世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

産業無人機(飛行機・ヘリ)の現状と用途別市場動向

 

出版社 出版年月冊子体価格電子版価格 冊子体+電子版価格 ページ数
シード・プランニング
2015年4月¥80,000 (税別)¥80,000 (税別)
PDF(CD-ROM)
¥90,000 (税別)104

サマリー

  • 無人飛行機・ヘリコプターの最新動向!
    分類、国内外注目企業動向、技術動向
  • 分野別の利用状況を分析
    ( 農薬散布、テレビ・映画の空撮、整備・点検、災害調査、
     測量、警備、運送、宅配、倉庫、工事現場、ほか)
  • 国別規制状況(欧州、米国、豪州、日本)
  • 分野別市場規模予測(国内10分野別~2022年)
  • 海外約30社、国内約20社の動向分析

 


 

スマートフォンやタブレット端末の普及で通信技術、無線技術、伝送技術、カメラ、電池、センサーなどは飛躍的技術革新が起きました。その結果、いままで玩具分野でしか存在感がなかった、無人ヘリコプターや模型飛行機の用途が格段に広がってきました。

ヤマハが農薬散布に無人ヘリコプターを開発し、ドミノピザはピザの配達用、千代田化工は資材運搬用、東日本高速道路は橋の下の保守点検用など、いろいろな分野での無人ヘリコプターや無人飛行機の用途が広がってきました。

当レポートは産業用(軍事除く)の無人機(飛行機・ヘリコプター)の多彩な使用用途、各国の規制などに着目し、現状と今後の普及状況を分析しています。

 

調査対象

産業用無人飛行機・ヘリコプター企業、関連替開催主催者、関連企業 他

調査方法

主要企業の個別訪問ヒアリング、公表資料の収集・整理

調査期間

2014年11月~2015年3月

 



目次

調査内容

まとめ
 ・無人飛行機・ヘリコプターの用途・市場
 ・無人飛行機・ヘリコプターの行政・規制
 ・技術の将来動向/有望用途まとめ/国別参入企業

Ⅰ.市場定義・用語説明
  1.定義・用語説明
  2.無人機の分類(推進・用途)
  3.市場動向(市場立上り時期、市場予測)
    市場動向(10分野の2020年までの予測)

Ⅱ.技術と将来動向
  1.今後の日本・欧米の産業用無人機の将来動向、
  2.産業用無人機の技術的背景

Ⅲ.海外動向・規制
  1.欧米の産業用無人機行政
  2.米国
  3.その他

Ⅳ.海外事例
  1.概況
  2.海外事例まとめ
  3.海外動向(27事例:アマゾン、グーグル、パロット、
    ピクシーパス、トレース、センスフライ、エアウェア等)

Ⅴ.国内動向・規制
  1.日本の産業用無人機行政/
  2.日本の現状(活用事例、注目用途など)

Ⅵ.国内事例
  1.概況
  2.国内事例まとめ
  3.関連団体、
  4.企業・団体動向(日本USA産業振興協議会、自律支援システム研究所、
    ヤマハ発動機、ヒロボ、DJIジャパン、ブルーイノベーション、菊池製作所、他)

 

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る