世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

CFとCFRP(炭素繊維と炭素繊維強化プラスチック)の世界市場 - 2024-2031


Global CF & CFRP (Carbon Fibers And Carbon Fiber Reinforced Plastics) Market - 2024-2031

概要 世界のCF&CFRP(炭素繊維および炭素繊維強化プラスチック)市場は、2023年に331億米ドルに達し、2031年には849億米ドルに達すると予測され、予測期間2024-2031年の年平均成長率は12.5%である。 コンシュ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
DataM Intelligence
データMインテリジェンス
2024年6月5日 US$4,350
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
210 英語

 

サマリー

概要
世界のCF&CFRP(炭素繊維および炭素繊維強化プラスチック)市場は、2023年に331億米ドルに達し、2031年には849億米ドルに達すると予測され、予測期間2024-2031年の年平均成長率は12.5%である。
コンシューマー・エレクトロニクス産業は、世界市場に大きな成長の道を開く可能性がある。2023年12月、中国の大手家電メーカーであるレノボは、同社の人気ノートパソコンThinkPadシリーズのボディに、東レが開発した再生炭素繊維を使用すると発表した。
炭素繊維の需要が急増しているにもかかわらず、全体のリサイクル能力はそれほど伸びていない。複合材料がエンジニアリング用途でより一般的になるにつれ、リサイクルおよび再生複合材料の利用を強化する必要性が高まっている。リサイクル能力が低いままである限り、世界市場の成長は妨げられるだろう。
ダイナミクス
航空宇宙用途における炭素繊維の採用増加
最近の民間旅客機は、アルミ合金の代わりに炭素繊維複合材を機体構造に採用している。これは軽量化と燃料効率の向上に役立つ。新型のエアバスA350やボーイング787は、この傾向の最も顕著な例である。軍用機もまた、複合材が航空機のステルス特性を向上させるため、複合材を利用している。米国のロッキード・マーチンF-35、韓国のKF-21ボラマエ、ロシアのスホーイSu-57は、複合材を利用した第5世代ステルス戦闘機の一部である。
宇宙打ち上げロケットも、ペイロードフェアリングや燃料タンクの製造に炭素繊維複合材を利用している。スペースX社のファルコン9ロケットは、推進剤タンクやフェアリングに炭素繊維複合材を多用している。民間宇宙企業が宇宙打上げ産業でますます重要な役割を担うようになっており、航空宇宙分野からの炭素繊維複合材に対する需要は今後数年間増加し続けるだろう。
世界の風力エネルギー生産の成長
国際エネルギー機関(IEA)のデータによると、2023年の世界の風力エネルギー生産量は前年比14%増の906GWに達する。さらに、世界風力エネルギー協議会(GWEC)は、2023年から2028年までの今後5年間に、680GW近くの新規容量が追加されると予測している。この期間に追加される世界の風力発電容量のほぼ半分を中国が占めると予想されている。
風力タービンは、全体的な重量を軽減し、輸送や設置を比較的容易にするため、ほぼ独占的に炭素繊維複合材料から製造されている。さらに、複合材を使用することで腐食がなく、風力タービンは季節を問わず稼働し続けることができる。風力エネルギー生産の拡大は、予測期間中も大きな需要を生み出し続けるだろう。

