世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

テレプレゼンスロボットとパワーアシストスーツの最新動向

~リハビリ・介助者・災害対策・コミュニケーションから遠隔コミュニケーション・作業効率アップ等の可能性分析~

 

出版社 出版年月冊子体価格電子版価格 冊子体+電子版価格 ページ数
シード・プランニング
2014年8月¥140,000 (税別)¥140,000 (税別)
PDF(CD-ROM)
¥160,000 (税別)132

サマリー

<テレプレゼンスロボット>
 • テレプレゼンスロボットの製品動向・業界動向
 • テレプレゼンスロボット用途動向・市場動向
 • テレプレゼンスロボットの操作性・形状/通信キャリアの動向

<パワーアシストスーツ>
 • パワーアシストスーツの販売・開発状況
 • パワーアシストスーツの国・自治体・企業の動向は?
 • パワーアシストスーツの製品動向、販売動向
 • パワーアシストスーツの用途別市場規模予測(2024年)
 • パワーアシストスーツの今後

サービスロボットの中で注目された製品は、ソニーの犬型ロボット「アイボ」、本田技研工業の自律2足歩行ロボット「アシモ」と、アイロボット社のおそうじロボット「ルンバ」です。また、サービスロボットではありませんが、パワーアシストスーツも注目されています。パワーアシストスーツはサイバーダイン社のHALからはじまりました。2008年7月にサーバーダイン社と大手住宅メーカーの大和ハウス工業が総代理店契約を結び、2008年10月よりロボットスーツHAL福祉用のリースを開始しました。海外でもドイツで医療機器の認証を受け、今後普及が期待されています。また、動くビデオ会議の関連でテレプレゼンスロボット(動くビデオ会議)も注目されています。

本調査レポートは市場に投入されているパワーアシストスーツと今後注目されるテレプレゼンスロボット等を対象に、各製品の特徴、用途、市場規模を調等査し、今後のサービスロボットの市場展開の可能性をまとめています。

 


 

調査対象

パワーアシストスーツ、テレプレゼンスロボットのメーカー及び開発企業・団体等

調査方法

主要企業の個別訪問ヒアリング、公表資料の収集・整理

調査期間

2014年5月~2014年8月

 


 

【調査内容】

Ⅰ.まとめ
 <全体まとめ>
  サービスロボット分類、ロボットと医療分野、介護ロボットの位置づけ、
  サービスロボットとビデオコミュニケーション、今後の動向
 <テレプレゼンスロボット>
  定義、操作による分類、形状による分類、人間の身長との関係、
  販売動向、重要ポイント、発表・発売時期
 <パワーアシストスーツ>
  特徴、販売価格、協力関係、安全性

Ⅱ.テレプレゼンスロボットの動向
  海外の動向、国内の動向、企業動向
  BRULE、ソフトバンク、その他

Ⅲ.パワーアシストスーツの動向
  国・地方自治体(経済産業省、地方自治体)、大学の動向、企業の動向(サーバーダイン、
  トヨタ自動車、本田技研工業、アクティブリンク、スマートサポート、大和ハウス工業、
  テムザックほか)

Ⅳ.市場規模動向(分野別市場規模予測)

Ⅴ.参考データ
  おそうじロボットの動向、パーソナルモビリティの動向

 



 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る