世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

インド鉄道設備市場:種類別(車両、鉄道インフラ、その他)、用途別(機関車、DMU、EMU、貨物車、その他)、地域別、競争、予測・機会、2019-2029年


India Railway Equipment Market By Type (Rolling Stock, Railway Infrastructure and Others), By Application (Locomotives, DMUs, EMUs, Freight Vehicles and Others), By Regional, Competition, Forecast & Opportunities, 2019-2029

インドの鉄道機器市場は2023年に123億1,000万米ドルと評価され、予測期間にはCAGR 3.61%の堅調な成長が予測されている。インドの鉄道機器市場は、鉄道インフラの近代化と乗客の安全性向上を目的とした政府の取り... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
84 英語

 

サマリー

インドの鉄道機器市場は2023年に123億1,000万米ドルと評価され、予測期間にはCAGR 3.61%の堅調な成長が予測されている。インドの鉄道機器市場は、鉄道インフラの近代化と乗客の安全性向上を目的とした政府の取り組みが活発化していることを背景に、近年著しい成長を遂げている。67,000kmを超える広大な線路網を持つインド鉄道は、国の交通システムにおいて重要な役割を果たしている。鉄道部門に対する政府の多額の投資は、インドの輸送に革命を起こそうとしている貨物専用通路や高速鉄道プロジェクトのような野心的なプロジェクトに表れている。
さらに、先進的な信号システム、列車制御システム、車両に対する需要が急増し、鉄道機器市場の成長をさらに刺激すると予想される。こうした技術の進歩は、列車運行の効率と信頼性を向上させるだけでなく、乗客にとってより安全で快適な旅に貢献する。リアルタイム・モニタリングや予知保全といったスマート・テクノロジーの統合は、全体的なパフォーマンスを向上させ、ダウンタイムを削減する。
前向きな成長見通しとは裏腹に、市場は依然として、高いプロジェクト費用、土地取得の問題、官僚的なハードルといった課題に直面している。しかし、近代化に対する政府のコミットメントと、インドにおける強固な鉄道インフラの必要性の高まりは、鉄道機器市場の国内外プレーヤーがともに繁栄し、同国の経済発展に貢献するための十分な機会を提供している。
加えて、遠隔地への鉄道網の拡大とラストマイル接続ソリューションの導入により、インド全土のアクセシビリティと接続性が向上する。これにより、物資や人の移動が促進されるだけでなく、これまで十分なサービスを受けられなかった地域の経済発展も促進される。
さらに、再生可能エネルギー源の利用やエネルギー効率の高い技術など、持続可能な慣行の採用は、鉄道部門の二酸化炭素排出量削減に貢献する。これは、気候変動と闘い、より環境に優しく持続可能な未来を創造するための世界的な取り組みと一致する。
結論として、インドの鉄道機器市場は継続的な成長と革新の態勢を整えている。政府の取り組み、技術の進歩、市場機会の組み合わせが、インドの近代的で効率的な鉄道インフラ整備に有利な環境を作り出している。課題に取り組み、新技術を採用し、協力を促進することで、鉄道機器市場は国の経済発展に大きく貢献し、何百万人もの乗客の全体的な輸送体験を向上させることができる。
主な市場牽引要因
鉄道網の拡大と近代化
インド鉄道機器市場の重要な原動力は、同国の鉄道網の大規模な拡張と近代化である。インドは世界最大級の鉄道システムを誇っており、既存インフラの拡張とアップグレードが常に求められている。これには、新規鉄道路線の建設、既存線路の電化、高速鉄道回廊の開発などが含まれる。遠隔地や十分なサービスを受けていない地域への鉄道接続を強化するという政府の野心的な計画は、線路や信号システムから車両や駅のインフラに至るまで、さまざまな鉄道機器の需要を刺激している。
旅客・貨物需要の増加
旅客輸送と貨物輸送の需要拡大は、インド鉄道機器市場の極めて重要な原動力である。同国の人口が増加し続け、都市化が加速するにつれ、効率的で手頃な価格の輸送ソリューションの必要性が顕著になっている。鉄道輸送は、費用対効果が高く、環境に優しい移動・貨物輸送手段を提供する。特に人口密集地や主要な輸送回廊では、このような鉄道サービスに対する需要の高まりにより、輸送能力と効率を高めるための鉄道機器に対する要求が高まっている。
政府の投資と資金調達
インド政府は鉄道インフラに積極的に投資しており、さまざまな鉄道プロジェクトに多額の財政支援と資金を提供している。Make in India」や「Sagarmala」のようなイニシアチブの下、政府は鉄道機器の国内生産を奨励し、輸入への依存を減らし、国内製造業の成長を促している。こうした政府の支援は、鉄道車両、信号・通信システム、その他の鉄道機器の調達を含む、鉄道部門への投資拡大につながる。
技術の進歩
鉄道部門における技術の進歩は、インド鉄道機器市場の重要な原動力である。高速鉄道、電化、高度な信号・通信システムといった最新技術の採用により、鉄道輸送の効率と安全性が向上している。鉄道車両やインフラ部品に新しい材料や設計を導入することで、性能が向上し、メンテナンスコストが削減される。モノのインターネット(IoT)や自動化などの技術の統合は、鉄道運行を変革し、より費用対効果が高く持続可能なものにしている。
安全性と信頼性の重視
インドの鉄道網にとって、安全性と信頼性は最重要課題となっている。広大なスケールで知られる同国の鉄道システムは、旅客と貨物の輸送を確保するため、高い安全性と信頼性を維持しなければならない。この安全性の重視が、先進的な安全システム、保守機器、軌道検査ツールの需要を高めている。最新の信号・通信ソリューションの導入は、予知保全技術の導入とともに、鉄道システムの全体的な安全性と信頼性を高めている。
都市交通プロジェクト
都市化と大都市における混雑の増大により、都市交通プロジェクトが急増している。地下鉄や郊外鉄道を含む高速輸送システムは、都市モビリティの重要な構成要素になりつつある。こうしたプロジェクトには、鉄道車両、線路、駅のインフラ、信号システムなど、鉄道設備への多額の投資が必要である。メトロ鉄道システムや郊外鉄道網を計画・導入する都市が増えるにつれ、インド鉄道機器市場は、こうした都市交通の試みが生み出す需要から利益を得ている。
主な市場課題
予算制約と資金調達の問題
