世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

アンデルセン・タヴィル症候群の世界市場 - 2024-2031


Global andersen-tawil syndrome market - 2024-2031

概要 世界のアンデルセン-タウィル症候群市場は、2023年にXX百万米ドルに達し、2031年にはXX百万米ドルに達すると予測され、予測期間2024-2031年の間にXX%の年平均成長率で成長すると予測される。 アンデルセ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
DataM Intelligence
データMインテリジェンス
2024年6月5日 US$4,350
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
186 英語

 

サマリー

概要
世界のアンデルセン-タウィル症候群市場は、2023年にXX百万米ドルに達し、2031年にはXX百万米ドルに達すると予測され、予測期間2024-2031年の間にXX%の年平均成長率で成長すると予測される。
アンデルセン・タウィル症候群は、KCNJ2遺伝子の変異によって引き起こされる遺伝性疾患である。この遺伝子は、心筋細胞からカリウムイオンを輸送するイオンチャネルをコードしている。このイオンチャネルは骨格筋と心筋の正常な機能を維持するために不可欠である。通常、常染色体優性遺伝で親から受け継がれるが、新たな遺伝子変異により発症することもある。具体的な症状や重症度は、同じ家族であっても人によって大きく異なる。
さらに、世界のアンダーソン・タウィル症候群市場は、アンダーソン・タウィル症候群の有病率の増加、希少疾患の治療薬を優先する政府の重点化、治療を支援し認知度を高めるための団体の参加増加、Medtronic Plc、Abbott Laboratories、Boston Scientific Corp、LivaNova Plcなどの主要企業を有する主要企業による研究開発投資の増加など、様々な要因によって牽引されています。
市場ダイナミクス:促進要因
アンデルセン・タウィル症候群に関する進行中の臨床試験
アンデルセン・タウィル症候群に関する臨床試験が進行中であることは、ATSに対する潜在的な治療法の安全性と有効性を評価するのに役立つため、予測期間中に市場が成長するのに役立つ。
例えば、clinicaltrail.govによると、2022年9月にCentre Hospitalier Universitaire de Liege & University of Liegeは、Baby Detect Genomic Newborn Screeningに関する臨床試験を開始した。この試験の目的は、361の遺伝子に起因する126の治療可能な重症早期発症遺伝病を出生時に特定することである。
これらの研究は基本的に、先天性副腎過形成、アンデルセン・タウィル症候群などを対象としている。したがって、この研究は2025年8月までに完了する予定である。
2023年1月にFrontiers誌に掲載された研究発表によると、KCNJ2に新規変異を有するATSは、ATS患者におけるKCNJ2の新規原因変異であり、遺伝子型と表現型の相関を拡大する詳細な臨床所見を提供した。ATSの異質な表現型は、典型的な三徴候のうち1つか2つしかない患者であっても、ATSの遺伝子解析を行うよう医師に注意を喚起すべきである。
制約
ATSには、主に下肢の筋力低下や麻痺を引き起こす周期性麻痺を含む様々な副作用があり、運動、ストレス、暑い気候などによって誘発されることがある。不整脈(異常な心臓のリズム)は、動悸、息切れ、失神を引き起こし、生命を脅かすことがある。耳の位置が低い、目の間隔が広い、背が低いなどの身体的特徴は、市場の妨げになると予想される。
このレポートの詳細 - サンプル請求
セグメント分析
アンデルセン・タウィル症候群市場は、疾患タイプ、薬剤クラス、投与経路、流通チャネル、地域に基づいてセグメント化される。
