世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

中南米の抗体薬物複合体の2030年までの市場予測 - 地域別分析 - 技術別(開裂性リンカー、非開裂性リンカー)、用途別(血液がん、乳がん、卵巣がん、尿路上皮がん、その他)、流通チャネル別(病院薬局、小売薬局、オンライン薬局)


South & Central America Antibody Drug Conjugates Market Forecast to 2030 - Regional Analysis - By Technology (Cleavable Linker and Non-cleavable Linker), Application (Blood Cancer, Breast Cancer, Ovarian Cancer, Urothelial Cancer, and Others), and Distribution Channel (Hospital Pharmacies, Retail Pharmacies, and Online Pharmacies)

中南米の抗体薬物複合体市場は、2022年には2億6,491万米ドルとなり、2030年には7億9,923万米ドルに達すると予測され、2022年から2030年までの年平均成長率は14.8%と推定される。 ADCパイプラインの増加が中南... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
The Insight Partners
ザ・インサイトパートナーズ
2024年3月4日 US$3,550
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
87 英語

※当ページの内容はウェブ更新時の情報です。
最新版の価格やページ数などの情報についてはお問合せください。

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

中南米の抗体薬物複合体市場は、2022年には2億6,491万米ドルとなり、2030年には7億9,923万米ドルに達すると予測され、2022年から2030年までの年平均成長率は14.8%と推定される。

ADCパイプラインの増加が中南米抗体薬物複合体市場を後押し

有望ながん治療薬としてADCへの関心が高まっていることから、さまざまなバイオ医薬品企業がADCを開発している。ImmunoGen社、NBE-Therapeutics社、Seagen Inc社、ADC Therapeutics社、Merck KGaA社、Sorrento Therapeutics社、Mythic Therapeutics社、Sutro Biopharma社、Peak Bio社、Regeneron Pharmaceuticals社、Asana BioSciences社、Sanofi社、Navrogen社、OBI Pharma社などの企業がADCを開発中である。開発されたADCが商業的に発売されれば、市場規模は大幅に拡大すると予想される。

各社は、さまざまな臨床段階にある有望なADCの幅広いリストを開発し、商業化に向けたパイプラインを構築している。パイプラインにあるADCのリストには、Camidanlumab tesirine、ADCT-602、Zynlonta、ADCT-901、ADCT-701、ADCT-212、ADCT-601、Ladiratuzumab Vedotinが含まれる、NBE-002, IMGN151, IMGN-632, IMGC 936, IMGN-151, OBI 999, R 992, NAV-001, MYTX-011, M1231, STI-6129, Torpedo, BCMA ADC, REGN5093-M114, ASN004, TR 1801 ADC.

各社は、それぞれの製品に関連する前臨床データも共有している。例えば、2023年4月、Mythic Therapeutics社はMYTX-011(cMET標的ADC)の前臨床データを発表した。発表されたデータには、広範なcMET+癌の治療を意図したMYTX-011のハイライトが含まれていた。同様に、2023年4月に開催されたAssociation for Cancer Research年次総会において、Aararis Biotech AG社は抗ネクチン-4および抗HER2 ADCに関する前臨床データを発表した。この2つのADCは同社独自のリンカー技術を用いて開発された。このデータにより、抗ネクチン-4および抗HER2 ADCの抗腫瘍活性が、それぞれのFDA承認ADCと比較して、in-vivoのヘッド・トゥ・ヘッド試験で改善されたことが示された。このように、革新的なADCの増加は、今後数年間で市場の成長を飛躍的に促進する可能性が高い。