統一された規制基準の欠如
炭素繊維とその複合材料は比較的新しい材料であるため、世界的な規制ガイドラインと基準は時代の変化に合わせてまだ進化していない。鋼合金、アルミニウム、チタンなど、より主流な材料とは異なり、材料の性能や基準に関する国際的な統一ガイドラインは現在のところ存在しない。そのため、各メーカーが独自の基準を設けている。
統一された規格がないため、各エンドユーザーが規格の範囲内であることを再確認する必要があり、相互運用性が妨げられ、世界市場の成長に支障をきたしている。時間がかかるだけでなく、産業界が炭素繊維複合材を利用するのを妨げており、代わりに金属合金のような標準化された材料の安全性を好んでいる。
セグメント分析
世界のCF&CFRP市場は、供給源、前駆体、樹脂、弾性率、製造プロセス、エンドユーザー、地域によって区分される。
バージン炭素繊維は今後もCFRP製造の主要供給源であり続ける
炭素繊維とその誘導体の用途が様々なエンジニアリング産業で増加しているため、バージン炭素繊維の需要は過去10年間で増加している。バージン炭素繊維を使用する主な利点は、生産規模を迅速に拡大できることであり、生産者は需要動態の変化に迅速に対応できる。また、新たな生産方法によって炭素繊維の価格が低下している。
最新のリサイクル技術により、炭素繊維の90%近くが機械的特性を損なうことなく再利用できるようになった。しかし、産業用途に利用できる再生炭素繊維は多くない。再生炭素繊維の使用量が大幅に増加するには、あと10年は需要が伸び続ける必要がある。
地域別普及率
アジア太平洋地域が最速の市場成長
中国は現在、エネルギーミックスにおける自然エネルギーの割合を増やすという数十年にわたる計画の真っ只中にある。これは、輸入化石燃料への依存を減らすことに部分的につながっている。中国のOEMは、2023年には陸上風力タービンの世界生産の85%近くを占める。インドも2023年に設置容量を53%増加させ、中国に次いでこの地域で2番目に高い総設備容量を持つことになると予想される。
風力エネルギー以外では、アジア太平洋地域の航空宇宙セクターで炭素繊維複合材料の需要が急増している。インドは2025年半ばから後半にかけて、初の有人宇宙ミッションであるガガンヤーンを打ち上げる予定である。同様に、中国も2031年初頭までに有人月探査ミッションを打ち上げることを表明している。国家宇宙計画の拡大は、長期的に市場に大きな成長機会をもたらすだろう。

COVID-19影響分析
製造業者にとって、パンデミックの初期における重要な課題は、既存の注文をこなすことであった。ほとんどの企業が生き残りをかけて研究開発予算を大幅に削減したため、業界の研究開発プロジェクトも苦境に立たされ始めた。
パンデミックの流行期は市場全体の落ち込みにつながったが、航空宇宙産業や電子機器製造業を中心に需要は力強く回復した。企業も、高価値の研究開発を加速させるために多額の資金を投入している。全体として、世界のCF&CFRP市場にパンデミックによる長期的な悪影響はないだろう。
ロシア・ウクライナ戦争の影響分析
戦争は主にロシアとウクライナの炭素繊維とその複合材市場に影響を与えている。ウクライナは戦争による壊滅的な被害を広範囲に受けたため、炭素繊維の民間需要はほぼ全滅した。現在、需要の大半はウクライナ軍の航空・海軍ドローン製造用である。
ロシアでは、米国とEUが実施した貿易禁輸措置により、国内企業が西側諸国製の炭素繊維を入手できなくなっている。国防生産を維持するため、多くのロシア企業はシェル企業を積極的に利用し、第三国を経由して西側企業から材料を調達している。さらに、政府の指令により、国内メーカーは炭素繊維強化複合材料の生産を増やしている。
ソース別
- バージン炭素繊維
- リサイクル炭素繊維
前駆体別
- ポリアクリロニトリル(PAN)
- ピッチ
- レーヨン
- バイオベース
- その他
樹脂別
- 熱硬化性CFRP
- 熱可塑性CFRP

