世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

画像データを用いるAIビジネス ─ 特許情報×AIビジネス 特許情報から業界のAI活用がわかる

事業化ステージの特許調査先端技術の開発最前線を知る

 

出版社 出版年月冊子体+電子版価格 ページ数
ネオテクノロジー
2018年5月¥48,000 (税別)236

サマリー

レポート概要

AIデータのうちで最も多用されている画像データを用いた用途は何か?

本書は「画像データを用いるAIビジネス」を特許情報から特許情報から読み解きます。

21世紀になって大きな技術の変動が起こっているようです。
半導体技術の進歩により、20世紀では考えられなかったほどの大量のデータを処理することが可能になりました。同時に情報を取り扱う技術飛躍的に向上し、いわゆる「IT業界」が生まれ、巨大産業となりました。

本書はハードウェアとソフトウェアの両方の進歩が、今どのような変化を社会に起こそうとしているのかを、特許情報から考察しています。

ソフトウェアの進歩の一例として、特に人工知能を取り上げました。
ハードウェアの進歩を表す一例として、画像データ(動画を含む)を取り上げました。

直近の3年間(2015年1月1日から2018年3月31日)の間、日本で公開された公開特許情報を対象とし、用途が記載されているものを随時検索式によって抽出し、9つの用途(医療、外観検査、車両、監視カメラ、人の特定、人の動作、動画、文字、AR)を抽出し、用途別、出願数の多い企業別に分析を行いました。



目次

掲載内容

1.調査の概要

(1)調査内容
(2)用途分類の定義
(3)画像データを用いた用途の全体像

2.用途から見る

(1)医療ヘルスケア
(2)外観検査
(3)車両
(4)監視カメラ
(5)人の特定
(6)人の動作
(7)動画
(8)文字
(9)AR

3.上位出願人から見る

1位.キヤノン
2位.リコー
3位.日本電信電話
4位.ソニー
5位.パナソニック
5位.富士フイル
7位.コーニンクレッカ フィリップス
7位.富士通
9位.日本電気
9位.KDDI
11位.東芝メディカルシステムズ
11位.東芝
11位.トヨタ自動車
14位.日本放送協会

4.特許情報抄録

(1)上位出願人
(2)その他の出願人

5.付属資料(CD-ROM)

該当特許一覧表

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る