世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

2012年「屋内位置捕捉(非GPS技術を活用した) ビジネス」×今後5カ年(2013年度~2017年度)の対象セグメント(適用分野:エリア・場所のみ)別の普及シナリオ予測

【特別企画調査】

 

出版社 出版年月冊子体+電子版価格 ページ数
ESP総研
2012年2月¥104,500 (税込)307

※税別価格:950,000円。

サマリー

【サブタイトル】

-大分類6セグメント(小分類87セグメント)の対象セグメント(適用分野:エリア・場所のみ)別×公開統計の抽出ならびに、公開統計をベースとした「Japan-VALS2」普及予測ロジックによるトップダウン式潜在市場規模<2013年度-2017年度>算出(楽観シナリオ/悲観シナリオ)-

*非GPS技術とは、 RFID(P)、 UWB、 ZigBee、 RFID(A)、特定小電力、赤外線、超音波、無線LAN(Ekahau、WiFi 等)など

Ⅰ.要約・結論 編

1)「屋内位置捕捉(非GPS技術を活用した) ビジネス」×適用分野(エリア・場所のみ)の抽出方法
2)対象分野:大分類6(小分類87)セグメントにおける「 “屋内位置捕捉(非GPS技術を活用した)”ビジネス 」潜在市場規模(5カ年:2013年度-2017年度)推移・普及予測(TOTAL)< 「 SI/カスタマイズ」のケース> 
3)対象セグメント:大分類6セグメント別潜在市場規模ランキング(金額ベース)< 「SI/カスタマイズ」のケース> (1)楽観シナリオ【2013年度 予測、 2017年度 予測】
4)対象セグメント:大分類6セグメント別潜在市場規模ランキング(金額ベース)< 「SI/カスタマイズ」のケース> (2)悲観シナリオ【2013年度 予測、 2017年度 予測】
5)「屋内位置」用途(エリア・場所)抽出(大分類6セグメント、小分類95セグメント)<計:333件> 
6)“屋内位置捕捉(非GPS技術を活用した)”ビジネス×「SI/カスタマイズ」のケース×適用分野:大分類6(小分類87)セグメント×今後5カ年の潜在市場規模予測(2013年度-2017年度)<数量ベース/金額ベース>【楽観シナリオ 予測、悲観シナリオ 予測】 

Ⅱ.潜在市場規模算出 編(TOTAL/大分類6セグメント<小分類87セグメント> ×今後5カ年での普及予測) 

1)“屋内位置捕捉(非GPS技術を活用した)”ビジネス×セグメント(大分類6セグメント/小分類87セグメント)別 潜在市場規模推移・予測(今後5カ年:2013年度-2017年度での普及予測)TOTAL  
2)対象分野:大分類6(小分類87)セグメントにおける「 “屋内位置捕捉(非GPS技術を活用した)”ビジネス 」潜在市場規模(5カ年:2013年度-2017年度)推移・普及予測(TOTAL)< 「 SI/カスタマイズ」のケース> 
3)“屋内位置捕捉(非GPS技術を活用した) ビジネス×セグメント別 潜在市場規模推移・予測(今後5カ年:2013年度-2017年度での普及予測)×最重要ターゲット(大分類6セグメント/小分類87セグメント)別≪ 「 SI/カスタマイズ」のケース≫

(1)医療分野(2)企業・工業分野(3)公共分野 (4)商業分野(5)レジャー分野(6)その他分野

Ⅲ.公開統計抽出 編(適用分野:エリア・場所のみ) 

(1)医療分野(2)企業・工業分野(3)公共分野 (4)商業分野(5)レジャー分野(6)その他分野

Ⅳ.基本ロジック・普及予測根拠 編(ビジネスモデル別×≪非GPS技術を活用した≫屋内位置捕捉(ビジネス)の導入・普及単価や、将来予測に活用する基本ロジック、考え方など) < SI/カスタマイズ> 

