世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

世界の機能的近赤外光学式ブレインイメージング市場は、アプリケーションタイプ別(パーキンソン病、てんかん、認知症、外傷性脳損傷、睡眠障害、その他のアプリケーションタイプ)、エンドユーザー別(病院、診断センター)、地域別予測2021-2027で構成されています。


Global Functional Near Infrared Optical Brain Imaging Market is segmented by Application Type (Parkinson's Disease, Epilepsy, Dementia, Traumatic Brain Injury, Sleep Disorders, and Other Application Types), End User (Hospitals, Diagnostic Centers), Regional Forecasts 2021-2027

世界の機能的近赤外光学式ブレインイメージング市場は、2020年に約XX億米ドルと評価されており、2021年から2027年の予測期間にXX%以上の健全な成長率で成長すると予想されています。脳の前部の血流は、近赤外光... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Bizwit Research & Consulting LLP
ビズウィットリサーチ&コンサルティング
2021年8月26日 US$4,950
シングルユーザーライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
200 英語

下記、日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

世界の機能的近赤外光学式ブレインイメージング市場は、2020年に約XX億米ドルと評価されており、2021年から2027年の予測期間にXX%以上の健全な成長率で成長すると予想されています。脳の前部の血流は、近赤外光を照射して監督するfNIR(Functional Near-Infrared)光学式ブレインイメージングを用いて測定します。患者が日常生活を送る中で、fNIRデバイスは脳内の組織の酸素化をリアルタイムでモニターすることを可能にします。市場を牽引しているのは、製品の新しいトレンドと、神経疾患の有病率の上昇です。例えば、パーキンエルマー社のCOX 2プローブは、初期の癌で発生するシクロオキシゲナーゼ-2を検出するターゲット型のNIR色素です。これらの色素を使用することで、がん治療薬や診断機器の開発が迅速に行われます。さらに、医療費の増加も市場の成長を後押ししています。米国病院協会によると、米国には約5,198の病院があります。米国メディケア・メディケイド・サービスセンターによると、2018年の医療費支出は4.6%増加し、一人当たりの平均支出額は11,172米ドルに達しました。しかし、償還問題が2021-2027年の予測期間において市場の成長を妨げる可能性があります。

北米は近赤外イメージングの総収入で市場を支配しており、予測期間中に市場を拡大することが予想されます。消費者の可処分所得の高さや、技術的に進歩した医療機器や診断方法の急速な導入などが、この増加に寄与しています。米国では、多数のがん患者が記録されていることから、市場の成長が見込まれています。米国がん協会によると、2016年に米国では1685,210件の新規がん症例が発見されました。


本レポートに含まれる主な市場プレーヤーは以下の通りです。
NIRxメディカルテクノロジーズLLC
アーティニス・メディカル・システムズ
サーモフィッシャーサイエンティフィック社
日立製作所
Soterix Medical Inc.
株式会社島津製作所
スペクトラテック株式会社
ガワラプス社
バイオパック・システムズ社
セファロン




本調査の目的は、近年の異なるセグメントおよび国の市場規模を定義し、今後8年間の値を予測することです。本レポートは、調査対象の各地域・国における業界の質的・量的側面を盛り込んだものとなっています。さらに、市場の今後の成長を決定づける要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報も提供しています。さらに、競合状況や主要企業の製品提供に関する詳細な分析とともに、利害関係者が投資するミクロ市場での利用可能な機会についても記載しています。市場の詳細なセグメントとサブセグメントについては以下の通りです。

アプリケーション別。
パーキンソン病
癲癇(てんかん
認知症
外傷性脳損傷(Traumatic Brain Injury
睡眠障害
その他のアプリケーションタイプ
エンドユーザー別
病院
診断センター
地域別
北アメリカ
米国
カナダ
ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ROE