セグメントタイプ1はアンデルセン・タウィル症候群市場シェアの約54.3%を占める
予測期間中、1型セグメントが最大の市場シェアを占めると予想される。1型アンデルセン・タウィル症候群は、KCNJ2遺伝子の機能喪失型変異によって引き起こされ、顔面異形と生命を脅かす心室性不整脈の高いリスクを伴う。
1型心房症候群(ATS)はKCNJ11遺伝子の変異によって引き起こされ、10万人から100万人に1人の割合で発症する。症状は通常、小児期または成人期に現れ、重症度は人によって異なる。
例えば、2022年11月、CNIC(Centro Nacional de Investigations Cardiovascular:国立循環器病研究センター)は、心筋および骨格筋の電気活動と細胞内カルシウムサイクルを制御するカリウムチャネルに影響を及ぼす変異によって起こる希少疾患アンデルセン・タウィル症候群1型(ATS1)の不整脈と突然死の原因を発見した。
ホセ・ジャリフェ博士とフアン・アントニオ・ベルナル博士が率いる研究チームは、心筋、骨格筋、神経細胞などの興奮性細胞に不可欠な電気的特性を制御するKir2.1チャネルの、これまで知られていなかった機能を発見した。
さらに、1型心房症候群のセグメントは、ATS1患者における心臓および異形の特徴の有病率によって牽引されている。2022年8月のJournal of the American College of Pharmacologyの研究論文によると、全体として、アンデルセン-タウィル症候群1型(ATS1)患者の97%が心臓症状(大きなU波と心室細動の頻度が高い)を示し、患者の75%が形態異常(下顎骨が小さい頻度が高い)を示した。
2022年10月にNature Cardiovascular Researchが発表したように、ATS1は心室性不整脈、周期性麻痺、形態異常の三徴候として現れ、またAndersen?Tawil症候群1型マウスモデルでは、サルコレマと筋小胞体におけるKir2.1機能障害が不整脈を引き起こす。
地理的分析
北米がアンデルセン・タウィル症候群市場シェアの約42.5%を占める
予測期間中、北米地域が最大の市場シェアを占めると予想される。この地域には主要企業が存在し、治療オプションが進歩し、医療部門が発達し、有病率が上昇し、健康に対する意識が高まっているためである。この改善は、マーケティング検査機器や、当初から積極的に市場に馴染んできた既存プレーヤーの存在によって可能となる。
例えば、2021年にノバルティスAGは、アンデルセン・タウィル症候群の症状である周期性麻痺の治療薬として、KEVEYIS(ジクロルフェナミド)という新薬を発売した。
さらに、ATSのような珍しい病気に対する治療法の創出を促進するために、米国政府から奨励金が支給されている。ATS治療薬市場はこうした優遇措置の恩恵を受けており、この分野の研究開発に資金を提供する製薬会社も増えている。
さらに、啓発プログラムなどの米国政府の取り組みも、この市場を後押しするだろう。例えば、政府は2023年12月にレアケア患者支援プログラムを導入した。これは、希少疾患とともに生きる個人を支援する患者支援プログラムを提供するもので、臨床試験のための渡航支援や疾患専門医への相談、他の患者支援プログラムとの連携、希少疾患に関する知識の習得などのサービスも提供している。
COVID-19の影響分析
COVID-19はアンデルセン・タウィル症候群市場に大きな影響を与え、神経筋障害を有する患者に対するワクチン接種は、これらの障害を有する患者におけるこのパンデミックの間に発展した。
骨格筋チャネル異常症は、先天性筋強直症(MC)、ナトリウムチャネル性筋強直症(SCM)、先天性筋委縮症(PMC)、低カリウム血症性周期性麻痺(hypoPP)、高カリウム血症性周期性麻痺(hyperPP)、アンデルセン・タウィル症候群(ATS)などのまれな遺伝性神経筋疾患群を包含する。これらの疾患は、骨格筋に発現する特定のイオンチャネルの機能障害によって引き起こされる筋強直から周期性麻痺に至るエピソード性の症状を特徴とする。
