世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

インドの全地形対応車市場:製品タイプ別(ユーティリティATV、スポーツATV、ユースATV)、エンジン排気量別(低・中・高)、用途別(娯楽、スポーツ、農業、その他)、地域別、競争、予測、機会、2019-2029年


India All-Terrain Vehicle Market By Product Type (Utility ATV, Sports ATV & Youth ATV) By Engine Displacement (Low, Medium & High) By Application (Entertainment, Sports, Agriculture & Others), By Regional, Competition, Forecast & Opportunities, 2019-2029

インドの全地形対応車(ATV)市場は2023年に7億6,000万米ドルと予測され、予測期間の年平均成長率は3.85%で堅調な成長が見込まれる。インドの全地形対応車(ATV)市場は、ここ数年著しい成長を遂げている。この成... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
70 英語

 

サマリー

インドの全地形対応車(ATV)市場は2023年に7億6,000万米ドルと予測され、予測期間の年平均成長率は3.85%で堅調な成長が見込まれる。インドの全地形対応車(ATV)市場は、ここ数年著しい成長を遂げている。この成長にはいくつかの重要な要因がある。まず、インド人の間でアウトドア・レクリエーション活動の人気が大幅に高まり、ATVの需要が急増した。スリリングで冒険的な体験を求める人が増えており、ATVはインドの険しい地形や風光明媚な風景を探索するのに最適な手段となっている。
さらに、アドベンチャー・スポーツの増加やオフロード探検のトレンドの高まりが、この多目的な乗り物の需要をさらに高めている。難易度の高いトレイルを走破するにも、ぬかるんだ地形を克服するにも、ATVは愛好家にとってアドレナリンが湧き出るような体験を提供する。ATVの多用途性により、農業、輸送、遠隔地での救助活動など、さまざまな目的に使用できる。
さらに、インドの観光産業の隆盛は、ATV市場を前進させる上で重要な役割を果たしている。国内外を問わず、多くの観光客がインドを訪れ、ユニークでスリリングな体験を求めている。ATVで絵に描いたような風景を探索することが人気の選択肢となり、世界中から冒険を求める人々が集まってきている。その結果、ATVパークやコースが全国に設立され、オフロード・アドベンチャーに対する需要の高まりに応えている。
しかし、プラスの成長軌道にもかかわらず、インドのATV市場が直面する課題もいくつかある。ATVの高価格は、多くの潜在的購入者にとって依然として大きな障壁であり、市場参入を特定の消費者層に限定している。さらに、規制当局が課す厳しい排ガス規制は、ATVメーカーにコンプライアンス上の課題をもたらす可能性がある。手頃な価格と環境の持続可能性のバランスを取ることは、ATV市場の長期的な成功にとって極めて重要である。
とはいえ、インドのATV市場の全体的な見通しは依然として楽観的である。消費者の可処分所得の増加とライフスタイルの嗜好の進化が相まって、今後数年間はATVの需要を牽引すると予想される。メーカー各社は、消費者の進化するニーズに応えるため、常に技術革新を行い、先進的な機能を導入している。絶え間ない技術革新と技術の進歩により、インドのATV市場はさらなる拡大が見込まれており、メーカー、ディーラー、愛好家のいずれにとってもエキサイティングな機会を提供している。
主な市場牽引要因
アドベンチャー・ツーリズムとレクリエーション需要の高まり
インドATV市場の主な促進要因の1つは、冒険観光とレクリエーション活動の急増である。アウトドア・アドベンチャーやオフロード体験を求める人が増えるにつれ、ATVの需要が大きく伸びている。ATVは、トレイルライディング、オフロード走行、アドベンチャースポーツなどのレクリエーション活動の人気選択肢である。ヒマーチャル・プラデーシュ州、ウッタラカンド州、ゴア州といった地域の観光地には冒険愛好家が押し寄せ、困難な地形を探索するためのATVの需要が高まっている。この傾向は今後も続き、インドのATV市場を強化すると予想される。
農業および産業用途
ATVは、インド全土の農業および産業用途で重要な役割を果たしている。耕作、灌漑、農薬散布、農場での移動など、さまざまな作業に使用されている。産業環境では、ATVは、特に遠隔地や険しい地形でのマテリアルハンドリングのための信頼できる車両として役立っている。ATVの多用途性、重い荷物の運搬能力、全地形での使用に適していることから、ATVは農業と工業の両分野で欠かせないものとなっている。これらの分野の近代化と機械化が進むにつれて、こうした用途におけるATVの需要はさらに高まるだろう。
政府の取り組みと支援
政府の取り組みや政策は、インドのATV市場を牽引する上で重要な役割を果たしている。さまざまな州政府が、インセンティブを提供したり、アドベンチャー・スポーツのためのインフラを整備したりすることで、アドベンチャー・ツーリズムの促進を支援している。さらに、農業生産性向上におけるATVの役割を認識し、農家がATVを購入する際に補助金を支給する州もある。こうした取り組みは、ATVをより身近で手頃なものにすることで、ATV市場の成長に有利な環境を作り出している。
若者とミレニアル世代市場
インドの若者やミレニアル世代は、アドベンチャー・スポーツやアウトドア・レクリエーション活動にますます惹かれている。ATVは冒険と興奮の象徴となり、若い世代にアピールしている。可処分所得が増加し、ユニークな体験への欲求が高まるにつれて、若者市場はATVの需要に大きく貢献している。彼らのオフロード・アドベンチャーへの熱意とATVライディング体験の魅力が市場の成長を後押しし、メーカーやサービス・プロバイダーにとって魅力的なセグメントとなっている。
観光客の嗜好の変化
インドの観光客は、従来の旅行から離れ、ユニークでオフビートな体験を求める傾向が強まっている。その結果、ATVライドを含むアドベンチャー・ツーリズムが人気を博している。国内外を問わず、観光客はオフロード・アドベンチャーを通じて、森林や砂漠から山岳地帯や海岸地域まで、多様な景観を探索することを求めている。ツアーオペレーターやアドベンチャーパークはこの傾向を利用し、観光客の嗜好の変化に対応したATV体験を提供している。このような嗜好の変化は、アドベンチャー・ツーリズムがさらに拡大するにつれて、インドATV市場の成長を促進すると予想される。
インフラとオフロード施設の改善
オフロード・コース、アドベンチャー・パーク、レクリエーション施設の開発は、インドのATV市場の推進に役立っている。州政府、民間投資家、冒険愛好家は、国内各地にオフロード・インフラを整備するために投資してきた。こうした専用コースや施設は、ATVの走行に安全で管理された環境を提供し、より多くの人々を惹きつけ、人口のより多くの層がこのスポーツにアクセスできるようにしている。このような施設のネットワークが拡大し続けるにつれて、ATV市場は繁栄していくだろう。
