世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

ドイツの臨時電力市場:燃料タイプ別(ディーゼル発電機、ガス発電機、その他)、定格電力別(80Kw未満、81Kw280Kw、281Kw600Kw、600Kw以上)、エンドユーザー別(公益事業、イベント、石油・ガス、建設、鉱業、製造、その他)、地域別、競争市場:2018-2028F


Germany Temporary Power Market Segmented By Fuel Type (Diesel Generator, Gas Generator and Others), By Power Rating (Less Than 80 Kw, 81 Kw280 Kw, 281 Kw600 Kw and Above 600 Kw), By End-User (Utilities, Events, Oil & Gas, Construction, Mining, Manufacturing and Others), By Region, and By Competition, 2018-2028F

ドイツの仮設電源市場は、2022年に3億8581万米ドルと評価され、2028年までの年平均成長率は8.12%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。ドイツでは再生可能エネルギーへのシフトが進んでおり、大規模な建... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
70 英語

 

サマリー

ドイツの仮設電源市場は、2022年に3億8581万米ドルと評価され、2028年までの年平均成長率は8.12%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。ドイツでは再生可能エネルギーへのシフトが進んでおり、大規模な建設とインフラ整備が必要となっている。これには、風力発電所の設立、太陽光発電設備の設置、送電網の強化などが含まれる。一時的な電力サービスは、建設、試運転、継続的なメンテナンスのためのエネルギー要件を満たすために極めて重要である。その結果、一時的な電力ソリューションに対する一貫した需要が存在する。
主な市場促進要因
ドイツにおける仮設電力需要の増加
ドイツの臨時電力市場は、信頼性が高く柔軟な電力ソリューションに対する需要の大幅な増加によって活性化している。この需要の急増は、いくつかの要因に起因している。
まず、ドイツでは風力や太陽光を中心とした再生可能エネルギーへの移行により、断続的な電力供給が行われている。これらのエネルギー源は持続可能な未来にとって極めて重要であるが、天候に左右され、需要の少ない時期には過剰なエネルギーを生み出し、需要の多い時期には不足することが多い。この断続性により、安定した送電網を維持し、停電を防ぐためのバックアップ電源が必要となる。
第二に、ドイツでは産業活動や建設プロジェクトが増加しているため、一時的な電源ソリューションに対するニーズが高まっている。製造業、データセンター、建設業は、業務を維持するために無停電電源に大きく依存している。移動式発電機などの臨時電力ソリューションは、メンテナンス、拡張、緊急時のエネルギーギャップを埋めるために不可欠である。
最後に、年間を通じて数多くのフェスティバル、コンサート、大規模イベントを開催するドイツの盛んなイベント・娯楽産業は、照明、音響、その他の重要なサービスのために大きな電力資源を必要とします。仮設電源ソリューションは、こうしたイベントの円滑な実施を確保する上で極めて重要な役割を果たすため、同国における仮設電源の需要拡大を牽引している。
結論として、ドイツにおける仮設電源需要の高まりは、再生可能エネルギーへの移行、産業・建設活動の拡大、活気あるイベント・娯楽産業が主な要因となっている。これらの要因は、同国における安定した電力供給の維持において、信頼性と柔軟性に優れた臨時電力ソリューションの重要性を強調している。
エネルギー転換と送電網の回復力
エネルジーヴェンデ」として知られるドイツの野心的なエネルギー転換は、同国の臨時電力市場にとって重要な起爆剤となっている。この移行には、脱原発とともに、化石燃料から風力、太陽光、バイオマスなどの再生可能エネルギーへの転換が含まれる。この移行は、持続可能性にとって不可欠であることに変わりはないが、電力網の安定性と回復力に課題をもたらしている。
その主な要因のひとつは、再生可能エネルギー源の断続性である。太陽光発電や風力発電は気象条件によって大きく変動し、エネルギー供給にギャップを生じさせる可能性がある。移動式発電機やエネルギー貯蔵システムを含む一時的な電力ソリューションは、こうしたギャップを埋め、送電網の安定性を確保する上で重要な役割を果たしている。
さらに、原子力発電所の廃炉により、ドイツのベースロード電源容量は減少している。一時的な電力ソリューションは、需要が高い時期や予期せぬ停電の際に、迅速で信頼性の高いバックアップ電力を提供し、それによって送電網の回復力を高め、停電を防ぐ。
さらに、ドイツでは、屋上ソーラーパネルや小規模風力タービンなどの分散型エネルギー資源(DER)の割合が高まり、分散型エネルギーシステムに移行しているため、これらの資源をグリッドにシームレスに統合するためには、一時的な電力ソリューションが必要となる。一時的な電力インフラは、DERからのエネルギー・フローを効果的に管理しバランスをとることで、送電網の信頼性を高めることができる。
結論として、ドイツのエネルギー転換と、それに伴う送電網の安定性と回復力への課題が、一時的な電力ソリューションの需要を促進している。これらのソリューションは、再生可能エネルギー発電のギャップを埋め、バックアップ電力を供給し、分散型エネルギー資源をシームレスに統合する上で極めて重要な役割を果たしている。この変革期において、信頼性が高く堅牢な送電網を確保します。
インフラ整備と都市化
ドイツの臨時電力市場は、継続的なインフラ整備と都市化の傾向によって著しい成長を遂げている。この原動力となっている要因はいくつかある。
まず、ドイツでは都市化が進んでおり、都市や大都市圏に移転する人が増えている。都市が拡大するにつれて、道路、橋、トンネル、公共交通システムといった重要なインフラに対する需要が高まっている。こうしたインフラ・プロジェクトの多くは、建設活動の支援、照明の提供、機械の操作のために、一時的な電力ソリューションを必要としている。
第二に、ドイツは、風力発電所やソーラーパークの建設など、再生可能エネルギー・インフラに多額の投資を行っている。これらのプロジェクトは、送電網のインフラが限られている遠隔地や未開発地域で行われることが多い。移動式発電機や変電所などの一時的な電力ソリューションは、建設や試運転の段階で必要なエネルギーを供給する上で重要な役割を果たす。