2024年10月にNCBIが発表した "COVID-19 infection and vaccination in patients with skeletal muscle channelopathies "によると、神経筋疾患患者に対するコロナウイルス疾患-2019(COVID-19)感染とワクチン接種の影響は進化している。骨格筋チャネル異常症として知られる珍しい遺伝性神経筋疾患のコレクションには、アンデルセン・タウィル症候群(ATS)が含まれる。
市場セグメンテーション
疾患タイプ別
- タイプ1
- タイプ2
薬剤クラス別
- 炭酸脱水酵素阻害薬
- アセタゾラミド
- ジクロルフェナミド
- 抗不整脈薬
- アミオダロン
- フレカイニド
- β遮断薬
- アテノロール
投与経路別
- 経口
- 静脈内投与
- その他
流通経路別
- 病院薬局
- 小売薬局
- オンライン薬局
地域別
- 北米
- 米国
- カナダ
- メキシコ
- 欧州
- ドイツ
- 英国
- フランス
- スペイン
- イタリア
- その他のヨーロッパ
- 南米
- ブラジル
- アルゼンチン
- その他の南米
- アジア太平洋
- 中国
- インド
- 日本
- 韓国
- その他のアジア太平洋地域
- 中東・アフリカ
競合状況
アンデルセン・タウィル症候群市場における主な世界的プレーヤーには、メルク、グレヴィス・ファーマシューティカルズ、ゼリス・ファーマ、ノバルティスAG、アドバンツ・ファーマシューティカルズ、アレンビック・ファーマシューティカルズ、アベット・ファーマシューティカルズ、ヒクマ・ファーマシューティカルズ、マイクロ・ラボ、アドバジェン・ファーマなどが含まれる。
主な進展
- 2024年5月6日、Xeris Biopharma Holdings, Inc.は、ベータ・バイオニクス社(Beta Bionics, Inc.)と、ベータ・バイオニクス社独自のバイホルモンポンプおよびポンプシステムで使用されるXeris, XeriSol技術を利用したグルカゴン製品の開発および商業化に関する独占的な世界的提携およびライセンス契約を締結したと発表した。
- 2024年5月6日、Xeris Biopharma Holdings, Inc.は、同社の製品KEVEYISが原発性周期性麻痺の治療薬として初めてFDAに承認されたと発表。
- 2022年5月12日、分子解析により診断が確定した35人のATS患者を対象に、研究所の臨床医が参加したフランスでの研究が実施された。これらの患者はフランス国内の神経筋基準センターで診断され、追跡調査を受けている。この研究では、レトロスペクティブな臨床検査、組織学的検査、ENMG(Electroneuromyography)検査、遺伝子解析が行われた。
- 2021年4月1日、テバ・ファーマシューティカルズはKaro Pharma Aktiebolagに買収され、欧州のOTCブランドポートフォリオと希少疾患ソリューションを含む医薬品研究を獲得した。また、Sun Pharmaceutical Industries Ltd.は、子会社ABCD Technologies LLPを通じて、Trikaal Medi infotechとAWACSの66%の持分を取得することを発表した。
レポートを購入する理由
- 疾患タイプ、薬物クラス、投与経路、流通チャネル、地域に基づくアンデルセン・タウィル症候群市場のセグメンテーションを可視化し、主要な商業資産とプレイヤーを理解する。
- トレンドと共同開発の分析による商機の特定
- アンデルセン・タウィル症候群市場レベルの多数のデータを全セグメントでまとめたExcelデータシート。
- PDFレポートは、徹底的な定性的インタビューと綿密な調査の後の包括的な分析で構成されています。
- 製品マッピングは、すべての主要プレイヤーの主要製品で構成されるエクセルで利用可能です。
アンデルセン・タウィル症候群市場レポートは約70の表、65の図、186ページを提供します。
対象読者
- メーカー/バイヤー
- 業界投資家/投資銀行家
- 研究専門家
- 新興企業

