世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

血漿プロテアーゼC1阻害剤の世界市場規模調査、薬剤タイプ別(C1阻害剤、カリクレイン阻害剤、選択的ブラジキニンB2受容体拮抗剤)、剤形別(ライフォフライズド、注射剤)、地域別予測:2022-2032年


Global Plasma Protease C1-Inhibitor Market Size study, by Drug Type (C1-inhibitors, Kallikrein Inhibitor, Selective Bradykinin B2 Receptor Antagonist) by Dosage Form (Lyphophlised, Injectables) and Regional Forecasts 2022-2032

血漿プロテアーゼC1阻害剤の世界市場は、2023年には約3億7,523万米ドルと評価され、予測期間2024-2032年には17.72%以上の健全な成長率で成長すると予測されています。血漿プロテアーゼC1阻害剤は、C1-INHまたはC1... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Bizwit Research & Consulting LLP
ビズウィットリサーチ&コンサルティング
2024年6月10日 US$4,950
シングルユーザライセンス(印刷不可)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
200 英語

 

サマリー

血漿プロテアーゼC1阻害剤の世界市場は、2023年には約3億7,523万米ドルと評価され、予測期間2024-2032年には17.72%以上の健全な成長率で成長すると予測されています。血漿プロテアーゼC1阻害剤は、C1-INHまたはC1エステラーゼ阻害剤とも呼ばれ、血液中に存在する重要なタンパク質です。補体系の調節と炎症の制御に重要な役割を果たしている。補体系の古典的経路の構成要素であるC1sおよびC1rを含むいくつかのプロテアーゼの天然阻害剤として、C1-INHは補体カスケードの過剰な活性化を防ぐのに役立ちます。そうすることで、炎症性メディエーターの産生を抑制し、免疫恒常性を維持し、組織損傷を防ぐ。早期診断へのシフトの高まりと認知度の向上は、2024-2032年の推定期間中、血漿プロテアーゼC1-インヒビター世界市場の成長を支える重要な傾向です。遺伝性血管性浮腫(HAE)に対する一般市民や医療従事者の意識の高まりが、早期診断につながっている。その結果、治療を希望する患者数が増加し、C1阻害剤治療の市場需要を牽引している。

HAEの世界的な有病率の上昇は、血漿プロテアーゼC1阻害剤製品に対する需要の重要な促進要因である。それに伴い、HAEに対する一般市民や医療関係者の認識が高まり、早期診断が可能になり、治療を求める患者が増加している。HAEの他にも、血漿プロテアーゼC1-阻害剤製品は、補体系障害や炎症性疾患に関連する他の疾患の治療の可能性が検討されており、市場の拡大に寄与している。さらに、研究開発への投資の増加、新しい阻害剤の発見、製品認可の増加、遺伝性血管性浮腫を治療するための有望なパイプライン医薬品や新規治療法の開発は、推定期間中の世界市場の成長を促進する主な要因の一つです。しかし、難解な検査手順の高価格と厳しい規制要件が、2022年から2032年にかけての市場成長を阻害すると予想される。

血漿プロテアーゼC1阻害剤の世界市場調査において考慮した主要地域には、アジア太平洋、北米、欧州、中南米、その他の地域が含まれる。2023年、北米は遺伝性血管性浮腫(HAE)の有病率の増加により、血漿プロテアーゼC1阻害剤の世界市場を収益面でリードしています。また、北米の製薬会社は、C1阻害剤の新しい治療法の研究開発に積極的に取り組んでいる。これには、HAEに対する代替デリバリー方法、徐放性製剤、さらには遺伝子治療の探求も含まれる。この地域は、強固な医療インフラ、頻繁な製品承認、HAE患者に効果的な治療法を提供する主要な市場プレーヤーの恩恵を受けている。血漿プロテアーゼC1阻害剤製品に対する好ましい規制政策と承認が、北米での入手と採用を促進し、市場拡大に寄与している。一方、アジア太平洋地域の市場は、予測期間中に最も速い速度で成長すると予想されている。

本レポートに含まれる主な市場プレイヤーは以下の通り:
CSLリミテッド(CSLベーリングLLC)
武田薬品工業(シャイアー・ファーマシューティカル・ホールディングス)
イオニス・ファーマシューティカルズ・インク(Ionis Pharmaceuticals, Inc.
ファーミング・テクノロジーズB.V.
セントジェンAG
バイオクリスト・ファーマシューティカルズ
カルビスタ・ファーマシューティカルズ
フレゼニウス・カビ
オクタファーマAG
ケドリオン社

