世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

マレーシアのオレオケミカル市場:タイプ別(脂肪酸、脂肪アルコール、メチルエステル、グリセリン、その他)、用途別(医薬品、パーソナルケア、食品・飲料、石鹸・洗剤、ポリマー、化学品、その他)、地域別、市場競争予測と機会、2018-2028F


Malaysia Oleochemicals Market By Type (Fatty Acids, Fatty Alcohols, Methyl Esters, Glycerin, Other), By Application (Pharmaceutical, Personal Care, Food & Beverages, Soaps & Detergents, Polymers, Chemicals, Others), By Region, Competition Forecast & Opportunities, 2018-2028F

マレーシアのオレオケミカル市場は、パーソナルケア産業からの需要増加に牽引され、予測期間2024-2028年に大きな成長が見込まれている。2021年、パーソナルケア分野はマレーシアで11.9億米ドルの収益を上げた。 ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年10月3日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
70 英語

 

サマリー

マレーシアのオレオケミカル市場は、パーソナルケア産業からの需要増加に牽引され、予測期間2024-2028年に大きな成長が見込まれている。2021年、パーソナルケア分野はマレーシアで11.9億米ドルの収益を上げた。
マレーシアのオレオケミカル市場は、消費者が皮膚への悪影響を減らすのに役立つ天然で環境に優しい製品にますます注目するようになり、パーソナルケア産業からの需要が増加しているため、予測期間中に拡大すると予想される。オレオケミカルとは、動物や植物の油や天然脂肪から得られる化学物質の一種を指す。これらの化学物質は一般に、油脂のトリグリセリド構造をグリセロールと脂肪酸に分離することで生成される。これに加え、マレーシア政府は再生可能資源の利用を促進し、化石燃料への依存度を減らすために様々な取り組みを行っている。これを達成するため、政府はバイオ燃料やその他の再生可能資源の生産を推進している。これに伴い、政府はオレオケミカル産業の成長を促進するため、研究開発への投資も行っている。
例えば、マレーシアのパーム油産業の促進と開発を担当する政府機関であるマレーシア・パーム油委員会(MPOB)は、バイオ潤滑油、バイオプラスチック、バイオベースの接着剤などの新製品の開発につながる研究を行った。
さらに、食品・飲料、パーソナルケア・化粧品、医薬品など様々な産業におけるバイオベース、再生可能、持続可能な化学物質の消費の増加と、石油化学製品の高コストが、予測される期間におけるマレーシアのオレオケミカル市場の成長を加速させている。
マレーシアのオレオケミカル市場は、成長と革新の機会を提供するダイナミックで競争の激しいセクターである。市場プレーヤーは、製品ポートフォリオの拡大、品質基準の強化、流通網の改善、市場シェアの拡大に注力している。これとともに、オレオケミカル市場における合併・買収活動は、国内における企業の存在感を高めており、これらの買収は、企業が顧客により良いサービスを提供し、予測期間におけるオレオケミカルの需要増に対応するのに役立っている。
パーソナルケア産業からのオレオケミカル需要の増加
