世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

腹部大動脈瘤修復器具の世界市場 - 2024-2031


Global abdominal aortic aneurysm repair devices market - 2024-2031

概要 世界の腹部大動脈瘤修復装置市場は、2023年にXX百万米ドルに達し、2031年にはXX百万米ドルに達すると予測され、予測期間2024-2031年にXX%の年平均成長率で成長すると予測されている。 腹部大動脈瘤(AAA... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
DataM Intelligence
データMインテリジェンス
2024年6月5日 US$4,350
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
182 英語

 

サマリー

概要
世界の腹部大動脈瘤修復装置市場は、2023年にXX百万米ドルに達し、2031年にはXX百万米ドルに達すると予測され、予測期間2024-2031年にXX%の年平均成長率で成長すると予測されている。
腹部大動脈瘤(AAA)は、主に65歳以上の人が罹患する疾患である。動脈瘤修復治療の技術進歩により、腹部大動脈瘤修復器具市場は急速に拡大している。腹部大動脈瘤の治療には、開腹手術ではなく血管内ステントグラフトが用いられる。
一部の国では、低侵襲手術が医療保険でカバーされるようになってきている。これらの要因により、患者の間で低侵襲手術に対する嗜好が高まっている。従来の開腹手術では筋肉を切開するため、治癒にかなりの時間を要したが、MIS手術では切開創が小さいため、回復が早い。これらの手術は、回復にかかる時間が比較的短いため、高齢者の間で広く受け入れられてきている。高齢者人口の増加(65歳以上)が市場拡大の原動力となっている。
異常拡大とは、腹部大動脈瘤(AAA)と呼ばれる腹部大動脈の拡大であり、通常、腎下動脈と大動脈-腸骨動脈が関与している。AAAが破裂すると命にかかわることがあります。喫煙者ではより一般的です。動脈瘤が大きい場合や急速に拡大する場合は、外科的治療が必要である。
市場力学:推進要因
医療技術の進歩
腹部大動脈瘤修復装置市場の需要は複数の要因によって牽引されている。修復医療機器や修復方法の技術進歩、EVAR治療の採用増加、低侵襲治療に対する需要の増加、有利な償還制度の利用可能性などが市場の成長をもたらすと予想される。
腹部大動脈瘤の死亡率の上昇は、欧州における腹部動脈瘤修復装置の世界市場の成長を促す主な要因である。例えば、英国では毎年約19,000人が死亡しており、その半数をAAAが占めている。
さらに、European Journal of Vascular and Endovascular Surgeryに掲載された研究によると、ドイツではAAAが約1,251人の死亡原因となっている。死亡率の上昇に対応するため、この地域の国々は発生率を下げるためにスクリーニング・プログラムやEVAR治療法を実施し、その結果、病院での動脈瘤関連死は減少した。ドイツは腹部大動脈瘤の治療にEAVR手技を用いた最初の国の一つである。
さらに、EVAR手技に対する償還が好意的であることから、腹部大動脈瘤にとって魅力的な市場となっている。さらに、英国(UK)は腹部動脈瘤の早期発見のための国民保健サービス(NHS)スクリーニングプログラムを実施しており、これが疾患の迅速な診断に役立っているため、腹部大動脈瘤治療オプションの需要が増加している。イタリアとスペインは腹部大動脈瘤修復術の潜在的市場である。これらの要因が腹部大動脈瘤修復装置市場を押し上げる可能性が高い。
例えば、2023年6月、米国食品医薬品局(FDA)はクック・メディカル社に対し、大動脈瘤治療用のZenith Fenestrated+ Endovascular Graft(ZFEN+)に関する治験機器適用除外(IDE)試験を開始することを承認した。
また、クック・メディカル社は2021年3月にZenith Fenestrated+ Endovascular Graft製品ZFEN+を大動脈瘤の血管内管理に利用することを発表した。
阻害要因
治療費の高さ、困難な解剖学的構造に対する解決策の欠如、認知度の欠如などの要因が市場の妨げになると予想される。
このレポートの詳細 - サンプル請求
セグメント分析
腹部大動脈瘤修復装置市場は、製品、部位、用途、エンドユーザー、地域に基づいてセグメント化される。
血管閉鎖器具セグメントは腹部大動脈瘤修復器具市場シェアの約56.4%を占める
予測期間中、血管閉鎖器具セグメントが最大の市場シェアを占めると予想される。カテーテル治療に関連する手技の増加、低侵襲ソリューションに対する需要の増加、VCDの使いやすさ、心血管疾患の負担の増加などの要因が市場成長の原動力となっている。
世界的に、毎年、心血管疾患(主に虚血性心疾患と脳卒中)で死亡する人の数は、他のどの原因よりも多い。例えば、2021年の汎米保健機構(PAHO)によると、南北アメリカ大陸では心血管疾患が4,080万人の障害調整生存年(DALY)を占めている。
また、2022年7月に更新された国立慢性疾患予防・健康増進センター心臓病・脳卒中予防部門のデータによると、冠動脈性心疾患は心臓病の中で最も多いタイプである。さらに、米国では毎年約80万5,000人が心臓発作を起こしている。