(1) ≪非GPS技術を活用した≫屋内位置捕捉(ビジネス)×全体市場に占めるビジネスモデル別比率推移(2007年度-2011年度) 
(2) ≪非GPS技術を活用した≫屋内位置捕捉(ビジネス)×平均実績価格 裏付け
(3) “≪非GPS技術を活用した≫屋内位置捕捉”ビジネス×潜在市場規模算出(今後5カ年での普及予測)-「Japan-VALS2」アプローチ- 
(4) 「Japan-VALS2」アプローチ-×大分類セグメント(6種類)別 普及予測率(%)×テーブルMAP

Ⅴ.「≪非GPS技術を活用した≫屋内位置捕捉(ビジネス)」ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス(32社/部門) *候補も含む

【調査対象】

  • Web上にて「屋内位置」と言及している当該事業者(当該プレイヤー)・キーマンならびに知見者、研究者など。

【調査方法】

  • 弊社専門調査員による訪問ヒアリング、電話でのヒアリング並びにメールによる追加的な情報収集、弊社内データベースの活用により調査・分析を行った。

【調査&レポート期間】

  • 2012年1月14日(屋内位置捕捉 リスティング開始)-2012年1月25日まで深堀調査(公開統計収集を含む情報収集)を実施した。その後レポーティング(集計&分析)を実施し、2012年2月25日に集計&分析ならびにコメント化が終了した。

【はじめに】

2008年9月のリーマンショック、2011年3月の東日本大震災といった試練を乗り越え、早2011年度末となったが、引き続き非GPS技術<RFID(P)、 UWB、 ZigBee、 RFID(A)、特定小電力、赤外線、超音波、無線LAN(Ekahau、WiFi 等)など>を活用した「屋内位置捕捉」ビジネスを定点観測しながら多面的且つ網羅的に市場全体を俯瞰することが継続的に求められている。

 「屋内位置捕捉」ビジネスがもたらす近未来社会におけるIT利活用の高度化や多彩なサービスの実現には、ヒト・モノ・エリア(周辺環境等)の状況を正確に感知(センシング)・認識し、状況や(屋外、屋内、その中間といったエリア・セグメント毎の)環境に即した最適なサービスへと結びつけるための「RFID(P)」「UWB」「ZigBee」「RFID(A)」「特定小電力」「赤外線」「超音波」「無線LAN(Ekahau、WiFi 等)」「伝送するための無線技術」「ステレオビジョン」「他社のセンサー技術」「AMR、加速度センサー、ジャイロ」「MJ、AirLocation」「音響測位技術」「メッシュ技術」等といった単体あるいは組み合わせ技術が不可欠となっている。

 この一連の技術の実現により、「医療機関(一般診療所、歯科診療所) 」「病院」「薬局」「介護施設(介護老人福祉施設+介護老人保健施設+認知症共同生活介護+特定施設入所者生活保護) 」「企業」「オフィスビル」「トラック運送事業者」「船用機関(事業者)」「ビルメンテナンス事業場」「石油コンビナート等特別防災区域内の特定事業所における事故発生」「ピッキングシステム」「研究施設」「エレベーター設置」「国内データセンター」「コールセンター立地(三大都市圏を除く)」「倉庫業者」「パレット&パケット自動倉庫(ビル式、ユニット式) 」「建設現場(建設業の労働災害)×死傷・死亡災害」「輸配送センター」「輸送用機械器具製造業×事業所」「食料品・飼料・飲料製造業×大規模工場」「冷凍食品×工場」「コミュニティ放送局の事業者」「地上系一般放送事業者+ケーブルテレビ事業者」「衛星放送事業者」「工場(製造工場)×事業所」「産業分類別 大規模工場」「事業所」「トンネル」「公共施設」「合同庁舎+単独庁舎・その他」「公営住宅」「道路(地方道) 」「CD/ATM 」「公園」「都市公園等」「刑務所,少年刑務所及び拘置所」「消防署」「火災」「交通事故」「重大災害」「土砂災害」「警察署、交番、駐在所等」「消防防災・危機管理センター×救急隊」「橋梁」「鉄道車両」「レール重量別本線軌道延長(JR旅客会社) 」「駅」「交通信号機」「空港」「港湾」「小学校」「中学校」「高等学校」「大学」「発電所」「ショッピングセンター 」「小売商店」「百貨店、総合スーパー、専門スーパー、コンビニ」「店舗」「アウトレットモール」「倉庫事業者のトランクルームサービス事業者」「倉庫業法に基づく認定トランクルーム」「ホームセンター 」「コインパーキング市場(無人駐車場) 」「駐車場」「学習塾」「電気機械器具小売業及び電気事務機械小売業」「駅改札内事業所」「ゴルフ場」「博物館類似施設(美術館、歴史館、動物園、植物園、水族館 など) 」「ゲームセンター(ゲームコーナー) 店舗」「アミューズメント施設 店舗」「娯楽施設(パチンコ店+パチスロ専門店など) 」「遊園地・テーマパーク」「ホテル・旅館」「博物館」「アジア諸国における見本市・展示会(日本) 」「集合住宅」「世帯」「高層建築物(高さ60m超) 」「文化会館の固定席数別ホール」「キャリア別の基地局」「局種別無線局」「 SPF 豚認定農場」「田や畑(普通) 」「シールド工事」等、幅広い社会・経済活動への寄与が期待されている。