弾性率別
- 標準
- 中間
- 高
製造工程別
- レイアップ
- 圧縮成形
- 樹脂トランスファー成形
- フィラメントワインディング
- 引抜成形
- 射出成形
- その他
エンドユーザー別
- 航空宇宙・防衛
- 風力エネルギー
- 自動車・輸送機器
- スポーツ用品
- 建築・建設
- 電気・電子
- 海洋
- 医療
- その他
地域別
- 北米
- 米国
- カナダ
- メキシコ
- 欧州
- ドイツ
- 英国
- フランス
- イタリア
- スペイン
- その他のヨーロッパ
- 南米
- ブラジル
- アルゼンチン
- その他の南米
- アジア太平洋
- 中国
- インド
- 日本
- オーストラリア
- その他のアジア太平洋地域
- 中東・アフリカ
主な進展
- 2024年2月、米国の主要研究機関である国立再生可能エネルギー研究所(NREL)は、再生炭素繊維のみで開発した新しい炭素繊維複合材料の開発を発表した。
- 2024年4月、中国の複合材料メーカーFeize Composites社が、炭素繊維強化複合材料で完全に製造された医療用ベッドボードを発表。
- 2024年4月、マサチューセッツ工科大学(MIT)が「ナノステッチ」で強化した新しい炭素繊維複合材料の開発を発表。このような補強は材料の機械的特性を大幅に改善し、最終的には高性能航空宇宙用途への採用につながるだろう。
競争状況
同市場における主な世界的プレーヤーには、東レ株式会社、帝人株式会社、三菱化学株式会社、Hexcel Corporation、Solvay SA、SGL Carbon、Kureha Corporation、Hyosung Advanced Materials、Jilin Chemical Fiber Co.Ltd.、Jiangsu Hengshen Co.Ltd.などがいる。
レポートを購入する理由
- CFとCFRPの世界市場を、供給源、前駆体、樹脂、弾性率、製造プロセス、エンドユーザー、地域に基づき細分化し、主要な商業資産とプレーヤーを理解する。
- トレンドと共同開発の分析による商機の特定。
- CF&CFRP市場レベルの全セグメントを網羅した多数のデータポイントを収録したExcelデータシート。
- PDFレポートは、徹底的な定性的インタビューと綿密な調査の後の包括的な分析で構成されています。
- 主要プレイヤーの主要製品からなる製品マッピングをエクセルで提供。
世界のCF & CFRP市場レポートは約86表、93図、210ページを提供します。
2024年のターゲットオーディエンス
- 航空宇宙企業
- 再生可能エネルギー企業
- エレクトロニクスメーカー
- 業界投資家/投資銀行家
- リサーチ関係者

