世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

3Dプリンター普及による各種業界のビジネス変化と市場動向

世界の3Dプリンター導入事例と関連事業分析

 

出版社 出版年月冊子体価格電子版価格 冊子体+電子版価格 ページ数
シード・プランニング
2013年11月¥180,000 (税別)¥180,000 (税別)¥200,000 (税別)232

サマリー

  • モノづくり工程における3Dプリンターの位置づけ
  • 3Dプリンター関連ビジネス動向
     11分野(医療、製造、航空・宇宙、インテリア、建築、産業機器等)
     9ビジネス分野(3Dプリントサービス、3DCAD、ファブラボ等)
  • 注目3Dプリンタ分野(医療分野、板金業界)
  • 3Dプリンター市場動向(日本、世界、2020年まで)
  • 3Dプリンター海外動向(8分野)
  • 3Dプリンター方式別価格製品動向

3Dプリンターは20数年前から発売されていますが、価格が高く、特定分野での利用に限られていました。しかし近年、IT技術は進歩し、パソコンの性能も向上し、3DCAD搭載のパソコンも増加しました。それにより3DCADデータを実際にリアルなアウトプットに出したいニーズが高まりました。また、2000年に入り、デジタル技術の普及と新しい素材、接着材の進化により3Dプリンターの価格が数千万円から、数百万円~数十万円と安価になってきました。特に2012年からは世界的大手メーカーのM&Aが積極的に行われ、製品の種類が増え、安価な製品から高級な製品までのラインナップがそろいました。

本調査レポートは3Dプリンターの調査レポートの第二弾です。今回は3Dプリンターが他の業界にどのように影響を与え、新しいビジネスを創出するかがポイントで、3Dプリンターのメーカー、代理店、ユーザー及び影響を受ける業界を調査し、製品動向、市場動向、導入ユーザー動向と今後のビジネスの変化を分析することを目的としています。また、海外動向も同様にまとめています。

調査対象

3Dプリンターメーカー、関連企業、団体、他


調査方法

主要企業の訪問ヒアリング、公表資料の収集・整理


調査期間

2013年8月~2013年11月

 



目次

主な目次

<総括編>
  1.モノづくり工程の3Dプリンターの位置づけ
  2.3Dプリンター関連分野(20分野)
  3.3Dプリンターの注目業界(医療、板金)
  4.3Dプリンターの海外動向(8分野)
  5.3Dプリンターの市場規模動向(2007年~2020年)
    世界、国内、メーカーシェア、タイプ別、関連市場

<国内編>
  Ⅰ.3Dプリンターの製品・業界動向
    方式別、価格帯別、メーカー別
  Ⅱ.3Dプリンター分野別動向
    3Dプリントサービス、CADソフト、保守、医療、金型 ほか
  Ⅲ.企業動向
    ストラタシス・ジャパン、3Dシステムズ、丸紅情報システムズ、武藤工業、
    シーメット、ファソテック、アビー、フォーラムエイト、キーエンス、ソライズ、
    アスペクト、ヤマダ電機、松浦機械製作所、DMM.com ほか
  Ⅳ.参考データ
    デザイナーコメント、3Dプリンター最新動向

<海外編>
  Ⅰ.まとめ
  Ⅱ.海外の3Dプリンター分野別導入事例研究
    航空産業分野、バイオメディカル産業、医療教育、IT分野、
    エンタテインメント、自動車分野、産業機械、建築土木
  Ⅲ.海外3Dプリンターメーカー一覧

 

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る