世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

日本二輪車市場:車両タイプ別(スクーター/原付、二輪車)、推進タイプ別(ICE、電動)、地域別、競争、予測、機会、2028年


Japan Two-Wheeler Market Segmented By Vehicle Type (Scooter/Moped, Motorcycle), By Propulsion Type (ICE and Electric), By Regional, Competition, Forecast & Opportunities, 2028

日本の二輪車市場は、日本の卓越したエンジニアリング、技術革新、効率的で便利な交通手段に対する文化的親和性の証となっている。モーターサイクル、スクーター、原付バイク、電動バイクなど、さまざまな種類の... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年10月3日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
86 英語

 

サマリー

日本の二輪車市場は、日本の卓越したエンジニアリング、技術革新、効率的で便利な交通手段に対する文化的親和性の証となっている。モーターサイクル、スクーター、原付バイク、電動バイクなど、さまざまな種類の二輪車を網羅するこの市場は、日本の特徴である伝統と現代性の調和した融合を体現している。二輪車は日本市場で大きな存在感を示しており、さまざまなセグメントに対応する豊富な品ぞろえを提供している。高性能スポーツバイクから快適なクルーザー、多目的なアドベンチャーバイクまで、日本のメーカーは世界のモーターサイクル業界のリーダーとしての地位を確立している。これらのモーターサイクルには、最先端技術、高度なエンジニアリング、細部へのきめ細かな配慮が組み込まれていることが多い。スクーターと原付もまた、日本の都市モビリティにおいて重要な役割を担っており、コンパクトなサイズ、燃費の良さ、人口密度の高い市街地の移動に適した操縦性を提供している。特に自動変速機を備えたスクーターは、短時間の通勤や用事に好まれ、あらゆる年齢層のライダーに利便性を提供している。さらに、持続可能な交通手段に対する日本のコミットメントは、電動自転車や電動バイクの人気の高まりによって証明されている。二輪車を含む電気自動車は、環境への影響の低減、騒音のない運転、効率的なエネルギー利用により受け入れられている。環境に優しい選択肢を求める世界的な機運が加速するなか、日本のメーカーは、都市部の通勤客と愛好家の両方に対応する電動モデルを投入することで対応している。
主な市場牽引要因

技術革新
日本の高度な技術力は、二輪車市場の重要な原動力となっている。日本メーカーは技術革新のリーダーであり、モーターサイクル、スクーター、電動バイクに最先端技術、エンジニアリング・ソリューション、デザイン美学を絶えず導入している。この革新へのコミットメントは、国内の消費者を惹きつけるだけでなく、日本の二輪車を品質と性能の面で世界的リーダーとして位置づけている。

効率と環境への配慮
効率と環境の持続可能性を重視する日本の姿勢は、二輪車市場において極めて重要な役割を果たしている。二酸化炭素排出量の削減と環境にやさしい交通手段の推進に重点を置く日本の姿勢は、モーターサイクル、スクーター、電動バイクが本来持っている利点とシームレスに一致している。これらの乗り物は、燃費がよく、排気ガスが少なく、大型車と比べて環境フットプリントが小さいため、都会でも田舎でも実用的な選択肢となる。

都市型モビリティ・ソリューション
日本の密集した都市部では、効率的で軽快な移動手段が必要とされる。二輪車とスクーターは、混雑した都市内で迅速かつ便利で柔軟なモビリティ・ソリューションを提供するのに優れている。ライダーが交通渋滞をすり抜け、狭いスペースにアクセスし、駐車が困難な都市環境でも簡単に駐車場を見つけることができる。

電動モビリティのトレンド
電動モビリティの世界的な急増は、日本の二輪車市場にも反映されている。電動バイクや二輪車は、その静かな操作性、排出ガスの削減、運用コストの低さから人気を集めている。日本政府による持続可能な交通手段の推進と技術の進歩が相まって、環境意識の高い消費者に応える電動二輪車の開発が進んでいる。

政府のインセンティブと規制
日本政府は、インセンティブと規制を通じて二輪車市場の形に大きな影響を与える。減税や補助金といった電気自動車に対する優遇措置は、消費者が電動バイクや二輪車を選ぶ動機付けとなっている。さらに、政府の厳しい安全規制と基準は、市場で入手可能な自動車が高い安全要件を遵守していることを保証し、消費者の信頼を高めている。

文化的意義
オートバイと二輪車は日本では文化的意義を持ち、個性、冒険、自由を象徴している。このような文化的な乗用との結びつきが市場の活気に寄与し、愛好家から日常的な通勤者まで、多様なライダーを引き寄せている。

安全性とテクノロジーの統合
日本の二輪車市場では安全性が優先される。メーカー各社は、アンチロック・ブレーキ・システム(ABS)やトラクション・コントロールなどの先進安全機能を組み込んで、ライダーの保護を強化している。技術の統合にはスマート・コネクティビティ機能も含まれ、全体的な乗車体験を豊かにし、技術に精通した消費者を引き付けている。
主な市場課題

