世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

炭素繊維テープの世界市場 - 2024-2031


Global Carbon Fiber Tapes Market - 2024-2031

概要 炭素繊維テープの世界市場は、2023年に27億米ドルに達し、2031年には69億米ドルに達すると予測され、予測期間2024-2031年の年平均成長率は12.5%である。 現在、炭素繊維テープのリサイクル可能性の向上に... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
DataM Intelligence
データMインテリジェンス
2024年6月5日 US$4,350
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
195 英語

 

サマリー

概要
炭素繊維テープの世界市場は、2023年に27億米ドルに達し、2031年には69億米ドルに達すると予測され、予測期間2024-2031年の年平均成長率は12.5%である。
現在、炭素繊維テープのリサイクル可能性の向上に研究が集中している。これは廃棄物を減らすだけでなく、全体的な価格を下げることにもつながる。2023年11月、ドイツのアーヘンにあるフラウンホーファー生産技術研究所の研究者たちは、炭素繊維テープの元の機械的強度を90%近く保持したままリサイクルする新しいプロセスの開発を発表した。
有意義な方法で製造コストを削減することは、市場にとって引き続き重要な課題である。科学者たちは新しい製造技術を研究しているが、商業化にはまだ何十年もかかる。コストが下がれば、エンジニアリング用途での炭素繊維テープの使用は飛躍的に増えるだろう。
ダイナミクス
航空機構造への複合材採用の増加
航空機メーカーは、その高い強度対重量比と耐疲労性から、航空機構造のエンジニアリングに炭素繊維を採用している。新しいエアバスA350型機の胴体と翼の構造は炭素繊維複合材料でできている。同様に、ボーイング737 MAXと次期777Xの主翼も複合材でできている。同様に、ロシアの新型旅客機イルクートMC-21も、機体面積の80%近くに複合材を使用している。
ボーイングもエアバスも現在、航空会社からの大型注文に対応して航空機の生産率を高めている。インドの航空会社2社であるエア・インディアとインディゴは、インド航空市場での事業拡大を目指し、合わせて970機の航空機を発注した。
戦争における海上無人船舶の利用増加
現在進行中のウクライナ・ロシア戦争では、無人水上艦艇の利用が本格化した。ロシアの黒海艦隊からのミサイル攻撃に対抗するため、ウクライナは爆発物を搭載した海上無人船を投入し、ロシアのコルベットや揚陸艦を攻撃している。2024年3月には、ウクライナの無人艦艇がクリミアのフェオドシヤ付近でミサイル艦セルゲイ・コトフを追跡攻撃した。
ウクライナに対抗するため、ロシアも独自の海軍ドローンを配備し始めた。2023年11月、国防企業はGRK-700 Vizir無人偵察機の大規模なテストを開始した。黒海地域での紛争がさらに激化すれば、新たな攻撃作戦を展開するための無人艦艇の需要はますます高まるだろう。
高い加工・製造コスト
炭素繊維テープの現在の世界的な生産能力は、将来予測される需要を満たすには極めて不十分である。複雑な製造工程を考えると、既存の生産者では需要増に見合うだけの生産規模を確保できない。このような要因により、炭素繊維テープのコストは依然として高く、その工学的用途は一部のニッチ分野に限られている。
現在、科学者たちは炭素繊維テープの製造コスト削減に取り組んでいる。米国のオークリッジ国立研究所は最近、エネルギー使用量を60%削減し、全体的な製造コストを半減できる新しい製造方法を発明した。しかし、この技術が完全に成熟するのはまだ数年先のことである。
セグメント分析
世界の炭素繊維テープ市場は、樹脂、形状、製造プロセス、用途、エンドユーザー、地域によって区分される。
航空宇宙・防衛産業が引き続き最大需要を占める
炭素繊維の製造・硬化プロセスは成熟の域に達している。炭素繊維は、航空宇宙部品製造の既定選択肢となっている。そのため、インドのような新興市場では国際航空旅客機が急成長しており、航空機製造用の炭素繊維テープの需要は増加の一途をたどっている。
炭素繊維テープは防衛用途、特にドローン製造にも使用されている。ドローンは近代的な統合兵器作戦の重要な部分を形成しているため、航空宇宙産業からの需要は今後増加する一方である。
