世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

トリプルネガティブ乳がん市場:疫学、産業動向、シェア、規模、成長、機会、2024-2034年予測


Triple-negative Breast Cancer Market: Epidemiology, Industry Trends, Share, Size, Growth, Opportunity, and Forecast 2024-2034

トリプルネガティブ乳がん市場は、2023年に上位7市場(米国、EU4、英国、日本)で4億9,050万米ドルに達した。今後、IMARCグループは、上位7市場が2034年までに7億7320万米ドルに達し、2024~2034年の成長率(CAGR... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
IMARC Services Private Limited.
アイマークサービス
2024年5月6日 US$6,499
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
129 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。


 

サマリー

トリプルネガティブ乳がん市場は、2023年に上位7市場(米国、EU4、英国、日本)で4億9,050万米ドルに達した。今後、IMARCグループは、上位7市場が2034年までに7億7320万米ドルに達し、2024~2034年の成長率(CAGR)は4.22%になると予測している。

トリプルネガティブ乳がん市場は、IMARCの最新レポート「トリプルネガティブ乳がん市場」で包括的に分析されています:疫学、産業動向、シェア、市場規模、成長、機会、および2024-2034年予測」と題するIMARCの最新報告書で包括的に分析されている。トリプルネガティブ乳がん(TNBC)は、エストロゲンとプロゲステロン、ヒト上皮成長因子受容体2(HER2)として知られるタンパク質の3つの主要な受容体が陰性である特定のタイプのがんである。他のがんに比べて悪性度が高く、治療が困難であることが知られている。TNBCの症状は、他のタイプの乳がんと似ています。最も早期で典型的な徴候は、痛みを伴わない新たなしこりや小結節の形成です。その他の症状としては、乳房全体の腫れ、皮膚の外側の層がくぼんだりたるんだりすること、乳房や乳頭の痛み、母乳のように見える乳頭からの分泌物、乳頭の反転、乳頭や乳房の周囲の皮膚が乾燥してもろくなることなどがあります。また、乳がんが脇の下や鎖骨周辺のリンパ節に転移した場合、リンパ節が腫れることがよくあります。この病態を診断するために、臨床医はまずマンモグラフィーを行い、乳房に腫瘤や腫瘍のようなものがあれば分析します。続いて生検を行い、乳房組織のごく一部を採取して、基礎にあるがんの亜型を判定します。医師は、MRI、超音波検査、コンピュータ断層撮影検査、陽電子放射断層撮影(PET)検査など、いくつかの検査を患者さんに行うことがあります。

40歳未満の女性における乳がんの有病率の増加と再発頻度の増加が、主にトリプルネガティブ乳がん市場を牽引している。これに加えて、予後予測、再発の早期発見、病気の進行と治療への反応の長期的モニタリングなど、乳がん管理のいくつかの側面を支援する高度な生検技術の導入が、市場の見通しをさらに明るいものにしている。さらに、疾患の臨床管理における効率的なツールとしてナノテクノロジーが登場したことも、市場の成長を後押ししている。ナノ粒子の使用は、腫瘍部位への薬物や薬剤の体系的かつ効率的な送達を容易にする。このほか、がん治療薬の進歩により、がん治療に対するアウトカムベースのアプローチが重視されるようになり、併用薬や革新的な治療法が重視されるようになったことも、世界市場を後押ししている。さらに、いくつかの主要企業は、高リスクの残存TNBC腫瘍を層別化し、低リスクのものと区別するために、正確で高解像度の予後分子バイオマーカーの開発に多額の投資を行っている。このことは、さらに別の成長促進因子として作用している。これとは別に、実用的な治療標的、分子ドライバー、および効果的な治療法の選択に関する関連情報を生成するための、mRNA発現プロファイルおよび固有の腫瘍シグネチャーに基づくTNBCの明確なサブタイプへの分類を含む数多くのバイオテクノロジー開発が、今後数年間、トリプルネガティブ乳がん市場を牽引すると予想される。

IMARCグループの最新刊では、米国、EU4(ドイツ、スペイン、イタリア、フランス)、英国、日本のトリプルネガティブ乳がん市場を網羅的に分析しています。これには、治療法、市販中およびパイプライン中の薬剤、個々の治療法のシェア、主要7市場全体の市場実績、主要企業とその薬剤の市場実績などが含まれる。また、主要7市場の現在および将来の患者数も掲載しています。本レポートによると、米国はトリプルネガティブ乳がんの患者数が最も多く、その治療市場も最大である。さらに、現在の治療法/アルゴリズム、市場促進要因、課題、機会、償還シナリオ、アンメット・メディカル・ニーズなども報告書に記載されている。本レポートは、メーカー、投資家、ビジネス戦略家、研究者、コンサルタント、およびトリプルネガティブ乳がん市場に何らかの利害関係を持つ、または何らかの形で参入を計画しているすべての人々にとって必読の書です。

最近の動向
2024年2月、アデレード大学が実施した前臨床試験で、CDDD11-8が毒性の副作用なしにトリプルネガティブ乳がんの増殖を抑制できることが明らかになった。この治療薬候補は経口摂取するようデザインされており、CDK9と呼ばれるがん腫瘍内の特定のタンパク質を標的とすることで作用し、細胞増殖を加速させる。
2023年12月、アニキサ・バイオサイエンシズ社は乳がんワクチンの第1相臨床試験から新たに良好な結果が得られたと発表した。この臨床試験はクリーブランド・クリニックと共同で実施されており、米国国防総省からの助成金の支援を受けている。このワクチンは、患者のTNBCがん細胞を破壊するよう免疫系を誘導するよう設計されている。
2023年5月、上海潤思生物科技有限公司は、同社の抗PD-1モノクローナル抗体トリパリマブの新薬追加申請(sNDA)が国家医薬品監督管理局(NMPA)により承認されたことを発表した。本抗体は、アルブミン結合パクリタキセルと併用し、PD-L1陽性(CPS≧1)の未治療転移性または再発転移性トリプルネガティブ乳がんの治療に使用される。