インド鉄道機器市場における主な課題の1つは、予算の制約と資金調達の問題である。インド鉄道の野心的な拡張・近代化計画にもかかわらず、資金面の制約が必要不可欠な鉄道機器の調達の妨げになる可能性がある。先進的な鉄道車両、信号システム、インフラ部品の取得に伴う高額な資本コストが大きな課題となっている。政府は財政支援を行っているが、大規模な鉄道プロジェクトの需要を満たすには資金配分が不十分なことが多い。その結果、鉄道システムの維持・改良に必要な資源が不足し、遅れが生じている。
複雑な規制環境
インドの複雑な規制環境は、鉄道機器市場にとって大きな課題である。この業界にはさまざまな規制の枠組みがあり、鉄道運行のさまざまな側面を担当する機関や当局が存在する。このような断片化は、混乱、非効率、承認やコンプライアンスの遅れにつながる可能性がある。こうした課題を軽減し、より効率的で透明性の高い鉄道機器市場を創出するためには、規制、安全基準、調達プロセスの標準化と合理化が必要である。
インフラの老朽化とメンテナンス
インドの鉄道システムには、大規模なメンテナンスとアップグレードを必要とする老朽化したインフラが広大に広がっている。老朽化した線路、橋梁、駅は、運行上の課題と安全上の懸念をもたらしている。このようなインフラの保守、修理、改修には時間とコストがかかる。継続的な維持管理に必要な設備、熟練した労働力、資源を確保することは重要な課題である。鉄道網の信頼性と安全性を確保するためには、適時かつ効率的なインフラの近代化が不可欠である。
運行効率と能力
鉄道設備の課題は、調達だけにとどまらず、運行効率や輸送能力の制約にも及んでいる。旅客輸送と貨物輸送の需要の増加は、既存の鉄道インフラを圧迫する。鉄道路線の遅延、混雑、使いすぎは、効率を低下させ、鉄道サービスの信頼性に影響する。定時性と安全性を維持しながら輸送力需要を満たすことは、インド鉄道にとって継続的な課題である。そのためには、最新の信号システム、効率的なスケジューリング、運行の最適化への投資が必要である。
環境と持続可能性への懸念
インド鉄道システムの環境への影響と持続可能性については、関心が高まっている。鉄道産業は比較的環境に優しい輸送手段であるにもかかわらず、排出ガス、廃棄物管理、土地利用などの問題で精査に直面している。鉄道網の拡大と環境保全や持続可能性の目標とのバランスをとることは、重要な課題である。これには、機関車の環境に優しい解決策を見つけること、鉄道機器のリサイクルと廃棄、鉄道建設と運行が環境に与える影響の軽減などが含まれる。
セキュリティと安全性
インドの鉄道機器市場では、鉄道の安全とセキュリティの課題も注目される。乗客、貨物、鉄道資産の安全確保は最優先事項である。鉄道は、線路への侵入、無人踏切での事故、盗難などの課題に対処しなければならない。先進的な安全・セキュリティシステムの導入、周辺セキュリティの維持、乗客や従業員の安全意識への取り組みはすべて、こうした課題を軽減するために不可欠な要素である。安全関連の機器や技術の開発は、鉄道システムにおけるセキュリティの懸念に対処する上で重要な役割を果たしている。
主な市場動向
高速鉄道網の整備
インド鉄道機器市場の顕著なトレンドのひとつは、高速鉄道網の整備である。インドでは、ムンバイ-アーメダバード高速鉄道回廊など、複数の高速鉄道プロジェクトが開始されており、これにより主要都市間の所要時間が大幅に短縮されることが期待されている。高速列車、最新の信号システム、軌道インフラなど、先進的な鉄道機器に対する需要は増加傾向にある。この傾向は、効率的で迅速な都市間輸送を推進するインドの動きと一致している。
鉄道の電化
鉄道網の電化は、顕著な傾向として勢いを増している。インドでは、列車の運行による二酸化炭素排出量を削減し、効率を向上させるため、鉄道の電化に向けた動きが進んでいる。この傾向は、電気機関車と既存線路の電化の需要を牽引している。2023年までに広軌路線の100%電化を達成するという政府の野心的な目標は、この持続可能な傾向へのコミットメントを反映している。
グリーンでエネルギー効率の高い鉄道システムへのシフト
インドの鉄道業界は、グリーンでエネルギー効率の高い鉄道システムにますます重点を置くようになっている。これには、鉄道車両におけるエネルギー効率の高い技術の採用、線路脇の省エネソリューション、再生可能エネルギーの利用などが含まれる。こうした傾向は、鉄道輸送が環境に与える影響を軽減し、運行コストを下げることを目的としている。太陽光発電の鉄道駅や回生ブレーキシステムの導入は、鉄道機器市場におけるグリーン・イニシアチブの一例である。
デジタル化とスマート鉄道
鉄道のデジタル化とスマート鉄道システムの開発は、新たなトレンドである。IoT(モノのインターネット)とデータ分析の進歩は、安全性、効率性、乗客体験を高めるために活用されている。スマート鉄道システムには、予知保全、リアルタイム監視、旅客情報システムなどの機能が含まれる。こうしたトレンドは、運行の最適化と、シームレスで技術的に高度な鉄道ネットワークの確保に役立っている。
現地生産と「メイク・イン・インディア
メイク・イン・インディア」イニシアティブは、鉄道機器の生産における国産化と自立を推進している。この流れは、鉄道部品、車両、インフラの国内生産を奨励している。その結果、鉄道機器市場では、国産機器の需要が高まっている。この傾向は、輸入依存度を下げ、国内製造能力を強化し、経済成長を促すというインドのビジョンと一致している。
複合一貫輸送の統合
インド鉄道機器市場では、複数の輸送手段を統合する動きが顕著になっている。鉄道、地下鉄、バスなどさまざまな交通手段を統合することは、シームレスで効率的な交通網を構築する手段と考えられている。この傾向は、総合的な輸送ソリューションの必要性を反映しており、相互運用可能な発券システムの開発、スケジュールの同期化、乗客にシームレスで便利な旅行体験を提供するための総合的なプランニングが必要とされている。
セグメント別洞察
タイプ別洞察
インドの鉄道機器市場は、大きな成長の可能性を秘めた、非常にダイナミックで有望なセクターである。インドが急速な都市化を続け、デジタルトランスフォーメーションを受け入れるにつれ、効率的な鉄道インフラと先進的な鉄道機器に対する需要が大幅に高まっている。同国では人口が増加し、都市化が進んでいるため、日常的な移動手段として鉄道網を利用する通勤者の数が急増している。こうした需要の高まりにより、シームレスで効率的な運行を確保するための、堅牢で近代的な鉄道インフラの整備が必要となっている。