主な市場課題
規制と安全の遵守
インドのATV市場における主な課題の1つは、規制と安全基準が明確に定められていないことである。ATVは規制や分類の面でグレーゾーンとみなされることが多い。規制当局による明確なガイドラインがないため、年齢制限、安全装備の要件、ATV操作のライセンス取得などの面で不確実性が生じている。この規制のあいまいさは、ライダーの安全に影響を及ぼすだけでなく、メーカーやディーラーにとっても、不明確な、あるいは存在しない規則を確実に遵守するという課題を生み出している。インドでATVを安全かつ責任を持って使用するためには、この課題に対処することが極めて重要である。
環境問題と排出ガス
ATVは多くの場合、温室効果ガスや汚染物質を排出する内燃機関を動力源としている。環境問題への関心と排出規制が世界的にますます厳しくなるにつれ、インドのATV市場は排出規制と環境の持続可能性に関する課題に直面している。こうした懸念は、ATVがレクリエーション目的で広く使用されている、生態学的に敏感な地域や観光地では特に関連性が高い。メーカーは、世界的な環境基準に合わせ、二酸化炭素排出量を削減するため、よりクリーンで環境に優しいATVモデルを開発する必要がある。
不十分な安全意識
ATVの安全性に関する認識と教育の不足は、インドにおける重大な課題である。多くのユーザー、特にレクリエーション・ライダーは、安全な乗り方、保護具、ATVの操作に伴うリスクについて十分な知識を得ていない可能性がある。この課題は、ATVの運転が、安全性を十分に考慮することなく、楽しく冒険的なアクティビティとして認識されがちであるという事実によって、さらに深刻なものとなっている。この課題を軽減するために、ATV使用に伴う事故や負傷を減らすための安全意識向上キャンペーン、トレーニングプログラム、安全装備の義務付けを強化する必要がある。
地方のインフラと地形の制約
険しい地形や困難な環境での走行にATVが適していることは、インドの強みであると同時に課題でもある。ATVはオフロード用途に優れているが、インドの農村部のインフラは最適な走行条件を提供できないことが多い。整備不良や未舗装の道路、指定されたオフロードコースの不足、遠隔地へのアクセスの制限などは、ATVの可能性を最大限に引き出す妨げとなる。多くの場合、特定の地域でATVに乗ることは、環境破壊や土地の浸食を引き起こす可能性がある。こうした課題を克服するには、インフラやオフロードコースの整備への投資、責任ある乗り方の推進、オフロード走行の需要と環境保全のバランスなどが必要である。
高額な取得費用と限られた値ごろ感
車両本体や安全装備を含め、ATVの入手コストは、インドの多くの潜在的ユーザーにとって法外に高い場合がある。ATVは高級車や娯楽車とみなされることが多く、価格が比較的高いため、人口の大部分には手が届かない。この課題は、特に農業、建設、輸送の分野でATVの用途から利益を得ることができる個人や農民の間で、市場の成長可能性を制限している。メーカー各社は、ATVをより多くの人々が利用できるようにするため、費用対効果の高いモデルや財務ソリューションの選択肢を模索する必要がある。
競争と市場の飽和
インドのATV市場は競争が激化しており、国内外のメーカーが市場シェアを争っている。競争は技術革新と製品開発を促進する一方で、価格設定と利幅に圧力をかける。選択肢やブランドの急増は、市場の飽和や価格競争につながり、製品の品質や顧客サービスに影響を及ぼす可能性がある。多様なATVモデルを提供することと、高水準の品質と安全性を維持することのバランスを見つけることは、この競争環境における重要な課題である。
主要市場動向
レクリエーション用ATV使用の増加
インドのATV市場は、レクリエーション用途の増加という顕著な傾向にある。ATVは、オフロード走行、トレイル走行、険しい地形の探検など、冒険やレクリエーション目的で人気が高まっている。この傾向は、アウトドア・アドベンチャーやスリルを求める都市人口の間で特に顕著である。可処分所得が増加し、ユニークなレクリエーション活動への欲求が高まるにつれ、レクリエーション用ATVの需要が急増している。アドベンチャー・パークやオフロード・コースが国内各地に出現し、この傾向に対応し、レクリエーション用ATVの使用に安全で管理された環境をライダーに提供している。
農業および産業用途
レクリエーション用途に加え、ATVはインド全土で農業や産業用途でも人気を集めている。農家や工業従事者は、耕作、灌漑、輸送、資材運搬など、さまざまな作業におけるATVの実用性と多用途性を認識している。ATVの困難な地形での走行能力、重い荷物の運搬能力、生産性の向上により、ATVは農業、建設、鉱業などの分野で不可欠な存在となっている。この傾向は、これらの分野の機械化と近代化が進むにつれて続き、その結果、作業用ATVの需要が高まると予想される。
農業用ATVに対する政府の支援
インドのいくつかの州政府は、農業におけるATVの潜在的な利点を認識し、その使用を奨励する支援プログラムを開始している。農家が農作業のためにATVに投資する際には、補助金や金銭的なインセンティブが提供される。こうした政府の取り組みは、農業の生産性を高め、手作業を減らし、機械化を促進することを目的としている。その結果、農業用ATV市場は着実な成長を遂げており、この傾向は、農業におけるATVの採用を増やすための支援政策を実施する州が増えるにつれて、持続するものと思われる。
若者とミレニアル世代市場
インドの若者やミレニアル世代は、アドベンチャー・スポーツやアウトドア・レクリエーション活動への関心を高めており、ATVは重要なアトラクションとなっている。ユニークな体験や冒険の機会を求めるこの層にとって、ATVは興奮とアウトドアの楽しさの象徴となっている。多くの若いライダーがオフロード・アドベンチャーに熱中しており、レクリエーション用ATVの需要増につながっている。この傾向は、スリリングで思い出に残る体験をしたいという欲求と一致しており、インドのATV市場の成長に大きく寄与している。
安全基準と意識の向上
インドのATV市場における安全意識は高まっている。ライダーや愛好家は、安全装備の着用や安全な走行習慣の実践の重要性をますます認識するようになっている。メーカーや業界団体も、安全ガイドラインを提供し、より安全なATVモデルを開発することで、安全推進に極めて重要な役割を果たしている。こうした流れを受けて、ヘルメット、グローブ、防護服といった安全装備の採用が急増しているほか、ロールケージやシートベルトといった安全装備を備えたATVの需要も増加している。
アドベンチャー・ツーリズム・セグメントの成長
アドベンチャー・ツーリズムはインドで脚光を浴びており、ATVはこの成長に不可欠な要素である。国内外を問わず、観光客はユニークでスリリングな体験を求めるため、ATVに乗れるアドベンチャー・ツーリズムの目的地が急増している。ヒマーチャル・プラデーシュ州、ウッタラーカンド州、ゴア州などの地域では、アドベンチャー・ツーリズムのブームが起きており、四輪バギーの体験を通じて困難な地形を探検しようとする冒険愛好家が集まっている。この傾向は、アドベンチャーパークやツアーオペレーターに利益をもたらすだけでなく、より多くの個人が絵のように美しく困難な風景の中でATVに乗るスリルを体験することで、ATV市場を活性化させている。