主なハイライト
トリプルネガティブ乳癌は全乳癌の10~15%を占め、生存率は5年未満と低い。
早期トリプルネガティブ乳癌(ステージIからIII)と診断された患者の最大50%が疾患再発を起こし、37%が手術後5年以内に死亡する。
2030年には新たに260万人の乳がん患者が発生すると推定されており、これは世界全体で2020年から18%の増加である。
研究によると、黒人女性は白人女性よりもトリプルネガティブ乳癌に罹患しやすく、また40歳未満の女性は50~64歳の女性よりも罹患しやすい。
BRCA1遺伝子に変異のある女性に発症する乳癌の約70%~80%はトリプルネガティブ乳癌である。

薬剤
TRODELVY(サシツズマブ・ゴビテカン)は、体の様々な部位に転移している(転移性)、または外科的に切除できないトリプルネガティブ乳がん(プロゲステロンおよびエストロゲンのホルモン受容体およびHER2が陰性)で、転移性疾患に対する少なくとも1回の治療を含む2回以上の前治療を受けている女性の治療に使用される処方薬です。サシツズマブ・ゴビテカンは、Trop-2指向性抗体とトポイソメラーゼ阻害剤の薬物複合体で、がんの増殖、分裂、転移を助けるTrop-2受容体を標的とする。

トリパリマブは、進行トリプルネガティブ乳がんの治療に使用される抗PD-1モノクローナル抗体である。PD-1とそのリガンドであるPD-L1およびPD-L2との相互作用を阻害し、受容体の内在化(エンドサイトーシス機能)を促進することで、免疫系による腫瘍細胞への攻撃・殺傷能力を促進する。

ミルベツキシマブ・ソラブタンシンは、トリプルネガティブ乳がんを対象にイミュノジェン社が臨床試験中である。この薬剤候補は、葉酸受容体1(FOLR1)に選択的に結合するヒト化モノクローナル抗体からなる免疫複合体である。


試験期間

基準年:2023年
過去期間:2018年~2023年
市場予測2024-2034

対象国

米国
ドイツ
フランス
イギリス
イタリア
スペイン
日本

各国の分析

過去、現在、将来の疫学シナリオ
トリプルネガティブ乳がん市場の過去・現在・将来の業績
市場における各種治療カテゴリーの歴史的、現在および将来の業績
トリプルネガティブ乳がん市場における各種薬剤の売上高
市場における償還シナリオ
市販中およびパイプライン医薬品

競合情勢:
本レポートでは、現在市販されているトリプルネガティブ乳がん治療薬と後期開発段階のパイプライン医薬品についても詳細に分析しています。

市販中の薬剤

薬剤概要
作用機序
規制状況
臨床試験結果
薬剤の普及と市場実績

後期パイプライン医薬品

薬剤概要
作用機序
規制状況
臨床試験結果
薬剤の普及と市場実績

*上表の医薬品は上市済み/パイプライン医薬品の一部であり、全リストは報告書に記載されている。


本レポートでお答えする主な質問
市場インサイト

トリプルネガティブ乳がん市場はこれまでどのように推移し、今後数年間はどのように推移するのか?
2023年における各治療分野の市場シェアと2034年までの予測は?
2023年の主要7市場におけるトリプルネガティブ乳がん市場の国別規模と2034年にはどうなるか?
主要7市場におけるトリプルネガティブ乳がん市場の成長率と、今後10年間の期待成長率は?
市場における主なアンメットニーズは何か?

疫学インサイト

主要7市場におけるトリプルネガティブ乳がんの有病者数(2018~2034年)は?
主要7市場におけるトリプルネガティブ乳がんの年齢別有病者数(2018~2034年)は?
主要7市場におけるトリプルネガティブ乳がんの男女別有病者数(2018~2034年)は?
主要7市場全体でのトリプルネガティブ乳がんの診断患者数(2018~2034年)は?
主要7市場におけるトリプルネガティブ乳がん患者プールの規模(2018~2023年)は?
主要7市場におけるトリプルネガティブ乳がん患者数の予測(2024~2034年)は?
トリプルネガティブ乳がんの疫学的傾向を促進する主な要因は何か?
主要7市場全体での患者数の伸び率はどうなるか?

トリプルネガティブ乳がん:現在の治療シナリオ、上市されている薬剤、新たな治療法

現在販売されている薬剤とその市場実績は?
主なパイプライン医薬品と今後数年間の市場予測は?
現在販売されている薬剤の安全性と有効性は?
後期段階のパイプライン医薬品の安全性とその効能は?
主要7市場におけるトリプルネガティブ乳がん治療薬の現在の治療ガイドラインは?
市場における主要企業とその市場シェアは?
トリプルネガティブ乳がん市場に関連する主要なM&A、ライセンス活動、提携などは?
トリプルネガティブ乳がん市場に関連する主な規制イベントは?
トリプルネガティブ乳がん市場に関連する臨床試験の状況別の構造は?
トリプルネガティブ乳がん市場に関連するフェーズ別の臨床試験ランドスケープ構造は?
トリプルネガティブ乳がん市場に関連する投与経路別の治験ランドスケープ構造は?

