世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

2018年版 人工知能が変える医療・ヘルスケア - さらに進んだAIの活用 -

 

出版社 出版年月冊子体価格電子版価格 冊子体+電子版価格 ページ数
シード・プランニング
2018年10月¥180,000 (税別)¥180,000 (税別)
PDF(CD-ROM)
¥210,000 (税別)226

サマリー

レポート概要

 【ポイント】

  • 米国規制当局(FDA)がAIのみによる診断をついに承認!
  • 画像解析の精度は、ますます向上
  • 患者予備軍向けAIアプリが多数登場

 

シード・プランニングでは、医療・ヘルスケア分野において、どのような企業・機関がAIを活用し始めているのかを、2016年10月、レポートにまとめました。その後もAIは、診断、治療、創薬、健康管理に次々に活用されています。AIは人間の支援にとどまると言われるなか、2018年4月、ついにFDA(米国規制当局)は「AIのみによる診断機器」を承認しました。そこで今回あらためて、AI活用の進捗と背景、周辺ビジネス、課題などをまとめました。

 


 

調査項目

  • 医療・ヘルスケアにおけるAIを活用したサービス内容
  • AIを活用したサービスの研究開発の動向
  • AI活用の背景・周辺ビジネス・課題


目次

調査概要

医療・ヘルスケアにおけるAIの活用状況

製薬企業によるAIの活用状況

医療・ヘルスケアにおけるAIの想定活用者

第I章 総括
 1 人工知能が変える医療・ヘルスケア
 2 人工知能とは
  (1)人工知能の定義
  (2)人工知能の種類

第II章 医療・ヘルスケアにおける人工知能の活用事例
 1 人工知能が医療・ヘルスケア分野で活用される背景
  (1)ビッグデータ
  (2)デジタル技術活用の推進
 2 ヘルスケアへの活用
  (1)健康管理
  (2)睡眠管理
  (3)認知症予防
  (4)メンタルヘルス対策
  (5)熱中症予防
  (6)乳児の健康管理
  (7)疾病の発症予測
 3 創薬への活用
  (1)新薬候補物質の探索支援
  (2)ドラッグ・リポジショニングの支援
  (3)臨床開発(治験)の支援
  (4)文献検索の支援
  (5)ライフ インテリジェンス コンソーシアム(LINC)
 4 診断・治療への活用
  (1)画像解析による、眼科疾患の診断・治療支援
  (2)画像解析による、がんの診断・治療支援
  (3)画像解析による、その他の疾患の診断・治療支援
  (4)遺伝情報解析による診断・治療支援
  (5)電子カルテの解析による診断・治療支援
  (6)音声による診断・治療支援
  (7)その他の診断・治療支援
  (8)画像解析周辺ビジネス
 5 製薬企業の業務への活用
  (1)医薬品の安全性監視支援
  (2)医薬品の販売支援
 6 薬局の業務への活用
 7 医療機関の業務への活用
  (1)流行予測
  (2)看護
  (3)外来診療の支援
  (4)AI病院
 8 医療・ヘルスケアにおける人工知能活用の課題

第III章 企業個票34社(国内、海外)

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る