ページTOPに戻る


目次

1.方法論と範囲
1.1.調査方法
1.2.調査目的と調査範囲
2.定義と概要
3.エグゼクティブサマリー
3.1.疾患タイプ別スニペット
3.2.薬剤クラス別スニペット
3.3.投与経路別スニペット
3.4.販売チャネル別スニペット
3.5.地域別スニペット
4.ダイナミクス
4.1.影響要因
4.1.1.推進要因
4.1.1.1.アンデルセン・タウィル症候群の有病率の上昇
4.1.1.2.アンデルセン・タウィル症候群に関する進行中の臨床試験
4.1.2.阻害要因
4.1.2.1.疾患に伴う合併症
4.1.3.機会
4.1.4.影響分析
5.産業分析
5.1.ポーターのファイブフォース分析
5.2.サプライチェーン分析
5.3.価格分析
5.4.規制分析
5.5.アンメット・ニーズ
5.6.PESTEL分析
5.7.特許分析
5.8.SWOT分析
6.COVID-19分析
6.1.COVID-19の分析
6.1.1.COVID以前のシナリオ
6.1.2.COVID中のシナリオ
6.1.3.COVID後のシナリオ
6.2.COVID中の価格ダイナミクス-19
6.3.需給スペクトラム
6.4.パンデミック時の市場に関する政府の取り組み
6.5.メーカーの戦略的取り組み
6.6.結論
7.疾患タイプ別
7.1.はじめに
7.1.1.疾患タイプ別市場規模分析および前年比成長率分析(%)1.2.
7.1.2.市場魅力度指数(疾患タイプ別
7.2.タイプ1
7.2.1.はじめに
7.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
7.3.タイプ2
8.薬剤クラス別
8.1.はじめに
8.1.1.薬効分類別市場規模分析および前年比成長率分析(%) 1.2.
8.1.2.市場魅力度指数(薬剤クラス別
8.2.炭酸脱水酵素阻害薬
8.2.1.序論
8.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
8.3.抗不整脈薬
8.4.アミオダロン
8.5.フレカイニド
8.6.β遮断薬
8.7.アテノロール
9.投与経路別
9.1.はじめに
9.1.1.投与経路別市場規模分析と前年比成長率分析(%)1.2.
9.1.2.市場魅力度指数(投与経路別
9.2.経口*剤
9.2.1.序論
9.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
9.3.静脈内
10.流通チャネル別
10.1.はじめに
10.1.1.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、流通チャネル別
10.1.2.市場魅力度指数(流通チャネル別
10.2.病院薬局
10.2.1.序論
10.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
10.3.小売薬局
10.4.オンライン薬局
11.地域別
11.1.はじめに
11.1.1.地域別市場規模分析および前年比成長率分析(%)
11.1.2.市場魅力度指数、地域別
11.2.北米
11.2.1.はじめに
11.2.2.主な地域別ダイナミクス
11.2.3.疾患タイプ別市場規模分析および前年比成長率分析(%) 2.3.
11.2.4.市場規模分析および前年比成長率分析(%):薬物クラス別
11.2.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%):投与経路別
11.2.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%):流通チャネル別
11.2.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
11.2.7.1.米国
11.2.7.2.カナダ
11.2.7.3.メキシコ
11.3.ヨーロッパ
11.3.1.はじめに
11.3.2.地域別の主な動き
11.3.3.疾患タイプ別市場規模分析および前年比成長率分析(%) 3.4.
11.3.4.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、薬物クラス別
11.3.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%):投与経路別
11.3.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%):流通チャネル別
11.3.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
11.3.7.1.ドイツ
11.3.7.2.イギリス
11.3.7.3.フランス
11.3.7.4.イタリア
11.3.7.5.スペイン
11.3.7.6.その他のヨーロッパ
11.4.南米
11.4.1.はじめに
11.4.2.地域別主要市場
11.4.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、疾患タイプ別
11.4.4.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、薬物クラス別
11.4.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%):投与経路別
11.4.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%):流通チャネル別
11.4.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
11.4.7.1.ブラジル
11.4.7.2.アルゼンチン
11.4.7.3.その他の南米地域
11.5.アジア太平洋
11.5.1.はじめに
11.5.2.主な地域別ダイナミクス
11.5.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、疾患タイプ別
11.5.4.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、薬物クラス別
11.5.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%):投与経路別
11.5.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%):流通チャネル別
11.5.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
11.5.7.1.中国
11.5.7.2.インド
11.5.7.3.日本
11.5.7.4.韓国
11.5.7.5.その他のアジア太平洋地域
11.6.中東・アフリカ
11.6.1.はじめに
11.6.2.地域別の主な動き
11.6.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、疾患タイプ別
11.6.4.市場規模分析および前年比成長率分析(%):薬物クラス別
11.6.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%):投与経路別
11.6.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%):流通チャネル別
12.競合情勢
12.1.競争シナリオ
12.2.市場ポジショニング/シェア分析
12.3.M&A分析
13.企業プロフィール
13.1.メルク *.
13.1.1.会社概要
13.1.2.製品ポートフォリオと内容
13.1.3.財務概要
13.1.4.主な展開
13.2.グレヴィス・ファーマシューティカルズ
13.3.ゼリス・ファーマ
13.4.ノバルティスAG
13.5.アドバンツ・ファーマシューティカルズ
13.6.アレンビック・ファーマシューティカルズ
13.7.アベット・ファーマシューティカルズ
13.8.ヒクマ製薬
13.9.マイクロラボ
13.10.アドバジェン・ファーマ
リストは網羅的ではない
14.付録
14.1.会社概要とサービス
14.2.お問い合わせ

