世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

アジア太平洋地域のバイオベースのポリエチレンテレフタラート (PET)市場予測 2018-2026年

ASIA PACIFIC BIO-BASED POLYETHYLENE TEREPHTHALATE (PET) MARKET FORECAST 2018-2026

 

出版社 出版年月電子版価格 ページ数
Inkwood Research
インクウッドリサーチ
2018年5月US$1,250
シングルユーザライセンス
95

※当ページの内容はウェブ更新時の情報です。
最新版の価格やページ数などの情報についてはお問合せください。

サマリー

この調査レポートはアジア太平洋地域のバイオベースのポリエチレンテレフタラート (PET)市場を分析・予測したInkwood Researchの市場調査報告書です。

Description

KEY FINDINGS
Raw material availability and low production costs are the main motivators of bioplastic industry in the Asia Pacific region. Over the forecast period of 2018-2026, the Asia-Pacific bio-based polyethylene terephthalate market is anticipated to register a CAGR of 17.64%. Japan and China have a well-established Chemical industry in this region, which again positively influences the Bioplastic market
MARKET INSIGHTS
Growing production activity and rising government support in the Asia Pacific region along with supportive government regulations are presenting the market with prospective growth opportunities. The Indian market is expected to register the highest CAGR over the forecast period in the Asian bio-based PET market. Factors such as raw material availability, a large number of end-users, and favourable government policies could possibly drive this market’s prosperity. Also, India is a developing economy, a fact, which is beneficial for the Bio PET market.
COMPETITIVE INSIGHTS
Noted market players in this region include Indorama Ventures, Tianjin Greenbio Materials, Plastipak Packaging Inc, Pepsico, Toyota Tsusho, Teijin Limited, Toray Industries, and Du Pont.



目次

目次はEメールでお送りいたします。データリソースまでお申し付けください。

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る