世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

インドのソーラーインバータ市場:タイプ別(セントラルインバータ、ストリングインバータ、マイクロインバータ)、接続タイプ別(オングリッド、オフグリッド)、フェーズ別(単相、三相)、エンドユーザー別(住宅用、商業用、産業用、公益事業用)、地域別、競合予測&機会:2018-2028F


India Solar Inverter Market By Type (Central Inverter, String Inverter and Micro Inverter), By Connection Type (On-Grid and Off-Grid), By Phase (Single Phase and Three Phase), By End User (Residential, Commercial, Industrial and Utilities), By Region, Competition Forecast & Opportunities, 2018- 2028F

インドのソーラーインバータ市場は、オフグリッドソーラーシステム設置の急速な増加、グリーンでクリーンなエネルギー源からの電力需要の増加、農村部からの需要の増加、ソーラーシステムを促進するための政府投... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年10月3日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
89 英語

 

サマリー

インドのソーラーインバータ市場は、オフグリッドソーラーシステム設置の急速な増加、グリーンでクリーンなエネルギー源からの電力需要の増加、農村部からの需要の増加、ソーラーシステムを促進するための政府投資や政策の増加などにより、予測期間中に成長すると予想される。例えば、インドでは2021-22年に再生可能エネルギーへの投資が記録的な水準に達した。合計145億米ドルが再生可能エネルギーに投資され、2020-21会計年度と比較して125%増加し、パンデミック前の2019-20会計年度と比較して72%増加した。さらに、2022-23年度連邦予算において、政府は高効率太陽電池モジュールの製造を促進するためのPLIスキームに25.7億米ドルを割り当てた。
ソーラー・インバータとして知られる電気変換器は、ソーラー・パネルで発電された直流(DC)電気を、家電製品や電気回路に必要な通常の電気の流れである交流(AC)に変換する。直流(DC)から交流(AC)への変換を可能にし、大型産業機器から冷蔵庫、テレビ、電子レンジのような一般的な家電製品に至るまで、さまざまな機器に電力を供給するなど、エネルギーを住宅、商業、工業の幅広い用途に使用できるようにする。
インドのソーラー・インバーター市場推進要因
オフグリッドソーラーシステム設置の急成長 - オフグリッドソーラーシステムは、消費者が電力網から自立し、電力供給停止や電力網の故障による停電に直面することを避けることができるため、インドでは大きな需要がある。さらに、電気がほとんどない、あるいは全くない遠隔地は、オフグリッドソーラーシステムの主な応用分野となっている。これらのソーラー・システムは、幹線道路から離れた農場、食品加工工場、その他の商業・工業地帯で、送電網の電力使用を削減・最適化するために必要である。さらに、Make in Indiaのような政府の適切な取り組みや、国中でイノベーションを巻き起こしている起業家の波により、再生可能エネルギーによる電力は2050年までに85%に達すると考えられており、これは今後数年間のインド・ソーラーインバーター市場を積極的に拡大させる。
グリーンでクリーンなエネルギー源による電力需要の拡大-インドの電力需要は指数関数的に伸び続けており、政府は再生可能エネルギーの発電能力を高めて需要の増加に部分的に対応したいと考えている。その結果、太陽光発電は安価でクリーン、モジュール式で柔軟なエネルギー源となっている。現在、最も安価な再生可能エネルギーのひとつである。屋上の太陽光発電システムは、ソーラー・インバータとともに、長期的な利用を考えれば価値のある投資のひとつである。インドでは何百万もの商業ビルや住宅ビルの屋上に太陽光が降り注ぎ、ソーラーパネルを設置することで簡単に発電することができる。グリーンで再生可能なエネルギーの代表格である太陽エネルギーは、環境の安全性を維持しつつ、電気料金の高騰に対応する上で重要な役割を果たす可能性を秘めている。これにより、高い収益性と持続可能性が実現する。
インドのソーラーインバータ市場課題