高齢化と人口動態
高齢化、出生率の低下、高齢者比率の上昇を特徴とする日本の人口動態の変化は、二輪車市場に課題をもたらしている。高齢者は、身体的制約や安全への不安から、オートバイやスクーターに乗ることに消極的になる可能性がある。メーカーは、高齢ライダーの要求に合わせた車両を設計し、快適性、安定性、使いやすさを高める機能を盛り込むことで、この人口動態の変化に対応する必要がある。

都市空間の制約
モーターサイクルやスクーターは都市での移動に適しているが、人口密度の高い日本の都市では、駐車スペースや保管スペースが限られていることが多い。二輪車用の適切な駐車スペースの確保は困難であり、混雑やアクセシビリティの問題につながる。専用駐車ゾーン、効率的な駐車施設、革新的な保管ソリューションなどの解決策は、ライダーの増加に対応するために不可欠である。

安全性への懸念
オートバイやスクーターのライダーの安全確保は重要な課題である。日本の道路は狭く混雑しており、自動車と歩行者が混在しているため、二輪車ライダーにとって潜在的な安全上の危険がある。交通規制の厳格化、ライダーへの安全運転教育、道路インフラの継続的強化は、安全性を高め事故を減らすためにきわめて重要である。

環境規制
電動二輪車が普及しつつある一方で、厳しい排出ガス規制や環境規制を遵守する上で課題が生じる可能性がある。世界各国政府が排出ガス規制を強化する中、メーカー各社は内燃エンジン(ICE)モデルがこれらの規制を遵守していることを保証するか、電動代替車に軸足を移す必要がある。排出ガス削減と車両性能の維持のバランスを取ることは、業界にとって課題である。

他の交通手段との競争
日本は、鉄道やバスを含む効果的で接続の良い公共交通システムを誇り、利便性、スピード、費用対効果の面で二輪車やスクーターに対抗できる。二輪車の利点を、特に操縦性とアクセシビリティの面で、補完的または優位的な交通手段として宣伝するには、戦略的なマーケティング努力が必要である。

高い免許取得費用と規制
日本で二輪免許を取得するには、教習料金や試験費用など、比較的高額な費用がかかる。こうしたコストは、潜在的なライダー、特にこれから社会人となる若い人々の足を遠のかせるおそれがある。免許取得手続きを合理化し、手数料を引き下げ、新規ライダーへのインセン ティブを提供することは、この課題を緩和するのに役立つ。

消費者の嗜好の変化
嗜好が電気自動車やライドシェアなど、より多用途でコネクティッドな代替交通手段に軸足を移すにつれ、消費者の関心も従来のモーターサイクルやスクーターから離れていく可能性がある。メーカーは、革新的な機能、技術の統合、現代の消費者の共感を呼ぶ価値提案を導入することで適応する必要がある。

主要市場動向

電動モビリティ革命
日本の二輪車市場では、電動モビリティへの流れが顕著である。電動バイクや二輪車は、その環境面での利点、運用コストの削減、騒音のない性能により人気を集めている。メーカー各社は、航続距離、急速充電機能、革新的な機能を備えた電動モデルの開発に投資している。政府の奨励策と環境意識の高まりが電動二輪車の普及を後押しし、実現可能で持続可能な交通手段の選択肢として位置づけられている。

コネクテッド・テクノロジーの統合
日本では、コネクテッド・テクノロジーが二輪車に不可欠な要素になりつつある。GPSナビゲーション、スマートフォン接続、アプリベースのコントロール、デジタル・ディスプレイなどのスマート機能は、ライディング体験を向上させている。コネクティビティは利便性を提供するだけでなく、リアルタイムの交通情報や緊急アシスタンスなどの機能を可能にすることで、安全性も高めている。

先進安全システム
安全性は依然として最重要課題であるため、二輪車には先進安全システムが搭載されている。アンチロック・ブレーキ・システム(ABS)、トラクション・コントロール、衝突回避、アダプティブ・クルーズ・コントロールは、標準装備またはオプション装備になりつつある。これらのシステムは、ライダーの保護を強化し、事故を軽減し、安全意識の高い消費者に対応している。

都市型モビリティ・ソリューションの台頭
都市化と交通渋滞が、効率的な都市型モビリティ・ソリューションの需要を促進している。小排気量のモーターサイクル、スクーター、モペッドは、混雑した市街地を移動し、ラストワンマイルの交通ニーズに対応するのに適している。メーカー各社は、都市部の通勤者向けに、コンパクトなサイズ、燃費効率の向上、使いやすい機能を備えたモデルを設計している。