ページTOPに戻る


目次

1 序文

2 調査範囲と方法論
2.1 調査の目的
2.2 利害関係者
2.3 データソース
2.3.1 一次情報源
2.3.2 二次情報源
2.4 市場推定
2.4.1 ボトムアップアプローチ
2.4.2 トップダウンアプローチ
2.5 予測方法

3 エグゼクティブ・サマリー

4 トリプルネガティブ乳がん-序論
4.1 概要
4.2 規制プロセス
4.3 疫学(2018年~2023年)と予測(2024年~2034年)
4.4 市場概要(2018~2023年)と予測(2024~2034年)
4.5 競合インテリジェンス

5 トリプルネガティブ乳がん-疾患概要
5.1 はじめに
5.2 症状と診断
5.3 病態生理学
5.4 原因と危険因子
5.5 治療

6 患者の旅

7 トリプルネガティブ乳癌-疫学と患者集団
7.1 疫学-重要な洞察
7.2 疫学シナリオ-上位7市場
7.2.1 疫学シナリオ(2018~2023年)
7.2.2 疫学予測(2024~2034年)
7.2.3 年齢別疫学(2018~2034年)
7.2.4 男女別疫学(2018~2034年)
7.2.5 診断症例数(2018年~2034年)
7.2.6 患者プール/治療症例(2018~2034年)
7.3 疫学シナリオ-米国
7.3.1 疫学シナリオ(2018~2023年)
7.3.2 疫学予測(2024-2034年)
7.3.3 年齢別疫学(2018~2034年)
7.3.4 男女別の疫学(2018~2034年)
7.3.5 診断症例数(2018~2034年)
7.3.6 患者プール/治療症例数(2018~2034年)
7.4 疫学シナリオ-ドイツ
7.4.1 疫学シナリオ(2018~2023年)
7.4.2 疫学予測(2024-2034年)
7.4.3 年齢別疫学(2018~2034年)
7.4.4 性別疫学(2018~2034年)
7.4.5 診断症例数(2018~2034年)
7.4.6 患者プール/治療症例数(2018~2034年)
7.5 疫学シナリオ-フランス
7.5.1 疫学シナリオ(2018年~2023年)
7.5.2 疫学予測(2024-2034年)
7.5.3 年齢別疫学(2018-2034年)
7.5.4 性別疫学(2018~2034年)
7.5.5 診断症例数(2018~2034年)
7.5.6 患者プール/治療症例(2018~2034年)
7.6 疫学シナリオ-英国
7.6.1 疫学シナリオ(2018年~2023年)
7.6.2 疫学予測(2024-2034年)
7.6.3 年齢別疫学(2018~2034年)
7.6.4 男女別の疫学(2018-2034年)
7.6.5 診断症例数(2018年~2034年)
7.6.6 患者プール/治療症例数(2018~2034年)
7.7 疫学シナリオ-イタリア
7.7.1 疫学シナリオ(2018年〜2023年)
7.7.2 疫学予測(2024-2034年)
7.7.3 年齢別疫学(2018年~2034年)
7.7.4 男女別の疫学(2018~2034年)
7.7.5 診断症例数(2018年~2034年)
7.7.6 患者プール/治療症例数(2018~2034年)
7.8 疫学シナリオ-スペイン
7.8.1 疫学シナリオ(2018〜2023年)
7.8.2 疫学予測(2024-2034年)
7.8.3 年齢別疫学(2018-2034年)
7.8.4 性別疫学(2018~2034年)
7.8.5 診断症例数(2018年~2034年)
7.8.6 患者プール/治療症例数(2018~2034年)
7.9 疫学シナリオ-日本
7.9.1 疫学シナリオ(2018年~2023年)
7.9.2 疫学予測(2024-2034年)
7.9.3 年齢別疫学(2018年~2034年)
7.9.4 男女別疫学(2018年~2034年)
7.9.5 診断症例数(2018年~2034年)
7.9.6 患者プール/治療症例数(2018~2034年)

8 トリプルネガティブ乳癌-治療アルゴリズム,ガイドライン,診療行為
8.1 ガイドライン、管理、治療
8.2 治療アルゴリズム

9 トリプルネガティブ乳癌-アンメットニーズ

10 トリプルネガティブ乳癌-治療の主要エンドポイント

11 トリプルネガティブ乳癌-上市されている製品
11.1 上位7市場におけるトリプルネガティブ乳がんの上市済み医薬品リスト
11.1.1 サシツズマブ・ゴビテカン - Everest Medicines/Immunomedics
11.1.1.1 医薬品の概要
11.1.1.2 作用機序
11.1.1.3 薬事承認状況
11.1.1.4 臨床試験結果
11.1.1.5 主要市場における売上高

