世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

アジア太平洋地域の乳癌治療薬市場の2030年までの予測 - 地域別分析 - 薬物療法別 [標的薬物療法(アベマシクリブ、アド-トラスツズマブ・エムタンシン、パルボシクリブ、トラスツズマブ、その他の標的薬物療法)、ホルモン薬物療法(選択的エストロゲン受容体モジュレーター、アロマターゼ阻害薬、選択的エストロゲン受容体ダウンレギュレーター)、化学療法、免疫療法・生物学的療法]、乳癌の種類(ホルモン受容体乳癌、HER2+乳癌、トリプルネガティブ乳癌)、流通経路(病院薬局、ドラッグストア・小売薬局、オンライン薬局)


Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market Forecast to 2030 - Regional Analysis - by Drug Therapy [Targeted Drug Therapy (Abemaciclib, Ado-Trastuzumab Emtansine, Palbociclib, Trastuzumab, and Other Target Drug Therapies), Hormonal Drug Therapy (Selective Estrogen Receptor Modulators, Aromatase Inhibitors, and Selective Estrogen Receptor Downregulators), Chemotherapy, and Immunotherapy/Biological Therapy], Breast Cancer Type (Hormone Receptor, HER2+, and Triple-Negative Breast Cancer), and Distribution Channel (Hospital Pharmacies, Drug Stores and Retail Pharmacies, and Online Pharmacies)

アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場は、2022年には69億8,637万米ドルと評価され、2030年には158億1,983万米ドルに達すると予測されている。 複数の診断・スクリーニングプログラムの開始がアジア太平洋地域の... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
The Insight Partners
ザ・インサイトパートナーズ
2024年3月4日 US$3,550
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
106 英語

※当ページの内容はウェブ更新時の情報です。
最新版の価格やページ数などの情報についてはお問合せください。

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場は、2022年には69億8,637万米ドルと評価され、2030年には158億1,983万米ドルに達すると予測されている。

複数の診断・スクリーニングプログラムの開始がアジア太平洋地域の乳がん治療薬市場を活性化

個別化医療、免疫療法、併用療法、薬物送達システム、リキッドバイオプシー、AI、患者中心のアプローチなどの進歩が、乳がん治療の将来を形成すると予想される。これらの動向は、治療結果の改善、副作用の軽減、乳がん患者の全体的なQOLの向上を目指している。

疾患の早期発見は、患者の転帰と生存率の改善に大きな役割を果たす。様々な組織や医療提供者が、乳がんを治療可能な初期段階で発見するための検診プログラムを実施している。世界保健機関(WHO)は2013年2月、2040年までに250万人を乳がんから救うという目標を達成するための計画として、新たな「世界乳がんイニシアチブフレームワーク」を発表した。これを達成するために、世界がんデーキャンペーンに先駆けて発表された新フレームワークは、乳がんの早期発見、迅速な診断、徹底した管理のための健康増進の3本柱に従うよう各国に促している。これらのプログラムには、乳がんの異常や徴候を発見するためのマンモグラフィ、乳房臨床検査、自己乳房検診が含まれることが多い。このようなプログラムを実施することにより、乳がんに対する意識が高まり、早期発見が可能となり、その結果、効果的な治療薬に対する需要が高まっている。

さらに、診断技術の進歩も世界中で多く見られるようになった。国立医学図書館は、早期発見と正確な診断が予後を改善するために不可欠であると述べている。乳癌の評価には、デジタルマンモグラフィ(DM)、デジタルブレストトモシンセシス(DBT)、磁気共鳴画像法(MRI)、超音波法(US)、核医学検査などのX線画像診断法が頻繁に用いられている。病理組織検査(HP)は、がんの有無を判定するためのゴールドスタンダードである。さらに、人工知能(AI)技術を用いて医療画像を定量的に描写することは、乳がんのセグメンテーション、診断、予後を改善する大きな可能性を秘めている。これらの技術は、医療従事者が腫瘍の範囲や特徴を特定するのに役立ち、個別化された治療計画を立てることを可能にする。したがって、診断技術の進歩と相まって、診断およびスクリーニングプログラムの立ち上げが、アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場の成長に寄与している。

アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場の概要

アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場は、中国、日本、インド、韓国、オーストラリア、その他のアジア太平洋地域に区分される。市場の成長は、個別化医療、免疫療法、併用療法、ドラッグデリバリーシステムの進歩に加え、女性の乳がん負担の増加などの要因によるものである。

中国の乳がん治療薬市場は、乳がん有病率の上昇、高齢化人口の増加、ライフスタイルの変化などに起因して、今後数年間で大幅な成長を目撃すると予測されている。2023年4月14日に発表されたCDCの統計によると、中国は2020年に世界で新たに診断された症例の24%、がんに関連した死亡例の30%を占めている。過去30年間で、乳がんの年齢標準化罹患率は1990年の10万人当たり17.07人から2019年には10万人当たり35.61人に上昇した。治療オプションの進歩は、中国における乳がん治療薬の需要を促進する上で重要な役割を果たしている。

また、日本では女性の10人に1人が乳がんにかかると言われている。10月のピンクリボンキャンペーンやその他の取り組みにより、セルフチェックやその他の早期発見法の重要性など、日本人の乳がんに対する意識が高まっており、これらの方法を用いれば生存率は90%以上に高まる。しかし、代表的なリスク変数の特定は遅れている。このように、日本の乳がん治療薬市場は、高齢化、治療法の選択肢、政府の取り組みや政策、高い医療費、意識の高まり、技術の進歩などにより、大きく成長すると予想される。

アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)

アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場のセグメンテーション

アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場は、薬物療法、乳がんの種類、流通チャネルに基づいて細分化されます。

薬物療法に基づき、アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場は標的薬物療法、ホルモン薬物療法、化学療法、免疫療法/生物学的療法に区分される。2022年には標的薬物療法分野がより大きなシェアを占めた。標的薬物療法セグメントは2022年に大きなシェアを占めた。標的薬物療法セグメントはさらに、アベマシクリブ、アドトラスツズマブ・エムタンシン、パルボシクリブ、トラスツズマブ、その他の標的薬物療法に細分化される。さらに、ホルモン薬物療法セグメントは、選択的エストロゲン受容体モジュレーター、アロマターゼ阻害剤、選択的エストロゲン受容体ダウンレギュレーターに分類される。

乳がんのタイプ別では、アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場はホルモン受容体、HER2+、トリプルネガティブ乳がんに区分される。2022年にはホルモン受容体セグメントが大きなシェアを占めている。

流通チャネル別では、アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場は病院薬局、ドラッグストア・小売薬局、オンライン薬局に区分される。2022年には、病院薬局セグメントがより大きなシェアを占めている。

国別に見ると、アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場は、オーストラリア、中国、インド、日本、韓国、アジア太平洋地域以外に分類されます。2022年には中国がアジア太平洋地域の乳がん治療薬市場を支配した。

Eli Lilly and Co、Eisai Co Ltd、Novartis AG、AstraZeneca Plc、Pfizer Inc、Gilead Sciences Inc、Merck & Co Inc、Teva Pharmaceutical Industries Ltd、Amgen IncおよびAmgen Incは、アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場で事業を展開している大手企業の一部です。