市場の詳細なセグメントとサブセグメントを以下に説明する:

薬剤タイプ別
C1阻害剤
カリクレイン阻害薬
選択的ブラジキニンB2受容体拮抗薬

剤形別
凍結乾燥品
注射剤


地域別
北米
米国
カナダ
欧州
英国
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ROE
アジア太平洋
中国
インド
日本
オーストラリア
韓国
ロサンゼルス
ラテンアメリカ
ブラジル
メキシコ
中東・アフリカ
サウジアラビア
南アフリカ
RoMEA

調査対象年は以下の通り:
過去年-2022年
基準年 - 2023年
予測期間 - 2024年から2032年

主な要点
2022年から2032年までの10年間の市場推定と予測。
各市場セグメントの年換算収益と地域レベル分析。
主要地域の国レベル分析による地理的展望の詳細分析。
市場の主要プレーヤーに関する情報を含む競争状況。
主要事業戦略の分析と今後の市場アプローチに関する提言。
市場の競争構造の分析
市場の需要側と供給側の分析

ページTOPに戻る


目次

第1章.血漿プロテアーゼC1阻害剤の世界市場の定義と調査前提条件
1.1.調査目的
1.2.市場の定義
1.3.調査の前提
1.3.1.包含と除外
1.3.2.限界
1.3.3.供給サイドの分析
1.3.3.1.入手可能性
1.3.3.2.インフラ
1.3.3.3.規制環境
1.3.3.4.市場競争
1.3.3.5.経済性(消費者の視点)
1.3.4.需要サイド分析
1.3.4.1.規制の枠組み
1.3.4.2.技術の進歩
1.3.4.3.環境への配慮
1.3.4.4.消費者の意識と受容
1.4.推定方法
1.5.調査対象年
1.6.通貨換算レート