セグメント別インサイト
製品タイプ別インサイト
インドの四輪バギー(ATV)市場は、さらにいくつかの製品タイプにセグメント化することができ、それぞれが特定のニーズや嗜好に対応している。その中でもユーティリティATVは、過酷なオフロードを走破し、過酷な作業にも対応できる多用途の作業車として際立っている。頑丈な設計とパワフルなエンジンを備えたユーティリティATVは、農業、建設現場、さらには軍事用途でも幅広く使用されている。その多機能性と信頼性により、ユーティリティATVは重要な市場セグメントとなっており、インドのATV産業の成長を牽引している。
対照的に、スポーツATVはアドレナリン全開の冒険用に設計されており、スリリングな高速走行とスタントに必要な敏捷性を提供する。これらの特化型ATVは、爽快なオフロード体験を求める冒険愛好家を魅了している。スポーティな外観と高度なサスペンション・システムにより、スポーツATVは性能と興奮の完璧な融合を提供し、ライダーはオフロード性能の限界に挑戦することができる。
さらに、インディアンATV市場は、ユースATVで若い世代にも対応しています。これらのATVは、若いライダーが安全で楽しいライディング体験ができるよう、安全機能とサイズに適した仕様で特別に設計されている。安全性の重要性を認識するメーカーは、スピードリミッター、リモートコントロール、調節可能なスロットルなどの機能を取り入れ、若いライダーが楽しみながら保護者に安心感を与えている。このセグメントでは、若い世代にオフロード走行を楽しんでもらうと同時に、安全性を優先している。
インドATV市場で事業を展開する企業にとって、これらの異なる製品タイプを理解することは極めて重要である。さまざまな顧客層のユニークな要件や嗜好を認識することで、企業は市場動向を把握し、ターゲットを絞ったマーケティング戦略を策定し、このダイナミックで進化する業界において戦略的な事業展開を推進することができる。多様なATVオプションがあるため、顧客は特定のニーズに合った完璧なATVを見つけ、オフロード体験を向上させることができる。
アプリケーションの洞察
インドのATV(All-Terrain Vehicle)市場は、近年著しい急成長を遂げている。この成長にはいくつかの要因がある。まず、愛好家の間でオフロード・スポーツやレクリエーション活動の人気が高まっていることが、ATVの需要増加に大きく寄与している。人々はスリリングな体験やユニークな冒険を求めており、ATVは困難な地形を通り抜け、国の美しい自然を探索するエキサイティングな方法を提供する。
さらに、可処分所得の増加は、ATVの需要を促進する上で重要な役割を果たしている。人々が自由に使える財源が増えるにつれ、ATVのようなレクリエーション用乗り物への投資意欲が高まっている。さらに、農業や軍事といった分野でのATVの利用も増加している。農家は、畑の移動や機材の運搬など、さまざまな作業にATVを使用することに価値を見出している。こうした要因が市場の拡大にさらに貢献している。
さらに、技術の進歩もATV市場の成長に大きく影響している。メーカー各社は、ATVの性能、安全性、快適性を高めるため、常に革新的な新機能を導入している。これにより、アウトドア愛好家や農家、さらには政府機関など、より幅広い消費者にとって魅力的なものとなっている。改良されたサスペンション・システム、高度なブレーキ技術、快適な座席配置により、ATVはますます多用途でユーザーフレンドリーになってきている。
しかし、ATVの価格が高いことと、オフロード活動のためのインフラが不十分であることが、この市場の将来的な成長に課題をもたらす可能性があることは注目に値する。ATVの価格は、特にインドのような価格に敏感な市場においては、一部の潜在的な購入者にとって抑止力になりうる。さらに、オフロード専用のコースや施設がないため、愛好家がATVを十分に楽しむことが難しい。
こうした課題にもかかわらず、インドのATV市場の将来は有望に見える。アドベンチャー・スポーツやアウトドア・アクティビティへの関心の高まりは、技術の絶え間ない進歩と相まって、今後数年間、この市場の持続的成長を促進すると予想される。冒険と探検の精神を受け入れる人が増えるにつれ、ATVはスリリングな体験と忘れられない思い出を求める人々の欲求を満たす上で重要な役割を果たし続けるだろう。製造業者と政策立案者は課題に対処し、インドのATV市場成長のための環境整備に取り組む必要がある。
地域別の洞察
インドのATV(All-Terrain Vehicle)市場は、愛好家の間でオフロード走行やアドベンチャー・スポーツへの関心が高まっていることに後押しされ、先進的な成長段階を経験している。この傾向は、急増する中産階級の可処分所得の増加によってさらに強化され、ATVのようなレクリエーションに興じることができるようになっている。さらに、オンライン・オフラインを問わず、さまざまな流通チャネルを通じてATVが入手しやすくなったことで、遠隔地の人々を含め、より多くの人々がATVにアクセスできるようになった。
しかし、市場成長には一定の限界があることを認識しておく必要がある。インドの消費者にとってATVをより手頃な価格にしようと努力するメーカーにとって、高い輸入関税が課題となっている。さらに、インドの多くの地域ではオフロード走行のための適切なインフラが整備されていないため、ATV市場の潜在力が十分に発揮されていない。そのため、オフロードコースやトレイルの整備への投資や、責任あるオフロード走行に関する意識の向上が必要である。
とはいえ、こうした課題の中には、有望なチャンスも潜んでいる。メーカーは、現地生産の選択肢を模索することで、インド市場を開拓し、コストを削減してATVの価格競争力を高めることができる。また、雇用創出や地域経済の活性化にも貢献できる。さらに、環境対応車の人気が高まっていることから、消費者の環境意識の高まりに沿った持続可能なATVモデルのユニークな道が開ける。これには、二酸化炭素排出量を削減し、オフロード走行による環境への影響を最小限に抑える電気式またはハイブリッド式ATVモデルの開発が含まれる。
結論として、インドATV市場は、課題を克服し機会を活用しようとするメーカーにとって、大きな可能性を秘めている。インドの消費者の嗜好の変化を理解し、現地の状況に適応することで、メーカーはこのダイナミックで有望な市場で強力な足場を築くことができる。インフラ、技術革新、持続可能性への投資を継続することが、インドのATV市場の潜在力を最大限に引き出し、長期的な成長を確保する鍵となる。
主要市場プレイヤー
ポラリス
ボンバルディア・レクリエーショナル・プロダクツ
ヤマハ発動機株式会社
アークティック・キャット
カワサキモータース株式会社
スズキ株式会社
アメリカンランドマスター
光陽モーター株式会社
レポートの範囲
本レポートでは、インドの全地形対応車市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- インドの全地形対応車市場:製品タイプ別
o ユーティリティATV
o スポーツATV
o 青少年用ATV
- インドの全地形対応車市場:排気量別
o 低排気量
o 中