第三に、ドイツではデータセンターやテクノロジー・ハブの増加により、信頼性と拡張性の高い電力ソリューションのニーズが高まっている。データセンターは、重要な業務を維持するために中断のない電力を必要とし、一時的な電力インフラは、メンテナンス、アップグレード、緊急時の継続的なエネルギー供給を保証する。
さらに、ドイツでは交通インフラの強化に努めており、電気自動車(EV)の充電ステーションが普及しつつある。これらの充電ステーションは、設置時に仮設電源接続を必要とすることが多く、柔軟なモバイル電源ソリューションの恩恵を受けることができます。
まとめると、ドイツにおける仮設電源ソリューションの需要は、インフラ整備と都市化のトレンドに後押しされている。都市が拡大し、再生可能エネルギー・プロジェクトが急増し、データセンターが成長し、EVインフラが整備されるにつれて、仮設電源は、これらの取り組みをサポートするための信頼性の高い継続的な電力供給を確保するために不可欠な要素となります。
主な市場課題
規制の複雑さと環境問題
ドイツの臨時電力市場が直面する主な課題の1つは、複雑な規制環境と環境持続可能性の重視の高まりである。ドイツには、発電、排出、環境保護に関する厳しい規制があり、臨時電力事業者にとって障害となる可能性がある。
第一に、温室効果ガスの排出削減と再生可能エネルギーへの移行に熱心なことで知られるドイツでは、環境への配慮が何よりも重要である。臨時電力ソリューションでは、二酸化炭素やその他の汚染物質を排出するディーゼル発電機に頼ることが多い。厳しい排出基準を満たし、大気質への懸念に対処することは、臨時電力事業者にとって大きな課題となり得る。この課題は、二酸化炭素排出量の削減を求める圧力によってさらに増幅され、その結果、ディーゼル発電機の使用に対する監視が強化され、使用が制限される可能性がある。
第二に、ドイツにおける複雑な許認可や規制の状況をナビゲートすることは、臨時電力会社にとって時間とコストのかかるプロセスである可能性がある。臨時電力プロジェクトに必要な許認可を取得することは、配備の遅れの原因となり、電力緊急事態への迅速な対応や建設期限の遵守に影響を及ぼす可能性がある。また、規制の遵守には、騒音規制の遵守や環境影響評価の実施が伴う場合もあり、さらに複雑さを増している。
第三に、既存のエネルギー市場に一時的な電力ソリューションを統合することが課題となる。ドイツのエネルギー市場は急速に進化しており、分散型エネルギー発電と送電網の安定性が重視されている。一時的な電源をグリッドと調整し、シームレスなエネルギーフローを確保することは、特に再生可能エネルギーの発電量が多い時期やグリッドが変動している時期には、技術的に困難な場合がある。
結論として、ドイツにおける規制の複雑さと環境問題は、臨時電力市場に大きな課題をもたらしている。複雑な規制をうまく切り抜けながら、信頼できる電力ソリューションの必要性と厳しい排出基準の間でバランスを取るには、革新的なアプローチと持続可能性への確固としたコミットメントが必要である。
再生可能エネルギーへの移行
ドイツの再生可能エネルギーへの意欲的な移行は、一時的な電力市場にチャンスと課題の両方をもたらす。再生可能エネルギーへの移行は持続可能性にとって極めて重要である一方、臨時電力業界にとっては特有のハードルをもたらす。
第一に、風力発電や太陽光発電のような再生可能エネルギー源は断続的な性質を持っているため、エネルギー供給のギャップが生じる可能性がある。この断続性により、送電網の安定性を維持するために信頼性の高いバックアップ電源ソリューションが必要となる。しかし、これらのバックアップ電源と変動する再生可能エネルギー発電をシームレスに統合することが課題である。クリーンエネルギーへの移行を妨げることなく、一時的な電力ソリューションの利用可能性を確保することは、複雑な課題である。
第二に、石炭や原子力といった伝統的なベースロード発電所への依存度の低下は、エネルギー市場に不確実性をもたらす。臨時電力供給者は、こうした力学の変化に適応し、需要と供給のシフトに機敏に対応し続けなければならない。そのためには、進化するエネルギー情勢に合わせて、より柔軟で効率的な発電技術への投資が必要になるかもしれない。
最後に、ドイツでは再生可能エネルギー容量の拡大に伴い、バッテリーなどのエネルギー貯蔵ソリューションが重視されるようになっている。これらの蓄電システムは、再生可能エネルギー発電量が少ない期間にバックアップ電力を提供することができる。しかし、一時的な電力供給会社は、エネルギー貯蔵がエネルギー・インフラにますます統合される市場で、競争力と関連性を維持するという課題に直面している。
まとめると、ドイツにおける再生可能エネルギーへの移行は、バックアップ電源のシームレスな統合、市場ダイナミクスの変化への適応、新興のエネルギー貯蔵技術との競争など、臨時電力市場に課題を提示している。
市場競争と経済的要因
ドイツの臨時電力市場は、市場競争と経済的要因に関連した大きな課題に直面しており、臨時電力事業者の収益性と持続可能性に影響を与える可能性がある。
第一に、市場の飽和と競争の激化が挙げられる。ドイツは、成熟し確立された臨時電力業界を誇り、数多くの事業者が幅広いサービスを提供している。このような競争の激化は、価格圧力や利益率の低下を招き、企業が新技術に投資したり競争力を維持したりすることを困難にする。
第二に、燃料価格の変動などの経済的要因が、臨時電力ソリューションの費用対効果に影響を及ぼす可能性がある。発電機で一般的に使用されるディーゼル燃料は価格変動の影響を受けやすく、臨時電力供給事業者の運営コストに影響を与える可能性がある。景気の低迷や不況期も、臨時電力サービスに対する需要の減少につながる可能性がある。建設プロジェクトや産業活動が減速し、臨時電力会社の収益に影響を与える可能性があるからだ。
最後に、資金調達や設備投資の問題は、臨時電力市場の拡大を妨げる可能性がある。設備購入やメンテナンスに必要な資本を得るには、コストがかかる。さらに、長期的なプロジェクトや、よりクリーンで効率的な技術への投資のための資金確保は、特に市場の中小企業にとっては困難となる可能性がある。
結論として、市場競争、経済的要因、資金調達の課題が、ドイツの臨時電力市場に大きな障害をもたらしている。この分野で事業を展開する企業は、収益性を維持し、進化する市場環境に適応するために、こうした課題を乗り切らなければならない。
主な市場動向
ドイツの臨時電力市場におけるクリーンで持続可能なソリューションの成長
ドイツの臨時電力市場における顕著な傾向の一つは、クリーンで持続可能な電力ソリューションに対する需要の高まりである。ドイツが再生可能エネルギーへの意欲的な移行を続ける中、臨時電力プロバイダーは、従来のディーゼル発電機に代わる環境に優しい選択肢を採用しつつあります。
この傾向の主な原動力は、温室効果ガスの排出削減と気候変動への対応に焦点が当てられていることだ。従来のディーゼル発電機に比べて排出量が少ない天然ガスやバイオディーゼルを燃料とする臨時電力ソリューションが人気を集めている。こうしたよりクリーンな選択肢は、ドイツの環境持続可能性へのコミットメントと再生可能エネルギー目標に合致している。
