世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

南米・中米の肺がん治療市場の2030年までの予測 - 地域別分析 - 治療タイプ別(非侵襲性、低侵襲性)、適応症別(非小細胞肺がん、小細胞肺がん)、エンドユーザー別(病院、腫瘍クリニック、研究センター、その他)


South & Central America Lung Cancer Therapy Market Forecast to 2030 - Regional Analysis - By Therapy Type (Noninvasive and Minimally Invasive), Indication (Non-Small Cell Lung Cancer and Small Cell Lung Cancer), and End User (Hospitals, Oncology Clinics, Research Centers, and Others)

中南米の肺がん治療市場は、2022年に12億5,004万米ドルと評価され、2030年には33億8,830万米ドルに達すると予測され、2022年から2030年までの年平均成長率は12.9%と推定される。 肺がん患者の増加が中南米の... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
The Insight Partners
ザ・インサイトパートナーズ
2024年3月14日 US$3,550
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
74 英語

※当ページの内容はウェブ更新時の情報です。
最新版の価格やページ数などの情報についてはお問合せください。

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

中南米の肺がん治療市場は、2022年に12億5,004万米ドルと評価され、2030年には33億8,830万米ドルに達すると予測され、2022年から2030年までの年平均成長率は12.9%と推定される。

肺がん患者の増加が中南米の肺がん治療市場を牽引

肺がんは世界中で死亡の主な原因のひとつとなっている。この種のがんは、早期に診断されればより効果的に治療できる。そのため、肺がんのリスクが高い人は、肺の中にがんができるのを発見するために定期的な検査を受ける必要がある。世界的に肺がんは男性で最も多く、女性では2番目に多いがんである。世界保健機関(WHO)によると、肺がんは男女ともに、世界的にがんに関連した死亡原因の第1位である。世界がん研究基金インターナショナルによると、2020年には世界で新たに220万人の肺がん患者が登録される。肺がんは、世界中で主要な死亡原因のひとつである。肺がん検診は、がん予防アプローチの重要な要素である。肺がん患者の予後は、早期に診断された方が良好であるため、肺がんのリスクが高い人は、肺にがんができたことを発見するために定期的な検査を受けることが奨励されている。調査によると、肺がんはラテンアメリカ・カリブ地域(LAC)における主要な死因のひとつである。また、肺がんは2020年の一般的ながん全体の7%を占めている。死亡原因として最も多いがんは、やはり肺がん(12%)であった。しかし、死亡率は国によって大きく異なる。2040年までに、中南米カリブ地域で新たに発生するがんは年間240万人で、発生率は変わらないという前提で67%増加する。さらに、男女ともに罹患率、致死率ともにウルグアイ、キューバ、アルゼンチンが最も高く、ガイアナと中米諸国が最も低い。このように、肺がん罹患率の上昇が肺がん治療プログラムの開始に寄与しており、これが市場成長の原動力となっている。このように、世界的な肺がん罹患率の上昇が肺がん治療の研究開発活動に寄与しており、これが市場成長の原動力となっている。

中南米の肺がん治療市場概要

南米・中米の肺がん治療市場は、チリ、コロンビア、エクアドル、ガイアナ、パラグアイ、ペルー、その他に区分される。国際肺癌学会(International Association For The Study of Lung Cancer)によると、チリのNSCLC管理は国際的なガイドラインに従っており、ステージ別に以下のように概説されている:ステージIは手術のみ、ステージIIは手術後に補助化学療法、ステージIIIは確定同時化学放射線療法(最も頻度の高いアプローチである)と導入化学療法後に一部の患者で手術、ステージIVは化学療法と緩和ケア。ペルー心臓胸部・血管外科学会は現在120名の正会員で構成されており、そのうち10名が女性である。これらの専門医の約4分の1は主に胸部外科のサブスペシャリティを標榜しており、胸部外科腫瘍学のトレーニングを受けている者はほとんどいない。これらの専門医は、リマとペルーの他の3つの地域(ラ・リベルタ、アレキパ、ランバイエケ)に集中している。胸部外科腫瘍学の専門的な研修を行っているセンターは、国内では1カ所のみである。専門医が不足しているため、心胸部外科医が肺がん治療の手術も行っており、その結果、公的部門での手術待ち時間が長期化している。肺葉切除術を行うためのビデオ支援胸部手術は、主にリマにある高度に専門化されたセンターで受けることができ、そこでは胸部腫瘍外科医が手術を行っている。放射線治療(RT)は、早期肺がん、局所進行肺がん、転移性肺がんの管理において重要である。現在ペルーには、2021年時点で放射線腫瘍医104人、放射線治療医100人、物理学者40人がいる。国立原子力研究所(IPEN)によると、3,728のセンターがRTサービスを提供しており、ペルーの25地域のうち6地域(リマ、ラ・リベルタ、ランバイエケ、アレキパ、ジュニン、クスコ)に分布しており、そのうち15センターはリマにある。