カスタマイズとパーソナライゼーション
二輪車市場では、カスタマイズとパーソナライゼーションが人気を集めている。ライダーは、個性的でパーソナライズされた美観、性能強化、アクセサリー・オプションを求めるようになっている。メーカーやアフターマーケット企業は、ライダーが自分の好みに合わせて車両をカスタマイズできるよう、さまざまなカスタマイズキットを提供することで対応している。

プレミアムおよびニッチセグメントへのシフト
日本のメーカーは、特別な体験を求める愛好家やライダーに応えるため、プレミアム・セグメントやニッチ・セグメントを開拓している。アドベンチャーバイク、レトロスタイルのバイク、カフェレーサーは、注目されているセグメントの一例である。これらのモデルは、現代的なテクノロジーとノスタルジックな美学を融合させることが多く、幅広い消費者にアピールしている。

進化する都市インフラ
日本の都市計画は、多様な交通手段に対応できるよう進化している。電動二輪車用の専用レーン、駐車施設、充電ステーションが都市インフラに組み込まれつつある。このようなインフラ整備は、二輪車やスクーターが都市交通の現実的で持続可能な選択肢として利用されることを後押ししている。

セグメント別の洞察

自動車タイプ別インサイト
日本の二輪車市場では、スクーターに比べてモーターサイクルのシェアが高い。これは主に、日本には確固たるバイク文化があり、ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキといった世界的に有名なバイクメーカーが存在するため、国内市場が活況を呈しているためである。スポーツバイクからクルーザーまで、幅広い種類のモーターサイクルが販売されているため、毎日の通勤やレジャーを楽しむライダーなど、多様な消費者にアピールしている。さらに、日本の先進的なインフラストラクチャーと法的枠組みは、さまざまな目的での二輪車の利用を支え、二輪車市場における二輪車の人気を確固たるものにしている。

燃料タイプ別インサイト
燃料タイプに関しては、日本の二輪車市場は、より持続可能で環境にやさしい代替燃料へと徐々にシフトしている。ガソリンを燃料とする二輪車が依然として優勢であるが、環境意識の高まりと排ガス規制の強化により、電動二輪車と電動スクーターが台頭しつつある。大手メーカーは電動二輪車技術に投資しており、ホンダPCX ElectricやヤマハEC-05といったモデルがこの傾向を象徴している。また、従来の動力と電気動力を組み合わせて燃料効率を高め、環境への影響を低減するハイブリッド二輪車というニッチ市場も存在する。こうした発展にもかかわらず、バイオ燃料や水素を動力源とする二輪車などの代替燃料二輪車はほとんど手つかずのままであり、将来の潜在的成長機会を提供している。

地域別インサイト

日本の中部地域は、日本の二輪車市場で最も大きなシェアを占めている地域の一つである。日本の二輪車市場で中部地方が突出しているのにはいくつかの要因がある。本州の中央部に位置する中部は、経済活動、技術革新、製造能力の拠点として機能している。この地域には、名古屋や豊田といった主要都市があり、工業や自動車産業が盛んなことで知られている。この卓越した製造業は二輪車やスクーターにも及んでおり、多様な二輪車を支える環境を育んでいる。

中部地方の都市は人口密度が高く、都市化が進んでいるため、効率的で機敏な移動手段が求められている。二輪車やスクーターは、人口密度の高い都市部での交通渋滞の回避や駐車場の確保に実用的なソリューションを提供する。都市移動におけるこれらの乗り物の利便性とアクセシビリティが、人気の一因となっている。

中部は、広範な道路網と公共交通機関を含む交通インフラが発達しており、二輪車とスクーターの利用をさらに後押ししている。交通の利便性と接続性の高さから、二輪車は短距離の通勤にも長距離の移動にも有効な選択肢となっている。

中部にはオートバイやスクーターの愛好家が多いことも、この地域の堅調な市場シェアに貢献している。モーターサイクルに特化したコミュニティ活動、クラブ、イベント、集会が活気あるライディング文化を育んでいる。こうした熱意が、スポーツバイクからクルーザーまで、さまざまなタイプのモーターサイクルの需要を喚起し、市場全体の拡大に寄与している。
主要市場プレイヤー
- 本田技研工業株式会社
- ヤマハ発動機株式会社
- スズキ株式会社
- 川崎重工業株式会社
- カイムコジャパン
- ハーレーダビッドソンジャパン株式会社
- ピアッジオグループ
- KTM AG