- インドの四輪バギーの市場:用途別
o エンターテインメント
o スポーツ
o 農業
その他
- インドの全地形対応車市場:地域別
北部

西

競合状況
企業プロフィール:インド全地形対応車市場に参入している主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社のインド全地形対応車市場レポートは、与えられた市場データをもとに、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1.はじめに
1.1.製品概要
1.2.レポートの主なハイライト
1.3.市場範囲
1.4.対象市場セグメント
1.5.調査対象期間
2.調査方法
2.1.研究の目的
2.2.ベースラインの方法
2.3.主要産業パートナー
2.4.主な協会と二次情報源
2.5.予測方法
2.6.データの三角測量と検証
2.7.仮定と限界
3.要旨
3.1.市場概要
3.2.市場予測
3.3.主要地域
3.4.主要セグメント
4.COVID-19のインド全地形対応車市場への影響
5.顧客の声分析
5.1.購入決定要因
5.2.ブランド認知度
5.3.購入後に直面した課題/問題
6.インド全地形対応車市場の展望
6.1.市場規模と予測
6.1.1.台数・金額別
6.2.市場シェアと予測
6.2.1.製品タイプ別市場シェア分析(ユーティリティATV、スポーツATV、ユースATV)
6.2.2.エンジン排気量別市場シェア分析(低、中、高)
6.2.3.用途別市場シェア分析(エンターテインメント、スポーツ、農業、その他)
6.2.4.地域別市場シェア分析
6.2.4.1.北市場シェア分析
6.2.4.2.西部市場シェア分析
6.2.4.3.南部市場シェア分析
6.2.4.4.東部市場シェア分析
6.2.5.企業別市場シェア分析(上位5社、その他 - 金額ベース、2023年)
6.3.インドの全地形対応車市場のマッピングと機会評価
6.3.1.製品タイプ別市場マッピングと機会評価
6.3.2.エンジン排気量別市場マッピングと機会評価
6.3.3.用途別市場マッピングと機会評価
6.3.4.地域別市場マッピングと機会評価
7.実用ATVインド全地形対応車市場の展望
7.1.市場規模と予測
7.1.1.台数・金額別
7.2.市場シェアと予測
7.2.1.排気量別市場シェア分析
7.2.2.用途別市場シェア分析
7.3.製品ベンチマーク
8.スポーツATVインド全地形対応車市場の展望
8.1.市場規模と予測
8.1.1.台数・金額別
8.2.市場シェアと予測
8.2.1.排気量別市場シェア分析
8.2.2.用途別市場シェア分析
8.3.製品ベンチマーク
9.ユースATVインド全地形対応車市場の展望
9.1.市場規模と予測
9.1.1.台数・金額別
9.2.市場シェアと予測
9.2.1.排気量別市場シェア分析
9.2.2.用途別市場シェア分析
9.3.製品ベンチマーク
10.SWOT分析
10.1.強み
10.2.弱み
10.3.機会
10.4.脅威
11.ポーターの5つの力モデル
11.1.競争上のライバル
11.2.買い手の交渉力
11.3.供給者の交渉力
11.4.新規参入の脅威
11.5.代替品の脅威
12.市場ダイナミクス
12.1.市場促進要因
12.2.市場の課題
13.市場の動向と発展
14.政策と規制
15.インド経済プロフィール
16.競争環境
16.1.企業プロフィール(主要10社まで)
16.1.1.ポラリス
16.1.1.1.会社概要
16.1.1.2.主要製品
16.1.1.3.最近の開発
16.1.1.4.主要経営陣
16.1.2.ボンバルディア・レクリエーショナル・プロダクツ社
16.1.2.1.会社概要
16.1.2.2.主要取扱製品
16.1.2.3.最近の開発
16.1.2.4.主要経営陣
16.1.3.ヤマハ発動機株式会社
16.1.3.1.会社概要
16.1.3.2.主要取扱商品
16.1.3.3.最近の開発
16.1.3.4.主要経営陣
16.1.4.アークティック・キャット社
16.1.4.1.会社概要
16.1.4.2.主要製品
16.1.4.3.最近の開発
16.1.4.4.主要経営陣
16.1.5.カワサキモータース
16.1.5.1.会社概要
16.1.5.2.主要製品
16.1.5.3.最近の開発
16.1.5.4.主要経営陣
16.1.6.スズキ株式会社
16.1.6.1.会社概要
16.1.6.2.主要取扱商品
16.1.6.3.最近の開発
16.1.6.4.主要経営陣
16.1.7.アメリカンランドマスター
16.1.7.1.会社概要
16.1.7.2.主要製品
16.1.7.3.最近の開発
16.1.7.4.主要経営陣
16.1.8.光陽モーターLtd.
16.1.8.1.会社概要
16.1.8.2.主要製品
16.1.8.3.最近の開発
16.1.8.4.主要経営陣
17.戦略的提言
17.1.重点分野
17.1.1.対象地域
17.1.2.ターゲット製品タイプ
17.1.3.対象エンジン排気量
会社概要・免責事項

