世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

2013 3Dプリンターの現状と最新市場動向

 

出版社 出版年月冊子体価格電子版価格 冊子体+電子版価格 ページ数
シード・プランニング
2013年2月¥120,000 (税別)¥120,000 (税別)¥150,000 (税別)143

サマリー

レポート概要

  • 3Dプリンターのタイプ別分類・定義
      (ハイレベル、ミッドレンジ、パーソナルタイプ)
  • 3Dプリンターの製品動向!
      方式別動向、タイプ別動向、製品特長
  • 3Dプリンターの企業動向・販売代理店動向!
  • 3Dプリンターの用途(既存用途、導入先)!
  • 3Dプリンター市場動向(2007年~2016年)

3Dビジネスの中で、2009年の3Dシネマ「アバター」が歴代興行収入1位になったことが注目され、それ以降3Dシネマは映画館の約3分に1まで普及しました。また、2011年以降からは新たな3D製品である3Dプリンターが注目されています。背景としては3DCADが普及し、安価な3DCADがパソコンに搭載され、それを出力するプリンターのニーズが高まりました。また3Dプリンターの価格は以前、数千万円でしたが、デジタル技術の普及と新しい素材、接着材の進化により、数百万円まで下がってきました。さらに数万円~数十万円と安価な製品も販売され始めました。これにより今までの用途以外にも新しい用途(医療・教育・エンターテイメントなど)の可能性も広がっています。

本調査レポートは3Dプリンターの関連企業にヒアリングを行い、製品動向、流通動向、市場動向、ユーザー動向の現状を把握し、今後の製品・市場動向を分析することを目的としています。

 



目次

調査項目

Ⅰ.総括
 1.3Dビジネスの中での3Dプリンターの位置付け
 2.3Dプリンター業界の経緯
 3.3Dプリンターの業界流通動向
 4.3Dプリンターの導入先
 5.3Dプリンターの分野別まとめ
   製造、医療、イベント、教育、その他
 6.3Dプリンターの市場動向

Ⅱ.3Dプリンターの製品動向
  方式(光造形法、粉末結合法、熱融解積層法、シート積層法、インクジェット法)の動向
  メーカー別製品動向/技術動向/価格動向

Ⅲ.3Dプリンターの業界動向
  3Dプリンターの可能性、国内の最新動向
  海外動向/企業の合併・買収動向

Ⅳ.3Dプリンターの市場動向
  国内、海外、市場規模、メーカーシェア
  タイプ別市場動向分析、

Ⅴ.3Dプリンターの企業動向
 ・企業動向まとめ(取材項目別まとめ)
 ・企業動向(8社)
  アルテック、イグアス、オーピーティー、ストラタシス・ジャパン、
  3Dシステムズ、丸紅情報システムズ、武藤工業、
  日本バイナリー

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る