レポートの範囲
本レポートでは、日本の二輪車市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- 日本の二輪車市場:車種別
o スクーター/原付
o 二輪車
- 日本二輪車市場:推進力タイプ別
o ICE
電動
- 日本の二輪車市場:地域別
o 北海道・東北
o 中部
中国
o 九州
その他の地域
競合状況
企業プロフィール:日本の二輪車市場に参入している主要企業の詳細分析。
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社の日本二輪車市場レポートは、与えられた市場データをもとに、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。本レポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Introduction 1.1. Product Overview 1.2. Key Highlights of the Report 1.3. Market Coverage 1.4. Market Segments Covered 1.5. Research Tenure Considered 2. Research Methodology 2.1. Objective of the Study 2.2. Baseline Methodology 2.3. Key Industry Partners 2.4. Major Association and Secondary Sources 2.5. Forecasting Methodology 2.6. Data Triangulation & Validation 2.7. Assumptions and Limitations 3. Executive Summary 3.1. Market Overview 3.2. Market Forecast 3.3. Key Regions 3.4. Key Segments 4. Impact of COVID-19 on Japan Two-Wheeler Market 4.1. Key Segments Impacted 4.2. Key Regions Impacted 5. Voice of Customers Analysis 5.1. Brand Awareness 5.2. Factors Influencing Purchase Decision 5.3. Challenges/Unmet Needs 6. Japan Two-Wheeler Market Outlook 6.1. Market Size & Forecast 6.1.1. By Value & Volume 6.2. Market Share & Forecast 6.2.1. By Vehicle Type Market Share Analysis (Scooter/Moped, Motorcycle) 6.2.2. By Propulsion Type Market Share Analysis (ICE and Electric) 6.2.3. By Regional Market Share Analysis 6.2.3.1. Hokkaido & Tohoku Market Share Analysis 6.2.3.2. Chubu Market Share Analysis 6.2.3.3. Chugoku Market Share Analysis 6.2.3.4. Kyushu Market Share Analysis 6.2.3.5. Rest of Japan Market Share Analysis 6.2.4. By Company Market Share Analysis (Top 5 Companies, Others - By Value, 2022) 6.3. Japan Two-Wheeler Market Mapping & Opportunity Assessment 6.3.1. By Vehicle Type Market Mapping & Opportunity Assessment 6.3.2. By Propulsion Type Market Mapping & Opportunity Assessment 6.3.3. By Regional Market Mapping & Opportunity Assessment 7. Japan ICE Two-Wheeler Market Outlook 7.1. Market Size & Forecast 7.1.1. By Value & Volume 7.2. Market Share & Forecast 7.2.1. By Vehicle Type Market Share Analysis (Scooter/Moped, Motorcycle) 7.2.2. By Engine Capacity Market Share Analysis (Up to 125 cc, 126-250 cc, & Above 250 cc) 8. Japan ICE Motorcycle Market Outlook 8.1. Market Size & Forecast 8.1.1. By Value & Volume 8.2. Market Share & Forecast 8.2.1. By Engine Capacity Market Share Analysis (Up to 125 cc, 126-250 cc, & Above 250 cc) 8.3. Product Benchmarking 9. Japan ICE Scooter/Moped Market Outlook 9.1. Market Size & Forecast 9.1.1. By Value & Volume 9.2. Market Share & Forecast 9.2.1. By Engine Capacity Market Share Analysis (Up to 125 cc, 126-250 cc, & Above 250 cc) 9.3. Product Benchmarking 10. Japan Electric Two-Wheeler Market Outlook 10.1. Market Size & Forecast 10.1.1. By Value & Volume 10.2. Market Share & Forecast 10.2.1. By Vehicle Type Market Share Analysis (Motorcycle, Scooter/Moped) 10.2.2. By Battery Capacity Market Share Analysis (>25Ah, <25Ah) 10.2.3. By Battery Type Market Share Analysis (Lead Acid, Lithium Ion) 10.3. Product Benchmarking 11. SWOT Analysis 11.1. Strength 11.2. Weakness 11.3. Opportunities 11.4. Threats 12. Market Dynamics 12.1. Market Drivers 12.2. Market Challenges 13. Market Trends and Developments 14. Porter’s Five Forces Model 14.1. Competitive Rivalry 14.2. Bargaining Powers of Suppliers 14.3. Bargaining Powers of Buyers 14.4. Threat of New Entrants 14.5. Threat of Substitutes 15. Policy & Regulatory Landscape 16. Japan Economic Profile 17. Competitive Landscape 17.1. Company Profiles (Up to 10 Major Companies) 17.1.1. Honda Motor Co., Ltd. 17.1.1.1. Company Details 17.1.1.2. Key Products Offered 17.1.1.3. Recent Developments 17.1.1.4. Key Management Personnel 17.1.2. Yamaha Motor Co., Ltd. 17.1.2.1. Company Details 17.1.2.2. Key Products Offered 17.1.2.3. Recent Developments 17.1.2.4. Key Management Personnel 17.1.3. Suzuki Motor Corporation 17.1.3.1. Company Details 17.1.3.2. Key Products Offered 17.1.3.3. Recent Developments 17.1.3.4. Key Management Personnel 17.1.4. Kawasaki Heavy Industries, Ltd. 17.1.4.1. Company Details 17.1.4.2. Key Products Offered 17.1.4.3. Recent Developments 17.1.4.4. Key Management Personnel 17.1.5. Kymco Japan Inc. 17.1.5.1. Company Details 17.1.5.2. Key Products Offered 17.1.5.3. Recent Developments 17.1.5.4. Key Management Personnel 17.1.6. Harley-Davidson Japan K.K. 17.1.6.1. Company Details 17.1.6.2. Key Products Offered 17.1.6.3. Recent Developments 17.1.6.4. Key Management Personnel 17.1.7. Piaggio Group 17.1.7.1. Company Details 17.1.7.2. Key Products Offered 17.1.7.3. Recent Developments 17.1.7.4. Key Management Personnel 17.1.8. KTM AG 17.1.8.1. Company Details 17.1.8.2. Key Products Offered 17.1.8.3. Recent Developments 17.1.8.4. Key Management Personnel 18. Strategic Recommendations 18.1. Key Focus Areas 18.1.1. Target Regions 18.1.2. Target Vehicle Type 19. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The Japanese two-wheeler market serves as a testament to the nation's engineering excellence, technological innovation, and cultural affinity for efficient and convenient transportation solutions. Encompassing a diverse range of motorcycles, scooters, mopeds, and electric bikes, this market embodies the harmonious fusion of tradition and modernity that defines Japan. Motorcycles hold a substantial presence within the Japanese market, offering an extensive selection catering to various segments. From high-performance sport bikes to comfortable cruisers and versatile adventure motorcycles, Japanese manufacturers have established themselves as leaders in the global motorcycle industry. These motorcycles often integrate state-of-the-art technology, advanced engineering, and meticulous attention to detail. Scooters and mopeds also play a crucial role in Japan's urban mobility landscape, offering compact dimensions, fuel efficiency, and maneuverability that suit navigating the densely populated city streets. Scooters, particularly those featuring automatic transmissions, are favored for short commutes and errands, providing convenience for riders of all age groups. Moreover, Japan's commitment to sustainable transportation is evidenced by the increasing popularity of electric bikes and motorcycles. Electric vehicles, including two-wheelers, are embraced for their reduced environmental impact, noiseless operation, and efficient energy utilization. As the global momentum toward eco-friendly alternatives gathers pace, Japanese manufacturers are responding by introducing electric models that cater to both urban commuters and enthusiasts.
Key Market Drivers