中南米肺がん治療市場の売上と2030年までの予測(US$ Million)

中南米の肺がん治療市場のセグメンテーション

南米・中米の肺がん治療市場は、治療タイプ、適応症、エンドユーザー、国別に区分される。

治療タイプ別に見ると、南米・中米の肺がん治療市場は非侵襲型と低侵襲型に二分される。非侵襲性セグメントは2022年に大きなシェアを占めた。低侵襲性セグメントはさらに、高周波アブレーション、マイクロ波アブレーション、熱アブレーション、冷凍アブレーション、化学アブレーション、光線力学的アブレーション、その他に細分化される。

適応症別では、中南米の肺がん治療市場は非小細胞肺がんと小細胞肺がんに二分される。2022年には非小細胞肺がん分野が大きなシェアを占めている。

エンドユーザー別では、中南米の肺がん治療市場は病院、腫瘍クリニック、研究センター、その他に区分される。病院セグメントが2022年に最も大きなシェアを占めた。

国別では、南米・中米の肺がん治療市場はブラジル、アルゼンチン、南米・中米のその他に区分される。2022年の南米・中米の肺がん治療市場は、南米・中米の残りの地域が支配的であった。

Bioventus Inc、Johnson & Johnson、Medtronic Plc、Merck KGaA、Olympus Corp、RF Medical Co Ltd、Sun Pharmaceutical Industries Ltdは、南中米肺がん治療市場で事業を展開する大手企業の一部である。