ページTOPに戻る


目次

1.方法論と範囲
1.1.調査方法
1.2.調査目的と調査範囲
2.定義と概要
3.エグゼクティブサマリー
3.1.ソース別スニペット
3.2.前駆物質別スニペット
3.3.樹脂別スニペット
3.4.製造工程別スニペット
3.5.エンドユーザー別
3.6.地域別スニペット
4.ダイナミクス
4.1.影響要因
4.1.1.推進要因
4.1.1.1.航空宇宙用途での炭素繊維採用の増加
4.1.1.2.世界の風力エネルギー生産の成長
4.1.2.阻害要因
4.1.2.1.統一された規制基準の欠如
4.1.3.機会
4.1.4.影響分析
5.産業分析
5.1.ポーターのファイブフォース分析
5.2.サプライチェーン分析
5.3.価格分析
5.4.規制分析
5.5.ロシア・ウクライナ戦争影響分析
5.6.DMI意見書
6.COVID-19分析
6.1.COVID-19の分析
6.1.1.COVID-19以前のシナリオ
6.1.2.COVID-19開催中のシナリオ
6.1.3.COVID-19後のシナリオ
6.2.COVID-19中の価格ダイナミクス
6.3.需給スペクトラム
6.4.パンデミック時の市場に関する政府の取り組み
6.5.メーカーの戦略的取り組み
6.6.おわりに
7.ソース別
7.1.はじめに
7.1.1.ソース別市場規模分析および前年比成長率分析(%).
7.1.2.市場魅力度指数(ソース別
7.2.バージン炭素繊維
7.2.1.はじめに
7.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
7.3.再生炭素繊維
8.前駆体別
8.1.はじめに
8.1.1.前駆体別の市場規模分析と前年比成長率分析(%)
8.1.2.市場魅力度指数(前駆体別
8.2.ポリアクリロニトリル(PAN)*1
8.2.1.はじめに
8.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
8.3.石油ピッチ
8.4.レーヨン
8.5.バイオベース
8.6.その他
9.樹脂別
9.1.はじめに
9.1.1.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 樹脂別
9.1.2.市場魅力度指数(樹脂別
9.2.熱硬化性CFRP
9.2.1.はじめに
9.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
9.3.熱可塑性CFRP
9.4.ハイパワー
10.弾性率別
10.1.はじめに
10.1.1.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 樹脂別
10.1.2.市場魅力度指数(樹脂別
10.2.標準*市場
10.2.1.はじめに
10.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
10.3.中間
10.4.高
11.製造工程別
11.1.はじめに
11.1.1.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 製造プロセス別
11.1.2.市場魅力度指数(製造プロセス別
11.2.レイアップ
11.2.1.はじめに
11.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
11.3.圧縮成形
11.4.樹脂トランスファー成形
11.5.フィラメントワインディング
11.6.引抜成形
11.7.射出成形
11.8.その他
12.エンドユーザー別
12.1.はじめに
12.1.1.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、エンドユーザー別
12.1.2.市場魅力度指数(エンドユーザー別
12.2.航空宇宙・防衛*市場
12.2.1.はじめに
12.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
12.3.風力エネルギー
12.4.自動車・運輸
12.5.スポーツ用品
12.6.建築・建設
12.7.電気・電子
12.8.海洋
12.9.医療
12.10.その他
13.地域別
13.1.はじめに
13.1.1.地域別市場規模分析および前年比成長率分析(%)
13.1.2.市場魅力度指数、地域別
13.2.北米
13.2.1.はじめに
13.2.2.主な地域別ダイナミクス
13.2.3.ソース別市場規模分析と前年比成長率分析(%) 2.4.
13.2.4.市場規模分析と前年比成長率分析(%)、前駆体別
13.2.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 樹脂別
13.2.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、弾性率別
13.2.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、製造プロセス別
13.2.8.市場規模分析および前年比成長率分析 (%)、エンドユーザー別
13.2.9.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
13.2.9.1.米国
13.2.9.2.カナダ
13.2.9.3.メキシコ
13.3.ヨーロッパ
13.3.1.はじめに
13.3.2.地域別の主な動き
13.3.3.ソース別市場規模分析と前年比成長率分析(%) 3.4.
13.3.4.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 前駆体別
13.3.5.市場規模分析および前年比成長率分析 (%)、樹脂別
13.3.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、弾性率別
13.3.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、製造プロセス別
13.3.8.市場規模分析および前年比成長率分析 (%)、エンドユーザー別
13.3.9.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、国別
13.3.9.1.ドイツ
13.3.9.2.イギリス
13.3.9.3.フランス
13.3.9.4.イタリア
13.3.9.5.スペイン
13.3.9.6.その他のヨーロッパ
13.4.南米
13.4.1.はじめに
13.4.2.地域別主要市場
13.4.3.ソース別市場規模分析と前年比成長率分析(%) 4.4.
13.4.4.市場規模分析と前年比成長率分析(%)、前駆体別
13.4.5.市場規模分析および前年比成長率分析 (%)、樹脂別
13.4.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、弾性率別
13.4.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、製造プロセス別
13.4.8.市場規模分析および前年比成長率分析 (%)、エンドユーザー別
13.4.9.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、国別
13.4.9.1.ブラジル
13.4.9.2.アルゼンチン
13.4.9.3.その他の南米地域
13.5.アジア太平洋
13.5.1.はじめに
13.5.2.主な地域別ダイナミクス
13.5.3.ソース別市場規模分析と前年比成長率分析(%) 5.4.
13.5.4.市場規模分析と前年比成長率分析(%), プレカーサー別
13.5.5.市場規模分析および前年比成長率分析 (%)、樹脂別
13.5.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、弾性率別
13.5.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、製造プロセス別
13.5.8.市場規模分析および前年比成長率分析 (%)、エンドユーザー別
13.5.9.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、国別
13.5.9.1.中国
13.5.9.2.インド
13.5.9.3.日本
13.5.9.4.オーストラリア
13.5.9.5.その他のアジア太平洋地域
13.6.中東・アフリカ
13.6.1.はじめに
13.6.2.地域別の主な動き
13.6.3.ソース別市場規模分析と前年比成長率分析(%) 6.4.
13.6.4.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 前駆体別
13.6.5.市場規模分析および前年比成長率分析 (%)、樹脂別
13.6.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、弾性率別
13.6.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、製造プロセス別
13.6.8.市場規模分析および前年比成長率分析 (%)、エンドユーザー別
13.6.9.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、製造プロセス別
13.6.10.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、エンドユーザー別
14.競争環境
14.1.競争シナリオ
14.2.市場ポジショニング/シェア分析
14.3.M&A分析
15.企業プロフィール
15.1.東レ株式会社*.
15.1.1.会社概要
15.1.2.製品ポートフォリオと概要
15.1.3.財務概要
15.1.4.主な展開
15.2.帝人株式会社
15.3.三菱化学株式会社
15.4.ヘクセル株式会社
15.5.ソルベイSA
15.6.SGLカーボン
15.7.株式会社クレハ
15.8.ヒョソンアドバンストマテリアル
15.9.吉林化学繊維(株
15.10.江蘇恒新股份有限公司
リストは網羅的ではない
16.付録
16.1.会社概要とサービス
16.2.お問い合わせ