低侵襲手術には、手術による痛み、損傷、傷跡、入院期間の短縮、より高い精度、より早い回復時間など、数多くの利点があり、多くの患者が低侵襲バルーン血管形成術を選択するよう誘惑されている。
心血管系疾患とその死因の増加により、治療機器に対するニーズが高まっており、これが市場成長の原動力となっている。例えば、世界保健機関(WHO)の「心血管疾患:2021年6月に更新された "Key Facts "では、心血管疾患(CVD)が世界的な死因のトップであると述べられている。
さらに、市場成長は新製品の市場投入によって促進される。例えば、Haemonetics Corporationは2021年9月にVASCADE MVP静脈血管閉鎖システムの米国食品医薬品局の承認を取得した。その結果、様々な市場プレイヤーの製品に対する規制当局の承認数が市場成長を後押ししている。
地理的分析
北米は腹部大動脈瘤修復装置市場シェアの約44.8%を占める
北米地域は、EVARのような高度な治療法が広く使用されているため、予測期間中に最大の市場シェアを占めると予想される。さらに、多くの市場参入企業が技術的に先進的なデバイスを発売し、市場での足場を固めている。
Endologix社は、AFX2分岐内膜移植システムのFDA承認を取得した。このシステムは、7-Fイントロデューサーを介した薄型の対側アクセスを提供することで、分岐内膜移植片の送達または展開に必要な手順を減らし、経皮的EVARを容易にする。製品開発と技術革新が血管内治療オプションの需要を促進すると予想される。
例えば、Endologix社のChimney Endovascular Aneurysm Sealing(ChEVAS)システムは、2021年7月にFDAから承認された。Nellix 3.5内挿術と並列内臓ステントを備えたこのシステムは、傍腎、柔腎、上腎AAA患者に対する革新的な血管内治療法である。
スクリーニングプログラムと腹部大動脈瘤修復治療の選択肢が広く採用されているためである。北米地域では新しい治療法や診断法の開発が進んでいる。さらに、死亡率の上昇により、新しい腹部大動脈瘤修復術が利用可能であることに対する患者の意識が高まっている。高度な医療インフラが北米の腹部大動脈瘤修復装置市場の成長を促進すると期待されている。
COVID-19の影響分析
COVID-19パンデミックは腹部大動脈瘤修復装置市場に大きな影響を与えた。2019年、新型コロナウイルス(COVID-19)は様々な国や地域に急速に広がり、人々の生活や国際社会に大きな影響を与えた。人の健康問題として始まり、その後、世界の貿易、経済、金融に対する大きな脅威へと発展した。COVID-19のパンデミックによる閉鎖のため、腹部大動脈瘤(AAA)修復装置市場の多くの製品が販売停止となった。
さらに、COVID-19ワクチンが利用可能になるにつれて、COVID-19の症例数は減少すると予想されている。この結果、腹部大動脈瘤(AAA)修復装置企業はフル稼働を再開している。これにより、2022年初頭には市場の回復が見込まれる。COVID-19感染症例が減少し始めた後、機器・機械メーカーは従業員、業務、供給網の保護に注力し、緊急事態に対応し、新たな作業方法を確立しなければならない。