 

ページTOPに戻る


 

Summary

India All-Terrain Vehicle Market has valued at USD 760 Million in 2023 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 3.85%. The All-Terrain Vehicle (ATV) market in India has been experiencing remarkable growth over the past few years. This growth can be attributed to several key factors. Firstly, there has been a significant increase in the popularity of outdoor recreational activities among Indians, leading to a surge in demand for ATVs. People are increasingly seeking thrilling and adventurous experiences, and ATVs provide a perfect way to explore the rugged terrains and scenic landscapes of India.
Additionally, the rise in the number of adventure sports and the growing trend of off-road exploration have further fueled the demand for these versatile vehicles. Whether it's traversing through challenging trails or conquering muddy terrains, ATVs offer an adrenaline-pumping experience for enthusiasts. The versatility of ATVs allows them to be used for various purposes, such as farming, transportation, and even rescue operations in remote areas.
Furthermore, the flourishing tourism industry in India has played a crucial role in driving the ATV market forward. Many tourists, both domestic and international, are seeking unique and thrilling experiences during their visits to India. Exploring the picturesque landscapes on an ATV has become a popular choice, attracting adventure seekers from around the world. As a result, ATV parks and tracks have been established across the country, catering to the growing demand for off-road adventures.
However, despite the positive growth trajectory, there are a few challenges that the ATV market in India faces. The high cost of ATVs remains a significant barrier for many potential buyers, limiting the market reach to a certain segment of consumers. Additionally, stringent emission norms imposed by regulatory authorities can pose compliance challenges for ATV manufacturers. Striking a balance between affordability and environmental sustainability is crucial for the long-term success of the ATV market.
Nevertheless, the overall outlook for the ATV market in India remains optimistic. The increasing disposable income of consumers, coupled with their evolving lifestyle preferences, is expected to drive the demand for ATVs in the coming years. Manufacturers are constantly innovating and introducing advanced features to meet the evolving needs of consumers. With continuous innovation and technological advancements, the ATV market in India is poised for further expansion, offering exciting opportunities for manufacturers, dealers, and enthusiasts alike.
Key Market Drivers
Rising Adventure Tourism and Recreational Demand
One of the primary drivers for the India ATV market is the surge in adventure tourism and recreational activities. As more people seek outdoor adventures and off-road experiences, the demand for ATVs has witnessed significant growth. ATVs are popular choices for recreational activities like trail riding, off-roading, and adventure sports. Tourist destinations in regions such as Himachal Pradesh, Uttarakhand, and Goa have witnessed an influx of adventure enthusiasts, leading to a higher demand for ATVs to explore challenging terrains. This trend is expected to continue, bolstering the ATV market in India.
Agricultural and Industrial Applications
ATVs have found a crucial role in agricultural and industrial applications across India. They are used for various tasks, including plowing, irrigation, pesticide spraying, and transportation on farms. In industrial settings, ATVs serve as reliable vehicles for material handling, especially in remote and rugged terrains. The versatility of ATVs, their ability to carry heavy loads, and their suitability for all-terrain use have made them indispensable in both agriculture and industry. As modernization and mechanization of these sectors continue, the demand for ATVs in such applications is set to rise further.
Government Initiatives and Support
Government initiatives and policies have played a significant role in driving the ATV market in India. Various state governments have supported the promotion of adventure tourism by offering incentives and creating infrastructure for adventure sports. Additionally, some states provide subsidies to farmers for purchasing ATVs, recognizing their role in enhancing agricultural productivity. These initiatives create a favorable environment for the growth of the ATV market by making these vehicles more accessible and affordable.
Youth and Millennial Market
The youth and millennial population in India is increasingly drawn to adventure sports and outdoor recreational activities. ATVs have become a symbol of adventure and excitement, appealing to the younger generation. As disposable incomes rise and the desire for unique experiences grows, the youth market has contributed significantly to the demand for ATVs. Their enthusiasm for off-road adventures and the allure of ATV riding experiences have bolstered the market's growth, making it an attractive segment for manufacturers and service providers.
Evolving Tourist Preferences
Tourists in India are increasingly seeking unique and offbeat experiences, moving away from conventional travel. As a result, adventure tourism, including ATV rides, has gained popularity. Tourists, both domestic and international, are looking to explore diverse landscapes, ranging from forests and deserts to mountains and coastal regions, through off-road adventures. Tour operators and adventure parks have capitalized on this trend, offering ATV experiences that cater to changing tourist preferences. This shift in preferences is expected to drive the India ATV market's growth as adventure tourism expands further.
Improved Infrastructure and Off-Roading Facilities
The development of off-roading tracks, adventure parks, and recreational facilities has been instrumental in propelling the ATV market in India. State governments, private investors, and adventure enthusiasts have invested in creating off-roading infrastructure in various parts of the country. These purpose-built tracks and facilities provide safe and controlled environments for ATV riding, attracting a broader audience and making the sport accessible to a larger segment of the population. As the network of such facilities continues to expand, the market for ATVs is likely to flourish.
Key Market Challenges
Regulatory and Safety Compliance