特に、今後の少子高齢化社会、省エネ・環境推進社会に向けて着実に安全・安心・エコな社会を実現するために「屋内位置捕捉(ビジネス)」の果たすべき役割は大きいと言えるだろう。
こうした市場の声を受けて、ESP総研では、2012年1月-2012年2月にかけて以下のポイントを中心に特別企画調査を行った。 

1) 「屋内位置」用途(エリア・場所)抽出(大分類6セグメント、小分類95セグメント)<計:333件> 
2)対象分野:大分類6(小分類87)セグメントにおける「 “屋内位置捕捉(非GPS技術を活用した)”ビジネス 」潜在市場規模(5カ年:2013年度-2017年度)推移・普及予測(TOTAL)< 「 SI/カスタマイズ」のケース> 
3)対象セグメント:大分類6セグメント別潜在市場規模ランキング(金額ベース)< 「SI/カスタマイズ」のケース> 楽観シナリオ、悲観シナリオ【2013年度 予測、 2017年度 予測】
4)“屋内位置捕捉(非GPS技術を活用した)”ビジネス×「SI/カスタマイズ」のケース×適用分野:大分類6(小分類87)セグメント×今後5カ年の潜在市場規模予測(2013年度-2017年度)<数量ベース/金額ベース>【楽観シナリオ 予測、悲観シナリオ 予測】 などである。

この調査報告書が「屋内位置捕捉」関連ビジネスに着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

 

 



目次

"2">奥付け


 

【特別企画調査】とは?

1)「自主企画調査」が不特定多数を対象とした「調査レポート」(定価は10万円未満/冊)であるのに対し、「特別企画調査」は特定少数を対象とした「調査レポート」(定価は100万円未満/冊 ※CD-R付き)となります。

2) 「特別企画調査」を実施する背景には、不況などの影響により、お客様の方で「個別調査」に対して従来通りコスト(数百万円/テーマ-数千万円/テーマ)をかけられない!といったご要望にお応えするなどがあります。

3)つまり、「個別調査」を実施したいものの100万円未満/テーマしか調査予算がない「クライアント」様のご要望を満たすための「調査レポート」内容となっております。

4)基本的に、最低で3社以上からの「ご注文」または特定の企業様からの強い「ご要望」「リクエスト」があった場合に「特別企画調査」を実施しております。

5)なお、「特別企画」調査レポートは、個別調査、マルチクライアント式調査ではなく、あくまで出版物としての位置付けですので、権利の帰属、つまり成果物(本報告書及びその記載内容を含む)の著作権などは、(株)ESP総研に帰属するものです。

 

 

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る