世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場の2030年までの予測 - 地域別分析 - 処理別(定量的PCR(qPCR)、デジタルPCR(dPCR))、製品別(試薬・消耗品、装置、ソフトウェア・サービス)、用途別(研究用途、臨床用途、法医学用途)、エンドユーザー別(病院・診断センター、製薬・バイオテクノロジー企業、研究所・学術機関、法医学研究所、臨床研究機関)


Asia Pacific dPCR and qPCR Market Forecast to 2030 - Regional Analysis - By Treatment [Quantitative PCR (qPCR) and Digital PCR (dPCR)], Product (Reagents & Consumables, Instruments, and Software & Services), Application (Research Application, Clinical Application, and Forensic Application), and End User (Hospitals and Diagnostic Centers, Pharmaceutical and Biotechnology Companies, Research Laboratories and Academic Institutes, Forensic Laboratories, and Clinical Research Organizations)

アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場は、2022年に19億1,343万米ドルと評価され、2030年には41億3,950万米ドルに達すると予測されている。 PCR技術の技術進歩がアジア太平洋地域のdPCRとqPCR市場を牽引 ポ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
The Insight Partners
ザ・インサイトパートナーズ
2024年3月14日 US$3,550
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
105 英語

※当ページの内容はウェブ更新時の情報です。
最新版の価格やページ数などの情報についてはお問合せください。

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場は、2022年に19億1,343万米ドルと評価され、2030年には41億3,950万米ドルに達すると予測されている。

PCR技術の技術進歩がアジア太平洋地域のdPCRとqPCR市場を牽引

ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)は、ほとんどの分子生物学ラボで、遺伝子型判定、クローニング、一塩基変異の解析のために特定のDNAストレッチを増幅するために使用される、ほぼユビキタスで堅牢かつ信頼性の高い技術であり、ほとんどの次世代シーケンサー(NGS)調製の基礎としても機能する。技術の進歩はさまざまなタイプのPCR技術を生み出している。PCR技術の使用は現在、いくつかの非従来型アプリケーションに応用され、分子診断をより簡単かつ迅速にしている。特に、デジタルPCRやリアルタイムPCRの進歩は、病気の診断、ウイルスやバクテリアの同定、法医学的捜査の補助などに利用されている。さらに研究者たちは、いくつかのナノ材料を用いて検査時間の短縮を試みている。2023年3月、韓国科学技術院(KIST、院長:Seok Jin Yoon)のインテリジェンス、センシングによる拡張安全システムセンター(Center for Augmented Safety System with Intelligence, Sensing)は、Dr. Sang Kyung Kim(所長)とDr. Seungwon Jungの研究チームによる超高速PCR技術の開発を発表した。超高速PCRは、光熱ナノ材料を利用することで、検査時間を従来の10分の1に短縮した。新しい検査法の診断性能は現行の検査法に匹敵し、5分で終了する。このように、PCR技術の技術的進歩がアジア太平洋地域のdPCRとqPCR市場の成長を促進している。

アジア太平洋dPCRおよびqPCR市場概要

アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場は、中国、日本、インド、韓国、オーストラリア、その他のアジア太平洋地域に区分されます。中国、インド、日本は、これらの国々における外国直接投資の増加、高度に熟練した効率的で多数の労働力、バイオテクノロジー分野への高額の投資をもたらす政府政策の合理化によって、市場の成長に大きく貢献しています。加えて、感染症や慢性疾患の増加、政府や非政府の取り組みも、アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場の成長を後押ししている。

アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)

アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場のセグメンテーション

アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場は、治療法、製品、アプリケーション、エンドユーザー、国に基づいてセグメント化されます。

治療に基づき、アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場は定量PCR(qPCR)とデジタルPCR(dPCR)に二分される。デジタルPCR(dPCR)セグメントは2022年に大きなシェアを占めた。

製品別では、アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場は試薬&消耗品、機器、ソフトウェア&サービスに区分される。試薬・消耗品セグメントは2022年に最大のシェアを占めた。

アプリケーション別では、アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場は研究アプリケーション、臨床アプリケーション、法医学アプリケーションに分けられる。2022年には臨床応用分野が最大のシェアを占めた。臨床アプリケーションセグメントはさらに腫瘍学検査、血液スクリーニング、感染症検査、その他のアプリケーションに細分化される。