さらに、先進的なエネルギー貯蔵システムの採用も進んでいる。バッテリーをベースにしたエネルギー貯蔵ソリューションが、太陽光や風力などの再生可能エネルギー源と組み合わされ、一時的な電源設備に組み込まれている。これらのエネルギー貯蔵システムは、効率的な負荷管理を可能にし、排出量を削減し、再生可能エネルギー発電の変動時に中断のない電力供給を保証する。特に、断続的な再生可能エネルギーの割合が高い地域で、送電網の安定性を確保するために有用である。
さらに、水素を利用した発電は、一時的な電力市場において有望なトレンドとして浮上している。水素燃料電池は、発電時に水蒸気しか排出しないクリーンな代替エネルギーを提供する。この技術が費用対効果に優れ、水素インフラが発展するにつれて、特に排出削減が重要なシナリオでは、臨時電力分野でより重要な役割を果たすようになると予想される。
まとめると、ドイツの臨時電力市場におけるクリーンで持続可能なソリューションの成長は、環境問題への関心、再生可能エネルギーの統合、水素燃料電池やエネルギー貯蔵システムのような先端技術の出現によってもたらされる。こうしたトレンドを取り入れる仮設電力プロバイダーは、環境意識の高い顧客の進化するニーズに対応し、ドイツの持続可能なエネルギー目標に沿うことができる立場にある。
デジタル化と遠隔監視
ドイツの臨時電力市場は現在、臨時電力システムの効率性、信頼性、管理の向上につながるデジタル化と遠隔監視への大きな転換期を迎えている。
このトレンドの重要な側面は、仮設電力設備へのスマートセンサーと監視装置の導入である。これらのセンサーは、発電機、変圧器、その他のコンポーネントの性能と状態に関するリアルタイムのデータを提供することができます。遠隔監視によって予知保全が可能になり、ダウンタイムや故障に至る前に問題を特定して対処することができます。このプロアクティブなアプローチにより、一時的な電力ソリューションの信頼性が向上し、予期せぬ停電のリスクを最小限に抑えることができる。
さらに、デジタル化によって、より効果的な負荷管理と発電の最適化が可能になります。リアルタイムのモニタリングとデータ分析により、臨時電力事業者は実際の需要に基づいて出力を調整することができ、燃料消費量と排出量を削減することができる。この機能は、建設現場やイベントなど、電力ニーズが変動するシナリオで特に価値がある。
さらに、遠隔監視は、仮設電力資産の遠隔制御と管理を容易にし、運用効率を向上させ、現場要員の必要性を低減します。このトレンドは、さまざまな産業で自動化とデータ主導の意思決定を重視する、より広範なインダストリー4.0の動きと一致している。
さらに、デジタル化は臨時電力市場における顧客体験を向上させる。顧客は、電力使用量に関するリアルタイムのデータにアクセスし、燃料レベルを監視し、自動化されたアラートを受け取ることで、仮設電力システムの透明性と制御性を高めることができる。
まとめると、デジタル化と遠隔監視に向けた進行中のトレンドは、信頼性の向上、発電の最適化、運用コストの削減、総合的な顧客体験の向上によって、ドイツの臨時電力市場に革命をもたらしている。技術が進歩し、効率的でデータ主導のソリューションに対する需要が高まるにつれ、この傾向は進化し続けると予想される。
セグメント別インサイト
燃料タイプ別インサイト
ディーゼル発電機セグメントは、2022年に支配的なプレーヤーとして浮上した。ディーゼル発電機は、その信頼性と汎用性で有名であり、医療、データセンター、製造業などの重要な業務や産業に不可欠である。ドイツでは、お祭り、展示会、見本市などさまざまなイベントが開催されるため、中断のない電力供給が重要である。このことは、このセグメントのプロバイダーにとって有利なビジネスチャンスとなる。
環境規制に対応し、よりクリーンな電力ソリューションへの需要の高まりに応えるため、プロバイダーは低排出ガスディーゼル発電機に投資したり、排気ガス後処理システムなどの技術を模索したりすることができる。ディーゼル発電機を再生可能エネルギー源やエネルギー貯蔵と組み合わせることで、より持続可能で効率的なソリューションを提供することができる。さらに、プロバイダーは、ディーゼル燃料への依存度を下げるハイブリッド・パワー・システムの提供の可能性を探ることができる。遠隔監視・制御システムを導入することで、ディーゼル発電機の効率とメンテナンスを向上させ、ダウンタイムを減らし、顧客に電力供給に関するリアルタイムの可視性を提供することができる。
エンドユーザーの洞察
公益事業分野は、予測期間中に急成長すると予測されている。ドイツの臨時電力市場における公益事業分野は、公益事業会社への臨時電力ソリューションの提供を包括している。電力会社や水道会社を含むこれらの企業は、計画保守や緊急時、あるいは重要なインフラをサポートするためにバックアップ電源を必要とすることが多い。ドイツの公益事業会社にとって、消費者への配電を途切れさせることなく確保するため、送電網の回復力は最優先事項である。移動式発電機などの一時的な電力ソリューションは、メンテナンス、修理、不測の事態が発生した際に送電網の安定性を維持する上で重要な役割を果たします。再生可能エネルギーへの移行が進むドイツでは、断続的な発電による送電網の管理に課題があります。一時的な電力供給会社は、再生可能エネルギーが不足した場合にバックアップ電力を供給することでサポートすることができる。
二酸化炭素排出量の削減と環境規制の遵守を目指す公益事業者を惹きつけるためには、天然ガス発電機や水素燃料電池のような環境に優しい臨時電力ソリューションを提供することが有利に働く。バッテリーシステムなどのエネルギー貯蔵ソリューションは、ユーティリティ企業に効率的なバックアップ電源オプションを提供できる。臨時電力プロバイダーは、包括的なソリューションを提供するため、エネルギー貯蔵会社との提携を模索することができる。ユーティリティ企業は、電力ソリューションに加えて、電力インフラの継続的なメンテナンスとサポートを必要としています。電力ソリューションとともにメンテナンス契約を提供することで、臨時電力供給会社は長期的な関係を築くことができる。
地域別の洞察
2022年のドイツ臨時電力市場では、北東部が支配的なプレーヤーに浮上した。ドイツ北東部には、高い人口密度と大規模な産業・商業活動を特徴とするベルリンなどの大都市が含まれる。こうした都市の中心部は、特に建設プロジェクト、イベント、重要インフラにおける仮設電源ソリューションの需要を促進している。この地域はバルト海に近いため、洋上風力発電所の開発が促進され、風力発電所の建設中やグリッド接続中に信頼性の高いエネルギー供給を確保するためには、再生可能エネルギー源と臨時電源ソリューションの統合が不可欠となっている。
さらに、ドイツ北東部は、特に夏の間、かなりの太陽光発電の潜在力を誇っている。臨時電力供給事業者は、曇天時や夜間のバックアップ電源ソリューションで太陽光発電プロジェクトをサポートする機会を探ることができる。北東部の州は、国の二酸化炭素排出量削減へのコミットメントに沿い、臨時電力事業者が天然ガス発電機や水素燃料電池などの低排出ガスまたはゼロ・エミッションの電力ソリューションを提供できる可能性がある。