地理的浸透
北米が最大市場シェア
北米の需要は、主に民間機と軍用機の生産の伸びによってもたらされる。米国のボーイングは、世界的に2大航空機メーカーの1つであり、現在、品質管理と生産に問題を抱えているが、短期的には新型長距離旅客機777Xと改良型737 MAXを市場に投入する見込みである。
また、米空軍は現在、2040年代に就役する予定の新型超音速戦闘機の要件を最終調整している。この新型ジェット機は、その性能とステルス特性を高めるために炭素繊維複合材を多用すると予想されている。航空宇宙・防衛産業の先進性を考えれば、北米は今後も世界市場で大きなシェアを占めるだろう。
COVID-19影響分析
パンデミックは、炭素繊維テープメーカーにとって既存の契約を履行する上で問題となった。パンデミックの悪化に伴い、航空宇宙産業からの需要は事実上停止し、多くの専門業者が影響を受けた。また、医療機器用の複合部品の製造にテープを利用しようとした企業もあった。
規制が解除されるやいなや、需要は急増し、メーカーは再び注文に応じるのが難しくなった。サプライチェーンの制約により、企業は生産能力を急速に拡大することができなかった。全体として、世界市場はパンデミックから回復力を取り戻した。
ロシア・ウクライナ戦争の影響分析
ウクライナは、うろつき爆弾や海軍無人偵察機の工業レベルの製造に炭素繊維テープの使用を開始した。特にロシアが同国南東部での攻撃作戦を強化したため、2023年に生産が加速した。治安情勢が悪化したため、テープの供給はポーランドのような西側諸国を経由しなければならなかった。
西側諸国の制裁により、ロシアの防衛関連企業は戦争に必要な無人機やその他の装備品の生産を行うことが難しくなっている。そのため政府は、炭素繊維テープの国内生産を増やすだけでなく、輸入のためのグレーマーケットに頼っている。現在、ドローンの生産をさらに拡大するために新しい工場が建設されている。
樹脂別
- エポキシ
- 熱可塑性樹脂
- ビスマレイミド
- ポリアミド
- その他
形状別
- プリプレグテープ
- ドライテープ
製造プロセス別
- ホットメルト
- 溶剤ディップ
エンドユーザー別
- 航空宇宙・防衛
- 海洋
- 建築・建設
- スポーツ用品
- パイプ&タンク
- その他
地域別
- 北米
- 米国
- カナダ
- メキシコ
- 欧州
- ドイツ
- 英国
- フランス
- イタリア
- スペイン
- その他のヨーロッパ
- 南米
- ブラジル
- アルゼンチン
- その他の南米
- アジア太平洋
- 中国
- インド
- 日本
- オーストラリア
- その他のアジア太平洋地域
- 中東・アフリカ
主な進展
- 2024年3月、中国の武漢にある華中科技大学の科学者が、炭素繊維テープの光学特性を改善するためのレーザー処理の利用法を探る研究論文を発表した。
- 2023年3月、ドイツのミュンヘン工科大学がAdvanced Tape Layer Additive Manufacturing(ATLAM)用の新しいプリントヘッドを設置した。ATLAMは現在、炭素繊維テープから工学部品を大量生産するために研究されている。
- 2024年1月、HexMCはボーイング787旅客機用のエポキシ樹脂成形部品を開発する契約をボーイングと締結した。
競争状況
同市場の主な世界的プレーヤーには、Evonik Industries AG、Solvay SA、Toray Industries, Inc.、SABIC、Hexcel Corporation、Teijin Limited、SGL Carbon、Mitsubishi Chemical Group Corporation、Avient Corporation、Celanese Corporationが含まれる。
レポートを購入する理由
- 樹脂、形状、製造プロセス、用途、エンドユーザー、地域に基づく世界の炭素繊維テープ市場のセグメンテーションを可視化し、主要な商業資産とプレーヤーを理解する。
- トレンドと共同開発の分析による商機の特定。
- 炭素繊維テープの市場レベルの多数のデータを全セグメントでまとめたExcelデータシート。
- PDFレポートは、徹底的な定性的インタビューと綿密な調査の後の包括的な分析で構成されています。
- 主要企業の主要製品で構成された製品マッピングをエクセルで提供。
炭素繊維テープの世界市場レポートは、約70の表、66の図、195ページを提供します。
対象読者
- 建設会社
- 航空宇宙企業
- 造船会社
- 業界投資家/投資銀行家
- リサーチ関係者