エンドユーザー別では、アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場は、病院・診断センター、製薬・バイオテクノロジー企業、研究所・学術機関、法医学研究所、臨床研究機関に区分される。病院・診断センターセグメントが2022年に最大シェアを占めた。

国別では、アジア太平洋dPCRおよびqPCR市場は、中国、日本、インド、オーストラリア、韓国、その他のアジア太平洋地域に区分される。中国が2022年のアジア太平洋dPCRおよびqPCR市場を支配した。

Abbott Laboratories社、Thermo Fisher Scientific Inc社、Takara Bio Inc社、Genome Diagnostics Pvt Ltd社、Qiagen NV社、Standard BioTools Inc社、Lepu Medical Technology Beijing Co Ltd社、F. Hoffmann-La Roche Ltd社、Bio-Rad Laboratories Inc社、Agilent Technologies Inc社は、アジア太平洋dPCRおよびqPCR市場で事業を展開している大手企業の一部です。

ページTOPに戻る


目次

目次

1.はじめに
1.1 インサイト・パートナーズ調査レポートのガイダンス
1.2 市場セグメンテーション
2.エグゼクティブサマリー
2.1 主要インサイト
3.調査方法
3.1 調査範囲
3.2 二次調査
3.3 一次調査
4.アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場 - 主要産業ダイナミクス
4.1 市場促進要因
4.1.1 遺伝子疾患および感染症の発生率の増加
4.1.2 遺伝子合成への投資と資金の増加
4.1.3 PCR技術の技術的進歩
4.2 市場の阻害要因
4.2.1 PCRシステムの高コスト
4.2.2 qPCRに伴う技術的限界
4.3 市場機会
4.3.1 新興国におけるPCR法の採用拡大
4.4 今後の動向
4.4.1 ドロップレットデジタルPCRの発展
4.5 インパクト分析:
5. dPCRおよびqPCR市場-アジア太平洋地域市場分析
5.1 アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場収益(US$ Mn)、2022年〜2030年
6.アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場-2030年までの収益と予測-治療別
6.1 概要
6.2 アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場の2022年および2030年の治療法別売上高シェア(%)
6.3 定量的PCR
6.3.1 概要
6.3.2 定量的PCRアジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:2030年までの収益と予測(百万米ドル)
6.4 デジタルPCR
6.4.1 概要
6.4.2 デジタルPCR:アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:2030年までの収益と予測(百万米ドル)
7.アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:2030年までの収益と予測:製品別
7.1 概要
7.2 アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場の製品別収益シェア(2022年・2030年)
7.3 試薬・消耗品
7.3.1 概要
7.3.2 試薬・消耗品:アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:2030年までの収益および予測(百万米ドル)
7.4 測定機器
7.4.1 概要
7.4.2 装置:アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:2030年までの収益と予測(百万米ドル)
7.5 ソフトウェアとサービス
7.5.1 概要
7.5.2 ソフトウェアとサービス:アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:2030年までの売上高と予測(百万米ドル)
8.アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:収益と2030年までの予測:用途別
8.1 概要
8.2 アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場の2022年および2030年の用途別収益シェア(%)
8.3 研究用途
8.3.1 概要
8.3.2 研究用途アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:2030年までの収益および予測(百万米ドル)
8.4 臨床応用
8.4.1 概要
8.4.2 臨床応用:アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:2030年までの収益と予測(百万米ドル)
8.4.2.1 アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:臨床アプリケーション別、2020〜2030年(百万米ドル)
8.5 法医学アプリケーション
8.5.1 概要
8.5.2 法医学アプリケーションアジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:2030年までの収益および予測(百万米ドル)
9.アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:エンドユーザー別収益と2030年までの予測
9.1 概要
9.2 アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場のエンドユーザー別収益シェア(2022年・2030年)
9.3 病院および診断センター
9.3.1 概要
9.3.2 病院と診断センターアジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:2030年までの収益および予測(百万米ドル)
9.4 製薬会社およびバイオテクノロジー企業
9.4.1 概要
9.4.2 製薬企業およびバイオテクノロジー企業アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:2030年までの収益と予測(百万米ドル)
9.5 研究所および学術機関
9.5.1 概要
9.5.2 研究所と学術機関:アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:2030年までの収益と予測(百万米ドル)
9.6 法医学研究所
9.6.1 概要
9.6.2 法医学研究所:アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:2030年までの収益と予測(百万米ドル)
9.7 臨床研究機関
9.7.1 概要
9.7.2 臨床研究機関:アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:2030年までの収益と予測(百万米ドル)
10.アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場 - 国別分析
10.1.1 アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場、国別
10.1.1.1 中国
10.1.1.1.1 中国アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場の2030年までの収益と予測(US$ Mn)
10.1.1.1.2 中国アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場、治療法別、2020年~2030年 (百万米ドル)
10.1.1.1.3 中国:アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:製品別、2020〜2030年(百万米ドル)
10.1.1.1.4 中国アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場、用途別、2020-2030年 (百万米ドル)
10.1.1.1.4.1 中国:アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場、臨床用途別、2020〜2030年 (百万米ドル)
10.1.1.1.5 中国アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:エンドユーザー別、2020年~2030年(百万米ドル)
10.1.1.2 日本
10.1.1.2.1 日本:アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場の収益と2030年までの予測(US$ Mn)
