世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

2017年版 産業用無人機(ドローン)の市場動向と関連周辺ビジネス

 

出版社 出版年月冊子体価格電子版価格 冊子体+電子版価格 ページ数
シード・プランニング
2017年9月¥120,000 (税別)¥120,000 (税別)
PDF(CD-ROM)
¥150,000 (税別)175

サマリー

レポート概要

ポイント

  • 産業用無人機(ドローン)の機体及びサービスの市場規模、予測
  • 周辺ビジネスの現状 スクール、管制システム、その他
  • ドローンビジネスの課題と将来展望
  • ドローンビジネス参入事業者125件の一覧と業務分析

 

シード・プランニングでは、産業用無人機(飛行機・ヘリ)の調査レポートは2015年4月に発刊しました。その後の2年を経て産業用無人機を取り巻く環境は大きく変化しています。

改正航空法が2015年12月10日施行されたことにより、一定の制度が整備されました。さらに、国家戦略会議等を経て2020年にむけた制度整備が進んでいます。また、技術的にもマルチコプターの安定化、大型化も進んでおり、さらに、VTOLというエンジンタイプのドローンも業務として投入されようとしています。

メディアでは、連日ドローンの新しいサービスについて記事が掲載されており、2015年以降も継続して注目されています。しかし、記事の大半は実証実験レベルのものが多く、実際の業務展開や収益をあげるビジネスとして成り立っているのは、空撮、測量、農薬散布、スクールといった分野にとどまっています。市場の現状では、未だ大きな新規ビジネスの創出には至ってはいません。

一方、ドローンは飛行するロボット・IoTであり、単独サービスとしてだけでなく、他のIoT、ロボット、AIといった分野のビジネスに連携や内包されることで、伸びが期待できとも考えられています。ドローンならではのサービス分野を模索しながらも、様々な機器やサービスの補完として位置づけられることで、さらに産業として伸長する可能性があります。

今回の調査では、ドローンメーカー、サービス事業者、周辺ビジネス事業者、ユーザーをヒアリングし、機体やサービスのリアルな市場の現状と将来展望を明らかにします。



目次

Ⅰ.まとめ・市場動向
 ドローンビジネス市場のについて
 1.市場について
   (1)市場の定義・範囲
   (2)市場動向、市場規模と予測
   (3)課題について
   (4)ビジネス構造
   (5)参入事業者の動向
   (6)UTMの動向
 2.分野別市場動向とユーザー企業のニーズ、課題
   (1)空撮
   (2)農業(農薬散布、精密農業)
   (3)i-Construction・測量
   (4)点検
   (5)資材管理
   (6)警備
   (7)運輸・宅配
   (8)公共・災害・防止
 3.周辺サービス
   (1)ドローン飛行場
   (2)スクールビジネス
   (3)クラウドサービス
   (4)マッチング・派遣
   (5)保険

Ⅱ.参入事業者・団体の動向
 1.機体メーカー・周辺機器メーカー事業者動向
   ・DJI JAPAN
   ・アミューズワンセルフ
   ・エアロセンス
   ・サイトテック
   ・プロドローン
   ・マルチコプターラボ
   ・自律制御システム研究所(ACSL)
   ・東光鉄工
   ・リーグルジャパン
 2.サービス・ソリューション事業者・団体動向
   ・do
   ・アイネット
   ・スカイマティクス
   ・ダイヤサービス
   ・テラドローン
   ・ライオンズフィルム
   ・楽天
   ・楽天AirMap
   ・中日本航空株式会社
   ・日立システムズ
   ・日本無人機運行管理コンソーシアム(JUTM)
 3.参入事業者一覧

Ⅲ.資料
 1.産業振興・規制
   (1)官邸
   (2)特区とドローンについて
   (3)空の産業革命に向けたロードマップ
 2.サービス分野関連データ
   (1)農林水産統計
   (2)物流分野の市場

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る