なお、上記は販売されている医薬品の一部であり、全リストは報告書に記載されている。

12 トリプルネガティブ乳がん - パイプライン医薬品
12.1 上位7市場におけるトリプルネガティブ乳がんパイプライン医薬品リスト
12.1.1 トリパリマブ - 上海潤思生物科技有限公司
12.1.1.1 医薬品の概要
12.1.1.2 作用機序
12.1.1.3 臨床試験結果
12.1.1.4 安全性と有効性
12.1.1.5 薬事承認状況
12.1.2 デュルバルマブ - セルジーン/メディミューン
12.1.2.1 薬の概要
12.1.2.2 作用機序
12.1.2.3 臨床試験結果
12.1.2.4 安全性と有効性
12.1.2.5 薬事規制
12.1.3 Mirvetuximab soravtansine - ImmunoGen社
12.1.3.1 薬の概要
12.1.3.2 作用機序
12.1.3.3 臨床試験結果
12.1.3.4 安全性と有効性
12.1.3.5 薬事規制
12.1.4 アルペリシブ - ノバルティスオンコロジー
12.1.4.1 薬剤概要
12.1.4.2 作用機序
12.1.4.3 臨床試験結果
12.1.4.4 安全性と有効性
12.1.4.5 規制ステータス
12.1.5 ダロルタミド - バイエルヘルスケア/オリオン
12.1.5.1 医薬品の概要
12.1.5.2 作用機序
12.1.5.3 臨床試験結果
12.1.5.4 安全性と有効性
12.1.5.5 薬事規制

なお、上記はパイプライン医薬品の一部であり、全リストは報告書に記載されている。

13.トリプルネガティブ乳がん - 主な市販薬とパイプライン薬の属性分析

14.トリプルネガティブ乳癌-臨床試験状況
14.1 ステータス別薬剤
14.2 フェーズ別薬剤
14.3 投与経路別
14.4 主な規制イベント

15 トリプルネガティブ乳癌-市場シナリオ
15.1 市場シナリオ - 主要洞察
15.2 市場シナリオ - 上位7市場
15.2.1 トリプルネガティブ乳がん - 市場規模
15.2.1.1 市場規模(2018年~2023年)
15.2.1.2 市場予測(2024年~2034年)
15.2.2 トリプルネガティブ乳がん:治療薬別市場規模
15.2.2.1 治療法別の市場規模(2018〜2023年)
15.2.2.2 治療法別市場予測(2024年~2034年)
15.3 市場シナリオ - 米国
15.3.1 トリプルネガティブ乳がん - 市場規模
15.3.1.1 市場規模(2018年〜2023年)
15.3.1.2 市場予測(2024年~2034年)
15.3.2 トリプルネガティブ乳がん:治療薬別市場規模
15.3.2.1 治療法別の市場規模(2018〜2023年)
15.3.2.2 治療法別市場予測(2024年~2034年)
15.3.3 トリプルネガティブ乳がん-アクセスと償還の概要
15.4 市場シナリオ - ドイツ
15.4.1 トリプルネガティブ乳がん - 市場規模
15.4.1.1 市場規模(2018年〜2023年)
15.4.1.2 市場予測(2024年〜2034年)
15.4.2 トリプルネガティブ乳がん:治療薬別市場規模
15.4.2.1 治療法別の市場規模(2018〜2023年)
15.4.2.2 治療法別市場予測(2024年〜2034年)
15.4.3 トリプルネガティブ乳がん - アクセスと償還の概要
15.5 市場シナリオ - フランス
15.5.1 トリプルネガティブ乳がん - 市場規模
15.5.1.1 市場規模(2018年〜2023年)
15.5.1.2 市場予測(2024年〜2034年)
15.5.2 トリプルネガティブ乳がん:治療薬別市場規模
15.5.2.1 治療法別の市場規模(2018〜2023年)
15.5.2.2 治療法別市場予測(2024年〜2034年)
15.5.3 トリプルネガティブ乳がん - アクセスと償還の概要
15.6 市場シナリオ - イギリス
15.6.1 トリプルネガティブ乳がん - 市場規模
15.6.1.1 市場規模(2018年〜2023年)
15.6.1.2 市場予測(2024年〜2034年)
15.6.2 トリプルネガティブ乳がん:治療薬別市場規模
15.6.2.1 治療法別の市場規模(2018〜2023年)
15.6.2.2 治療法別市場予測(2024年〜2034年)
15.6.3 トリプルネガティブ乳がん - アクセスと償還の概要
15.7 市場シナリオ - イタリア
15.7.1 トリプルネガティブ乳がん - 市場規模
15.7.1.1 市場規模(2018年〜2023年)
15.7.1.2 市場予測(2024年〜2034年)
15.7.2 トリプルネガティブ乳がん:治療薬別市場規模
15.7.2.1 治療法別の市場規模(2018〜2023年)
15.7.2.2 治療法別市場予測(2024年〜2034年)
15.7.3 トリプルネガティブ乳がん - アクセスと償還の概要
15.8 市場シナリオ:スペイン
15.8.1 トリプルネガティブ乳がん - 市場規模
15.8.1.1 市場規模(2018年~2023年)
15.8.1.2 市場予測(2024年〜2034年)
15.8.2 トリプルネガティブ乳がん:治療薬別市場規模
15.8.2.1 治療法別の市場規模(2018〜2023年)
15.8.2.2 治療法別市場予測(2024年〜2034年)
15.8.3 トリプルネガティブ乳がん - アクセスと償還の概要
15.9 市場シナリオ - 日本
15.9.1 トリプルネガティブ乳がん - 市場規模
15.9.1.1 市場規模(2018年〜2023年)
15.9.1.2 市場予測(2024年〜2034年)
15.9.2 トリプルネガティブ乳がん:治療薬別市場規模
15.9.2.1 治療法別の市場規模(2018〜2023年)
15.9.2.2 治療法別市場予測(2024年〜2034年)
15.9.3 トリプルネガティブ乳がん - アクセスと償還の概要

16 トリプルネガティブ乳がん-最近の出来事と主要オピニオンリーダーからのインプット

17 トリプルネガティブ乳がん市場-SWOT分析
17.1 長所
17.2 弱点
17.3 機会
17.4 脅威

18 トリプルネガティブ乳がん市場-戦略的提言

19 付録

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The triple-negative breast cancer market reached a value of US$ 490.5 Million across the top 7 markets (US, EU4, UK, and Japan) in 2023. Looking forward, IMARC Group expects the top 7 markets to reach US$ 773.2 Million by 2034, exhibiting a growth rate (CAGR) of 4.22% during 2024-2034.