マレーシアはパーム油の生産でよく知られており、オレオケミカル製造の主要原料となっている。パーソナルケア産業はマレーシアにおけるオレオケミカルの主要なエンドユーザーの一つである。オレオケミカルは天然由来であるため、石油化学ベースの原料に代わる環境に優しい原料である。脂肪酸、グリセリン、脂肪アルコールなどのオレオケミカルは、石鹸、シャンプー、化粧品などのパーソナルケア製品の製造に広く使用されている。また、消費者はパーソナル・ケア製品が環境に与える影響をより強く意識するようになっており、環境に優しい製品に対する需要の高まりにつながっている。マレーシアのパーソナル・ケア業界は、より持続可能で環境に優しい慣行を採用するよう圧力を強めており、これがオレオケミカルに対する需要の高まりにつながっている。これとともに、オレオケミカルは、エモリエント剤、界面活性剤、増粘剤、乳化剤として理想的な幅広い汎用性を持っており、また、皮膚や髪に有益な保湿性も持っているため、パーソナルケア業界で製品を生成する際にも応用できる。
例えば、KL-Kepong Oleomas Sdn.Bhd.は、装飾化粧品、ヘアケア、スキンケアに使用されるDAVOSLIFE E3 DVL 503を生産している。
低アレルギー性で化学物質を含まない成分を求める消費者の増加により、ナチュラルでオーガニックなパーソナルケア製品への需要が高まっているため、パーソナルケアと化粧品業界におけるオレオケミカルの需要を牽引すると予想される。
例えば、パルミチン酸ウィルマールエチルヘキシルは再生可能なパーム誘導体で、溶剤、運搬剤、湿潤剤、エモリエント剤として化粧品製剤に様々な用途があり、主にアイメイク、口紅、スキンケア製品の製剤に使用されている。
そのため、パーソナルケア分野からの需要の増加が、予測される期間におけるマレーシアのオレオケミカル市場の成長につながっている。
製薬業界からの需要の増加
オレオケミカルは賦形剤として使用されるため、製薬業界で重要な役割を果たしている。賦形剤とは、医薬品の製造工程を助けたり、治療効果を高めたりするために製剤に添加される物質である。グリセリン、脂肪酸、脂肪アルコールなどのオレオケミカルは、一般的に医薬品の賦形剤として使用される。グリセリンは溶剤、保湿剤、潤滑剤として使用され、脂肪酸や脂肪アルコールは乳化剤、結合剤、コーティング剤として使用されます。これとともに、オレオケミカルは製薬業界において医薬品有効成分(API)としても使用されている。トコフェロール、トコトリエノール、フィトステロールなどのオレオケミカルには治療効果があることが示されており、原薬として理想的です。例えば、トコフェロールには抗酸化作用があり、心血管疾患の治療に使用できることが示されている。さらに、オレオケミカルはクリーム、ローション、軟膏などの外用剤にも一般的に使用されている。その保湿性とエモリエント特性は、スキンケア製品への使用に理想的です。グリセリン、ステアリン酸、アセチルアルコールは、これらの化学物質が皮膚のバリア機能を改善し、水分を保持するのを助けるため、これらの用途によく使用されます。
例えば、FPG Oleochemicals Sdn Bhdは、医薬品に広く使用されるSuperol K Glycerin USP/FCC/EP製品を製造している。
さらに、脂肪酸やグリセリンなどのオレオケミカルは、マーガリン、ショートニング、ベーカリー製品などの食品製造にも使用されている。急速な都市化により、加工食品や簡便食品の需要が増加している。さらに、オレイン酸は一価不飽和脂肪酸や多価不飽和脂肪酸を豊富に含んでおり、心臓病のリスクを減らし、健康全般を改善することが知られている。これに伴い、マレーシア政府も食品・飲料業界におけるオレオケミカルの使用を積極的に推進している。
例えば、KL-Kepong Oleomas Sdn.Bhd.はDAVOSLIFE Biocarotene PMC30 SFOを製造しており、これは栄養補助食品、動物栄養、機能性食品、飲料として使用されている。
これら全ての要因が、今後数年間のマレーシアのオレオケミカル市場の成長を支配する。
持続可能な原料への需要の増加
オレオケミカルは動植物原料から生産され、石油由来の化合物の代替として使用される。表面活性剤(バイオサーファクタント)は、廃植物油のトランスエステル化、エポキシ化、スルホン化から得られる化合物から作られる。これらは石油用途で幅広い用途がある。例えば、パーム油は低コスト、高効率、生産性の高さから人気の高い原料である。パームは多年生植物であり、他の植物に比べて肥料、殺虫剤、エネルギーの使用量が少ない。