ページTOPに戻る


目次

1.方法論と範囲
1.1.調査方法
1.2.調査目的と調査範囲
2.定義と概要
3.エグゼクティブサマリー
3.1.樹脂別スニペット
3.2.フォーム別スニペット
3.3.製法別スニペット
3.4.エンドユーザー別
3.5.地域別スニペット
4.ダイナミクス
4.1.影響要因
4.1.1.推進要因
4.1.1.1.航空機構造への複合材採用の増加
4.1.1.2.戦争における海上無人船舶の使用増加
4.1.2.阻害要因
4.1.2.1.加工・製造コストの高さ
4.1.3.機会
4.1.4.影響分析
5.産業分析
5.1.ポーターのファイブフォース分析
5.2.サプライチェーン分析
5.3.価格分析
5.4.規制分析
5.5.ロシア・ウクライナ戦争影響分析
5.6.DMI意見書
6.COVID-19分析
6.1.COVID-19の分析
6.1.1.COVID-19以前のシナリオ
6.1.2.COVID-19開催中のシナリオ
6.1.3.COVID-19後のシナリオ
6.2.COVID-19中の価格ダイナミクス
6.3.需給スペクトラム
6.4.パンデミック時の市場に関連する政府の取り組み
6.5.メーカーの戦略的取り組み
6.6.おわりに
7.樹脂別
7.1.はじめに
7.1.1.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 樹脂別
7.1.2.市場魅力度指数(樹脂別
7.2.エポキシ
7.2.1.序論
7.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
7.3.熱可塑性プラスチック
7.4.ビスマレイミド
7.5.ポリアミド
7.6.その他
8.形状別
8.1.はじめに
8.1.1.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 形態別
8.1.2.市場魅力度指数(形態別
8.2.プリプレグテープ
8.2.1.はじめに
8.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
8.3.ドライテープ
9.製造プロセス別
9.1.はじめに
9.1.1.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 製造プロセス別
9.1.2.市場魅力度指数(製造プロセス別
9.2.ホットメルト
9.2.1.序論
9.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
9.3.ソルベントディップ
10.エンドユーザー別
10.1.はじめに
10.1.1.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、エンドユーザー別
10.1.2.市場魅力度指数(エンドユーザー別
10.2.航空宇宙・防衛*市場
10.2.1.はじめに
10.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
10.3.海洋
10.4.建築・建設
10.5.スポーツ用品
10.6.パイプ&タンク
10.7.その他
11.地域別
11.1.はじめに
11.1.1.地域別市場規模分析および前年比成長率分析(%)
11.1.2.市場魅力度指数、地域別
11.2.北米
11.2.1.はじめに
11.2.2.主な地域別ダイナミクス
11.2.3.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 樹脂別
11.2.4.市場規模分析と前年比成長率分析(%), フォーム別
11.2.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%):製造プロセス別
11.2.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%):エンドユーザー別
11.2.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
11.2.7.1.米国
11.2.7.2.カナダ
11.2.7.3.メキシコ
11.3.ヨーロッパ
11.3.1.はじめに
11.3.2.地域別の主な動き
11.3.3.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 樹脂別
11.3.4.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 形状別
11.3.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、製造プロセス別
11.3.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%):エンドユーザー別
11.3.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
11.3.7.1.ドイツ
11.3.7.2.イギリス
11.3.7.3.フランス
11.3.7.4.イタリア
11.3.7.5.スペイン
11.3.7.6.その他のヨーロッパ
11.4.南米
11.4.1.はじめに
11.4.2.地域別主要市場
11.4.3.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 樹脂別
11.4.4.市場規模分析と前年比成長率分析(%), フォーム別
11.4.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%):製造プロセス別
11.4.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%):エンドユーザー別
11.4.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、国別
11.4.7.1.ブラジル
11.4.7.2.アルゼンチン
11.4.7.3.その他の南米地域
11.5.アジア太平洋
11.5.1.はじめに
11.5.2.主な地域別ダイナミクス
11.5.3.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 樹脂別
11.5.4.市場規模分析と前年比成長率分析(%), フォーム別
11.5.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、製造プロセス別
11.5.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%):エンドユーザー別
11.5.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、国別
11.5.7.1.中国
11.5.7.2.インド
11.5.7.3.日本
11.5.7.4.オーストラリア
11.5.7.5.その他のアジア太平洋地域
11.6.中東・アフリカ
11.6.1.はじめに
11.6.2.地域別の主な動き
11.6.3.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 樹脂別
11.6.4.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 形状別
11.6.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、製造プロセス別
11.6.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%):エンドユーザー別
12.競争環境
12.1.競争シナリオ
12.2.市場ポジショニング/シェア分析
12.3.M&A分析
13.企業プロフィール
13.1.エボニック
13.1.1.会社概要
13.1.2.製品ポートフォリオと概要
13.1.3.財務概要
13.1.4.主な展開
13.2.ソルベイSA
13.3.東レ株式会社
13.4.SABIC
13.5.ヘクセル・コーポレーション
13.6.帝人株式会社
13.7.SGLカーボン
13.8.三菱化学グループ
13.9.アビエントコーポレーション
13.10.セラニーズ株式会社
リストは完全ではありません
14.付録
14.1.会社概要とサービス
14.2.お問い合わせ