このような状況の変化に対応するため、市場の主要企業は技術革新に力を注いでいる。これには、最先端のデジタル信号システムの導入、高速列車の導入、自動発券システムの導入などが含まれる。これらの進歩は、業界の進化するニーズに対応し、国全体のシームレスで効率的な鉄道運行を確保することを目的としている。加えて、インド政府が鉄道インフラの改善に揺るぎない力を注いでいることも、「メイク・イン・インディア」のような取り組みと相まって、市場の成長軌道にさらに拍車をかけている。こうした努力は、国内生産を活性化させただけでなく、多額の外国投資を呼び込み、鉄道機器市場におけるインドのグローバル・プレーヤーとしての地位を強化している。
しかし、こうした有望な発展の一方で、ある種の課題も残っている。時代遅れの技術、業務の非効率性、官僚主義的なボトルネックは、関係者が真摯に取り組まなければならないハードルとなり続けている。こうした課題を克服し、この分野のイノベーションを推進するためには、研究開発に投資することが極めて重要である。これらの障害に真正面から取り組むことで、業界は市場の巨大な潜在力を十分に引き出し、インドにおける強固で持続可能な鉄道エコシステムへの道を開くことができる。
結論として、インドの鉄道機器市場は計り知れない将来性を秘め、成長の機会を数多く提供している。技術の進歩、政府の支援、利害関係者間の効果的な協力に焦点を当てることで、業界は課題を克服し、国の進化するニーズに対応する近代的で効率的な鉄道網を構築することができる。
アプリケーションの洞察
インドの鉄道機器市場は、今後数年間で飛躍的に成長する可能性を秘めている。この成長は主に、拡大する鉄道網を通じて最も遠隔地にある地域さえも結ぶことを目的とした、政府の熱心なインフラ開発イニシアチブによって推進されている。高速化、高度な安全対策、積載量の増加に対する一貫した需要が、最先端の鉄道機器への要求をさらに高めている。
この分野におけるインドの製造能力は、鉄道機器市場拡大の強固な基盤となっている。継続的な技術アップグレードと技術革新の可能性により、この業界は著しく繁栄する未来が待っている。日本が鉄道インフラの強化に向けて多額の投資を続けていることから、鉄道機器市場の国内外プレーヤーがともに繁栄し、国の発展に貢献する大きなチャンスとなっている。
この恵まれた環境を活用することで、企業は高まる需要に応えるだけでなく、経済成長も促進することができる。品質、信頼性、革新性に重点を置くことで、鉄道機器市場は近代的な輸送環境の進化するニーズに応えることができる。その結果、インドの鉄道システムの効率性と接続性を高め、国全体の社会経済発展を促進する上で極めて重要な役割を果たすことができる。
結論として、インド鉄道機器市場は、政府のインフラ開発イニシアティブと先進的な鉄道機器に対する需要の高まりによって、大幅な拡大が見込まれている。堅調な製造部門と技術進歩の機会により、この業界は国内外の関係者に有望な未来を提供している。この可能性を活用することで、企業は鉄道セクターの成長に貢献し、インドの進歩と発展に向けた旅において重要な役割を果たすことができる。
さらに、鉄道部門の拡大は、雇用創出と技能開発の機会をもたらし、インドの労働者に恩恵をもたらす。鉄道インフラの整備は、交通の利便性を高めるだけでなく、貿易や商業を活性化し、さまざまな分野のビジネスに新たな道を開く。さらに、交通網の整備は人や物の移動を容易にし、観光を促進し、経済全体を押し上げる。
さらに、鉄道技術の進歩は、二酸化炭素排出量を削減し、持続可能な輸送を促進することで、環境面でのメリットにもつながる。電化や再生可能エネルギーの利用など、エネルギー効率の高い手法を採用することで、鉄道部門は気候変動との闘いやより環境に優しい未来の実現に向けたインドの取り組みに貢献することができる。
まとめると、インドの鉄道機器市場の成長の可能性は、政府の取り組み、需要の増加、製造能力など、さまざまな要因によってもたらされている。業界の発展は経済的利益をもたらすだけでなく、雇用、技能開発、持続可能な開発の機会も生み出す。イノベーションとコラボレーションを取り入れることで、ステークホルダーは鉄道セクターの将来を形作ることができ、インドの進歩と持続可能な発展に向けた旅の重要な要素となる。
地域別の洞察
インドの鉄道機器市場は、様々な要因によって近年著しい成長を遂げている。新たな鉄道路線の建設や既存の鉄道路線の近代化など、同国の強固なインフラ整備がこの成長を促進する上で重要な役割を果たしている。連結性の向上と輸送効率の改善を目的として、インド政府は鉄道インフラ・プロジェクトに多額の投資を行ってきた。こうした取り組みは、国全体の経済発展に貢献するだけでなく、地元住民の雇用機会創出にもつながっている。
インフラ整備に加え、インドの人口密集と急速な都市化に対応するため、効率的で信頼性の高い輸送システムへのニーズが高まっていることも、鉄道機器の需要をさらに高めている。毎日の通勤や物資の輸送に鉄道を利用する人が増えるにつれ、スムーズな運行と乗客の安全性を高めるための高度な機器に対するニーズが高まっている。このため、この分野では、先進的な信号システムや通信システムの導入など、技術的進歩の導入が進み、鉄道ネットワークの運営効率と安全性が向上している。
市場は大きな成長機会をもたらす一方で、一定の課題にも直面している。複雑な認可プロセスやコンプライアンス要件を含む規制上のハードルは、国内外のプレーヤーにとって障害となる可能性がある。市場が細分化され、多数の利害関係者が存在することが、さらに複雑さを増している。さらに、特に不測の事態や自然災害の発生時には、サプライチェーンの混乱がプロジェクトのタイムリーな遂行に影響を及ぼし、不確実性をもたらす可能性がある。
しかし、市場の見通しは依然として明るく、国内外のプレーヤーには十分なビジネスチャンスがある。現在進行中のインフラ開発プロジェクトは、鉄道セクターの近代化に対する政府のコミットメントと相まって、さらなる成長を促進すると予想される。市場が進化を続け、変化する需要に適応していく中で、持続的な成功のためには、業界関係者間の協力、技術革新、効果的なリスク管理が不可欠となるだろう。
主要市場プレイヤー
CRRC Corp.シーメンス
シーメンス
ボンバルディア
アルストムSA
ワブテック(旧GEトランスポーテーション)
現代ロテム
シュタドラーレールAG
グリーンブライヤー・カンパニーズ
トリニティ・インダストリーズ社
レポートの範囲
本レポートでは、インドの鉄道機器市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- インドの鉄道機器市場:タイプ別
o 鉄道車両
鉄道インフラ
その他
- インドの鉄道機器市場:用途別
o 機関車
o DMU
o EMU
o 貨物車両
o その他
- インドの鉄道機器市場、地域別
北部