第2章.要旨
2.1.血漿プロテアーゼC1阻害剤の世界市場規模・予測(2022年~2032年)
2.2.地域別概要
2.3.セグメント別概要
2.3.1.薬剤タイプ別
2.3.2.剤形別
2.4.主要動向
2.5.不況の影響
2.6.アナリストの推奨と結論
第3章.血漿プロテアーゼC1阻害剤の世界市場ダイナミクス
3.1.市場促進要因
3.2.市場の課題
3.3.市場機会
第4章.血漿プロテアーゼC1阻害剤の世界市場産業分析
4.1.ポーターの5フォースモデル
4.1.1.サプライヤーの交渉力
4.1.2.買い手の交渉力
4.1.3.新規参入者の脅威
4.1.4.代替品の脅威
4.1.5.競合他社との競争
4.1.6.ポーターの5フォースモデルへの未来的アプローチ
4.1.7.ポーター5フォースの影響分析
4.2.PESTEL分析
4.2.1.政治的要因
4.2.2.経済
4.2.3.社会
4.2.4.技術
4.2.5.環境
4.2.6.法律
4.3.最高の投資機会
4.4.トップ勝ち組戦略
4.5.破壊的トレンド
4.6.業界専門家の視点
4.7.アナリストの推奨と結論
第5章 血漿プロテアーゼC1阻害剤の世界市場血漿プロテアーゼC1阻害剤の世界市場規模・薬剤タイプ別予測 2022〜2032年
5.1.C1阻害剤
5.2.カリクレイン阻害剤
5.3.選択的ブラジキニンB2受容体拮抗薬
第6章.血漿プロテアーゼC1阻害剤の世界市場規模・予測:剤形別 2022年~2032年
6.1.リフォフライズド
6.2.注射剤
第7章 血漿プロテアーゼC1阻害剤の世界市場血漿プロテアーゼC1阻害剤の世界市場規模・地域別予測 2022-2032
7.1.北米の血漿プロテアーゼC1阻害剤市場
7.1.1.米国の血漿プロテアーゼC1阻害薬市場
7.1.1.1.薬剤タイプの内訳サイズと予測、2022-2032年
7.1.1.2.剤形の内訳、規模および予測、2022-2032年
7.1.2.カナダの血漿プロテアーゼC1阻害薬市場
7.2.欧州の血漿プロテアーゼC1阻害剤市場
7.2.1.イギリスの血漿プロテアーゼC1阻害剤市場
7.2.2.ドイツの血漿プロテアーゼC1阻害剤市場
7.2.3.フランス血漿プロテアーゼC1阻害剤市場
7.2.4.スペイン血漿プロテアーゼC1阻害剤市場
7.2.5.イタリアの血漿プロテアーゼC1阻害剤市場
7.2.6.その他のヨーロッパ血漿プロテアーゼC1阻害剤市場
7.3.アジア太平洋地域の血漿プロテアーゼC1阻害剤市場
7.3.1.中国血漿プロテアーゼC1阻害剤市場
7.3.2.インドの血漿プロテアーゼC1阻害剤市場
7.3.3.日本の血漿プロテアーゼC1阻害剤市場
7.3.4.オーストラリア血漿プロテアーゼC1阻害剤市場
7.3.5.韓国の血漿プロテアーゼC1阻害剤市場
7.3.6.その他のアジア太平洋地域の血漿プロテアーゼC1阻害剤市場
7.4.中南米の血漿プロテアーゼC1阻害剤市場
7.4.1.ブラジルの血漿プロテアーゼC1阻害剤市場
7.4.2.メキシコの血漿プロテアーゼC1阻害剤市場
7.4.3.その他のラテンアメリカの血漿プロテアーゼC1阻害剤市場
7.5.中東・アフリカの血漿プロテアーゼC1阻害剤市場
7.5.1.サウジアラビアの血漿プロテアーゼC1阻害剤市場
7.5.2.南アフリカの血漿プロテアーゼC1阻害剤市場
7.5.3.その他の中東・アフリカ血漿プロテアーゼC1阻害剤市場
第8章.競合他社の動向
8.1.主要企業のSWOT分析
8.1.1.企業1
8.1.2.企業2
8.1.3.会社3
8.2.トップ市場戦略
8.3.企業プロフィール
8.3.1.CSLリミテッド(CSLベーリングLLC)
8.3.1.1.主要情報
8.3.1.2.概要
8.3.1.3.財務(データの入手可能性による)
8.3.1.4.製品概要
8.3.1.5.市場戦略
8.3.2.武田薬品工業(シャイアー・ファーマシューティカル・ホールディングス)
8.3.3.イオニス・ファーマシューティカルズ
8.3.4.ファーミング・テクノロジーズ・ビー・ヴィ
8.3.5.セントジェンAG
8.3.6.バイオクリスト・ファーマシューティカルズ
8.3.7.カルビスタ・ファーマシューティカルズ
8.3.8.フレゼニウス・カビ
8.3.9.オクタファルマAG
8.3.10.ケドリオン社
第9章.研究プロセス
9.1.研究プロセス
9.1.1.データマイニング
9.1.2.分析
9.1.3.市場推定
9.1.4.バリデーション
9.1.5.出版
9.2.研究属性

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Global Plasma Protease C1-Inhibitor Market is valued approximately USD 3752.3 million in 2023 and is anticipated to grow with a healthy growth rate of more than 17.72% over the forecast period 2024-2032. Plasma Protease C1-Inhibitor, also referred to as C1-INH or C1 esterase inhibitor, is a vital protein present in the blood. It plays a key role in regulating the complement system and controlling inflammation. As a natural inhibitor of several proteases, including C1s and C1r, which are components of the classical pathway of the complement system, C1-INH helps prevent excessive activation of the complement cascade. By doing so, it inhibits the production of inflammatory mediators, maintaining immune homeostasis and preventing tissue damage. The rising shift towards early diagnosis and improved awareness is a key trend that the supporting the growth of Global Plasma Protease C1-Inhibitor Market during the estimated period of 2024-2032. Growing awareness among the public and healthcare professionals about Hereditary Angioedema (HAE) is resulting in earlier diagnoses. This has led to a larger number of patients seeking treatment, consequently driving the market demand for C1-inhibitor therapies.

The rising prevalence of HAE globally is a significant driver for the demand for Plasma Protease C1-Inhibitor products, as they are crucial for managing and treating this rare genetic disorder. Accordingly, increased public and medical professional awareness of HAE leads to earlier diagnosis and a rise in patients seeking treatment. Besides HAE, Plasma Protease C1-Inhibitor products are being explored for their potential in treating other conditions related to complement system disorders and inflammatory diseases, contributing to market expansion. Moreover, rising investment in research and development, the discovery of new inhibitor drugs, growing product approvals and the development of promising pipeline drugs and novel therapies for treating hereditary angioedema are among the key factors propelling the global market growth during the estimated period. However, high price of esoteric testing procedures and stringent regulatory requirements is expected stifle market growth between 2022 and 2032.