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Overview
Global CF & CFRP (Carbon Fibers And Carbon Fiber Reinforced Plastics) Market reached US$ 33.1 Billion in 2023 and is expected to reach US$ 84.9 Billion by 2031, growing with a CAGR of 12.5% during the forecast period 2024-2031.
The consumer electronics industry could potentially open up a major avenue of growth for the global market. In December 2023, the Chinese consumer electronic giant Lenovo announced that it was using recycled carbon fiber developed by Toray Industries Ltd, for fabricating the body of its popular ThinkPad series of laptops.
Overall recycling capacity hasn't grown much, even as demand for carbon fiber increases rapidly. As composites become more common in engineering applications, there is a glaring need to step up the usage of recycled and reclaimed composites. As long as the recycling capacity remains low, it will hamstring global market growth.
Dynamics
Increasing Adoption of Carbon Fiber in Aerospace Applications
Modern commercial airliners have substituted aluminum alloys for carbon fiber composites in their body structure. It helps in reducing weight and improving fuel efficiency. The new Airbus A350 and the Boeing 787 are the most prominent examples of this trend. Military aircraft are also making usage of composite materials since it improves the aircraft’s stealth characteristics. The U.S.’s Lockheed Martin F-35, South Korea’s KF-21 Boramae and Russia’s Sukhoi Su-57 are some of the fifth generation stealth fighter jets which make use of composite materials.
Space launch vehicles are also utilizing carbon fiber composites for manufacturing payload fairings and fuel tanks. The Falcon 9 launch rocket of SpaceX makes extensive usage of carbon fiber composites for its propellant tanks and fairings. With private space companies becoming increasingly important players in the space launch industry, the demand for carbon fiber composites from the aerospace sector will continue to rise in the coming years.
Growth of Global Wind Energy Production
According to data from the international energy agency (IEA), global wind energy production increased by 14% in 2023 from the previous year to reach 906 GW. The global wind energy council (GWEC) further estimates that nearly 680 GW of new capacity will added over the next five years from 2023 to 2028. China is expected to account for nearly half of the total global wind energy capacity addition over this period.
Wind turbines are almost exclusively manufactured from carbon fiber composites in order to reduce overall weight and make transportation and installation relatively easier. Furthermore, composite usage ensures that there is no corrosion and that the wind turbine can remain operational throughout the seasons. The expansion of wind energy production will continue to generate significant demand during the forecast period.