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Overview
The global Andersen-tawil syndrome market reached US$ XX million in 2023 and is expected to reach US$ XX million by 2031, growing at a CAGR of XX% during the forecast period 2024-2031.
Andersen-tawil syndrome is an inherited disorder caused by a mutation in the KCNJ2 gene. This gene encodes an ion channel that transports potassium ions out of the cardiac muscle cells. This ion channel is essential for maintaining the normal functions of the skeletal and cardiac muscles. It is usually inherited from a parent in an autosomal dominant manner, but it can also occur due to a new genetic mutation. The specific symptoms and severity can vary greatly from one person to another, even among members of the same family.
Furthermore, the global Anderson-tawil syndrome market is driven by various factors like an increase in the prevalence of Andersen-tawil syndrome, increasing focus of the government to prioritize drugs for the treatment of rare diseases, increasing participation of organizations to support the treatment and to create awareness, rising research and development investments by the key players with having key players like Medtronic Plc, Abbott Laboratories, Boston Scientific Corp, LivaNova Plc and others.
Market Dynamics: Drivers
Ongoing Clinical Trials on Andersen Tawil Syndrome
The ongoing clinical trials on Andersen tawil syndrome help the market to grow during the forecast period, as clinical trials help assess the safety and effectiveness of potential treatments for ATS.
For instance, according to clinicaltrail.gov in September 2022 Centre Hospitalier Universitaire de Liege & University of Liege started a clinical study on Baby Detect Genomic Newborn Screening on which the study objective is to identify 126 treatable severe early onset genetic diseases at birth caused by 361 genes.
These studies are basically for the conditions with, Congenital Adrenal Hyperplasia, Andersen Tawil Syndrome, and others. Hence, this study is estimated to be completed by August 2025.
A research publication in Frontiers in January 2023, states that the ATS with a novel mutation in KCNJ2 is a novel causative variant in KCNJ2 in ATS patients and provided detailed clinical findings to expand the genotype-phenotype correlation. The heterogeneous phenotype of ATS should alert physicians to perform genetic analysis for ATS even in patients with only one or two of the typical triad symptoms.
Restraints
Factors such as complications associated with the disease, ATS has various side effects, including periodic paralysis, which causes muscle weakness or paralysis, primarily in the legs, and can be triggered by exercise, stress, or hot weather. Arrhythmias, abnormal heart rhythms, can cause racing heartbeats, shortness of breath, or fainting, and can be life-threatening. Dysmorphic features, such as low-set ears, wide-spaced eyes, and short stature, are expected to hamper the market.
For more details on this report - Request for Sample
Segment Analysis
The Andersen tawil syndrome market is segmented based on disease type, drug class, route of administration, distribution channel, and region.
Segment type 1 accounted for approximately 54.3% of the Andersen Tawil Syndrome market share
The type 1 segment is expected to hold the largest market share over the forecast period. Andersen-Tawil Syndrome type 1 is caused by loss-of-function mutations in the KCNJ2 gene and is associated with facial dysmorphism and a high risk of life-threatening ventricular arrhythmias.