中南米抗体薬物複合体市場の概要

中南米の抗体薬物複合体市場は、ブラジル、アルゼンチン、その他の地域に区分される。この地域の市場成長の主な要因は、がん検診に対する意識の高まりである。例えば、ブラジル腸がん予防協会(ABRAPRECI)や大腸がん予防・検診プログラムは、大衆の間で意識を高めるために開始された。啓蒙キャンペーンや検診プログラムの増加により、大腸内視鏡検査の需要が増加している。さらに、2020 年 12 月、フランスの診断会社 HalioDx は、Diagnosticos da America (DASA)と、同社の Immunoscore 大腸がんリスク評価検査をブラジルで販売する契約を締結した。Immunoscoreは、腫瘍部位の宿主免疫応答を測定することにより、早期大腸癌の再発リスクを予測し、治療戦略の立案に役立てる。本契約に基づき、ブラジルではサンパウロを拠点とするDASA社が独占販売権を有し、40の検査施設ネットワークを通じて同検査を提供する。ADCは特定のがん細胞を標的とし、がん細胞内に有毒な薬剤を放出するため、同国におけるがん患者の増加は今後の市場を押し上げると予想される。また、アルゼンチンでは現在、大腸がん検診が計画されているが、これまで診断されていなかった病気が発見され、大腸がんの罹患率がまもなく上昇すると予想されている。したがって、これらの要因は、予測期間中にアルゼンチンの抗体薬物複合体市場の進展に貢献すると思われる。

南米・中米の抗体薬物複合体市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)

中南米の抗体医薬コンジュゲート市場のセグメンテーション

南米・中米の抗体薬物複合体市場は、技術、用途、流通チャネル、国によって区分される。

技術別に見ると、中南米の抗体医薬コンジュゲート市場は開裂性リンカーと非開裂性リンカーに二分される。2022年には開裂性リンカーセグメントが大きなシェアを占めている。

用途別では、南中米の抗体薬物複合体市場は血液がん、乳がん、卵巣がん、尿路上皮がん、その他に区分される。2022年には乳がん分野が最大のシェアを占める。

流通チャネル別に見ると、南米・中米の抗体薬物複合体市場は病院薬局、小売薬局、オンライン薬局に区分される。病院薬局セグメントが2022年に最大シェアを占めた。

国別では、南米・中米の抗体薬結合市場はブラジル、アルゼンチン、南米・中米のその他に分類される。ブラジルは2022年に南中米の抗体薬物複合体市場を支配した。

Pfizer Inc、Hoffmann-La Roche Ltd、GSK Plc、Gilead Sciences Inc、AstraZeneca Plc、Astellas Pharma Inc、武田薬品工業は、南米・中米の抗体医薬コンジュゲート市場で事業を展開している大手企業です。