One of the primary challenges in the India ATV market is the lack of well-defined regulations and safety standards. ATVs are often considered a gray area in terms of regulation and classification. The absence of clear guidelines from regulatory authorities has led to uncertainties regarding aspects like age restrictions, safety equipment requirements, and licensing for ATV operation. This regulatory ambiguity not only affects the safety of riders but also creates challenges for manufacturers and dealers in ensuring compliance with unclear or non-existent rules. Addressing this challenge is crucial to ensure the safe and responsible use of ATVs in India.
Environmental Concerns and Emissions
ATVs are often powered by internal combustion engines that emit greenhouse gases and pollutants. As environmental concerns and emissions regulations become increasingly stringent worldwide, the India ATV market faces challenges related to emissions control and environmental sustainability. These concerns are particularly relevant in ecologically sensitive areas and tourist destinations, where ATVs are widely used for recreational purposes. Manufacturers need to develop cleaner and more eco-friendly ATV models to align with global environmental standards and reduce their carbon footprint.
Inadequate Safety Awareness
A lack of awareness and education regarding ATV safety is a significant challenge in India. Many users, especially recreational riders, may not be adequately informed about safe riding practices, protective gear, and the risks associated with ATV operation. This challenge is compounded by the fact that ATV riding is often perceived as a fun and adventurous activity without due consideration for safety. To mitigate this challenge, there is a need for increased safety awareness campaigns, training programs, and mandatory safety equipment requirements to reduce accidents and injuries associated with ATV use.
Rural Infrastructure and Terrain Constraints
The suitability of ATVs for navigating rugged terrains and challenging environments is both a strength and a challenge in India. While ATVs excel in off-road applications, the country's rural infrastructure often falls short of providing optimal riding conditions. Poorly maintained or unpaved roads, a lack of designated off-road tracks, and limited accessibility to remote areas can hinder the full potential of ATVs. In many cases, riding ATVs in certain regions may cause environmental damage or land erosion. Overcoming these challenges requires investments in infrastructure and the development of off-road tracks, promoting responsible riding practices, and balancing the demand for off-roading with environmental conservation.
High Acquisition Costs and Limited Affordability
The cost of acquiring an ATV, including the vehicle itself and safety gear, can be prohibitively high for many potential users in India. ATVs are often considered luxury or recreational vehicles, and the relatively high price tag puts them out of reach for a significant portion of the population. This challenge restricts the market's growth potential, especially among individuals and farmers who could benefit from ATV applications in agriculture, construction, and transportation. Manufacturers need to explore options for cost-effective models and financial solutions to make ATVs more accessible to a wider audience.
Competition and Market Saturation
The India ATV market is becoming increasingly competitive, with both domestic and international manufacturers vying for market share. While competition can drive innovation and product development, it also exerts pressure on pricing and margins. The proliferation of options and brands can lead to market saturation and price wars, potentially affecting product quality and customer service. Finding a balance between offering a variety of ATV models and maintaining high standards of quality and safety is a key challenge in this competitive landscape.
Key Market Trends
Rise in Recreational ATV Use
The India ATV market is experiencing a notable trend towards increased recreational use. ATVs are increasingly popular for adventure and recreational purposes, such as off-roading, trail riding, and exploring rugged terrains. This trend is particularly evident among the urban population seeking outdoor adventures and thrill-seeking experiences. As disposable incomes rise and the desire for unique recreational activities grows, the demand for recreational ATVs has surged. Adventure parks and off-road tracks have cropped up in various parts of the country, catering to this trend and providing riders with safe and controlled environments for recreational ATV use.
Agricultural and Industrial Applications
In addition to recreational use, ATVs have been gaining traction in agricultural and industrial applications across India. Farmers and industrial workers have recognized the practicality and versatility of ATVs for various tasks, including plowing, irrigation, transportation, and material handling. The ability of ATVs to navigate challenging terrains, carry heavy loads, and improve productivity has made them indispensable in sectors such as agriculture, construction, and mining. This trend is expected to continue as mechanization and modernization of these sectors advance, resulting in a growing demand for workhorse ATVs.
Government Support for Agricultural ATVs
Several state governments in India have recognized the potential benefits of ATVs in agriculture and have initiated support programs to encourage their use. Subsidies and financial incentives are provided to farmers to invest in ATVs for agricultural tasks. These government initiatives aim to enhance agricultural productivity, reduce manual labor, and promote mechanization. As a result, the market for agricultural ATVs has seen steady growth, and this trend is likely to persist as more states implement supportive policies to increase the adoption of ATVs in farming.
Youth and Millennial Market
The youth and millennial population in India is showing a growing interest in adventure sports and outdoor recreational activities, with ATVs being a key attraction. As this demographic seeks unique experiences and adventure opportunities, ATVs have become a symbol of excitement and outdoor fun. Many young riders are enthusiastic about off-road adventures, leading to increased demand for recreational ATVs. This trend aligns with the desire for thrilling and memorable experiences, and it is contributing significantly to the growth of the ATV market in India.
Improved Safety Standards and Awareness