ベルリンをはじめとするこの地域の都市は、さまざまなイベントや展示会の開催地として機能している。臨時電力供給会社は、持続可能な慣行に対する需要の高まりに対応した、環境に優しい電力ソリューションを提供することで、他社との差別化を図ることができる。さらに、この地域は、道路網や鉄道網を含む交通インフラ整備において極めて重要な役割を果たしている。臨時電力供給事業者は、こうした重要なインフラ資産の建設・保守プロジェクトを支援することができる。
特に、ベルリンをはじめとするドイツ北東部の都市は、信頼性の高い無停電電力供給を必要とするデータセンターのハブとして台頭しつつある。臨時電力会社は、バックアップや拡張可能な電力ソリューションを提供することで、この分野をターゲットにすることができる。さらに、この地域では年間を通じて多くの文化、スポーツ、エンターテインメントのイベントが開催されるため、臨時電力事業者にとっては、大規模なイベント、展示会、祭りのためのシームレスな電力供給を確保するチャンスとなる。
まとめると、ドイツ北東部地域は、臨時電力市場において特徴的な機会と課題を提供している。プロバイダーは、この地域の都市中心部、再生可能エネルギーの可能性、持続可能性へのコミットメント、インフラ整備への関与を活用することで、強力なプレゼンスを確立し、ドイツで進行中のエネルギー転換の取り組みに貢献することができる。
主要市場プレイヤー
アグレコ
Caterpillar Inc.
アトラスコプコ
ツェッペリン・レンタル
アジリティ・パワー・ソリューションズ
ブレデノルト
ケーラーベッカー
テベニンGmbH
ツェッペリン・モバイル・システム社
ヒモインサGmbH
レポートの範囲
本レポートでは、ドイツの臨時電力市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳しく解説しています:
- ドイツの臨時電力市場、燃料タイプ別
o ディーゼル発電機
o ガス発電機
o その他
- ドイツの臨時電力市場:定格電力別
o 80キロワット未満
o 81 Kw-280 Kw
o 281 Kw-600 Kw
o 600キロワット以上
- ドイツの臨時電力市場:エンドユーザー別
o ユーティリティ
o イベント
o 石油・ガス
o 建設
o 鉱業
o 製造
o その他
- ドイツの仮設電源市場、地域別
北西部
o 北東部
o 南西部
南西部
競合状況
企業プロフィール:ドイツ臨時電力市場に参入している主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社のドイツ臨時電力市場レポートは、所定の市場データを使用して、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Formulation of the Scope
2.4. Assumptions and Limitations
2.5. Sources of Research
2.5.1. Secondary Research
2.5.2. Primary Research
2.6. Approach for the Market Study
2.6.1. The Bottom-Up Approach
2.6.2. The Top-Down Approach
2.7. Methodology Followed for Calculation of Market Size & Market Shares
2.8. Forecasting Methodology
2.8.1. Data Triangulation & Validation
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on Germany Temporary Power Market
5. Voice of Customer
6. Germany Temporary Power Market Overview
7. Germany Temporary Power Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Fuel Type (Diesel Generator, Gas Generator and Others)
7.2.2. By Power Rating (Less Than 80 Kw, 81 Kw–280 Kw, 281 Kw–600 Kw and Above 600 Kw)
7.2.3. By End-User (Utilities, Events, Oil & Gas, Construction, Mining, Manufacturing and Others)
7.2.4. By Region (North-West, North-East, South-West and South-East)
7.3. By Company (2022)
7.4. Market Map
8. North-West Temporary Power Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Fuel Type
8.2.2. By Power Rating
8.2.3. By End-User
9. North-East Temporary Power Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Fuel Type
9.2.2. By Power Rating
9.2.3. By End-User
10. South-West Temporary Power Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Fuel Type
10.2.2. By Power Rating
10.2.3. By End-User
11. South-East Temporary Power Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Fuel Type
11.2.2. By Power Rating
11.2.3. By End-User
12. Market Dynamics
12.1. Drivers
12.2. Challenges
13. Market Trends and Developments
14. Company Profiles
14.1. Aggreko
14.1.1. Business Overview
14.1.2. Key Revenue and Financials
14.1.3. Recent Developments
14.1.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.1.5. Key Product/Services Offered