The triple-negative breast cancer market has been comprehensively analyzed in IMARC's new report titled "Triple-negative Breast Cancer Market: Epidemiology, Industry Trends, Share, Size, Growth, Opportunity, and Forecast 2024-2034". Triple-negative breast cancer (TNBC) is a specific type of cancer that tests negative for three major receptors, the hormones estrogen and progesterone, as well as a protein known as human epidermal growth factor receptor 2 (HER2). It is much more malignant than the rest of the cancers and is recognized for being challenging to treat. The symptoms of TNBC are similar to those of other types of breast cancer. The earliest and most typical sign is the formation of a new lump or nodule, which is painless. Other symptoms usually involve swelling in the whole breast, an occurrence of a dimply or saggy outer layer of skin, pain in the breast or the nipple, a discharge in the nipple that might seem to resemble breast milk, reversing nipples, the skin around the nipple or the breast appearing to be dry and brittle, etc. In addition, swollen lymph nodes may often develop in the patient if the breast cancer has migrated to the lymph nodes under the arm or surrounding the collar bone. To diagnose this condition, the clinician will first perform mammography to analyze any appearance of a mass or tumor in the breast. This is followed by a biopsy, during which a tiny part of the breast tissue is extracted and evaluated to determine the subtype of the underlying cancer. The doctor may perform several other tests on the patient, including MRIs, ultrasound scans, computational tomography scans, and positron emission tomography (PET) scans.

The increasing prevalence of breast cancer in women who are under the age of 40 and the growing frequency of reoccurrences of the ailment are primarily driving the triple-negative breast cancer market. In addition to this, the introduction of advanced biopsy techniques that aid in several aspects of breast cancer management, including prognosis prediction, early relapse detection, longitudinal monitoring of disease progress and response to treatment, etc., is further creating a positive outlook for the market. Moreover, the emergence of nanotechnology as an efficient tool in the clinical management of the disease is also bolstering the market growth. The use of nanoparticles facilitates the delivery of drugs and agents to tumor sites in a systematic and efficient manner. Besides this, the ongoing advancements in oncology therapeutics have shifted focus towards an outcome-based approach to cancer care, with a rising emphasis on combination drugs and innovative therapeutic modalities, thereby propelling the global market. Additionally, several key players are making significant investments in developing precise and high-resolution prognostic molecular biomarkers to stratify and distinguish high-risk residual TNBC tumors from low-risk ones. This, in turn, is further acting as another growth-inducing factor. Apart from this, numerous biotechnological developments, including the classification of TNBC into distinct subtypes based on mRNA expression profiles and unique tumor signatures, for generating relevant information about the actionable therapeutic targets, molecular drivers, and effective therapy selection are expected to drive the triple-negative breast cancer market in the coming years.

IMARC Group's new report provides an exhaustive analysis of the triple-negative breast cancer market in the United States, EU4 (Germany, Spain, Italy, and France), United Kingdom, and Japan. This includes treatment practices, in-market, and pipeline drugs, share of individual therapies, market performance across the seven major markets, market performance of key companies and their drugs, etc. The report also provides the current and future patient pool across the seven major markets. According to the report, the United States has the largest patient pool for triple-negative breast cancer and also represents the largest market for its treatment. Furthermore, the current treatment practice/algorithm, market drivers, challenges, opportunities, reimbursement scenario, unmet medical needs, etc., have also been provided in the report. This report is a must-read for manufacturers, investors, business strategists, researchers, consultants, and all those who have any kind of stake or are planning to foray into the triple-negative breast cancer market in any manner.

Recent Developments:
In February 2024, a pre-clinical study conducted by the University of Adelaide revealed that CDDD11-8 can successfully inhibit the growth of triple-negative breast cancer without any toxic side effects. This therapeutic candidate is designed to be taken orally, and acts by targeting a specific protein in the cancerous tumor called CDK9, which speeds up cell growth.
In December 2023, Anixa Biosciences, Inc. announced new and updated positive results from the Phase 1 clinical trial of its breast cancer vaccine. The trial is being conducted in collaboration with Cleveland Clinic and supported by a grant from the U.S. Department of Defense. This vaccine is designed to direct the immune system to destroy TNBC cancer cells in patients.
In May 2023, Shanghai Junshi Biosciences Co., Ltd disclosed that the National Medical Products Administration (“NMPA”) had authorized the supplemental new drug application (“sNDA”) for the company’s anti-PD-1 monoclonal antibody, toripalimab. This antibody is used in conjunction with albumin-bound paclitaxel to treat PD-L1 positive (CPS ≥ 1) untreated metastatic or recurrent metastatic triple-negative breast cancer.

Key Highlights:
Triple-negative breast cancer represents 10–15 % of all breast cancers and has a low survival rate of less than 5 years.
A maximum of fifty percent of patients diagnosed with early-stage triple-negative breast cancer (stages I to III) develop disease recurrence, and 37% die within the first 5 years of surgery.
It is estimated that 2.6 million new breast cancer cases will occur in 2030, representing an 18 % increase from 2020 globally.
According to studies, Black women are more prone than white women to acquire triple-negative breast cancer, as do women under the age of 40 compared to those aged between 50-64 years.
Around 70%-80% of the breast cancers that develop in women with mutations in the BRCA1 genes are triple-negative breast cancer.