西

競合状況
企業プロフィール:インド鉄道機器市場における主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社のインド鉄道機器市場レポートは、所定の市場データを使用して、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1.はじめに
1.1.製品概要
1.2.レポートの主なハイライト
1.3.市場範囲
1.4.対象市場セグメント
1.5.調査対象期間
2.調査方法
2.1.研究の目的
2.2.ベースラインの方法
2.3.主要産業パートナー
2.4.主な協会と二次情報源
2.5.予測方法
2.6.データの三角測量と検証
2.7.仮定と限界
3.要旨
3.1.市場概要
3.2.市場予測
3.3.主要地域
3.4.主要セグメント
4.COVID-19のインド鉄道機器市場への影響
5.顧客の声分析
5.1.購入決定要因
5.2.ブランド認知度
5.3.購入後に直面した課題/問題
6.インド鉄道機器市場の展望
6.1.市場規模と予測
6.1.1.数量・金額別
6.2.市場シェアと予測
6.2.1.タイプ別市場シェア分析(鉄道車両、鉄道インフラ、その他)
6.2.2.用途別市場シェア分析(機関車、DMU、EMU、貨物車、その他)
6.2.3.地域別市場シェア分析
6.2.3.1.北部市場シェア分析
6.2.3.2.西部市場シェア分析
6.2.3.3.南部市場シェア分析
6.2.3.4.東部市場シェア分析
6.2.4.企業別市場シェア分析(上位5社、その他 - 金額ベース、2023年)
6.3.インド鉄道機器市場のマッピングと機会評価
6.3.1.タイプ別市場マッピングと機会評価
6.3.2.用途別市場マッピングと機会評価
6.3.3.地域別市場マッピングと機会評価
7.北インドの鉄道機器市場展望
7.1.市場規模と予測
7.1.1.数量・金額別
7.2.市場シェアと予測
7.2.1.タイプ別市場シェア分析
7.2.2.用途別市場シェア分析
7.3.製品ベンチマーク
8.南インドの鉄道機器市場展望
8.1.市場規模と予測
8.1.1.数量・金額別
8.2.市場シェアと予測
8.2.1.タイプ別市場シェア分析
8.2.2.用途別市場シェア分析
8.3.製品ベンチマーク
9.東インド鉄道機器市場の展望
9.1.市場規模と予測
9.1.1.数量・金額別
9.2.市場シェアと予測
9.2.1.タイプ別市場シェア分析
9.2.2.用途別市場シェア分析
9.3.製品ベンチマーク
10.西インド鉄道機器市場の展望
10.1.市場規模と予測
10.1.1.数量・金額別
10.2.市場シェアと予測
10.2.1.タイプ別市場シェア分析
10.2.2.用途別市場シェア分析
10.3.製品ベンチマーク
11.SWOT分析
11.1.強み
11.2.弱み
11.3.機会
11.4.脅威
12.ポーターの5つの力モデル
12.1.競争上のライバル
12.2.買い手の交渉力
12.3.供給者の交渉力
12.4.新規参入の脅威
12.5.代替品の脅威
13.市場ダイナミクス
13.1.市場促進要因
13.2.市場の課題
14.市場の動向と発展
15.政策と規制
16.インド経済プロフィール
17.競争環境
17.1.企業プロフィール(主要10社まで)
17.1.1.CRRC Corp.株式会社
17.1.1.1.会社概要
17.1.1.2.主要製品
17.1.1.3.最近の開発
17.1.1.4.主要経営陣
17.1.2.シーメンスAG
17.1.2.1.会社概要
17.1.2.2.主要製品
17.1.2.3.最近の開発
17.1.2.4.主要経営陣
17.1.3.ボンバルディア社
17.1.3.1.会社概要
17.1.3.2.主要製品
17.1.3.3.最近の開発
17.1.3.4.主要経営陣
17.1.4.アルストムSA
17.1.4.1.会社概要
17.1.4.2.主要製品
17.1.4.3.最近の開発
17.1.4.4.主要経営陣
17.1.5.ワブテック(旧GEトランスポーテーション)
17.1.5.1.会社概要
17.1.5.2.主要製品
17.1.5.3.最近の開発
17.1.5.4.主要経営陣
17.1.6.現代ロテム
17.1.6.1.会社概要
17.1.6.2.主要製品
17.1.6.3.最近の開発
17.1.6.4.主要経営陣
17.1.7.スタッドラーレールAG
17.1.7.1.会社概要
17.1.7.2.主要製品
17.1.7.3.最近の開発
17.1.7.4.主要経営陣
17.1.8.グリーンブライヤー社
17.1.8.1.会社の詳細
17.1.8.2.主要取扱商品
17.1.8.3.最近の開発
17.1.8.4.主要経営陣
17.1.9.トリニティ・インダストリーズ社
17.1.9.1.会社概要
17.1.9.2.主要製品
17.1.9.3.最近の開発
17.1.9.4.主要経営陣
18.戦略的提言
18.1.重点分野
18.1.1.対象地域
18.1.2.対象タイプ
18.1.3.対象用途
19.会社概要・免責事項