14.2. Caterpillar Inc.
14.2.1. Business Overview
14.2.2. Key Revenue and Financials
14.2.3. Recent Developments
14.2.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.2.5. Key Product/Services Offered
14.3. Atlas Copco
14.3.1. Business Overview
14.3.2. Key Revenue and Financials
14.3.3. Recent Developments
14.3.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.3.5. Key Product/Services Offered
14.4. Zeppelin Rental
14.4.1. Business Overview
14.4.2. Key Revenue and Financials
14.4.3. Recent Developments
14.4.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.4.5. Key Product/Services Offered
14.5. Agility Power Solutions
14.5.1. Business Overview
14.5.2. Key Revenue and Financials
14.5.3. Recent Developments
14.5.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.5.5. Key Product/Services Offered
14.6. Bredenoord
14.6.1. Business Overview
14.6.2. Key Revenue and Financials
14.6.3. Recent Developments
14.6.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.6.5. Key Product/Services Offered
14.7. Köhler-Becker
14.7.1. Business Overview
14.7.2. Key Revenue and Financials
14.7.3. Recent Developments
14.7.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.7.5. Key Product/Services Offered
14.8. Thevenin GmbH
14.8.1. Business Overview
14.8.2. Key Revenue and Financials
14.8.3. Recent Developments
14.8.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.8.5. Key Product/Services Offered
14.9. Zeppelin Mobile Systeme GmbH
14.9.1. Business Overview
14.9.2. Key Revenue and Financials
14.9.3. Recent Developments
14.9.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.9.5. Key Product/Services Offered
14.10. Himoinsa GmbH
14.10.1. Business Overview
14.10.2. Key Revenue and Financials
14.10.3. Recent Developments
14.10.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.10.5. Key Product/Services Offered
15. Strategic Recommendations
About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Germany Temporary Power Market has valued at USD 385.81 million in 2022 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 8.12% through 2028. Germany's shift towards renewable energy necessitates extensive construction and infrastructure development. This includes the establishment of wind farms, solar installations, and grid enhancements. Temporary power services are crucial to meet the energy requirements for construction, commissioning, and ongoing maintenance. Consequently, there exists a consistent demand for temporary power solutions.
Key Market Drivers
Increasing Demand for Temporary Power in Germany
The temporary power market in Germany is being fueled by a significant rise in demand for dependable and flexible power solutions. This surge in demand can be attributed to several factors.
Firstly, Germany's transition to renewable energy sources, particularly wind and solar, has resulted in an intermittent power supply. While these sources are crucial for a sustainable future, they are weather-dependent and often generate excess energy during periods of low demand while falling short during high-demand periods. This intermittency necessitates backup power sources to maintain a stable grid and prevent power outages.
Secondly, the growth of industrial activities and construction projects in Germany has led to an increased need for temporary power solutions. Manufacturing, data centers, and construction industries heavily rely on uninterrupted power to sustain their operations. Temporary power solutions, such as mobile generators, are vital in bridging energy gaps during maintenance, expansion, or emergencies.
Lastly, Germany's thriving event and entertainment industry, which hosts numerous festivals, concerts, and large-scale events throughout the year, demands significant power resources for lighting, sound, and other crucial services. Temporary power solutions play a pivotal role in ensuring the smooth execution of these events, thus driving the growing demand for temporary power in the country.
In conclusion, the rising demand for temporary power in Germany is primarily driven by the transition to renewable energy sources, the expansion of industrial and construction activities, and the vibrant event and entertainment industry. These factors underscore the significance of reliable and flexible temporary power solutions in maintaining a stable and uninterrupted power supply in the country.
Energy Transition & Grid Resilience
Germany's ambitious energy transition, known as the "Energiewende," serves as a significant catalyst for the temporary power market in the country. This transition involves a shift from fossil fuels to renewable energy sources, such as wind, solar, and biomass, along with the phased-out nuclear power. While this transition remains indispensable for sustainability, it presents challenges to the stability and resilience of the power grid.
One primary driver is the intermittency of renewable energy sources. Solar and wind power generation can exhibit substantial fluctuations depending on weather conditions, potentially creating gaps in the energy supply. Temporary power solutions, including mobile generators and energy storage systems, play a vital role in bridging these gaps and ensuring grid stability.
Furthermore, the decommissioning of nuclear power plants has reduced Germany's baseload power capacity. Temporary power solutions offer quick and reliable backup power during periods of high demand or unexpected outages, thereby enhancing grid resilience and preventing blackouts.
Moreover, as Germany transitions to a decentralized energy system with a higher share of distributed energy resources (DERs), such as rooftop solar panels and small-scale wind turbines, the seamless integration of these resources into the grid necessitates temporary power solutions. Temporary power infrastructure can effectively manage and balance the energy flow from DERs, thereby augmenting the grid's reliability.