Drugs:
TRODELVY (sacituzumab govitecan) is a prescription medication used to treat women with triple-negative breast cancer (negative for progesterone and estrogen hormone receptors and HER2) that has spread to various other parts of the body (metastatic) or cannot be removed surgically, and who have undergone two or more prior treatments, including at least one for metastatic disease. Sacituzumab govitecan is a Trop-2-directed antibody and topoisomerase inhibitor drug conjugate, which targets the Trop-2 receptor that helps cancer grow, divide, and spread.

Toripalimab is an anti-PD-1 monoclonal antibody used for treating advanced triple-negative breast cancer. It promotes the immune system’s ability to attack and kill tumor cells by blocking PD-1 interactions with its ligands, PD-L1 and PD-L2, and for enhanced receptor internalization (endocytosis function).

Mirvetuximab soravtansine is under clinical study by ImmunoGen for triple-negative breast cancer. It is formulated as an intravenous (IV) solution.The drug candidate is an immunoconjugate consisting of the humanized monoclonal antibody that selectively binds to folate receptor 1 (FOLR1).


Time Period of the Study

Base Year: 2023
Historical Period: 2018-2023
Market Forecast: 2024-2034

Countries Covered

United States
Germany
France
United Kingdom
Italy
Spain
Japan

Analysis Covered Across Each Country

Historical, current, and future epidemiology scenario
Historical, current, and future performance of the Triple-negative breast cancer market
Historical, current, and future performance of various therapeutic categories in the market
Sales of various drugs across the Triple-negative breast cancer market
Reimbursement scenario in the market
In-market and pipeline drugs

Competitive Landscape:
This report also provides a detailed analysis of the current Triple-negative breast cancer marketed drugs and late-stage pipeline drugs.

In-Market Drugs

Drug Overview
Mechanism of Action
Regulatory Status
Clinical Trial Results
Drug Uptake and Market Performance

Late-Stage Pipeline Drugs

Drug Overview
Mechanism of Action
Regulatory Status
Clinical Trial Results
Drug Uptake and Market Performance

*Kindly note that the drugs in the above table only represent a partial list of marketed/pipeline drugs, and the complete list has been provided in the report.


Key Questions Answered in this Report:
Market Insights

How has the Triple-negative breast cancer market performed so far and how will it perform in the coming years?
What are the markets shares of various therapeutic segments in 2023 and how are they expected to perform till 2034?
What was the country-wise size of the Triple-negative breast cancer market across the seven major markets in 2023 and what will it look like in 2034?
What is the growth rate of the Triple-negative breast cancer market across the seven major markets and what will be the expected growth over the next ten years?
What are the key unmet needs in the market?

Epidemiology Insights

What is the number of prevalent cases (2018-2034) of Triple-negative breast cancer across the seven major markets?
What is the number of prevalent cases (2018-2034) of Triple-negative breast cancer by age across the seven major markets?
What is the number of prevalent cases (2018-2034) of Triple-negative breast cancer by gender across the seven major markets?
How many patients are diagnosed (2018-2034) with Triple-negative breast cancer across the seven major markets?
What is the size of the Triple-negative breast cancer patient pool (2018-2023) across the seven major markets?
What would be the forecasted patient pool (2024-2034) across the seven major markets?
What are the key factors driving the epidemiological trend of Triple-negative breast cancer?
What will be the growth rate of patients across the seven major markets?

Triple-negative Breast Cancer: Current Treatment Scenario, Marketed Drugs and Emerging Therapies

What are the current marketed drugs and what are their market performance?
What are the key pipeline drugs and how are they expected to perform in the coming years?
How safe are the current marketed drugs and what are their efficacies?
How safe are the late-stage pipeline drugs and what are their efficacies?
What are the current treatment guidelines for Triple-negative breast cancer drugs across the seven major markets?
Who are the key companies in the market and what are their market shares?
What are the key mergers and acquisitions, licensing activities, collaborations, etc. related to the Triple-negative breast cancer market?
What are the key regulatory events related to the Triple-negative breast cancer market?
What is the structure of clinical trial landscape by status related to the Triple-negative breast cancer market?
What is the structure of clinical trial landscape by phase related to the Triple-negative breast cancer market?
What is the structure of clinical trial landscape by route of administration related to the Triple-negative breast cancer market?



ページTOPに戻る


Table of Contents

1 Preface

2 Scope and Methodology
2.1 Objectives of the Study
2.2 Stakeholders
2.3 Data Sources
2.3.1 Primary Sources
2.3.2 Secondary Sources
2.4 Market Estimation
2.4.1 Bottom-Up Approach
2.4.2 Top-Down Approach
2.5 Forecasting Methodology

3 Executive Summary

4 Triple-negative Breast Cancer - Introduction
4.1 Overview
4.2 Regulatory Process
4.3 Epidemiology (2018-2023) and Forecast (2024-2034)
4.4 Market Overview (2018-2023) and Forecast (2024-2034)
4.5 Competitive Intelligence

5 Triple-negative Breast Cancer - Disease Overview
5.1 Introduction
5.2 Symptoms and Diagnosis
5.3 Pathophysiology
5.4 Causes and Risk Factors
5.5 Treatment