 

ページTOPに戻る


 

Summary

India Railway Equipment Market has valued at USD 12.31 Billion in 2023 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 3.61%. The Indian Railway Equipment market has witnessed significant growth in recent years, driven by the increasing government initiatives aimed at modernizing the railway infrastructure and enhancing passenger safety. With a vast network of over 67,000 km of tracks, Indian Railways plays a crucial role in the country's transportation system. The government's substantial investments in the railway sector are evident in ambitious projects like the Dedicated Freight Corridor and the High-Speed Rail project, which are set to revolutionize transportation in India.
Moreover, the demand for advanced signaling systems, train control systems, and rolling stock is expected to experience a surge, further stimulating the growth of the railway equipment market. These technological advancements will not only improve the efficiency and reliability of train operations but also contribute to a safer and more comfortable journey for passengers. The integration of smart technologies, such as real-time monitoring and predictive maintenance, will enhance the overall performance and reduce downtime.
Despite the positive growth outlook, the market still faces challenges such as high project costs, land acquisition issues, and bureaucratic hurdles. However, the government's commitment to modernization and the increasing need for a robust railway infrastructure in India provide ample opportunities for both domestic and international players in the railway equipment market to thrive and contribute to the country's economic development.
In addition, the expansion of railway networks to remote areas and the implementation of last-mile connectivity solutions will improve accessibility and connectivity across the country. This will not only facilitate the movement of goods and people but also promote economic development in previously underserved regions.
Furthermore, the adoption of sustainable practices, such as the use of renewable energy sources and energy-efficient technologies, will contribute to reducing the carbon footprint of the railway sector. This aligns with the global efforts to combat climate change and create a greener and more sustainable future.
In conclusion, the Indian Railway Equipment market is poised for continued growth and innovation. The combination of government initiatives, technological advancements, and market opportunities creates a favorable environment for the development of a modern and efficient railway infrastructure in India. By addressing challenges, embracing new technologies, and fostering collaboration, the railway equipment market can contribute significantly to the country's economic progress and enhance the overall transportation experience for millions of passengers.
Key Market Drivers
Railway Network Expansion and Modernization
A significant driver for the India Railway Equipment Market is the extensive expansion and modernization of the country's railway network. India boasts one of the largest railway systems in the world, and there is a constant need to expand and upgrade the existing infrastructure. This includes the construction of new railway lines, electrification of existing tracks, and the development of high-speed rail corridors. The government's ambitious plans to enhance rail connectivity to remote and underserved regions stimulate the demand for various railway equipment, from tracks and signaling systems to rolling stock and station infrastructure.
Rising Passenger and Freight Demand
The growing demand for passenger and freight transportation is a pivotal driver for the India Railway Equipment Market. As the country's population continues to increase and urbanization accelerates, the need for efficient and affordable transportation solutions becomes more pronounced. Rail transport offers a cost-effective and eco-friendly mode of travel and freight movement. This increasing demand for railway services, particularly in densely populated areas and key transportation corridors, results in a greater requirement for railway equipment to enhance capacity and efficiency.
Government Investments and Funding
The Indian government has been actively investing in railway infrastructure, providing significant financial support and funding to various railway projects. Under initiatives like "Make in India" and "Sagarmala," the government encourages the domestic production of railway equipment, reducing dependency on imports and stimulating the growth of local manufacturing. Such government support leads to greater investments in the railway sector, including the procurement of rolling stock, signaling and communication systems, and other railway equipment.
Technological Advancements
Technological advancements in the railway sector are a critical driver for the India Railway Equipment Market. The adoption of modern technologies, such as high-speed rail, electrification, and advanced signaling and communication systems, is improving the efficiency and safety of rail transportation. The introduction of new materials and designs for rolling stock and infrastructure components enhances performance and reduces maintenance costs. The integration of technologies like the Internet of Things (IoT) and automation is transforming railway operations, making them more cost-effective and sustainable.
Focus on Safety and Reliability
Safety and reliability have become paramount concerns for the Indian railway network. The country's railway system, known for its vast scale, must maintain high levels of safety and reliability to ensure passenger and freight transportation. This emphasis on safety drives the demand for advanced safety systems, maintenance equipment, and track inspection tools. The deployment of modern signaling and communication solutions, along with the implementation of predictive maintenance techniques, enhances the overall safety and reliability of the railway system.
Urban Transportation Projects
Urbanization and the increasing congestion in major cities have led to a surge in urban transportation projects. Rapid transit systems, including metro rail and suburban railways, are becoming vital components of urban mobility. These projects require substantial investments in railway equipment, including rolling stock, tracks, station infrastructure, and signaling systems. As more cities plan and implement metro rail systems and suburban rail networks, the India Railway Equipment Market benefits from the demand generated by these urban transportation endeavors.
Key Market Challenges
Budgetary Constraints and Funding Issues