Technological Innovation
Japan's advanced technological capabilities constitute a significant driving force in the two-wheeler market. Japanese manufacturers are leaders in innovation, continually introducing cutting-edge technology, engineering solutions, and design aesthetics to motorcycles, scooters, and electric bikes. This commitment to innovation not only attracts domestic consumers but also positions Japanese two-wheelers as global leaders in terms of quality and performance.

Efficiency and Environmental Concerns
Japan's emphasis on efficiency and environmental sustainability plays a pivotal role in the two-wheeler market. The nation's focus on reducing carbon emissions and promoting environmentally friendly transportation aligns seamlessly with the inherent advantages of motorcycles, scooters, and electric bikes. These vehicles offer enhanced fuel efficiency, reduced emissions, and a smaller environmental footprint compared to larger vehicles, making them a pragmatic choice for both urban and rural settings.

Urban Mobility Solutions
The dense urban areas in Japan necessitate efficient and nimble modes of transportation. Motorcycles and scooters excel in providing swift, convenient, and flexible mobility solutions within crowded cities. They empower riders to navigate through traffic congestion, access tight spaces, and easily find parking in urban environments where parking can be a challenge.

Electric Mobility Trend
The global surge in electric mobility is mirrored in Japan's two-wheeler market. Electric bikes and motorcycles are gaining traction due to their quiet operation, reduced emissions, and lower operating costs. The Japanese government's push for sustainable transportation, combined with technological advancements, has resulted in the development of electric two-wheelers that cater to environmentally conscious consumers.

Government Incentives and Regulations
The Japanese government significantly influences the shape of the two-wheeler market through incentives and regulations. Incentives for electric vehicles, such as tax breaks and subsidies, motivate consumers to opt for electric bikes and motorcycles. Furthermore, the government's stringent safety regulations and standards ensure that vehicles available in the market adhere to high safety requirements, enhancing consumer confidence.

Cultural Significance
Motorcycles and two-wheelers hold cultural significance in Japan, symbolizing individuality, adventure, and freedom. This cultural connection to riding contributes to the market's vibrancy and draws a diverse range of riders, spanning from enthusiasts to daily commuters.