Safety awareness in the India ATV market is on the rise. Riders and enthusiasts are becoming increasingly aware of the importance of wearing safety gear and practicing safe riding habits. Manufacturers and industry organizations are also playing a pivotal role in promoting safety by providing safety guidelines and developing safer ATV models. In response to this trend, there has been an upsurge in the adoption of safety equipment such as helmets, gloves, and protective clothing, as well as an increasing demand for ATVs equipped with safety features like roll cages and seatbelts.
Growth of the Adventure Tourism Segment
Adventure tourism is gaining prominence in India, and ATVs are an integral part of this growth. Tourists, both domestic and international, are seeking unique and thrilling experiences, leading to a surge in adventure tourism destinations that offer ATV rides. Regions like Himachal Pradesh, Uttarakhand, and Goa have witnessed a boom in adventure tourism, attracting adventure enthusiasts looking to explore challenging terrains through ATV experiences. This trend not only benefits adventure parks and tour operators but also fuels the ATV market as more individuals experience the thrill of riding ATVs in picturesque and challenging landscapes.
Segmental Insights
Product Type Insights
The Indian All-Terrain Vehicle (ATV) market can be further segmented into several product types, each catering to specific needs and preferences. Among these, Utility ATVs stand out as versatile workhorses, capable of tackling heavy-duty tasks and traversing challenging off-road terrains. With their robust design and powerful engines, Utility ATVs find extensive use in agricultural operations, construction sites, and even military applications. Their multifunctionality and reliability have made them a significant market segment, driving the growth of the ATV industry in India.
In contrast, Sport ATVs are designed for adrenaline-fueled adventures, offering thrilling high-speed rides and the agility required for stunts. These specialized ATVs attract adventure enthusiasts who seek an exhilarating off-road experience. With their sporty aesthetics and advanced suspension systems, Sport ATVs provide the perfect blend of performance and excitement, allowing riders to push the limits of their off-road capabilities.
Furthermore, the Indian ATV market also caters to the younger generation with Youth ATVs. These ATVs are specifically designed with safety features and size-appropriate specifications to ensure a secure and enjoyable riding experience for young riders. Recognizing the importance of safety, manufacturers have incorporated features such as speed limiters, remote controls, and adjustable throttle to provide parents and guardians with peace of mind while allowing young riders to have fun. This segment of the market focuses on instilling a love for off-roading in the younger generation while prioritizing their safety.
Understanding these distinct product types is crucial for businesses operating in the Indian ATV market. By recognizing the unique requirements and preferences of different customer segments, companies can identify market trends, develop targeted marketing strategies, and drive strategic business developments in this dynamic and evolving industry. With the diverse range of ATV options available, customers can find the perfect ATV to suit their specific needs and enhance their off-road experiences.
Application Insights
The All-Terrain Vehicle (ATV) market in India has been experiencing a remarkable surge in recent years. This growth can be attributed to several factors. Firstly, the increasing popularity of off-road sports and recreational activities among enthusiasts has significantly contributed to the rise in demand for ATVs. People are seeking thrilling experiences and unique adventures, and ATVs provide an exciting way to navigate through challenging terrains and explore the country's natural beauty.
Moreover, the rise in disposable incomes has played a crucial role in fueling the demand for ATVs. As people have more financial resources at their disposal, they are more willing to invest in recreational vehicles like ATVs. Additionally, the utilization of ATVs in sectors such as agriculture and military has been on the rise. Farmers are finding value in using ATVs for various tasks, from navigating through fields to transporting equipment. These factors have further contributed to the market's expansion.
Furthermore, advancements in technology have significantly impacted the growth of the ATV market. Manufacturers are constantly innovating and introducing new features to enhance the performance, safety, and comfort of ATVs. This has made them more appealing to a wider range of consumers, including outdoor enthusiasts, farmers, and even government agencies. With improved suspension systems, advanced braking technologies, and comfortable seating arrangements, ATVs are becoming increasingly versatile and user-friendly.
However, it is worth noting that the high cost of ATVs and the inadequate infrastructure for off-road activities may present challenges to the future growth of this market. The price of ATVs can be a deterrent for some potential buyers, especially in a price-sensitive market like India. Additionally, the lack of dedicated off-road tracks and facilities makes it difficult for enthusiasts to fully enjoy their ATVs.
Despite these challenges, the future of the ATV market in India looks promising. The increasing interest in adventure sports and outdoor activities, coupled with the continuous advancements in technology, is expected to drive the sustained growth of this market in the coming years. As more people embrace the spirit of adventure and exploration, ATVs will continue to play a significant role in fulfilling their desires for thrilling experiences and unforgettable memories. Manufacturers and policymakers need to address the challenges and work towards creating a conducive environment for the growth of the ATV market in India.
Regional Insights
The All-Terrain Vehicle (ATV) market in India is experiencing a stage of progressive growth, fueled by a surging interest in off-roading activities and adventure sports among enthusiasts. This trend is further bolstered by the increasing disposable income of the burgeoning middle class, allowing them to indulge in recreational pursuits such as ATV riding. Moreover, the enhanced availability of ATVs through various distribution channels, both online and offline, has made these vehicles more accessible to a wider audience, including those in remote areas.