One of the primary challenges in the India Railway Equipment Market is budgetary constraints and funding issues. Despite the ambitious expansion and modernization plans of the Indian Railways, funding limitations can hinder the procurement of essential railway equipment. The high capital costs associated with the acquisition of advanced rolling stock, signaling systems, and infrastructure components pose a significant challenge. While the government provides financial support, the allocation of funds is often insufficient to meet the demands of extensive railway projects. This results in delays and inadequate resources for maintaining and upgrading the railway system.
Complex Regulatory Environment
The complex regulatory environment in India is a significant challenge for the Railway Equipment Market. The industry is subject to various regulatory frameworks, with different agencies and authorities responsible for different aspects of railway operations. This fragmentation can lead to confusion, inefficiencies, and delays in approvals and compliance. Standardizing and streamlining regulations, safety standards, and procurement processes are necessary to reduce these challenges and create a more efficient and transparent railway equipment market.
Aging Infrastructure and Maintenance
The Indian railway system has vast stretches of aging infrastructure that require extensive maintenance and upgrades. Outdated tracks, bridges, and stations pose operational challenges and safety concerns. Maintenance, repair, and retrofitting of this infrastructure can be a time-consuming and costly process. Ensuring the availability of the necessary equipment, skilled labor, and resources for continuous upkeep is a significant challenge. Timely and efficient infrastructure modernization is essential to ensure the reliable and safe operation of the railway network.
Operational Efficiency and Capacity
Railway equipment challenges are not limited to procurement but also extend to operational efficiency and capacity constraints. Increasing demand for passenger and freight transportation places pressure on the existing railway infrastructure. Delays, congestion, and overuse of railway lines can reduce efficiency and affect the reliability of rail services. Meeting capacity demands while maintaining punctuality and safety is an ongoing challenge for the Indian Railways. This requires investments in modern signaling systems, efficient scheduling, and the optimization of operations.
Environmental and Sustainability Concerns
The environmental impact and sustainability of the Indian railway system are growing concerns. The railway industry, despite being a relatively eco-friendly mode of transportation, faces scrutiny over issues such as emissions, waste management, and land usage. Balancing the expansion of the railway network with environmental conservation and sustainability goals is a significant challenge. This involves finding eco-friendly solutions for locomotives, the recycling and disposal of railway equipment, and mitigating the environmental impact of railway construction and operations.
Security and Safety
Railway safety and security challenges are also noteworthy in the India Railway Equipment Market. Ensuring the safety of passengers, cargo, and railway assets is a top priority. The railways must contend with challenges such as track trespassing, accidents at unmanned crossings, and theft. Implementing advanced safety and security systems, maintaining perimeter security, and addressing safety awareness among passengers and employees are all vital components of mitigating these challenges. The development of safety-related equipment and technology plays a key role in addressing security concerns in the railway system.
Key Market Trends
High-Speed Rail Network Development
One of the prominent trends in the India Railway Equipment Market is the development of high-speed rail networks. India has initiated several high-speed rail projects, such as the Mumbai-Ahmedabad High-Speed Rail Corridor, which is expected to significantly reduce travel times between major cities. The demand for advanced railway equipment, including high-speed trains, modern signaling systems, and track infrastructure, is on the rise. This trend aligns with India's push for efficient and rapid intercity transportation.
Electrification of Railways
Electrification of the railway network is gaining momentum as a prominent trend. India is progressively moving toward electrified railways to reduce the carbon footprint of train operations and improve efficiency. This trend is driving the demand for electric locomotives and the electrification of existing tracks. The government's ambitious goal of achieving 100% electrification of broad gauge routes by 2023 reflects the commitment to this sustainable trend.
Shift Toward Green and Energy-Efficient Rail Systems
The railway industry in India is increasingly focusing on green and energy-efficient rail systems. This includes the adoption of energy-efficient technologies in rolling stock, trackside energy-saving solutions, and the utilization of renewable energy sources. These trends aim to reduce the environmental impact of rail transportation and lower operating costs. Solar-powered railway stations and the implementation of regenerative braking systems are examples of green initiatives in the railway equipment market.
Digitalization and Smart Railways
The digitalization of railways and the development of smart railway systems are emerging trends. Advancements in IoT (Internet of Things) and data analytics are being utilized to enhance safety, efficiency, and passenger experience. Smart railway systems include features such as predictive maintenance, real-time monitoring, and passenger information systems. These trends are helping to optimize operations and ensure a seamless and technologically advanced railway network.
Indigenous Manufacturing and 'Make in India'
The 'Make in India' initiative is promoting indigenous manufacturing and self-reliance in the production of railway equipment. This trend encourages the domestic production of railway components, rolling stock, and infrastructure. As a result, the railway equipment market is witnessing increased demand for locally manufactured equipment. This trend aligns with India's vision to reduce dependence on imports, enhance domestic manufacturing capabilities, and stimulate economic growth.
Multi-Modal Transport Integration
Multi-modal transport integration is gaining prominence in the India Railway Equipment Market. Integrating different modes of transportation, such as railways, metro systems, and buses, is seen as a means to create seamless and efficient transportation networks. This trend reflects the need for comprehensive transportation solutions, which involve the development of interoperable ticketing systems, synchronized schedules, and integrated planning to provide passengers with a seamless and convenient travel experience.