10.1.1.2.2 日本アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場、治療法別、2020年~2030年 (百万米ドル)
10.1.1.2.3 日本:アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:製品別、2020年~2030年(百万米ドル)
10.1.1.2.4 日本:アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:用途別、2020-2030年 (百万米ドル)
10.1.1.2.4.1 日本:アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:臨床アプリケーション別、2020〜2030年(百万米ドル)
10.1.1.2.5 日本:アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:エンドユーザー別、2020年~2030年(百万米ドル)
10.1.1.3 インド
10.1.1.3.1 インドアジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場の収益と2030年までの予測(US$ Mn)
10.1.1.3.2 インドアジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:治療別、2020~2030年(百万米ドル)
10.1.1.3.3 インドアジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:製品別、2020〜2030年(百万米ドル)
10.1.1.3.4 インドアジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:用途別、2020-2030年 (百万米ドル)
10.1.1.3.4.1 インド:アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:臨床アプリケーション別、2020〜2030年(百万米ドル)
10.1.1.3.5 インドアジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:エンドユーザー別、2020年~2030年(百万米ドル)
10.1.1.4 オーストラリア
10.1.1.4.1 オーストラリアアジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場の収益と2030年までの予測(US$ Mn)
10.1.1.4.2 オーストラリアアジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:治療別、2020〜2030年(百万米ドル)
10.1.1.4.3 オーストラリアアジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:製品別、2020〜2030年(百万米ドル)
10.1.1.4.4 オーストラリアアジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:用途別、2020-2030年 (百万米ドル)
10.1.1.4.4.1 オーストラリアアジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:臨床用途別、2020〜2030年(百万米ドル)
10.1.1.4.5 オーストラリアアジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:エンドユーザー別、2020年~2030年(百万米ドル)
10.1.1.5 韓国
10.1.1.5.1 韓国:アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場の2030年までの収益予測(百万米ドル)
10.1.1.5.2 韓国:アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:治療別、2020~2030年(百万米ドル)
10.1.1.5.3 韓国:アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:治療法別、2020~2030年 (百万米ドルアジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:製品別、2020〜2030年(百万米ドル)
10.1.1.5.4 韓国:アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:製品別、2020~2030年(百万米ドルアジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:用途別、2020-2030年(百万米ドル)
10.1.1.5.4.1 韓国:アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:臨床用途別、2020〜2030年(百万米ドル)
10.1.1.5.5 韓国:アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:エンドユーザー別、2020年~2030年(百万米ドル)
10.1.1.6 その他のアジア太平洋地域
10.1.1.6.1 その他のアジア太平洋地域:アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場の収益と2030年までの予測(US$ Mn)
10.1.1.6.2 アジア太平洋地域のその他地域アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:治療別、2020年~2030年(百万米ドル)
10.1.1.6.3 アジア太平洋地域のその他地域:アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:製品別、2020年~2030年(百万米ドル)
10.1.1.6.4 アジア太平洋地域のその他地域:アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:用途別、2020年~2030年(百万米ドル)
10.1.1.6.4.1 その他のアジア太平洋地域:アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:臨床アプリケーション別、2020〜2030年(百万米ドル)
10.1.1.6.5 アジア太平洋地域のその他地域アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場:エンドユーザー別、2020年~2030年(百万米ドル)
11. dPCRおよびqPCR市場-業界概況
11.1 概要
11.2 アジア太平洋地域のdPCRおよびqPCR市場における成長戦略
11.3 有機的成長戦略
11.3.1 概要
11.4 無機的成長戦略
11.4.1 概要
12.企業プロフィール
12.1 アボット研究所
12.1.1 主要事実
12.1.2 事業内容
12.1.3 製品とサービス
12.1.4 財務概要
12.1.5 SWOT分析
12.1.6 主要開発
12.2 サーモフィッシャーサイエンティフィック
12.2.1 主要事実
12.2.2 事業内容
12.2.3 製品とサービス
12.2.4 財務概要
12.2.5 SWOT分析
12.2.6 主要な開発
12.3 タカラバイオ
12.3.1 主要データ
12.3.2 事業内容
12.3.3 製品とサービス
12.3.4 財務概要
12.3.5 SWOT分析
12.3.6 主要開発
12.4 Qiagen NV
12.4.1 主要データ
12.4.2 事業内容
12.4.3 製品とサービス
12.4.4 財務概要
12.4.5 SWOT分析
12.4.6 主要な開発
12.5 スタンダード・バイオツールズ社
12.5.1 主要事実
12.5.2 事業内容
12.5.3 製品とサービス
12.5.4 財務概要
12.5.5 SWOT分析
12.5.6 主要開発
12.6 北京楽普医療科技有限公司
12.6.1 主要事実
12.6.2 事業内容
12.6.3 製品とサービス
12.6.4 財務概要
12.6.5 SWOT分析
12.6.6 主要開発
12.7 ホフマン・ラ・ロシュ社
12.7.1 主要事実
12.7.2 事業内容
12.7.3 製品とサービス
12.7.4 財務概要
12.7.5 SWOT分析
12.7.6 主要な開発
12.8 バイオ・ラッド・ラボラトリーズ・インク
12.8.1 主要事実
12.8.2 事業内容
12.8.3 製品とサービス
12.8.4 財務概要
12.8.5 SWOT分析
12.8.6 主要な開発
12.9 アジレント・テクノロジー
12.9.1 主要事実
12.9.2 事業内容
12.9.3 製品とサービス
12.9.4 財務概要
12.9.5 SWOT分析
12.9.6 主要開発
12.10 ゲノム・ダイアグノスティックス社
12.10.1 主要事実
12.10.2 事業内容
12.10.3 製品とサービス
12.10.4 財務概要
12.10.5 SWOT分析
12.10.6 主要開発
13.付録
13.1 会社概要
13.2 用語集