The key regions considered for the global Plasma Protease C1-Inhibitor Market study includes Asia Pacific, North America, Europe, Latin America, and Rest of the World. In 2023, North America leads the global Plasma Protease C1-Inhibitor market in terms of revenue due to the growing prevalence of Hereditary Angioedema (HAE). Also, pharmaceutical companies in North America are actively involved in researching and developing new and improved C1-inhibitor therapies. This includes exploring alternative delivery methods, extended-release formulations and even gene therapies for HAE. The region benefits from a robust healthcare infrastructure, frequent product approvals, and major market players offering effective treatments for HAE patients. Favorable regulatory policies and approvals for Plasma Protease C1-Inhibitor products are facilitating their accessibility and adoption in North America, contributing to market expansion. The market in Asia Pacific, on the other hand, is expected to grow at the fastest rate over the forecast period.

Major market player included in this report are:
CSL Limited (CSL Behring LLC)
Takeda Pharmaceutical Company Limited (Shire Pharmaceutical Holdings)
Ionis Pharmaceuticals, Inc.
Pharming Technologies B.V.
Centogene AG
BioCryst Pharmaceuticals
KalVista Pharmaceuticals, Inc.
Fresenius Kabi
Octapharma AG
Kedrion S.p.A.

The detailed segments and sub-segment of the market are explained below:

By Drug Type
C1-inhibitors
Kallikrein Inhibitor
Selective Bradykinin B2 Receptor Antagonist

By Dosage Form
Lyphophlised
Injectables


By Region:
North America
U.S.
Canada
Europe
UK
Germany
France
Spain
Italy
ROE
Asia Pacific
China
India
Japan
Australia
South Korea
RoAPAC
Latin America
Brazil
Mexico
Middle East & Africa
Saudi Arabia
South Africa
RoMEA

Years considered for the study are as follows:
Historical year – 2022
Base year – 2023
Forecast period – 2024 to 2032

Key Takeaways:
Market Estimates & Forecast for 10 years from 2022 to 2032.
Annualized revenues and regional level analysis for each market segment.
Detailed analysis of geographical landscape with Country level analysis of major regions.
Competitive landscape with information on major players in the market.
Analysis of key business strategies and recommendations on future market approach.
Analysis of competitive structure of the market.
Demand side and supply side analysis of the market



ページTOPに戻る


Table of Contents

Chapter 1. Global Plasma Protease C1-Inhibitor Market Definition and Research Assumptions
1.1. Research Objective
1.2. Market Definition
1.3. Research Assumptions
1.3.1. Inclusion & Exclusion
1.3.2. Limitations
1.3.3. Supply Side Analysis
1.3.3.1. Availability
1.3.3.2. Infrastructure
1.3.3.3. Regulatory Environment
1.3.3.4. Market Competition
1.3.3.5. Economic Viability (Consumer’s Perspective)
1.3.4. Demand Side Analysis
1.3.4.1. Regulatory frameworks
1.3.4.2. Technological Advancements
1.3.4.3. Environmental Considerations
1.3.4.4. Consumer Awareness & Acceptance
1.4. Estimation Methodology
1.5. Years Considered for the Study
1.6. Currency Conversion Rates