Segmental Insights
Type Insights
The Indian Railway Equipment Market is a highly dynamic and promising sector with immense potential for significant growth. As India continues to rapidly urbanize and embrace digital transformation, the demand for efficient rail infrastructure and advanced railway equipment is witnessing a substantial upsurge. The country's expanding population and increasing urbanization have led to a surge in the number of commuters relying on the railway network for their daily transportation needs. This growing demand has necessitated the development of robust and modern railway infrastructure to ensure seamless and efficient operations.
In response to this evolving landscape, key players in the market are doubling down on technological innovations. These include the deployment of state-of-the-art digital signaling systems, the introduction of high-speed trains, and the implementation of automated ticketing systems. These advancements are aimed at addressing the evolving needs of the industry and ensuring seamless and efficient rail operations across the country. Additionally, the Indian government's unwavering focus on improving rail infrastructure, combined with initiatives like 'Make in India', has further fueled the growth trajectory of the market. These efforts have not only stimulated domestic production but have also attracted significant foreign investments, reinforcing India's position as a global player in the railway equipment market.
However, amidst these promising developments, certain challenges persist. Outdated technology, operational inefficiencies, and bureaucratic bottlenecks continue to pose hurdles that stakeholders must diligently address. It is crucial to invest in research and development to overcome these challenges and drive innovation in the sector. By tackling these obstacles head-on, the industry can fully exploit the market's enormous potential and pave the way for a robust and sustainable railway ecosystem in India.
In conclusion, the Indian Railway Equipment Market holds immense promise and presents numerous opportunities for growth. With a focus on technological advancements, government support, and effective collaboration among stakeholders, the industry can overcome challenges and create a modern and efficient railway network that caters to the evolving needs of the nation.
Application Insights
India's Railway Equipment Market exhibits tremendous potential for growth in the upcoming years. This growth is primarily propelled by the government's dedicated infrastructural development initiatives, which aim to connect even the most remote areas through an expanding railway network. The consistent demand for higher speeds, advanced safety measures, and increased load capacity further amplifies the requirement for cutting-edge railway equipment.
India's manufacturing prowess in this sector serves as a robust foundation for the expansion of the railway equipment market. With the potential for continuous technological upgradation and innovation, the industry is positioned for a remarkably prosperous future. As the country continues to allocate significant investments towards the enhancement of its railway infrastructure, it presents a significant opportunity for both domestic and international players in the railway equipment market to thrive and contribute to the nation's progress.
By leveraging this favorable environment, companies can not only meet the rising demands but also drive economic growth. With a focus on quality, reliability, and innovation, the railway equipment market can cater to the evolving needs of the modern transportation landscape. As a result, it can play a pivotal role in elevating the efficiency and connectivity of India's railway system, fostering socio-economic development across the nation.
In conclusion, the India Railway Equipment Market is poised for substantial expansion, driven by the government's infrastructure development initiatives and the growing demand for advanced railway equipment. With a robust manufacturing sector and opportunities for technological advancements, the industry offers a promising future for both domestic and international stakeholders. By capitalizing on this potential, companies can contribute to the growth of the railway sector and play a crucial role in India's journey towards progress and development.
Moreover, the railway sector's expansion presents an opportunity for job creation and skill development, benefiting the Indian workforce. The development of railway infrastructure not only enhances connectivity but also stimulates trade and commerce, opening up new avenues for businesses across various sectors. Additionally, the improved transportation network contributes to the ease of movement for people and goods, promoting tourism and boosting the overall economy.
Furthermore, advancements in railway technology can lead to environmental benefits by reducing carbon emissions and promoting sustainable transportation. By adopting energy-efficient practices, such as electrification and the use of renewable energy sources, the railway sector can contribute to India's efforts towards combating climate change and achieving a greener future.
In summary, the growth potential of India's Railway Equipment Market is driven by various factors, including government initiatives, increasing demand, and manufacturing capabilities. The industry's progress not only brings economic benefits but also creates opportunities for employment, skills development, and sustainable development. By embracing innovation and collaboration, stakeholders can shape the future of the railway sector, making it a critical component of India's journey towards progress and sustainable development.
Regional Insights
The Railway Equipment Market in India has witnessed significant growth in recent years, driven by various factors. The country's robust infrastructure development, including the construction of new railway lines and the modernization of existing ones, has played a crucial role in fostering this growth. With the aim of improving connectivity and enhancing transportation efficiency, the Indian government has been investing heavily in railway infrastructure projects. These initiatives not only contribute to the overall economic development of the country but also create job opportunities for the local population.