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The Asia Pacific dPCR and qPCR market was valued at US$ 1,913.43 million in 2022 and is expected to reach US$ 4,139.50 million by 2030; it is estimated to grow at a CAGR of 10.1% from 2022 to 2030.

Technological Advancements in PCR Technologies Drive Asia Pacific dPCR and qPCR Market

Polymerase chain reaction (PCR) is a nearly ubiquitous, robust, and reliable technology used in most molecular biology labs to amplify specific stretches of DNA for genotyping, cloning, and analysis of single nucleotide variations and even serves as the basis for most next-generation sequencing (NGS) preparation. Technological advances are yielding different types of PCR techniques. The use of PCR technology has now been explored into several non-conventional applications, making molecular diagnosis easier and faster. In particular, advances in digital and real-time PCR are used to diagnose diseases, identify viruses and bacteria, and aid forensic investigations. Moreover, the researchers are trying to reduce test time using some nanomaterials. In March 2023, the Center for Augmented Safety System with Intelligence, Sensing of the Korea Institute of Science and Technology (KIST, President: Seok Jin Yoon) announced the development of an ultrafast PCR technology by Dr. Sang Kyung Kim (Director) and Dr. Seungwon Jung's research team. The ultrafast PCR reduces the test duration by ten times compared to the previous test by utilizing photothermal nanomaterials. The diagnostic performance of the new method is comparable to the current test method, and it can be finished in 5 minutes. Thus, technological advancements in PCR technologies propel the Asia Pacific dPCR and qPCR market growth.