市場区分
製品別
- ステントグラフト
- 合成ステントグラフト
- カテーテル
- ガイドワイヤー
- 血管閉鎖器具
- バルーン拡張器具
部位別
- 下腹部大動脈瘤
- 傍大動脈瘤
用途別
- 従来の解剖学的構造
- 複雑な解剖学
エンドユーザー別
- 病院
- 外来手術センター
- その他
地域別
- 北米
- 米国
- カナダ
- メキシコ
- 欧州
- ドイツ
- 英国
- フランス
- スペイン
- イタリア
- その他のヨーロッパ
- 南米
- ブラジル
- アルゼンチン
- その他の南米
- アジア太平洋
- 中国
- インド
- 日本
- 韓国
- その他のアジア太平洋地域
- 中東・アフリカ
競合状況
腹部大動脈瘤修復装置市場における世界の主要企業には、Cardinal Health、Cadiva Medical、Biotronik、Medtronic Plc、Cook Medical、Endologix Inc、WL Gore & Associates Inc、Lombard Medical Inc、Terumo Corporationなどが含まれる。
主な動向
- 2024年1月31日、クックメディカルは、米国でZENITH FENESTRATED+ Endovascular Graft?(ZFEN+)の臨床試験で最初の患者を治療したと発表した。
- 2022年1月28日、ヒューマサイト社が冠動脈バイパス術における小口径ヒトアセルラー血管(HAV)の前臨床試験結果を発表。
- 2022年1月20日、Cardiovascular Systems, Inc.は、OrbusNeich Medical Company Ltd.(OrbusNeich社)と共に、OrbusNeich社の経皮経管冠動脈形成術(PTCA)カテーテル(Scoreflex NC Scoring Percutaneous Transluminal Coronary Angioplasty: Scoreflex NC)について、米国食品医薬品局(FDA)から承認を取得した。
- 2021年1月27日、フィリップスは3D超音波と革新的なソフトウェアを統合し、腹部大動脈瘤の監視において画期的な進歩を遂げた。
レポートを購入する理由
- 製品、部位、用途、エンドユーザー、地域に基づく腹部大動脈瘤修復装置市場のセグメンテーションを可視化し、主要な商業資産とプレーヤーを理解する。
- トレンドと共同開発の分析による商機の特定
- 腹部大動脈瘤修復装置市場レベルの全セグメントを網羅した多数のデータを収録したExcelデータシート
- PDFレポートは、徹底的な定性的インタビューと綿密な調査後の包括的な分析で構成されています。
- 製品マッピングは、すべての主要プレイヤーの主要製品で構成されるエクセルで利用可能です。
腹部大動脈瘤修復装置市場レポートは約73表、64図、182ページを提供します。
対象読者
- メーカー/バイヤー
- 業界投資家/投資銀行家
- 研究専門家
- 新興企業

