世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

2014年版 M2Mネットワーク向けデバイス市場の実態と展望

無線モジュール編

 

出版社 出版年月冊子体価格電子版価格 冊子体+電子版価格 ページ数
シード・プランニング
2013年11月¥120,000 (税別)¥120,000 (税別)¥150,000 (税別)318

サマリー

ポイント
  • M2M向けの無線モジュールのグローバル市場を分析
  • 各M2Mアプリケーションフィールドごとに無線モジュールの市場規模と求められる特性について解説
  • 無線LAN、Wi-Fi、ZigBeeなどの各種無線通信規格ごとに最適なアプリケーションフィールドについて整理

無線通信技術の発展、ネットワークインフラの拡充、ビッグデータ分析などの多数の分析ソリューションの出現により、M2M市場はますます活況を呈しています。シード・プランニングでも市場調査レポート「M2M・通信モジュールの市場展望」でグローバルなM2M市場をマクロ的観点から分析し、各アプリケーションの市場展望について取り上げました。

M2M市場を支えるのは、通信モジュールやゲートウェイ、センサといったデバイスです。特に無線通信モジュール市場は、アプリケーションの裾野の広がりに加え、ECHONET Liteの策定、920 MHz帯の解禁、IEEE802.11ac認証プログラム「Wi-Fi CERTIFIED ac」のリリースに伴い、さまざまな企業が新製品の開発、市場への参入を試みている状況です。

本レポートでは、無線モジュール市場の整理、綿密な分析を行い、今後の業界構造の変化や市場成長を予測しており、無線モジュールメーカーはもちろん、アプリケーションベンダー、通信キャリア、SIerのお役に立つ情報を提供致します。

調査対象

◆ コンソーシアム(1団体)
新世代M2Mコンソーシアム

◆ システムメーカー(4社)
日本電気株式会社、株式会社エムログ、日本システムウエア株式会社、株式会社日立製作所

◆ 近距離無線モジュールメーカー(12社)
NEC エンジニアリング株式会社、上田日本無線株式会社、沖電気工業株式会社、
サイレックス・テクノロジー株式会社、佐鳥電機株式会社、太陽誘電株式会社、
立山科学工業株式会社、株式会社コンテック、ディジ インターナショナル株式会社、
長野日本無線株式会社、日本ラントロニクス株式会社、丸紅情報システムズ株式会社

◆ 広域無線モジュールメーカー(6社)
華為技術有限公司、Gemalto N. V. 、u-blox AG、キャセイ・トライテック株式会社、
京セラ株式会社、株式会社 日立国際電気

◆ 電子部品商社(2社)
東京エレクトロン デバイス株式会社、丸文株式会社

 



目次

目次(概要)

第1章 総括
 1. M2Mアプリケーションと無線モジュール市場
 2. 各無線通信モジュールの動向
 3. 主な無線通信モジュールメーカー一覧

第2章 無線通信規格
 1. 通信プロトコル
 2. 無線通信規格について

第3章 M2Mアプリケーションと無線モジュール市場
 エネルギー監視市場
 テレマティクス関連市場
 重機・建設機械関連市場
 医療機器関連市場
 介護・ヘルスケア関連市場
 セキュリティ関連市場
 Factory Automation市場
 農業関連市場、
 ハンディターミナル市場
 デジタルサイネージ関連市場
 構造物・インフラモニタリング関連市場、
 自動販売機関連市場

第4章 各無線通信規格と無線モジュール市場
 携帯電話回線向け通信モジュール市場
 無線LAN、Wi-Fi向け無線通信モジュール市場
 ZigBee、特定小電力無線局(400 MHz、920 MHz)向け無線モジュール市場

第5章 参入企業取材個票

 

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る