ページTOPに戻る


目次

目次
1.はじめに
1.1 インサイトパートナーズ調査レポートのガイダンス
1.2 市場セグメンテーション
2.エグゼクティブサマリー
2.1 市場の魅力
3.調査方法
3.1 カバレッジ
3.2 二次調査
3.3 一次調査
4.中南米の抗体薬物複合体市場:主要産業動向
4.1 主な市場促進要因
4.1.1 抗体薬物複合体開発のための戦略的パートナーシップの拡大
4.1.2 癌患者の増加
4.1.3 ADCに対するFDA承認の増加
4.2 市場の阻害要因
4.2.1 ADCの開発と商業化にかかる高コスト
4.3 市場機会
4.3.1 ADC開発への投資の増加
4.4 市場動向
4.4.1 ADCのパイプラインの増加
4.5 影響分析:
5.抗体薬物複合体市場:中南米市場分析
5.1 南米・中米の抗体薬物複合体市場収益(US$ Mn)、2017年〜2030年
6.中南米の抗体医薬コンジュゲート市場:2030年までの収益予測:技術別
6.1 概要
6.2 南米・中南米の抗体薬物複合体市場:2022年・2030年の技術別売上高シェア(%)
6.3 開裂可能リンカー
6.3.1 概要
6.3.2 開裂性リンカー中南米の抗体薬物複合体市場:2030年までの収益と予測(百万米ドル)
6.4 非開裂性リンカー
6.4.1 概要
6.4.2 非開裂リンカー:中南米の抗体薬物複合体市場:2030年までの収益と予測(百万米ドル)
7.中南米の抗体薬物複合体市場:2030年までの収入と予測:用途別
7.1 概要
7.2 南米・中米の抗体薬物複合体市場:2022年・2030年の用途別売上高シェア(%)
7.3 血液がん
7.3.1 概要
7.3.2 血液がん中南米の抗体薬物複合体市場:2030年までの収入および予測(百万米ドル)
7.4 乳がん
7.4.1 概要
7.4.2 乳がん:中南米の抗体薬物複合体市場:2030年までの収入と予測(百万米ドル)
7.5 卵巣がん
7.5.1 概要
7.5.2 卵巣がん:中南米の抗体薬物複合体市場:2030年までの収入と予測(百万米ドル)
7.6 尿路上皮がん
7.6.1 概要
7.6.2 尿路上皮がん:中南米の抗体薬物複合体市場:2030年までの収入と予測(百万米ドル)
7.7 その他
7.7.1 概要
7.7.2 その他中南米の抗体薬物複合体市場:2030年までの収入と予測(百万米ドル)
8.中南米の抗体薬物複合体市場:2030年までの収入と予測:流通経路別
8.1 概要
8.2 南米・中米の抗体薬コンジュゲート市場:2022年・2030年の流通チャネル別売上高シェア(%)
8.3 病院薬局
8.3.1 概要
8.3.2 病院薬局中南米の抗体薬物複合体市場:2030年までの収益予測(百万米ドル)
8.4 小売薬局
8.4.1 概要
8.4.2 小売薬局中南米の抗体薬物複合体市場:2030年までの収益と予測(百万米ドル)
8.5 オンライン薬局
8.5.1 概要
8.5.2 オンライン薬局中南米の抗体薬物複合体市場:2030年までの収益と予測(百万米ドル)
9.中南米の抗体薬物複合体市場:国別分析
9.1 中南米の抗体薬物複合体市場:2030年までの収入と予測
9.1.1 概要
9.1.2 中南米:抗体医薬コンジュゲート市場の国別内訳-売上高(2022年) (百万米ドル)
9.1.3 中南米:抗体薬物コンジュゲート市場の国別内訳:2022年および2030年 (%)
9.1.3.1 ブラジル
9.1.3.1.1 概要
9.1.3.1.2 ブラジル抗体医薬コンジュゲート市場の2030年までの収益と予測(US$ Mn)
9.1.3.1.3 ブラジル:抗体医薬コンジュゲート抗体薬物複合体の市場:技術別
9.1.3.1.4 ブラジル:技術別抗体薬物複合体の市場:用途別
9.1.3.1.5 ブラジルの抗体薬物複合体の市場:流通経路別
9.1.3.2 アルゼンチン
9.1.3.2.1 概要
9.1.3.2.2 アルゼンチン:抗体薬物複合体の市場:技術別
9.1.3.2.3 アルゼンチン:抗体薬物複合体の市場:用途別
9.1.3.2.4 アルゼンチン:抗体医薬コンジュゲート市場:流通経路別
9.1.3.3 その他の中南米地域
9.1.3.3.1 概要
9.1.3.3.2 その他の中南米地域抗体薬物複合体市場の2030年までの収益と予測(US$ Mn)
9.1.3.3.3 その他の中南米地域抗体薬物複合体の市場:技術別
9.1.3.3.4 南米および中米のその他地域:抗体薬物複合体の市場:用途別
9.1.3.3.5 その他の中南米: 抗体医薬コンジュゲートの用途別市場抗体薬物複合体の市場:流通経路別
10.抗体薬物複合体の市場-産業動向
10.1 概要
10.2 有機的成長戦略
10.2.1 概要
10.3 無機的成長戦略
10.3.1 概要
10.4 各社の生産能力と能力
11.企業プロフィール
11.1 ファイザー
11.1.1 主要事実
11.1.2 事業内容
11.1.3 製品およびサービス
11.1.4 財務概要
11.1.5 SWOT分析
11.1.6 主要な開発
11.2 ホフマン・ラ・ロシュ社
11.2.1 主要事実
11.2.2 事業内容
11.2.3 製品とサービス
11.2.4 財務概要
11.2.5 SWOT分析
11.2.6 主要開発
11.3 GSK Plc
11.3.1 主要データ
11.3.2 事業内容
11.3.3 製品とサービス
11.3.4 財務概要
11.3.5 SWOT分析
11.3.6 主要開発
11.4 ギリアド・サイエンシズ
11.4.1 主要データ
11.4.2 事業内容
11.4.3 製品とサービス
11.4.4 財務概要
11.4.5 SWOT分析
11.4.6 主要開発
11.5 アストラゼネカ
11.5.1 主要データ
11.5.2 事業内容
11.5.3 製品およびサービス
11.5.4 財務概要
11.5.5 SWOT分析
11.5.6 主要開発
11.6 アステラス製薬
11.6.1 主要データ
11.6.2 事業内容
11.6.3 製品とサービス
11.6.4 財務概要
11.6.5 SWOT分析
11.6.6 主要開発品
11.7 武田薬品工業株式会社
11.7.1 主要データ
11.7.2 事業内容
11.7.3 製品とサービス
11.7.4 財務概要
11.7.5 SWOT分析
11.7.6 主要開発
12.付録
12.1 会社概要
12.2 用語集