ページTOPに戻る


目次

目次

1.はじめに
1.1 インサイト・パートナーズ調査レポートのガイダンス
1.2 市場セグメンテーション
2.エグゼクティブサマリー
2.1 中南米の肺がん治療市場:国別
3.調査方法
3.1 カバレッジ
3.2 二次調査
3.3 一次調査
4.中南米の肺がん治療市場:主要産業ダイナミクス
4.1 市場促進要因
4.1.1 肺がん患者の増加
4.1.2 肺がん検診・治療に対する政府の取り組み
4.2 市場の阻害要因
4.2.1 肺がん治療の高コスト
4.3 市場機会
4.3.1 臨床試験における肺がん治療薬の増加
4.4 今後の動向
4.4.1 標的療法に対する需要の高まり
4.5 影響分析:
5.肺がん治療市場-中南米市場分析
5.1 南米・中米の肺がん治療市場収益(US$ Mn)、2020年~2030年
6.南米・中米の肺がん治療市場:治療タイプ別収益と2030年までの予測
6.1 概要
6.2 南米・中南米の肺がん治療市場:治療タイプ別売上高シェア(2022年・2030年)
6.3 非侵襲的治療
6.3.1 概要
6.3.2 非侵襲的療法:南米・中南米の肺がん治療市場:2030年までの収入および予測(百万米ドル)
6.4 低侵襲療法
6.4.1 概要
6.4.2 低侵襲療法:中南米の肺がん治療市場:2030年までの収入と予測(百万米ドル)
6.4.3 南・中米肺がん治療市場:低侵襲性:2020-2030年(百万米ドル)
7.中南米の肺がん治療市場:2030年までの収入および予測:適応症別
7.1 概要
7.2 中南米肺がん治療市場:2022年・2030年適応症別売上高シェア(%ベース)
7.3 非小細胞肺がん
7.3.1 概要
7.3.2 非小細胞肺がん:中南米肺がん治療市場:2030年までの収益および予測(百万米ドル)
7.4 小細胞肺がん
7.4.1 概要
7.4.2 小細胞肺がん:中南米の肺がん治療市場:2030年までの売上高と予測(百万米ドル)
8.中南米の肺がん治療市場:2030年までの収益と予測:エンドユーザー別
8.1 概要
8.2 南米・中南米の肺がん治療市場:2022年・2030年のエンドユーザー別売上高シェア(%)
8.3 病院
8.3.1 概要
8.3.2 病院中南米の肺がん治療市場:2030年までの収益および予測(百万米ドル)
8.4 腫瘍クリニック
8.4.1 概要
8.4.2 腫瘍クリニック:中南米の肺がん治療市場:2030年までの売上高と予測(百万米ドル)
8.5 研究センター
8.5.1 概要
8.5.2 研究センター:中南米の肺がん治療市場:2030年までの収益と予測(百万米ドル)
8.6 その他
8.6.1 概要
8.6.2 その他:中南米の肺がん治療市場:2030年までの収入と予測(百万米ドル)
9.中南米の肺がん治療市場:国別分析
9.1.1 南米・中南米の肺がん治療市場:国別分析
9.1.1.1 ブラジル
9.1.1.1.1 概要
9.1.1.1.2 ブラジル南・中央アメリカの肺がん治療市場の2030年までの売上高と予測(US$ Mn)
9.1.1.1.3 ブラジル南・中央アメリカの肺がん治療市場:治療タイプ別、2020年~2030年(百万米ドル)
9.1.1.1.3.1 ブラジル:南・中央アメリカの肺がん治療市場:低侵襲性治療別、2020〜2030年(百万米ドル)
9.1.1.1.4 ブラジル南・中米肺がん治療市場:適応症別、2020〜2030年(百万米ドル)
9.1.1.1.5 ブラジル中南米肺癌治療市場:エンドユーザー別、2020-2030年(百万米ドル)
9.1.1.2 アルゼンチン
9.1.1.2.1 概要
9.1.1.2.2 アルゼンチン:中南米肺がん治療市場の収益と2030年までの予測(百万米ドル)
9.1.1.2.3 アルゼンチン:中南米肺がん治療市場:治療タイプ別、2020~2030年(百万米ドル)
9.1.1.2.3.1 アルゼンチン:中南米肺癌治療市場:低侵襲性治療別、2020-2030年(百万米ドル)
9.1.1.2.4 アルゼンチン:中南米肺癌治療市場:適応症別、2020-2030年(百万米ドル)
9.1.1.2.5 アルゼンチン:中南米肺癌治療市場:エンドユーザー別、2020-2030年(百万米ドル)
9.1.1.3 その他の中南米地域
9.1.1.3.1 概要
9.1.1.3.2 南米および中米のその他地域南米・中央アメリカの肺がん治療市場収入と2030年までの予測(US$ Mn)
9.1.1.3.3 南米・中米のその他地域南米&中米:肺がん治療市場:治療タイプ別、2020年~2030年(百万米ドル)
9.1.1.3.3.1 南米および中米のその他地域:南中米の肺がん治療市場:低侵襲性治療別、2020〜2030年(百万米ドル)
9.1.1.3.4 南米および中米のその他地域:南米・中米の肺がん治療市場:適応症別、2020〜2030年(百万米ドル)
9.1.1.3.5 南米および中米のその他地域:南中米の肺がん治療市場:エンドユーザー別、2020-2030年(百万米ドル)
10.肺がん治療市場 - 産業展望
10.1 概要
10.2 中南米肺がん治療市場の成長戦略
10.3 無機的成長戦略
10.3.1 概要
10.4 有機的成長戦略
10.4.1 概要
11.企業プロフィール
11.1 メドトロニック社
11.1.1 主要事実
11.1.2 事業内容
11.1.3 製品とサービス
11.1.4 財務概要
11.1.5 SWOT分析
11.1.6 主要開発
11.2 RFメディカル株式会社
11.2.1 主要事実
11.2.2 事業内容
11.2.3 製品とサービス
11.2.4 財務概要
11.2.5 SWOT分析
11.2.6 主要開発
11.3 ジョンソン・エンド・ジョンソン
11.3.1 主要データ
11.3.2 事業内容
11.3.3 製品とサービス
11.3.4 財務概要
11.3.5 SWOT分析
11.3.6 主要開発
11.4 メルクKGaA
11.4.1 主要データ
11.4.2 事業内容
11.4.3 製品とサービス
11.4.4 財務概要
11.4.5 SWOT分析
11.4.6 主要開発
11.5 サン・ファーマシューティカル・インダストリーズ社
11.5.1 主要事実
11.5.2 事業内容
11.5.3 製品とサービス
11.5.4 財務概要
11.5.5 SWOT分析
11.5.6 主要開発
11.6 バイオベンタス社
11.6.1 主要事実
11.6.2 事業内容
11.6.3 製品とサービス
11.6.4 財務概要
11.6.5 SWOT分析
11.6.6 主要開発
11.7 オリンパス株式会社
11.7.1 主要事実
11.7.2 事業内容
11.7.3 製品とサービス
11.7.4 財務概要
11.7.5 SWOT分析
11.7.6 主要開発
12.付録
12.1 会社概要
12.2 用語集

