世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

2015 「おそうじロボット」の導入/未導入ユーザー調査と市場動向

- 家庭用掃除機「おそうじロボット」の普及の可能性 -

 

出版社 出版年月冊子体価格電子版価格 冊子体+電子版価格 ページ数
シード・プランニング
2015年3月¥150,000 (税別)¥150,000 (税別)
PDF(CD-ROM)
¥170,000 (税別)160

サマリー

  • 「おそうじロボット」購入・未購入ユーザー(700名)の掃除の位置づけ、「おそうじロボット」のイメージ、購入理由、利用状況、利用評価(価格、操作性、性能、吸引力、運転音、総合評価)は、単純集計、自由回答(テキストマイニング分析)、クロス集計(コレスポンデンス分析)、前回調査との比較!
  • 「おそうじロボット」の製品動向分析、年別製品分析
  • 「おそうじロボット」市場規模予測(国内、2020年)
  • 「おそうじロボット」海外動向(国内、欧米ほか)
    製品発売時期、製品動向、国内外の企業動向は!

 


 

2004年にアメリカiRobot社の「ルンバ」が販売されたのが、日本の「おそうじロボット」のスタートです。また同じころイギリスのサイクロン掃除機「DC12」も販売され、国内にタイプが異なる高額掃除機市場が出現しました。発売当初は通信販売やテレビショッピングでの販売主体でしたが、徐々に量販店に「おそうじロボット」のデモコーナーが設置されるようになり、知名度も上がるにつれて、「おそうじロボット」の販売数も増えていきました。日本は累計100万台以上売れています。また2014年夏以降、東芝やパナソニック、ダイソンが参入発表して、この分野が注目されています。

本調査レポートは「おそうじロボット」購入/未購入ユーザーアンケートとメーカーヒアリング調査による、現状の「おそうじロボット」のユーザーニーズ分析と製品動向・市場動向レポートの第3弾になります。

 

調査対象

お掃除ロボットメーカー、関連企業 他

調査方法

ネットアンケート調査、主要企業の個別訪問ヒアリング、公表資料の収集・整理

調査期間

2014年11月~2015年2月 

 



目次

調査内容

Ⅰ.総括
 1.「おそうじロボット」発売年推移/価格帯別販売時期
 2.「おそうじロボット」ユーザー動向
 3.「おそうじロボット」市場動向
   市場規模予測/電気掃除機に占める割合
   メーカーシェア

Ⅱ.「おそうじロボット」の製品動向
 1.「おそうじロボット」業界動向/最近の動向
 2.国内販売されている主な「おそうじロボット」
 3.海外販売されている「おそうじロボット」
 4.過去に販売された「おそうじロボット」
 5.関連情報

Ⅲ.「おそうじロボット」のユーザー動向
 1.調査概要
 2.単純集計
 3.クロス集計と自由回答
   ・購入ユーザー(400名)/未購入ユーザー(300名)
   ・過去3回の調査との比較分析
   ・自由回答(テキストマイニング)分析
   ・クロス集計(コレエスポンデンス分析:年齢、性別、性年代別等)

Ⅴ.「おそうじロボット」の企業動向
 セールス・オン デマンド、ダイソン、東芝ライフスタイル、
 ツカモト エイム、シー・シー・ピー、シャープ、パナソニック ほか

Ⅵ.参考データ
 アンケート用紙、テレプレゼンスロボット、ほか

 

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る