Safety and Technology Integration
Safety takes precedence in the Japanese two-wheeler market. Manufacturers incorporate advanced safety features, such as anti-lock braking systems (ABS) and traction control, to augment rider protection. The integration of technology also includes smart connectivity features, enriching the overall riding experience and attracting tech-savvy consumers.
Key Market Challenges

Aging Population and Demographics
Japan's shifting demographics, characterized by an aging population, declining birth rates, and a higher percentage of elderly citizens, present challenges for the two-wheeler market. Older individuals might be less inclined to engage in motorcycle or scooter riding due to physical limitations or safety apprehensions. Manufacturers need to address this demographic shift by designing vehicles tailored to the requirements of older riders, incorporating features that enhance comfort, stability, and ease of use.

Urban Space Constraints
While motorcycles and scooters are well-suited for urban mobility, the densely populated Japanese cities often confront limited parking and storage space. Locating appropriate parking spaces for two-wheelers can pose a challenge, resulting in congestion and accessibility issues. Solutions such as dedicated parking zones, efficient parking facilities, and innovative storage solutions are imperative to accommodate the growing number of riders.

Safety Concerns
Ensuring the safety of motorcycle and scooter riders stands as a significant challenge. Japan's narrow and crowded roads, coupled with a mix of vehicles and pedestrians, generate potential safety hazards for motorcyclists. Stricter enforcement of traffic regulations, education for riders on safe practices, and continuous enhancements of road infrastructure are critical for boosting safety and decreasing accidents.

Environmental Regulations
While electric two-wheelers are gaining ground, there could be challenges in complying with stringent emissions and environmental regulations. As governments worldwide institute stricter emission standards, manufacturers need to guarantee that their internal combustion engine (ICE) models adhere to these regulations or pivot their focus toward electric alternatives. Striking a balance between emission reduction and sustaining vehicle performance presents a challenge for the industry.

Competition from Other Modes of Transport
Japan boasts an effective and well-connected public transportation system, encompassing trains and buses, which can compete with motorcycles and scooters in terms of convenience, speed, and cost-effectiveness. Advocating the benefits of two-wheelers as a complementary or superior transportation mode, especially in terms of maneuverability and accessibility, demands strategic marketing endeavors.

High Licensing Costs and Regulations
Acquiring a motorcycle license in Japan can entail relatively high costs, encompassing training fees and examination expenses. These costs might dissuade potential riders, particularly young individuals entering the workforce. Streamlining the licensing procedure, reducing fees, and offering incentives for new riders can help mitigate this challenge.

Changing Consumer Preferences
As preferences pivot toward more versatile and connected transportation alternatives, such as electric cars and ride-sharing, there could be a shift in consumer interest away from traditional motorcycles and scooters. Manufacturers need to adapt by introducing innovative features, technology integration, and value propositions that resonate with contemporary consumers.

Key Market Trends

Electric Mobility Revolution
The trend toward electric mobility is prominent in the Japanese two-wheeler market. Electric bikes and motorcycles are gaining traction due to their environmental advantages, reduced operational costs, and noiseless performance. Manufacturers are investing in developing electric models that offer impressive range, rapid charging capabilities, and innovative features. Government incentives and heightened environmental consciousness are propelling the adoption of electric two-wheelers, positioning them as a viable and sustainable transportation choice.

Connected Technology Integration
Connected technology is increasingly becoming an integral part of two-wheelers in Japan. Smart features such as GPS navigation, smartphone connectivity, app-based controls, and digital displays are elevating the riding experience. Connectivity not only provides convenience but also enhances safety by enabling features like real-time traffic updates and emergency assistance.

Advanced Safety Systems
Safety remains a paramount concern, leading to the integration of advanced safety systems in two-wheelers. Anti-lock braking systems (ABS), traction control, collision avoidance, and adaptive cruise control are becoming standard or optional features. These systems enhance rider protection, mitigate accidents, and cater to safety-conscious consumers.

Rise of Urban Mobility Solutions
Urbanization and traffic congestion are fueling the demand for efficient urban mobility solutions. Small-displacement motorcycles, scooters, and mopeds are well-suited for navigating congested city streets and addressing last-mile transportation needs. Manufacturers are designing models with compact dimensions, enhanced fuel efficiency, and user-friendly features tailored for urban commuters.

Customization and Personalization
Customization and personalization are gaining traction in the two-wheeler market. Riders are seeking unique and personalized aesthetics, performance enhancements, and accessory options. Manufacturers and aftermarket companies are responding by offering a variety of customization kits, enabling riders to tailor their vehicles to their preferences.

Shift to Premium and Niche Segments
Japanese manufacturers are exploring premium and niche segments to cater to enthusiasts and riders seeking specialized experiences. Adventure motorcycles, retro-styled bikes, and cafe racers are examples of segments gaining attention. These models often blend modern technology with nostalgic aesthetics, appealing to a broader spectrum of consumers.

