世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

アジア太平洋地域の半導体化学品市場規模調査:タイプ別(高機能ポリマー、酸・塩基性化学品、接着剤、溶剤、その他)、最終用途別(集積回路、ディスクリート半導体、オプトエレクトロニクス、センサー)、国別予測:2022-2032年


Asia Pacific Semiconductor Chemicals Market Size study, by Type (High-performance Polymers, Acid & Base Chemicals, Adhesives, Solvents, Others) by End-use (Integrated Circuits, Discrete Semiconductor, Optoelectronics, Sensors) and Country Forecasts 2022-2032

アジア太平洋地域の半導体化学品市場は、2023年に約52億7000万米ドルと評価され、予測期間2024年から2032年にかけて13.10%以上の健全な成長率で成長すると予測されている。半導体用化学品は、電子機器の不可欠な... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Bizwit Research & Consulting LLP
ビズウィットリサーチ&コンサルティング
2024年6月20日 US$4,950
シングルユーザライセンス(印刷不可)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
200 英語

 

サマリー

アジア太平洋地域の半導体化学品市場は、2023年に約52億7000万米ドルと評価され、予測期間2024年から2032年にかけて13.10%以上の健全な成長率で成長すると予測されている。半導体用化学品は、電子機器の不可欠な構成要素である半導体の製造工程で利用される必須材料である。これらの化学薬品は、洗浄、エッチング、蒸着、研磨など、半導体製造のさまざまな段階で重要な役割を果たす。これらの化学薬品は、厳格な純度・性能基準を満たすように細心の注意を払って調合され、精密な製造を保証し、半導体部品の欠陥を最小限に抑えます。半導体用化学薬品には、酸、溶剤、ガス、ドーパント、フォトレジストなど多様な物質が含まれ、それぞれが半導体産業内の特定の用途に合わせて調整されている。アジア太平洋地域は、急速な技術革新と採用で知られている。同地域の企業は新技術や新プロセスを採用しており、アジア太平洋半導体化学品市場では、これらの技術革新をサポートする高度な半導体化学品への需要が高まっています。

アジア太平洋半導体化学品市場は、電子機器需要の増加、半導体製造施設の拡張、技術の進歩に牽引され、半導体産業の急速な成長を目の当たりにしている。この成長は、様々な製造工程で使用される半導体用化学薬品の需要を促進しています。さらに、先端半導体技術の採用拡大、半導体製造施設の拡張、研究開発投資の増加も市場を牽引している。しかし一方で、半導体価格の変動は、2022年から2032年にかけての市場成長を抑制するだろう。

アジア太平洋半導体化学品市場調査で考慮した主要国には、中国、インド、日本、韓国、オーストラリア、その他のアジア太平洋地域が含まれる。2023年には、中国が最大の地域市場シェアとなった。中国は、電子機器需要の増加、国内半導体製造を促進する政府の取り組み、研究開発(R&D)への投資などにより、半導体産業が大きく成長している。この拡大が、さまざまな製造工程で使用される半導体用化学薬品の需要を促進している。一方、韓国の市場は予測期間中、最も速い速度で発展すると予想される。

本レポートに含まれる主な市場プレイヤーは以下の通り:
信越化学工業株式会社
JSR株式会社
東京応化工業株式会社
昭和電工株式会社
富士フイルムホールディングス株式会社
住友化学株式会社
三菱化学株式会社
東レ株式会社
旭化成株式会社
LG化学株式会社

市場の詳細なセグメントとサブセグメントを以下に説明する:

タイプ別
高機能ポリマー
酸性・塩基性化学品
接着剤
溶剤
その他

最終用途別
集積回路
ディスクリート半導体
オプトエレクトロニクス
センサー
地域別
アジア太平洋地域
中国
インド
日本
オーストラリア
韓国
RoAPAC

調査対象年は以下の通り:
過去年-2022年
基準年 - 2023年
予測期間 - 2024年から2032年

主な要点
2022年から2032年までの10年間の市場推定と予測。
各市場セグメントの年換算収益と国レベル分析。
主要地域の国レベル分析による地理的展望の詳細分析。
市場の主要プレーヤーに関する情報を含む競争状況。
主要事業戦略の分析と今後の市場アプローチに関する提言。
市場の競争構造の分析
市場の需要側と供給側の分析