However, it is important to acknowledge that the market growth faces certain limitations. High import duties pose a challenge for manufacturers, as they strive to make ATVs more affordable for Indian consumers. Additionally, the lack of adequate infrastructure for off-roading in many parts of India hampers the full potential of the ATV market. Therefore, there is a need for investments in developing off-road tracks and trails, as well as raising awareness about responsible off-roading practices.
Nevertheless, amidst these challenges lie promising opportunities. Manufacturers can tap into the Indian market by exploring options for local production, thereby reducing costs and making ATVs more competitively priced. This can also contribute to job creation and stimulate the local economy. Furthermore, the growing popularity of eco-friendly vehicles presents a unique avenue for sustainable ATV models, aligning with the increasing environmental consciousness among consumers. This includes the development of electric or hybrid ATV models that reduce carbon emissions and minimize the environmental impact of off-roading activities.
In conclusion, the Indian ATV market holds significant potential for manufacturers willing to navigate the challenges and leverage the opportunities. By understanding the evolving preferences of Indian consumers and adapting to the local landscape, manufacturers can establish a strong foothold in this dynamic and promising market. Continued investment in infrastructure, innovation, and sustainability will be key to unlocking the full potential of the ATV market in India and ensuring its long-term growth.
Key Market Players
Polaris Inc.
Bombardier Recreational Products Inc.
Yamaha Motor Corporation
Arctic Cat Inc.
Kawasaki Motors Corp
Suzuki Motor Corporation
American LandMaster
Kwang Yang Motor Co. Ltd
Report Scope:
In this report, the India All-Terrain Vehicle Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• India All-Terrain Vehicle Market, By Product Type:
o Utility ATV
o Sports ATV
o Youth ATV
• India All-Terrain Vehicle Market, By Engine Displacement:
o Low
o Medium
o High
• India All-Terrain Vehicle Market, By Application:
o Entertainment
o Sports
o Agriculture
o Others
• India All-Terrain Vehicle Market, By Region:
o North
o East
o West
o South
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the India All-Terrain Vehicle Market.
Available Customizations:
India All-Terrain Vehicle Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Introduction
1.1. Product Overview
1.2. Key Highlights of the Report
1.3. Market Coverage
1.4. Market Segments Covered
1.5. Research Tenure Considered
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Market Overview
3.2. Market Forecast
3.3. Key Regions
3.4. Key Segments
4. Impact of COVID-19 on India All-Terrain Vehicle Market
5. Voice of Customer Analysis
5.1. Factors Influencing Purchase Decision
5.2. Brand Awareness
5.3. Challenges/Issues Faced Post Purchase
6. India All-Terrain Vehicle Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Volume & Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Product Type Market Share Analysis (Utility ATV, Sports ATV & Youth ATV)
6.2.2. By Engine Displacement Market Share Analysis (Low, Medium & High)
6.2.3. By Application Market Share Analysis (Entertainment, Sports, Agriculture & Others)
6.2.4. By Regional Market Share Analysis
6.2.4.1. North Market Share Analysis
6.2.4.2. West Market Share Analysis
6.2.4.3. South Market Share Analysis
6.2.4.4. East Market Share Analysis
6.2.5. By Company Market Share Analysis (Top 5 Companies, Others - By Value, 2023)
6.3. India All-Terrain Vehicle Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.1. By Product Type Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.2. By Engine Displacement Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.3. By Application Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.4. By Regional Market Mapping & Opportunity Assessment
7. Utility ATV India All-Terrain Vehicle Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Volume & Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Engine Displacement Market Share Analysis
7.2.2. By Application Market Share Analysis
7.3. Product Benchmarking
8. Sports ATV India All-Terrain Vehicle Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Volume & Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Engine Displacement Market Share Analysis
8.2.2. By Application Market Share Analysis
8.3. Product Benchmarking
9. Youth ATV India All-Terrain Vehicle Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Volume & Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Engine Displacement Market Share Analysis
9.2.2. By Application Market Share Analysis
9.3. Product Benchmarking
10. SWOT Analysis
10.1. Strength
10.2. Weakness
10.3. Opportunities
10.4. Threats
11. Porter’s Five Forces Model
11.1. Competitive Rivalry
11.2. Bargaining Power of Buyers
11.3. Bargaining Power of Suppliers
11.4. Threat of New Entrants
11.5. Threat of Substitutes
12. Market Dynamics
12.1. Market Drivers
12.2. Market Challenges
13. Market Trends and Developments
14. Policy & Regulatory Landscape
15. India Economic Profile
16. Competitive Landscape
16.1. Company Profiles (Up To 10 Major Companies)
16.1.1. Polaris Inc.
16.1.1.1. Company Details
16.1.1.2. Key Products Offered
16.1.1.3. Recent Development
16.1.1.4. Key Management Personnel
16.1.2. Bombardier Recreational Products Inc.
16.1.2.1. Company Details
16.1.2.2. Key Products Offered
16.1.2.3. Recent Development
16.1.2.4. Key Management Personnel
16.1.3. Yamaha Motor Corporation
16.1.3.1. Company Details
16.1.3.2. Key Products Offered
16.1.3.3. Recent Development
16.1.3.4. Key Management Personnel
16.1.4. Arctic Cat Inc.
16.1.4.1. Company Details
16.1.4.2. Key Products Offered
16.1.4.3. Recent Development
16.1.4.4. Key Management Personnel
16.1.5. Kawasaki Motors Corp
16.1.5.1. Company Details
16.1.5.2. Key Products Offered
16.1.5.3. Recent Development
16.1.5.4. Key Management Personnel
16.1.6. Suzuki Motor Corporation
16.1.6.1. Company Details
16.1.6.2. Key Products Offered
16.1.6.3. Recent Development
16.1.6.4. Key Management Personnel
16.1.7. American LandMaster
16.1.7.1. Company Details
16.1.7.2. Key Products Offered
16.1.7.3. Recent Development
16.1.7.4. Key Management Personnel
16.1.8. Kwang Yang Motor Co. Ltd
16.1.8.1. Company Details
16.1.8.2. Key Products Offered
16.1.8.3. Recent Development
16.1.8.4. Key Management Personnel
17. Strategic Recommendations
17.1. Key Focus Areas
17.1.1. Target Regions
17.1.2. Target Product Type
17.1.3. Target Engine Displacement
About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(engine)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/23 10:28

157.74 円

172.13 円

206.60 円

ページTOPに戻る