Evolving Urban Infrastructure
Urban planning in Japan is evolving to accommodate diverse transportation modes. Dedicated lanes, parking facilities, and charging stations for electric two-wheelers are being integrated into city infrastructure. This infrastructure development encourages the use of motorcycles and scooters as viable and sustainable options for urban transportation.

Segmental Insights

Vehicle Type Insights
In Japan, motorcycles generally maintain a larger share of the two-wheeler market in comparison to scooters. This is primarily attributed to the nation's robust biking culture and the presence of globally renowned motorcycle manufacturers such as Honda, Yamaha, Suzuki, and Kawasaki, fostering a thriving domestic market. The broader range of motorcycles available, spanning from sport bikes to cruisers, appeals to a diverse spectrum of consumers, including both daily commuters and recreational riders. Moreover, the advanced infrastructure and legal framework in Japan support the utilization of motorcycles for a variety of purposes, solidifying their popularity within the two-wheeler market.

Fuel Type Insights
Regarding fuel type, the Japanese two-wheeler market is observing a gradual shift toward more sustainable and environmentally friendly alternatives. Gasoline-powered two-wheelers remain predominant, but electric motorcycles and scooters are gaining ground due to growing environmental awareness and stricter emission regulations. Major manufacturers are investing in electric two-wheeler technologies, with models like the Honda PCX Electric and Yamaha EC-05 exemplifying this trend. A niche market also exists for hybrid two-wheelers, combining traditional and electric power for enhanced fuel efficiency and reduced environmental impact. Despite these developments, alternative fuel two-wheelers, such as those powered by biofuel or hydrogen, remain largely untapped, offering potential growth opportunities for the future.

Regional Insights

The Chubu region of Japan is recognized for having one of the most substantial shares of the two-wheeler market in the country. Several factors contribute to Chubu's prominence in the Japanese two-wheeler market. Situated in the central part of Honshu, Chubu serves as a hub of economic activity, technological innovation, and manufacturing prowess. The region encompasses major cities like Nagoya and Toyota, renowned for their industrial and automotive significance. This manufacturing excellence extends to motorcycles and scooters, fostering a supportive environment for a diverse array of two-wheelers.

The high population density and urbanization of Chubu's cities create a demand for efficient and agile transportation modes. Motorcycles and scooters offer practical solutions for navigating through traffic congestion and securing parking in densely populated urban areas. The convenience and accessibility of these vehicles for urban mobility contribute to their popularity.

Chubu's well-developed transportation infrastructure, encompassing extensive road networks and public transit systems, further bolsters the utilization of motorcycles and scooters. The region's accessibility and connectivity render two-wheelers viable options for both short commutes and longer-distance travel.

The presence of motorcycle and scooter enthusiasts in Chubu also contributes to the region's robust market share. Community engagement, clubs, events, and gatherings dedicated to motorcycling cultivate a vibrant riding culture. This enthusiasm fuels demand for various motorcycle types, from sport bikes to cruisers, thereby contributing to the overall market size.
Key Market Players
• Honda Motor Co., Ltd.
• Yamaha Motor Co., Ltd.
• Suzuki Motor Corporation
• Kawasaki Heavy Industries, Ltd.
• Kymco Japan Inc.
• Harley-Davidson Japan K.K.
• Piaggio Group
• KTM AG