ソーラー・インバーターの過熱問題-インバーター内の温度は、その寿命に影響する最も重要な要素である。ソーラー・インバーターのいくつかの内部電気部品は温度変動に弱い。そのため、ソーラー・パワー・インバータを換気せずに置いたり、直射日光の当たる場所に置いたりすると、すぐに過熱してしまう可能性がある。そのため、ソーラーインバータの過熱問題は、予測期間中のインド・ソーラーインバータ市場の成長を妨げる可能性がある。
高いメンテナンス性-ホコリやゴミが溜まっていないか、頻繁に点検することが不可欠である。そうすることで、通風孔やヒートシンク、電気部品が詰まったり破損したりするのを防ぐことができる。ソーラー・インバーターは過熱を防ぐために換気が必要なので、換気スペースを確保することも不可欠だ。数カ月に一度はインバーターを徹底的に点検することをお勧めします。これにより、ソーラー・インバーターの必要性を減らすことができるはずです。
インド政府のソーラーセクターへの取り組み
バッテリーやソーラーパネルが機能するためには直流が必要であるため、ソーラーインバータはすべてのソーラーパネルシステムが適切に動作するために必要である。太陽光発電の設置容量は、コスト、性能、技術の向上とともに、近年急速に増加している。しかし、太陽光発電を低コストで増やすためには、プロジェクトやプログラムの形で政府の支援と奨励が必要である。ジャワハルラール・ネルー・ナショナル・ソーラー・ミッション、屋上プログラム、ソーラーパーク・プログラム、VGF(Viability Gap Funding)プログラム、政府ヨジャナ太陽エネルギー補助金プログラム、UDAYプログラムなどは、より多くの人々や企業に太陽光発電や100%再生可能エネルギーへの移行を促すために、政府が太陽光発電分野で行っている主要な政府の取り組みのほんの一部に過ぎない。そのため、インド政府のソーラープロジェクトやプログラムの結果として、インドのソーラーインバータ市場は成長すると予想される。
インドのソーラーインバータ市場技術動向
インバーターは太陽光発電システムに不可欠なコンポーネントであり、ソーラーパネルで発電された直流電力を交流に変換し、家庭や企業で消費したり、送電網に供給したりするため、太陽光発電設備の増加はインドのソーラー・インバーター業界にも波紋を広げている。そのため、スマート・モジュール、つまり電力最適化装置と一体化したモジュールの開発は、ソーラー・インバーター業界の大きなトレンドとなっている。ソーラーモジュールとマイクロインバータを組み合わせたものはACモジュールと呼ばれる。スマートモジュールもACモジュールも、コストを下げ、プロジェクトの設置に必要な時間を短縮し、より良い電力品質を提供するために、製造段階そのものに組み込まれている。しかし、高級品とされるこのような技術の普及は、住宅、商業、工業分野に限られており、公共事業の規模が大きいため、公共施設に受け入れられるには長い時間がかかる可能性がある。
さらに、スマート・ハイブリッド・インバータは、太陽光発電、送電網、バッテリーといった異なる電源からのエネルギー供給をより柔軟に自動管理するために開発されている。これらのインバーターは、オングリッドでもオフグリッドでも動作する。太陽エネルギーの生産量が消費量を上回った場合にバッテリーにエネルギーを貯蔵し、バッテリーにエネルギーを貯蔵するタイミングとグリッドにエネルギーを供給するタイミングを選択できるため、エネルギーの損失を最小限に抑えることができる。このように、ハイブリッド・インバータとして機能する。つまり、オングリッドとオフグリッドの両方で同時に機能し、バックアップも提供できる。これらのインバーターは、住宅の屋上所有者が導入することで、ネットメータリングの利点を活用し、自宅での中断のない高品質な電力供給を確保することができる。スマート・インバータは、将来のインテリジェント・インバータへの道を開くだろう。
さらに、多くの大企業が、中央インバーターブロックを大幅に小型化した大型モジュール式集中型ソリューションの開発に投資している。これにより、冗長性が最大化され、柔軟性が高まる。インバータ分野におけるもうひとつの新たなトレンドは、ストリング・インバータとモジュール式中央インバータを組み合わせたバーチャル中央インバータの開発である。バーチャル・セントラル・インバータは、大型のコンテナ化されたソリューション内の多数のストリングで構成される。これにより、ストリング・インバータの柔軟性を維持しながら、セントラル・インバータの場合と同様に、より優れた制御が可能になる。したがって、こうした技術動向により、インドのソーラー・インバータ市場は予測期間中に拡大すると予想される。
市場セグメント
インドのソーラーインバータ市場は、タイプ、接続タイプ、フェーズ、エンドユーザー、地域、競争環境に区分される。タイプ別では、セントラルインバータ、ストリングインバータ、マイクロインバータに区分される。接続タイプに基づき、市場はオングリッドとオフグリッドに区分される。位相別では、市場は単相と三相に区分される。エンドユーザー別では、住宅用、商業用、産業用、公益事業に区分される。地域別では、市場は南、北、西、東に区分される。

