世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

自動運転最新動向ガイド - 四半期毎更新

Autonomous Car Guide

自動運転分野の最新動向や将来に向けた展望をまとめたレポート

 

出版社 出版年月価格
SBD - Secured by Design Ltd
SBDジャパン
2020年4月お問い合わせください

*日英データ版です。四半期ごとに更新しています。

サマリー

SBDの発行する四半期レポート「自動運転最新動向ガイド 2020年4月版」は、自動運転の自動化レベル、自動運転車エコシステムにおける最新の買収/投資、コラボレーション、人と物の輸送のための自動運転モビリティプログラムの概略、自動運転の実現に必要な技術など、自動運転分野における最新情報についてまとめています。


 

SBDではこの度「自動運転最新動向ガイド 2020年4月版」を発行いたしました。

SBDでは、自動運転分野に関する調査を継続的に行っており、最新動向や将来に
向けた展望を分かりやすくまとめた「自動運転最新動向ガイド」を四半期ごとに
発行しています。

本書では業界におけるコラボレーションやパートナー提携、自動運転車の開発に
必要なセンサ技術や、モビリティサービスプロバイダー、エコシステム破壊者、
技術開発会社など自動運転車エコシステムの様々なキープレイヤーについて解説
しています。さらにそれらキープレイヤーの自動運転車の開発におけるそれぞれ
の役割について検証しています。

 

<本書の構成>

自動運転化を後押しする主な要素

ライフスタイルの変化や車両技術の進歩に加えて道路交通量の削減や交通安全の向上など、今日の様々なニーズに対応する手段として自動運転車への期待が高まっています。

自動運転技術の現状

自動運転業界では自動運転を既存ADASシステムの進化形として捉えており、機能強化を図ることで現在のレベルを超越した自動運転技術の実現を目指しています。
技術的には徐々に実現に近づいてきており、今日の課題はむしろ自動運転に関する法整備の方にあり、合法化を進めるなど現行制度の大幅な修正が求められています。

プラスとマイナスのどちらかに働くかは普及率次第

自動運転車は主にドライバー個人の利便性と安全性のために開発されています。しかし、自動運転車の導入は交通渋滞にも短期、中期、長期に渡り多大な影響を与えることになります。

出典:SBD「自動運転最新動向ガイド」


自動運転について

自動運転についての概略と、自動運転という革新的変化を後押しする主な要素、および自動運転車の実現で得られるメリットについて解説

合併/買収

自動運転業界における業務提携や製品開発、技術革新など、最近の主要な産業活動に関する最新情報

 

技術の概要

高度な自動化レベルの実現に必要な各種センサおよび技術について解説すると共に各種センサの技術発展の推移、限界と制約、サプライヤーの概要を示す

業界プレイヤー

自動運転車エコシステムの様々な業界プレイヤーをリストアップし、これらのプレイヤーが自動運転車開発において果たす可能性のある役割について考察

 

民間主導のAV走行試験

人や物の輸送の運用実験を実施している、もしくは商用サービスを展開している、自動運転モビリティ分野(ロボットタクシーを含む)の主要サービスプロバイダを紹介

政府主導のAV走行試験

世界各国で実施中および計画中の自動運転車走行試験プロジェクトをマップで示し、各試験の対象台数や目的などの情報を掲載

 

規制/保険

自動運転車開発に関する規制および欧州、米国、日本、中国における導入の適法性の概要

安全性評価機関

様々な地域の新車アセスメントプログラム(NCAP)を特定し、その枠組みにADAS/自動運転がどう収まるか考察、最新の安全レーティングの概要と最新のADAS技術との関係を示す



 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る