Lack of Uniform Regulatory Standards
Since carbon fiber and its composites are relatively new materials, global regulatory guidelines and standards have not yet evolved in line with changing times. Unlike more mainstream materials like steel alloys, aluminum and titanium, there are currently no uniform international guidelines for material performance and standards. As a result, each manufacturer devises his own standards.
The lack of uniform standards handicaps global market growth by preventing interoperability, as each end-user needs to re-verify the specifications to ensure that there are within bounds. Not only is it more time-consuming, but also prevents the industries from utilizing carbon fiber composites, instead preferring the safety of standardized materials like metal alloys.
Segment Analysis
The global CF & CFRP market is segmented based on source, precursor, resin, modulus, manufacturing process, end-user and region.
Virgin Carbon Fiber Will Continue to Remain the Main Source for CFRP Production
Since the application of carbon fiber and its derivatives is increasing in various engineering industries, the demand for virgin carbon fiber has grown over the past decade. A key advantages of using virgin carbon fiber is that its production can be scaled up rapidly, allowing producers to respond quickly to changes in demand dynamics. Also, anew production methods have led to a reduction in carbon fiber prices.
Modern recycling technologies have ensured that nearly 90% of carbon fiber can be reused without compromising its mechanical properties. However, there isn’t a lot of recycled carbon fiber that can be utilized for industrial applications. It will take another decade of sustained demand growth to see an appreciable increase in the usage of recycled carbon fiber.
Geographical Penetration
Asia-Pacific Will Have the Fastest Market Growth
China is currently in the midst of a decades-long plan to increase the share of renewables within its energy mix. It is partially linked towards reducing dependence on imported fossil fuels. Chinese OEMs accounted for nearly 85% of the global production of onshore wind turbines in 2023. India also increased its installed capacity by 53% in 2023 and is expected to follow China by having the second-highest total capacity in the region.
Apart from wind energy, the aerospace sector in Asia-Pacific has witnessed a boom in demand for carbon fiber composites. India is set to launch its first manned space mission, Gaganyaan in mid to late 2025. Similarly, China has committed towards launching a manned lunar mission by early 2031. The expansion of national space programs will create major growth opportunities for the market over the long term.

COVID-19 Impact Analysis
For manufacturers, the key challenge during the beginning of the pandemic was fulfilling existing orders, especially as lockdowns began to disrupt global trade. Research and development projects of the industry also began to suffer as most companies drastically slashed R&D budgets to stay afloat.
The pandemic period did lead to an overall decline in the market, however demand recovered strongly, especially in aerospace and electronics manufacturing industries. Companies are also devoting a large amount of capital towards accelerating high-value R&D. Overall, there will not be any negative implications in the long term for the global CF & CFRP market due to the pandemic.
Russia-Ukraine War Impact Analysis
The war has mostly impacted the markets for carbon fiber and its composites in Russia and Ukraine. Ukraine has experienced widespread devastation due to the war and hence, civilian demand for carbon fiber has been almost entirely wiped out. Currently, most demand is generated by Ukrainian military for air and naval drone manufacturing.
In Russia, the trade embargoes put in place by U.S. and EU have cutoff access to western-made carbon fiber supplies for domestic companies. To keep up defence production, many Russian companies are actively using shell corporations and routing shipping through third countries to source material from western companies. Furthermore, under a government directive, domestic producers have increased the production of carbon fiber reinforced composite materials.
By Source
- Virgin Carbon Fiber
- Recycled Carbon Fiber
By Precursor
- Polyacrylonitrile (PAN)
- Pitch
- Rayon
- Bio-Based
- Others
By Resin
- Thermosetting CFRP
- Thermoplastic CFRP