ページTOPに戻る


目次

目次
1.はじめに
1.1 インサイト・パートナーズ調査レポートのガイダンス
1.2 市場セグメンテーション
2.エグゼクティブサマリー
2.1 主要インサイト
3.調査方法
3.1 調査範囲
3.2 二次調査
3.3 一次調査
4.アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場:主要産業ダイナミクス
4.1 主な市場促進要因
4.1.1 乳がんの負担増
4.1.2 複数の診断およびスクリーニングプログラムの開始
4.2 主な市場阻害要因
4.2.1 診断と治療の高コスト
4.3 主な市場機会
4.3.1 政府および民間団体からの支援の増加
4.4 主要な将来動向
4.4.1 個別化医療の利用の増加
4.5 影響分析:
5.乳がん治療薬市場-アジア太平洋地域市場分析
5.1 アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場収益(US$ Mn)、2022年〜2030年
6.アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場:2030年までの売上高と予測:薬物療法別
6.1 概要
6.2 アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場2022年・2030年薬物療法別売上高シェア(%)
6.3 標的薬物療法
6.3.1 概要
6.3.2 標的薬物療法:アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場:2030年までの売上高と予測(百万米ドル)
6.3.2.1 アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場:標的薬物療法別、2020年~2030年(百万米ドル)
6.4 ホルモン薬物療法
6.4.1 概要
6.4.2 ホルモン薬物療法アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場:2030年までの売上高と予測(百万米ドル)
6.4.2.1 アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場:ホルモン薬物療法別、2020年~2030年(百万米ドル)
6.5 化学療法
6.5.1 概要
6.5.2 化学療法アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場:2030年までの売上高と予測(百万米ドル)
6.6 免疫療法/生物学的療法
6.6.1 概要
6.6.2 免疫療法/生物学的療法:アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場:2030年までの売上高と予測(百万米ドル)
7.アジア太平洋地域の乳癌治療薬市場:2030年までの収入と予測:乳癌タイプ別
7.1 概要
7.2 アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場:2022年・2030年の乳がんタイプ別売上高シェア(%)
7.3 ホルモン受容体
7.3.1 概要
7.3.2 ホルモン受容体アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場:2030年までの売上高と予測(百万米ドル)
7.4 HER2+(ヒト上皮成長因子受容体2)
7.4.1 概要
7.4.2 HER2+:アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場:2030年までの売上高と予測(百万米ドル)
7.5 トリプルネガティブ乳がん
7.5.1 概要
7.5.2 トリプルネガティブ乳がん:アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場:2030年までの売上高と予測(百万米ドル)
8.アジア太平洋地域の乳癌治療薬市場:2030年までの収入と予測:流通経路別
8.1 概要
8.2 アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場:2022年・2030年の流通チャネル別売上高シェア(%)
8.3 病院薬局
8.3.1 概要
8.3.2 病院薬局アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場:2030年までの売上高と予測(百万米ドル)
8.4 ドラッグストアおよび小売薬局
8.4.1 概要
8.4.2 ドラッグストアと小売薬局:アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場:2030年までの売上高と予測(百万米ドル)
8.5 オンライン薬局
8.5.1 概要
8.5.2 オンライン薬局アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場:2030年までの収益と予測(百万米ドル)
9.アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場:国別分析
9.1 アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場:2030年までの収入と予測
9.1.1 概要
9.1.2 アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場:国別売上高(2022年)(百万米ドル)
9.1.3 アジア太平洋地域の乳がん治療薬市場、国別、2022年および2030年 (%)
9.1.3.1 中国
9.1.3.1.1 中国の乳がん治療薬市場の2030年までの収益と予測(US$ Mn)
9.1.3.1.2 中国乳がん治療薬市場:薬物療法別、2020年〜2030年(百万米ドル)
9.1.3.1.2.1 中国:乳がん治療薬市場乳癌治療薬市場:標的薬物療法別、2020〜2030年(百万米ドル)
9.1.3.1.2.2 中国:乳がん治療薬市場:薬物療法別、2020-2030年(百万米ドル乳癌治療薬市場:薬物療法別ホルモン薬物療法:2020-2030年(百万米ドル)
9.1.3.1.3 中国の乳癌治療薬市場:乳癌タイプ別、2020〜2030年(百万米ドル)
9.1.3.1.4 中国:乳がん治療薬市場乳がん治療薬市場:流通チャネル別、2020〜2030年(百万米ドル)