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Overview
Global Carbon Fiber Tapes Market reached US$ 2.7 billion in 2023 and is expected to reach US$ 6.9 billion by 2031, growing with a CAGR of 12.5% during the forecast period 2024-2031.
Research is now focused on improving the recyclability of carbon fiber tapes. It will not only reduce wastage, but also bring down overall prices. In November 2023, researchers at the Fraunhofer Institute for Production Technology in Aachen, Germany, announced the development of a new process for recycling carbon fiber tapes whilst retaining nearly 90% of their original mechanical strength.
Reducing production costs in a meaningful way continues to remain a key challenge for the market. While scientists are researching new manufacturing techniques, they are still decades away from any sort of commercialization. If costs go lower, then the usage of carbon fiber tapes in engineering applications will increase drastically.
Dynamics
Increasing Adoption Of Composites in Aircraft Structures
Aircraft producers are adopting carbon fiber for the engineering of aircraft structures due to its high strength-to-weight ratio and fatigue resistance. The fuselage and wing structure of the new Airbus A350 aircraft is made of carbon fiber composites. Similarly, the wings of the Boeing 737 MAX and the upcoming 777X are also made of composites. Similarly, the Irkut MC-21, a new Russian passenger jet, also uses composites for nearly 80% of its aircraft body area.
Both Boeing and Airbus are currently increasing their aircraft production rates in response to large-sized orders from airlines. Air India and Indigo, two Indian carriers, have placed a combined order of 970 aircraft as both airlines look to scale up their operations in the Indian aviation market.
Increasing Usage of Marine Unmanned Vessels in Warfare
The usage of unmanned surface vessels has really come to the fore during the ongoing Ukraine-Russia war. To counter missile strikes from Russia’s Black Sea fleet, Ukraine has fielded explosive-laden naval unmanned vessels to strike Russian corvettes and landing ships. In March 2024, Ukrainian naval drones chased down and attacked the missile ship Sergei Kotov near Feodosiya in Crimea.
To counter Ukraine, Russia has also began fielding its own naval drones. In November 2023, state defence companies began extensive testing of the GRK-700 Vizir drone. As the conflict further intensifies in the black sea region, it will only escalate the demand for unmanned vessels to launch new offensive operations.
High Cost of Processing and Manufacturing
The current global production capacity of carbon fiber tapes is woefully insufficient to meet the future projected demand. Given the complex manufacturing process, existing producers simply cannot scale production to meet demand growth. Such factors have ensured that the cost of carbon fiber tapes remains high and its engineering applications are limited to a few niche areas.
Now scientists are working on reducing production costs for carbon fiber tapes. The Oak Ridge National Laboratory in U.S. has recently invented a new production method which uses 60% less energy and can cut overall production costs by half. However, the technology is still years away from full maturation.
Segment Analysis
The global carbon fiber tapes market is segmented based on resin, form, manufacturing process, application, end-user and region.
The Aerospace & Defense Industry Will Continue to Account for the Maximum Demand
The fabrication and curing process for carbon fiber has reached a good level of maturation. It has become the default choice of material for aerospace component manufacturing. As such, with emerging markets like India witnessing rapid growth in international air travel, the demand for carbon fiber tapes for aircraft production is only expected to increase.
Carbon fiber tapes are also being used in defense applications, especially for drone making. With drones forming a critical part of modern combined arms operations, the demand from the aerospace industry will only increase in the future.
Geographical Penetration
North America Will Have the Largest Market Share