By Modulus
- Standard
- Intermediate
- High
By Manufacturing Process
- Lay-up
- Compression Molding
- Resin Transfer Molding
- Filament Winding
- Pultrusion
- Injection Molding
- Others
By End-User
- Aerospace & Defense
- Wind Energy
- Automotive & Transportation
- Sporting Goods
- Building & Construction
- Electrical & Electronics
- Marine
- Medical
- Others
By Region
- North America
- U.S.
- Canada
- Mexico
- Europe
- Germany
- UK
- France
- Italy
- Spain
- Rest of Europe
- South America
- Brazil
- Argentina
- Rest of South America
- Asia-Pacific
- China
- India
- Japan
- Australia
- Rest of Asia-Pacific
- Middle East and Africa
Key Developments
- In February 2024, the National Renewable Energy Laboratory (NREL), a major U.S. research lab, announced the development of a new carbon fiber composite developed entirely from recycled carbon fiber.
- In April 2024, Feize Composites, a Chinese composite materials manufacturer, unveiled a medical bed board completely manufactured from carbon fiber reinforced composites.
- In April 2024, the Massachusetts Institute of Technology (MIT) announced the development of a new carbon fiber composite reinforced by ‘nano stitching’. Such reinforcement would significantly improve the mechanical properties of the material and lead to its eventual adoption for high-performance aerospace applications.
Competitive Landscape
The major global players in the market include Toray Industries Ltd., Teijin Limited, Mitsubishi Chemical Corporation, Hexcel Corporation, Solvay SA, SGL Carbon, Kureha Corporation, Hyosung Advanced Materials, Jilin Chemical Fiber Co., Ltd. and Jiangsu Hengshen Co., Ltd.
Why Purchase the Report?
- To visualize the global CF & CFRP market segmentation based on source, precursor, resin, modulus, manufacturing process, end-user and region, as well as understand key commercial assets and players.
- Identify commercial opportunities by analyzing trends and co-development.
- Excel data sheet with numerous data points of CF & CFRP market-level with all segments.
- PDF report consists of a comprehensive analysis after exhaustive qualitative interviews and an in-depth study.
- Product mapping available as excel consisting of key products of all the major players.
The global CF & CFRP market report would provide approximately 86 tables, 93 figures and 210 Pages.
Target Audience 2024
- Aerospace Companies
- Renewable Energy Companies
- Electronics Manufacturers
- Industry Investors/Investment Bankers
- Research Professionals