Asia Pacific dPCR and qPCR Market Overview

The Asia Pacific dPCR and qPCR market in Asia Pacific is segmented into China, Japan, India, South Korea, Australia, and the Rest of Asia Pacific. China, India and Japan are three major contributors to the growth of the market which is driven by increasing foreign direct investments in these countries, highly skilled, efficient and large number of labor, and streamlining government policies resulting in high investments for biotechnology sector. In addition, increasing cases of infectious and chronic diseases and government and non-government initiatives are also responsible for fueling the growth of the Asia Pacific dPCR and qPCR market.

Asia Pacific dPCR and qPCR Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)

Asia Pacific dPCR and qPCR Market Segmentation

The Asia Pacific dPCR and qPCR market is segmented based on treatment, product, application, end user, and country.

Based on treatment, the Asia Pacific dPCR and qPCR market is bifurcated into quantitative PCR (qPCR) and digital PCR (dPCR). The digital PCR (dPCR) segment held a larger share in 2022.

By product, the Asia Pacific dPCR and qPCR market is segmented into reagents & consumables, instruments, and software & services. The reagents & consumables segment held the largest share in 2022.

By application, the Asia Pacific dPCR and qPCR market is research application, clinical application, and forensic application. The clinical application segment held the largest share in 2022. The clinical application segment is further subsegmented into oncology testing, blood screening, infectious disease testing, and other applications.

By end user, the Asia Pacific dPCR and qPCR market is segmented into hospitals and diagnostic centers, pharmaceutical and biotechnology companies, research laboratories and academic institutes, forensic laboratories, and clinical research organizations. The hospitals and diagnostic centers segment held the largest share in 2022.

Based on country, the Asia Pacific dPCR and qPCR market is segmented into China, Japan, India, Australia, South Korea, and the Rest of Asia Pacific. China dominated the Asia Pacific dPCR and qPCR market in 2022.

Abbott Laboratories, Thermo Fisher Scientific Inc, Takara Bio Inc, Genome Diagnostics Pvt Ltd, Qiagen NV, Standard BioTools Inc, Lepu Medical Technology Beijing Co Ltd, F. Hoffmann-La Roche Ltd, Bio-Rad Laboratories Inc, and Agilent Technologies Inc are some of the leading companies operating in the Asia Pacific dPCR and qPCR market.



ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS

1. Introduction
1.1 The Insight Partners Research Report Guidance
1.2 Market Segmentation
2. Executive Summary
2.1 Key Insights
3. Research Methodology
3.1 Coverage
3.2 Secondary Research
3.3 Primary Research
4. Asia Pacific dPCR and qPCR Market - Key Industry Dynamics
4.1 Market Drivers
4.1.1 Increasing Incidence of Genetic and Infectious Diseases
4.1.2 Rising Investments and Funds for Gene Synthesis
4.1.3 Technological Advancements in PCR Technologies
4.2 Market Restraints
4.2.1 High Costs of PCR Systems
4.2.2 Technical Limitations Associated with qPCR
4.3 Market Opportunities
4.3.1 Growing Adoption of PCR Methods in Emerging Countries
4.4 Future Trends
4.4.1 Development of Droplet Digital PCR
4.5 Impact Analysis:
5. dPCR and qPCR Market - Asia Pacific Market Analysis
5.1 Asia Pacific dPCR and qPCR Market Revenue (US$ Mn), 2022 - 2030
6. Asia Pacific dPCR and qPCR Market - Revenue and Forecast to 2030 - by Treatment
6.1 Overview
6.2 Asia Pacific dPCR and qPCR Market Revenue Share, by Treatment, 2022 & 2030 (%)
6.3 Quantitative PCR
6.3.1 Overview
6.3.2 Quantitative PCR: Asia Pacific dPCR and qPCR Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
6.4 Digital PCR
6.4.1 Overview
6.4.2 Digital PCR: Asia Pacific dPCR and qPCR Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7. Asia Pacific dPCR and qPCR Market - Revenue and Forecast to 2030 - by Product
7.1 Overview
7.2 Asia Pacific dPCR and qPCR Market Revenue Share, by Product, 2022 & 2030 (%)
7.3 Reagents & Consumables
7.3.1 Overview
7.3.2 Reagents & Consumables: Asia Pacific dPCR and qPCR Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7.4 Instruments
7.4.1 Overview
7.4.2 Instruments: Asia Pacific dPCR and qPCR Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7.5 Software & Services
7.5.1 Overview
7.5.2 Software & Services: Asia Pacific dPCR and qPCR Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
8. Asia Pacific dPCR and qPCR Market - Revenue and Forecast to 2030 - by Application
8.1 Overview
8.2 Asia Pacific dPCR and qPCR Market Revenue Share, by Application, 2022 & 2030 (%)
8.3 Research Application
8.3.1 Overview
8.3.2 Research Application: Asia Pacific dPCR and qPCR Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
8.4 Clinical Application
8.4.1 Overview
8.4.2 Clinical Application: Asia Pacific dPCR and qPCR Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
8.4.2.1 Asia Pacific dPCR and qPCR Market, by Clinical Application, 2020-2030 (US$ Million)
8.5 Forensic Application
8.5.1 Overview
8.5.2 Forensic Application: Asia Pacific dPCR and qPCR Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
9. Asia Pacific dPCR and qPCR Market - Revenue and Forecast to 2030 - by End-User
9.1 Overview
9.2 Asia Pacific dPCR and qPCR Market Revenue Share, by End-User, 2022 & 2030 (%)
9.3 Hospitals and Diagnostic Centers
9.3.1 Overview
9.3.2 Hospitals and Diagnostic Centers: Asia Pacific dPCR and qPCR Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
9.4 Pharmaceutical and Biotechnology Companies
9.4.1 Overview
9.4.2 Pharmaceutical and Biotechnology Companies: Asia Pacific dPCR and qPCR Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
9.5 Research Laboratories and Academic Institutes
9.5.1 Overview
9.5.2 Research Laboratories and Academic Institutes: Asia Pacific dPCR and qPCR Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
9.6 Forensic Laboratories
9.6.1 Overview
9.6.2 Forensic Laboratories: Asia Pacific dPCR and qPCR Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
9.7 Clinical Research Organizations
9.7.1 Overview
9.7.2 Clinical Research Organizations: Asia Pacific dPCR and qPCR Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
10. Asia Pacific dPCR and qPCR Market - Country Analysis
10.1.1 Asia Pacific dPCR and qPCR Market, by Country
10.1.1.1 China
10.1.1.1.1 China: Asia Pacific dPCR and qPCR Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Mn)
10.1.1.1.2 China: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, by Treatment, 2020-2030 (US$ Million)
10.1.1.1.3 China: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, by Product, 2020-2030 (US$ Million)
10.1.1.1.4 China: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, by Application, 2020-2030 (US$ Million)
10.1.1.1.4.1 China: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, for Clinical Application by Application, 2020 - 2030 (US$ Million)
10.1.1.1.5 China: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, by End-User, 2020-2030 (US$ Million)
10.1.1.2 Japan
10.1.1.2.1 Japan: Asia Pacific dPCR and qPCR Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Mn)
10.1.1.2.2 Japan: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, by Treatment, 2020-2030 (US$ Million)
10.1.1.2.3 Japan: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, by Product, 2020-2030 (US$ Million)
10.1.1.2.4 Japan: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, by Application, 2020-2030 (US$ Million)
10.1.1.2.4.1 Japan: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, for Clinical Application by Application, 2020 - 2030 (US$ Million)
10.1.1.2.5 Japan: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, by End-User, 2020-2030 (US$ Million)
10.1.1.3 India
10.1.1.3.1 India: Asia Pacific dPCR and qPCR Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Mn)