市場プレイヤー
インドソーラーインバーター市場の主な市場プレーヤーは、Lento Industries Pvt. Ltd.、Microtek、Delta Electronics, Inc.、Sungrow Power Supply Co.Ltd.、Asea Brown Boveri、Hitachi Hi-Rel Power Electronics Private Limited、Huawei Technologies Co.Ltd.、Sineng Electric Co.Ltd.、Luminous Power Technologies、Kehua Data Co.
レポートの範囲
本レポートでは、インドソーラーインバーター市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- インドのソーラーインバータ市場:タイプ別
o セントラルインバータ
o ストリングインバータ
マイクロインバータ
- インドのソーラーインバータ市場:接続タイプ別
o オングリッド
oオフグリッド
- インドのソーラーインバータの市場:フェーズ別
o 単相
o 三相
- インドのソーラーインバータ市場:エンドユーザー別
o 住宅用
o 商業用
o 産業用
公益事業
- インドのソーラーインバータ市場:地域別


西

競合状況
企業プロフィール:インドのソーラーインバータ市場に存在する主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社は、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供しています。本レポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Voice of Customer
5. India Solar Inverter Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Type (Central Inverter, String Inverter and Micro Inverter)
5.2.2. By Connection Type (On-Grid and Off-Grid)
5.2.3. By Phase (Single Phase and Three Phase)
5.2.4. By End User (Residential, Commercial, Industrial and Utilities)
5.2.5. By Region (South, North, West and East)
5.3. By Company (2022)
5.4. Market Map
6. South India Solar Inverter Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Type
6.2.2. By Connection Type
6.2.3. By Phase
6.2.4. By End User
7. North India Solar Inverter Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type
7.2.2. By Connection Type
7.2.3. By Phase
7.2.4. By End User
8. West India Solar Inverter Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Type
8.2.2. By Connection Type
8.2.3. By Phase
8.2.4. By End User
9. East India Solar Inverter Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Type
9.2.2. By Connection Type
9.2.3. By Phase
9.2.4. By End User
10. Market Dynamics
10.1. Drivers
10.1.1. Rapid Growth in Installing Off-Grid Solar Systems
10.1.2. Growing Demand for Electricity from Green and Clean Energy Sources
10.1.3. Increasing Government Initiatives to Promote Solar Sector
10.2. Challenges
10.2.1. Solar Inverter Overheating Issue
10.2.2. High Maintenance
11. Market Trends & Developments
12. Policy & Regulatory Landscape
13. India Economic Profile
14. Company Profiles
14.1. Lento Industries Pvt. Ltd.
14.1.1. Business Overview
14.1.2. Key Revenue (If Available)
14.1.3. Recent Developments
14.1.4. Key Personnel
14.1.5. Key Product/Service Offered
14.2. Microtek
14.2.1. Business Overview
14.2.2. Key Revenue (If Available)
14.2.3. Recent Developments
14.2.4. Key Personnel
14.2.5. Key Product/Service Offered
14.3. Delta Electronics, Inc.
14.3.1. Business Overview
14.3.2. Key Revenue (If Available)
14.3.3. Recent Developments
14.3.4. Key Personnel
14.3.5. Key Product/Service Offered
14.4. Sungrow Power Supply Co., Ltd.
14.4.1. Business Overview
14.4.2. Key Revenue (If Available)
14.4.3. Recent Developments
14.4.4. Key Personnel
14.4.5. Key Product/Service Offered
14.5. Asea Brown Boveri
14.5.1. Business Overview
14.5.2. Key Revenue (If Available)
14.5.3. Recent Developments
14.5.4. Key Personnel
14.5.5. Key Product/Service Offered
14.6. Hitachi Hi-Rel Power Electronics Private Limited
14.6.1. Business Overview
14.6.2. Key Revenue (If Available)
14.6.3. Recent Developments
14.6.4. Key Personnel
14.6.5. Key Product/Service Offered
14.7. Huawei Technologies Co., Ltd.
14.7.1. Business Overview
14.7.2. Key Revenue (If Available)
14.7.3. Recent Developments
14.7.4. Key Personnel
14.7.5. Key Product/Service Offered
14.8. Sineng Electric Co., Ltd.
14.8.1. Business Overview
14.8.2. Key Revenue (If Available)
14.8.3. Recent Developments
14.8.4. Key Personnel
14.8.5. Key Product/Service Offered
14.9. Luminous Power Technologies
14.9.1. Business Overview
14.9.2. Key Revenue (If Available)
14.9.3. Recent Developments
14.9.4. Key Personnel
14.9.5. Key Product/Service Offered
14.10. Kehua Data Co., Ltd.
14.10.1. Business Overview
14.10.2. Key Revenue (If Available)
14.10.3. Recent Developments
14.10.4. Key Personnel
15. Strategic Recommendations
16. About Us & Disclaimer
(Note: The companies list can be customized based on the client requirements.)