9.1.3.2 日本
9.1.3.2.1 日本:乳がん治療薬の市場収入と2030年までの予測(US$ Mn)
9.1.3.2.2 日本乳がん治療薬市場:薬物療法別、2020〜2030年(US$ Million)
9.1.3.2.2.1 日本:乳がん治療薬市場乳がん治療薬市場:薬物療法別標的治療薬、2020-2030年(百万米ドル)
9.1.3.2.2.2 日本:乳がん治療薬市場:薬物療法別、2020年〜2030年(百万米ドル乳がん治療薬市場:薬物療法別ホルモン薬物療法:2020-2030年(百万米ドル)
9.1.3.2.3 日本:乳がん治療薬市場乳がん治療薬市場:乳がんタイプ別、2020〜2030年(百万米ドル)
9.1.3.2.4 日本:乳がん治療薬市場乳がん治療薬市場:流通チャネル別、2020-2030年(百万米ドル)
9.1.3.3 インド
9.1.3.3.1 インド:乳がん治療薬の市場収益と2030年までの予測(US$ Mn)
9.1.3.3.2 インド乳がん治療薬市場:薬物療法別、2020〜2030年(百万米ドル)
9.1.3.3.2.1 インド:乳がん治療薬市場乳癌治療薬市場:薬物療法別標的治療薬、2020〜2030年(百万米ドル)
9.1.3.3.2.2 インド:乳癌治療薬市場:薬物療法別ホルモン薬物療法:2020-2030年(百万米ドル)
9.1.3.3.3 インド:乳がん治療薬市場乳癌治療薬市場:乳癌タイプ別、2020〜2030年(百万米ドル)
9.1.3.3.4 インド:乳がん治療薬市場乳がん治療薬市場:流通チャネル別、2020〜2030年(百万米ドル)
9.1.3.4 オーストラリア
9.1.3.4.1 オーストラリア:乳がん治療薬市場の売上高と2030年までの予測(US$ Mn)
9.1.3.4.2 オーストラリア乳がん治療薬市場:薬物療法別、2020〜2030年(百万米ドル)
9.1.3.4.2.1 オーストラリア:乳がん治療薬市場オーストラリア:乳癌治療薬市場、薬物療法別標的治療薬、2020-2030年(百万米ドル)
9.1.3.4.2.2 オーストラリアのオーストラリア:乳癌治療薬市場、薬物療法別ホルモン薬物療法:2020-2030年(百万米ドル)
9.1.3.4.3 オーストラリア:乳がん治療薬市場乳癌治療薬市場:乳癌タイプ別、2020〜2030年(百万米ドル)
9.1.3.4.4 オーストラリア:乳がん治療薬市場乳がん治療薬市場:流通チャネル別、2020〜2030年(百万米ドル)
9.1.3.5 韓国
9.1.3.5.1 韓国:乳がん治療薬市場の収益と2030年までの予測(US$ Mn)
9.1.3.5.2 韓国:乳がん治療薬市場乳がん治療薬市場:薬物療法別、2020〜2030年(百万米ドル)
9.1.3.5.2.1 韓国:乳がん治療薬市場乳がん治療薬市場:薬物療法別標的治療薬、2020〜2030年(百万米ドル)
9.1.3.5.2.2 韓国:乳がん治療薬市場:薬物療法別、2020-2030年(百万米ドル乳癌治療薬市場:薬物療法別ホルモン薬物療法:2020-2030年(百万米ドル)
9.1.3.5.3 韓国の乳がん治療薬市場:乳がんタイプ別、2020〜2030年(百万米ドル)
9.1.3.5.4 韓国:乳がん治療薬市場:乳がんタイプ別、2020年〜2030年(百万米ドル乳がん治療薬市場:流通チャネル別、2020〜2030年(百万米ドル)
9.1.3.6 その他のアジア太平洋地域
9.1.3.6.1 アジア太平洋地域のその他の地域:乳がん治療薬市場の売上高と2030年までの予測(US$ Mn)
9.1.3.6.2 アジア太平洋地域のその他:乳がん治療薬市場、薬物療法別、2020年〜2030年(百万米ドル)
9.1.3.6.2.1 その他のアジア太平洋地域:乳がん治療薬市場、薬物療法別標的治療薬、2020-2030年(百万米ドル)
9.1.3.6.2.2 その他のアジア太平洋地域:乳癌治療薬市場、薬物療法別ホルモン療法:2020-2030年(百万米ドル)
9.1.3.6.3 その他のアジア太平洋地域:乳癌治療薬市場、乳癌タイプ別、2020-2030年(百万米ドル)
9.1.3.6.4 その他のアジア太平洋地域:乳がん治療薬市場:販売チャネル別、2020-2030年(百万米ドル)
10.乳がん治療薬市場-業界概況
10.1 概要
10.2 乳がん治療薬市場における成長戦略
10.3 有機的成長戦略
10.3.1 概要
10.4 無機的成長戦略
10.4.1 概要
11.企業プロフィール
11.1 イーライリリー・アンド・カンパニー
11.1.1 主要事実
11.1.2 事業内容
11.1.3 製品とサービス
11.1.4 財務概要
11.1.5 SWOT分析
11.1.6 主要な開発
11.2 エーザイ株式会社
11.2.1 主要データ
11.2.2 事業内容
11.2.3 製品とサービス
11.2.4 財務概要
11.2.5 SWOT分析
11.2.6 主要開発
11.3 ノバルティスAG
11.3.1 主要データ
11.3.2 事業内容
11.3.3 製品とサービス
11.3.4 財務概要
11.3.5 SWOT分析
11.3.6 主要開発
11.4 アストラゼネカ
11.4.1 主要データ
11.4.2 事業内容
11.4.3 製品とサービス
11.4.4 財務概要
11.4.5 SWOT分析
11.4.6 主要な開発
11.5 ファイザー
11.5.1 主要データ
11.5.2 事業内容
11.5.3 製品およびサービス
11.5.4 財務概要
11.5.5 SWOT分析
11.5.6 主要な開発
11.6 ギリアド・サイエンシズ
11.6.1 主要データ
11.6.2 事業内容
11.6.3 製品とサービス
11.6.4 財務概要
11.6.5 SWOT分析
11.6.6 主要開発
11.7 メルク・アンド・カンパニー・インク
11.7.1 主要事実
11.7.2 事業内容
11.7.3 製品とサービス
11.7.4 財務概要
11.7.5 SWOT分析
11.7.6 主要な開発
11.8 テバ・ファーマシューティカル・インダストリーズ
11.8.1 主要事実
11.8.2 事業内容
11.8.3 製品とサービス
11.8.4 財務概要
11.8.5 SWOT分析
11.8.6 主要な開発
11.9 アムジェン社
11.9.1 主要データ
11.9.2 事業内容
11.9.3 製品とサービス
11.9.4 財務概要
11.9.5 SWOT分析
11.9.6 主要開発
12.付録
12.1 会社概要
12.2 用語集