ページTOPに戻る


目次

第1章.アジア太平洋半導体化学品市場の定義と調査前提
1.1.調査目的
1.2.市場の定義
1.3.調査の前提
1.3.1.包含と除外
1.3.2.限界
1.3.3.供給サイドの分析
1.3.3.1.入手可能性
1.3.3.2.インフラ
1.3.3.3.規制環境
1.3.3.4.市場競争
1.3.3.5.経済性(消費者の視点)
1.3.4.需要サイド分析
1.3.4.1.規制の枠組み
1.3.4.2.技術の進歩
1.3.4.3.環境への配慮
1.3.4.4.消費者の意識と受容
1.4.推定方法
1.5.調査対象年
1.6.通貨換算レート

第2章.要旨
2.1.アジア太平洋地域の半導体用化学品市場規模・予測(2022年~2032年)
2.2.地域別概要
2.3.セグメント別概要
2.3.1.タイプ別
2.3.2.最終用途別
2.4.主要動向
2.5.不況の影響
2.6.アナリストの推奨と結論
第3章.アジア太平洋地域の半導体化学品市場ダイナミクス
3.1.市場促進要因
3.2.市場の課題
3.3.市場機会
第4章.アジア太平洋半導体化学品市場産業分析
4.1.ポーターの5フォースモデル
4.1.1.サプライヤーの交渉力
4.1.2.買い手の交渉力
4.1.3.新規参入者の脅威
4.1.4.代替品の脅威
4.1.5.競合他社との競争
4.1.6.ポーターの5フォースモデルへの未来的アプローチ
4.1.7.ポーター5フォースの影響分析
4.2.PESTEL分析
4.2.1.政治的要因
4.2.2.経済的
4.2.3.社会
4.2.4.技術的
4.2.5.環境
4.2.6.法律
4.3.最高の投資機会
4.4.トップ勝ち組戦略
4.5.破壊的トレンド
4.6.業界専門家の視点
4.7.アナリストの推奨と結論
第5章.アジア太平洋地域の半導体用化学品の市場規模とタイプ別予測 2022-2032
5.1.高機能ポリマー
5.2.酸・塩基性化学品
5.3.接着剤
5.4.溶剤
5.5.その他
第6章.アジア太平洋地域の半導体用化学品市場規模・用途別予測 2022-2032
6.1.集積回路
6.2.ディスクリート半導体
6.3.オプトエレクトロニクス
6.4.センサー
第7章.アジア太平洋地域の半導体用化学品の国別市場規模・予測 2022-2032
7.1.中国半導体化学品市場
7.1.1.タイプ別規模と予測、2022-2032年
7.1.2.最終用途の内訳サイズと予測、2022-2032年
7.2.インドの半導体化学品市場
7.3.日本の半導体化学品市場
7.4.オーストラリア半導体化学市場
7.5.韓国の半導体化学品市場
7.6.その他のアジア太平洋地域の半導体化学品市場
第8章.コンペティティブインテリジェンス
8.1.主要企業のSWOT分析
8.1.1.企業1
8.1.2.企業2
8.1.3.会社3
8.2.トップ市場戦略
8.3.企業プロフィール
8.3.1.信越化学工業株式会社
8.3.1.1.主要情報
8.3.1.2.概要
8.3.1.3.財務(データの入手可能性による)
8.3.1.4.製品概要
8.3.1.5.市場戦略
8.3.2.JSR株式会社
8.3.3.東京応化工業(株
8.3.4.昭和電工株式会社
8.3.5.富士フイルムホールディングス株式会社
8.3.6.住友化学株式会社
8.3.7.三菱化学株式会社
8.3.8.東レ株式会社
8.3.9.旭化成株式会社
8.3.10.LG化学
第9章.研究プロセス
9.1.研究プロセス
9.1.1.データマイニング
9.1.2.分析
9.1.3.市場推定
9.1.4.バリデーション
9.1.5.出版
9.2.研究属性