ページTOPに戻る


目次

1.方法論と範囲
1.1.調査方法
1.2.調査目的と調査範囲
2.定義と概要
3.エグゼクティブサマリー
3.1.製品別スニペット
3.2.サイト別スニペット
3.3.アプリケーション別スニペット
3.4.エンドユーザー別スニペット
3.5.地域別スニペット
4.ダイナミクス
4.1.影響要因
4.1.1.推進要因
4.1.1.1.開腹手術よりも低侵襲手術の採用の増加
4.1.1.2.心臓疾患の有病率の上昇
4.1.2.阻害要因
4.1.2.1.デバイスの高コスト
4.1.3.機会
4.1.4.影響分析
5.産業分析
5.1.ポーターのファイブフォース分析
5.2.サプライチェーン分析
5.3.価格分析
5.4.規制分析
5.5.アンメット・ニーズ
5.6.PESTEL分析
5.7.特許分析
5.8.SWOT分析
6.COVID-19分析
6.1.COVID-19の分析
6.1.1.COVID以前のシナリオ
6.1.2.COVID中のシナリオ
6.1.3.COVID後のシナリオ
6.2.COVID中の価格ダイナミクス-19
6.3.需給スペクトラム
6.4.パンデミック時の市場に関する政府の取り組み
6.5.メーカーの戦略的取り組み
6.6.結論
7.製品別
7.1.はじめに
7.1.1.製品別市場規模分析および前年比成長率分析(%)
7.1.2.市場魅力度指数(製品別
8.ステントグラフト
8.1.1.はじめに
8.1.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
8.2.合成ステントグラフト
8.3.カテーテル
8.4.ガイドワイヤー
8.5.血管閉鎖器具
8.6.バロン膨張装置
9.部位別
9.1.はじめに
9.1.1.部位別市場規模分析と前年比成長率分析(%)
9.1.2.市場魅力度指数(部位別
10.腎内腹部大動脈瘤*市場
10.1.1.序論
10.1.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
10.2.副腎腹部大動脈瘤
11.用途別
11.1.はじめに
11.1.1.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 用途別
11.1.2.市場魅力度指数(用途別
12.伝統的な解剖学
12.1.1.はじめに
12.1.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
12.2.複雑な解剖学
13.エンドユーザー別
13.1.はじめに
13.1.1.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、エンドユーザー別
13.1.2.市場魅力度指数(エンドユーザー別
14.病院*市場
14.1.1.はじめに
14.1.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
14.2.外来手術センター
14.3.その他
15.地域別
15.1.はじめに
15.1.1.地域別市場規模分析および前年比成長率分析(%)
15.1.2.市場魅力度指数、地域別
15.2.北米
15.2.1.はじめに
15.2.2.主な地域別ダイナミクス
15.2.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 製品別
15.2.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%), 部位別
15.2.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 用途別
15.2.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), エンドユーザー別
15.2.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
15.2.7.1.米国
15.2.7.2.カナダ
15.2.7.3.メキシコ
15.3.ヨーロッパ
15.3.1.はじめに
15.3.2.地域別の主な動き
15.3.3.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 製品別
15.3.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%), 部位別
15.3.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 用途別
15.3.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), エンドユーザー別
15.3.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、国別
15.3.7.1.ドイツ
15.3.7.2.イギリス
15.3.7.3.フランス
15.3.7.4.イタリア
15.3.7.5.スペイン
15.3.7.6.その他のヨーロッパ
15.4.南米
15.4.1.はじめに
15.4.2.地域別主要市場
15.4.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 製品別
15.4.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%), 部位別
15.4.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 用途別
15.4.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), エンドユーザー別
15.4.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、国別
15.4.7.1.ブラジル
15.4.7.2.アルゼンチン
15.4.7.3.その他の南米地域
15.5.アジア太平洋
15.5.1.はじめに
15.5.2.主な地域別ダイナミクス
15.5.3.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 製品別
15.5.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%), 部位別
15.5.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 用途別
15.5.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), エンドユーザー別
15.5.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、国別
15.5.7.1.中国
15.5.7.2.インド
15.5.7.3.日本
15.5.7.4.韓国
15.5.7.5.その他のアジア太平洋地域
15.6.中東・アフリカ
15.6.1.はじめに
15.6.2.地域別の主な動き
15.6.3.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 製品別
15.6.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%), 部位別
15.6.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 用途別
15.6.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), エンドユーザー別
16.競争環境
16.1.競争シナリオ
16.2.市場ポジショニング/シェア分析
16.3.M&A分析
17.企業プロフィール
17.1.ロンバードメディカル
17.1.1.会社概要
17.1.2.製品ポートフォリオと内容
17.1.3.財務概要
17.1.4.主な展開
17.2.CAE(カナディアン・アビエーション・エレクトロニクス社)
17.3.カーディナル・ヘルス
17.4.カディバ・メディカル
17.5.バイオトロニック
17.6.メドトロニック
17.7.クックメディカル
17.8.エンドロジックス
17.9.WLゴア&アソシエーツ
17.10.テルモ株式会社
17.11.ジョーテ
リストは網羅的ではない
18.付録
18.1.会社概要とサービス
18.2.お問い合わせ