The demand in North America is mainly driven by the growth in civilian and military aircraft production. U.S-based Boeing is one of the two major aircraft producers globally and although it is currently experiencing quality control and production issues, it is expected to bring the new 777X long range airliner and an improved version of its 737 MAX to the market over the short term.
The U.S. air force is also currently finalizing the requirements for a new supersonic fighter jet that is expected to enter service sometime in the 2040s. The new jet is expected to make extensive usage of carbon fiber composite to enhance its performance and stealth characteristics. Given the advanced nature of its aerospace and defense industry, North America will continue to have a major share in the global market.
COVID-19 Impact Analysis
The pandemic created a problem for carbon fiber tape producers in fulfilling existing contracts. With the pandemic getting worse, demand from the aerospace industry virtually ground to a halt, thus affecting many specialist suppliers. Some companies also tried to utilize the tapes for manufacturing composite parts for medical equipment.
As soon as the restrictions were lifted, demand rose sharply and manufacturers once again had difficulty in fulfilling orders. Supply chain constraints prevented companies from rapidly expanding their production capacity. Overall, the global market has emerged more resilient from the pandemic.
Russia-Ukraine War Impact Analysis
Ukraine began using carbon fiber tapes for the industrial-level manufacturing of loitering munitions and naval drones. Production gathered pace in 2023, especially as Russia stepped up its offensive operations in southeast parts of the country. Due to the prevailing security situation, supplies of the tapes had to be routed through western countries like Poland.
Western sanctions have made it difficult for Russian defense companies to undertake production of drones and other equipment required for the war effort. Therefore, the government has resorted to the grey market for imports as well as increasing local production of carbon fiber tapes. New factories are currently being built to further expand drone production.
By Resin
- Epoxy
- Thermoplastic
- Bismaleimide
- Polyamide
- Others
By Form
- Prepreg Tape
- Dry Tape
By Manufacturing Process
- Hot Melt
- Solvent Dip
By End-User
- Aerospace & Defense
- Marine
- Building & Construction
- Sporting Goods
- Pipes & Tanks
- Others
By Region
- North America
- U.S.
- Canada
- Mexico
- Europe
- Germany
- UK
- France
- Italy
- Spain
- Rest of Europe
- South America
- Brazil
- Argentina
- Rest of South America
- Asia-Pacific
- China
- India
- Japan
- Australia
- Rest of Asia-Pacific
- Middle East and Africa
Key Developments
- In March 2024, scientists from the Huazhong University of Science and Technology in Wuhan, China published a research paper exploring the usage of laser treatment for improving the optical properties of carbon fiber tapes.
- In March 2023, the Technical University of Munich in Germany installed a new printhead for the usage of Advanced Tape Layer Additive Manufacturing (ATLAM). ATLAM is currently being researched for mass production of engineering components from carbon fiber tapes.
- In January 2024, HexMC signed an agreement with Boeing to develop epoxy resin molded parts for the Boeing 787 passenger aircraft.
Competitive Landscape
The major global players in the market include Evonik Industries AG, Solvay SA, Toray Industries, Inc., SABIC, Hexcel Corporation, Teijin Limited, SGL Carbon, Mitsubishi Chemical Group Corporation, Avient Corporation and Celanese Corporation.
Why Purchase the Report?
- To visualize the global carbon fiber tapes market segmentation based on resin, form, manufacturing process, application, end-user and region, as well as understand key commercial assets and players.
- Identify commercial opportunities by analyzing trends and co-development.
- Excel data sheet with numerous data points of carbon fiber tapes market-level with all segments.
- PDF report consists of a comprehensive analysis after exhaustive qualitative interviews and an in-depth study.
- Product mapping available as excel consisting of key products of all the major players.
The global carbon fiber tapes market report would provide approximately 70 tables, 66 figures and 195 Pages.
Target Audience 2024
- Construction Companies
- Aerospace Companies
- Shipbuilding Companies
- Industry Investors/Investment Bankers
- Research Professionals