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Asia Pacific Semiconductor Chemicals Market is valued approximately USD 5.27 Billion in 2023 and is anticipated to grow with a healthy growth rate of more than 13.10% over the forecast period 2024-2032. Semiconductor chemicals are essential materials utilized in the production processes of semiconductors, integral components of electronic devices. These chemicals serve critical functions at various stages of semiconductor fabrication, including cleaning, etching, deposition, and polishing. They are meticulously formulated to meet stringent purity and performance standards, ensuring precise manufacturing and minimizing defects in semiconductor components. Semiconductor chemicals encompass a diverse range of substances, including acids, solvents, gases, dopants, and photoresists, each tailored to specific applications within the semiconductor industry. The Asia Pacific region is known for its rapid technological innovation and adoption. Companies in the region are embracing new technologies and processes, and the demand for advanced semiconductor chemicals to support these innovations in the Asia Pacific Semiconductor Chemicals Market.

The Asia Pacific Semiconductor Chemicals Market is witnessing rapid growth in the semiconductor industry, driven by increasing demand for electronic devices, expansion of semiconductor manufacturing facilities, and technological advancements. This growth fuels the demand for semiconductor chemicals used in various fabrication processes. Furthermore, the market is driven by the growing adoption of advanced semiconductor technologies, expansion of semiconductor manufacturing facilities and increasing investment in research and development. However, volatility in semiconductor prices, on the other hand, would stifle market growth between 2022 and 2032.

The key Countries considered for the Asia Pacific Semiconductor Chemicals market study includes China, India, Japan, South Korea, Australia and Rest of Asia Pacific. In 2023, China was the largest regional market share. China has witnessed significant growth in its semiconductor industry, driven by increasing demand for electronic devices, government initiatives to promote domestic semiconductor manufacturing, and investments in research and development (R&D). This expansion is fueling the demand for semiconductor chemicals used in various manufacturing processes. The market in South Korea, on the other hand, is expected to develop at the fastest rate over the forecast period.

Major market player included in this report are:
Shin-Etsu Chemical Co., Ltd
JSR Corporation
Tokyo Ohka Kogyo Co., Ltd.
Showa Denko K.K.
Fujifilm Holdings Corporation
Sumitomo Chemical Co., Ltd.
Mitsubishi Chemical Corporation
Toray Industries, Inc.
Asahi Kasei Corporation
LG Chem, Ltd.

The detailed segments and sub-segment of the market are explained below:

By Type
High-performance Polymers
Acid & Base Chemicals
Adhesives
Solvents
Others

By End Use
Integrated Circuits
Discrete Semiconductor
Optoelectronics
Sensors
By Region:
Asia Pacific
China
India
Japan
Australia
South Korea
RoAPAC

Years considered for the study are as follows:
Historical year – 2022
Base year – 2023
Forecast period – 2024 to 2032

Key Takeaways:
Market Estimates & Forecast for 10 years from 2022 to 2032.
Annualized revenues and country level analysis for each market segment.
Detailed analysis of geographical landscape with Country level analysis of major regions.
Competitive landscape with information on major players in the market.
Analysis of key business strategies and recommendations on future market approach.
Analysis of competitive structure of the market.
Demand side and supply side analysis of the market



ページTOPに戻る


Table of Contents

Chapter 1. Asia Pacific Semiconductor Chemicals Market Definition and Research Assumptions
1.1. Research Objective
1.2. Market Definition
1.3. Research Assumptions
1.3.1. Inclusion & Exclusion
1.3.2. Limitations
1.3.3. Supply Side Analysis
1.3.3.1. Availability
1.3.3.2. Infrastructure
1.3.3.3. Regulatory Environment
1.3.3.4. Market Competition
1.3.3.5. Economic Viability (Consumer’s Perspective)
1.3.4. Demand Side Analysis
1.3.4.1. Regulatory frameworks
1.3.4.2. Technological Advancements
1.3.4.3. Environmental Considerations
1.3.4.4. Consumer Awareness & Acceptance
1.4. Estimation Methodology
1.5. Years Considered for the Study
1.6. Currency Conversion Rates