6 Patient Journey

7 Triple-negative Breast Cancer - Epidemiology and Patient Population
7.1 Epidemiology - Key Insights
7.2 Epidemiology Scenario - Top 7 Markets
7.2.1 Epidemiology Scenario (2018-2023)
7.2.2 Epidemiology Forecast (2024-2034)
7.2.3 Epidemiology by Age (​2018-2034​)
7.2.4 Epidemiology by Gender (​2018-2034​)
7.2.5 Diagnosed Cases (​2018-2034​)
7.2.6 Patient Pool/Treated Cases (​2018-2034​)
7.3 Epidemiology Scenario - United States
7.3.1 Epidemiology Scenario (2018-2023)
7.3.2 Epidemiology Forecast (2024-2034)
7.3.3 Epidemiology by Age (​2018-2034​)
7.3.4 Epidemiology by Gender (​2018-2034​)
7.3.5 Diagnosed Cases (​2018-2034​)
7.3.6 Patient Pool/Treated Cases (​2018-2034​)
7.4 Epidemiology Scenario - Germany
7.4.1 Epidemiology Scenario (2018-2023)
7.4.2 Epidemiology Forecast (2024-2034)
7.4.3 Epidemiology by Age (​2018-2034​)
7.4.4 Epidemiology by Gender (​2018-2034​)
7.4.5 Diagnosed Cases (​2018-2034​)
7.4.6 Patient Pool/Treated Cases (​2018-2034​)
7.5 Epidemiology Scenario - France
7.5.1 Epidemiology Scenario (2018-2023)
7.5.2 Epidemiology Forecast (2024-2034)
7.5.3 Epidemiology by Age (​2018-2034​)
7.5.4 Epidemiology by Gender (​2018-2034​)
7.5.5 Diagnosed Cases (​2018-2034​)
7.5.6 Patient Pool/Treated Cases (​2018-2034​)
7.6 Epidemiology Scenario - United Kingdom
7.6.1 Epidemiology Scenario (2018-2023)
7.6.2 Epidemiology Forecast (2024-2034)
7.6.3 Epidemiology by Age (​2018-2034​)
7.6.4 Epidemiology by Gender (​2018-2034​)
7.6.5 Diagnosed Cases (​2018-2034​)
7.6.6 Patient Pool/Treated Cases (​2018-2034​)
7.7 Epidemiology Scenario - Italy
7.7.1 Epidemiology Scenario (2018-2023)
7.7.2 Epidemiology Forecast (2024-2034)
7.7.3 Epidemiology by Age (​2018-2034​)
7.7.4 Epidemiology by Gender (​2018-2034​)
7.7.5 Diagnosed Cases (​2018-2034​)
7.7.6 Patient Pool/Treated Cases (​2018-2034​)
7.8 Epidemiology Scenario - Spain
7.8.1 Epidemiology Scenario (2018-2023)
7.8.2 Epidemiology Forecast (2024-2034)
7.8.3 Epidemiology by Age (​2018-2034​)
7.8.4 Epidemiology by Gender (​2018-2034​)
7.8.5 Diagnosed Cases (​2018-2034​)
7.8.6 Patient Pool/Treated Cases (​2018-2034​)
7.9 Epidemiology Scenario - Japan
7.9.1 Epidemiology Scenario (2018-2023)
7.9.2 Epidemiology Forecast (2024-2034)
7.9.3 Epidemiology by Age (​2018-2034​)
7.9.4 Epidemiology by Gender (​2018-2034​)
7.9.5 Diagnosed Cases (​2018-2034​)
7.9.6 Patient Pool/Treated Cases (​2018-2034​)

8 Triple-negative Breast Cancer - Treatment Algorithm, Guidelines, and Medical Practices
8.1 Guidelines, Management and Treatment
8.2 Treatment Algorithm

9 Triple-negative Breast Cancer - Unmet Needs

10 Triple-negative Breast Cancer - Key Endpoints of Treatment

11 Triple-negative Breast Cancer - Marketed Products
11.1 List of Triple-negative Breast Cancer Marketed Drugs Across the Top 7 Markets
11.1.1 Sacituzumab govitecan - Everest Medicines/Immunomedics
11.1.1.1 Drug Overview
11.1.1.2 Mechanism of Action
11.1.1.3 Regulatory Status
11.1.1.4 Clinical Trial Results
11.1.1.5 Sales Across Major Markets

Kindly note that the above only represents a partial list of marketed drugs, and the complete list has been provided in the report.

12 Triple-negative Breast Cancer - Pipeline Drugs
12.1 List of Triple-negative Breast Cancer Pipeline Drugs Across the Top 7 Markets
12.1.1 Toripalimab - Shanghai Junshi Biosciences
12.1.1.1 Drug Overview
12.1.1.2 Mechanism of Action
12.1.1.3 Clinical Trial Results
12.1.1.4 Safety and Efficacy
12.1.1.5 Regulatory Status
12.1.2 Durvalumab - Celgene/MedImmune
12.1.2.1 Drug Overview
12.1.2.2 Mechanism of Action
12.1.2.3 Clinical Trial Results
12.1.2.4 Safety and Efficacy
12.1.2.5 Regulatory Status
12.1.3 Mirvetuximab soravtansine - ImmunoGen
12.1.3.1 Drug Overview
12.1.3.2 Mechanism of Action
12.1.3.3 Clinical Trial Results
12.1.3.4 Safety and Efficacy
12.1.3.5 Regulatory Status
12.1.4 Alpelisib - Novartis Oncology
12.1.4.1 Drug Overview
12.1.4.2 Mechanism of Action
12.1.4.3 Clinical Trial Results
12.1.4.4 Safety and Efficacy
12.1.4.5 Regulatory Status
12.1.5 Darolutamide - Bayer HealthCare/Orion
12.1.5.1 Drug Overview
12.1.5.2 Mechanism of Action
12.1.5.3 Clinical Trial Results
12.1.5.4 Safety and Efficacy
12.1.5.5 Regulatory Status

Kindly note that the above only represents a partial list of pipeline drugs, and the complete list has been provided in the report.