アジアパシフィック
中国
インド
日本
オーストラリア
韓国
RoAPAC
ラテンアメリカ
ブラジル
メキシコ
世界のその他の地域

さらに、本調査で考慮した年は以下の通りです。

ヒストリカルイヤー - 2018年、2019年
基準年 - 2020年
予測期間 - 2021年から2027年

世界の機能的近赤外光ブレインイメージング市場の市場調査におけるターゲットオーディエンス

主要コンサルティング会社・アドバイザー
大企業、中堅企業、中小企業
ベンチャー企業
付加価値再販業者(VAR)
サードパーティのナレッジプロバイダー
投資銀行家
投資家

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Global Functional Near Infrared Optical Brain Imaging Market is valued approximately at USD XX billion in 2020 and is anticipated to grow with a healthy growth rate of more than XX% over the forecast period 2021-2027. Blood flow in the front part of the brain is measured using functional near-infrared (fNIR) optical brain imaging, which is subjected to near-infrared light for supervision. As patients go about their daily tasks, fNIR devices enable real-time monitoring of tissue oxygenation in the brain. The market is driven by emerging trends in product and rising prevalence of neurological disorders. For instance, PerkinElmer Inc.'s COX 2 probe, a targeted NIR dye, detects cyclooxygenase-2, which is generated in early-stage cancer. Oncology medicines and diagnostic devices are developed more quickly using these dyes. Furthermore, increasing expenditure on healthcare further boost the market growth. According to the American Hospital Association, there are about 5,198 hospitals in the United States. According to the Centers for Medicare & Medicaid Services, spending on healthcare increased by 4.6 percent in 2018, with an average of USD 11,172 spent per person. However, reimbursement challenges may impede market growth over the forecast period of 2021-2027.

North America dominated the market for near infrared imaging total revenue, and is anticipated to expand the market over the forecast period. Consumers' high disposable income, as well as the rapid adoption of technologically advanced medical gadgets and diagnostic procedures, have all contributed to this increase. The market in the United States is projected to grow as a result of a significant number of cancer cases recorded in the country. According to the American Cancer Society, 1685,210 new cancer cases were discovered in the United States in 2016.


Major market player included in this report are:
NIRx Medical Technologies LLC
Artinis Medical Systems
Thermo Fisher Scientific, Inc.
Hitachi Ltd.
Soterix Medical Inc.
Shimadzu Corporation
Spectratech Inc
Gowerlabs Ltd
Biopac Systems Inc.
Cephalon




The objective of the study is to define market sizes of different segments & countries in recent years and to forecast the values to the coming eight years. The report is designed to incorporate both qualitative and quantitative aspects of the industry within each of the regions and countries involved in the study. Furthermore, the report also caters the detailed information about the crucial aspects such as driving factors & challenges which will define the future growth of the market. Additionally, the report shall also incorporate available opportunities in micro markets for stakeholders to invest along with the detailed analysis of competitive landscape and product offerings of key players. The detailed segments and sub-segment of the market are explained below:

By Application:
Parkinson's Disease
Epilepsy
Dementia
Traumatic Brain Injury
Sleep Disorders
Other Application Types
By End user:
Hospitals
Diagnostic Centers
By Region:
North America
U.S.
Canada
Europe
UK
Germany
France
Spain
Italy
ROE

Asia Pacific
China
India
Japan
Australia
South Korea
RoAPAC
Latin America
Brazil
Mexico
Rest of the World

Furthermore, years considered for the study are as follows:

Historical year – 2018, 2019
Base year – 2020
Forecast period – 2021 to 2027.

Target Audience of the Global Functional Near Infrared Optical Brain Imaging Market in Market Study:

Key Consulting Companies & Advisors
Large, medium-sized, and small enterprises
Venture capitalists
Value-Added Resellers (VARs)
Third-party knowledge providers
Investment bankers
Investors



 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

Bizwit Research & Consulting LLP 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(diagnostic centers)の最新刊レポート


よくあるご質問


Bizwit Research & Consulting LLP社はどのような調査会社ですか?


Bizwit Research & Consulting (Bizwit Research & Consulting LLP)は世界の多様なマクロおよびマイクロ経済の動向を継続的に調査しています。 ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る