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Overview
The global abdominal aortic aneurysm repair devices market reached US$ XX million in 2023 and is expected to reach US$ XX million by 2031, growing at a CAGR of XX% during the forecast period 2024-2031.
An abdominal aortic aneurysm (AAA) is a condition that primarily affects people over 65. Because of technological advances in aneurysm repair treatments, the market for abdominal aortic aneurysm repair devices is rapidly expanding. Endovascular stent grafting is used to treat abdominal aortic aneurysms rather than open surgery.
Minimally invasive surgeries are increasingly being covered by health insurance providers in select countries. These factors have led to an increased preference for minimally invasive surgeries among patients. Traditional open surgeries involve long incisions made through the muscles, and these muscles take a considerable amount of time to heal, whereas MIS procedures involve smaller incisions, leading to a quicker recovery. These surgeries have been gaining wider acceptance among the geriatric population, due to the relatively shorter recovery time. The growing elderly population (65 and older) fuels the market's expansion.
An aberrant expansion is an enlargement of the abdominal aorta, called an abdominal aortic aneurysm (AAA), usually involving the infrarenal and aorto-iliac arteries. If AAA bursts, it might be fatal. In smokers, it is more common. Aneurysms that are large or expanding quickly need to be surgically treated.
Market Dynamics: Drivers
Technological Advancements in Healthcare
The demand for the abdominal aortic aneurysm repair devices market is driven by multiple factors. The market is expected to grow due to technological advancements in repair medical equipment and methods, an increase in the adoption of EVAR treatments, an increase in demand for minimally invasive therapy, and the availability of favorable reimbursements.
The rise in abdominal aortic aneurysm mortality rates is a major factor driving the growth of the global abdominal aneurysm repair device market in Europe. For example, in the United Kingdom, approximately 19,000 deaths occur each year, with AAA accounting for half of them.
Furthermore, according to a study published in the European Journal of Vascular and Endovascular Surgery, AAA was responsible for approximately 1,251 deaths in Germany. In response to the rising mortality rate, countries in the region have implemented screening programs and EVAR treatment options to reduce incidence rates, resulting in fewer aneurysm-related deaths in hospitals. Germany was one of the first countries to use the EAVR procedure to treat an abdominal aortic aneurysm.
Furthermore, the favorable reimbursement for EVAR procedures makes it an attractive market for abdominal aortic aneurysms. Furthermore, the United Kingdom (UK) has implemented a National Health Service (NHS) screening program for the early detection of abdominal aneurysms, which has aided in the rapid diagnosis of the disease, increasing demand for abdominal aortic aneurysm treatment options. Italy and Spain are potential markets for abdominal aortic aneurysm repair procedures. These factors are likely to boost the abdominal aortic aneurysm repair devices market.
For instance, in June 2023, The U.S. Food and Drug Administration (FDA) approved Cook Medical to initiate an Investigational Device Exemption (IDE) study on the Zenith Fenestrated+ Endovascular Graft (ZFEN+) for the treatment of aortic aneurysms.
Also, Cook Medical, Inc. introduced the Zenith Fenestrated+ Endovascular Graft product ZFEN+ is utilized in the endovascular management of aortic aneurysms in March 2021.
Restraints
Factors such as the high cost of the treatment, lack of solutions for difficult anatomies, and lack of awareness are expected to hamper the market.
For more details on this report - Request for Sample
Segment Analysis
The abdominal aortic aneurysm repair devices market is segmented based on product, site, application, end-user, and region.
The vascular closure devices segment accounted for approximately 56.4% of the abdominal aortic aneurysm repair devices market share
The vascular closure devices segment is expected to hold the largest market share over the forecast period. Factors such as increased catheterization-related procedures, increased demand for minimally-invasive solutions, the ease of use of VCDs, and the growing burden of cardiovascular diseases are driving the market growth.
Globally, more people die each year from cardiovascular diseases ? primarily ischemic heart disease and stroke ? than from any other cause. For instance, as per the 2021 Pan American Health Organization (PAHO), cardiovascular diseases account for 40.8 million disability-adjusted life years (DALYs) in the Americas.
In addition, according to the National Center for Chronic Disease Prevention and Health Promotion, Division for Heart Disease and Stroke Prevention data updated in July 2022, coronary heart disease is the most common type of heart disease. Moreover, every year, about 805,000 people in the United States have a heart attack.