 

ページTOPに戻る


 

Summary

The Asia Pacific breast cancer therapeutics market was valued at US$ 6,986.37 million in 2022 and is expected to reach US$ 15,819.83 million by 2030; it is estimated to grow at a CAGR of 10.8% from 2022 to 2030.

Launch of Several Diagnostics and Screening Programs Fuels the Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market

Advancements in personalized medicine, immunotherapy, combination therapies, drug delivery systems, liquid biopsies, AI, and patient-centric approaches are expected to shape the future of breast cancer treatment. These trends aim to improve treatment outcomes, reduce side effects, and enhance breast cancer patients overall quality of life.

Early disease detection plays a major role in improving patient outcomes and survival rates. Various organizations and healthcare providers are implementing screening programs to detect breast cancer at an initial stage when it is more treatable. The World Health Organization released a new Global Breast Cancer Initiative Framework in February 2013 that serves as a plan for fulfilling the goal of saving 2.5 million people from breast cancer by 2040. To achieve this, the new Framework, unveiled ahead of the World Cancer Day campaign, urges nations to follow the three pillars of health promotion for early detection, prompt diagnosis, and thorough management of breast cancer. These programs often include mammography, clinical breast exams, and self-breast exams to identify any abnormalities or signs of breast cancer. Implementing these programs has increased awareness and early detection of breast cancer cases, resulting in higher demand for effective therapeutics.

In addition, many advancements in diagnostic technologies have been witnessed across the globe. The National Library of Medicine states that early detection and precise diagnosis are essential for enhancing prognosis. Breast cancer assessment frequently makes use of radiographic imaging modalities such as digital mammography (DM), digital breast tomosynthesis (DBT), magnetic resonance imaging (MRI), ultrasound (US), and nuclear medicine procedures. Histopathology (HP) is the gold standard for determining the presence of cancer. Furthermore, using artificial intelligence (AI) technology to depict medical images quantitatively has significant potential for improving breast cancer segmentation, diagnosis, and prognosis. These technologies help healthcare providers identify the extent and characteristics of the tumor, allowing them to develop personalized treatment plans. Thus, the launch of diagnostic and screening programs, coupled with advancements in diagnostic technologies, contributes to the Asia Pacific breast cancer therapeutics market growth.

Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market Overview

The breast cancer therapeutics market in Asia Pacific is segmented into China, Japan, India, South Korea, Australia, and the Rest of Asia Pacific. The market growth is attributed to factors including growing burden of breast cancers among women coupled with advancements in personalized medicine, immunotherapy, combination therapies, and drug delivery systems.