例えば、IOI Corporation Berhadは、様々な用途向けに粗パーム油と粗パーム核油を生産・輸出している。
しかし、オレオケミカルは原料として植物油と動物油脂に大きく依存しており、これらの原料価格は天候、需給、政府の政策など様々な要因によって大きく変動する。オレオケミカルの生産は、森林伐採、温室効果ガスの排出、水質汚染などの環境問題と関連している。これに加えて、グリセリンの加工中に揮発性有機化合物(VOC)が放出されるため、これらの化学物質の生産には環境と健康上の問題が伴う。これらのVOCにさらされると、喉、目、鼻など人間の臓器に害を及ぼす。さらに、VOC蒸気は吐き気、肝臓や腎臓への損傷、中枢神経系への永続的な損傷を引き起こす可能性があり、その結果、市場の成長を抑制することになる。さらに、オレオケミカル製品の大半は中国、米国、EUなどの国々に輸出されており、業界は関税、割当、非関税障壁などの様々な貿易障壁に直面しているため、国際市場での競争は困難である。これに加え、インドネシア、タイ、フィリピンも植物油や動物性油脂の埋蔵量が多く、油脂化学製品の生産に魅力的な市場であるため、マレーシアの油脂化学製品市場にとって大きな競争相手となり、結果として市場の成長を鈍化させている。
市場区分
マレーシアのオレオケミカル市場は、タイプ、用途、地域、競争環境に基づいてセグメント化される。タイプ別では、市場は脂肪酸、脂肪アルコール、メチルエステル、グリセリン、その他に分けられる。用途別では、医薬品、パーソナルケア、食品・飲料、石鹸・洗剤、ポリマー、化学品、その他に分類される。
会社概要
KL-Kepong Oleomas Sdn.Bhd., FPG Oleochemicals Sdn.Bhd., IOI Oleochemical Industries Bhd., Edenor Technology Sdn.Bhd., Evyap Sabun Malaysia Sdn.Bhd., Pacific Oleochemicals Sdn.Bhd., Southern Acids (M) Berhad, Natural Oleochemicals Sdn.Bhd., Suriachem Sdn.Bhd., Apical (Malaysia) Sdn.Bhd. などがマレーシアのオレオケミカル市場における主要企業である。
レポートの範囲
本レポートでは、マレーシアのオレオケミカル市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- マレーシアのオレオケミカル市場:タイプ別
o脂肪酸
o脂肪アルコール
o メチルエステル
o グリセリン
o その他
- マレーシアのオレオケミカル市場、用途別
o 医薬品
o パーソナルケア
o 食品・飲料
o 石鹸・洗剤
o ポリマー
o 化学品
o その他
- マレーシアのオレオケミカル市場、地域別
o東マレーシア
マレーシア西部
競合状況
企業プロフィールマレーシアのオレオケミカル市場の主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
TechSci Research社は、与えられた市場データをもとに、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4. Voice of Customer
5. Malaysia Oleochemicals Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value & Volume
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Type (Fatty Acids, Fatty Alcohols, Methyl Esters, Glycerin, Others)