Chapter 2. Executive Summary
2.1. Asia Pacific Semiconductor Chemicals Market Size & Forecast (2022- 2032)
2.2. Regional Summary
2.3. Segmental Summary
2.3.1. By Type
2.3.2. By End-use
2.4. Key Trends
2.5. Recession Impact
2.6. Analyst Recommendation & Conclusion
Chapter 3. Asia Pacific Semiconductor Chemicals Market Dynamics
3.1. Market Drivers
3.2. Market Challenges
3.3. Market Opportunities
Chapter 4. Asia Pacific Semiconductor Chemicals Market Industry Analysis
4.1. Porter’s 5 Force Model
4.1.1. Bargaining Power of Suppliers
4.1.2. Bargaining Power of Buyers
4.1.3. Threat of New Entrants
4.1.4. Threat of Substitutes
4.1.5. Competitive Rivalry
4.1.6. Futuristic Approach to Porter’s 5 Force Model
4.1.7. Porter’s 5 Force Impact Analysis
4.2. PESTEL Analysis
4.2.1. Political
4.2.2. Economical
4.2.3. Social
4.2.4. Technological
4.2.5. Environmental
4.2.6. Legal
4.3. Top investment opportunity
4.4. Top winning strategies
4.5. Disruptive Trends
4.6. Industry Expert Perspective
4.7. Analyst Recommendation & Conclusion
Chapter 5. Asia Pacific Semiconductor Chemicals Market Size & Forecasts by Type 2022-2032
5.1. High-performance Polymers
5.2. Acid & Base Chemicals
5.3. Adhesives
5.4. Solvents
5.5. Others
Chapter 6. Asia Pacific Semiconductor Chemicals Market Size & Forecasts by End-use 2022-2032
6.1. Integrated Circuits
6.2. Discrete Semiconductor
6.3. Optoelectronics
6.4. Sensors
Chapter 7. Asia Pacific Semiconductor Chemicals Market Size & Forecasts by Country 2022-2032
7.1. China Semiconductor Chemicals Market
7.1.1. Type breakdown size & forecasts, 2022-2032
7.1.2. End-use breakdown size & forecasts, 2022-2032
7.2. India Semiconductor Chemicals Market
7.3. Japan Semiconductor Chemicals Market
7.4. Australia Semiconductor Chemicals Market
7.5. South Korea Semiconductor Chemicals Market
7.6. Rest of Asia Pacific Semiconductor Chemicals Market
Chapter 8. Competitive Intelligence
8.1. Key Company SWOT Analysis
8.1.1. Company 1
8.1.2. Company 2
8.1.3. Company 3
8.2. Top Market Strategies
8.3. Company Profiles
8.3.1. Shin-Etsu Chemical Co., Ltd
8.3.1.1. Key Information
8.3.1.2. Overview
8.3.1.3. Financial (Subject to Data Availability)
8.3.1.4. Product Summary
8.3.1.5. Market Strategies
8.3.2. JSR Corporation
8.3.3. Tokyo Ohka Kogyo Co., Ltd.
8.3.4. Showa Denko K.K.
8.3.5. Fujifilm Holdings Corporation
8.3.6. Sumitomo Chemical Co., Ltd.
8.3.7. Mitsubishi Chemical Corporation
8.3.8. Toray Industries, Inc.
8.3.9. Asahi Kasei Corporation
8.3.10. LG Chem, Ltd.
Chapter 9. Research Process
9.1. Research Process
9.1.1. Data Mining
9.1.2. Analysis
9.1.3. Market Estimation
9.1.4. Validation
9.1.5. Publishing
9.2. Research Attributes

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

Bizwit Research & Consulting LLP 社の最新刊レポート


よくあるご質問


Bizwit Research & Consulting LLP社はどのような調査会社ですか?


Bizwit Research & Consulting (Bizwit Research & Consulting LLP)は世界の多様なマクロおよびマイクロ経済の動向を継続的に調査しています。 ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/24 10:26

156.87 円

170.56 円

205.01 円

ページTOPに戻る