The breast cancer therapeutics market in China is projected to witness substantial growth in the coming years, owing to the rising prevalence of breast cancer, increasing aging population, lifestyle changes, and others. China accounted for 24% of cases with new diagnoses and 30% of cancer-related fatalities globally in 2020, as per CDC statistics published on April 14, 2023. Over the last three decades, the age-standardized incidence of breast cancer climbed from 17.07 per 100,000 in 1990 to 35.61 per 100,000 in 2019. Advancements in treatment options have played a crucial role in driving the demand for breast cancer therapeutics in China.

Also, out of 1 in 10 women in Japan will acquire breast cancer at some point. The pink ribbon campaign in October and other initiatives have raised awareness of the disease among Japanese people, including the importance of self-checks and other early detection methods that, when used, increase the survival rate to over 90%. The identification of typical risk variables, however, lags. Thus, the breast cancer therapeutics market in Japan is expected to grow significantly due to an aging population, treatment options, government initiatives and policies, high healthcare expenditure, rising awareness, and technological advancements.

Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)

Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market Segmentation

The Asia Pacific breast cancer therapeutics market is segmented based on drug therapy, breast cancer type, and distribution channel.

Based on drug therapy, the Asia Pacific breast cancer therapeutics market is segmented into targeted drug therapy, hormonal drug therapy, chemotherapy, and immunotherapy/ biological therapy. The targeted drug therapy segment held a larger share in 2022. The targeted drug therapy segment held a larger share in 2022. The targeted drug therapy segment is further subsegmented into abemaciclib, ado-trastuzumab emtansine, palbociclib, trastuzumab, and other target drug therapy. Additionally, the hormonal drug therapy segment is categorized into selective estrogen receptor modulators, aromatase inhibitors, and selective estrogen receptor downregulators.

In terms of breast cancer type, the Asia Pacific breast cancer therapeutics market is segmented into hormone receptor, HER2+, and triple-negative breast cancer. The hormone receptor segment held a larger share in 2022.

By distribution channel, the Asia Pacific breast cancer therapeutics market is segmented into hospital pharmacies, drug store and retail pharmacies, and online pharmacies. The hospital pharmacies segment held a larger share in 2022.

Based on country, the Asia Pacific breast cancer therapeutics market is categorized into Australia, China, India, Japan, South Korea, and the Rest of Asia Pacific. China dominated the Asia Pacific breast cancer therapeutics market in 2022.

Eli Lilly and Co, Eisai Co Ltd, Novartis AG, AstraZeneca Plc, Pfizer Inc, Gilead Sciences Inc, Merck & Co Inc, Teva Pharmaceutical Industries Ltd, and Amgen Inc and Amgen Inc are some of the leading companies operating in the Asia Pacific breast cancer therapeutics market.



ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS
1. Introduction
1.1 The Insight Partners Research Report Guidance
1.2 Market Segmentation
2. Executive Summary
2.1 Key Insights
3. Research Methodology
3.1 Coverage
3.2 Secondary Research
3.3 Primary Research
4. Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market - Key Industry Dynamics
4.1 Key Market Drivers
4.1.1 Growing Burden of Breast Cancer
4.1.2 Launch of Several Diagnostics and Screening Programs
4.2 Key Market Restraints
4.2.1 High Cost of Diagnosis and Treatment
4.3 Key Market Opportunities
4.3.1 Increased Support from Government and Private Organizations
4.4 Key Future Trends
4.4.1 Increasing Use of Personalized Medicine
4.5 Impact Analysis:
5. Breast Cancer Therapeutics Market - Asia Pacific Market Analysis
5.1 Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market Revenue (US$ Mn), 2022 - 2030
6. Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market - Revenue and Forecast to 2030 - by Drug Therapy
6.1 Overview
6.2 Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market Revenue Share, by Drug Therapy, 2022 & 2030 (%)
6.3 Targeted Drug Therapy
6.3.1 Overview
6.3.2 Targeted Drug Therapy: Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
6.3.2.1 Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market, by Targeted Drug Therapy, 2020-2030 (US$ Million)
6.4 Hormonal Drug Therapy
6.4.1 Overview
6.4.2 Hormonal Drug Therapy: Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
6.4.2.1 Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market, by Hormonal Drug Therapy, 2020-2030 (US$ Million)
6.5 Chemotherapy
6.5.1 Overview
6.5.2 Chemotherapy: Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
6.6 Immunotherapy/ Biological Therapy
6.6.1 Overview
6.6.2 Immunotherapy/ Biological Therapy: Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7. Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market - Revenue and Forecast to 2030 - by Breast Cancer Type
7.1 Overview
7.2 Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market Revenue Share, by Breast Cancer Type, 2022 & 2030 (%)
7.3 Hormone Receptor
7.3.1 Overview
7.3.2 Hormone Receptor: Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7.4 HER2+ (human epidermal growth factor receptor 2)
7.4.1 Overview
7.4.2 HER2+: Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7.5 Triple-Negative Breast Cancer
7.5.1 Overview
7.5.2 Triple-Negative Breast Cancer: Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
8. Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market - Revenue and Forecast to 2030 - by Distribution Channel
8.1 Overview
8.2 Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market Revenue Share, by Distribution Channel, 2022 & 2030 (%)
8.3 Hospital Pharmacies
8.3.1 Overview
8.3.2 Hospital Pharmacies: Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
8.4 Drug Store and Retail Pharmacies
8.4.1 Overview
8.4.2 Drug Store and Retail Pharmacies: Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
8.5 Online Pharmacies
8.5.1 Overview
8.5.2 Online Pharmacies: Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
9. Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market -Country Analysis
9.1 Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market, Revenue and Forecast to 2030
9.1.1 Overview
9.1.2 Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market, Breakdown, by Country- Revenue (2022) (US$ Million)
9.1.3 Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market, by Countries, 2022 and 2030 (%)
9.1.3.1 China
9.1.3.1.1 China Breast Cancer Therapeutics Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Mn)
9.1.3.1.2 China: Breast Cancer Therapeutics Market, by Drug Therapy, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.1.2.1 China: Breast Cancer Therapeutics Market, For Targeted Drug Therapy by Drug Therapy, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.1.2.2 China: Breast Cancer Therapeutics Market, For Hormonal Drug Therapy by Drug Therapy, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.1.3 China: Breast Cancer Therapeutics Market, by Breast Cancer Type, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.1.4 China: Breast Cancer Therapeutics Market, by Distribution Channel, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.2 Japan
9.1.3.2.1 Japan Breast Cancer Therapeutics Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Mn)
9.1.3.2.2 Japan: Breast Cancer Therapeutics Market, by Drug Therapy, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.2.2.1 Japan: Breast Cancer Therapeutics Market, For Targeted Drug Therapy by Drug Therapy, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.2.2.2 Japan: Breast Cancer Therapeutics Market, For Hormonal Drug Therapy by Drug Therapy, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.2.3 Japan: Breast Cancer Therapeutics Market, by Breast Cancer Type, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.2.4 Japan: Breast Cancer Therapeutics Market, by Distribution Channel, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.3 India
9.1.3.3.1 India Breast Cancer Therapeutics Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Mn)