Type 1 Atrial Syndrome (ATS) is caused by mutations in the KCNJ11 gene, affecting 1 in 100,000 to 1 in 1 million people. Symptoms typically appear in childhood or adulthood, with severity varying from person to person.
For instance, in November 2022 Centro Nacional de Investigations Cardiovascular (CNIC) discovered the cause of arrhythmias and sudden death in the rare disease Andersen-Tawil syndrome type 1 (ATS1), which is caused by mutations affecting potassium channels that regulate electrical activity and the intracellular calcium cycle in cardiac and skeletal muscle.
The teams are led by Drs. Jose Jalife and Juan Antonio Bernal have discovered a previously unknown function of Kir2.1 channels, which control the essential electrical properties of excitable cells such as cardiac muscle, skeletal muscle, and neurons.
In addition, the type 1 atrial syndrome segment is driven by the prevalence of cardiac and dysmorphic features in patients with ATS1. As per a Journal of the American College of Pharmacology research paper in August 2022, Overall, 97% of patients with Andersen-Tawil Syndrome type 1 (ATS1) exhibited cardiac manifestations, (more frequently a large U-wave and ventricular bigeminy), and 75% of patients presented dysmorphic features (more often a small mandible).
As Nature Cardiovascular Research study in October 2022, the ATS1 is manifested as a triad of ventricular arrhythmias, periodic paralysis, and dysmorphic features, and also Kir2.1 dysfunction at the sarcolemma and the sarcoplasmic reticulum causes arrhythmias in a mouse model of Andersen?Tawil syndrome type 1.
Geographical Analysis
North America accounted for approximately 42.5% of the Andersen tawil syndrome market share
North America region is expected to hold the largest market share over the forecast period. Owing to the presence of major key players, advancement in treatment options, well-developed healthcare sector, rising prevalence of disease, and growing awareness towards health in this region. The improvement would be possible because of marketing examination instruments and because of existing players who have positively gotten comfortable with the market since the beginning.
For instance, in 2021, Novartis AG launched a new medication called KEVEYIS (dichlorphenamide) for the treatment of periodic paralysis, a symptom of Andersen-Tawil syndrome.
Furthermore, incentives have been provided by the US government to promote the creation of therapies for uncommon illnesses like ATS. The market for ATS treatments has benefited from these incentives, which have also encouraged more pharmaceutical companies to fund R&D in this field.
Moreover, U.S. government initiatives such as awareness programs would help to drive this market. For instance, in December 2023, the Government introduced the RareCare Patient Assistance Program. It provides patient assistance programs to help individuals living with rare diseases and also provides services such as receiving travel assistance for clinical trials or consultation with disease specialists, connecting with other patient assistance programs, gaining knowledge about rare diseases, and other services.
COVID-19 Impact Analysis
COVID-19 had a substantial impact on the Andersen Tawil Syndrome market and vaccination for patients with neuromuscular disorders evolved during this pandemic in patients having these disorders.
Skeletal muscle channelopathies encompass a group of rare genetic neuromuscular conditions, including myotonia congenita (MC), sodium channel myotonia (SCM), paramyotonia congenita (PMC), hypokalemic periodic paralysis (hypoPP), hyperkalemic periodic paralysis (hyperPP), and Andersen‐Tawil syndrome (ATS). These conditions are characterized by episodic symptoms ranging from myotonia to periodic paralysis caused by the dysfunction of specific ion channels expressed in skeletal muscle.