In conclusion, Germany's energy transition and the associated challenges to grid stability and resilience are driving the demand for temporary power solutions. These solutions play a pivotal role in bridging gaps in renewable energy generation, providing backup power, and seamlessly integrating distributed energy resources. They ensure a reliable and robust power grid during this transformative period.
Infrastructure Development & Urbanization
The temporary power market in Germany is experiencing significant growth attributed to ongoing infrastructure development and urbanization trends. Several factors contribute to this driving force.
Firstly, urbanization is on the rise in Germany, with an increasing number of people relocating to cities and metropolitan areas. As cities expand, there is a heightened demand for critical infrastructure, such as roads, bridges, tunnels, and public transportation systems. Many of these infrastructure projects require temporary power solutions to support construction activities, provide lighting, and operate machinery.
Secondly, Germany is making substantial investments in renewable energy infrastructure, including the construction of wind farms and solar parks. These projects often take place in remote or undeveloped areas where the electrical grid infrastructure is limited. Temporary power solutions, such as mobile generators and substations, play a crucial role in supplying the necessary energy during construction and commissioning phases.
Thirdly, the growth of data centers and technology hubs in Germany has resulted in an increased need for reliable and scalable power solutions. Data centers require uninterrupted power to maintain critical operations, and temporary power infrastructure ensures continuous energy supply during maintenance, upgrades, or emergencies.
Furthermore, as Germany strives to enhance its transportation infrastructure, electric vehicle (EV) charging stations are becoming more prevalent. These charging stations often require temporary power connections during installation and can benefit from flexible, mobile power solutions.
In summary, the demand for temporary power solutions in Germany is driven by infrastructure development and urbanization trends. As cities expand, renewable energy projects proliferate, data centers grow, and EV infrastructure is developed, temporary power becomes an integral part of ensuring the reliable and continuous supply of electricity to support these initiatives.
Key Market Challenges
Regulatory Complexity & Environmental Concerns
One of the primary challenges facing the temporary power market in Germany is the intricate regulatory environment and the growing emphasis on environmental sustainability. Germany has stringent regulations governing power generation, emissions, and environmental protection, which can create obstacles for temporary power providers.
Firstly, environmental concerns are of utmost importance in Germany, a country renowned for its dedication to reducing greenhouse gas emissions and transitioning to renewable energy sources. Temporary power solutions often rely on diesel generators, which emit carbon dioxide and other pollutants. Meeting stringent emission standards and addressing air quality concerns can present a significant challenge for temporary power providers. This challenge is further amplified by the pressure to reduce carbon footprints, which may result in increased scrutiny and potential limitations on the use of diesel generators.
Secondly, navigating the complex permitting and regulatory landscape in Germany can be a time-consuming and costly process for temporary power companies. Acquiring the necessary licenses and approvals for temporary power projects can cause delays in deployment, affecting the ability to respond promptly to power emergencies or meet construction deadlines. Regulatory compliance may also involve adhering to noise restrictions and conducting environmental impact assessments, further adding to the complexity.
Thirdly, integrating temporary power solutions into the existing energy market poses challenges. Germany's energy market is rapidly evolving, with a focus on decentralized energy generation and grid stability. Coordinating temporary power sources with the grid and ensuring seamless energy flow can be technically challenging, particularly during periods of high renewable energy generation or grid fluctuations.
In conclusion, the regulatory complexity and environmental concerns in Germany present significant challenges to the temporary power market. Striking a balance between the need for reliable power solutions and strict emission standards, while navigating the intricate regulatory landscape, requires innovative approaches and a steadfast commitment to sustainability.
Transition to Renewable Energy Sources
Germany's ambitious shift towards renewable energy sources presents both opportunities and challenges for the temporary power market. While the transition to renewables is crucial for sustainability, it brings specific hurdles for the temporary power industry.
Firstly, the intermittent nature of renewable energy sources like wind and solar power can result in energy supply gaps. This intermittency necessitates reliable backup power solutions to maintain grid stability. However, the challenge lies in seamlessly integrating these backup power sources with the variable renewable energy generation. Ensuring the availability of temporary power solutions without impeding the clean energy transition is a complex task.
Secondly, the decreasing reliance on traditional baseload power plants, such as coal and nuclear, introduces uncertainty in the energy market. Temporary power providers must adapt to these changing dynamics and remain agile in responding to shifts in demand and supply. This may involve investing in more flexible and efficient power generation technologies to align with the evolving energy landscape.
Lastly, as Germany expands its renewable energy capacity, there is a growing emphasis on energy storage solutions, such as batteries. These storage systems can offer backup power during periods of low renewable energy generation. However, temporary power providers face the challenge of staying competitive and relevant in a market where energy storage is increasingly integrated into the energy infrastructure.
In summary, the transition to renewable energy sources in Germany presents challenges to the temporary power market, including the seamless integration of backup power, adaptation to changing market dynamics, and competition with emerging energy storage technologies.
Market Competition & Economic Factors
The temporary power market in Germany encounters substantial challenges associated with market competition and economic factors, which can impact the profitability and sustainability of temporary power providers.
Firstly, market saturation and intense competition present prevalent challenges. Germany boasts a mature and well-established temporary power industry with numerous providers offering a wide range of services. This heightened level of competition can result in price pressure and diminished profit margins, rendering it arduous for companies to invest in new technologies or maintain a competitive edge.
Secondly, economic factors, such as fluctuating fuel prices, can influence the cost-effectiveness of temporary power solutions. Diesel fuel, commonly employed in generators, is susceptible to price volatility, which can affect the operational costs of temporary power providers. Economic downturns or recessionary periods can also contribute to reduced demand for temporary power services, as construction projects and industrial activities may decelerate, thus impacting the revenue of temporary power companies.
Lastly, financing and capital investment challenges can impede the expansion of the temporary power market. Acquiring the necessary capital for equipment purchase and maintenance can be costly. Additionally, securing financing for long-term projects or investments in cleaner and more efficient technologies may prove challenging, particularly for smaller players in the market.