9.1.3.3.2 India: Breast Cancer Therapeutics Market, by Drug Therapy, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.3.2.1 India: Breast Cancer Therapeutics Market, For Targeted Drug Therapy by Drug Therapy, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.3.2.2 India: Breast Cancer Therapeutics Market, For Hormonal Drug Therapy by Drug Therapy, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.3.3 India: Breast Cancer Therapeutics Market, by Breast Cancer Type, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.3.4 India: Breast Cancer Therapeutics Market, by Distribution Channel, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.4 Australia
9.1.3.4.1 Australia Breast Cancer Therapeutics Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Mn)
9.1.3.4.2 Australia: Breast Cancer Therapeutics Market, by Drug Therapy, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.4.2.1 Australia: Breast Cancer Therapeutics Market, For Targeted Drug Therapy by Drug Therapy, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.4.2.2 Australia: Breast Cancer Therapeutics Market, For Hormonal Drug Therapy by Drug Therapy, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.4.3 Australia: Breast Cancer Therapeutics Market, by Breast Cancer Type, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.4.4 Australia: Breast Cancer Therapeutics Market, by Distribution Channel, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.5 South Korea
9.1.3.5.1 South Korea Breast Cancer Therapeutics Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Mn)
9.1.3.5.2 South Korea: Breast Cancer Therapeutics Market, by Drug Therapy, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.5.2.1 South Korea: Breast Cancer Therapeutics Market, For Targeted Drug Therapy by Drug Therapy, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.5.2.2 South Korea: Breast Cancer Therapeutics Market, For Hormonal Drug Therapy by Drug Therapy, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.5.3 South Korea: Breast Cancer Therapeutics Market, by Breast Cancer Type, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.5.4 South Korea: Breast Cancer Therapeutics Market, by Distribution Channel, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.6 Rest of Asia Pacific
9.1.3.6.1 Rest of Asia Pacific Breast Cancer Therapeutics Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Mn)
9.1.3.6.2 Rest of Asia Pacific: Breast Cancer Therapeutics Market, by Drug Therapy, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.6.2.1 Rest of Asia Pacific: Breast Cancer Therapeutics Market, For Targeted Drug Therapy by Drug Therapy, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.6.2.2 Rest of Asia Pacific: Breast Cancer Therapeutics Market, For Hormonal Drug Therapy by Drug Therapy, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.6.3 Rest of Asia Pacific: Breast Cancer Therapeutics Market, by Breast Cancer Type, 2020-2030 (US$ Million)
9.1.3.6.4 Rest of Asia Pacific: Breast Cancer Therapeutics Market, by Distribution Channel, 2020-2030 (US$ Million)
10. Breast Cancer Therapeutics Market-Industry Landscape
10.1 Overview
10.2 Growth Strategies in Breast Cancer Therapeutics Market
10.3 Organic Growth Strategies
10.3.1 Overview
10.4 Inorganic Growth Strategies
10.4.1 Overview
11. Company Profiles
11.1 Eli Lilly and Co
11.1.1 Key Facts
11.1.2 Business Description
11.1.3 Products and Services
11.1.4 Financial Overview
11.1.5 SWOT Analysis
11.1.6 Key Developments
11.2 Eisai Co Ltd
11.2.1 Key Facts
11.2.2 Business Description
11.2.3 Products and Services
11.2.4 Financial Overview
11.2.5 SWOT Analysis
11.2.6 Key Developments
11.3 Novartis AG
11.3.1 Key Facts
11.3.2 Business Description
11.3.3 Products and Services
11.3.4 Financial Overview
11.3.5 SWOT Analysis
11.3.6 Key Developments
11.4 AstraZeneca Plc
11.4.1 Key Facts
11.4.2 Business Description
11.4.3 Products and Services
11.4.4 Financial Overview
11.4.5 SWOT Analysis
11.4.6 Key Developments
11.5 Pfizer Inc
11.5.1 Key Facts
11.5.2 Business Description
11.5.3 Products and Services
11.5.4 Financial Overview
11.5.5 SWOT Analysis
11.5.6 Key Developments
11.6 Gilead Sciences Inc
11.6.1 Key Facts
11.6.2 Business Description
11.6.3 Products and Services
11.6.4 Financial Overview
11.6.5 SWOT Analysis
11.6.6 Key Developments
11.7 Merck & Co Inc
11.7.1 Key Facts
11.7.2 Business Description
11.7.3 Products and Services
11.7.4 Financial Overview
11.7.5 SWOT Analysis
11.7.6 Key Developments
11.8 Teva Pharmaceutical Industries Ltd
11.8.1 Key Facts
11.8.2 Business Description
11.8.3 Products and Services
11.8.4 Financial Overview
11.8.5 SWOT Analysis
11.8.6 Key Developments
11.9 Amgen Inc
11.9.1 Key Facts
11.9.2 Business Description
11.9.3 Products and Services
11.9.4 Financial Overview
11.9.5 SWOT Analysis
11.9.6 Key Developments
12. Appendix
12.1 About Us
12.2 Glossary of Terms


 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野(その他)の最新刊レポート

The Insight Partners 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(channel)の最新刊レポート


よくあるご質問


The Insight Partners社はどのような調査会社ですか?


The Insight Partnersはインドに本社を置く調査会社です。経験豊富な専門家チームを通じて、お客様に最適な調査と分析を提供することに専念しています。幅広い分野をカバーしていますがヘルスケ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る