10.1.1.3.2 India: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, by Treatment, 2020-2030 (US$ Million)
10.1.1.3.3 India: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, by Product, 2020-2030 (US$ Million)
10.1.1.3.4 India: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, by Application, 2020-2030 (US$ Million)
10.1.1.3.4.1 India: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, for Clinical Application by Application, 2020 - 2030 (US$ Million)
10.1.1.3.5 India: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, by End-User, 2020-2030 (US$ Million)
10.1.1.4 Australia
10.1.1.4.1 Australia: Asia Pacific dPCR and qPCR Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Mn)
10.1.1.4.2 Australia: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, by Treatment, 2020-2030 (US$ Million)
10.1.1.4.3 Australia: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, by Product, 2020-2030 (US$ Million)
10.1.1.4.4 Australia: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, by Application, 2020-2030 (US$ Million)
10.1.1.4.4.1 Australia: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, for Clinical Application by Application, 2020 - 2030 (US$ Million)
10.1.1.4.5 Australia: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, by End-User, 2020-2030 (US$ Million)
10.1.1.5 South Korea
10.1.1.5.1 South Korea: Asia Pacific dPCR and qPCR Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Mn)
10.1.1.5.2 South Korea: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, by Treatment, 2020-2030 (US$ Million)
10.1.1.5.3 South Korea: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, by Product, 2020-2030 (US$ Million)
10.1.1.5.4 South Korea: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, by Application, 2020-2030 (US$ Million)
10.1.1.5.4.1 South Korea: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, for Clinical Application by Application, 2020 - 2030 (US$ Million)
10.1.1.5.5 South Korea: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, by End-User, 2020-2030 (US$ Million)
10.1.1.6 Rest of Asia Pacific
10.1.1.6.1 Rest of Asia Pacific: Asia Pacific dPCR and qPCR Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Mn)
10.1.1.6.2 Rest of Asia Pacific: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, by Treatment, 2020-2030 (US$ Million)
10.1.1.6.3 Rest of Asia Pacific: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, by Product, 2020-2030 (US$ Million)
10.1.1.6.4 Rest of Asia Pacific: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, by Application, 2020-2030 (US$ Million)
10.1.1.6.4.1 Rest of Asia Pacific: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, for Clinical Application by Application, 2020 - 2030 (US$ Million)
10.1.1.6.5 Rest of Asia Pacific: Asia Pacific dPCR and qPCR Market, by End-User, 2020-2030 (US$ Million)
11. dPCR and qPCR Market-Industry Landscape
11.1 Overview
11.2 Growth Strategies in Asia Pacific dPCR and qPCR Market
11.3 Organic Growth Strategies
11.3.1 Overview
11.4 Inorganic Growth Strategies
11.4.1 Overview
12. Company Profiles
12.1 Abbott Laboratories
12.1.1 Key Facts
12.1.2 Business Description
12.1.3 Products and Services
12.1.4 Financial Overview
12.1.5 SWOT Analysis
12.1.6 Key Developments
12.2 Thermo Fisher Scientific Inc
12.2.1 Key Facts
12.2.2 Business Description
12.2.3 Products and Services
12.2.4 Financial Overview
12.2.5 SWOT Analysis
12.2.6 Key Developments
12.3 Takara Bio Inc
12.3.1 Key Facts
12.3.2 Business Description
12.3.3 Products and Services
12.3.4 Financial Overview
12.3.5 SWOT Analysis
12.3.6 Key Developments
12.4 Qiagen NV
12.4.1 Key Facts
12.4.2 Business Description
12.4.3 Products and Services
12.4.4 Financial Overview
12.4.5 SWOT Analysis
12.4.6 Key Developments
12.5 Standard BioTools Inc
12.5.1 Key Facts
12.5.2 Business Description
12.5.3 Products and Services
12.5.4 Financial Overview
12.5.5 SWOT Analysis
12.5.6 Key Developments
12.6 Lepu Medical Technology Beijing Co Ltd
12.6.1 Key Facts
12.6.2 Business Description
12.6.3 Products and Services
12.6.4 Financial Overview
12.6.5 SWOT Analysis
12.6.6 Key Developments
12.7 F. Hoffmann-La Roche Ltd
12.7.1 Key Facts
12.7.2 Business Description
12.7.3 Products and Services
12.7.4 Financial Overview
12.7.5 SWOT Analysis
12.7.6 Key Developments
12.8 Bio-Rad Laboratories Inc
12.8.1 Key Facts
12.8.2 Business Description
12.8.3 Products and Services
12.8.4 Financial Overview
12.8.5 SWOT Analysis
12.8.6 Key Developments
12.9 Agilent Technologies Inc
12.9.1 Key Facts
12.9.2 Business Description
12.9.3 Products and Services
12.9.4 Financial Overview
12.9.5 SWOT Analysis
12.9.6 Key Developments
12.10 Genome Diagnostics Pvt Ltd
12.10.1 Key Facts
12.10.2 Business Description
12.10.3 Products and Services
12.10.4 Financial Overview
12.10.5 SWOT Analysis
12.10.6 Key Developments
13. Appendix
13.1 About Us
13.2 Glossary of Terms

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野(バイオ薬物)の最新刊レポート

The Insight Partners 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(biotechnology)の最新刊レポート


よくあるご質問


The Insight Partners社はどのような調査会社ですか?


The Insight Partnersはインドに本社を置く調査会社です。経験豊富な専門家チームを通じて、お客様に最適な調査と分析を提供することに専念しています。幅広い分野をカバーしていますがヘルスケ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/22 10:26

158.54 円

173.12 円

207.67 円

ページTOPに戻る