 

ページTOPに戻る


 

Summary

India solar inverter market is expected grow during the forecast period due to rapid growth in installation of off-grid solar systems, growing demand for electricity from green and clean energy sources, increasing demand from rural area, rising government investment and policies to promote solar systems, etc. For instance, investment in renewable energy hit record levels in India in the 2021-22. A total of USD14.5 billion were invested in renewable energy, up by 125% compared with financial year 2020-21 and 72% higher than in the pre-pandemic period of the 2019-20 financial year. Additionally, in the Union Budget 2022-23, the government allocated USD 2.57 billion for a PLI scheme to boost manufacturing of high-efficiency solar modules.
An electrical converter known as a solar inverter converts the direct current (DC) electricity generated by solar panels into alternating current (AC), the regular flow of electricity needed for household appliances and electrical circuits. It enables the conversion of direct current (DC) into alternating current (AC), making the energy usable for a wide range of residential, commercial, as well as industrial applications, such as powering various instruments ranging from large industrial equipment to common home appliances like refrigerators, televisions, and microwaves.
India Solar Inverter Market: Drivers
Rapid Growth in Installing Off-Grid Solar Systems- An off grid solar system is in great demand in India as it enables consumers to be power independent and self-reliant of the power grid and avoid facing power outages owing to shutdowns and grid failures. Moreover, remote locations with little or no electricity have been the main application areas for off-grid solar systems. These solar systems are necessary for farms, food processing mills, and other commercial and industrial locations that are away from main roads to reduce and optimize grid electricity use. Further, with the appropriate government initiatives such as Make in India and the entrepreneurial wave that has sparked innovations across the country, it is believed that 85% power from renewable energy can be reached by 2050, which positively augment the India solar inverter market in coming years.
Growing Demand for Electricity from Green and Clean Energy Sources- Electricity demand in India continues to grow exponentially, and the government wants to boost renewable energy generation capacity to partly meet the increasing demand. As a result, solar power is a cheap, clean, modular and flexible energy source. It is currently one of the cheapest renewable energies. Rooftop solar power system along with solar inverters, is one of the worthwhile investments when considering its long-term use. Millions of commercial and residential buildings in India have rooftops that receive plenty of sunlight and can be easily used to generate electricity by installing solar panels. Solar energy, as one of the most prominent sources of green and renewable energy, has the potential to play a critical role in meeting the soaring demand for rising electricity bills while maintaining environmental safety. Making it highly profitable and sustainable.
India Solar Inverter Market: Challenges
Solar Inverter Overheating Issue- The temperature within the inverter is the most crucial element affecting its lifespan. Several internal electrical components in solar inverters are vulnerable to temperature fluctuations. As a result, putting solar power inverter without ventilation or in direct sunlight might soon cause it to overheat. Therefore, solar inverter overheating issue can hamper the growth of the India solar inverter market during the forecast period.
High Maintenance- It is essential to frequently inspect them to make sure that no dust or debris have gathered. This will stop vents, heat sinks, and electrical parts from getting blocked or damaged. Making room for solar inverters is also essential since they need ventilation to prevent overheating. It is advisable to thoroughly inspect the inverter every few months, which should reduce the necessity for solar inverters.