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The South & Central America lung cancer therapy market was valued at US$ 1,250.04 million in 2022 and is expected to reach US$ 3,308.30 million by 2030; it is estimated to grow at a CAGR of 12.9% from 2022 to 2030.

Increase in Cases of Lung Cancer Drive South & Central America Lung Cancer Therapy Market

Lung cancer is among the main causes of mortality across the world. This type of cancer can be treated more effectively if it is diagnosed early. Therefore, people at a high risk of lung cancer need to undergo routine testing to detect the formation of cancerous growth inside their lungs. Globally lung cancer is the most common cancer in men and the second most common cancer in women. According to the World Health Organization (WHO), lung cancer is the leading cause of cancer-related deaths globally, in both men and women. As per the World Cancer Research Fund International, ~2.2 million new lung cancer cases were registered worldwide in 2020. Lung cancer is among one of the main causes of mortality across the world. Lung cancer screening is a critical component of cancer prevention approaches. The prognosis of lung cancer patients is better when the disease is diagnosed early, so people at high risk of lung cancer are encouraged to undergo routine testing to detect the formation of cancerous growth in their lungs. According to studies, lung cancer is one of the leading causes of death in Latin America and the Caribbean (LAC) region. Also, lung cancer accounted for 7% of the total common cancers in 2020. The most common cancer to cause death was still lung cancer (12%). However, mortality rates varied greatly between nations. By 2040, there would be 2.4 million new instances of cancer annually in LAC, increasing by 67% on the premise that rates don't change. Further, rates varied by up to a factor of 10, with the highest incidence and fatality rates in both men and women being found in Uruguay, Cuba, and Argentina and the lowest rates in Guyana and Central American nations. Thus, the rising incidences of lung cancer are contributing to the initiation of lung cancer therapy programs, which in turn, drive the market growth. Thus, the rising incidence of lung cancer worldwide is contributing to the research and development activities for lung cancer therapy, which is, in turn, driving the market growth.

South & Central America Lung Cancer Therapy Market Overview

The Rest of South & Central America lung therapy market is segmented into Chile, Colombia, Ecuador, Guyana, Paraguay, Peru, and others. According to the International Association For The Study of Lung Cancer, NSCLC management in Chile follows international guidelines and can be outlined by stage as follows: stage I, surgery alone; stage II, surgery followed by adjuvant chemotherapy; stage III, definitive concurrent chemoradiation (which is the most frequent approach) and induction chemotherapy followed by surgery in select patients; and stage IV, chemotherapy and palliative care. The Peruvian Society of Cardiothoracic and Vascular Surgery is composed of 120 active members at present, with 10 of them being women. Approximately a quarter of all these specialists are mainly advocated to the Thoracic Surgery subspecialty, and few of them have training in Thoracic Surgical Oncology. These specialists are concentrated in Lima and three other regions of Peru (La Libertad, Arequipa, and Lambayeque). Only one center in the country provides specialized training in Thoracic Surgical Oncology. A shortage of specialists results in cardiothoracic surgeons also performing operations for the treatment of lung cancer, and this results in prolonged waiting times for operations in the public sector. Video-assisted thoracic operation for performing lobectomy is available in highly specialized centers, mostly in Lima, at which thoracic oncology surgeons. Radiotherapy (RT) is key in the management of early, locally advanced, and metastatic lung cancer. Currently, in 2021, there are 104 radiation oncologists, 100 radiotherapists, and 40 physicists in Peru. According to the National Institute on Nuclear Energy (IPEN), 3,728 centers have RT services that are distributed over six of 25 regions in Peru (Lima, La Libertad, Lambayeque, Arequipa, Junín, and Cusco), with 15 of them located in Lima.