5.2.2. By Application (Pharmaceutical, Personal Care, Food & Beverages, Soaps & Detergents, Polymers, Chemicals, Others)
5.2.3. By Region (East Malaysia, West Malaysia)
5.2.4. By Company (2022)
5.3. Market Map
5.3.1. By Type
5.3.2. By Application
5.3.3. By Region
6. East Malaysia Oleochemicals Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value & Volume
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Type
6.2.2. By Application
7. West Malaysia Oleochemicals Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value & Volume
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type
7.2.2. By Application
8. Market Dynamics
8.1. Drivers
8.2. Challenges
9. Market Trends & Developments
9.1. Research & Development
9.2. Product launch
9.3. Merger & Acquisition
10. Malaysia Oleochemicals Market: SWOT Analysis
11. Porter’s Five Forces Analysis
11.1. Competition in the Industry
11.2. Potential of New Entrants
11.3. Power of Suppliers
11.4. Power of Customers
11.5. Threat of Substitute Products
12. Competitive Landscape
12.1. Business Overview
12.2. Product Offerings
12.3. Recent Developments
12.4. Financials (In Case of Listed Companies)
12.5. Key Personnel
12.5.1. KL-Kepong Oleomas Sdn. Bhd.
12.5.2. FPG Oleochemicals Sdn Bhd
12.5.3. IOI Oleochemical Industries Bhd
12.5.4. Edenor Technology Sdn Bhd
12.5.5. Evyap Sabun Malaysia Sdn Bhd
12.5.6. Pacific Oleochemicals Sdn Bhd.
12.5.7. Southern Acids (M) Berhad
12.5.8. Natural Oleochemicals Sdn Bhd
12.5.9. Suriachem Sdn. Bhd.
12.5.10. Apical (Malaysia) Sdn Bhd
13. Strategic Recommendations
14. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Malaysia Oleochemicals Market is anticipated to grow at a significant rate in the forecast period, 2024-2028, driven by the increasing demand from the personal care industry. In 2021, the personal care segment generated revenue of USD1.19 billion in Malaysia.
Malaysia Oleochemicals Market is expected to expand during the projected period due to increasing demand from the personal care industry as consumers increasingly focus on natural and eco-friendly products which help to reduce the negative effects on the skin. Oleochemicals refer to the type of chemicals that are derived from oils and natural fats of animals and plants. These chemicals are generally formed by separating the triglyceride structure of oils and fat into glycerol and fatty acids. In addition to this, the Malaysian government has been taking various initiatives to promote the use of renewable resources and reduce the country's dependence on fossil fuels. In order to achieve this, the government is promoting the production of biofuels and other renewable resources. Along with this, the government is also investing in research and development to promote the growth of the oleochemicals industry.
For instance, the Malaysian Palm Oil Board (MPOB), a government agency responsible for the promotion and development of the palm oil industry in Malaysia conducted research that led to the development of new products such as bio-lubricants, bio-plastics, and bio-based adhesives.
Moreover, the increase in consumption of bio-based, renewable, and sustainable, chemicals in various industries such as food & beverages, personal care & cosmetics, and pharmaceuticals as well as the high costs of petrochemical products accelerate the growth of the Malaysia Oleochemicals Market in the projected period.
Malaysia Oleochemicals Market is a dynamic and competitive sector that offers opportunities for growth and innovation. The market players are focusing on expanding their product portfolio, enhancing their quality standards, improving their distribution network, and increasing their market share. Along with this, mergers and acquisition activity in the oleochemical market enhances companies' presence in the country as these acquisitions help companies to better serve their customers and meet the growing demand for oleochemicals in the forecast period.
Rising Demand for Oleochemicals from Personal Care Industry
Malaysia is well-known for its palm oil production, which serves as a key raw material for oleochemical manufacturing. The personal care industry is one of the major end-users of oleochemicals in Malaysia. Oleochemicals are derived from natural sources, making them eco-friendly alternatives to petrochemical-based ingredients. Oleochemicals such as fatty acids, glycerin, and fatty alcohol are widely used in the production of personal care products such as soaps, shampoos, and cosmetics. Consumers are also becoming more aware of the environmental impact of personal care products, leading to a higher demand for eco-friendly products. The personal care industry in Malaysia has been under increasing pressure to adopt more sustainable and eco-friendly practices, which has led to the growing demand for oleochemicals. Along with this, oleochemicals have a wide range of versatile properties that make them ideal for use as emollients, surfactants, thickeners, and emulsifiers, and they also have moisturizing properties that are beneficial for skin and hair making them more applicable in the personal care industry for generating products.
For instance, KL-Kepong Oleomas Sdn. Bhd. produces DAVOSLIFE E3 DVL 503 which is used in decorative cosmetics, hair care, and skincare.
The growing demand for natural and organic personal care products due to increasing demand for hypoallergenic and chemical-free components from consumers is expected to drive the demand for oleochemicals in the personal care and cosmetic industry.