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Methodology and Scope
1.1. Research Methodology
1.2. Research Objective and Scope of the Report
2. Definition and Overview
3. Executive Summary
3.1. Snippet by Source
3.2. Snippet by Precursor
3.3. Snippet by Resin
3.4. Snippet by Manufacturing Process
3.5. Snippet by End-User
3.6. Snippet by Region
4. Dynamics
4.1. Impacting Factors
4.1.1. Drivers
4.1.1.1. Increasing adoption of carbon fiber in aerospace applications
4.1.1.2. Growth of global wind energy production
4.1.2. Restraints
4.1.2.1. Lack of uniform regulatory standards
4.1.3. Opportunity
4.1.4. Impact Analysis
5. Industry Analysis
5.1. Porter's Five Force Analysis
5.2. Supply Chain Analysis
5.3. Pricing Analysis
5.4. Regulatory Analysis
5.5. Russia-Ukraine War Impact Analysis
5.6. DMI Opinion
6. COVID-19 Analysis
6.1. Analysis of COVID-19
6.1.1. Scenario Before COVID-19
6.1.2. Scenario During COVID-19
6.1.3. Scenario Post COVID-19
6.2. Pricing Dynamics Amid COVID-19
6.3. Demand-Supply Spectrum
6.4. Government Initiatives Related to the Market During Pandemic
6.5. Manufacturers Strategic Initiatives
6.6. Conclusion
7. By Source
7.1. Introduction
7.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Source
7.1.2. Market Attractiveness Index, By Source
7.2. Virgin Carbon Fiber*
7.2.1. Introduction
7.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
7.3. Recycled Carbon Fiber
8. By Precursor
8.1. Introduction
8.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Precursor
8.1.2. Market Attractiveness Index, By Precursor
8.2. Polyacrylonitrile (PAN)*
8.2.1. Introduction
8.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
8.3. Petroleum Pitch
8.4. Rayon
8.5. Bio-Based
8.6. Others
9. By Resin
9.1. Introduction
9.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Resin
9.1.2. Market Attractiveness Index, By Resin
9.2. Thermosetting CFRP*
9.2.1. Introduction
9.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
9.3. Thermoplastic CFRP
9.4. High Power
10. By Modulus
10.1. Introduction
10.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Resin
10.1.2. Market Attractiveness Index, By Resin
10.2. Standard*
10.2.1. Introduction
10.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
10.3. Intermediate
10.4. High
11. By Manufacturing Process
11.1. Introduction
11.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Manufacturing Process
11.1.2. Market Attractiveness Index, By Manufacturing Process
11.2. Lay-up*
11.2.1. Introduction
11.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
11.3. Compression Molding
11.4. Resin Transfer Molding
11.5. Filament Winding
11.6. Pultrusion
11.7. Injection Molding
11.8. Others
12. By End-User
12.1. Introduction
12.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
12.1.2. Market Attractiveness Index, By End-User
12.2. Aerospace & Defense*
12.2.1. Introduction
12.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
12.3. Wind Energy
12.4. Automotive & Transportation
12.5. Sporting Goods
12.6. Building & Construction
12.7. Electrical & Electronics
12.8. Marine
12.9. Medical
12.10. Others
13. By Region
13.1. Introduction
13.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Region
13.1.2. Market Attractiveness Index, By Region
13.2. North America
13.2.1. Introduction
13.2.2. Key Region-Specific Dynamics
13.2.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Source
13.2.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Precursor
13.2.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Resin
13.2.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Modulus
13.2.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Manufacturing Process
13.2.8. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
13.2.9. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
13.2.9.1. U.S.
13.2.9.2. Canada
13.2.9.3. Mexico
13.3. Europe
13.3.1. Introduction
13.3.2. Key Region-Specific Dynamics
13.3.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Source
13.3.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Precursor
13.3.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Resin
13.3.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Modulus
13.3.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Manufacturing Process
13.3.8. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
13.3.9. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
13.3.9.1. Germany
13.3.9.2. UK
13.3.9.3. France
13.3.9.4. Italy
13.3.9.5. Spain
13.3.9.6. Rest of Europe
13.4. South America
13.4.1. Introduction
13.4.2. Key Region-Specific Dynamics
13.4.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Source
13.4.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Precursor
13.4.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Resin
13.4.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Modulus
13.4.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Manufacturing Process
13.4.8. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
13.4.9. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
13.4.9.1. Brazil
13.4.9.2. Argentina
13.4.9.3. Rest of South America
13.5. Asia-Pacific
13.5.1. Introduction
13.5.2. Key Region-Specific Dynamics
13.5.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Source
13.5.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Precursor
13.5.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Resin
13.5.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Modulus
13.5.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Manufacturing Process
13.5.8. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
13.5.9. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
13.5.9.1. China
13.5.9.2. India
13.5.9.3. Japan
13.5.9.4. Australia
13.5.9.5. Rest of Asia-Pacific
13.6. Middle East and Africa
13.6.1. Introduction
13.6.2. Key Region-Specific Dynamics
13.6.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Source
13.6.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Precursor
13.6.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Resin
13.6.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Modulus
13.6.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Manufacturing Process
13.6.8. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
13.6.9. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Manufacturing Process
13.6.10. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
14. Competitive Landscape
14.1. Competitive Scenario
14.2. Market Positioning/Share Analysis
14.3. Mergers and Acquisitions Analysis
15. Company Profiles
15.1. Toray Industries Ltd.*
15.1.1. Company Overview
15.1.2. Product Portfolio and Description
15.1.3. Financial Overview
15.1.4. Key Developments
15.2. Teijin Limited
15.3. Mitsubishi Chemical Corporation
15.4. Hexcel Corporation
15.5. Solvay SA
15.6. SGL Carbon
15.7. Kureha Corporation
15.8. Hyosung Advanced Materials
15.9. Jilin Chemical Fiber Co., Ltd.
15.10. Jiangsu Hengshen Co., Ltd.
LIST NOT EXHAUSTIVE
16. Appendix
16.1. About Us and Services
16.2. Contact Us

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野(その他)の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(carbon)の最新刊レポート


よくあるご質問


DataM Intelligence社はどのような調査会社ですか?


DataM Intelligenceは世界および主要地域の広範な市場に関する調査レポートを出版しています。 もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/16 10:26

159.45 円

174.07 円

209.46 円

ページTOPに戻る