世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

ビッグデータ時代の分析ソリューションビジネスの事例研究と市場動向

 

出版社 出版年月冊子体価格電子版価格 冊子体+電子版価格 ページ数
シード・プランニング
2014年2月¥95,000 (税別)¥95,000 (税別)
PDF(CD-ROM)版
¥115,000 (税別)192

サマリー

レポート概要

  • データ分析企業、SIerのビッグデータ分析ソリューションの事業動向を整理!
  • 2017年までの分析ソリューションビジネスの国内市場を展望!
  • 分野別のアプリケーションのサービス事例を整理して掲載!

 

従来、企業におけるデータ活用では、顧客情報や売上データ、在庫データといった構造化データと呼ばれるデータが主に扱われてきました。これらは汎用データベースに格納可能な定型的なデータを指します。一方、電子メールやテキストファイルなどの文書、画像、音声、動画、ソーシャルメディアなどのウェブ系データ、センサネットワークから収集されたデータなどは、従来のデータベースに収められないデータであり、非構造化データと呼ばれています。
ビッグデータとは構造化・非構造化データをあわせた種々雑多で大量、またリアルタイムに生成されるデータのことをいいます。

近年、Hadoopを主とする分散処理基盤の登場で非構造化データを含む大量データの分析が可能となり、ビッグデータ分析を活用した企業向けソリューションや、産業創出のためのサービス展開がIT業界を中心に始まっています。具体的には、ソーシャルメディア分析によるマーケティング活動支援、ユーザーの行動情報分析による広告配信最適化やO2Oサービス、M2Mを活用したスマートシティの取組みや農業IT支援などです。

ビッグデータ分析ソリューションの基盤となるクラウドの認知向上も後押しして、ビッグデータ分析ソリューション市場は拡大傾向にあります。特にM2M向けソリューションは、インフラ監視やエネルギー管理など社会・産業インフラと密接に関わるため、投資額、適用範囲の広さから急速に拡大することが予想されます。

本書は、データ分析企業、SIerを調査対象として、ビッグデータ分析ソリューションサービスの事業動向を調査するとともに、ビッグデータ分析ソリューションの国内市場推計を行うことを目的としています。


調査対象

データ分析企業:
ALBERT / NTTデータ数理システム / エスイープランニング / エスピーアイ / エスミ /
カレン / 構造計画研究所 / ゴーガ / タクミインフォメーションテクノロジー / チームラボ /
データセクション / データフォーシーズ / プリファードインフラストラクチャー /
ブレインパッド / ホットリンク / ルグラン

SIer:
NEC / NTTデータ / 伊藤忠テクノソリューションズ /
京セラ丸善システムインテグレーション / 日本ユニシス / 日立製作所 / 富士通


調査方法

オープンデータ、文献、訪問ヒアリングによる調査

 



目次

目次

はじめに

調査概要

第1章 ビッグデータを取り巻く現状
 1-1 ビッグデータとは
 1-2 ビッグデータの種類
 1-3 ビッグデータ活用の主な波及分野
 1-4 ビッグデータ利活用の課題
   1)データサイエンティストの人材不足
   2)ビッグデータ活用による投資対効果
   3)パーソナルデータの取り扱いに関する課題
 1-5 国が主導するビッグデータの戦略的活用

第2章 参入プレーヤーの動向
 2-1 分析ソリューションビジネスの参入プレーヤー
   1)概要
   2)業種別の参入プレーヤー
 2-2 業界動向
 2-3 アライアンスの動向
   1)SIerとデータ分析企業の提携状況
   2)マーケティング分野での提携状況

第3章 分析ソリューション国内市場
 3-1 分析ソリューションの国内市場
 3-2 データ分析企業の国内市場
   1)市場推計
   2)市場動向
 3-3 SIerの国内市場
   1)市場推計
   2)市場動向
 3-4 SWOT分析
   1)市場を取り巻く状況
   2)市場の促進要因
   3)市場の阻害要因

第4章 分野別の分析ソリューションサービスの動向
 4-1 広告・マーケティング
  4-1-1 ソーシャルリスニング
   1)ソーシャルリスニングとは
   2)Twitterデータ利用に関する提携状況
   3)ソーシャルリスニングエンジンのOEM供給
  4-1-2 CRM/O2O
   1)CRM
   2)O2O
   3)企業動向
  4-1-3 効果測定・最適化
   1)広告効果測定
   2)売上・適正価格予測
   3)広告・DM配信最適化
   4)広告費配分・広告出稿量の最適化
  4-1-4 その他
   1)顔認識技術を活用したマーケティングサービス
   2)交通系ICカードを活用したマーケティングサービス
 4-2 M2M
  4-2-1 ビッグデータ活用ビジネスにおけるM2M
   1)M2Mとは
   2)企業動向
  4-2-2 分野別M2Mソリューションの現状
   1)遠隔監視・モニタリング
   2)テレマティクス・車・交通
   3)SCM
   4)環境・エネルギー
   5)セキュリティ・見守り
   6)農業IT
 4-3 医療・ヘルスケア

第5章 企業別事業動向
 5-1 データ分析企業の事業動向
   1)ALBERT 2)NTTデータ数理システム 3)エスイープランニング
   4)エスピーアイ 5)エスミ 6)カレン 7)構造計画研究所 8)ゴーガ
   9)タクミインフォメーションテクノロジー 10)チームラボ 11)データセクション
   12)データフォーシーズ 13)プリファードインフラストラクチャー
   14)ブレインパッド 15)ホットリンク 16)ルグラン
 5-2 SIerの事業動向
   1)NEC 2)NTTデータ 3)伊藤忠テクノソリューションズ
   4)京セラ丸善システムインテグレーション 5)日本ユニシス
   6)日立製作所 7)富士通

 

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る