13. Triple-negative Breast Cancer - Attribute Analysis of Key Marketed and Pipeline Drugs

14. Triple-negative Breast Cancer – Clinical Trial Landscape
14.1 Drugs by Status
14.2 Drugs by Phase
14.3 Drugs by Route of Administration
14.4 Key Regulatory Events

15 Triple-negative Breast Cancer - Market Scenario
15.1 Market Scenario - Key Insights
15.2 Market Scenario - Top 7 Markets
15.2.1 Triple-negative Breast Cancer - Market Size
15.2.1.1 Market Size (2018-2023)
15.2.1.2 Market Forecast (2024-2034)
15.2.2 Triple-negative Breast Cancer - Market Size by Therapies
15.2.2.1 Market Size by Therapies (2018-2023)
15.2.2.2 Market Forecast by Therapies (2024-2034)
15.3 Market Scenario - United States
15.3.1 Triple-negative Breast Cancer - Market Size
15.3.1.1 Market Size (2018-2023)
15.3.1.2 Market Forecast (2024-2034)
15.3.2 Triple-negative Breast Cancer - Market Size by Therapies
15.3.2.1 Market Size by Therapies (2018-2023)
15.3.2.2 Market Forecast by Therapies (2024-2034)
15.3.3 Triple-negative Breast Cancer - Access and Reimbursement Overview
15.4 Market Scenario - Germany
15.4.1 Triple-negative Breast Cancer - Market Size
15.4.1.1 Market Size (2018-2023)
15.4.1.2 Market Forecast (2024-2034)
15.4.2 Triple-negative Breast Cancer - Market Size by Therapies
15.4.2.1 Market Size by Therapies (2018-2023)
15.4.2.2 Market Forecast by Therapies (2024-2034)
15.4.3 Triple-negative Breast Cancer - Access and Reimbursement Overview
15.5 Market Scenario - France
15.5.1 Triple-negative Breast Cancer - Market Size
15.5.1.1 Market Size (2018-2023)
15.5.1.2 Market Forecast (2024-2034)
15.5.2 Triple-negative Breast Cancer - Market Size by Therapies
15.5.2.1 Market Size by Therapies (2018-2023)
15.5.2.2 Market Forecast by Therapies (2024-2034)
15.5.3 Triple-negative Breast Cancer - Access and Reimbursement Overview
15.6 Market Scenario - United Kingdom
15.6.1 Triple-negative Breast Cancer - Market Size
15.6.1.1 Market Size (2018-2023)
15.6.1.2 Market Forecast (2024-2034)
15.6.2 Triple-negative Breast Cancer - Market Size by Therapies
15.6.2.1 Market Size by Therapies (2018-2023)
15.6.2.2 Market Forecast by Therapies (2024-2034)
15.6.3 Triple-negative Breast Cancer - Access and Reimbursement Overview
15.7 Market Scenario - Italy
15.7.1 Triple-negative Breast Cancer - Market Size
15.7.1.1 Market Size (2018-2023)
15.7.1.2 Market Forecast (2024-2034)
15.7.2 Triple-negative Breast Cancer - Market Size by Therapies
15.7.2.1 Market Size by Therapies (2018-2023)
15.7.2.2 Market Forecast by Therapies (2024-2034)
15.7.3 Triple-negative Breast Cancer - Access and Reimbursement Overview
15.8 Market Scenario - Spain
15.8.1 Triple-negative Breast Cancer - Market Size
15.8.1.1 Market Size (2018-2023)
15.8.1.2 Market Forecast (2024-2034)
15.8.2 Triple-negative Breast Cancer - Market Size by Therapies
15.8.2.1 Market Size by Therapies (2018-2023)
15.8.2.2 Market Forecast by Therapies (2024-2034)
15.8.3 Triple-negative Breast Cancer - Access and Reimbursement Overview
15.9 Market Scenario - Japan
15.9.1 Triple-negative Breast Cancer - Market Size
15.9.1.1 Market Size (2018-2023)
15.9.1.2 Market Forecast (2024-2034)
15.9.2 Triple-negative Breast Cancer - Market Size by Therapies
15.9.2.1 Market Size by Therapies (2018-2023)
15.9.2.2 Market Forecast by Therapies (2024-2034)
15.9.3 Triple-negative Breast Cancer - Access and Reimbursement Overview

16 Triple-negative Breast Cancer - Recent Events and Inputs From Key Opinion Leaders

17 Triple-negative Breast Cancer Market - SWOT Analysis
17.1 Strengths
17.2 Weaknesses
17.3 Opportunities
17.4 Threats

18 Triple-negative Breast Cancer Market – Strategic Recommendations

19 Appendix

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同じKEY WORD(cancer)の最新刊レポート


よくあるご質問


IMARC Services Private Limited.社はどのような調査会社ですか?


インドに調査拠点を持つ調査会社。幅広い分野をカバーしていますがケミカルに特に焦点を当てています。 もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る