世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

2013年版 スマート時代のマルチスクリーン利用実態調査

スマートフォン・タブレット・パソコン・テレビ

 

出版社 出版年月電子版価格
シード・プランニング
2013年4月¥160,000 (税別)

※電子ファイル(CD):調査研究報告書(PDF)、集計データ、フリーアンサー一覧(Excel)を収録。

サマリー

レポート概要


 
ポイント
  • 4スクリーン(スマートフォン・タブレット・パソコン・テレビ)の位置づけと役割は?
  • 複数端末の同時利用の実態と具体的な利用シーンは?
  • 4つのデバイスの方向性と新たに求められる機能やサービスは?

 

スマートフォンの急速な普及、クラウドコンピューティングや多彩なアプリケーションの出現を背景に、生活者は過去の単独の単一端末に向き合う生活から、各種端末の複数のスクリーンを使いこなす生活に入ろうとしています。

スマートフォン、タブレット、パソコン、テレビが存在し、それぞれの機能を生かした単独の使い方だけではなく、2スクリーン、3スクリーンを同時に見て、生活をより快適に効率よくしようとする兆しが見え始めてきたといえます。

本調査では、800人の生活者を対象に、Webアンケートを実施し、4スクリーン(スマートフォン・タブレット・パソコン・テレビ)が生活者にどのように使われているのか、その実態を探りました。

本調査レポートは、電子版(CD)でのご提供となります。報告書、各種集計データに加え、フリーアンサー一覧を収録しております。2スクリーン、3スクリーン、4スクリーンの具体的な利用シーンを生データでご確認いただけます。

レポート詳細


 

調査対象

生活者800人(20代・30代・40代・50代以上×男女 各100人)
※スマートフォン・パソコン・テレビの所有を条件とした。

調査方法

Webアンケート

調査期間

2013年3月~4月

 



目次

目次

調査概要

対象者プロフィール
  ①基本属性
  ②スマートフォン・タブレット・パソコン・テレビの所有状況
  ③契約インターネット回線

Ⅰ.まとめ
  各端末の利用実態
  複数端末の同時利用
  今後の変化と要望

Ⅱ.調査結果のポイント

  <各端末の利用実態>
  1-1 端末の利用時間 【平日】【休日】全体
  1-2 端末の利用時間 【平日】【休日】端末別
  2 端末の利用場所
  3 端末の宅内利用比率
  4-1 端末の利用目的(端末別一覧)
  4-2 分類:エンタテインメント
  4-3 分類:情報検索
  4-4 分類:コミュニケーション・その他
  4-5 相関図:スマートフォン×タブレット
  4-6 相関図:スマートフォン×パソコン
  4-7 相関図:パソコン×タブレット
  5 用途別の最適端末

  <複数端末の同時利用の実態>
  6 テレビを見ながらのネット利用
  7 複数端末の同時利用
  8-1 利用シーン:スマートフォン+テレビ
  8-2 利用シーン:パソコン+テレビ
  8-3 利用シーン:スマートフォン+パソコン
  8-4 利用シーン:スマートフォン+パソコン+テレビ

  <今後の変化と要望>
  9 スマートフォン・タブレットの連動サービスへの関心
  10-1 今後の4スクリーンの視聴時間の変化
  10-2 今後のテレビ視聴スタイルの変化
  11 次に端末を購入する時期
  12 各端末に求める機能やサービス

Ⅲ.データ編 (エクセルファイルでCD-ROMに収録)
  <集計データ>
  ・800s単純集計結果
  ・性年代×全項目
  ・契約インターネット回線の種類×全項目
  ・タブレット所有・非所有×全項目

  <フリーアンサー一覧>
  ・複数端末の同時利用パターン別の具体的な利用シーン
  ・スマートフォン・タブレット・パソコン・テレビに求める機能やサービス

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る