For instance, Wilmar Ethylhexyl Palmitate is a renewable palm derivative with a variety of uses in cosmetic formulations as a solvent, carrying agent, wetting agent, and emollient, and used mostly in the formulation of eye/skin makeup, lipstick, and skin care products.
Therefore, the increasing demand from personal care sector has led to the growth of Malaysia Oleochemicals Market in the projected period.
Growing Demand from Pharmaceutical Industry
Oleochemicals play an important role in the pharmaceutical industry as they are used as excipients. Excipients are substances that are added to a drug formulation to aid in its manufacturing process or to enhance its therapeutic effect. Oleochemicals such as glycerin, fatty acids, and fatty alcohols are commonly used as excipients in pharmaceutical products. Glycerin is used as a solvent, humectant, and lubricant, while fatty acids and fatty alcohols are used as emulsifiers, binders, and coating agents. Along with this, oleochemicals are also used as active pharmaceutical ingredients (APIs) in the pharmaceutical industry. Oleochemicals such as tocopherols, tocotrienols, and phytosterols have been shown to have therapeutic properties, making them ideal as APIs. For example, tocopherols have been shown to have antioxidant properties and can be used in the treatment of cardiovascular diseases. Moreover, oleochemicals are also commonly used in topical applications such as creams, lotions, and ointments. Their moisturizing and emollient properties make them ideal for use in skincare products. Glycerin, stearic acid, and acetyl alcohol are commonly used in these applications as these chemicals help to improve the skin's barrier function and retain moisture, leading to healthier and more hydrated skin.
For instance, FPG Oleochemicals Sdn Bhd produces Superol K Glycerin USP/FCC/EP products used widely in pharmaceuticals.
Additionally, oleochemicals such as fatty acids and glycerin are used in the production of food products such as margarine, shortenings, and bakery products. Due to rapid urbanization, the demand for processed food products and convenience foods increases. Moreover, oleochemicals are rich in monounsaturated and polyunsaturated fatty acids, which are known to reduce the risk of heart disease and improve overall health as well as having high smoke points, making them ideal for frying and baking. Along with this, the government of Malaysia is also actively promoting the use of oleochemicals in the food and beverage industry.
For instance, KL-Kepong Oleomas Sdn. Bhd. produces DAVOSLIFE Biocarotene PMC30 SFO which is used as a dietary supplement, animal nutrition, functional food, and beverages.
All these factors dominate the growth of the Malaysia Oleochemicals market in the upcoming years.
Increasing Demand for Sustainable Feedstocks
Oleochemicals are produced from plant and animal feedstocks which are used as an alternative to petroleum-based compounds. Surface active agents (Biosurfactants) are made from compounds derived from trans-esterification, epoxidation, and sulfonation of waste vegetable oils. They have a wide range of uses in petroleum applications. For example, Palm oil is a popular raw resource due to its low cost, high efficiency, and productivity. Palms are perennial plants that use less fertilizer, insecticides, and energy than other plants.
For instance, IOI Corporation Berhad produces and export crude palm oil and crude palm kernel oil for various applications.
However, the oleochemicals heavily rely on vegetable oils and animal fats as raw materials and the prices of these raw materials are subject to significant fluctuations due to various factors such as weather conditions, supply and demand, and government policies. The production of oleochemicals has been linked to environmental issues such as deforestation, greenhouse gas emissions, and water pollution. In addition to this, the production of these chemicals comes with environmental and health issues as Volatile Organic Compound s (VOC) are released during the glycerin processing. Exposure to these VOCs harms human organs, including the throat, eyes, and nose. Additionally, VOC vapors can cause nausea, damage to the liver and kidney, and permanent damage to the central nervous system resulting in restraining the growth of the market. Moreover, the majority of oleochemicals products are exported to countries such as China, the United States, and the European Union and the industry faces various trade barriers such as tariffs, quotas, and non-tariff barriers, which make it challenging to compete in international markets. Along with this, Indonesia, Thailand, and the Philippines also have significant reserves of vegetable oils and animal fats, making them attractive markets for oleochemical production which creates significant competition to Malaysia’s Oleochemicals market resulting in slowingdown the market growth.
