世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

モビリティサービス最新動向ガイド 2020年Q2版 - 四半期毎更新

Mobility Services Guide 2020Q2

 

出版社 出版年月価格
SBD - Secured by Design Ltd
SBDジャパン
2020年9月お問い合わせください

※日英データ版です。四半期更新予定です。

サマリー

SBDの発行する四半期レポート「モビリティサービス最新動向ガイド」はモビリティ市場の最新動向をまとめたレポートです。各モビリティサービスの特徴や事例、各市場で提供されているコネクテッドモビリティサービスの概要一覧と各サービスの詳細、モビリティサービスにおけるOEMの役割などについて掲載しています。本書は米国編、欧州編、中国編の3部構成です。

◆最新版タイトル◆
「モビリティサービス最新動向ガイド 2020年Q2版(Mobility Services Guide 2020Q2)」


 

SBDでは欧州、米国、中国において自動車メーカー各社が展開しているモビリティサービ
スに関する調査を継続的に行っており、最新情報をまとめたレポート「モビリティサービ
ス最新動向ガイド」
四半期ごとに発行しています。

現在ほとんどのOEMがモビリティ関連のサービス/イニシアチブ/プログラムを発表してい
ますが、各社の取り組みの積極性には差が見られます。本書ではモビリティサービスの概
要、モビリティにおけるOEMの取り組み、各サービスの詳細(概要、関連OEM、運営
チャネル、最新情報など)を網羅
しています。

 

 

OEMによる欧州でのモビリティサービスへの取り組み

出典:SBD「モビリティサービス最新動向欧州編」

本書で扱うモビリティサービス


カーシェアリング
短期間のレンタカーサービスモデルで、ユーザーは車両とピックアップ/乗り捨て場所の選択が可能。通常、スマートフォンアプリやRFIDカードを用いてユーザーに車両の一時的使用を許可する。  

ライドヘイリング
配車サービスの一形態で、通常、事業者の従業員ではなくドライバーが個人の所有車両を使用してサービスを請け負う。スマートフォンとGPS位置情報を利用し、進化した新しいタクシーサービスとして機能する。  

P2Pシェアリング
車両所有者が車両を使用していないときに他者に貸し出すサービス。これは、他業界で様々な企業が大きな成功を収めているP2P(ピアツーピア)シェアリングエコノミーの自動車業界版。

相乗り
すでに確定されたルートを走行する車両に乗車するサービス。事業者は「仲介者」としてルートの告知や乗車予約受け付けを担当する。特定の場所へ行く個人が提供する場合とコスト全体をユーザー全員で分け合う場合とがある。

レンタカー
従来のレンタカーサービスを煩わしい手続きから解放して進化させて日ベースのレンタカーサービスで、ユーザーは多様なレンタル期間を選択可能。  

マルチモーダル
マルチモーダル事業者が様々なモビリティサービスや輸送手段を組み合わせたサービスを提供。ユーザーの好みに合わせて、ある地点から別の地点への移動を最速かつ安価に、また可能な限り効率的に行えるようにするサービス。

本書で取り扱う事例

各市場で展開するサービスの概要、アーキテクチャ、料金モデル、利用の流れ

*本書掲載事例の一部


 

概要
現在提供されている6つのモビリティサービスの概要、それぞれの長所と短所、各サービスを提供しているサプライヤーを掲載

モビリティにおけるOEMの取り組み
各地域におけるモビリティ市場へのOEMの取り組み、各OEMが展開しているサービス、サービスの詳細、OEMとの関与。

サービスの詳細
各サービスプロバイダーが提供するサービスについて概要、サービスの詳細、サービスアーキテクチャ、料金設定モデル、サービス利用、サービス展開状況など。

 



 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る