:技術毎(ウェアラブル、仮想現実、拡張現実、エクソスケルトン、高度バーチャルアシスタント)、機能性毎(着用、非着用)、地域毎 - 2024年までの世界市場予測(マーケッツアンドマーケッツ、2019年11月、US$ 4,950)


拡張現実と仮想現実用ディスプレイ市場:タイプ毎(拡張現実HMD、仮想現実HMD、HUD、プロジェクタ)、拡張現実・仮想現実毎、用途毎(消費者、企業、商業、医療、航空宇宙・防衛)、ディスプレイトレンド毎、地域毎 - 2024年までの世界市場予測(マーケッツアンドマーケッツ、2019年11月、US$ 4,950)


消費者向け複合現実(MR):新しい機会、ベンダ戦略&市場予測 2019-2024年(ジュニパーリサーチ社、2019年11月、GBP 2,250)


世界の拡張分析市場の予測と分析 2020-2024年:採用毎、地域毎(テクナビオ、2019年11月、US$ 2,500)


拡張現実&複合現実:影響評価、部門別分析&予測 2019-2024年(テクナビオ、2019年10月、GBP 4,090)


航空宇宙の拡張現実・仮想現実市場:拡張現実・仮想現実毎、訓練・運用毎、ハードウェア・ソフトウェア毎、オンボード・オフボード毎、製品毎、産業毎、地域毎 - 2025年までの世界市場予測(マーケッツアンドマーケッツ、2019年10月、US$ 4,950)


【競争分析】企業の拡張現実プラットフォーム(ABIリサーチ、2019年10月、価格はお問合せ下さい)


【PT:アプリケーション分析レポート】拡張現実用ハードウェアとコンポーネントの最新情報(ABIリサーチ、2019年10月、価格はお問合せ下さい)


注目の調査レポート一覧のページへ

お知らせ

  • 他のお知らせはありません。

 

ページTOPに戻る