Solar Sector Initiatives from the Indian Government:
Solar inverters are necessary for every solar panel system to operate properly since batteries and solar panels need a DC to function. Installed solar producing capacity has rapidly increased in recent years, along with improvements in cost, performance, and technology. Yet, in order to increase solar power at a reduced cost, government support and encouragement in the form of projects and programs are required. The Jawaharlal Nehru National Solar Mission, rooftop programs, solar park programs, VGF (Viability Gap Funding) programs, government yojana solar energy subsidy programs, and UDAY programs are just a few of the top government initiatives the government has taken in the solar sector to encourage more and more people and businesses to go solar and 100% renewable. So, it is anticipated that the Indian solar inverter market will grow as a result of the government of India's solar projects and programs.
India Solar Inverter Market: Technology Trends
Since inverters are an essential component of a solar PV system and convert the DC electricity generated by solar panels into AC, which may be consumed in homes and businesses or provided to the grid, the rise in solar PV installations has also caused a stir in the India solar inverter industry. The creation of smart modules, or those that are integrated with power optimizers, is thus a major trend in the solar inverter industry. These are known as AC modules when solar modules and microinverters are combined. Both smart and AC modules are integrated at the manufacturing stage itself to bring down costs, reduce the time required for project installations and offer better power quality. However, the uptake of such technologies, which are considered premium products, is restricted to the residential, commercial and industrial segments, and it may take a long time for them to be accepted for utility installations due to the large size of utility projects.
In addition, smart hybrid inverters are being developed to bring in more flexibility and automate the management of energy supply from different sources like solar PV, grid and batteries. These inverters can work both on-grid and off-grid. They ensure negligible loss of energy as they store energy in batteries when the production of solar energy is greater than the consumption and give the option to choose when to store energy in batteries and when to provide it to the grid. In this way, they work as hybrid inverters, that is, they can work both on-grid and off-grid at the same time, as well as provide backup. These inverters can be deployed by residential rooftop owners to leverage net metering benefits and ensure uninterrupted quality power supply in their houses. Smart inverters will pave the way for future intelligent inverters.
Further, many large companies are investing in the development of large modular centralised solutions with much smaller central inverter blocks. This would maximize redundancy and increase flexibility. Another emerging trend in the inverter space is the development of virtual central inverters, which are a combination of string inverters and modular central inverters. A virtual central inverter consists of a number of strings in a large, containerized solution. This offers better control, as in the case of central inverters, while retaining the flexibility of string inverters. Hence, due to these technology trends, the India solar inverter market is expected to increase during the forecast period.
Market Segments
India solar inverter market is segmented into type, connection type, phase, end user, region and competitive landscape. Based on type, the market is segmented into central inverter, string inverter, and micro inverter. Based on connection type, the market is segmented into on-grid and off-grid. Based on phase, the market is segmented into single phase and three phase. Based on end user, the market is segmented into residential, commercial, industrial, utilities. Based on region, the market is segmented into south, north, west, east.