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Methodology and Scope
1.1. Research Methodology
1.2. Research Objective and Scope of the Report
2. Definition and Overview
3. Executive Summary
3.1. Snippet by Resin
3.2. Snippet by Form
3.3. Snippet by Manufacturing Process
3.4. Snippet by End-User
3.5. Snippet by Region
4. Dynamics
4.1. Impacting Factors
4.1.1. Drivers
4.1.1.1. Increasing Adoption of Composites in Aircraft Structures
4.1.1.2. Increasing Usage of Marine Unmanned Vessels in Warfare
4.1.2. Restraints
4.1.2.1. High Cost of Processing and Manufacturing
4.1.3. Opportunity
4.1.4. Impact Analysis
5. Industry Analysis
5.1. Porter's Five Force Analysis
5.2. Supply Chain Analysis
5.3. Pricing Analysis
5.4. Regulatory Analysis
5.5. Russia-Ukraine War Impact Analysis
5.6. DMI Opinion
6. COVID-19 Analysis
6.1. Analysis of COVID-19
6.1.1. Scenario Before COVID-19
6.1.2. Scenario During COVID-19
6.1.3. Scenario Post COVID-19
6.2. Pricing Dynamics Amid COVID-19
6.3. Demand-Supply Spectrum
6.4. Government Initiatives Related to the Market During Pandemic
6.5. Manufacturers Strategic Initiatives
6.6. Conclusion
7. By Resin
7.1. Introduction
7.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Resin
7.1.2. Market Attractiveness Index, By Resin
7.2. Epoxy*
7.2.1. Introduction
7.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
7.3. Thermoplastic
7.4. Bismaleimide
7.5. Polyamide
7.6. Others
8. By Form
8.1. Introduction
8.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Form
8.1.2. Market Attractiveness Index, By Form
8.2. Prepreg Tape*
8.2.1. Introduction
8.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
8.3. Dry Tape
9. By Manufacturing Process
9.1. Introduction
9.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Manufacturing Process
9.1.2. Market Attractiveness Index, By Manufacturing Process
9.2. Hot Melt*
9.2.1. Introduction
9.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
9.3. Solvent Dip
10. By End-User
10.1. Introduction
10.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
10.1.2. Market Attractiveness Index, By End-User
10.2. Aerospace & Defense*
10.2.1. Introduction
10.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
10.3. Marine
10.4. Building & Construction
10.5. Sporting Goods
10.6. Pipes & Tanks
10.7. Others
11. By Region
11.1. Introduction
11.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Region
11.1.2. Market Attractiveness Index, By Region
11.2. North America
11.2.1. Introduction
11.2.2. Key Region-Specific Dynamics
11.2.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Resin
11.2.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Form
11.2.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Manufacturing Process
11.2.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
11.2.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
11.2.7.1. U.S.
11.2.7.2. Canada
11.2.7.3. Mexico
11.3. Europe
11.3.1. Introduction
11.3.2. Key Region-Specific Dynamics
11.3.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Resin
11.3.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Form
11.3.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Manufacturing Process
11.3.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
11.3.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
11.3.7.1. Germany
11.3.7.2. UK
11.3.7.3. France
11.3.7.4. Italy
11.3.7.5. Spain
11.3.7.6. Rest of Europe
11.4. South America
11.4.1. Introduction
11.4.2. Key Region-Specific Dynamics
11.4.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Resin
11.4.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Form
11.4.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Manufacturing Process
11.4.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
11.4.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
11.4.7.1. Brazil
11.4.7.2. Argentina
11.4.7.3. Rest of South America
11.5. Asia-Pacific
11.5.1. Introduction
11.5.2. Key Region-Specific Dynamics
11.5.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Resin
11.5.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Form
11.5.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Manufacturing Process
11.5.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
11.5.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
11.5.7.1. China
11.5.7.2. India
11.5.7.3. Japan
11.5.7.4. Australia
11.5.7.5. Rest of Asia-Pacific
11.6. Middle East and Africa
11.6.1. Introduction
11.6.2. Key Region-Specific Dynamics
11.6.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Resin
11.6.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Form
11.6.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Manufacturing Process
11.6.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
12. Competitive Landscape
12.1. Competitive Scenario
12.2. Market Positioning/Share Analysis
12.3. Mergers and Acquisitions Analysis
13. Company Profiles
13.1. Evonik Industries AG*
13.1.1. Company Overview
13.1.2. Product Portfolio and Description
13.1.3. Financial Overview
13.1.4. Key Developments
13.2. Solvay SA
13.3. Toray Industries, Inc.
13.4. SABIC
13.5. Hexcel Corporation
13.6. Teijin Limited
13.7. SGL Carbon
13.8. Mitsubishi Chemical Group Corporation
13.9. Avient Corporation
13.10. Celanese Corporation
LIST NOT EXHAUSTIVE
14. Appendix
14.1. About Us and Services
14.2. Contact Us

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野(その他)の最新刊レポート


よくあるご質問


DataM Intelligence社はどのような調査会社ですか?


DataM Intelligenceは世界および主要地域の広範な市場に関する調査レポートを出版しています。 もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/16 10:26

159.45 円

174.07 円

209.46 円

ページTOPに戻る