The impact of coronavirus disease-2019 (COVID-19) infection and vaccination for patients with neuromuscular illnesses is evolving, according to an NCBI publication from October 2024 titled "COVID-19 infection and vaccination in patients with skeletal muscle channelopathies." A collection of uncommon genetic neuromuscular disorders known as skeletal muscle channelopathies include Andersen-Tawil syndrome (ATS).
Market Segmentation
By Disease Type
- Type 1
- Type 2
By Drug Class
- Carbonic Anhydrate Inhibitors
- Acetazolamide
- Dichlorphenamide
- Antiarrhythmic Drugs
- Amiodarone
- Flecainide
- Beta-Blockers
- Atenolol
By Route of Administration
- Oral
- Intravenous
- Others
By Distribution Channel
- Hospital Pharmacies
- Retail Pharmacies
- Online Pharmacies
By Region
- North America
- U.S.
- Canada
- Mexico
- Europe
- Germany
- U.K.
- France
- Spain
- Italy
- Rest of Europe
- South America
- Brazil
- Argentina
- Rest of South America
- Asia-Pacific
- China
- India
- Japan
- South Korea
- Rest of Asia-Pacific
- Middle East and Africa
Competitive Landscape
The major global players in the Andersen tawil syndrome market include Merck, Grevis Pharmaceuticals, Xeris Pharma, Novartis AG, Advanz Pharmaceuticals, Alembic Pharmaceuticals, Avet Pharmaceuticals, Hikma Pharmaceuticals, Micro Labs, Advagen Pharma, and among others among others.
Key Developments
- On May 6, 2024, Xeris Biopharma Holdings, Inc. announced that it has entered into an exclusive worldwide collaboration and license agreement with Beta Bionics, Inc. for the development and commercialization of a glucagon product utilizing Xeris, XeriSol technology for use in Beta Bionics’ proprietary bi-hormonal pump and pump systems.
- On May 6, 2024, Xeris Biopharma Holdings, Inc. announced that their product KEVEYIS is the first FDA-approved treatment for Primary Periodic Paralysis.
- On May 12, 2022, a French study, involving clinicians from the Institute, was carried out on 35 patients with ATS whose diagnosis was confirmed by molecular analysis. They were diagnosed and are being followed in Neuromuscular reference centers in France. The study included a retrospective clinical, histological, electroneuromyography (ENMG), and genetic analysis.
- On April 1, 2021, Teva Pharmaceuticals was acquired by Karo Pharma Aktiebolag to gain the European OTC brand portfolios and drug research including rare disease solutions. Also, Sun Pharmaceutical Industries Ltd. announced the acquisition of a 66% ownership interest in Trikaal Medi infotech, and AWACS, through its subsidiary ABCD Technologies LLP.
Why Purchase the Report?
- To visualize the Andersen Tawil syndrome market segmentation based on disease type, drug class, route of administration, distribution channel and region as well as understand key commercial assets and players.
- Identify commercial opportunities by analyzing trends and co-development
- Excel data sheet with numerous data points of Andersen Tawil syndrome market level with all segments.
- PDF report consists of a comprehensive analysis after exhaustive qualitative interviews and an in-depth study.
- Product mapping is available in excel consisting of key products of all the major players.
The Andersen Tawil Syndrome market report would provide approximately 70 tables, 65 figures, and 186 Pages.
Target Audience 2024
- Manufacturers/ Buyers
- Industry Investors/Investment Bankers
- Research Professionals
- Emerging Companies