In addition to the infrastructure development, the increasing need for efficient and reliable transport systems to cater to India's dense population and rapid urbanization has further fueled the demand for railway equipment. As more people rely on railways for their daily commute and transportation of goods, there is a growing need for advanced equipment to ensure smooth operations and enhance passenger safety. This has led to the adoption of technological advancements in the sector, such as the implementation of advanced signaling and communication systems, which have improved the operational efficiency and safety of railway networks.
While the market presents significant growth opportunities, it also faces certain challenges. Regulatory hurdles, including complex approval processes and compliance requirements, can pose obstacles for both domestic and international players. The fragmented nature of the market and the presence of numerous stakeholders further add to the complexity. Additionally, supply chain disruptions, particularly during times of unforeseen events or natural disasters, can impact the timely execution of projects and introduce uncertainties.
However, the market outlook remains positive, with ample opportunities for both domestic and international players. The ongoing infrastructure development projects, combined with the government's commitment to modernizing the rail sector, are expected to drive further growth. As the market continues to evolve and adapt to changing demands, collaboration between industry stakeholders, technological innovation, and effective risk management will be crucial for sustained success.
Key Market Players
CRRC Corp. Ltd
Siemens AG
Bombardier Inc.
Alstom SA
Wabtec Corp. (previously GE Transportation)
Hyundai Rotem
Stadler Rail AG
The Greenbrier Companies
Trinity Industries Inc.
Report Scope:
In this report, the India Railway Equipment Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• India Railway Equipment Market, By Type:
o Rolling Stock
o Railway Infrastructure
o Others
• India Railway Equipment Market, By Application:
o Locomotives
o DMUs
o EMUs
o Freight Vehicles
o Others
• India Railway Equipment Market, By Region:
o North
o East
o West
o South
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the India Railway Equipment Market.
Available Customizations:
India Railway Equipment Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Introduction
1.1. Product Overview
1.2. Key Highlights of the Report
1.3. Market Coverage
1.4. Market Segments Covered
1.5. Research Tenure Considered
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Market Overview
3.2. Market Forecast
3.3. Key Regions
3.4. Key Segments
4. Impact of COVID-19 on India Railway Equipment Market
5. Voice of Customer Analysis
5.1. Factors Influencing Purchase Decision
5.2. Brand Awareness
5.3. Challenges/Issues Faced Post Purchase
6. India Railway Equipment Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Volume & Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Type Market Share Analysis (Rolling Stock, Railway Infrastructure and Others)
6.2.2. By Application Market Share Analysis (Locomotives, DMUs, EMUs, Freight Vehicles and Others)
6.2.3. By Regional Market Share Analysis
6.2.3.1. North Market Share Analysis
6.2.3.2. West Market Share Analysis
6.2.3.3. South Market Share Analysis
6.2.3.4. East Market Share Analysis
6.2.4. By Company Market Share Analysis (Top 5 Companies, Others - By Value, 2023)
6.3. India Railway Equipment Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.1. By Type Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.2. By Application Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.3. By Regional Market Mapping & Opportunity Assessment
7. North India Railway Equipment Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Volume & Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type Market Share Analysis
7.2.2. By Application Market Share Analysis
7.3. Product Benchmarking
8. South India Railway Equipment Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Volume & Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Type Market Share Analysis
8.2.2. By Application Market Share Analysis
8.3. Product Benchmarking
9. East India Railway Equipment Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Volume & Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Type Market Share Analysis
9.2.2. By Application Market Share Analysis
9.3. Product Benchmarking
10. West India Railway Equipment Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Volume & Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Type Market Share Analysis
10.2.2. By Application Market Share Analysis
10.3. Product Benchmarking
11. SWOT Analysis
11.1. Strength
11.2. Weakness
11.3. Opportunities
11.4. Threats
12. Porter’s Five Forces Model
12.1. Competitive Rivalry
12.2. Bargaining Power of Buyers
12.3. Bargaining Power of Suppliers
12.4. Threat of New Entrants
12.5. Threat of Substitutes
13. Market Dynamics
13.1. Market Drivers
13.2. Market Challenges
14. Market Trends and Developments
15. Policy & Regulatory Landscape
16. India Economic Profile
17. Competitive Landscape
17.1. Company Profiles (Up To 10 Major Companies)
17.1.1. CRRC Corp. Ltd
17.1.1.1. Company Details
17.1.1.2. Key Products Offered
17.1.1.3. Recent Development
17.1.1.4. Key Management Personnel
17.1.2. Siemens AG
17.1.2.1. Company Details
17.1.2.2. Key Products Offered
17.1.2.3. Recent Development
17.1.2.4. Key Management Personnel
17.1.3. Bombardier Inc.
17.1.3.1. Company Details
17.1.3.2. Key Products Offered
17.1.3.3. Recent Development
17.1.3.4. Key Management Personnel
17.1.4. Alstom SA
17.1.4.1. Company Details
17.1.4.2. Key Products Offered
17.1.4.3. Recent Development
17.1.4.4. Key Management Personnel
17.1.5. Wabtec Corp. (previously GE Transportation)
17.1.5.1. Company Details
17.1.5.2. Key Products Offered
17.1.5.3. Recent Development
17.1.5.4. Key Management Personnel
17.1.6. Hyundai Rotem
17.1.6.1. Company Details
17.1.6.2. Key Products Offered
17.1.6.3. Recent Development
17.1.6.4. Key Management Personnel
17.1.7. Stadler Rail AG
17.1.7.1. Company Details
17.1.7.2. Key Products Offered
17.1.7.3. Recent Development
17.1.7.4. Key Management Personnel
17.1.8. The Greenbrier Companies
17.1.8.1. Company Details
17.1.8.2. Key Products Offered
17.1.8.3. Recent Development
17.1.8.4. Key Management Personnel
17.1.9. Trinity Industries Inc.
17.1.9.1. Company Details
17.1.9.2. Key Products Offered
17.1.9.3. Recent Development
17.1.9.4. Key Management Personnel
18. Strategic Recommendations
18.1. Key Focus Areas
18.1.1. Target Regions
18.1.2. Target Type
18.1.3. Target Application
19. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(freight)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/23 10:28

157.74 円

172.13 円

206.60 円

ページTOPに戻る