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The South & Central America antibody drug conjugates market was valued at US$ 264.91 million in 2022 and is expected to reach US$ 799.23 million by 2030; it is estimated to grow at a CAGR of 14.8% from 2022 to 2030.

Escalating Pipeline of ADCs Fuels the South & Central America Antibody Drug Conjugates Market

Various biopharmaceutical companies are developing ADCs owing to the rising interest in ADCs as promising cancer treatment. Companies such as ImmunoGen, Inc; NBE-Therapeutics, Seagen Inc; ADC Therapeutics; Merck KGaA; Sorrento Therapeutics, Inc; Mythic Therapeutics; Sutro Biopharma; Peak Bio; Regeneron Pharmaceuticals; Asana BioSciences; Sanofi; Navrogen, Inc; and OBI Pharma have ADCs in the different developmental phases. It is anticipated that the commercial launch of the ADCs developed will significantly enhance market size.

The companies have developed a broad list of promising ADCs in the different clinical stages and pipelines to be commercialized. The list of ADCs in the pipeline includes Camidanlumab tesirine, ADCT-602, Zynlonta, ADCT-901, ADCT-701, ADCT-212, ADCT-601, Ladiratuzumab Vedotin, NBE-002, IMGN151, IMGN-632, IMGC 936, IMGN-151, OBI 999, R 992, NAV-001, MYTX-011, M1231, STI-6129, Torpedo, BCMA ADC, REGN5093-M114, ASN004, TR 1801 ADC.

Companies have also shared pre-clinical data related to their respective products. For instance, in April 2023, Mythic Therapeutics announced preclinical data for its MYTX-011 (cMET-targeting ADC). The data published included the highlights of MYTX-011 intended to treat a broad range of cMET+ cancers. Likewise, at the Association for Cancer Research Annual Meeting in April 2023, Araris Biotech AG announced its preclinical data on anti-Nectin-4 and anti-HER2 ADCs. The two ADCs were developed using the company's proprietary linker technology. The data demonstrated improved anti-tumor activity of anti-Nectin-4 and anti-HER2 ADCs compared to respective FDA-approved ADCs in head-to-head in-vivo studies. Thus, the rise in innovative ADCs will likely propel the market growth exponentially in the coming years.

South & Central America Antibody Drug Conjugates Market Overview

The antibody drug conjugates market in South & Central America is segmented into Brazil, Argentina, and the Rest of South & Central America. The market growth in this region is primarily attributed increasing awareness regarding cancer screening. For instance, the Brazilian Association of Intestinal Cancer Prevention (ABRAPRECI) and the Colorectal Cancer Prevention and Screening Program have been initiated to create awareness among the masses. The growth in awareness campaigns and screening programs has increased the demand for colonoscopy services. In addition, in December 2020, a French diagnostic firm, HalioDx signed an agreement with Diagnosticos da America (DASA) to distribute its Immunoscore colon cancer risk-assessment test in Brazil. Immunoscore assists in predicting the risk of relapse in early-stage colon cancer by measuring host immune responses at tumor sites, which helps plan treatment strategies. Under the agreement terms, in Brazil, Sao Paulo-based DASA has exclusive distribution rights to the test, offering it through 40 laboratory networks. As ADCs target specific cancer cells and release toxic drug into the cancer cells, the rising cases of cancer in the country are expected to boost the market in the future. Also, the current plans for colorectal cancer screening in Argentina, the incidence of colorectal cancer is expected to increase shortly due to the discovery of previously undiagnosed diseases. Therefore, these factors are likely to contribute to the progress of the antibody drug conjugates market in Argentina during the forecast period.