Market Players
Major market players in the India solar inverter market are Lento Industries Pvt. Ltd., Microtek, Delta Electronics, Inc., Sungrow Power Supply Co., Ltd., Asea Brown Boveri, Hitachi Hi-Rel Power Electronics Private Limited, Huawei Technologies Co., Ltd., Sineng Electric Co., Ltd., Luminous Power Technologies, Kehua Data Co., Ltd.
Report Scope:
In this report, India solar inverter market has been segmented into following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• India Solar Inverter Market, By Type:
o Central Inverter
o String Inverter
o Micro Inverter
• India Solar Inverter Market, By Connection Type:
o On-Grid
o Off-Grid
• India Solar Inverter Market, By Phase:
o Single Phase
o Three Phase
• India Solar Inverter Market, By End User:
o Residential
o Commercial
o Industrial
o Utilities
• India Solar Inverter Market, By Region:
o South
o North
o West
o East
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in India Solar Inverter Market
Available Customizations:
Tech Sci Research offers customizations according to a company’s specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Voice of Customer
5. India Solar Inverter Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Type (Central Inverter, String Inverter and Micro Inverter)
5.2.2. By Connection Type (On-Grid and Off-Grid)
5.2.3. By Phase (Single Phase and Three Phase)
5.2.4. By End User (Residential, Commercial, Industrial and Utilities)
5.2.5. By Region (South, North, West and East)
5.3. By Company (2022)
5.4. Market Map
6. South India Solar Inverter Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Type
6.2.2. By Connection Type
6.2.3. By Phase
6.2.4. By End User
7. North India Solar Inverter Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type
7.2.2. By Connection Type
7.2.3. By Phase
7.2.4. By End User
8. West India Solar Inverter Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Type
8.2.2. By Connection Type
8.2.3. By Phase
8.2.4. By End User
9. East India Solar Inverter Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Type
9.2.2. By Connection Type
9.2.3. By Phase
9.2.4. By End User
10. Market Dynamics
10.1. Drivers
10.1.1. Rapid Growth in Installing Off-Grid Solar Systems
10.1.2. Growing Demand for Electricity from Green and Clean Energy Sources
10.1.3. Increasing Government Initiatives to Promote Solar Sector
10.2. Challenges
10.2.1. Solar Inverter Overheating Issue
10.2.2. High Maintenance
11. Market Trends & Developments
12. Policy & Regulatory Landscape
13. India Economic Profile
14. Company Profiles
14.1. Lento Industries Pvt. Ltd.
14.1.1. Business Overview
14.1.2. Key Revenue (If Available)
14.1.3. Recent Developments
14.1.4. Key Personnel
14.1.5. Key Product/Service Offered
14.2. Microtek
14.2.1. Business Overview
14.2.2. Key Revenue (If Available)
14.2.3. Recent Developments
14.2.4. Key Personnel
14.2.5. Key Product/Service Offered
14.3. Delta Electronics, Inc.
14.3.1. Business Overview
14.3.2. Key Revenue (If Available)
14.3.3. Recent Developments
14.3.4. Key Personnel
14.3.5. Key Product/Service Offered
14.4. Sungrow Power Supply Co., Ltd.
14.4.1. Business Overview
14.4.2. Key Revenue (If Available)
14.4.3. Recent Developments
14.4.4. Key Personnel
14.4.5. Key Product/Service Offered
14.5. Asea Brown Boveri
14.5.1. Business Overview
14.5.2. Key Revenue (If Available)
14.5.3. Recent Developments
14.5.4. Key Personnel
14.5.5. Key Product/Service Offered
14.6. Hitachi Hi-Rel Power Electronics Private Limited
14.6.1. Business Overview
14.6.2. Key Revenue (If Available)
14.6.3. Recent Developments
14.6.4. Key Personnel
14.6.5. Key Product/Service Offered
14.7. Huawei Technologies Co., Ltd.
14.7.1. Business Overview
14.7.2. Key Revenue (If Available)
14.7.3. Recent Developments
14.7.4. Key Personnel
14.7.5. Key Product/Service Offered
14.8. Sineng Electric Co., Ltd.
14.8.1. Business Overview
14.8.2. Key Revenue (If Available)
14.8.3. Recent Developments
14.8.4. Key Personnel
14.8.5. Key Product/Service Offered
14.9. Luminous Power Technologies
14.9.1. Business Overview
14.9.2. Key Revenue (If Available)
14.9.3. Recent Developments
14.9.4. Key Personnel
14.9.5. Key Product/Service Offered
14.10. Kehua Data Co., Ltd.
14.10.1. Business Overview
14.10.2. Key Revenue (If Available)
14.10.3. Recent Developments
14.10.4. Key Personnel
15. Strategic Recommendations
16. About Us & Disclaimer
(Note: The companies list can be customized based on the client requirements.)

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(end user)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/19 10:26

158.49 円

173.02 円

207.86 円

ページTOPに戻る