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Methodology and Scope
1.1. Research Methodology
1.2. Research Objective and Scope of the Report
2. Definition and Overview
3. Executive Summary
3.1. Snippet by Disease Type
3.2. Snippet by Drug Class
3.3. Snippet by Route of Administration
3.4. Snippet by Distribution Channel
3.5. Snippet by Region
4. Dynamics
4.1. Impacting Factors
4.1.1. Drivers
4.1.1.1. Rise in the Prevalence of Andersen Tawil Syndrome
4.1.1.2. Ongoing Clinical Trials on Andersen Tawil Syndrome
4.1.2. Restraints
4.1.2.1. Complications Associated with Disease
4.1.3. Opportunity
4.1.4. Impact Analysis
5. Industry Analysis
5.1. Porter's Five Force Analysis
5.2. Supply Chain Analysis
5.3. Pricing Analysis
5.4. Regulatory Analysis
5.5. Unmet Needs
5.6. PESTEL Analysis
5.7. Patent Analysis
5.8. SWOT Analysis
6. COVID-19 Analysis
6.1. Analysis of COVID-19
6.1.1. Scenario Before COVID
6.1.2. Scenario During COVID
6.1.3. Scenario Post COVID
6.2. Pricing Dynamics Amid COVID-19
6.3. Demand-Supply Spectrum
6.4. Government Initiatives Related to the Market During the Pandemic
6.5. Manufacturers Strategic Initiatives
6.6. Conclusion
7. By Disease Type
7.1. Introduction
7.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Disease Type
7.1.2. Market Attractiveness Index, By Disease Type
7.2. Type 1*
7.2.1. Introduction
7.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
7.3. Type 2
8. By Drug Class
8.1. Introduction
8.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Drug Class
8.1.2. Market Attractiveness Index, By Drug Class
8.2. Carbonic Anhydrate Inhibitors *
8.2.1. Introduction
8.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
8.3. Antiarrhythmic Drugs
8.4. Amiodarone
8.5. Flecainide
8.6. Beta-Blockers
8.7. Atenolol
9. By Route of Administration
9.1. Introduction
9.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Route of Administration
9.1.2. Market Attractiveness Index, By Route of Administration
9.2. Oral*
9.2.1. Introduction
9.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
9.3. Intravenous
10. By Distribution Channel
10.1. Introduction
10.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Distribution Channel
10.1.2. Market Attractiveness Index, By Distribution Channel
10.2. Hospital Pharmacies*
10.2.1. Introduction
10.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
10.3. Retail Pharmacies
10.4. Online Pharmacies
11. By Region
11.1. Introduction
11.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Region
11.1.2. Market Attractiveness Index, By Region
11.2. North America
11.2.1. Introduction
11.2.2. Key Region-Specific Dynamics
11.2.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Disease Type
11.2.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Drug Class
11.2.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Route of Administration
11.2.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Distribution Channel
11.2.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
11.2.7.1. U.S.
11.2.7.2. Canada
11.2.7.3. Mexico
11.3. Europe
11.3.1. Introduction
11.3.2. Key Region-Specific Dynamics
11.3.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Disease Type
11.3.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Drug Class
11.3.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Route of Administration
11.3.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Distribution Channel
11.3.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
11.3.7.1. Germany
11.3.7.2. UK
11.3.7.3. France
11.3.7.4. Italy
11.3.7.5. Spain
11.3.7.6. Rest of Europe
11.4. South America
11.4.1. Introduction
11.4.2. Key Region-Specific Dynamics
11.4.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Disease Type
11.4.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Drug Class
11.4.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Route of Administration
11.4.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Distribution Channel
11.4.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
11.4.7.1. Brazil
11.4.7.2. Argentina
11.4.7.3. Rest of South America
11.5. Asia-Pacific
11.5.1. Introduction
11.5.2. Key Region-Specific Dynamics
11.5.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Disease Type
11.5.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Drug Class
11.5.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Route of Administration
11.5.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Distribution Channel
11.5.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
11.5.7.1. China
11.5.7.2. India
11.5.7.3. Japan
11.5.7.4. South Korea
11.5.7.5. Rest of Asia-Pacific
11.6. Middle East and Africa
11.6.1. Introduction
11.6.2. Key Region-Specific Dynamics
11.6.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Disease Type
11.6.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Drug Class
11.6.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Route of Administration
11.6.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Distribution Channel
12. Competitive Landscape
12.1. Competitive Scenario
12.2. Market Positioning/Share Analysis
12.3. Mergers and Acquisitions Analysis
13. Company Profiles
13.1. Merck *
13.1.1. Company Overview
13.1.2. Product Portfolio and Description
13.1.3. Financial Overview
13.1.4. Key Developments
13.2. Grevis Pharmaceuticals
13.3. Xeris Pharma
13.4. Novartis AG
13.5. Advanz Pharmaceuticals
13.6. Alembic Pharmaceuticals
13.7. Avet Pharmaceuticals
13.8. Hikma Pharmaceuticals
13.9. Micro Labs
13.10. Advagen Pharma
LIST NOT EXHAUSTIVE
14. Appendix
14.1. About Us and Services
14.2. Contact Us

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD()の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


DataM Intelligence社はどのような調査会社ですか?


DataM Intelligenceは世界および主要地域の広範な市場に関する調査レポートを出版しています。 もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/16 10:26

159.45 円

174.07 円

209.46 円

ページTOPに戻る