The numerous benefits of minimally invasive surgeries, such as reduced surgical pain, injury, scarring, hospital stay, higher accuracy, and faster recovery time, entice many patients to choose minimally invasive balloon angioplasty surgeries.
The growing burden of cardiovascular disease and its deaths creates a need for treatment devices, which drives the market growth. For example, the World Health Organization article titled "Cardiovascular Diseases: Key Facts," which was updated in June 2021, stated that cardiovascular diseases (CVDs) are the leading cause of death worldwide.
Furthermore, market growth is fueled by introducing new products into the market. For example, Haemonetics Corporation received US Food and Drug Administration approval for the VASCADE MVP Venous Vascular Closure System in September 2021. As a result, various market players' number of regulatory authority approvals for products is boosting the market growth.
Geographical Analysis
North America accounted for approximately 44.8% of the abdominal aortic aneurysm repair devices market share
North America region is expected to hold the largest market share over the forecast period owing to the lion's share because of the widespread use of advanced treatment procedures such as EVAR. Furthermore, many market players have launched technologically advanced devices to gain a strong foothold in the market.
Endologix, Inc., received FDA approval for the AFX2 Bifurcated Endograft System, which facilitates percutaneous EVAR by providing low-profile contralateral access through a 7-F introducer reducing the steps required to deliver or deploy the bifurcated endograft. Product development and innovation are expected to drive demand for endovascular treatment options.
For instance, Endologix's Chimney Endovascular Aneurysm Sealing (ChEVAS) system was approved by the FDA in July 2021. With the Nellix 3.5 endograft and parallel visceral stents, this system is an innovative endovascular therapy for patients with pararenal, juxtarenal, and suprarenal AAA.
Due to the widespread adoption of screening programs and abdominal aortic aneurysm repair treatment options. North American region is developing novel treatment and diagnostic methods. Furthermore, rising death rates increased patient awareness of the availability of new abdominal aortic aneurysm repair procedures. Advanced healthcare infrastructure is expected to drive the growth of the abdominal aortic aneurysm repair devices market in North America.
COVID-19 Impact Analysis
The COVID-19 pandemic significantly impacted the abdominal aortic aneurysm repair devices market. In 2019, the novel coronavirus (COVID-19) rapidly spread across various countries and regions, having a massive impact on people's lives and the global community. It began as a human health issue and has since evolved into a major threat to global trade, economy, and finance. Due to lockdowns caused by the COVID-19 pandemic, many products in the abdominal aortic aneurysm (AAA) repair device market were halted.