In conclusion, market competition, economic factors, and financing challenges pose significant obstacles to the temporary power market in Germany. Companies operating in this sector must navigate these challenges to maintain profitability and adapt to evolving market conditions.
Key Market Trends
Growth of Clean and Sustainable Solutions in the German Temporary Power Market
One notable trend in the German temporary power market is the increasing demand for clean and sustainable power solutions. As Germany continues its ambitious transition to renewable energy sources, temporary power providers are embracing environmentally-friendly alternatives to traditional diesel generators.
A key driver of this trend is the focus on reducing greenhouse gas emissions and addressing climate change. Temporary power solutions powered by natural gas or biodiesel, which emit fewer emissions compared to conventional diesel generators, are gaining popularity. These cleaner options align with Germany's commitment to environmental sustainability and its renewable energy goals.
Additionally, there is a growing adoption of advanced energy storage systems. Battery-based energy storage solutions, combined with renewable energy sources like solar and wind, are being integrated into temporary power setups. These energy storage systems enable efficient load management, reduce emissions, and ensure uninterrupted power supply during fluctuations in renewable energy generation. They are particularly valuable for providing grid stability in regions with a high share of intermittent renewables.
Furthermore, hydrogen-based power generation is emerging as a promising trend in the temporary power market. Hydrogen fuel cells offer a clean energy alternative, emitting only water vapor when generating electricity. As the technology becomes more cost-effective and hydrogen infrastructure develops, it is expected to play a more significant role in the temporary power sector, especially in scenarios where emissions reduction is critical.
In summary, the growth of clean and sustainable solutions in the German temporary power market is driven by environmental concerns, the integration of renewable energy, and the emergence of advanced technologies like hydrogen fuel cells and energy storage systems. Temporary power providers that embrace these trends are well-positioned to meet the evolving needs of environmentally-conscious clients and align with Germany's sustainable energy goals.
Digitalization and Remote Monitoring
The temporary power market in Germany is currently undergoing a significant shift towards digitalization and remote monitoring, leading to improved efficiency, reliability, and management of temporary power systems.
A crucial aspect of this trend is the implementation of smart sensors and monitoring devices in temporary power equipment. These sensors can provide real-time data on the performance and condition of generators, transformers, and other components. Remote monitoring enables predictive maintenance, helping operators identify and address issues before they result in downtime or failures. This proactive approach enhances the reliability of temporary power solutions, minimizing the risk of unexpected outages.
Moreover, digitalization allows for more effective load management and optimization of power generation. Through real-time monitoring and data analytics, temporary power providers can adjust power output based on actual demand, thereby reducing fuel consumption and emissions. This capability proves particularly valuable in scenarios where power needs fluctuate, such as construction sites or events.
Additionally, remote monitoring facilitates remote control and management of temporary power assets, improving operational efficiency and reducing the need for on-site personnel. This trend aligns with the broader Industry 4.0 movement, which emphasizes automation and data-driven decision-making across various industries.
Furthermore, digitalization enhances the customer experience in the temporary power market. Clients can access real-time data on power usage, monitor fuel levels, and receive automated alerts, providing greater transparency and control over their temporary power systems.
In summary, the ongoing trend towards digitalization and remote monitoring is revolutionizing the German temporary power market by improving reliability, optimizing power generation, reducing operational costs, and enhancing the overall customer experience. This trend is expected to continue evolving as technology advances and the demand for efficient and data-driven solutions grows.
Segmental Insights
Fuel Type Insights
The Diesel Generator segment emerged as the dominant player in 2022. Diesel generators are renowned for their reliability and versatility, making them indispensable for critical operations and industries such as healthcare, data centers, and manufacturing. In Germany, a wide range of events including festivals, exhibitions, and trade shows take place, where uninterrupted power supply is crucial. This presents lucrative opportunities for providers in this segment.
To align with environmental regulations and meet the growing demand for cleaner power solutions, providers can invest in low-emission diesel generators or explore technologies like exhaust after-treatment systems. Combining diesel generators with renewable energy sources and energy storage can offer more sustainable and efficient solutions. Additionally, providers can explore the potential of offering hybrid power systems that reduce reliance on diesel fuel. By implementing remote monitoring and control systems, efficiency and maintenance of diesel generators can be enhanced, reducing downtime and providing clients with real-time visibility into their power supply.
End-User Insights
The Utilities segment is projected to experience rapid growth during the forecast period. The utilities sector in the German Temporary Power Market encompasses the provision of temporary power solutions to utilities companies. These companies, which include electricity and water utilities, often require backup power for planned maintenance, emergencies, or to support critical infrastructure. Grid resilience is a top priority for utilities companies in Germany to ensure uninterrupted power distribution to consumers. Temporary power solutions, such as mobile generators, play a crucial role in maintaining grid stability during maintenance, repairs, or unforeseen disruptions. Germany's transition to renewable energy sources brings forth challenges related to grid management due to intermittent power generation. Temporary power providers can offer support by supplying backup power when renewable sources fall short.
To attract utilities companies aiming to reduce their carbon footprint and comply with environmental regulations, offering eco-friendly temporary power solutions like natural gas generators or hydrogen fuel cells can be advantageous. Energy storage solutions, such as battery systems, can provide utilities with efficient backup power options. Temporary power providers can explore partnerships with energy storage companies to offer comprehensive solutions. In addition to power solutions, utilities require ongoing maintenance and support for their power infrastructure. By offering maintenance contracts alongside power solutions, temporary power providers can establish long-term relationships.
Regional Insights
North-East emerged as the dominant player in the Germany Temporary Power market in 2022. Northeast Germany encompasses major cities such as Berlin, characterized by high population density and significant industrial and commercial activities. These urban centers drive demand for temporary power solutions, particularly in construction projects, events, and critical infrastructure. The region's proximity to the Baltic Sea has facilitated the development of offshore wind farms, making the integration of renewable energy sources with temporary power solutions crucial for ensuring a reliable energy supply during wind farm construction and grid connection.
