世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

会員登録

マイページ

ヒューマンエラーの理論と対策

 

出版社 出版年月冊子体価格ページ数
エヌ・ティー・エス
2018年5月¥42,000 (税別)350

サマリー

【レポート概要】

エヌ・ティー・エスの発行する書籍「ヒューマンエラーの理論と対策は、あらゆる分野で起こりうるヒューマンエラー(人為的過誤・過失)について、さまざまな現場における発生のメカニズムを、理工学や心理学、リスク管理など各分野の専門家が分析、対策について解説します。

本書のポイント

  • 産業事故、労働災害を引き起こすヒューマンエラーはなぜ起こるのか?
  • ヒューマンエラーに対する過失責任は問えるのか?
  • 疲労、加齢、組織、集団の影響は?
  • 運転、製造、設計、品質、医療、建設の現場で起こるヒューマンエラーと対策を専門家が詳しく解説!

 



目次

主な目次


序論 ヒューマンエラーとは何か

第1編 ヒューマンエラーの基礎

第1章 注意とヒューマンエラー

第2章 ヒューマンエラーの認知的発生メカニズム

第3章 疲労・睡眠・ストレスとヒューマンエラー

第4章 加齢とヒューマンエラー:人工物との相互作用を中心として

第5章 集団・組織のヒューマンエラー

第6章 ヒューマンエラーと過失責任
 

第2編 ヒューマンエラー防止対策

第1章 エラーマネジメント

第2章 自動車運転者のヒューマンエラーと事故

第3章 製造過程におけるヒューマンエラーの分析とその対策

第4章 事務処理におけるヒューマンエラーの分析と防止

第5章 品質管理におけるヒューマンエラーの分析と防止   

第6章 ヒューマンエラー防止のための教育訓練

第7章 製品の設計と消費者のヒューマンエラー

第8章 医療現場におけるヒューマンエラーの分析と対策

第9章 ヒューマンエラーに起因する労働災害発生リスクの低減対策

第10章 農業におけるAlとIoTを活用したヒューマンエラー対策

第11章 情報セキュリティにおけるヒューマンエラー

第12章 ヒューマンエラー誘発機能を実装したVR訓練システムの開発と現場への適用

 

第3編 ヒューマンエラー防止の実務

第1章 ドライブレコーダを用いた安全運転教育の在り方

第2章 航空現場におけるヒューマンエラー対策

第3章 ヒューマンエラーを減らすための企業内の取組み

 


 

【監修者】  芳賀  繁   株式会社社会安全研究所 技術顧問/ 前 立教大学現代心理学部心理学科 教授

【執筆者】(執筆順)計22名

芳賀  繁   株式会社社会安全研究所 技術顧問/ 前 立教大学現代心理学部心理学科 教授

熊田 孝恒   京都大学大学院情報学研究科 教授

重森 雅嘉   静岡英和学院大学短期大学部 准教授

細田  聡   関東学院大学社会学部 教授

原田 悦子   筑波大学人間系 教授

山口 裕幸   九州大学大学院人間環境学研究院 教授

池田 良彦   東海大学法学部法律学科 客員教授

篠原 一光   大阪大学大学院人間科学研究科 教授

岡田 有策   慶應義塾大学理工学部管理工学科 教授

中田  亨   国立研究開発法人産業技術総合研究所人工知能研究センター 副連携室長

中條 武志   中央大学理工学部 教授

中村 隆宏   関西大学社会安全学部 教授

久本 誠一   製品安全コンサルタント/ 元 独立行政法人製品評価技術基盤機構製品安全センター事故リスク情報分析室 室長

笠原 康代   公益財団法人東京都医学総合研究所運動・感覚システム研究分野 非常勤研究員/ 前 昭和大学保健医療学部看護学科 講師

高橋 明子   独立行政法人労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所リスク管理研究センター主任研究員

梶原 祐輔   公立小松大学生産システム科学部 准教授

島川 博光   立命館大学情報理工学部 教授

内田 勝也   情報セキュリティ大学院大学 名誉教授

渡部 直人   日本エヌ・ユー・エス株式会社環境管理ユニット 技術主幹

北村 憲康   東京海上日動リスクコンサルティング株式会社コーポレート役員直轄 主席研究員/ 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 特任准教授

石井 和宏   ANAビジネスソリューション株式会社営業本部研修事業部 参与

和田 一成   西日本旅客鉄道株式会社安全研究所ヒューマンファクター研究室 副室長・主任研究員

 

ページTOPに戻る

同社・類似レポート一覧

  • 同社同テーマのレポートはありません。

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問い合せは、お電話・メール・WEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問い合せはこちらのフォームから承ります

office@dri.co.jp

このレポートへのお問い合せ

03-3582-2531

電話お問い合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る