Furthermore, as the COVID-19 vaccine becomes available, the number of COVID-19 cases is expected to decrease. This has resulted in reopening abdominal aortic aneurysm (AAA) repair device companies to full capacity. This is expected to aid the market's recovery by the beginning of 2022. After COVID-19 infection cases begin to decline, manufacturers of equipment and machinery must focus on protecting their employees, operations, and supply networks to respond to urgent emergencies and establish new working methods.
Market Segmentation
By Product
- Stent Graft
- Synthetic Stent Graft
- Catheter
- Guidewire
- Vascular Closure Devices
- Balloon Inflation Devices
By Site
- Infrarenal Abdominal Aortic Aneurysm
- Pararenal Abdominal Aortic Aneurysm
By Application
- Traditional Anatomy
- Complex Anatomy
By End-Users
- Hospitals
- Ambulatory Surgical Centers
- Others
By Region
- North America
- U.S.
- Canada
- Mexico
- Europe
- Germany
- U.K.
- France
- Spain
- Italy
- Rest of Europe
- South America
- Brazil
- Argentina
- Rest of South America
- Asia-Pacific
- China
- India
- Japan
- South Korea
- Rest of Asia-Pacific
- Middle East and Africa
Competitive Landscape
The major global players in the abdominal aortic aneurysm repair devices market include Cardinal Health, Cadiva Medical, Biotronik, Medtronic Plc, Cook Medical, Endologix Inc, WL Gore & Associates Inc, Lombard Medical Inc, and Terumo Corporation, among others.
Key Developments
- On January 31, 2024, Cook Medical announced the first patient treated in the clinical study of the ZENITH FENESTRATED+ Endovascular Graft?(ZFEN+) in the United States.
- On January 28, 2022, Humacyte reported preclinical results of a Small-Diameter Human Acellular Vessel (HAV) in Coronary Artery Bypass Grafting.
- On January 20, 2022, Cardiovascular Systems, Inc. along with OrbusNeich Medical Company Ltd (OrbusNeich), received approval from the United States Food and Drug Administration for OrbusNeich's Scoreflex NC Scoring Percutaneous Transluminal Coronary Angioplasty (PTCA) Catheter (Scoreflex NC).
- On January 27, 2021, Philips integrated 3D ultrasound with innovative software for a breakthrough in surveillance of abdominal aortic aneurysm.
Why Purchase the Report?
- To visualize the abdominal aortic aneurysm repair devices market segmentation based on product, site, application, end-user, and region as well as understand key commercial assets and players.
- Identify commercial opportunities by analyzing trends and co-development
- Excel data sheet with numerous data points of abdominal aortic aneurysm repair devices market level with all segments.
- PDF report consists of a comprehensive analysis after exhaustive qualitative interviews and an in-depth study.
- Product mapping is available in excel consisting of key products of all the major players.
The abdominal aortic aneurysm repair devices market report would provide approximately 73 tables, 64 figures, and 182 Pages.
Target Audience 2024
- Manufacturers/ Buyers
- Industry Investors/Investment Bankers
- Research Professionals
- Emerging Companies