Moreover, Northeast Germany boasts considerable solar potential, especially during the summer months. Temporary power providers can explore opportunities to support solar projects with backup power solutions during overcast periods or at night. Aligned with the nation's commitment to reducing carbon emissions, Northeastern states present prospects for temporary power providers to offer low-emission or zero-emission power solutions, such as natural gas generators or hydrogen fuel cells.
Berlin and other cities in the region serve as hosts for various events and exhibitions. Temporary power providers can distinguish themselves by offering environmentally friendly power solutions that cater to the growing demand for sustainable practices. Additionally, the region plays a pivotal role in transportation infrastructure development, encompassing road and rail networks. Temporary power providers can support construction and maintenance projects for these critical infrastructure assets.
Notably, Berlin and other cities in Northeast Germany are emerging as data center hubs that require reliable and uninterrupted power supply. Temporary power companies can target this sector by offering backup and scalable power solutions. Furthermore, the region hosts numerous cultural, sporting, and entertainment events throughout the year, presenting an opportunity for temporary power providers to ensure seamless power supply for large-scale events, exhibitions, and festivals.
In summary, the North-Eastern region of Germany offers a distinctive array of opportunities and challenges in the temporary power market. Providers can leverage the region's urban centers, renewable energy potential, commitment to sustainability, and involvement in infrastructure development to establish a strong presence and contribute to Germany's ongoing energy transition efforts.
Key Market Players
Aggreko
Caterpillar Inc.
Atlas Copco
Zeppelin Rental
Agility Power Solutions
Bredenoord
Köhler-Becker
Thevenin GmbH
Zeppelin Mobile Systeme GmbH
Himoinsa GmbH
Report Scope:
In this report, the Germany Temporary Power Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• Germany Temporary Power Market, By Fuel Type:
o Diesel Generator
o Gas Generator
o Others
• Germany Temporary Power Market, By Power Rating:
o Less Than 80 Kw
o 81 Kw–280 Kw
o 281 Kw–600 Kw
o Above 600 Kw
• Germany Temporary Power Market, By End-User:
o Utilities
o Events
o Oil & Gas
o Construction
o Mining
o Manufacturing
o Others
• Germany Temporary Power Market, By Region:
o North-West
o North-East
o South-West
o South-East
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the Germany Temporary Power Market.
Available Customizations:
Germany Temporary Power Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Formulation of the Scope
2.4. Assumptions and Limitations
2.5. Sources of Research
2.5.1. Secondary Research
2.5.2. Primary Research
2.6. Approach for the Market Study
2.6.1. The Bottom-Up Approach
2.6.2. The Top-Down Approach
2.7. Methodology Followed for Calculation of Market Size & Market Shares
2.8. Forecasting Methodology
2.8.1. Data Triangulation & Validation
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on Germany Temporary Power Market
5. Voice of Customer
6. Germany Temporary Power Market Overview
7. Germany Temporary Power Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Fuel Type (Diesel Generator, Gas Generator and Others)
7.2.2. By Power Rating (Less Than 80 Kw, 81 Kw–280 Kw, 281 Kw–600 Kw and Above 600 Kw)
7.2.3. By End-User (Utilities, Events, Oil & Gas, Construction, Mining, Manufacturing and Others)
7.2.4. By Region (North-West, North-East, South-West and South-East)
7.3. By Company (2022)
7.4. Market Map
8. North-West Temporary Power Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Fuel Type
8.2.2. By Power Rating
8.2.3. By End-User
9. North-East Temporary Power Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Fuel Type
9.2.2. By Power Rating
9.2.3. By End-User
10. South-West Temporary Power Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Fuel Type
10.2.2. By Power Rating
10.2.3. By End-User
11. South-East Temporary Power Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Fuel Type
11.2.2. By Power Rating
11.2.3. By End-User
12. Market Dynamics
12.1. Drivers
12.2. Challenges
13. Market Trends and Developments
14. Company Profiles
14.1. Aggreko
14.1.1. Business Overview
14.1.2. Key Revenue and Financials
14.1.3. Recent Developments
14.1.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.1.5. Key Product/Services Offered
14.2. Caterpillar Inc.
14.2.1. Business Overview
14.2.2. Key Revenue and Financials
14.2.3. Recent Developments
14.2.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.2.5. Key Product/Services Offered
14.3. Atlas Copco
14.3.1. Business Overview
14.3.2. Key Revenue and Financials
14.3.3. Recent Developments
14.3.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.3.5. Key Product/Services Offered
14.4. Zeppelin Rental
14.4.1. Business Overview
14.4.2. Key Revenue and Financials
14.4.3. Recent Developments
14.4.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.4.5. Key Product/Services Offered
14.5. Agility Power Solutions
14.5.1. Business Overview
14.5.2. Key Revenue and Financials
14.5.3. Recent Developments
14.5.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.5.5. Key Product/Services Offered
14.6. Bredenoord
14.6.1. Business Overview
14.6.2. Key Revenue and Financials
14.6.3. Recent Developments
14.6.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.6.5. Key Product/Services Offered
14.7. Köhler-Becker
14.7.1. Business Overview
14.7.2. Key Revenue and Financials
14.7.3. Recent Developments
14.7.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.7.5. Key Product/Services Offered
14.8. Thevenin GmbH
14.8.1. Business Overview
14.8.2. Key Revenue and Financials
14.8.3. Recent Developments
14.8.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.8.5. Key Product/Services Offered
14.9. Zeppelin Mobile Systeme GmbH
14.9.1. Business Overview
14.9.2. Key Revenue and Financials
14.9.3. Recent Developments
14.9.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.9.5. Key Product/Services Offered
14.10. Himoinsa GmbH
14.10.1. Business Overview
14.10.2. Key Revenue and Financials
14.10.3. Recent Developments
14.10.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.10.5. Key Product/Services Offered
15. Strategic Recommendations
About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(diesel generator)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る