Report Scope:
In this report, the Japan Two-Wheeler market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• Japan Two-Wheeler Market, By Vehicle Type:
o Scooter/Moped
o Motorcycle
• Japan Two-Wheeler Market, By Propulsion Type:
o ICE
o Electric
• Japan Two-Wheeler Market, By Region:
o Hokkaido & Tohoku
o Chubu
o Chugoku
o Kyushu
o Rest of Japan
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the Japan Two-Wheeler Market.
Available Customizations:
Japan Two-Wheeler market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Introduction 1.1. Product Overview 1.2. Key Highlights of the Report 1.3. Market Coverage 1.4. Market Segments Covered 1.5. Research Tenure Considered 2. Research Methodology 2.1. Objective of the Study 2.2. Baseline Methodology 2.3. Key Industry Partners 2.4. Major Association and Secondary Sources 2.5. Forecasting Methodology 2.6. Data Triangulation & Validation 2.7. Assumptions and Limitations 3. Executive Summary 3.1. Market Overview 3.2. Market Forecast 3.3. Key Regions 3.4. Key Segments 4. Impact of COVID-19 on Japan Two-Wheeler Market 4.1. Key Segments Impacted 4.2. Key Regions Impacted 5. Voice of Customers Analysis 5.1. Brand Awareness 5.2. Factors Influencing Purchase Decision 5.3. Challenges/Unmet Needs 6. Japan Two-Wheeler Market Outlook 6.1. Market Size & Forecast 6.1.1. By Value & Volume 6.2. Market Share & Forecast 6.2.1. By Vehicle Type Market Share Analysis (Scooter/Moped, Motorcycle) 6.2.2. By Propulsion Type Market Share Analysis (ICE and Electric) 6.2.3. By Regional Market Share Analysis 6.2.3.1. Hokkaido & Tohoku Market Share Analysis 6.2.3.2. Chubu Market Share Analysis 6.2.3.3. Chugoku Market Share Analysis 6.2.3.4. Kyushu Market Share Analysis 6.2.3.5. Rest of Japan Market Share Analysis 6.2.4. By Company Market Share Analysis (Top 5 Companies, Others - By Value, 2022) 6.3. Japan Two-Wheeler Market Mapping & Opportunity Assessment 6.3.1. By Vehicle Type Market Mapping & Opportunity Assessment 6.3.2. By Propulsion Type Market Mapping & Opportunity Assessment 6.3.3. By Regional Market Mapping & Opportunity Assessment 7. Japan ICE Two-Wheeler Market Outlook 7.1. Market Size & Forecast 7.1.1. By Value & Volume 7.2. Market Share & Forecast 7.2.1. By Vehicle Type Market Share Analysis (Scooter/Moped, Motorcycle) 7.2.2. By Engine Capacity Market Share Analysis (Up to 125 cc, 126-250 cc, & Above 250 cc) 8. Japan ICE Motorcycle Market Outlook 8.1. Market Size & Forecast 8.1.1. By Value & Volume 8.2. Market Share & Forecast 8.2.1. By Engine Capacity Market Share Analysis (Up to 125 cc, 126-250 cc, & Above 250 cc) 8.3. Product Benchmarking 9. Japan ICE Scooter/Moped Market Outlook 9.1. Market Size & Forecast 9.1.1. By Value & Volume 9.2. Market Share & Forecast 9.2.1. By Engine Capacity Market Share Analysis (Up to 125 cc, 126-250 cc, & Above 250 cc) 9.3. Product Benchmarking 10. Japan Electric Two-Wheeler Market Outlook 10.1. Market Size & Forecast 10.1.1. By Value & Volume 10.2. Market Share & Forecast 10.2.1. By Vehicle Type Market Share Analysis (Motorcycle, Scooter/Moped) 10.2.2. By Battery Capacity Market Share Analysis (>25Ah, <25Ah) 10.2.3. By Battery Type Market Share Analysis (Lead Acid, Lithium Ion) 10.3. Product Benchmarking 11. SWOT Analysis 11.1. Strength 11.2. Weakness 11.3. Opportunities 11.4. Threats 12. Market Dynamics 12.1. Market Drivers 12.2. Market Challenges 13. Market Trends and Developments 14. Porter’s Five Forces Model 14.1. Competitive Rivalry 14.2. Bargaining Powers of Suppliers 14.3. Bargaining Powers of Buyers 14.4. Threat of New Entrants 14.5. Threat of Substitutes 15. Policy & Regulatory Landscape 16. Japan Economic Profile 17. Competitive Landscape 17.1. Company Profiles (Up to 10 Major Companies) 17.1.1. Honda Motor Co., Ltd. 17.1.1.1. Company Details 17.1.1.2. Key Products Offered 17.1.1.3. Recent Developments 17.1.1.4. Key Management Personnel 17.1.2. Yamaha Motor Co., Ltd. 17.1.2.1. Company Details 17.1.2.2. Key Products Offered 17.1.2.3. Recent Developments 17.1.2.4. Key Management Personnel 17.1.3. Suzuki Motor Corporation 17.1.3.1. Company Details 17.1.3.2. Key Products Offered 17.1.3.3. Recent Developments 17.1.3.4. Key Management Personnel 17.1.4. Kawasaki Heavy Industries, Ltd. 17.1.4.1. Company Details 17.1.4.2. Key Products Offered 17.1.4.3. Recent Developments 17.1.4.4. Key Management Personnel 17.1.5. Kymco Japan Inc. 17.1.5.1. Company Details 17.1.5.2. Key Products Offered 17.1.5.3. Recent Developments 17.1.5.4. Key Management Personnel 17.1.6. Harley-Davidson Japan K.K. 17.1.6.1. Company Details 17.1.6.2. Key Products Offered 17.1.6.3. Recent Developments 17.1.6.4. Key Management Personnel 17.1.7. Piaggio Group 17.1.7.1. Company Details 17.1.7.2. Key Products Offered 17.1.7.3. Recent Developments 17.1.7.4. Key Management Personnel 17.1.8. KTM AG 17.1.8.1. Company Details 17.1.8.2. Key Products Offered 17.1.8.3. Recent Developments 17.1.8.4. Key Management Personnel 18. Strategic Recommendations 18.1. Key Focus Areas 18.1.1. Target Regions 18.1.2. Target Vehicle Type 19. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/19 10:26

158.49 円

173.02 円

207.86 円

ページTOPに戻る