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Methodology and Scope
1.1. Research Methodology
1.2. Research Objective and Scope of the Report
2. Definition and Overview
3. Executive Summary
3.1. Snippet by Product
3.2. Snippet by Site
3.3. Snippet by Application
3.4. Snippet by End-User
3.5. Snippet by Region
4. Dynamics
4.1. Impacting Factors
4.1.1. Drivers
4.1.1.1. Increasing Adoption of Minimally Invasive Surgeries over Open Surgeries
4.1.1.2. Rising Prevalence of Heart Diseases
4.1.2. Restraints
4.1.2.1. High Cost of Devices
4.1.3. Opportunity
4.1.4. Impact Analysis
5. Industry Analysis
5.1. Porter's Five Force Analysis
5.2. Supply Chain Analysis
5.3. Pricing Analysis
5.4. Regulatory Analysis
5.5. Unmet Needs
5.6. PESTEL Analysis
5.7. Patent Analysis
5.8. SWOT Analysis
6. COVID-19 Analysis
6.1. Analysis of COVID-19
6.1.1. Scenario Before COVID
6.1.2. Scenario During COVID
6.1.3. Scenario Post COVID
6.2. Pricing Dynamics Amid COVID-19
6.3. Demand-Supply Spectrum
6.4. Government Initiatives Related to the Market During the Pandemic
6.5. Manufacturers Strategic Initiatives
6.6. Conclusion
7. By Product
7.1. Introduction
7.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Product
7.1.2. Market Attractiveness Index, By Product
8. Stent Graft*
8.1.1. Introduction
8.1.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
8.2. Synthetic Stent Graft
8.3. Catheter
8.4. Guidewire
8.5. Vascular Closure Devices
8.6. Ballon Inflation Devices
9. By Site
9.1. Introduction
9.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Site
9.1.2. Market Attractiveness Index, By Site
10. Infrarenal Abdominal Aortic Aneurysm*
10.1.1. Introduction
10.1.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
10.2. Pararenal Abdominal Aortic Aneurysm
11. By Application
11.1. Introduction
11.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
11.1.2. Market Attractiveness Index, By Application
12. Traditional Anatomy*
12.1.1. Introduction
12.1.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
12.2. Complex Anatomy
13. By End-User
13.1. Introduction
13.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
13.1.2. Market Attractiveness Index, By End-User
14. Hospitals*
14.1.1. Introduction
14.1.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
14.2. Ambulatory Surgical Centers
14.3. Others
15. By Region
15.1. Introduction
15.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Region
15.1.2. Market Attractiveness Index, By Region
15.2. North America
15.2.1. Introduction
15.2.2. Key Region-Specific Dynamics
15.2.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Product
15.2.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Site
15.2.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
15.2.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
15.2.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
15.2.7.1. U.S.
15.2.7.2. Canada
15.2.7.3. Mexico
15.3. Europe
15.3.1. Introduction
15.3.2. Key Region-Specific Dynamics
15.3.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Product
15.3.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Site
15.3.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
15.3.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
15.3.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
15.3.7.1. Germany
15.3.7.2. UK
15.3.7.3. France
15.3.7.4. Italy
15.3.7.5. Spain
15.3.7.6. Rest of Europe
15.4. South America
15.4.1. Introduction
15.4.2. Key Region-Specific Dynamics
15.4.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Product
15.4.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Site
15.4.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
15.4.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
15.4.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
15.4.7.1. Brazil
15.4.7.2. Argentina
15.4.7.3. Rest of South America
15.5. Asia-Pacific
15.5.1. Introduction
15.5.2. Key Region-Specific Dynamics
15.5.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Product
15.5.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Site
15.5.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
15.5.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
15.5.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
15.5.7.1. China
15.5.7.2. India
15.5.7.3. Japan
15.5.7.4. South Korea
15.5.7.5. Rest of Asia-Pacific
15.6. Middle East and Africa
15.6.1. Introduction
15.6.2. Key Region-Specific Dynamics
15.6.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Product
15.6.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Site
15.6.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
15.6.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
16. Competitive Landscape
16.1. Competitive Scenario
16.2. Market Positioning/Share Analysis
16.3. Mergers and Acquisitions Analysis
17. Company Profiles
17.1. Lombard Medical Inc*
17.1.1. Company Overview
17.1.2. Product Portfolio and Description
17.1.3. Financial Overview
17.1.4. Key Developments
17.2. CAE (Canadian Aviation Electronics Ltd)
17.3. Cardinal Health
17.4. Cadiva Medical
17.5. Biotronik
17.6. Medtronic Plc
17.7. Cook Medical
17.8. Endologix Inc
17.9. WL Gore & Associates
17.10. Terumo Corporation
17.11. Jote
LIST NOT EXHAUSTIVE
18. Appendix
18.1. About Us and Services
18.2. Contact Us

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野(個々の器官作用薬)の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(devices)の最新刊レポート


よくあるご質問


DataM Intelligence社はどのような調査会社ですか?


DataM Intelligenceは世界および主要地域の広範な市場に関する調査レポートを出版しています。 もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/16 10:26

159.45 円

174.07 円

209.46 円

ページTOPに戻る