South & Central America Antibody Drug Conjugates Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)

South & Central America Antibody Drug Conjugates Market Segmentation

The South & Central America antibody drug conjugates market is segmented based on technology, application, distribution channel, and country.

Based on technology, the South & Central America antibody drug conjugates market antibody drug conjugates market is bifurcated into cleavable linker and non-cleavable linker. The cleavable linker segment held a larger share in 2022.

Based on application, the South & Central America antibody drug conjugates market antibody drug conjugates market is segmented into blood cancer, breast cancer, ovarian cancer, urothelial cancer, and others. The breast cancer segment held the largest share in 2022.

Based on distribution channel, the South & Central America antibody drug conjugates market antibody drug conjugates market is segmented into hospital pharmacies, retail pharmacies, and online pharmacies. The hospital pharmacies segment held the largest share in 2022.

Based on country, the South & Central America antibody drug conjugates market is categorized into Brazil, Argentina, the Rest of South & Central America. Brazil dominated the South & Central America antibody drug conjugates market in 2022.

Pfizer Inc, Hoffmann-La Roche Ltd, GSK Plc, Gilead Sciences Inc, AstraZeneca Plc, Astellas Pharma Inc, and Takeda Pharmaceutical Co Ltd are some of the leading companies operating in the South & Central America antibody drug conjugates market.



ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS
1. Introduction
1.1 The Insight Partners Research Report Guidance
1.2 Market Segmentation
2. Executive Summary
2.1 Market Attractiveness
3. Research Methodology
3.1 Coverage
3.2 Secondary Research
3.3 Primary Research
4. South & Central America Antibody Drug Conjugates Market - Key Industry Dynamics
4.1 Key Market Drivers:
4.1.1 Growing Strategic Partnerships to Develop Antibody Drug Conjugates
4.1.2 Rising Incidences of Cancer Cases
4.1.3 Increasing FDA Approvals for ADCs
4.2 Market Restraints
4.2.1 High Cost of ADCs Development and Commercialization
4.3 Market Opportunities
4.3.1 Increasing Investments to Develop ADCs
4.4 Market Trends
4.4.1 Escalating Pipeline of ADCs
4.5 Impact Analysis:
5. Antibody Drug Conjugates Market - South & Central America Market Analysis
5.1 South & Central America Antibody Drug Conjugates Market Revenue (US$ Mn), 2017 - 2030
6. South & Central America Antibody Drug Conjugates Market - Revenue and Forecast to 2030 - by Technology
6.1 Overview
6.2 South & Central America Antibody Drug Conjugates Market Revenue Share, by Technology 2022 & 2030 (%)
6.3 Cleavable Linker
6.3.1 Overview
6.3.2 Cleavable Linker: South & Central America Antibody Drug Conjugates Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
6.4 Non-cleavable Linker
6.4.1 Overview
6.4.2 Non-cleavable Linker: South & Central America Antibody Drug Conjugates Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7. South & Central America Antibody Drug Conjugates Market - Revenue and Forecast to 2030 - by Application
7.1 Overview
7.2 South & Central America Antibody Drug Conjugates Market Revenue Share, by Application 2022 & 2030 (%)
7.3 Blood Cancer
7.3.1 Overview
7.3.2 Blood Cancer: South & Central America Antibody Drug Conjugates Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7.4 Breast Cancer
7.4.1 Overview
7.4.2 Breast Cancer: South & Central America Antibody Drug Conjugates Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7.5 Ovarian Cancer
7.5.1 Overview
7.5.2 Ovarian Cancer: South & Central America Antibody Drug Conjugates Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7.6 Urothelial Cancer
7.6.1 Overview
7.6.2 Urothelial Cancer: South & Central America Antibody Drug Conjugates Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7.7 Others
7.7.1 Overview
7.7.2 Others: South & Central America Antibody Drug Conjugates Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
8. South & Central America Antibody Drug Conjugates Market - Revenue and Forecast to 2030 - by Distribution Channel
8.1 Overview
8.2 South & Central America Antibody Drug Conjugates Market Revenue Share, by Distribution Channel 2022 & 2030 (%)
8.3 Hospital Pharmacies
8.3.1 Overview
8.3.2 Hospital Pharmacies: South & Central America Antibody Drug Conjugates Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
8.4 Retail Pharmacies
8.4.1 Overview
8.4.2 Retail Pharmacies: South & Central America Antibody Drug Conjugates Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
8.5 Online Pharmacies
8.5.1 Overview
8.5.2 Online Pharmacies: South & Central America Antibody Drug Conjugates Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
9. South & Central America Antibody Drug Conjugates Market - Country Analysis
9.1 South & Central America Antibody Drug Conjugates Market, Revenue and Forecast To 2030
9.1.1 Overview
9.1.2 South & Central America Antibody Drug Conjugates Market Breakdown, by Country- Revenue (2022) (US$ Million)
9.1.3 South & Central America: Antibody Drug Conjugates Market, by Countries, 2022 and 2030 (%)
9.1.3.1 Brazil
9.1.3.1.1 Overview
9.1.3.1.2 Brazil: Antibody Drug Conjugates Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Mn)
9.1.3.1.3 Brazil: Antibody Drug Conjugates Market, by Technology
9.1.3.1.4 Brazil: Antibody Drug Conjugates Market, by Application
9.1.3.1.5 Brazil: Antibody Drug Conjugates Market, by Distribution Channel
9.1.3.2 Argentina
9.1.3.2.1 Overview
9.1.3.2.2 Argentina: Antibody Drug Conjugates Market, by Technology
9.1.3.2.3 Argentina: Antibody Drug Conjugates Market, by Application
9.1.3.2.4 Argentina: Antibody Drug Conjugates Market, by Distribution Channel
9.1.3.3 Rest of South & Central America
9.1.3.3.1 Overview
9.1.3.3.2 Rest of South & Central America: Antibody Drug Conjugates Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Mn)
9.1.3.3.3 Rest of South & Central America: Antibody Drug Conjugates Market, by Technology
9.1.3.3.4 Rest of South & Central America: Antibody Drug Conjugates Market, by Application
9.1.3.3.5 Rest of South & Central America: Antibody Drug Conjugates Market, by Distribution Channel
10. Antibody Drug Conjugates Market-Industry Landscape
10.1 Overview
10.2 Organic Growth Strategies
10.2.1 Overview
10.3 Inorganic Growth Strategies
10.3.1 Overview
10.4 Companies' Manufacturing Capacities and Capabilities
11. Company Profiles
11.1 Pfizer Inc
11.1.1 Key Facts
11.1.2 Business Description
11.1.3 Products and Services
11.1.4 Financial Overview
11.1.5 SWOT Analysis
11.1.6 Key Developments
11.2 Hoffmann-La Roche Ltd
11.2.1 Key Facts
11.2.2 Business Description
11.2.3 Products and Services
11.2.4 Financial Overview
11.2.5 SWOT Analysis
11.2.6 Key Developments
11.3 GSK Plc
11.3.1 Key Facts
11.3.2 Business Description
11.3.3 Products and Services
11.3.4 Financial Overview
11.3.5 SWOT Analysis
11.3.6 Key Developments
11.4 Gilead Sciences Inc
11.4.1 Key Facts
11.4.2 Business Description
11.4.3 Products and Services
11.4.4 Financial Overview
11.4.5 SWOT Analysis
11.4.6 Key Developments
11.5 AstraZeneca Plc
11.5.1 Key Facts
11.5.2 Business Description
11.5.3 Products and Services
11.5.4 Financial Overview
11.5.5 SWOT Analysis
11.5.6 Key Developments
11.6 Astellas Pharma Inc
11.6.1 Key Facts
11.6.2 Business Description
11.6.3 Products and Services
11.6.4 Financial Overview
11.6.5 SWOT Analysis
11.6.6 Key Developments
11.7 Takeda Pharmaceutical Co Ltd
11.7.1 Key Facts
11.7.2 Business Description
11.7.3 Products and Services
11.7.4 Financial Overview
11.7.5 SWOT Analysis
11.7.6 Key Developments
12. Appendix
12.1 About Us
12.2 Glossary of Terms

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

The Insight Partners 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(blood cancer)の最新刊レポート


よくあるご質問


The Insight Partners社はどのような調査会社ですか?


The Insight Partnersはインドに本社を置く調査会社です。経験豊富な専門家チームを通じて、お客様に最適な調査と分析を提供することに専念しています。幅広い分野をカバーしていますがヘルスケ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る