South & Central America Lung Cancer Therapy Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)

South & Central America Lung Cancer Therapy Market Segmentation

The South & Central America lung cancer therapy market is segmented based on therapy type, indication, end user, and country.

Based on therapy type, the South & Central America lung cancer therapy market is bifurcated into noninvasive and minimally invasive. The noninvasive segment held a larger share in 2022. The minimally invasive segment is further subsegmented into radiofrequency ablation, microwave ablation, thermal ablation, cryoablation, chemical ablation, photodynamic ablation, and others.

By indication, the South & Central America lung cancer therapy market is bifurcated into non-small cell lung cancer and small cell lung cancer. The non-small cell lung cancer segment held a larger share in 2022.

By end user, the South & Central America lung cancer therapy market is segmented into hospitals, oncology clinics, research centers, and others. The hospitals segment held the largest share in 2022.

Based on country, the South & Central America lung cancer therapy market is segmented into Brazil, Argentina, and the Rest of South & Central America. The Rest of South & Central America dominated the South & Central America lung cancer therapy market in 2022.

Bioventus Inc, Johnson & Johnson, Medtronic Plc, Merck KGaA, Olympus Corp, RF Medical Co Ltd, and Sun Pharmaceutical Industries Ltd are some of the leading companies operating in the South & Central America lung cancer therapy market.



ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS

1. Introduction
1.1 The Insight Partners Research Report Guidance
1.2 Market Segmentation
2. Executive Summary
2.1 South & Central America Lung Cancer Therapy Market, by Country
3. Research Methodology
3.1 Coverage
3.2 Secondary Research
3.3 Primary Research
4. South & Central America Lung Cancer Therapy Market - Key Industry Dynamics
4.1 Market Drivers:
4.1.1 Increase in Cases of Lung Cancer
4.1.2 Government Initiatives for Screening and Treatment of Lung Cancer
4.2 Market Restraints
4.2.1 High Cost of Lung Cancer Therapy
4.3 Market Opportunities
4.3.1 Rising Number of Lung Cancer Therapy in Clinical Trials
4.4 Future Trends
4.4.1 Growing Demand for Targeted Therapy
4.5 Impact Analysis:
5. Lung Cancer Therapy Market - South & Central America Market Analysis
5.1 South & Central America Lung Cancer Therapy Market Revenue (US$ Mn), 2020 - 2030
6. South & Central America Lung Cancer Therapy Market - Revenue and Forecast to 2030 - by Therapy Type
6.1 Overview
6.2 South & Central America Lung Cancer Therapy Market Revenue Share, by Therapy Type, 2022 & 2030 (%)
6.3 Non-Invasive Therapy
6.3.1 Overview
6.3.2 Non-Invasive Therapy: South & Central America Lung Cancer Therapy Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
6.4 Minimally Invasive
6.4.1 Overview
6.4.2 Minimally Invasive: South & Central America Lung Cancer Therapy Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
6.4.3 South & Central America Lung Cancer Therapy Market, by Minimally Invasive, 2020-2030 (US$ Million)
7. South & Central America Lung Cancer Therapy Market - Revenue and Forecast to 2030 - by Indication
7.1 Overview
7.2 South & Central America Lung Cancer Therapy Market Revenue Share, by Indication, 2022 & 2030 (%)
7.3 Non-Small Cell Lung Cancer
7.3.1 Overview
7.3.2 Non-Small Cell Lung Cancer: South & Central America Lung Cancer Therapy Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7.4 Small Cell Lung Cancer
7.4.1 Overview
7.4.2 Small Cell Lung Cancer: South & Central America Lung Cancer Therapy Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
8. South & Central America Lung Cancer Therapy Market - Revenue and Forecast to 2030 - by End User
8.1 Overview
8.2 South & Central America Lung Cancer Therapy Market Revenue Share, by End User, 2022 & 2030 (%)
8.3 Hospitals
8.3.1 Overview
8.3.2 Hospitals: South & Central America Lung Cancer Therapy Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
8.4 Oncology Clinics
8.4.1 Overview
8.4.2 Oncology Clinics: South & Central America Lung Cancer Therapy Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
8.5 Research Centers
8.5.1 Overview
8.5.2 Research Centers: South & Central America Lung Cancer Therapy Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
8.6 Others
8.6.1 Overview
8.6.2 Others: South & Central America Lung Cancer Therapy Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
9. South & Central America Lung Cancer Therapy Market - Country Analysis
9.1.1 South & Central America Lung Cancer Therapy Market, by Country
9.1.1.1 Brazil
9.1.1.1.1 Overview
9.1.1.1.2 Brazil: South & Central America Lung Cancer Therapy Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Mn)
9.1.1.1.3 Brazil: South & Central America Lung Cancer Therapy Market, by Therapy Type, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.1.1.3.1 Brazil: South & Central America Lung Cancer Therapy Market, by Minimally Invasive, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.1.1.4 Brazil: South & Central America Lung Cancer Therapy Market, by Indication, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.1.1.5 Brazil: South & Central America Lung Cancer Therapy Market, by End User, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.1.2 Argentina
9.1.1.2.1 Overview
9.1.1.2.2 Argentina: South & Central America Lung Cancer Therapy Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Mn)
9.1.1.2.3 Argentina: South & Central America Lung Cancer Therapy Market, by Therapy Type, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.1.2.3.1 Argentina: South & Central America Lung Cancer Therapy Market, by Minimally Invasive, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.1.2.4 Argentina: South & Central America Lung Cancer Therapy Market, by Indication, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.1.2.5 Argentina: South & Central America Lung Cancer Therapy Market, by End User, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.1.3 Rest of South & Central America
9.1.1.3.1 Overview
9.1.1.3.2 Rest of South & Central America: South & Central America Lung Cancer Therapy Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Mn)
9.1.1.3.3 Rest of South & Central America: South & Central America Lung Cancer Therapy Market, by Therapy Type, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.1.3.3.1 Rest of South & Central America: South & Central America Lung Cancer Therapy Market, by Minimally Invasive, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.1.3.4 Rest of South & Central America: South & Central America Lung Cancer Therapy Market, by Indication, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.1.3.5 Rest of South & Central America: South & Central America Lung Cancer Therapy Market, by End User, 2020-2030 (US$ Million)
10. Lung Cancer Therapy Market - Industry Landscape
10.1 Overview
10.2 Growth Strategies in South & Central America Lung Cancer Therapy Market
10.3 Inorganic Growth Strategies
10.3.1 Overview
10.4 Organic Growth Strategies
10.4.1 Overview
11. Company Profiles
11.1 Medtronic Plc
11.1.1 Key Facts
11.1.2 Business Description
11.1.3 Products and Services
11.1.4 Financial Overview
11.1.5 SWOT Analysis
11.1.6 Key Developments
11.2 RF Medical Co Ltd
11.2.1 Key Facts
11.2.2 Business Description
11.2.3 Products and Services
11.2.4 Financial Overview
11.2.5 SWOT Analysis
11.2.6 Key Developments
11.3 Johnson & Johnson
11.3.1 Key Facts
11.3.2 Business Description
11.3.3 Products and Services
11.3.4 Financial Overview
11.3.5 SWOT Analysis
11.3.6 Key Developments
11.4 Merck KGaA
11.4.1 Key Facts
11.4.2 Business Description
11.4.3 Products and Services
11.4.4 Financial Overview
11.4.5 SWOT Analysis
11.4.6 Key Developments
11.5 Sun Pharmaceutical Industries Ltd
11.5.1 Key Facts
11.5.2 Business Description
11.5.3 Products and Services
11.5.4 Financial Overview
11.5.5 SWOT Analysis
11.5.6 Key Developments
11.6 Bioventus Inc
11.6.1 Key Facts
11.6.2 Business Description
11.6.3 Products and Services
11.6.4 Financial Overview
11.6.5 SWOT Analysis
11.6.6 Key Developments
11.7 Olympus Corp
11.7.1 Key Facts
11.7.2 Business Description
11.7.3 Products and Services
11.7.4 Financial Overview
11.7.5 SWOT Analysis
11.7.6 Key Developments
12. Appendix
12.1 About Us
12.2 Glossary of Terms

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野(バイオ薬物)の最新刊レポート

The Insight Partners 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(clinics)の最新刊レポート


よくあるご質問


The Insight Partners社はどのような調査会社ですか?


The Insight Partnersはインドに本社を置く調査会社です。経験豊富な専門家チームを通じて、お客様に最適な調査と分析を提供することに専念しています。幅広い分野をカバーしていますがヘルスケ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/16 10:26

159.45 円

174.07 円

209.46 円

ページTOPに戻る