Market Segmentation
Malaysia Oleochemicals Market is segmented based on type, application, region and competitive landscape. Based on the type, the market is divided into fatty acids, fatty alcohols, methyl esters, glycerin, and others. Based on application, the market is categorized into pharmaceutical, personal care, food & beverages, soaps & detergents, polymers, chemicals, and others.
Company Profiles
KL-Kepong Oleomas Sdn. Bhd., FPG Oleochemicals Sdn Bhd, IOI Oleochemical Industries Bhd, Edenor Technology Sdn Bhd, Evyap Sabun Malaysia Sdn Bhd, Pacific Oleochemicals Sdn Bhd., Southern Acids (M) Berhad, Natural Oleochemicals Sdn Bhd, Suriachem Sdn. Bhd., Apical (Malaysia) Sdn Bhd are some of the key players in Malaysia Oleochemicals Market.
Report Scope:
In this report, Malaysia Oleochemicals Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends, which have also been detailed below:
• Malaysia Oleochemicals Market, By Type:
o Fatty Acids
o Fatty Alcohols
o Methyl Esters
o Glycerin
o Others
• Malaysia Oleochemicals Market, By Application:
o Pharmaceutical
o Personal Care
o Food & Beverages
o Soaps & Detergents
o Polymers
o Chemicals
o Others
• Malaysia Oleochemicals Market, By Region:
o East Malaysia
o West Malaysia
Competitive landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies in Malaysia Oleochemicals Market.
Available Customizations:
With the given market data, TechSci Research offers customizations according to a company’s specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4. Voice of Customer
5. Malaysia Oleochemicals Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value & Volume
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Type (Fatty Acids, Fatty Alcohols, Methyl Esters, Glycerin, Others)
5.2.2. By Application (Pharmaceutical, Personal Care, Food & Beverages, Soaps & Detergents, Polymers, Chemicals, Others)
5.2.3. By Region (East Malaysia, West Malaysia)
5.2.4. By Company (2022)
5.3. Market Map
5.3.1. By Type
5.3.2. By Application
5.3.3. By Region
6. East Malaysia Oleochemicals Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value & Volume
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Type
6.2.2. By Application
7. West Malaysia Oleochemicals Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value & Volume
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type
7.2.2. By Application
8. Market Dynamics
8.1. Drivers
8.2. Challenges
9. Market Trends & Developments
9.1. Research & Development
9.2. Product launch
9.3. Merger & Acquisition
10. Malaysia Oleochemicals Market: SWOT Analysis
11. Porter’s Five Forces Analysis
11.1. Competition in the Industry
11.2. Potential of New Entrants
11.3. Power of Suppliers
11.4. Power of Customers
11.5. Threat of Substitute Products
12. Competitive Landscape
12.1. Business Overview
12.2. Product Offerings
12.3. Recent Developments
12.4. Financials (In Case of Listed Companies)
12.5. Key Personnel
12.5.1. KL-Kepong Oleomas Sdn. Bhd.
12.5.2. FPG Oleochemicals Sdn Bhd
12.5.3. IOI Oleochemical Industries Bhd
12.5.4. Edenor Technology Sdn Bhd
12.5.5. Evyap Sabun Malaysia Sdn Bhd
12.5.6. Pacific Oleochemicals Sdn Bhd.
12.5.7. Southern Acids (M) Berhad
12.5.8. Natural Oleochemicals Sdn Bhd
12.5.9. Suriachem Sdn. Bhd.
12.5.10. Apical (Malaysia) Sdn Bhd
13. Strategic Recommendations
14. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(chemicals)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/23 10:28

157.74 円

172.13 円

206.60 円

ページTOPに戻る