Chapter 2. Executive Summary
2.1. Global Plasma Protease C1-Inhibitor Market Size & Forecast (2022- 2032)
2.2. Regional Summary
2.3. Segmental Summary
2.3.1. By Drug Type
2.3.2. By Dosage Form
2.4. Key Trends
2.5. Recession Impact
2.6. Analyst Recommendation & Conclusion
Chapter 3. Global Plasma Protease C1-Inhibitor Market Dynamics
3.1. Market Drivers
3.2. Market Challenges
3.3. Market Opportunities
Chapter 4. Global Plasma Protease C1-Inhibitor Market: Industry Analysis
4.1. Porter’s 5 Force Model
4.1.1. Bargaining Power of Suppliers
4.1.2. Bargaining Power of Buyers
4.1.3. Threat of New Entrants
4.1.4. Threat of Substitutes
4.1.5. Competitive Rivalry
4.1.6. Futuristic Approach to Porter’s 5 Force Model
4.1.7. Porter’s 5 Force Impact Analysis
4.2. PESTEL Analysis
4.2.1. Political
4.2.2. Economic
4.2.3. Social
4.2.4. Technological
4.2.5. Environmental
4.2.6. Legal
4.3. Top investment opportunity
4.4. Top winning strategies
4.5. Disruptive Trends
4.6. Industry Expert Perspective
4.7. Analyst Recommendation & Conclusion
Chapter 5. Global Plasma Protease C1-Inhibitor Market Size & Forecasts by Drug Type 2022-2032
5.1. C1-inhibitors
5.2. Kallikrein Inhibitor
5.3. Selective Bradykinin B2 Receptor Antagonist
Chapter 6. Global Plasma Protease C1-Inhibitor Market Size & Forecasts by Dosage Form 2022-2032
6.1. Lyphophlised
6.2. Injectables
Chapter 7. Global Plasma Protease C1-Inhibitor Market Size & Forecasts by Region 2022-2032
7.1. North America Plasma Protease C1-Inhibitor Market
7.1.1. U.S. Plasma Protease C1-Inhibitor Market
7.1.1.1. Drug Type breakdown size & forecasts, 2022-2032
7.1.1.2. Dosage Form breakdown size & forecasts, 2022-2032
7.1.2. Canada Plasma Protease C1-Inhibitor Market
7.2. Europe Plasma Protease C1-Inhibitor Market
7.2.1. U.K. Plasma Protease C1-Inhibitor Market
7.2.2. Germany Plasma Protease C1-Inhibitor Market
7.2.3. France Plasma Protease C1-Inhibitor Market
7.2.4. Spain Plasma Protease C1-Inhibitor Market
7.2.5. Italy Plasma Protease C1-Inhibitor Market
7.2.6. Rest of Europe Plasma Protease C1-Inhibitor Market
7.3. Asia-Pacific Plasma Protease C1-Inhibitor Market
7.3.1. China Plasma Protease C1-Inhibitor Market
7.3.2. India Plasma Protease C1-Inhibitor Market
7.3.3. Japan Plasma Protease C1-Inhibitor Market
7.3.4. Australia Plasma Protease C1-Inhibitor Market
7.3.5. South Korea Plasma Protease C1-Inhibitor Market
7.3.6. Rest of Asia Pacific Plasma Protease C1-Inhibitor Market
7.4. Latin America Plasma Protease C1-Inhibitor Market
7.4.1. Brazil Plasma Protease C1-Inhibitor Market
7.4.2. Mexico Plasma Protease C1-Inhibitor Market
7.4.3. Rest of Latin America Plasma Protease C1-Inhibitor Market
7.5. Middle East & Africa Plasma Protease C1-Inhibitor Market
7.5.1. Saudi Arabia Plasma Protease C1-Inhibitor Market
7.5.2. South Africa Plasma Protease C1-Inhibitor Market
7.5.3. Rest of Middle East & Africa Plasma Protease C1-Inhibitor Market
Chapter 8. Competitive Intelligence
8.1. Key Company SWOT Analysis
8.1.1. Company 1
8.1.2. Company 2
8.1.3. Company 3
8.2. Top Market Strategies
8.3. Company Profiles
8.3.1. CSL Limited (CSL Behring LLC)
8.3.1.1. Key Information
8.3.1.2. Overview
8.3.1.3. Financial (Subject to Data Availability)
8.3.1.4. Product Summary
8.3.1.5. Market Strategies
8.3.2. Takeda Pharmaceutical Company Limited (Shire Pharmaceutical Holdings)
8.3.3. Ionis Pharmaceuticals, Inc.
8.3.4. Pharming Technologies B.V.
8.3.5. Centogene AG
8.3.6. BioCryst Pharmaceuticals
8.3.7. KalVista Pharmaceuticals, Inc.
8.3.8. Fresenius Kabi
8.3.9. Octapharma AG
8.3.10. Kedrion S.p.A.
Chapter 9. Research Process
9.1. Research Process
9.1.1. Data Mining
9.1.2. Analysis
9.1.3. Market Estimation
9.1.4. Validation
9.1.5. Publishing
9.2. Research Attributes

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

Bizwit Research & Consulting LLP 社の最新刊レポート


よくあるご質問


Bizwit Research & Consulting LLP社はどのような調査会社ですか?


Bizwit Research & Consulting (Bizwit Research & Consulting LLP)は世界の多様なマクロおよびマイクロ経済の動向を継続的に調査しています。 ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/24 10:26

156.87 円

170.56 円

205.01 円

ページTOPに戻る